2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

旅行記

2020年11月29日 (日)

妄想ツーリング

 今思い返せば学生の頃が一番楽しかった。縁あって北海道に2年間も住むことが出来たし、中型バイク(VT)を駆って離島を除く北海道じゅうを隈なくツーリングしてまわった。その後もバイク(CBR)で1回、電車で2回、車(ビスタハードトップ)で1回、飛行機で2回訪れたほど、私にとっては第二の故郷のような存在だ。寒いのが苦手な私は、あの冬の寒さが無ければ老後はそこに住みたいくらい大好きな土地だ。

 昨年は飛行機とレンタカーで大好きだった高倉健さん主演の映画のロケ地をひとりで旅し、今年はついに念願だったビッグスクーターを購入出来た。それは、退職後の生活をより豊かに快適に過ごすためでもあった。あの大地を再び風を切って走ってみたくなった。車とはひと味もふた味も違う。何年後になるかはわからないが、コロナ禍が終息したら、一週間程度まとめて休暇を貰い、北海道に足跡を残したい。バイクでしか行けない場所や観られない風景というのもある。

 ところで、北海道が大変なことになっている。昨年の7月1日~3日まで福島から飛行機でひとっ飛びし、道内はレンタカーで観光地を目指して走り呆けていた。それが1年も経たないうちに状況が激変。コロナと言う名のウィルスが猛威を奮い、人々の生活を脅かしてしまった。かくいう私の息子もまた札幌に住み、毎日地下鉄で通勤し、会社勤めをしている。もちろん、昨年、息子と焼き肉屋で酒を酌み交わした、現在、感染の巣窟とされる「すすきの」の駅も経由する。いつどこでもらうかわからない。もちろん北海道民にその原因があるわけではない。
 今回は、昨年の今頃は想像も出来なかったバイク購入にあたり、今後、新型コロナウィルス終息を願って、来夏、あるいは退職後にバイクを駆って巡りたいコースを備忘録を兼ねてモデリングしてみたい。これはあくまで個人的な趣向によるのであしからず。そこで今日は、気が早いが、それを実現すべく、事前にプランを練ってみたい。いずれも一週間程度のプランを考えてみた。

 1 仙台~苫小牧フェリー移動案

 1 郡山ー仙台港
 2 苫小牧港―浦河ー新冠スタリオンセンターー静内牧場銀座
 3 静内ー日高耶馬渓ー様似ー襟裳岬―黄金道路―広尾(海岸線)-幸福駅ー花畑牧場―帯広―上士幌ー糠平湖(タウシュベツ橋梁)-阿寒湖
 4 阿寒湖―摩周湖ー屈斜路湖(砂湯・比留和駅)-美幌峠ー美幌ー斜里(天に続く道)ーオシンコシンの滝ー宇登呂(遊覧船夕日)
 5 宇登呂ー知床五湖ー知床林道・カムイワッカ湯の滝ー知床横断道路・羅臼岳ー羅臼ーセセキ温泉ー野付半島トドワラー風連湖ー根室
 6 根室ー納沙布岬ー根室ー車石ー花咲港(無線局跡)-落石岬ー霧多布ー釧路湿原ー釧路
 7 釧路ー足寄ー浦幌IC-追分町IC-苫小牧港
 8 仙台港ー郡山

費用概算
  フェリー9,900円×2=19,800円
  高速代・ガソリン代=3,830円 6回給油で10,000円
  ホテル代(朝食のみ5泊)=40,000円
  食事代 18,000円
  その他 10,000円   
   合計 101,630円

 一週間ならこれが限界か。本当はもっとゆったりのんびりしたいところだ。やはり北海道は「でっかいどう」だ。東北6県に県では日本で4番目に広い新潟県を加えたよりも広い。北海道を4分割すればゆっくり周れると思う。若い頃は節約のためにシェラフ一個で野宿もありだったが、さすがにこの歳で野宿は辛い。1~2人用のテントは買おうとは思っているが。

 2 新潟~小樽フェリー移動案

 1 郡山ー磐梯猪苗代高原IC-新潟東港ICー新潟港12:00
 2 4:30小樽ー留萌ー苫前(三毛別)-朱鞠内湖ーサロベツ原野ー日本海ラインー抜海駅ーノシャップ岬ー稚内
 3 稚内ー宗谷岬ークッチャロ湖ー枝幸ー雄武ー紋別展望台ーサロマ湖(竜宮台・夕日の桟橋)-カーリング場ー能取岬ー網走(刑務所・監獄)-北見  
 4 北見ー層雲峡(レンタサイクル・流星の滝・銀河の滝・双曝台・奇岩群・大函・小函ほか)ー天人峡(羽衣の滝)ー美瑛(青池・樹木)
   ージェットコースターの路ー富良野(麓郷の森・北時計・我夢舎楽など)
 5 富良野ー悲別ロマン座ー上砂川駅ー砂川ー岩見沢ー札幌
 6 札幌観光ー小樽17:00
 7 9:15新潟ー郡山

 費用概算
  フェリー往復 7,200円+7,400円=14,600円×2=29,200円
  高速代2,860円×2=5,720円・ガソリン代 6回給油で10,000円
  ホテル代(朝食のみ4泊)=32,000円
  食事代 18,000円
  その他 10,000円
   合計   99,200円

  これは道北と道央中心のプラン。

 3 道南・道央 陸路(高速・フェリー利用)

 1 郡山ー本宮IC-青森中央IC-(津軽海峡フェリー)ー函館(夜景)
 2 函館観光ー中山峠ー江差ー瀬棚ー太田山神社ー弁慶岬刀掛岩ー寿都ーニセコ・倶知安ー小樽
 3 小樽ー札幌ー支笏湖ー昭和新山・有珠山・洞爺湖
 4 洞爺湖ーオロフレ峠ー俱多楽湖ー登別ー室蘭(地球岬・大橋)ー苫小牧(太平洋フェリー)
 5 仙台ー郡山

 このプランは短期で道南中心の旅程。 
 
     費用は7万円程度と見ている。
     高速代 5,530円+2,970円
   フェリー代2,460円+2,710円+9,900円
   ガソリン代(給油5回)8,000円
  ホテル代3泊朝食有 24,000円
  食事代 6,000円
  その他 10,000円
   合計  70,670円

 11/22に「YouTube」で黄金道路を11月に走ったツ―リングライダーの動画を見たら、なんと平成の30年間に完成したトンネルが大部分で、海岸線の波かぶり隧道は旧道となってしまった。よって1985年に私が走った昔の海岸線のルートを正規に通るのは気をつけていないと見逃してしまう。今度走る時は、味気ない長いトンネルではなく、波をかぶってでも昔VTで走った旧道を通りたい。

 その動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=oqP_VAw-k-c

 正直言えば、私は旧国鉄の青函連絡船(6回乗船)や東日本フェリー(青森~函館を4回乗船)を除いて、過去3回カーフェリーで海を渡った(いずれも仙台~苫小牧)ことがあるが、そのいずれも酔ってしまって気持ち悪くなった。北海道までバイクや車で高速をひた走って青森まで行った経験はあるが、6時間かかり、とにかく疲れる。腰痛持ちと高血圧の私にはそこまでやる気力も体力も無い。
 よって、船酔い覚悟で長距離フェリーでの上陸を決意した。時間を節約できる飛行機を使って、現地でレンタルバイクを借りる手もあったのだが、結構高額だし、人の物だと気を遣ってライディングも狭められてしまう。やはり自前のバイクで走ってこそ、愛着も一入だという結論に達した。250ccとは言え、タイヤの小さなスクーターなので、ダート路は避けたいし、無茶な走りで取り締まりに遭ってもしょうがない。そこは細心の注意を払いたい。
 総じていえば、退職まで37年間もがむしゃらに働くのだから、多少の自分へのご褒美を用意してもそんなに罰は当たらないだろう。区切りというか人生の節目にあって、想い出に残るイベントを計画してみたくなったという訳だ。
 バイクでは、1992年にCBRでツーリングして以来、実に30年振りということになる。あの時感じた風や目の当たりにした風景はどう変わっているだろう。最後に、死ぬまでに訪れたい、あるいは再訪したいスポットを列挙して結びとしたい。

 1 知床カムイワッカ湯の滝(1985年に訪問)
 2 利尻島と礼文島
 3 1985年にテントを張った広尾の海岸線
 4 苫前三毛別殉難の地
 5 宇登呂から知床遊覧船
 6 セセキ温泉の野天風呂
 7 美瑛の青池
 8 天人峡の羽衣の滝(1985年に訪問)
 9 層雲峡の双曝台(1985年に訪問)
10 糠平湖タウシュベツ橋梁
11 野付半島トドワラ(1984年に訪問)
12 サロマ湖の先端竜宮台と夕日の桟橋(1984年に訪問)
13 富良野「我夢舎楽」と「北時計」「麓郷の森」(1984・1985・1992・2013・2019年に訪問)
14 朱鞠内湖(1985年に訪問)
15 留萌黄金岬(1985年に訪問)
16 中富良野ラベンダー畑(1985年・2013年に訪問)
17 能取岬(1984年・85年2回・92年に訪問)
18 落石岬と車石(1985年に訪問)
19 花咲港と無線局跡(1985年に訪問) 
20 黄金道路(1985年に訪問)
21 日高サラブレッドロード(浦河・新冠・静内)(1985年に訪問)
22 オロフレ峠(1984年に訪問)
23 美幌峠から見下ろす屈斜路湖(1984年・85年・92年に訪問)
24 摩周湖と比留和駅(1984年・85年・92年に訪問)
25 室蘭大橋と地球岬(1984年・85年に訪問)
26 中山峠と羊蹄山(1984年・85年に訪問)
27 地平線道路(美瑛・開陽台・斜里町峰浜)(1984年・85年・92年に訪問)
28 美瑛の丘の木立ち(ケンメリーの木・セブンスターの木・マイルドセブンの丘など)(2013年に訪問)
29 知床五湖と知床林道(1984年85年・92年に訪問)
30 狩勝峠と幾寅駅(幌舞駅)(1984年・85年・92年・2019年に訪問) 

 

 

2020年10月28日 (水)

紅葉真っ盛り(いざ姫沼へ)

    昨日(10/27)は日曜勤務の代休だった。いくらコロナ禍とはいえ、家に閉じこもってばかりでは体が鈍ると思い、雪便りが聞こえ始めたことで、紅葉狩りのラストチャンスと悟り、ずっと温めていた「姫沼」に出向くことにした。

 この場所は、昭和の頃は「姫沼アートランド」という名のレジャー施設で、幼少の頃に亡き父に連れて行って貰った想い出の地だった。その後、経営不振に陥り、廃園になり、放置された。入口の看板やゲートが撤去され、三角屋根のレストハウスは無残にも廃墟化して、薄味悪い惨状を晒している。

 されどそこは、知る人ぞ知る紅葉スポットで、観光客が多い裏磐梯よりも秘境感があって、私が好きな絶景が広がっている。まだノーマルタイヤなので、母成峠を越せるか心配ではあった。では当日の模様をどうぞ。

 10/27(火)快晴

 朝から青空。絶好の紅葉狩り日和。8時の開店と同時にBigで食糧調達。やはり会津街道は混んでいる。時間をずらしての出発を決めた。

 9:23 自宅発。喜久田街道(県道296)を北西へ。GPSレーダー探知機感応せず。不安。
 9:31トライアル交差点から右折してR49へ。ダンプ&救急車の後ろを追走。風強い。気温16℃。熱海バイパス酷い渋滞で長い車列。熱海トンネルまったく動かず。
 9:43 味噌屋右折し、県道24号へ。熱海ICから出て来た赤のプリウスが堂々と信号無視。法定速度遵守。
 9:48 奇岩の立つ手前の木造十一面観音立像の広い路肩に駐車。歩いて写メを撮りに行く。角度によってはまったく見えないが、橋を越えた辺りで北東側に岩壁を見上げると「男性のシンボル」そのもの。でも今回のメインは母成と姫沼の紅葉。

Img_7989_rImg_7993_r

 県道24号を北進。すると道の中央寄りに狸の轢死体。

Img_7995_rImg_7998_r
 9:59 石莚ふれあい牧場入口前通過。ところどころに紅葉スポット有り。上空の山は色づいている。ゆっくり峠道を登る。対向車は少ない。
時々、紅葉の木立のトンネルで路側帯に駐車して写メ。綺麗だ。今年は手術をする羽目になったが、今年も紅葉を見れて良かった。妻とはまったく趣味が合わず、ドライブや旅行はいつも独りだ。時々、停車して見頃のスポットで写メを連続。途中の左カーブの右側のスペースに清水が湧くスポットを発見。1台車がいて、水を汲んでいた。帰りに立ち寄ることに。

Img_8006_rImg_8014_r 
Img_8018_rImg_8021_r

10:08 会津戊辰戦争の古戦場を示す石碑が建つ母成峠頂上部の駐車場へ。すでに先客の車3台。山々を見渡すと紅葉が盛りだ。26.6km。5分ほど写メを撮り、すぐに出発。結構猪苗代方面に行く車が続く。

Img_8026_rImg_8025_r

 下り坂、途中、10回は滑ったであろう「沼尻スキー場」の男坂が望める。やがて磐梯山と紅葉の黄色の木立ちとのコラボスポットに。でも止まれない。そして中ノ沢温泉街の下り坂へ。2度ほど洞窟のある露天風呂に入った「大坂屋」を素通り。右わき腹に手術痕をこさえてしまったので、あまり温泉への意欲が無くなった。500円で入浴できるのに…。

10:19 中ノ沢の丁字路を右折。国道115へ。飛ばす車多い。そこから500mほど坂を上って緩やかな左カーブに、わかりづらい旧姫沼アートランドへの入口がある。しかし、平日の今日は、同じ目的なのか、入り口の空き地に車が4台くらい駐車している。この時期は、紅葉狩りの観光客がやはり足を運ぶのか・・・。標識も何もないのだが・・・。細い道を下り、廃墟の三角屋根のレストハウスの右横を通って湖畔へ。

 車が3~4台、観光客は10人程度先客がいた。湖畔を彩るように真っ赤な楓がお出迎え。300m先の電気施設の空き地に沿って車を置いた。
 10:21 姫沼着。片道33.4kmの距離だった。この姫沼は周囲4kmもないくらいの沼だが、周囲を徒歩で散策できる。湖面は穏やかで風ひとつない絶好の紅葉狩り日和だ。沼は静かで、訪問客はおじいさんおばあさんだらけ。皆、旧公園と沼の間の遊歩道に映える真っ赤な楓の前で写メを撮っていた。

Img_1191_rImg_1192_r
Img_8045_rImg_1193_r

 私自身も亡き父親と訪れた遠い日の記憶を辿ったが、開拓してレジャー施設だった頃の面影は一切なく、手つかずの自然美を醸していた。周囲を取り囲む山々は上の方が色づき綺麗だが、湖の周囲はあまり、色づいてはいなかった。晴れていたが、湖面に紅葉が映ることもなく、意外と殺風景な印象だった。もしかして一週間程度早く来すぎたかもしれない。今週末が見頃だったかも。散策路が湿ってぬかるんでいるし、落ち葉と肥料の牛糞のようなものが散策路を埋め尽くしている。もしかして、クマの糞?最近、里山や市街地にクマが出没して世間を賑わしているため、私も警戒した。やがて畔に沿って歩いた。途中の木立に射し込む光と、木立の木々の葉が「映え」する風景を演出する。100mほど奥に歩くと、やや広い空き地に出たが、今にもクマが飛び出してきそうなため、何枚か写メを撮って、戻って来た。その途中、50年近く前に釣りをやった記憶のある、タイヤのタグ付きの水面に浮かぶ桟橋を発見した。もしかするとここで釣りをやって、付近の葉っぱに何度も針を引っ掛けてオヤジに回収してもらった場所なのか?

Img_1194_rImg_1195_r
Img_1196_rImg_1199_r
Img_1200_rImg_8047_r
Img_8048_rImg_8061_r
Img_8066_rImg_1205_r  

 昔は、ここでキャンプも出来たし、バーベキューもやれた。子どもが遊べる遊具などもあった。自然豊かな場所で、今では秘境感に溢れている。年配の夫婦に「ここは何という場所ですか?」「一周できるの?」と尋ねられた。「でもクマの糞らしきものもあるので、クマが出るかもしれないから、気をつけてくださいよ」と言ったら、急にビビッて、引き返していた。それくらい、普段は人が近寄らない場所だ。もし、こんな場所に遺体を遺棄したら、見つからないだろう。それこそ犬神家の一族の再現だ。

Img_8077_rImg_8079_r 
Img_8080_rImg_1220_r  
Img_8086_rImg_8087_r

 でも多少なりとも紅葉狩りの雰囲気を味わえて良かった。散策路に落ちていた紅く色づいた葉っぱを土産にした。栞に使えそうだ。

10:43 姫沼発。帰りも結構な観光客とすれ違った。R115復帰。そして左折して中ノ沢温泉街を通る県道24へ。対向車が多く、5~10台連なっている場合もあった。たぶん、49号線が工事の大渋滞で、迂回して来た車なのかもしれない。

 往路と同じルートで帰る。時々、風光明媚なスポットで3回くらい停車。Uターンして、黄色く色づいた木立のトンネルで写メなど。結構車の往来(猪苗代方面への車が多くひっきりなしに通るため、シャッターを切れず)が激しい。すすきの原野も写メ。見どころがたくさんあるし、「映え」するスポットだらけ。FTVテレポートプラスの「福テレ空ネット」に送ろうかと思ったほどだ。i-phoneの機能を初めて使って、絞りやデジタル撮影で紅葉の色を濃くしたり、セピア撮影などで彩を添えた。

Img_1225_rImg_e1223_r
Img_1229_rImg_e1229_r 
Img_e1230_rImg_8096_r 
Img_8099_rImg_8098_r

11:02 母成峠山頂部へ。ツーリングバイクも多く、10台くらいはすれ違った。でも寒そう。
11:05 下り峠道の途中で、往路で気になった清水へ。先客(赤い車1台)が3人、おばさんが汲んでいた。空のお茶のペットボトルに汲んだ。一口飲んだが、無味無臭で美味い。結構冷えている。

Img_8101_rImg_8104_r

  その後、下りのブラインドカーブが連続。でもそんなにコーナーの数は多くはない。かえって会津の滝沢峠のほうが怖いくらいだ。20代の頃は真冬のここをFRのソアラで、仕事終わりにナイタースキーに10回程度通ったなんて信じられない。22時の終了まで滑って、帰り道にラーメン屋で腹ごしらえ。帰宅は23時過ぎで、そこから風呂に入って翌日また仕事という生活をしていた。実に若かった。

 11:11 ふれあい牧場入口を通過。何台も連ねて車が対向して来る。飛ばしてくる物には、取り締まりをやっているわけではないが、パッシングして自重するように促した。
11:20 左折してR49に合流。往路ほど工事渋滞していない。あれは何だったのか?本当は熱海郵便局に立ち寄って、ヤマザキのお菓子の詰め合わせかQUOカードが当たるキャンペーンハガキを投函するつもりだったが、肝心の点数シールが糊が乾いてはがれてしまったので断念した。

 熱海バイパスでカッコいいアメリカンな幅の広いサイドカー並みのバイク(白で星条旗をはためかせていた)とすれ違う。カッコいい。俺も20年振りにバイクに乗りたくなった。250CCのスクーターでいいから乗りたい。フォルツァZの掘り出し物を探したい。でも血圧が高いのでヒヤリ運転は命取りになると自分で自制している。 

 R49の熱海トンネルが工事中の渋滞で、逆に安子ヶ島界隈は空いていた。
11:28 トライアル喜久田店へ。どこもそうだが、私が駐車場に入ると満車。買い物を終えて出るとガラガラ。今回もそのパターンだった。
 食糧調達。生寿司やパン、お茶などを購入。548円。そして喜久田街道経由で11:47に帰宅した。往復67.9kmで、正味2時間半で行って帰って来れた。1500ccの車だが、峠を走ったせいか、燃費は10km/Lだった。 
 そして自分でも驚いたのは、結局写メを撮ったのが、全部で171枚あった。デジカメとi-phoneのダブル撮りで枚数を稼いでしまった。

 後記

 毎年のように訪ねている、二本松の菊人形(今年は菊花展)と紅葉狩りだったが、今年もやはり独りでのドライブとなってしまった。あとは6年間遠ざかっているスキーに行きたい。運動不足が顕著すぎる。今年は約4か月前に胆嚢を除去する手術して、16日間も入院加療する大病に見舞われたので、本来ならば、自重した生活が必要だが、適度な運動も必要だろう。

 帰宅後、ニュースで二本松の岳温泉で火災が発生したことを知り驚いた。私が帰宅して2時間後くらいに黒煙が上がっているとの知らせ。時間があれば、土湯峠を抜けて、あづま運動公園の銀杏並木を見ようかと考えていたので、もしかすると帰り、火災現場の近くを通ったかもしれない。男性1人が遺体で発見された模様。

 さて、今回は単に紅葉狩りを楽しむだけのチョイ旅ではなく、亡き父親との想い出を辿り、感謝する意味あいもあった。「親孝行したい時に親は無し」を実感している次第だが、幼い頃に数多くの場所に連れ出して楽しませてくれたことに心から感謝したいと思う。

2020年10月13日 (火)

代休日(10/12)の「二本松・本宮」散策

 先々週の土日勤務の代休で先週は3連休(火~木)となったが、今週も、残りの代休1日分を月曜日に充てたために、土日月の3連休になった。なんと先々週の休みなしの勤務のご褒美とばかりに、10月6日(火)~12日(月)の7日間で仕事に行ったのは1日だけという休暇ウィークとなった。本来ならば、「GOTOトラベルキャンペーン」利用で、息子のいる北海道など長期の旅行に出向くのだが、今年は新型コロナウイルスに加え、台風14号と秋雨前線の影響で悪天が決まっていたことで、遠出はどこにも行けなかった。

 よって、天気が回復した、休暇最終日の12日(月)に郡山から20km圏内と近場の二本松を訪ねた。

 この10月だけで福島県内の新型コロナの新規感染者が64人増えたが、そのうち54人が郡山市に集中しており、11日の時点で累計121人に達する感染者を出したことで「郡山脱出」をもくろんだ訳ではない。

 今秋は規模縮小ながら、二本松の霞ヶ城公園で「菊花展」が10日(土)から始まったことと、お彼岸に母方の祖父母の墓参がかなわなかったために、毎年、この時期に二本松を訪れているのだ。幼少の頃は、二本松南小のすぐそばにある祖父母の自宅(母親の実家)によく遊びに行ったもので、二本松は好きな街だった。
 菊人形はこれまで通算で10回以上見ているし、提灯祭り(今年は中止)も3~4回は生で見たと記憶している。本当は、これに加えて帰りに岳温泉経由で土湯トンネルを抜けて猪苗代町にある、知る人ぞ知る「姫沼(旧姫沼アートランド)」に紅葉を見に足を延ばそうとも考えたが、まだ色づきが足りないし、天気も視界も悪いので、とんぼ返りとした。 

 それでは、当日の様子を簡単にお伝えしたい。

 10月12日(月)小雨

 7:00に自宅発 通勤ラッシュを避けての出発。ところが平日なので4号バイパスは営業トラックなどで車が多い。信号の自然渋滞も発生。

   7:08  日和田イオンフェスタ入口交差点通過。五百川~本宮は出勤ラッシュ

 7:17 本宮IC前通過。緩い下り坂を過ぎると、「人取橋古戦場」辺りから緩い上り坂に転じるが、この先の信号が要注意箇所。この日はまさにそうだった。
 漫才コンビ「サンドウィッチマン」の伊達も入院していたことがある「東北病院」の交差点から突如、黒い覆面(おそらくはクラウンアスリート)が緊急発進し、パトライトを反転させて追尾する場面に遭遇。反対車線側でマイクで呼びかけ、違反車両のシルバーのウィッシュに停止を求めていた。おそらく信号無視で検挙されたと思われる。朝でもいるのだ。
 この日は小雨だから覆面パトカーでの取り締まりだが、晴れていればここの対面の「柏屋」の脇によく白バイが待ち伏せしている。今は郡山北署管轄の旧本宮警察署がこの先にあり、そこから出動している。注意されたし。


   7:32   桝記念病院前通過 私の祖父が亡くなった病院だ。信号だいぶ引っかかる。遅い。バイパス外れたらいきなりルートインが聳え立つ。

   7:44   光現寺着。22.7km。遅い。朝の渋滞に引っ掛かり、結局44分もかかった。普通なら30分かからないのに…。
   小雨の中、祖父母の墓参り ここの墓地は、山の傾斜を利用した斜面に建てられている。小高い丘で、小学校が見下ろせる。
 祖父は88歳で天寿を全うしたが亡くなって28年も経っていた、祖母は82歳で23年経過。死んだ人は早いというが自分も歳をとるはずだ。 

Img_7910_r

 8:00   光現寺発 めざまし占い最下位。榎戸から旧亀谷のロータリーの信号を右折してS字の急な坂を越えて、大七酒造側へ。
   8:08   霞ヶ城の天守台下のPへ行く予定が、チェーンロックかかって入れず。間違って細い急坂を上り、工事の人に怖い目で見られUターン
 この道が狭くてイガ栗がアチコチにたくさん落ちていて、タイヤでのぼってしまい、パンクの心配が。急坂を麓まで戻って、車酔いの症状。
 峠道の急カーブの連続で、運転している自分が気持ち悪くなり、めまいが・・・。

 8:17  霞ヶ城公園の南西側のPへ。毎回左側の中腹に駐車する。28.6km 無駄走り。WCに駆け込む。まだ開園時間早い。そこから徒歩で入場無料の「菊花展」の会場へ。まだこの時8:28。入口で、開園時間は9時を確認し、係の人に、山頂部のP入れない理由を聞いたが、部署が違うのでわからない。仕方なく40分ほど小雨が降りしきる中、公園内を散策して時間を潰すことに。

 本来ならば、山登りして公園の山頂部にある「旧二本松城の天守台」まで歩いて行くのだが、今年は7月に開腹手術したばかりだったので、体力低下を懸念し、無理をしないようにした。智恵子の藤棚のある霞ヶ池、園路綺麗になっている。滝、洗心亭、笠松へ。写メ連続。まだ紅葉には早い。雨の中、傘をさしての山歩き。笠松の後の急坂で息切れ酷い。体力落ちている。目まい、気持ち悪いのもあって、体調やばい。
 そして本当なら安達太良山の稜線が綺麗に見える東屋へ(8:33)。息も絶え絶え。雨宿りがてら休憩。しかし、雲の中で安達太良山はまったく見えず。

Img_7915_rImg_7919_r  
Img_7921_rImg_7923_r

 植木職人が作業中。戻りかけた時に、デジカメの緩衝材カバーが無いのに気づき、再び東屋に戻るも見当たらない。車に忘れた?
笠松まで下り、洗心亭の先の綺麗になった園路に落ちているのを発見。上る時に掃除の人とすれ違っていたが、拾われずに済んだ。たぶんポケットからデジカメを取り出した際に落ちたと思われる。びしょ濡れだったが無事戻り事なきを得た。やはり占い最下位感が出ている。霞ヶ池の反対側も例年なら会場になっているが、今は何やら「発掘中」の看板があり、遺跡調査か何かで土を掘り起こした跡が何カ所もあった。

  そして5分前に再び菊花展の入り口近くで時間を潰す。自分のブログのアクセス数を見たら、なんと9時前の時点で480を超えている。通常の4倍!ありがたい。たぶん贔屓にしている方が、郡山市の記事を中心に集中して閲覧してくれている模様。

 9:01 ようやく入場。4~5人の東京から来たグループがいたが、見学はしない様子。したがって先頭で入場。非接触型体温計で検温。36.5度でセーフ。なぜかA4用紙に住所や電話番号、氏名を記入させられた。濃厚接触になった場合、連絡取るためだと。パンフを貰って入場。今年は入場無料。

Img_7956_rImg_7957_r  

 見学開始。菊花展自体は、規模縮小もあり、物足りない印象。でも数体ではあったが、菊人形も華やかに着飾って置かれていた。ここ二本松は、菊を育てる園芸家が多く、品評会への出品数も多いことから、今年も審査は行うようだ。「福島県知事賞」とか「福島テレビ賞」、「福島民報賞」など、数多くの賞が授与されている。しかし、見頃はまだ先のようで、まだ蕾の状態がほとんどだった。咲いていたのは全体の3割程度。

Img_7927_rImg_7928_r 
Img_7929_rImg_7930_r 
Img_7932_rImg_7933_r 
Img_7935_rImg_7934_r 
Img_7936_rImg_7937_r
Img_7938_rImg_7939_r
Img_7940_rImg_7942_r
Img_7944_rImg_7945_r 
Img_7947_rImg_7950_r 
Img_7952_rImg_7955_r
 天気が悪く、薄暗かったため、ピントが甘いし、片手シャッターだったことで手ぶれのような症状。映りが良くないのはご容赦ください。

 15分ほどの見学中、なんと訪問客は私一人。貸し切り状態だった。たぶん、天気が悪いのとコロナ感染を危惧しての外出自粛もあいまってのことだろう。通常の菊人形展の3分の1程度の規模で実施していた。最後の方に菊をまとった人形が2体ほどあった。物足りず、出口で係員に尋ねたら、見頃は11月というので、「また来ます」と言い残して帰る。次は天気が良く、青空に日に訪れたい。青にカラフルな菊の色が映えるはずだ。

  9:21   霞ヶ城公園発 吐きそうなくらい気持ち悪い。やはり山頂までの峠道は三半規管がやられる。大隣寺には寄らず。
  9:31   枡記念病院前通過。
  9:40   BIG本宮店に立ち寄る。鶏の照焼き弁当、お茶、パン2個、おにぎり2個で704円分購入。本日のブランチにする。
  9:51   BIG発。

 続けて立ち寄る所があった。それは帰路の途中にある、郡山市出身のアイドル歌手だった「丸山夏鈴」さんの墓参りに行くと、前日のうちから決めていたのだ。

 9:56   日輪寺の第1駐車場に到着。40.9km  2017年9月以来、3年振りに訪れた。前回のお参りはコチラ。小雨も感じないくらいになる。

Karin

 では、私が初めて彼女の墓参りに行った模様を綴った旧ブログをご覧になった方から、その後、問い合わせがあったので、彼女のファンでお墓参りに行かれる方のために、夏鈴さんの墓所を画像入りで紹介します。ただし、ここは故人が安らかに眠る場所ですので、お参りはあくまで神妙な面持ちでマナーを守ってお願いします。

Img_7958_rImg_7963_r
 これが正門への石段 ここを上って鐘つき堂や本堂のある境内を抜けても行けますが、この左側にある、舗装された細い急坂の参道からも行けます。すると右上の画像のようなお堂が左側にあります。そこを通過して上ります。すると視界正面に石像が目に入ります。そこを目指して上ってください。

Img_7960_rImg_7961_r
 途中、枝垂桜が参道に覆いかぶさっている木の枝がありますが、そこも通り過ぎます。やがて右上の画像のような街灯が現れます。その手前の丁字路を右に折れます。すると本堂の裏手(西側)の墓地の通路になります。

Img_7962_rImg_7959_r
 そうすると、左上の画像のように木立2本(手前と奥)が出てきますが、そこを目指して30mほど進み、2本目の木立の手前の左側に「丸山家之墓」があります。そこに「丸山夏鈴」さんは眠っています。

 前回、私が訪れた際には墓石の後ろに卒塔婆があり、そこに法要を終えた「夏鈴」という名前が墨で書かれていたのですぐにわかったのですが、この日はすでに卒塔婆は無く、しかも墓石には一切「夏鈴」という文字は刻まれておりません。おそらくご遺族の方が、ファンが押し寄せて荒らされたりするのを恐れて、名前を刻んでいないのだと思います。したがって、ファンの方であるならば、故人のご冥福を謹んでお祈りし、決してご遺族の方が不快に感じたり、迷惑になるような行為は厳に慎むようお願いします。

 私自身、前回は場所がわからずあちこち探しまわったが、今回は3年振りとはいえ、二度目だったのでスムーズにたどり着けた。彼女は2015年5月22日に、21歳という若さで亡くなったが、もう5年以上が経っているとは信じられない。志半ばにして病魔に倒れた彼女の頑張りに心の底から敬意を表するとともに、ご冥福を祈りながら長々と合掌した。

「最期までアイドル 夏鈴という奇跡」はコチラ

10:04  日輪寺発。東北病院の信号から4号線に合流。朝、待機していた覆面パトカーはいなくなっていた。月曜日は要注意だが、まさか通勤ラッシュを狙って、朝の7時台から取り締まりを行っているとは・・・。

10:10  本宮IC前通過
10:16  日和田イオンフェスタ店入口交差点通過。バイパスは順調。しかし、バイパスを下りたアラジン前の丁字交差点で、4台目で信号待ちしていたが、先頭にいた軽ワゴンのおばちゃんドライバーが信号変わっても発車せず。2台目の車もクラクションで知らせず、結局その青信号は2台しか通行できず。信号一個分のタイムロス。

10:25  帰宅  51.8km

 さて、たったこれだけの小旅行を記事にするまでもないが、これから二本松の「菊花展」に行こうか迷っている方への参考になればと思った次第です。実際に昨年までの菊人形展を見た人は、物足りなさはありありだが、無料でもあるし、花が大好きな方には目の保養とか、コロナ疲れで参っている方には一服の精神安定剤になるとは思う。ただし、時期が今はまだ早過ぎるので、見頃はあと2週間後だと思ってください。平日ということもあり、開催3日目にしては客足は少なく、貸し切り状態だったが、私と入れ替わりに何人か訪れたが、退職し、時間を持て余している高齢者の姿が何人か目についた。やはり平日の方が空くだろうという発想は同じようだ。

 

2019年10月28日 (月)

二本松菊人形(R元.10/28)

 今年もこの季節がやって来た。週末の度に台風や豪雨で外出できず、また、10月は6回の土日出勤に加え、出張も立て続けにあって、なかなか毎年足を運んでいる「二本松菊人形」に出かけられなかった。前日の日曜日も朝から晩まで通常勤務を強いられ、ようやく青空で文字通り「菊日和」となった10月28日(月)に代休と重なり、訪れることができた。
 ご心配をおかけした右手首骨折の疑いも、仕事の忙しさに病院に行けないままでいたが、やっと5日後の25日(金)に整形外科で診察を受け、レントゲン撮影の結果、幸いにも骨には異常がなかったことが判明した。でも1週間経った今でもかなり痛みがあることに変わりはない。

 では、今回の菊人形見物について、以下の通り経過を掲載したい。

 10月28日(月)快晴

 朝から青空 5:50起床 家の中寒い 喉痛む 悪寒 転倒による右手首強打は、金曜日にレントゲン撮影で骨折無し 打撲と診断 
 9:36発 ドライブレコーダー電源入らず ガス欠心配 R4混む 左手親指痺れトラブル続出   
 9:54本宮big 11.3km 茶、おにぎり2、パン2で420円
 10:08枡記念病院10:18光現寺 22.6km 天井にボールペンで書いてしまう 解氷スプレーで落とす 墓参 そうじ落ち葉片付け
 10:32発 10:37霞が城P 満車で左側へ Pの係員のじいさんダメ不愛想 25.0km
 入場券900円 菊人形見物 千功成の甑峰希少酒  以下、主な画像を掲載(クリックすると大きくなります)

Img_7463_rImg_7467_r
Img_7468_rImg_7473_r
Img_7476_rImg_7484_r
Img_7489_rImg_7493_r
Img_7494_rImg_7500_r
Img_7478_rImg_7479_r
Img_7509_rImg_7512_r
Img_7515_rImg_7538_r
Img_7526_rImg_7530_r
Img_7538_rImg_7542_r
            Img_7549_r

 見てわかる通り、マネキンの顔はNHK大河ドラマ「義経」に主演した滝沢秀明、それに女性は綾瀬はるか、俳優の故・渡瀬恒彦ばかり。
観光客も「あっ、タッキー」と絶叫していた。

 11:20~登山開始 台湾人ツアーが通路を塞ぎ、モデル撮影ばりに代わる代わる写真撮り過ぎ 
 11:37智恵子抄碑 息切れ、体力減退、 胸苦しい 運動不足
 11:40二本松少年隊敬彰碑ー11:42搦手門
 11:49天守台・本丸 カップル1組 青空綺麗 安達太良山紅葉 下山 自刃の地で老夫婦智恵子抄への道順聞かれる
 12:13るり池 自刃の地や二本松藩士の戦死の地では三か所ともに合掌

Img_7553_rImg_7555_r
         笠 松             ほんとうの空と安達太良山
Img_7559_rImg_7560_r
       智恵子抄碑               搦手門跡の城壁
Img_7563_rImg_7568_r
   天守台跡から望む千貫森        紅葉が美しい安達太良山
Img_7570_rImg_7574_r
       反り立つ城壁           左側が築城当時の石垣

 12:20 P発ー12:43本宮IC-12:54イオンスーツ受け取り サイズ直しはさらに有料だと ケチすぎる
 13:17某所着 15:32某所発 頸椎ねんざした首痛い 15:36帰宅 48.5km走行

 さて、今年もなんとか毎年恒例の「菊人形」を見学できたが、その後の登山はきつかった。霞池、笠松、智恵子抄碑、二本松少年隊顕彰碑、
天守台&本丸への道のりは相当厳しい。加齢と共に体力が減退し、今回は息切れ、胸が苦しく頭痛もするなどで難しかった。20代の頃、1シーズン30回は訪れたスキーも無理かもしれない。

  追記

 最近、郡山市は全国放送でもあまり良い話題は聞かれず残念だ。台風19号被害、郡山駅前の火災、週末の豪雨被害、そして神明町で起きた高齢夫婦による介護疲れが原因の殺人事件。私が暮らす郡山市だからこそ、こういうニュースは目や耳を塞ぎたくなる。
 そうした喧騒を離れ、穏やかな気持ちを取り戻したく、今回の晴天を機に「命の洗濯」とばかりに行楽地へ出向いた。結局は5.1km歩き、階数では33階の高さまで歩いたことになる。少しでも日頃の運動不足解消に繋がればいいのだが。これも骨折を回避できたことの賜物なのだが・・・。

2019年7月 7日 (日)

「北海道再訪記」3日目(7/3)

 3日目(7/3)の予定

 札幌ー北広島IC-トマムICー幾寅駅(鉄道員ロケ地)ーかなやま湖ー占冠IC新千歳空港ー福島空港ー郡山

 実際のエピソード

 4:00起床 昨夜はトータルで8時間睡眠。寝不足は解消 旅行の朝は早過ぎ 素泊まり正解。窓の外、濃霧で路面ウェット 霧雨?
     めざましテレビ、なんと朝4時55分から放送している。福島では30分遅れ。
 5:09ライフォート札幌発 5:13中の島にある息子のアパートへ。東京へ研修に行き留守。でも自社物件だけあり綺麗 写メ11枚
Img_4515_rImg_4519_r
 5:18アパート発 どこもエネオスGSやっていない ピンチ。昨日は国道5号線沿いはいっぱいあったのに。小雨の中走行。
     早朝は道路ガラ空き。右左折し、HTB(北海道テレビ)社屋前通過。屋上に黄色いマスコットキャラ。でかいパラボラアンテナ
 5:30札幌ドーム東側を通過 国道36号へ出てしまう。清田区に入り、交番の先で右側に電気がついているセルフ式エネオス発見 無人
     右折してやっとピットイン。清田区ナラサキGS   説明書き見ながらカードで給油。メーター6,953km 
     21.39Lで2,909円 1L=136円 カード決済 5:34発 これでガス欠の心配解消 
Img_4528_rImg_4531_r 
Img_4530_rImg_4529_r
 5:48北広島ICから道央自動車道へ。15℃ 予定よりも1時間早い行動。
 5:52輪厚PA おにぎりとサンドウィッチ購入460円 お茶とミネラルはホテルの冷蔵庫から持参 5:58PA発 晴れて来る。
     予報では帯広方面晴れだったのに、濃霧と霧雨状態で再び路面濡れ。80km/h~100km/hで巡行。20台に抜かれる。
     クラウン暴走150km/h以上?通行止め表示が・・・ハイウェイラジオ入らず。
 6:08千歳恵庭JCT 空いている 路面ドライに 対向車まず来ない
Img_4533_rImg_4535_r
 6:16千歳東IC 2日前に走ったルート。PC注意。
 6:22三川IC 朝食平げ薬服用 6:27由仁PA 6:30栗山トンネル 
 6:35夕張IC 雨が降ったり止んだり 対向車なし 16℃ 風速0m 4kmもの長いトンネル 幅員狭すぎ居眠りしたら激突必至
 6:44むかわ穂別IC 山の上は霧かぶる 石勝線の線路 バイクでも見た風景
Img_4538_rImg_4540_r
 6:48 下り勾配15%もの長い下り坂の長和トンネル
 6:57占冠IC 晴れて来る。 後ろに煽りの白のハイエース車間距離とらずムカつき、ブレーキで警告 北海道民、高速でも車間とらず 
 7:13トマムIC3,230円(メーター7,076km) 道道136号へ 線路沿いの一本道 時々雪除けシェルターあり
     STVラジオを聴きながら進行 道道1117号。線路と交差。
Img_4541_rImg_4543_r
 7:26 国道36号線へ 落合も交通量少なすぎ。高速で来たからか?キタキツネ轢かれて路面放置。合掌。16℃
Img_4544_rImg_4546_r
Img_4548_rImg_4554_r
 7:38幾寅駅(幌舞駅)念願の「鉄道員(ぽっぽや)ロケ地」へ到着。メーター7,097km。予定より3時間早い。早過ぎて、展示
     コーナーの扉は施錠。なんと9時にならないと開かない。周辺散策&写メ撮りまくる。駅舎内は木の香り。窓から壁じゅう、「鉄道
     員」の写真やポスター、南富良野町のガイドマップや観光地紹介。訪問客の集計用紙。昨日だけで30組。福島県など近いほう。
     京都、広島、山口などの記載あり。俺も記帳。ホーム、オレンジ色の気動車キハ、映画に出た「だるま食堂」「井口商店」などすべ
     オープンセット状態。駅舎の隣りは情報プラザの近代的ビル。
     駅舎ホーム側の軒先にいた地元の中島さん(昭和36年生まれ)と話す。トラック運転手などしていて、今日はバス転換されたバス
     で帯広の病院に通院。俺が福島県から来たと知ると、久し振りに福島弁を聞いただって、中通り浜通り会津など知っていた。
     富良野の「唯我独尊」がまだあるのか尋ねたら、富良野駅前の「我夢舎楽」というカフェを勧められる。70代のおじいさんがやっ
     ていて、ブレンド飲んで欲しいと。時間が余りすぎているので、寄るとうすら返事。バスが来て彼と別れ、その後8時15分から3
     ~4組、立て続けに観光客が来る。あちこちで写メ。
Img_4557_rImg_4558_r 
Img_4560_rImg_4559_r 
Img_4561_rImg_4564_r
Img_4578_rImg_4579_r
Img_4582_rImg_4585_r
Img_4586_rImg_4587_r
Img_4589_rImg_4597_r
Img_4598_rImg_4599_r
Img_4631_rImg_4600_r  
Img_4601_rImg_4602_r 
Img_4608_rImg_4609_r
Img_4626_rImg_4637_r
 8:45係のおじさんが来てキハの列車の扉を開錠。さらには展示コーナーとドアも開ける。本当はもっと早く開けてあげたいが、働き方改
     革を何度も挙げて弁解。佐藤乙松幌舞駅長が着ていた制服・制帽・コート、板東英二が来ていた新聞配達グッズ、キャスト・スタッ
     フ全員のサイン、模型、名シーンを集めた写真などが展示 しかも実際に映画に登場した駅長室も。しかし、仏壇などがあった部屋
     はない。ここに広末涼子も来たのか。待合室のブラウン管テレビで、撮影風景やロケの模様を収めたメイキング映像が流される。
     感動。はるばる来た甲斐があった。もともとこれがメインの旅行だった。何度もホームや電車内など周辺を彷徨う。電車内にもサイ
     ンが貼り巡らしてある。隣の情報プラザで記念切符(入場券)を3種類購入。570円。ヒグマのはく製が置かれている。爪鋭い。
     帰る段になって、3人の女の子がやって来る。駅舎前で記念撮影している。

Img_4634_rImg_4645_r
 Img_4643_rImg_4644_r
Img_4650_rImg_4651_r 
Img_4654_rImg_4653_r
Img_4652_rImg_4656_r
Img_4657_rImg_4658_r
Img_4660_rImg_4661_r
Img_4675_rImg_4668_r
Img_4669_rImg_4671_r
Img_4672_rImg_4673_r
Img_4677_rImg_4679_r 
Img_4680_rImg_4681_r
Img_4685_rImg_4688_r
Img_4689_rImg_4696_r  
Img_4678_rImg_4697_r
Img_4698_rImg_4699_r
Img_4701_rImg_4704_r
Img_4710_rImg_4711_r  
Img_4730_rImg_4731_r
Img_4741_rImg_4738_r
Img_4736_rImg_4737_r
Img_4744_rImg_4743_r
Img_4742_rImg_4747_r
 9:13幾寅駅発。22℃ 1時間35分も一カ所に居座る。時間余るのが見え透いている。14時までに空港に行けばOK.よって予想も
     していなかった富良野へ向かう。左折して道道465へ。交通量がほとんどない一本道の「金山幾寅線」。やがて山道へ。
 9:22湖が見えだしたところで、停車して写メ。
 9:24かなやま湖にかけられた黄緑色のトラス橋で緊急停車。すると1台歩道に片倫乗り上げて駐車の車1台。橋下の砂浜からキャスティ
     ングしている釣り師。おそらくバス狙い。34年前の1985年、単独ツーリングでここを訪れ、橋の上をバイクで走る様を撮影し
     た経緯あり。崖を下りるロープ有り。
 9:28金山湖キャンプ場 ラベンダー畑。駐車場に置いて徒歩で散策。石碑でUターン。紫色の花が美しい。数人が手入れしていた。
 9:34発 17℃
 9:37展望台の駐車場へ 写メ くねくね道路なので、橋を架ける工事中。サイクリングでトレーニング20台とすれ違う。外人?
Img_4750_rImg_4756_r
Img_4752_rImg_4755_r
Img_4754_rImg_4760_r
Img_4761_rImg_4762_r
Img_4767_rImg_4774_r
Img_4768_rImg_4775_r 
Img_4778_rImg_4780_r 
Img_4785_rImg_4783_r
   9:49踏切渡り、その先のT字路を右折。富良野方面を目指す。国道237号へ 一直線の道路60~70km/hペース。
 9:59 国道38号線へ 何度か走り、記憶にある道と周辺の風景  
10:02山部大橋(空知川)山部の街道沿い、スイカメロン直売所断続的に登場。しかもオレンジ色の天明表示。メロンの形のモニュメント 
10:10有料道路との分かれ道で右折。クランク状にまた左急カーブ。布部駅入口見落とし、素通り。小さな踏切で右折して渡る。200m
     ほど戻る。右折し、6年前に訪れた布部駅へ。
Img_4788_rImg_4789_r
Img_4790_rImg_4792_r
10:15布部駅着。7,139km
     1984年、2013年に続き、3度目の訪問。マッチ箱のような小さな駅舎の前に、色褪せた倉本聰作の「北の国此処に始まる」
     の文字。すると男女がプラットホームにいて、男性がギターを弾いて女性が撮影。ポスター撮り?ジャケ写?ホームでも手短に写メ
     駅舎内でスタンプ押印 小さい。アクセス道路から駅舎まで意外に近い。
Img_4793_rImg_4794_r
Img_4795_rImg_4802_r
Img_4796_rImg_4797_r
Img_4798_rImg_4800_r 
Img_4799_rImg_4801_r
Img_4804_rImg_4806_r

10:19布部駅発 残り10km 60~70km/hペース。
10:27富良野駅手前の無料駐車場へ。7,145km。交番が手前に、駅の高架橋の渡り通路がロッジ風のこじゃれた造りに・・・。
     まず駅へ。スタンプ押印。「我夢舎楽」の場所を聞きに、駅に隣接する観光案内へ。いきなり太った外国人の男性スタッフがいる。
     女性に尋ね、場所を聞き出す。駅舎には顔出しパネル。へそ祭りの人形も。
     駅の南側の2階建てビルの2階。階段を上がり、マスターに会いに扉を開ける。そこは別世界。ログ調のオシャレで落ち着く雰囲気
     先客は20歳ぐらいの若者ひとり。髭のマスターに声を掛け、中島さんの紹介だと告げる。俺の名前を出すとマスタービックリする
     と言っていた通り。気さくで話しやすい方。早速ブレンドコーヒーを注文し、話し込む。田中邦衛や北の国からの出演者など全員の
     サインが壁に飾ってあり、また、旅の途中でここを訪れた人々の写真や年賀状がびっしり貼られている。今年分で満杯。毎年、貼り
     替えているそうだ。マスターに人柄が偲ばれる。入り口のポケバイはその持ち主が北海道でバイク事故で死亡し、マスターが引き
     取ったそうだ。ほかにも学習院大学のワンゲルパーティーが団体でここで食事するらしい。雑誌に紹介された記事を見せてくれた。
     初めて訪れたのに、妙に落ち着く。名物だと言う「カントリーサンド」を注文。それがまた3枚重ねででかい。口に入りきれない大
     きさで食べきれない、注文依頼があれば駅で売ったり、年中無休状態。マスターは佐々木幸一さんと言い、元は札幌の建材屋で働い
     ていた。しかし、縁があって喫茶店をやっることに。身の上話聞く。芦別在住で、毎日店に通っている。昔の出来事を嬉しそうに話
     してくれた。
     なんと御年77歳の喜寿。BGMは懐かしい70年代のABBA。エリック・クラプトンのCDジャケットも部屋の飾りに。店を開
     いて33年目。私が学生時代に訪れた際にはまだ無かった。駅前の区画整理で以前の店を解体して、また建て直したそうだ。
     コーヒー2杯目、100円引き。会計は1,300円。1時間半も居座る。北海道の最終日にこんな素敵な想い出が出来るとは。必
     ずまた来ることを誓い、またマスターとツーショット写真。年賀状を送って店内の壁に飾ってもらうことにする。
     中島さんがまた来店したら、ちゃんと俺が店に来たことを伝えて貰う。幾寅で中島さんに出会っていなかったら、富良野に来ること
     もないし、ましてマスターと懇意になることもなかった。旅は道連れを実感。飛行機のため、後ろ髪引かれつつ帰路へ。駅前で韓国
     人の6~7人の若者グループがレンタサイクルで街中へ。
Img_4807_rImg_4808_r
Img_4809_rImg_4810_r
Img_4811_rImg_4812_r
Img_4813_rImg_4814_r
Img_4815_rImg_4819_r
Img_4816_rImg_4817_r
Img_4821_rImg_4822_r 
Img_4823_rImg_4824_r
Img_4828_rPhoto_20190706072401
Img_4832_rImg_4833_r  
  なお、「我夢舎楽」のマスターの許可を得て店内を撮影し、ご自身の画像を当ブログに掲載することを承諾していただいております。

11:45富良野駅発 気温25℃に。来た道を引き返す。11:55布部大橋(空知川) 有料道路分岐を左折。ずっと後方を自衛隊のト
    ラックが走る。
Img_4836_rImg_4837_r 
12:09右折して道道237へ。通称花街道237.ガラガラで一直線。ここは6年前も走った。
12:17かなやま湖分岐を直進。占冠方面へ。
12:20金山峠 :23トンネル ツーリングライダー7~8台 道路工事で片側塞がり、待たされる。
12:33トマム分岐点を左折。ICに行くのに遠回り。      
12:38占冠IC メーターは7,194km 高速へ。トンネル続く 後ろオフロードバイク トンネル煽られないように120km/hで逃げ
    る。車間距離稼ぐ。対面通行と追い越し区間、トンネルの繰り返し。対向車線にPC バイクが尾行状態
13:03夕張IC 今日夕張訪問が当初の計画だった。そうすればもっといろんな場所に行けてた・・・。晴れて日差し出る・遅い。28℃
13:13由仁PAで休憩(メーターは7,241km) 24℃でかいバイク2台熟年ライダー八王子ナンバー トイレへ ナビ再設定
     空港でレンタカー返却前にエネオスのGSに行くため。
13:19由仁PA発 :24追分分岐 
13:31千歳東IC出口(1,860円)
13:38空港方面へ行く筈が出口間違えて逆の千歳市方面へ行ってしまう。無駄走り。1km先の交差点でUターン。
     DASHに登場した南千歳駅を通過。国道36号線沿いにGSがあると思って南下するが、一向に現れない。滑走路の終点を越え、
     さらに南へ。おかしいと思い、美々という地名で左側に昭和シェルGS(モダ)で左折し、路肩に駐車し、エネオスSSカーゴ店へ
     TEL。するとGSは空港の敷地内にあるらしい。往復10km無駄走り。これが飛行機ギリギリだったら超焦る筈。まだ1時間半
     あるので少し余裕。戻る途中、13:58オービス通過。時速45km/h。
14:04やっとの想いでエネオス空港カーゴSSへ。メーターは7,284km 1L=143円 しかし17Lしか入らず2,432円
     燃費良すぎる。迷わないように男性店員のおじさんにレンタカー基地への行き方を尋ねる。南千歳方面に行き、マイナス方面に右折
     2回繰り返して国道36号へ 案内板があって、そこを左折。2日前通った道へ。
14:13ワールドネットレンタカー到着 無傷。ただし、雨に降られ外見汚いし、足元のフロアマット泥だらけ。距離7,287km
     最後の無駄走り2回が痛い。10km以上損。23℃ 名残惜しい。
14:35マイクロバスに7~8人乗り合わせて新千歳空港着 skipで機械でチェックイン やはり座席変更は不可。持っていませんをタッチ
     して搭乗券を出す。売店で白い恋人5つと渡邊さんへ差し上げるROYCEを購入。土産代に4,788円 速攻。
14:47ベンチで休憩。ペットボトルミネラル2本あり、たぶん1本しか持ち込めないので飲み干す。
     ついでに6年前機内で食べた「北の海鮮丼弁当」を売店で購入。1,290円 保安検査を通り、WCで用を足す。
Img_4840_rImg_4841_r 
Img_4878_rImg_4879_r
15:00 5番ゲートの前のシートで待つ。優先席の後ろで待機。飛行機の座席は満席に近い。やはり1日1往復では足りない。夏だけでも
     増便を乞う。滑走路変更で若干搭乗遅れる。登場順は往路と同じく3番目(窓側と中央席)
15:45やっと機内へ 飴2つ受け取る 最後方から2番目の20F(窓側)隣りはタビックスジャパンのおばあさんの5人のツアー客
     すぐに話しかける。意気投合。(小野町と猪苗代町の方)
Img_4843_rImg_4844_r
Img_4846_rImg_4847_r
15:58新千歳空港発テイクオフ 濃い顔立ち(沖縄出身?)のキャビンアテンダントは鈴木さん。アイスコーヒー貰う 往路はアップル
     視界良好で、すべてが見通せる。苫小牧の港が真下に。太平洋に出てしばらくして青森県の下北の先端 尻尾岬
16:40八戸上空を飛行 雲をうまく避け、陸地の稜線が手に取るようにわかる。座席の雑誌のマップと照合し、現在地を常に伝える。
     ただ今盛岡上空など
Img_4848_rImg_4849_r_20190706073501  
Img_4851_rImg_4855_r
Img_4857_rImg_4858_r
17:00仙台上空 メモ 下降開始 やがて福島空港が見えるのに、高度が高くて旋回 なんと北に飛ぶ。
     そして旋回したら眼下にラウンドワンやビッグアイ(17:18)が間近に見える。あそこに降りたい。日大の校舎の近くを飛行
Img_4864_rImg_4867_r
Img_4868_rImg_4869_r
17:22福島空港の滑走路にタッチダウン 路面は乾いているがくもり空。手荷物ないのですぐに空港の外へ。車の駐車場所勘で当てる。
Img_4872_rImg_4873_r
Img_4874_rImg_4876_r
17:36福島空港発 道路はドライ状態。往路と同じルートを帰る。
            Img_4877_r
17:44県道63号から右折して旧道へ。牡丹園前通過。17:53国道4号線へ右折 煽りに急ブレーキで車間空けるよう促す
18:04郡山入口バイパス分岐 
18:18帰宅

 3日目の出費

 食事代 3,050円(朝食460円・喫茶コーヒー&カントリーサンド1,300円・弁当1,290円)
 高速代 5,090円(3,230円+1,860円)
 ガソリン代 5,341円(2,909円+2,432円)
 土産代  4,788円(4,011円+777円)
 記念入場券570円
  
 合計 18,839円  3日間の合計 44,060円  総合計額 108,160円 

 3日目のレンタカー走行距離 346km         3日間のレンタカー走行距離722km
 
 福島空港往復距離は 53.4km
 

  総括コメント

 6年振りに訪れた今回の北海道の旅。仕事の都合で2泊3日という制約があって、しかも昨春から札幌勤務となった息子の様子を窺うという目的もあった。メインは高倉健さんの足跡を辿ることであった。悲願だった「鉄道員ぽっぽや」のロケ地も訪ねたし、積丹半島の突端の神威岬まで行け、諸般の目的は達成できたが、海岸沿いを散策できなかったのは悔いが残る。立入禁止では単独冒険は出来ない。

 次は羆被害のあった「苫前」や34年前に行ったきりの日高サラブレッドロードや襟裳岬、黄金道路なども再訪したい。本音はバイクでツーリングしたいが、血圧が心配な今、無理はできないし、反射神経に不安があるため、次にバイクにまたがる時は死ぬ時だと勝手に決めつけているため、実現は難しそうだ。

 今回の旅行はあまり天候に恵まれず、トータル的には可もなく不可もなくだが、退職後は2週間くらいのんびりと一周したい。それが今のささやかな夢だ。

 最後に、車内から撮影した画像は、すべてOn BOARD固定カメラで撮影した物です。走行中は危険ですのでカメラを構えたり、シャッターを切る行為はしないようご注意ください。

2019年7月 6日 (土)

「北海道再訪記」2日目(7/2)

 2日目(7/2)の予定

 札幌ー積丹半島(念仏トンネル・水無の立岩・神威岬)-小樽(運河・寿司)ー銭函駅(駅stationロケ地)-札幌(時計台・旧道庁・TV塔ほか)

 この日の天気予報が最悪で、積丹半島の突端にある神威岬まで往復登山を見込んでいるため、せっかくおろし立てのシューズが泥だらけになることを懸念していた。

 実際のエピソード 天候 晴れ/くもり

 5:05起床 札幌を脱出するのに時間がかかると考え、早めに出たい。予定よりも1時間早く出ることに。ゆうべの酒は残っていない。
     くもり/雨の予報が大外れ、外は青空で日差しあり。なんと5時25分からの「めざましテレビ」が5時前から放送している。
Img_4296_rImg_4298_r  
 5:29ホテル発 連泊だが、一応、全部荷物を持って行く。冷蔵庫の無料ミネラルを持参。5時台の出発正解。
     ガラガラで信号もあまり引っかからず。ガソリンスタンド早朝営業。コンビニ&ファミレスあるが寄らず。5:37円山公園前
 5:50札幌西IC 料金所なし?ETC記録されてる?ラッシュだと1時間かかるのに、出発から21分で高速に入れる。17℃
 5:57銭函出口通過 22℃に 対面で片側一車線だが、ガラガラで90km/hペース 飛ばさず安全運転キープ
 6:03小樽JCT 余市方面へ 後志有料道路へ ますます交通量減る。トンネル多い。タンクローリーが前方を行く。順調。
Img_4301_rImg_4302_r

 6:19余市ICの料金所 1,310円 右折して積丹方面へ 踏切越えて国道5号線へ入る。
 6:22国道沿い右側のセブンイレブンへ(メーター6776km) 朝食を購入。おにぎりとパンで472円。贅沢知らず。
 6:30余市警察署の丁字路を右折。運転しながら朝食を平らげ、ミネラルで薬2種類を服用 国道229号線へ コンビニが多い
     余市神社前を左折。漁港。釣りやりたい・・・。カジカ、カレイ、ホッケなど釣れそう。青空が見える。 マジで35年振りに来た
     ワッカケトンネル内S字でくねくね。その先の海岸から右手にローソク岩が突如現れる。
 6:40ローソク岩で停車し、写メ。35年前友人とバイクで来て写真を撮った場所。意外にも海岸道路からローソク岩まで距離が近い。
Img_4307_rImg_4309_r 
 6:45新豊浜トンネル長い。神妙に走行。出た先で右の公園へ。ここまでメーター6,790km 駐車場にキレイなトイレ
     慰霊碑で合掌し、岩盤崩れの犠牲者の冥福を祈る。犬が遠吠えしているように見える岩。平成8年2月の厳冬期にバスと乗用車が
     岩盤が崩れた下敷きになり、大勢亡くなる。連日テレビ中継されていた。冥福を祈って後世に残すために写メ。磯の香漂う。
     右側の小屋は施錠してあったが、遺品や千羽鶴など事故当時を偲ぶコーナーがあった。ここは元はセタカムイという場所。
     無線のアンテナを複数立てたライトバンがWCへ。
Img_4311_rImg_4312_r
Img_4313_rImg_4314_r
Img_4316_rImg_4319_r
Img_4320_rImg_4321_r

 6:58豊浜トンネル祈念公園を出発。
 7:00古平川を渡る。クランク状に進む。古平漁港。交差点で中央バスが来る。海岸線の途中で停車して時々写メ。水中展望台ある?
Img_4322_rImg_4323_r  
Img_4324_rImg_4326_r

  7:11海岸線を離れ、山道へ。神威岬まで25kmの地点。白樺木立の並木が連なる一本道。対向車来ないし、先行車後続車なし。
     ガラガラだが、60km/hペースで70km/h以上は出さずに自重。右折積丹岬の標識あるが、そのまま直進。予定よりだいぶ早い
     山道に入り、曇って来る。草原地帯の道沿いにユースホステルあり。積丹原野。すると右側に「斎場」の文字が。その斜面の上に
     火葬場の煙突と建物が・・・。この辺の人は死ぬとここで焼く。
Img_4330_rImg_4331_r
 7:27丁字路を左折するが、しばらく行ってから、やはり35年前ツーリングで立ち寄った海がエメラルド色で美しい島武意海岸に向けて
     Uターン。3kmほど海岸線を走る。海岸沿いに大小の岩が点在。すると左手に半島の先端に立つ「神威岩」が現れる。思わず停車
     して写メ。
Img_4334_rImg_4336_r
 7:33「島武意海岸」を示す標識を見つけ、左折。つづら折りの山の斜面の一本道を上がる。友人と来たのに、覚えていない。
 7:34島武意海岸(しまむい)の駐車場着。メーターは6,820km 綺麗な食堂が建っている。
     坂を10mほど上がったところに狭くて高さ180cmほどの低い歩行者用トンネル。懐かしい。この光景覚えている。
     ゆるくカーブした頭上スレスレのタイムトンネルのようなトンネルを6~70mほど行くと視界が開け、正面に日本海が広がる。展
     望台だが、スペースは広くはない。駐車場到着時、成田ナンバーのライダーがひとりいたが、ここは無人。友人と訪れ、ふざけて柵
     に上がって写真撮った記憶が。右手には黄金色の山肌が。曇っているせいか、エメラルドブルーも映えては見えない。
     10分ほど眺め、トンネルをまた戻る。写メ撮ったが、お化け出そう。食事処「鱗晃」という店。
Img_4337_rImg_4338_r
Img_4339_rImg_4340_r
Img_4358_rImg_4348_r
Img_4345_rImg_4347_r
Img_4355_rImg_4357_r

 7:45発 海岸線を戻り、神威岬を目指す。野塚の右カーブ、うに丼を食べさせるこぎれいな店が並ぶ。海岸線に釣り師が歩いている。
     先行・後続なしの状況。35年前左カーブを曲がり切れずコースアウトして壁に激突しそうになった場所は積丹海岸沿いらしく、
     見当たらず。
Img_4365_rImg_4367_r
 7:57武蔵トンネル うに丼の店多い。余別トンネル。
 8:02うしお食堂P着。(メーター6,832km)海岸散策 雑草が伸びた小道は20m先で柵が張られ、立入禁止に 海岸の岩場を越
     えられるか試したが、単独では無理。寒いし霧も出ている。35年振りの念仏トンネル・水無の立岩を断念。せっかくLEDライト
     を購入して持参したのに・・・。
Img_4369_rImg_4370_r
Img_4371_rImg_4372_r

 8:09うしお食堂発 500m先の神威岬入口を右折し坂道を上る。
 8:12神威岬P着 メーターは6,834km。寒いし、霧が出ている。半袖短パンは俺しかいない。広い駐車場、キャンピングカーや7
     ~8台駐車。いくつか散策路があるが、路線バスの旅で伊藤かずえらが歩いた一番左奥の緩い斜面の舗装坂路を進む。200mほど
     で「女人禁制の門」へ。そこから積丹半島の灯台と突端まで一望できる。しかし、岬に付き物の強風。35年前は夕方で時間なく、
     時間との戦いで急いで行き、くたくたになった記憶がある。崖の稜線に出来た遊歩道を進む。高低差激しい。ステンレスの橋も揺れ
     まくり。瀬棚にある「太田神社」の参道みたい。途中、3~4組の観光客。中国語を話す老夫婦も。水無の立て岩、進むと次第に角
     度によって高さや太さなど形を変える。予定で行くはずだった念仏トンネルの穴も見える。あそこから剣の形状をした「水無の立て
     岩」を見たかった・・・。悔しい・・・。
     崖転落の恐怖と闘いながら、息を切らしながら遊歩道を歩く。20歳の時よりも今の方が体力がある。
Img_4374_rImg_4375_r

Img_4376_rImg_4378_r
Img_4379_rImg_4380_r
Img_4383_rImg_4384_r
Img_4385_rImg_4386_r
Img_4387_rImg_4390_r
Img_4389_rImg_4391_r
Img_4392_rImg_4397_r
Img_4394_rImg_4398_r
Img_4399_rImg_4400_r
Img_4404_rImg_4409_r
Img_4410_rImg_4412_r
Img_4415_rImg_4418_r 
Img_4417_rImg_4421_r
 8:35灯台に到着。写真を撮影しながら休憩を取りながらでも8:36に24分で先端にたどり着いた。昔は転落防止の柵などなかった。
     突端から覗くと、300m先に「神威岩」がそそり立つ。伝説では、お姫様が義経を追ってここから身を投げ、その化身がこの岩に
     なったという言い伝えがある。旭川から出身のおじいさん、九州から北海道まで日本中を旅しながら戻って来たという。35年振り
     に来たと言うと、昨日も同じことを語っていた旅行客がいたとか。おじいさんが先に帰ったら、俺ひとり取り残された。
Img_4422_rImg_4423_r
Img_4424_rImg_4426_r 
Img_4427_rImg_4428_r
Img_4429_rImg_4432_r
 8:43神威岬突端を出発。来た道を引き返す。尾根沿いのアップダウンを見るとぞっとする。行きは良い良い、帰りは怖いを実感。寒い。
     写メを撮りながらゆっくり戻ると、おじいさんは遥か先を行く。かなり遠くに女人禁制の門が霞む。
     女人禁制の門に戻り、旅行中の方々と話す。途中まで行って引き返した老夫婦。今日は先端まで行くと息巻いていた。中国語を話す
     老夫婦も・・・。こんなところまで外国人観光客が来るとは。俺だけが半袖で、他はパーカーなど厚着している。
Img_4436_rImg_4439_r
Img_4442_rImg_4444_r
Img_4448_rImg_4449_r
Img_4454_rImg_4456_r
Img_4458_rImg_4459_r
 9:07神威岬レストハウス駐車場発。結局往復で1時間かからず。売店に立ち寄るのを忘れる。そこで「到達証明書」を買う筈だっ
     た・・・。実質片道20分あれば行ける。ライダー2台とすれ違う。バイクにまた乗りたい。
  
 9:11うしお食堂着。店員のおじさんに聞くと、数年前に落石・崖崩れが相次ぎ、行政が閉鎖し、入れなくした。よって念仏トンネルと水
     無の立て岩にはもう行けないと言われる。1,550円の「うしお丼」という名の海鮮丼とこの店に置いてあった到達証明書を
     150円で購入。買えて良かった。わさび丸ごと口に入れて涙出るほど辛い。奥に赤ちゃん連れの若夫婦。
Img_4460_rImg_4461_r 
Img_4462_rImg_4463_r
   Img_4465_r
Img_4466_rImg_4467_r

 9:32うしお食堂発。気温17℃だが、実際は寒く感じる。予定では13時まで積丹にいる筈が、海岸散策中止のため、3時間半も早い。
 9:35野塚でやっと35年前に泊まった「積丹ユースホステル」を右の坂の下に発見。立ち寄る。一応玄関から声を掛け、おばさんに事情
     を話し、あって者の外観撮影の許可を得る。すると不愛想にも建物の中は撮らないでくれだと。グッズいっぱいあったのに・・・。
     ミーティングでゲームをやったり、自分で配膳したり、神威岩伝説や念仏トンネルのいわれなどの話を聞いた記憶が蘇える。
Img_4468_rImg_4470_r 
Img_4471_rImg_4472_r
 9:47野塚右折 余市まで38km 国道229号線スイスイ。70km/hペースで走行。
10:03美園ー10:17ふたたび豊浜トンネル通過ー10:21ローソク岩 右折 
Img_4474_rImg_4475_r
10:30余市の市街地へ。ポカポカ。福原漁場ー10:32余市警察署前を左折。トラス橋を渡る。信号多く引っかかる。
10:39レーダーPC さらに塩谷でもパトカー出没。しかも対向車線側で捕まっている。直進すれば運河なのに、駅方面へ右折してしまう
11:00小樽駅前 白バイが待機して監視している 途中で切り返してUターン 旭展望台は行かず 港周辺駐車できる場所無し
11:06小樽運河倉庫街の東側道路にあるファミレスの駐車場へ。メーターは6,903km ガムとチオビタで332円
     早速徒歩で運河へ 修学旅行の男子グループや中国人観光客だらけ 可愛い女の子のカップル ホテルソニア壁塗り替え看板消える
     平日でも観光客ごった返し。小樽バインと間違えて手前の美術館へ。バスツアーで来た小樽バインが高級レストランに変わっている
     日銀小樽支店、旧三井銀行小樽支店で写メ グループ調べ学習の小学生たち 6年前に小樽は見学したので深入りせず
     北一硝子やオルゴール館は行かず 人力車走る 
Img_4477_rImg_4478_r 
Img_4479_rImg_4483_r     
Img_4485_rImg_4489_r
Img_4487_rImg_4488_r
Img_4491_rImg_4492_r
Img_4493_rImg_4494_r
11:38小樽発 海岸沿い 巨大なイオンが連なる 石原裕次郎記念館も閉館 
11:46国道5号線へ ずっと片側2車線になっている 明日早朝出発でトマムなのでそろそろ給油気になる 137円のセルフあり
     黒のアクアが頻繁に車線変更して前に出ようとする 煽り運転 
11:59左折して銭函方面へ 踏切渡る 駐車場無し Uターン 駅の小さなロータリーに駐車
12:01銭函駅着 メーター6,920km ここは高倉健主演の映画「駅-Station-」の最初のシーンを撮影した聖地 スタンプのみ押す
     ここは有人駅で窓口有り 3分ほどで出発 ちょうど踏切で電車通過 国道5号線へ復帰
Img_4495_rImg_4496_r
     前の白のハイエース、いきなり軍手を路上に投げ捨てる暴挙北海道はマナー最悪 車間距離も開けない
      Img_4497_r
12:29国道5号バイパス分岐をそのまま直進 茶髪の郵便局員バイク
12:39右折 23℃ 車内暑い
12:43左折して中島公園方面へ 昼下がりにもう札幌へ 早過ぎる 朝イチ行動は時間を有効活用できる でも余った時間どうする?
     朝来た道を戻る円山公園左カーブ やはり赤信号だらけ
12:55ライフォート札幌到着 メーター6,941km 予定よりも6時間も早い帰還 せっかく北海道まで来て行く場所が無い悲劇
     ユニットバスで入浴して休憩
14:05ホテル発 中島公園駅から地下鉄南北線。200円 
14:30すすきの駅下車。

     ここから先はプライバシーの要素を含むため記載を割愛いたします。
 
15:55ラーメン横丁へ その前に別のラーメン地下街に迷い込み、siriに尋ねる 6年前と同じ「ひぐま」へ。店構え、大将変わらず
     先客無し 迷わず「みそラーメン」 俺がサクラの役割で、その後2組4人の客来る 44年目らしい。800円 美味かった。
Img_4500_rImg_4499_r 
     Img_4498_r
16:10発 小雨 すすきの駅の入口でイヤホンのキャップ片方ないのに気づく。バッグを探すがない。もしかしてラーメン屋に落とした?
     再びラーメン屋に戻る。案の定、俺が座っていた右奥の椅子の下に落ちていた。良かった・・。危ない、嫌な思いを残さず。 
16:27ラーメン横丁再出発 半袖半ズボンは俺くらい。地元民は長袖。内地から来たとバレバレ。旧道庁行かず。
16:31すすきの駅 200円 中島公園駅下車
Img_4501_rImg_4502_r
16:45ライフォート札幌着 往復2時間40分の早業 1Fフロント横の土産品を見る。キタキツネのキーホルダー可愛い350円
     ラーメンの具が歯に挟まって取れない。この後、札幌ドームの日ハム・西武戦のナイトゲームという手もあったが、交通の便が
     悪すぎて断念。
Img_4503_rImg_4504_r 
Img_4506_rImg_4505_r
18:06~18:22ホテルから南に300行ったところにある「セイコマート」へ。北海道が主流のコンビニ。弁当、パン、飲み物2本
     合計705円 朝、アラーム止める前に部屋を出て出発したことで鳴りっぱなしだったようだ。
    この日、8km以上も歩き、夕食を食べた後、疲れて19:30~23:00、23:30~翌日4時まで爆睡
    明日の早朝出発でガソリンスタンド見つかるか心配。札幌で給油しないと高速そのまま突入だとガス欠必至。 
 

 2日目の出費         

 高速代   1,310円
 食事代   3,859円
 到達証明書   150円
 その他   6,400円

 合 計  11,819円

 本日の走行距離219km
 

2019年7月 5日 (金)

「北海道再訪記」初日(7/1)

  前日まで梅雨前線の北上の影響で強い雨が降り続いていた。しかも出発前日に、到着便の遅れで、私が乗るのと同じ便が1時間以上も出発が遅れるというトラブルに見舞われた。当初は6月30日(日)出発の予定だったため、悪天候も考えれば、平日旅行に変更して正解だった。

 しかも偶然は重なるもので、この旅行を考えたのが一か月以上も前なのに、出発前日、偶然にもBSで「幸福の黄色いハンカチ」を放送した。何か縁がある。でも心配は、私自身が雨男だということで、私が35年前に北海道に住んでいた時は、私が外出しようとすると、それまで晴れていても、雲行きが急変し、必ず雨になるというジンクスがあった。梅雨のない北海道だが、どうも私が訪ねる3日間だけが曇り一時雨の天気で、帰宅後の4日からは晴れマークという憤りを感じる有り様だった。

 また、息子が昨春から札幌勤務であり、その様子を窺うのと共に、一緒に焼肉夕食をとりたい。そして予て購入しておいた腕時計「G-SHOCK」を渡そうと考えていた。かくして旅行がどんな中身だったか、振り返りたい。

 <前日までの事前出費>   
 
 楽天ANAパック 往復航空券+ホテル宿泊(2泊)+レンタカー代=64,100円

 初日(7月1日 月曜日)くもり

 <予定>

 郡山ー福島空港ー新千歳空港(レンタカー)-夕張(幸福の黄色いハンカチ想い出広場)-岩見沢ー野幌森林公園・百年記念塔ー札幌
 息子と焼肉夕食(ホルモン酒場風土すすきの店)ー息子のアパート確認

 <実際のエピソード>

 前日、飛行機が1時間以上遅れ、気が気ではない。ANAのサイトで何度も運行状況を確認。天気予報も札幌、雨の確率が高くなる。雨男の本領発揮。占いも12位で最悪。じゃんけんも2勝2敗50pt止まり

 8:00自宅発 鳴神~針生の高架橋大渋滞で停車。25℃ 8:24バイパス分岐 8:33須賀川デニーズ左折 牡丹園前通過
 8:48福島空港着(48分)27.2km WC ANA1113便座席5A(前日のキャンセルになった座席へ変更)skipでやるが搭乗
     券欲しさに画面の「持っていない」を選択 キャリアケースも機内持ち込みOKで、手荷物は預けず。到着後、すぐに移動可。満席
     に近い。

Img_4075_rImg_4076_r
 9:00保安検査通過 Group3 窓際は早めに乗れる。2Fカウンターのグランドホステス2人とも美人 英語のアナウンス発音GOOD!
     アンケート記入 9:42機内搭乗 飴1個 B737-500 
 9:54車止め外し、エプロンから移動 福島空港発 10:04テイクオフ隣りも後ろも客いない。でも搭乗率は90%以上。
     北向きに滑走したのに、空港周辺を一周旋回し、高度を上げる 須賀川市街地眼下に しかしすぐに雲の中へ 雲の間に出る 揺れ
     る。
Img_4079_rImg_4083_r

10:25アップルジュース 千歳の天気が雨とアナウンスされがっかり ずっと雲の中を航行 時々揺れる 10:45下降開始 
10:58雲の中へ突入 窓に水滴流れる 雨 ギリギリまで雲の中 急にゴルフ場が見えだし、すぐに滑走路へ
11:12タッチダウン 11:20新千歳空港着で機内から出る WC 1F受付で尋ねて「ワールドネットレンタカー」のカウンターへ。
     すぐに手続きするが、10分ほど待つ バスが迎えに来る 肌寒い 半袖は俺くらい
Img_4089_rImg_4091_r

11:37千歳空港発 結構距離ある 天気はくもり 分厚い雲
11:45営業所へ トヨタなど多くのレンター会社の基地 車だらけ 手続き 追加で3日間の安心保険に入り2,592円
     車種変更申し出る 日産NoteからトヨタVitzへ 本来は出来ないが特別 6,565kmからスタート ナビを設定。ブレーキ効きすぎ 
11:58ワールドネットレンタカー発。ランプから国道337へ 70km/hペース
12:10千歳東IC 高速へ。ガラガラ 80km/h規制 Vitzはワイパー1つしかない バスみたい 白線を跨ぐと警告音鳴る
     キトラPAから先、先行パトカー 80km/hで巡行 ゆっくり 数多の車に抜かれる 18℃  12:22由仁PA  
12:32夕張ICで高速降りる 950円 右折 夕張メロード 左折 12:37沼ノ沢 R452 強風 12:41夕張高校
12:42Aコープ南清水沢店へ いなり寿司 ジュース 茶 パンで640円 レジの人に天気を尋ねる 昨日までは雨なかった・・・
     右折し、かつての踏切を渡り、すぐに「幸福の黄色いハンカチ想い出広場」の標識見つけ左折 山道を300m上がる。 
Img_4097_rImg_4098_r

12:55夕張「幸福の黄色いハンカチ」想い出広場駐車場着 メーター6,620km先客の車4台 入場料 540円 小雨パラつき傘差し見学
     歩いて200m先に、映画のラストシーン炭住が軒を連ねる 勇作役の高倉健を待つ光枝役の倍賞千恵子が取り付けた目印のハンカ
     チが風ではためく 内部は黄色一色。     
     書置きメッセージカードで埋め尽くされている。全国各地から健さんファンが来ている。
     欽也役の武田鉄矢と朱美役の桃井かおりが乗っていた赤のマツダファミリアも展示。俺もメッセージを記入し、窓の健さんの遺影の
     脇に貼り付ける。平日の雨にもかかわらず、見物客は10人。映画に登場した浜松床屋が売店&喫茶 
     せっかくだからオリジナルコーヒーを注文 300円 青々とした木立が美しい窓辺でいただく。雨止む ミスチル流れる。
Img_4100_rImg_4101_r 
Img_4103_rImg_4104_r
Img_4105_rImg_4106_r
Img_4107_rImg_4108_r
Img_4110_rImg_4115_r
Img_4116_rImg_4112_r
Img_4141_rImg_4149_r 
Img_4150_rImg_4158_r
Img_4159_rImg_4161_r

13:34「幸福の黄色いハンカチ想い出広場」発。街道を北へ。13:41マウントレースイスキー場のホテル前。でかくて近代的。不釣り
     合い。34年前に訪れた旧夕張駅を探すが見つからず。
13:47石炭の村が見える坂道で写メ 廃れた印象 帰り際廃墟と化した「ファミリースクールふれあい」が右側に。
13:52やっと夕張駅を見つける。なんとマウントレースイスキー場のホテルの真ん前。しかも旧駅舎はカフェに。メーター6,631km
     小雨の中、ホームと線路の写メ 34年前はここで写真を撮った。懐かしい。しかしホームは立入禁止

Img_4166_rImg_4174_r 
Img_4173_rImg_4176_r
13:58夕張発 右折し、道道3へ 路面ドライに 80km/hペース ラジオを聴きながら行く FMゴルファー鈴木徹の娘(あいり)
14:12栗山右折 車線はみ出し警告音 信号なくスイスイ アップダウンの一本道両側にカラフルな畑と丘陵 写メ
14:16いきなり交差点の右側に北海道名物レーダーパト発見 急ブレーキで減速60km/h以下で通過 危ない。
     麦畑ロード サイロ形のバス停 牧場に牛放牧 かもしの里 自衛隊トラック 道端にタイヤを積み重ねた交通安全の置物
     丁字路右折(カラフルなお店) 白樺の木立連なる 右側に「いわみざわ公園」の大観覧車(14:33)雨あがる
Img_4179_rImg_4180_r
Img_4185_rImg_4186_r
Img_4188_rImg_4192_r

14:35右折 霊園入口通過 大学周辺をぐるぐる
14:44岩見沢着 大学跡地の東側の入口(6,669km)何もない 更地で紫の花が一面 周辺右往左往 
14:50美容室とエンゼルハイツがあった場所へ 建物何もない 隣りの公園のWCで用を足す
14:58やっと正門があった場所を見つける。ゲート右側が開いていて入れる、野球場のスコアボードとグラウンドは当時のまま
     それ以外は何もない。本館に向かうアクセス道路を東へ 食堂、体育館、校舎、学生館、すべて取り壊され、跡形もない更地に
     当時の面影感じられない。ゲートの野球場側の雑草の中に、やっと「行学一如」の記念碑を見つける。寒風だが20℃
Img_4198_rImg_4202_r
Img_4204_rImg_4206_r 
Img_4213_rImg_4217_r
15:10大学跡地発 北海道教育大学から左斜め方向の駅への通りへ PCいる。春木屋も無くなっている。体育館、空知支庁写メ
15:17自由の女神発見 バスターミナルは公園に
Img_4224_rImg_4226_r 
15:19駅前ツルハに駐車 アーケードも撤去 駅前閑散 寂れた印象 岩見沢駅当時とまったく違う近代的な駅舎に。しかも大きい。
15:252階の改札へ みどりの窓口でスタンプ 時刻表貰う 広報誌「いわみざわ」
15:33岩見沢駅前発 また小雨パラつく 目抜き通り 金市館やそうご電器あった方向を走るが、かつての賑わい感じられず
Img_4228_rImg_4233_r 
Img_4234_rImg_4239_r
15:37国道12号線へ ヤマダ電機、Depo、ブックオフ、ダイソーなどあり。ダイエーだった建物はあるが廃屋状態。
15:48本降り状態 国道12号線一直線道路 周囲飛ばし過ぎ 60km/hをキープ 空が分厚い雲で暗い
15:51幌向駅 強い雨 江別からは小雨に GSは1L=138円の表示
16:05江別警察署前 街道沿い店が多い。ずっと片側2車線状態。 酪農学園前通過。35年前とは雲泥。建物が多く建つ。
16:16大麻駅
16:19左折し、野幌森林公園の方面へ。 また雨足強くなる 公園通り 大学が密集?
16:21野幌森林公園の広い駐車場へ(6,707km)寒いし風もある。半袖は俺ぐらい 数日前、ここにヒグマが出没 林に黄色い非常線
     テープ立入禁止措置 誰もいない。懐かしいこげ茶色の塔。1985年以来、34年振りに塔の前へ。結構高さある。
     池の手前で黄色テープ。中に入れず。老朽化で間もなく解体予定。ヒグマの出没警戒。写メ15枚くらい撮影 見納め。寂しい。
     散策路を戻り、事務所でおじさんと話す。解体日は未定だが、間違いなく壊すことは決定。なんと7月でストーブを炊いている。
     パンフレット類を貰う。何度も塔を振り返り目に焼き付け、手当たり次第にシャッターを切る。      
Img_4242_rImg_4247_r
Img_4248_rImg_4251_r 
Img_4256_rImg_4258_r
16:41野幌森林公園発。セーラー服の女子高生が段ボール運び。文化祭?札幌へ向かう。
16:54右カーブ 信号多すぎて何度も引っかかる。北海道の信号機は歩行者点滅し、赤になった途端に車両用の信号が黄色に変わる。
17:00白石区突入 17:10左折 市街地はナビ便利札幌東へ
17:15 国道36号線を横切る。 17:18旭町3を右折 豊平川を渡ってすぐ左折
17:20ライフォート札幌着 駐車場は奥にあり、ゲート式 2日連泊なので何度出し入れしても無料
     到着時のメーター6722km 気温20℃ 隣りの車との間隔が狭い ドアぶつけそう。外観はキレイ。高層ホテル
Img_4263_rImg_4264_r
17:26フロントでチェックイン。14階の1402号室 カードキー。エレベーター3基 部屋もエレベーターから2部屋目で近い
     最近、ずっとこんな位置関係 窓から眼下に中島公園を見下ろす絶好のロケーション。遠くに藻岩山を望む。
     すぐ右隣りに緑色の由緒ある「札幌パークホテル」。ここの10階で30年以上も前に大物国会議員の中川一郎氏が自殺。
17:50ユニットバスで入浴 ベッドはセミダブルなので結構広い。肩こり酷い。西日眩しくて窓越しに写真撮っても反射して綺麗じゃない
Img_4266_rImg_4272_r
Img_4268_rImg_4269_r2
Img_4270_rImg_4271_r
18:58ホテル発 外出 車に戻り、明日の場所をナビ設定する。地下鉄南北線中島公園駅までパークホテルを横切る。
19:04中島公園駅発。200円。すすきの駅下車。6年前歩き回った勘を頼りに移動。ラウンドワンの交差点を右折し西へ。
     次の交差点に「もやもやビル」発見。そこを右に折れると今夜、札幌勤務の息子と飲む「ほるもん酒場風土すすきの店」がある。
     歩道に店先がはみ出すように建つ小屋のような建物。19時30分の予定が19:15の早い到着。息子から遅れるメール。
     場所を教える。19:45やっと合流。前もって買っておいた「G-SHOCK GS1400」を渡す。
     コース料理で2時間飲み放題の「赤身焼肉コース14品」の3,980円。ビール、檸檬サワーなど飲む。
21:30打ち上げ。7,980円 口直しに店がフーセンガムをくれる。その後、息子は会社の上司と飲みに誘われ、そこで別れる。
     本来なら中の島駅近くにある息子のアパートを確認する予定だったが、単独行動に。
Img_4274_rImg_4275_r 
Img_4276_rImg_4294_r
Img_4278_rImg_4284_r
21:52大通公園を横切り夜の時計台へ。公園周辺は中国人だらけ。中国語が飛び交う。台湾人もいる。或る場所にTELするが応対悪い。
     明日の夕食の場所を探してすすきの界隈を徒歩で右往左往。明日、ドームで日ハムVS西武を見る可能性もある。
Img_4289_rImg_4291_r
Img_4292_r  Img_4293_r
22:16すすきの駅発 200円 違う出口から出てホテルまでの帰り道迷う。公園を横切る。
22:35ライフォート札幌着。
23:30~05:00睡眠。明日は35年振りの訪問となる懐かしの積丹半島(神威岬)。

 <本日の出費>

 高速代 950円
 入場料 540円
 食事代 8,920円(昼食 940円 夕食7,980円)
 地下鉄 400円
 追加保険料 2,592円

 合計 13,402円    本日の走行距離157km(北海道分)

 

 

2019年7月 4日 (木)

「北海道再訪記」掲載予告

 今から6年前の2013年に、私は学生時代を過ごした「第二の故郷」である北海道を訪れた。その時には、ごくごく近くを車で通ったのに、立ち寄るのを忘れてしまった或る場所に未練があり、7年振りの今年、年号が「令和」と改元されたことを機に、また訪ねたくなった。
 そのある場所とは、私の大好きな映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台となった「幌舞駅」だ。実際は根室本線にある「幾寅駅」という。故・高倉健さんが演じた佐藤乙松駅長が守った幌舞線の終着駅で、そこを舞台に、愛娘と妻に先立たれた駅長が、昔を回顧しつつ、鉄道員としての仕事を全うした感動物語だった。私は何度もみた作品だったが、直近の6月17日にもそのDVDを見て、ここへの思いを強くした。

 それは私が昭和の頃に「昨日、悲別で」というテレビドラマに憧れて、北海道への思いを強くした感覚に似ていた。幸い、今春に転勤となり、やや時間が自由に使える身の上になったことも契機になったし、また息子が昨春から札幌勤務になったこともあり、息子の状況も確認したかった。
 当初の企画段階での予定は以下の通り。

 初日(7/1)

 郡山ー福島空港ー新千歳空港(レンタカー)-夕張(幸福の黄色いハンカチ想い出広場)-岩見沢ー野幌森林公園・百年記念塔ー札幌
 息子と焼肉夕食(ホルモン酒場風土すすきの店)

 高倉健さんの映画「幸福の黄色いハンカチ」のラストシーンで感動し、一度は訪ねてみたかった。夕張には1985年の春にバイクツーリングで訪れて以来の再訪。私が住んでいた時に、三菱夕張南炭鉱で事故があり、100人以上の死者が出た。不思議なことに、ここを訪れるのを決めたのが一か月前なのに、訪問の前日の6月30日にBSでこの映画が放送されるという偶然が重なった。
 また、「野幌森林公園」は同じ年に訪ねたが、今年、「100年開拓記念塔」が老朽化で解体されると聞き、その前にもう一度見ておきたかった。34年前には、塔の上の展望台まで登った。

  2日目(7/2)

 札幌ー積丹半島(念仏トンネル・水無の立岩・神威岬)-小樽(運河・寿司)ー銭函駅(駅stationロケ地)-札幌(時計台・旧道庁・TV塔ほか)

 1984年以来、実に35年振りに訪れる場所。北海道に住んで最初にツーリングで訪れた場所がここ積丹半島だった。立入禁止の標識を乗り越え、絶壁の真下の足場の悪い海岸端を落石とヒグマ出没の恐怖と闘いながら、歩き、辿り着いた先にある内部がクランク状に折れ曲がり、光が一切入らない恐ろしいトンネル。怖すぎて念仏を唱えながらでないと出口にたどり着けないほどの恐怖心に襲われる。しかもなぜかここは右側の壁沿いを歩いてはいけないというお触れすらある。かつて落石事故で亡くなった方の遺骨をここに埋めたという怪談話まである。中でフラッシュ撮影しようものなら、必ず霊が写るとさえ囁かれるいわくつきの場所だ。
 しかし、恐怖の末にたどり着いた先には絶景が待ち構えている。高さ20mはあろうかという、剣(つるぎ)の形をした巨大な岩が聳え立つ。遥か半島の先には神威岩が鎮座する北海道ならではの素晴らしい光景が広がっている。
 神威岬もまた、山登山並み。岬の突端の灯台まで往復1時間以上は優にかかる。当時20歳だった私が往復した際は、9月中旬だったが、それでも汗だくで息切れが酷かった思い出がある。

 3日目(7/3)

 札幌ー北広島IC-占冠ICー幾寅駅(鉄道員ロケ地)ー新千歳空港ー福島空港ー郡山

 やはり年齢を重ねると、なぜか高倉健さんを偲びたくなるようだ。まったくもって偶然なのだが、彼が北海道を題材にした映画作品の中に登場した場所ばかりとなった。①幸福の黄色いハンカチ(1977年)、②鉄道員(ぽっぽや)(1999年)、③駅-station-(1981年)。残念ながら「網走番外地」の網走や「遥かなる山の呼び声」の中標津は遠くて足を伸ばせなかった。網走刑務所は過去3回訪れているし、中標津も同じくらいバイクでツーリングで行っているので、今回は特に行かなくても良かった。増毛もまた同様。

 ちなみに映画「駅-station-」の冒頭で登場した「銭函駅」のシーンはコチラ

 そして、「幸福の黄色いハンカチ」のラストシーンがコチラ

 昔は「高倉健」さんの映画をあまり見たいと思わなかったが、50歳を過ぎた今、改めて見ると、渋い寡黙な男の生き様だったり、不器用な男の孤独な人生観だったりがよくわかる。私も半世紀の人生を振り返り、このような映像を見ると涙がとめどなく溢れる。一時の哀愁や郷愁などではなく、人生そのものを噛みしめられる。

 それでは編集が終了次第、近日中に3日間の旅行記を含めた道中記録をお送りしたいと思う。

 なお、今回の旅行を掲載するのは、決して自慢などではなく、自身の備忘録のためと、これから北海道旅行を考えている方の参考になればという思いからであることを付記しておきたい。