2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

芸能・アイドル

2020年10月16日 (金)

驚異の運動能力(女性芸能人編)

 私は、賛否は度外視して、血液型によって向いているスポーツの種目があるような気がしている。例えば大相撲や剣道、ジャンプ競技はA型が多い。B型はゴルフやフィギュアスケート、テニス、柔道、モータースポーツなど個人競技向き、O型は動体視力に優れているからサッカーや野球、バスケ、バレー、などの球技向き。またマラソンや陸上競技にも向いている。AB型はどちらかと言えば静を求める競技、例えば射的(ライフルや弓道・アーチェリー)が得意のように思っている。

 特に、B型の方は運動能力に優れ、細身に加え、骨ばっている体質で怪我に強く、瞬発力に優れている。また、性格がマイペースで陽気だったり、楽天的な方が多いので、あまりプレッシャーを感じにくい面がある。それにストイックで凝り性な面もスポーツにはうってつけだ。だから国際試合で活躍できるのだと思っている。野茂英雄、イチロー、大谷翔平、中野浩一、羽生結弦、北島康介、萩野公介、伊藤みどり、浅田真央、福原愛、伊達公子、杉山愛、田村亮子、山口香、岡本綾子、青木功などはB型だが、いずれも国際大会で活躍したアスリートと言える。

 そんな中、芸能界でも突出した運動能力を持っている女性たちがいた。やはりB型だった。

 1 清野菜名

 今年、ジャニーズ俳優の生田斗真との結婚を発表した女優の清野菜名。実はアクション女優という肩書を持っていた彼女。その身体能力はずば抜けており、不通の女性なら出来ないようなバク転や空中で側転する荒業まで身に着けている。デビューの「TOKYO TRIBE」ではその才能をいかんなく発揮した。バク転ができる女優などそうそういるものではない。
 初めて私が彼女の存在を知ったのは、ソフトバンクのCMで清楚なお嬢様風の女子大生の役だったので、まさか彼女がこれほど体が利くとは思わなかった。普通の女性はとても連続バク転などできないし、空中回転で側転などもできないのが当たり前。どこでこんな技を身に着けたのか?

 ソフトバンクのCMは→ コチラ

 「ZIP」で披露したアクションは→ コチラ  どうやら「バイオハザード」を見て、自分からアクションスクールに通っていたようだ。

 2 綾瀬はるか

 彼女は「東京オリンピック・パラリンピック」の応援のため、各種目の有力アスリートの元を訪れ、激励をする動画を撮影して来たが、その都度、どの種目にも器用に対応し、現役のアスリートをあっと言わせる動きを見せている。
 では、陸上競技のトレーニングや高跳びに初めてチャレンジした模様をご覧ください。女性目線で見れば、普通の方なら絶対に真似できない。

 まさに驚異的で、初めて走り高跳びにチャレンジして、135cmを優に飛び越えて、コーチやアスリートを驚かせている。彼女はもう35歳だから、もし15年前に取り組み、本格的に練習していたら末恐ろしい結果が得られたかもしれない。「八重の桜」の時の戦闘シーンも葺き替え無しでやったのも納得がいく。

 3 武田梨奈

 清純派系アイドルの印象がある彼女。人は見かけによらないというのは彼女のことで、実は空手の有段者で、瓦15枚割りに挑戦し、しかも頭でカチ割って見事達成した。それだけでなく、バットも脚で蹴って割るなど

 この時、彼女は17歳の高校生だった。実は彼女の父親が空手の学校を主宰するほどの実力者で、全国大会優勝の実力者。その娘もまた、幼少期から空手に勤しみ、有段者だったのだ。得意なのは足を高く上げた上段蹴り。回し蹴りも披露し、完全防備のスタッフを一撃で床にひれ伏した。

 さて、かつてアクション女優と言えば、現在は長渕剛夫人の志穂美悦子さんくらいしか思いつかないが、近年は多くの女優がワイヤーアクションだった理、格闘シーンを演じるようになった。いわば「男勝り」だが、それも時代の要求なのだろう。

   他にもテレビ東京の「狩野恵里」アナも走りがずば抜けて早いが、やはりB型。

 

 しかし、美人にしてアクションも出来るとなると、その役柄の幅が広がるのは間違いない。しかも葺き替え無しで自分で演じられるのは強い。驚異の身体能力をスクリーンやテレビの画面でいかんなく発揮できてさぞかし気分がいいだろうと思う。
 生田斗真くんは大丈夫だろうか?夫婦げんかしたらとてもかなわない。私が言うことではないが、尻に敷かれないように男らしさを発揮していただきたい。

2020年10月 4日 (日)

私が思う昭和の大スター50人(男優編)

 昭和39年生まれの私にとって、25歳まで生きた「昭和」という時代は、ほぼ学生時代を過ごした貴重な時期でもあった。そんな感性が優れた年代に、映画、あるいはテレビで活躍した芸能人は特に印象に残っている。個性的で、かつ大物感が存分にあって、それで演技力もずぬけていた。
 昔の話ばかりすると、この記事を読まれる年齢層もおのずと高くなるとは思うが、どうぞお付き合いください。よって本日の話題は、「私が思う昭和の大スター」で、私が独断と偏見で選んだ昭和のスターを50名セレクトしたい。

  第1位 高倉 健 「幸福の黄色いハンカチ」「網走番外地」「鉄道員」「駅」「北の蛍」「八甲田山」
  第2位 石原裕次郎 日活シリーズ「嵐を呼ぶ男」「狂った果実」「夜霧よ今夜もありがとう」「太陽にほえろ」「黒部の太陽」
  第3位 天知 茂 「非情のライセンス」「江戸川乱歩の美女シリーズ」 
  第4位 里見浩太朗「年末大型時代劇シリーズ」「水戸黄門」 
  第5位 鶴田浩二 「任侠シリーズ」「大空港」「人生劇場」「傷だらけの人生」
 
  第6位 加山雄三 「若大将シリーズ」「赤ひげ」「八甲田山」「翔ぶが如く」
  第7位 萬屋錦之助「年末大型時代劇」「一心太助」「子連れ狼シリーズ」 「宮本武蔵」「花の乱」
  第8位 渡 哲也 「大都会」「西部警察」
  第9位 三船敏郎 「赤ひげ先生」「影武者」「乱」「七人の侍」
第10位 丹波哲郎 「大霊界」「キーハンター」「Gメン’75」「二百三高知」

第11位 菅原文太 「仁義なき戦い」「日本の仁義」「獅子の時代」「青春の門」
第12位 田中邦衛 「北の国から」 「若大将シリーズ(青大将)」
第13位 二谷英明 「特捜最前線」「信長」
第14位 勝新太郎 「座頭市シリーズ」「迷走地図」「帝都物語」
第15位 渥美 清 「男はつらいよ」シリーズ

第16位 三國連太郎「釣りバカ日記シリーズ」「犬神家の一族」
第17位 緒形 拳 「MISHIMA」「楢山節考」「黄金の日日」「火宅の人」「復讐するは我にあり」
第18位 小林桂樹 「日本沈没」「連合艦隊」
第19位 松田優作 「太陽にほえろ」「人間の証明」「家族ゲーム」「蘇える金狼」
第20位 松方弘樹 「遠山の金さん」「勝海舟」「仁義なき戦い」「天地人」

第21位 芦田伸介 「七人の刑事」「戦争と人間」「事件」「氷点」
第22位 若山富三郎「極道シリーズ」「魔界転生」「事件シリーズ」
第23位 宍戸 錠 「エースの錠」「国盗り物語」「拳銃無頼帖シリーズ」
第24位   志村 喬 「生きる」「野良犬」「酔いどれ天使」「羅生門」「七人の侍」
第25位   竹脇無我 「姿三四郎」「大岡越前」

第26位 大川橋蔵 「銭形平次」
第27位 露口 茂 「太陽にほえろ」「白虎隊」
第28位 千秋 実 「白痴」「花いちもんめ。」「七人の侍」
第29位 小林 旭 「渡り鳥シリーズ」
第30位 田宮二郎 「白い巨塔」

第31位 千葉真一 「戦国自衛隊」「柳生一族シリーズ」「キーハンター」
第32位 夏八木勲 「戦国自衛隊」「白虎隊」
第33位 宇津井健 「赤いシリーズ」「松川事件」「ザ・ガードマン」「いのち」「野々村病院物語」
第34位 加藤 剛 「大岡越前」「砂の器」「坂の上の雲」
第35位 大滝秀治 「特捜最前線」「北の国から」「犬神家の一族」

第36位 仲代達矢 「二百三高地」「不毛地帯」「影武者」「乱」
第37位 西村 晃 「おとこ同志おんな同志」「浴室の美女」
第38位 東野英治郎「水戸黄門」
第39位 沖 雅也 「俺たちは天使だ」「姿三四郎」「太陽にほえろ」
第39位 田村高廣 「二百三高地」「天平の甍」「泥の河」
第40位 古谷一行 「金田一耕助シリーズ」「オレゴンから愛」「毎度おさわがせします」 

第41位 杉浦直樹 「おとこ同志おんな同志」
第42位 石立鉄男 「おくさまは18歳」「パパと呼ばないで」「気まぐれ天使」
第43位 藤岡琢也 「はまぐり大将」「家族戦争」「渡る世間は鬼ばかり」
第44位 長門裕之 「池中玄太80キロ」「年末大型時代劇」
第45位 近藤正臣 「柔道一直線」「年末大型時代劇」「黄金の日日」「龍馬伝」

第46位 名古屋章 「刑事くん」「柔道一直線」「スクールウォーズ」
第47位 役所広司 「Shall we dance?」
第48位 中山 仁 「サインはV」「智恵子抄」「草燃える」「愛の讃歌」
第49位 中村雅俊 「俺たちの旅」「俺たちの勲章」「われら青春」「ゆうひが丘の総理大臣」
第50位 高松英郎 「柔道委一直線」「藍より青く」「雲のじゅうたん」

 なお、上原謙や長谷川一夫、赤木圭一郎は世代が違うので割愛しました。

 今日の記事は、あくまで私個人の好みが反映されており、順位付けなどもってのほかで大変失礼な行為だったかもしれない。その辺はファン心理もあろうかと思いますが、どうかご容赦願います。やはり昭和が終わってから33年が経っているため、昭和時代の名優たちのほとんどが「天国のスター」となってしまった。

 しかしながら、新作への出演は叶わなくても、往年の名作は未来永劫残り、生きた証を確認できる意味で、俳優という仕事はまさに役得だし、役者冥利に尽きると言えるかもしれない。

 

2020年9月30日 (水)

激震が続く今年の芸能界

 2020年の今年、芸能界は急転直下で、あまりにも衝撃的なニュース(悲報)が次々と飛び込み、激震が走った。では早速だが、今年起きた出来事で、主だったものを取り上げたい。

 1 槇原敬之容疑者、覚醒剤でまた逮捕・有罪判決を受ける(2月)
 2 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去(3月29日)
 3 元「SMAP」の中居正広さん、ジャニーズ事務所退所し、「のんびりな会」設立(3月)
 4 岡江久美子さん、新型コロナ肺炎で死去(4月23日)
 5 元AKBの渡辺麻友さん、芸能界引退(5月末)

Kenokae

 6 手越祐也さん、ジャニーズ事務所退所(6月)
 7 三浦春馬さん、自殺(7月18日)
 8 TOKIO長瀬智也さん、ジャニーズ事務所退所、TOKIO脱退の意向を表明(7月22日) 
 9 木下優樹菜さん、芸能界引退(7月26日)
10 渡 哲也さん、病気で死去(8月10日)

11 伊勢谷友介容疑者、大麻取締法違反で逮捕(9月8日)
12 芦名 星さん、自殺(9月14日)
13 藤木 孝さん、自殺(9月20日)
14 元TOKIOの山口達也容疑者が酒気帯び運転で追突事故(9月22日)
15 竹内結子さん、自殺(9月27日)

Suicide 

「竹内結子さん死去」についての第一報が「ニュース速報」で飛び込んだ時のスタジオの様子

 衝撃的な訃報が相次ぎ、逆にあまりにも唐突で現実味がない印象すら漂う。2か月ちょっとの間に4人の人気俳優が自死してしまった。

 しかもあたかも連鎖反応のように、有名な人気芸能人が相次いで自殺を遂げたのが衝撃的だった。ファンの悲しみは計り知れないし、なぜ、周囲に相談することも無く独りで抱え込み、死を選んだのか?演技などに関しての仕事のストレスとか重圧なのか?新型コロナが関係しているのか?あるいは外部には明るみにはできない病気などにかかっていたのか、あるいは家庭の問題とか育児ノイローゼなのか?それとも竹内さんの場合、共演したりして仲の良かった三浦春馬さんの自死も影響しているのか?
 もしさまざまな理由やストレスが元で「うつ病」を発症すると、得てして死ぬことが怖く無くなるらしい。絶望感や失望に苛まれ、そして生きる意味を失なうなどすると、人は疎外感や孤独感に襲われ、人間としての価値が無いと考え、心理的に参ってしまい、これから生きていく意味が無いと思い込んでしまう。そして悲観して思いもよらぬ「死」を選択してしまう。

 ところで、今年もあと3か月ある。ここに至ってはこれ以上負の連鎖が続かないことを願う。

 「今後、起きるであろう芸能界の大きなニュース」

 「嵐」12月31日で活動休止

 Arashi

 「ジャニー喜多川氏」が亡くなった後、ジャニーズ事務所は危機的状況にあるかもしれない。その最初の伏せんとなったのが「SMAP」の解散、香取・草彅・稲垣のジャニーズ退所だった気がする。そして若いタッキーがアイドルを卒業して副社長に就任して以降、歯車が狂いだした印象。不協和音では絶対にないが、これまで大黒柱の喜多川氏が存在していたからこそ、勝手な振る舞いは出来なかったが、その精神的支柱を失い、タレントが箍が外れたかのようにこれまでにはない振る舞いが目立ち、ブレまくっている感じを受ける。一枚岩がほころび始め、やがて雪崩が起きないことを願いたい。
 「SMAP」に続いて「嵐」という2枚看板がいなくなると、トップアイドルはどうなるのだろう。「King&Prince」は若い方には圧倒的な人気を誇るが、40代以上の人にはまだまだ認知度は低い。まして今売り出し中の「SixTONES」や「Snow Man」では認知度ではまだ広範囲には浸透してはいない。
 長く在籍した「少年隊」の錦織一清と植草克秀もまた退所を発表し、「TOKIO」もまた長瀬智也が退所の意向を示し、残りの3人も新事務所へ移籍してしまう。激変に拍車がかかり、今後の「ジャニーズ」の動向には目が離せない。

 ところで、私が記事を書くと、なぜか近いうちにその方に災難が降りかかったり、逆に脚光を浴びる事件や事故が起きる傾向がある。今回は絶対にそうなって欲しくはないが、これだけ自殺や不祥事が相次ぐと、心配になってしまう方がいるのだ。これらは予測ではなく、あくまで心配な方という視点で話を進めたい。

 <私が心配な芸能人>

 1 華原朋美 精神状態が不安定で、ドタキャンなど問題行動が多数 過去には失恋で何回か未遂事件を起こしている。
 2 中森明菜 過去にはマッチのマンションで自殺未遂を図った。タレントだった実妹が死去しメンタルが心配 可愛かずみさんと重なる
 3 川越達也 5年くらい前にはTVに出ずっぱりだった人気シェフ。2度の離婚、3度の結婚と私生活は大変。コロナもあって大丈夫か? 
 4 萩原聖人 ギャンブルに狂い、DVなどもあって和久井映見と離婚 同じB型の古尾谷雅人、尾崎豊とダブって見える。
 5 にしおかすみこ 病気が心配
 6 岡村孝子 白血病を告白し、現在も闘病中だが、病状が心配
 7 ワッキー 中咽頭がんを告白し、闘病中
 8 岡村隆史 うつ病が再発しないか心配
 9 名倉 潤 うつ病が再発しないか心配
10 佐々木希 夫・渡部建の不貞で精神的ストレスや育児で悩まないでほしい。
11 馬淵優佳 夫・瀬戸大也の不貞で、ストレスや育児のことで悩まないでほしい。
12 稲川淳二 前立腺がんの再発が心配
13 磯山さやか 志村けんさんの死去や仕事上のストレスで精神面が心配 失恋などしなければいいが。
14 加藤 茶 盟友の志村けんさんが亡くなってから、元気が無く憔悴しきっている印象。大病を患わないことを祈る。
15 西田敏行 一時期、重病説の憶測もあったが、とにかく健康に留意してほしい。郡山出身の俳優の代表なのだから・・・。
16 杉田かおる この1~2年、とんと姿を見かけなくなった。干された訳ではないだろうが、今何をされているのか?
17 田中邦衛 「北の国から」の主演俳優だった彼だが、今はほぼ引退状態。体力や病気が心配。
18 田村正和 この2~3年、マスコミの前から姿を消してしまった。闘病中などの情報は入っていないが、健康状態が心配だ。
19 前田敦子 元AKBのエースだが、気性が激しく浮き沈みの差がある。躁鬱?勝地涼が鬼嫁というように、家に寄り付かなくなりそう。
20 沢尻エリカ 麻薬で自ら大河ドラマを降板。信用失墜。しかし女優としての栄華は付いて回り、そのギャップに苦しみそう。
21  杏   実父の離婚に続き、自らも東出の不貞によって離婚。離婚は相当なダメージやストレスを伴う。双子の育児など正念場。

 どこに不安やストレスの種が隠れているかわからない。葛藤や思い通りに行かないジレンマや苛立ち、そして悩み苦しんで思い詰めるような出来事があると、突如「うつ病」を発症し、発作的に思い余った行動に走ることもある。竹内結子さんは、再婚されて、息子2人、特に1月に下の子を産んだばかりで、まだ一歳にもなっていない。可愛い盛りだし、まだまだ母親の役目が大切な時期だった。そんな可愛い子たちを残してこの世を去ると覚悟を決めたからには、それ相応の出来事があったに違いない。憶測で言うのは故人に失礼だし、とやかく言う権利も資格もないので言わないが、「PRIDE」など長年、彼女の出演作品を見続けて来た身としては、やはり残念でならない。彼女はもう甦らないし、これ以上新しい作品を見ることはかなわないが、せめてご冥福だけは祈りたい。
 同じニュースは二度と聞きたくはないという思いで、今日の記事をしたためた次第です。

 悩みを抱えている方は「こころの健康相談統一ダイヤル(0570-064-556)」や「いのちの電話(0570-783-556)」などに相談を。厚生労働省のホームページにも案内が掲載されています。 

2020年9月27日 (日)

21世紀以降に夭折した芸能人・アスリート

 「夭折」とは若くしてこの世を去ることを指す。「若くして」とは何歳未満を言うのか定義は明確ではないが、私は「30歳未満」と位置づけ、夭折した芸能人やアスリートたちには誰がいるか。旧ブログで「若くして亡くなった有名人」という記事を3回シリーズで掲載したことがあり、公開からもう10年近く経つのに、未だに毎日アクセス数が1位になるほど読まれている。

 まずその3回の記事で取り上げた方々を列挙します。(タイトルクリックでその記事をご覧いただけます。)

 「若くして亡くなった有名人~前編~」2011年1月19日公開
 
 尾崎豊さん、hideさん、高橋良明さん、堀江しのぶさん、赤木圭一郎さん、夏目雅子さん、松田優作さん
 大場政夫選手、高橋徹選手、阿部典史選手
 
 「若くして亡くなった有名人~後編~」2011年1月20日公開

 岡田有希子さん、本田美奈子さん、可愛かずみさん、沖田浩之さん、飯島愛さん、毛利公子さん、柳原尋美さん、山田かまちさん
 ジェームズ・ディーンさん、ジミ・ヘンドリックスさん

 「若くして亡くなった有名人~続編~」2012年11月24日公開

 志賀真理子さん、神戸みゆきさん、上原美優さん、戸川京子さん、中川勝彦さん、菅原加織さん、香月弘美さん、菊容子さん
 保倉幸恵さん、遠藤康子さん、堀口綾子さん
 木村拓也選手、三沢光晴選手、アンディ・フグ選手、フローレンス・ジョイナー選手、坂井宏未選手、松田直樹選手 

📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥📺 🎥 📺 🎥 📺 🎥

 今回は、その記事と被らない面々で、21世紀(2001年)以降、つまり直近の20年の間に、志半ばにして夭折された芸能人やスポーツアスリートの方々をセレクトして掲載し、生前のご活躍を振り返り、謹んでご冥福をお祈りすると共に当時を偲びたい。

 「2001年以降、30歳未満で夭折された方々」

 <芸能人>

 伊藤元太 「天てれ戦士」   18歳 1998年~2016年 水難事故死 AB型
 中尾翔太 「FANTASTICS from EXILE TRIBE」22歳 1996年~2018年 病死 B型 
 丸山夏鈴 「アイドル」            21歳 1993年~2015年  病死 A型
 岡田れえな「タレント・女優」   26歳 1987年~2014年  病死 B型
 村上恵梨 「グラビアアイドル」25歳 1982年~2007年  病死 B型
 
  我が福島県郡山市出身のアイドル「丸山夏鈴」さんについては、当ブログで特集記事を掲載していますので、コチラをご覧ください。

 <スポーツアスリート>

 大山亜由美(女子プロゴルファー)25歳 1994年~2019年 病死 B型
 森 千夏 (陸上・女子砲丸投げ)26歳 1980年~2006年 虫垂がんによる病死 B型 池田久美子さんの親友
 木村 花 (女子プロレスラー)   22歳 1997年~2010年 自死 A型
 宇田由香 (自転車競技選手)    28歳 1982年~2010年 病死 A型
 朝野久美 (シッティングバレーボール)21歳 1987年~2008年 病死 O型
 横山友美佳(バレーボール)      21歳 1987年~2008年 病死
 宅見雅幸 (プロバスケットボール)27歳 1980年~2008年 病死 新潟アルビレックス
 内田 慶 (プロ競輪選手)      27歳 1981年~2008年 レース中の事故死 A型・・・旧ブログの紹介記事はコチラ
 加藤大治郎(バイクレーサー)     26歳 1976年~2003年 レース中の事故死 A型
 富沢祥也 (バイクレーサー)     20歳 1990年~2010年 レース中の事故死 B型
 橋本和美 (オートレーサー)     27歳 1978年~2006年 レース中の事故死 

 加藤選手死亡のニュースを伝えるNHKの番組(閲覧注意)

 今回の記事の主旨は、30歳未満でお亡くなりになられた方々限定だったので、今年急逝された三浦春馬さんや芦名星さん、昨年33歳
で亡くなられた初代「ひとりでできるもん」の舞ちゃん役だった平田実音さん、34歳で病死した小林麻央さんは除きました。ご容赦く
ださい。

 芸能人やスポーツアスリートの突然の死は、知名度が高い分、社会やファンに与える影響は大きい。1980年代のアイドルだった岡田
有希子さんや女優の可愛かずみさんの衝撃的な急死は多くの若者にショックを与え、1990年代に活躍した歌手の尾崎豊の不可解な最期も大き
な波紋を呼んだ。白血病でこの世を去り、天使の歌声と称された本田美奈子さん、自宅マンションで亡くなっているところを発見され
た飯島愛さんの突然の死も深い悲しみを与えた。影響力のある芸能人の死はやはり、ファンのみならず社会への影響は甚大だ。
 病死は致し方ないにしても、不審死や自死だけはファンに深い悲しみを与えるだけなので、ぜひ自重していただきたいと思う。

 こういう類の記事の最後には生前の活躍に感謝しつつ、改めてご本人のご冥福をお祈り申し上げたいと存じます。

2020年9月19日 (土)

最近見かけないあのタレント

 長いことテレビなどで見かけないと思っていた、昔活躍していた芸能人が、お亡くなりになったという訃報を耳にするようになった。つい最近では渡哲也さん、80年代のバラエティ番組には欠かせなかった轟二郎さん、そして刑事ドラマや学園ドラマの教師役などで活躍していた宮内淳さんも長い闘病生活の末に鬼籍に入られた。突然の悲報に衝撃を受けたと同時に、同じ時代を生きた者として居た堪れない気持ちになる。

 では今日は、まだご健在と思われる方々で、近頃、テレビへの出演がめっきり減った方々を取り上げたい。 

 <男性タレント>

 1 おりも政夫・・・ご存知「フォーリーブス」のひとり。江木俊夫さんとおりもさんだけがご健在。現在は67歳。血液型はB型。 

 2 倉田保昭・・・Gメン’75などの刑事ドラマのアクションシーンを担当。現在は74歳になられている。血液型はO型。

 3 倉石 功・・・俳優だけでなく、クイズ番組のゲスト回答者としても出演していた。血液型はA型。現在76歳になられている。

 4 黒澤久雄・・・林寛子の元ご主人で、映画監督の故・黒澤明氏の息子。現在74歳、血液型はB型

 5 誠 直也・・・「特捜最前線」の吉野刑事役が出世作。現在72歳になられている。血液型はO型

 6 松村雄基・・・「スクールウォーズ」や大映テレビドラマには欠かせなかった。個人的には「生徒諸君」が好きだった。現在は56歳。血液型はB型。

 7 穂積ペペ・・・昭和40年代の学園ドラマには欠かせなかった。現在62歳。森川正太さんなどもどうしているのだろうか。

 8 湯原正幸・・・1980年代頃まで活躍した女優・荒木由美子さんの夫。CM出演は多かったが、ここ20年は見かけていない。現在は73歳。B型

 9 村野武範・・・1970年代には欠かせなかった。「飛び出せ青春」「日本沈没」などでは主演した。「食いしん坊万才」にも出演した。現在75歳。A型

10 寺尾 聡・・・1980年代にはシンガーソングライターとして「ルビーの指環」などのヒット曲を連発。「西部警察」などで熱演した。現在は73歳。A型

 もちろん、有名どころでは、田中邦衛さん(87歳O型)、露口茂さん(88歳B型)、田村正和さん(77歳A型)、近藤正臣さん(78歳O型)、千葉真一さん(81歳O型)、原田大二郎さん(76歳O型)、石橋正次さん(71歳B型)、小林亜星(88歳O型)の動向も気になる。ご高齢になられて体が不自由になって、自ら第一線を退いたのなら、それ相応の報告をファンに向けて情報を発信して貰いたいと思う。それくらい彼らを応援して来たつもりだ。

 <女性タレント>

 1 城山美佳子・・・1970年代に子役から出演し、「東芝日曜劇場」などには欠かせない存在だった。血液型はA

 2 友里千賀子・・・彼女も1980年代頃までのホームドラマに出ずっぱりだった。サスペンスものにも出演した。血液型はA

 3 木村理恵・・・太陽にほえろ!の婦人警察官役で脚光を浴びたが、その後、出演がない印象。清楚な印象が良かった。血液型はA

 4 石井めぐみ・・・「噂の刑事トミーとマツ」に警察職員役で出演して人気が急上昇した。血液型はA

 5 竹井みどり・・・1980年代までのサスペンスモノやシリアスなドラマには欠かせない存在だった。血液型はA

ShiroyamaYuri

 6 長谷川真弓・・・森下愛子をほうふつさせる外見で可愛らしさが際立っていた。「太陽の子」が代表作。血液型はAB型

 FTVの「サタふく」に出演している「笠原咲紀」さんを見ると、彼女を思い出す。それくらい印象がそっくり。また「つちやかおり」にも似ている。

 7 藤谷美和子・・・カルビーのCM、学園ドラマ、デュエット曲で大ヒットと、1970年代から90年代まで大活躍した。血液型はA

 8 杉田かおる・・・「石立鉄男」とのコンビで子役から活動。「3年B組金八先生」「池中玄太80キロ」で大ブレイクした。B型

 9 倉田まり子・・・ミニスカートが眩しいアイドル歌手だった。レッツゴーヤングのレギュラーも。血液型はO型。

 石川ひとみさんと印象がかぶっていた。

10 石原真理子(真理絵)・・・「ふぞろいの林檎たち」などの青春ドラマに出演。いろいろゴシップ問題が多く、気の毒な面も。O型

HasegawaKurata

 有名な方では篠ひろ子さん(引退して仙台在住?)、大谷直子さん、松尾嘉代さん、佐久間良子さん、香山美子さん、酒井和歌子さん、三浦リカさん、中原ひとみさん、石田えりさんなどは、めっきりテレビドラマや映画などにも出演しなくなった。昔の女優さんは妖艶で色っぽかった。

 他にも高見知佳さんや相楽晴子さん、上田恵美さん、伊藤さやかさん、蝦名由起子さん、早瀬優香子さん、三井ゆりさん、ほしのあきさん、松井絵里奈さん、和希沙也(倉本清子)さん、真中瞳さん、藤崎奈々子さん、鳥越まりさんなど気になっているタレントさんは大勢いる。

 さて、とかく芸能界は流行り廃りが激しい世界だ。栄光と挫折が同居し、その中で明日のスターを夢見て厳しいレッスンを耐え抜き、オーディションに賭けている若者はごまんといる。どんなに努力しても日の目を浴びない才能もある。
 それでも毎年、タレントやアイドルに憧れ、自分も同じステージで活躍する日を夢見て、上京し、そして叶える者もいる。一方では、夢破れて故郷に帰る者もいる。やはりそれは一筋ならではいかぬ厳しい世界のようだ。

 そんな中、第一線で長く活動できる歌手や俳優は凄い才能の持ち主と言えるだろう。運も味方にできる天賦の才能なのだろう。

 なお、このタイトルの記事は不定期掲載ながら、ぜひシリーズ化したいと考えている。

 

 

2020年9月15日 (火)

緊急掲載「芦名星」さんを悼んで

 今年の芸能界は悲報ばかりが目立つ。新型コロナで志村けんさんと岡江久美子さんが急逝されたのを皮切りに、三浦春馬さんの自死、大御所俳優の渡哲也さんの死去、そして槇原敬之や伊勢谷友介の麻薬逮捕で衝撃が走ったばかりだ。
 そして9月14日(月)、今度は、我が郡山市出身の女優で、数々の映画やテレビドラマに出演していた女優「芦名星」さんの急死を知らせるニュース速報が流れた。彼女と連絡とれなくなった兄が心配で彼女の新宿区内にあるマンションを訪ねたところ、彼女が亡くなっているのを発見し、警察に届けたことで発覚した。警察によれば、部屋の状況から彼女が自殺を図ったと見て、今後、司法解剖、さらには関係者から事情を聴くことにしている。

 彼女と出身を同じくする者にとっては相当なショックで、夕方の地元のニュース番組では「ニュース速報」のテロップが流れ、その後、彼女が急死されたとの訃報をニュースの中で伝えていた。同様に、郡山駅前の通行人に彼女の死を知らせ、コメントを求める映像も流された。あまりにもショッキングすぎる話題に、地元の人々も戸惑った表情だった。
 今が旬の女優で、「相棒」や「八重の桜」などに出演するなど人気ドラマに引っ張りだこでありながら、まだ36歳という若さでの早過ぎる他界。「クールビューティー」の代表格で、演技力が高く評価され、これからますますの飛躍と活躍が期待されていた彼女に一体何があったのだろうか?まさかSNSでの誹謗中傷などの批判があって、それを悲観したとは思えない。彼女は物静かで、福島県出身らしく、口数が少ない寡黙な人柄だったと思う。それだけに悩みなどを周囲に相談できず、ひたすら思いつめたのだろうか?

Ashina-seiAshina-sei2

 一説には昨年まで交際していた俳優の小泉孝太郎氏と仲睦まじく散歩する姿や、小泉氏のマンションに入っていく彼女の目撃例も多数あり、交際は順調だと思われていた。なのになぜ?破局して別れ話のもつれなのか?あるいは新型コロナも関係があるのか?重病だったとか?それとも自分の演技など仕事の面で、大変な重圧があったのだろうか?
 本当に自殺なのだろうか?その方法は?リストカット?首吊り?それとも睡眠薬?まさか彼女が麻薬中毒者であろうはずがない。警察の捜査と関係者の聴取をみないと断定はできない。自死だとしたら、私ならお世話になった方々に遺書をしたためるが、それらしき形跡はなかったのか?誰かに死ぬ間際にメールやLINEはしなかったのか?人知れず死ぬほどの覚悟があるなら、そこに至った理由を誰かに遺したくはないのだろうか?疑問だらけだ。

 私が思うに、36歳で独身である彼女は、人生まだまだこれからいろんなことが待っていた筈。多くの経験を積んで、実生活でも恋愛をして、結婚して、出産して母親になって、いろんな役で彼女の行く末を見たかった。死んでしまったら何もならない。それとも彼女自身は永遠にその年齢の美しさのまま映像の中で生き続ければいいと願ったのか?それすらもわからない。

 我が郡山市には、生きたくても病魔に侵され、それも叶わず志半ばで亡くなったアイドル「丸山夏鈴」さんがいる。長年にわたって重病と闘い、それでもアイドルとして活動を続け、闘病生活を包み隠さず伝え、生き様をファンにさらしながら最期は息絶え、天国に旅立った。そういう人生もありながら、一方では自ら命を絶つからには相当の悩みがあったに違いないが、マネージャーや親友や家族に相談して欲しかった。彼女はバイタリティに溢れるO型女性なので、自ら命を絶つなどとはどうしても信じられなかった。
 今回の私の衝撃と落胆をどう表現していいのかわからないくらい、この訃報は、はっきり言って堪えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 彼女の姿を初めて見て惹きつけられたのは2007年に公開された「JUJU」のMV「奇跡を望むなら・・・」だった。
 やはり病院に入院している若き女性が、余命宣告されるほどの重病に侵され、婚約者の男性が苦心して彼女に最期の夢をかなえさせるためにあちこち駆け回り、病院と掛け合ったり、交渉を重ね、サプライズで、病室で結婚式を挙げる。
 祝福する友人たちと病院関係者たち。末期がんの彼女が見せた最後の笑顔と涙。しかし、その数日後、彼女は天国に旅立った。誰もいない病室に吹き抜ける風。大切な彼女を失った彼は、失望し、空虚な日々を送っていた。そんな時、彼の元に届いた郵便物。中にあったDVDをかけると、生前、彼女が思いの丈を述べ、彼への感謝の言葉を綴ったビデオメールだった。彼女の本心を知った彼が、生前の彼女の美しい姿に見惚れながら、彼女の面影を辿り、再び涙する。
 しかし、ビデオレターを見る彼の顔には笑みが浮かんでいた。おそらく、死の間際、彼女の女性としての幸せを共有できたことへの充実感がそうさせたに違いない。そのMVで亡くなった彼女、福田朋美役を演じていたのが誰あろう「芦名星」さんだった。当時、彼女はまだ無名の女優だったが、黒い綺麗なロングヘアーが印象的で、超美形の女優さんくらいにしか思っていなかった。しかし、震災をきっかけに彼女が福島県のしかも郡山市出身だったことを知り、好意を持ったのだった。

 「奇跡を望むなら・・・」

 当時、今の世の中、こんなに清楚で一途で綺麗な若い女性が、まだ日本人の中にいたのかと感心した。まさかこのMVが13年後の今年、現実になってしまうとは誰も予想できなかった・・・。自ら命を絶つことがそんな簡単にできることなのか・・・と。死ぬ前に、死んだ後のことを考えて欲しかった。家族や親族、ファンや事務所の方々の深い悲しみがあることを・・・。

 彼女の突然の訃報を知り、私のようにこのMVにたどり着いたファンのコメントを紹介します。

 涙が止まりません。こんな美しい方がどうして…。春馬くんもですが、努力し続けてる方が報われる世の中にするにはどうしたらいいんでしょう。。自分になにができるでしょう。真剣に考えて動かなければいけないですね。

 星さんの訃報を聞いて一番にこのpv思い出した。美しい方ご冥福をお祈りします。
 JUJUさんには二重の悲しみですね。。

 三浦春馬さんと芦名星さんの訃報に悲しみが溢れますが、歌詞にある「泣いてばかりいないで」明日からまた生活をおくっていかなければなりません。今日は泣いてしまうかも。

 三浦春馬さんに続いて、芦名星さんまで。涙が溢れてしまいます。お二人とも大好きだった。無念です。お願いだから命を大切にしてほしいです。安らかな眠りを祈ります。

 本人にしか分からないけど 星さんも 三浦さんも何か辛い事 しんどい事あったのかな
家族でも友達でもないけど 知っている人の自死は辛いなぁ。

 ところで彼女は、本名が「五十嵐彩」さんと言い、地元の中学校(郡山第七中学校という掲載記事あり)卒業と同時にモデル志望だったために、上京し、都内の高校に進学。そして今の事務所(ホリプロ)の前を歩いていたところをスカウトされ、芸能界入りした。その後はドラマや映画に大抜擢され、数多くの作品に名を遺した。登場したての頃は、同じO型の「矢沢心」さん(魔裟斗夫人)に似ていると思っていた。

 彼女は福島県出身者であることを隠したりはしなかった。郷里の郡山市のプロモーションビデオ「TANO CITY! KORIYAMA」ではナレーションを務め、郡山市に貢献してくれたし、震災以降、福島県民を勇気づけるために、何度も来県し、テレビ局主催の追悼イベントに出演したり、追悼復興祈念式典で詩の朗読をしたこともある。福島県の将来を案じ、震災で苦しむ方々を激励し、光になってくれた。

 なのに、そんな彼女がこの日に急逝されたとは俄かには信じ難い。何かの間違いであってほしいと願ったが、どうやら本人らしい。実に残念でショックだった。このニュースが事実なら、今はただ彼女のご冥福をお祈りしたいと思う。

 本日は予定を変更して、芦名星さんの死の報に接し、あまりのショックの大きさに、急遽追悼の記事をしたためたくなり、差し替えましたこと、ご容赦ください。

2020年9月 1日 (火)

9月生まれの有名人一覧(自分の誕生日と同じ有名人を探せ!) 

 1 土田晃之・渡部陽一・三浦理恵子・森下千里・平岡祐太
 2 矢崎滋・増田恵子・早見優・林修・今市隆二・横山めぐみ・伊藤博文
 3 中田久美・染谷翔太・小池里奈・セーラ
 4 小林薫・荻野目慶子・島谷ひとみ・枡太一・重盛さと美・TAKAHIRO
 5 若林豪・草刈正雄・仲村トオル・伊達みきお・菊地亜美・利根川進・棟方志功
 6 西村京太郎・市毛良枝・ジローラモ・ROLLY・谷亮子・氷川きよし・澤穂希・朝加真由美・星新一
 7 長渕剛・山﨑賢人・エリザベスⅠ世
 8 木之元亮・紺野美沙子・鈴木亜久里・松本人志・本仮屋ユイカ・ドボルザーク
 9 谷隼人・有賀さつき・堤下敦・酒井若菜・大塚愛・中村静香・ユージ・トルストイ
10 斉藤由貴・進藤晶子・松田翔太
11 泉水ピン子・紀子さま・矢作兼・小藪千豊・安田章大・大島麻衣・Oヘンリー
12 藤田弓子・戸田恵子・岡本夏生・田中美奈子・丸山茂樹・三船美佳・長友佑都
13 玉置浩二・三原じゅん子・松坂大輔・鈴木えみ・杉田玄白
14 矢沢永吉・福澤明・中村獅童・安達祐実・成宮寛貴・上戸彩・パブロフ
15 竹下景子・深沢邦之・彦摩呂・藤谷美紀・アンジェラアキ・岩倉具視・アガサクリスティー
16 田中瞳・東国原英夫・宮川大輔・内野聖陽・横浜流星・渡邊崋山・竹久夢二
17 橋爪功・ちあきなおみ・大島智子・なかやまきんに君・北山宏光・石川遼・正岡子規
18 うじきつよし・中井貴一・大貫亜美・五十嵐めぐみ・石橋保
19 小野寺昭・モンキッキー・西川貴教・夏川純・IMALU・福田沙紀
20 麻生太郎・村井国夫・小田和正・石川ひとみ・山口美江・一青窈・安室奈美恵・若林正恭・のっち・五十嵐淳子・鈴木砂羽
21 桂ざこば・安倍晋三・二階堂ふみ
22 志垣太郎・鈴木雅之・石井竜也・緒形直人・ボブサップ・北島康介・今井絵理子・五大路子・吉田茂
23 川平慈英・イジリー岡田・稲葉浩志・叶美香・鈴木杏樹・渡部建・国分太一・後藤真希・朝倉あき
24 田淵幸一・羽田美智子・KAN・真行寺君枝・筒井康隆・永野芽郁
25 北村総一朗・アジャコング・清水美砂・MEGUMI・内山信二・あばれる君・浅田真央・豊原功補・魯迅
26 池谷幸雄・佐藤藍子・天童よしみ
27 大杉漣・岸谷五朗・八嶋智人・羽生善治・小野伸二・朝青龍明徳・中田敦彦・横山ルリカ
28 大塚範一・内藤やす子・渡辺美奈代・仙道敦子・伊達公子・吹石一恵・オカリナ
29 林隆三・ビビル大木・榎本加奈子・りゅうちぇる・徳川慶喜
30 石原慎太郎・五木寛之・東山紀之・潮田玲子・西島隆弘

2020年8月26日 (水)

勝手にお似合いのタレントをくっつけてみた!

 個人的に、出来れば結婚して欲しい芸能人カップルがいる。かつてはだれもが待ち望んだファン公認の三浦友和と山口百恵のゴールデンカップルはその典型かもしれない。この二人は「ラブラブショー」でお近づきになり、その後、映画やドラマで何度も共演し、愛を育んで行った。
 このように、俳優と女優はドラマの共演がきっかけで交際や恋愛に発展するケースも多い。過去を辿れば、唐沢寿明と山口智子、反町隆史と松嶋菜々子、向井理と国仲涼子、東出昌大と杏、TAKAHIROと武井咲、最近では窪田正孝と水川あさみなどがそうだ。
 結構、連ドラやNHKの連続テレビ小説での出逢いが多い。それは同じ時間、同じ空間を長期間共有することで、やはり信頼感だったり、同族意識だったり、やがて恋愛感情が芽生え、それが男らしさや女らしさ、普段では気づかないような優しさやさりげない心配りにお互い惹かれるのではないでしょうか。
 では、ブログタイトルのように、勝手気ままに「お似合いだと思うカップル」をくっつけてみた。個人的には結婚まで行きついてほしいと願っている面々だ。おそらくファンは面白くないだろうが、あくまで「たられば」予想ということで目くじらを立てずに大目に見てほしい。

 山下智久と新垣結衣

 ご存知「コードブルー」で共演。人の生死を見届ける過酷な医療現場で、医師という立場で運命を共にし、極限状態の中で人の命と向き合う。傍目で見るほど外科医は特にカッコいいものではない。だから医師のイメージは金持ちでも裕福でもない。確かに頭が良くないと出来ない職業だが、「医者の不養生」と言われる通り、常に頭は患者のことでいっぱいいっぱいのようだ。若くして、あるいは幼くして助けられず天に旅立った命、どうにかして助けられたのでは?という後悔と葛藤。心の闇を抱えて、今日も別の患者の元へ。達成感よりも絶望感のほうが多くある医療の最前線では、同じ境遇だったり、同じ経験を共にすればするほどその絆や結びつきは強くなると思う。ドラマのようにはいかないもので、現実は厳しい。私は外科病棟に16日間入院し、手術も経験したので、そう断言できる。
 ガッキーは、三浦春馬や錦戸亮、星野源など多くの俳優と共演している。もうそろそろ結婚を考えていい年齢だと思う。電撃発表などがあるような気がしている。山P、ガッキーともにA型。

Code-blue

 この記事を書いた後、週刊誌で、未成年の女子高生と飲酒および高級ホテルへお持ち帰りの記事が掲載された。真偽のほどはわからないが、事実だとしたら、ファンは相当なショックを受けるに違いない。

 ムロツヨシと戸田恵梨香

 「大恋愛~僕を忘れる君と~」で共演。

 若年性アルツハイマー病で、経年とともに記憶が減退する妻を演じた。現実的に増加傾向にある現代病の一つだろう。そこに焦点を当てた。かつて浅野温子と二宮和也が共演した「フリーター、家を買う」にも同じようなシチュエーションがあった。認知症や躁うつ病は、介護が必要だったり、自殺に至らしめる危険をはらんでいる。ムロさんと戸田恵梨香の相性は抜群だと思ったのだが。ムロツヨシは東京理科大学中退の秀才で44歳のA型、戸田恵梨香は32歳でAB型。ひと回りも年齢が離れているとは思えない。

Muro-toda

 竹内涼真と田中こなつ

 「ビューネくん」のCMで共演 竹内涼真ほどのイケメンなら世の女性は放ってはおかないはずで、それが証拠に、ここ数年、女性週刊誌を始め、フライデー系の雑誌にラブロマンスやお泊り愛など見出しが躍っている。私は個人的には女優の田中こなつさんとくっついてほしい。彼女はCMの「薬用ビューネ」で共演したコンビだ。ソフトな雰囲気で優しく女性を包み込むあのCMは女性なら誰でも、こんなかっこいいイケメンに仕事から帰宅して毎晩でも癒されたいと願うシチュエーションに違いない。現代はストレス社会なので、こうした気の休まる瞬間は誰でも望んでいる。

Byune

 竹内涼真は27歳のA型、田中こなつは31歳のA型。とても三十路には見えない。

 岩田剛典と高畑充希

  ふたりは2016年の映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で共演。何か高畑充希は、杉崎花もそうだが、小学生のような雰囲気を持っているので、恋愛対象にはならないような印象があったし、「大人の恋」という感じを受けなかったが、現在28歳だ。しかも東京6大学である法政大学を卒業している才色兼備の持ち主。
 一方の岩ちゃんこと「岩田剛典」はご存知3代目のダンス担当。メンバーで女性ファンのNo.1の人気を誇るイケメン。しかも慶應義塾大学卒のエリートでもある。そんなハイキャリアの二人はつり合いが取れている。ちなみに岩田は31歳のB型で高畑はAB型。相性も悪くない。

Iwata-mitsuki

 吉沢亮と指原莉乃

 ふたりはドラマや映画の共演こそないが、バラエティではしょちゅう顔を合わせている。私はかねがね吉沢はV6の岡田准一に雰囲気が似ていると思っている。両者ともB型なので、性格や凝り性な面、行動まで似ていると思っている。指原はO型。好きな男の子にはグイグイ自分からアプローチをかける肉食系が多い。愛情表現が上手く、敵を作らない性格のO型は、誰とでも合わせられる。年下もOKという女性も多い。
 当初は三浦翔平とか山﨑賢人に想いを寄せていた指原だが、表立ったアピールはしないまでも、陰で交際を重ね、サプライズ発表があるかもしれない。

 新田真剣祐と永野芽郁

 ふたりは2017年放送のドラマ「僕たちがやりました!」で共演し、キスシーンまで行った仲。新田はご存知、アクション俳優の大御所、千葉真一の息子で、帰国子女だけあって英語は流暢。女性が一度見たら惚れてしまうほどの超イケメンで血液型はB型。現在23歳。まだ結婚を真剣に考える年齢ではないかもしれない。
 一方の永野は朝ドラ「半分、青い」で若くしてヒロインに抜擢されるほどの若手No.1の注目株。現在、20歳で血液型はAB型。
 岩田と高畑同様、男性がB型で女性がAB型の「おしどり夫婦」が多い組み合わせ。
 まだ二人とも若いので結婚など頭にないだろうが、B型男は、いったん火がつくと周囲に目もくれず猪突猛進でアタックするタイプが多いので、いかに永野と言えども、相手が真剣祐なら堕ちる可能性は大。今すぐどうこうではなく、3~4年後、恋愛感情が盛り上がるような気がする。

Arata-mei

 福士蒼汰と有村架純

ふたりは2014年の映画「ストロボエッジ」で共演。福士は仮面ライダーフォーゼで主役を張り、子どもたちのヒーローだけでなく、そのお母さんたちに絶大な人気を誇ったイケメン俳優。甘いマスクと183㎝長身で、英語やイタリア語も使いこなす秀才。若手俳優ではNo.1の人気を誇る。現在27歳なので、そろそろロマンスが聞かれても不思議ではない。血液型はO型。
 一方の有村架純は朝ドラ「あまちゃん」でキョンキョンの若かりし頃を演じ、人気に火がついた。その後も映画ドラマに引っ張りだことなった。朝ドラでは「ひよっこ」でヒロインも演じた。彼女は兵庫県出身で、福士と同い年の27歳。血液型はB型。
 私は次のドラマや映画で再共演する機会があれば、ふとした拍子に恋愛に発展するような気がしている。

Storobo-edge

 福士蒼汰はモテ男なので他にも共演者では菜々緒も可能性がありそだ。

 神木隆之介と広瀬すず

 2020年1月に公開された映画「ラストレター」で共演。しかしこれが初共演ではなく、広瀬すずは初の主演ドラマとなった2015年放送の「学校のカイダン」で神木とは共演していた。神木はここ最近、大人の雰囲気が増して来た。通常、子役から出ていると、恋愛とか、そういう雰囲気は出しづらいものだが、演技力のある彼は、そうした前評判を一蹴しそう。今年27歳になった神木はB型で、22歳の広瀬はAB型。5歳の歳の差はベストかもしれない。モニタリングなどの場面では、二人は恋愛感情など程遠く、仲のいい友達という雰囲気しかないが、ふとしたことがきっかけで恋人に発展する要素はありそうだ。

Mamiki-suzu

 横浜流星と西野七瀬

「あなたの番です」で共演。キスシーンまであった。人見知りで恋愛に疎い西野七瀬だが、相手がこんなにイケメンな横浜流星なら、もし彼からグイグイ来られたら、たぶん自分の身の振り方で相当悩むだろうが、やはり彼に夢中になり、尽くすタイプになりそうな予感はある。両者ともO型なので、たぶん相性も良い。この型は秘密主義で、プライベートのことは口にしない。かつての江口洋介と森高千里(共にO型)を見ているように、電撃婚もありえるかもしれない。横浜流星は今年9月で24歳。一方の西野七瀬は26歳。少しお姉さんだが、O型は年上女房でも上手くいくという統計がある。

Ryusei-nanase

 瀬戸康史と山本美月

 ドラマ「パーフェクトワールド」で共演 その作品では松坂桃李と山本美月が最終的には結ばれ、彼女をずっと思い続けていた瀬戸はフラれてしまう役どころだった。誰が見てもこのドラマを機に、ふたりが出逢い、急接近したのは明らかだろう。どうやら結婚は秒読みっぽい。真面目で好青年を絵に描いたような瀬戸はA型で、どこか不思議キャラが入り、がちゃがちゃ(カプセルトイ)にハマって入り込みやすい性格の山本はO型だが、誰もが憧れロングの黒髪をバッサリショートにしたのも、気持ちの変化の表れだったのか?彼女の29歳なので、三十路を前に決心したのかもしれない。

Seto-miduki

 この記事を書いた後、8月7日(金)に両者が連名で結婚の報告を行った。二度のドラマでの共演で、お互いの存在の大きさを再認識したようだ。美男美女の誕生に心から祝福を送りたい。

  以上、10カップルの共演者を見てみた。あながち結婚までたどり着く例をあるかもしれない。やはり何かきっかけがないと知り合いになれないし、どちらかがアプローチをかけないと仲が急接近することもなければ、まして恋愛に発展するようなケースはないだろう。そう考えれば、同じ境遇で同じ時間を共有するテレビドラマや映画の共演というのは運命w左右する。それは出逢いが少ない若者が、社内結婚するケースが多いのに似ている。世間が狭いと思うかもしれないが、たまたま入社した会社で、生涯を共に過ごす伴侶と出逢い、よもや結婚し、家族となろうとは。運命の歯車とかい赤い糸の仕業としか思えない。
 どこでどう転ぶかわからない人間と人間の出逢い。そして男女の仲。イケメン美女が蔓延る芸能界においては、引く手あまただろう。
では、上の10組以外で、運命の赤い糸に翻弄され、これからくっつくかもしれないカップルを勝手に予想してみた。細かいプロフや理由は割愛し、年齢と血液型を中心に掲載したい。

山﨑賢人(25歳・A型)と飯豊まりえ(22歳・B型)

「Galaxy」のCMで共演 あのCMを見ただけで、一瞬、「本当に付き合っているんじゃ?」と思えるほどお似合いのカップルだった。

松坂桃李(31歳・A型)と松本穂香(23歳・O型)

 TBSドラマ「この世界の片隅に」で共演 松坂も男前で年上から年下までに愛される存在なのに、なぜか恋愛沙汰はあまりなかった。

菅田将暉(27歳・A型)と小松菜々(24歳・O型) 

 この2人はすでに映画3本で共演し、ゴールデンカップになりつつある。あいみょんも可能性は或る。数々の楽曲やPV・MVで共演 仲のいい友達同士

小泉孝太郎(42歳・AB型)と綾瀬はるか(35歳・B型)

 特に2人の競演はないが、綾瀬さんは35歳なので、小泉孝太郎ほどの年上がちょうどいい。小泉がAB型で、綾瀬はB型。相性も良さそうだ。

鈴木伸之(27歳・AB型)と吉岡里帆 (27歳・B型)
片寄涼太(25歳・AB型)と白石 聖(22歳・A型)
平野紫耀(23歳・O型)と橋本環奈(21歳・AB型)
坂口健太郎(29歳・O型)と白石麻衣(27歳・A型)
高橋一生(39歳・O型)と土屋太鳳(25歳・O型)

佐藤健(31歳・A型)と上白石萌音(22歳・A型) 「恋はつづくよどこまでも」で共演

千葉雄大(31歳・O型)と伊藤沙莉(26歳・A型) NHKドラマ「いいね!光源氏くん」で共演

志尊 淳(25歳・A型)と清原果耶(18歳・B型)「ひまわりの約束」のスペシャルPVで共演

長谷川博己(43歳・A型)と石原さとみ(33歳・A型) 映画「シンゴジラ」で共演


 もし、三浦春馬さんがご健在だったら、同じAB型同士の吉谷彩子とカップルになって欲しかった。そう、あの「ビズリーチ!」の女の子だ。

 最後に、この二人だけは紹介しておきたい。JTで「遠距離恋愛」のカップルを熱演した。ぜひ結ばれて欲しいくらい、結構いい雰囲気のふたりだと思う。PVの内容もベストカップルだ。

 北村匠海(22歳・B型)と石井杏奈(22歳・O型)

 遠距離恋愛の恋人同士は、本当は逢いたくて仕方ないのに、変に強がって後悔したり、連絡がなかなか取れなくてすれ違いを感じる。このショートムービーは共感を得たに違いない。女子の憧れのサプライズや頭ポンポンなど、キュンキュンしそうな演出が目白押しだ。

  他にもNAOTOと破局報道があった加藤綾子は、「ホンマでっかTV」で共演した斎藤工と新たな出逢いがあるそうな予感がする。
 これ以外にも、男性でいえばジャニーズ(特に山田涼介・中島健人・大倉忠義など)、女性も
浜辺美波、川口春奈、本田翼など、人気絶頂だったり、結婚適齢期と思えるような女優さんはたくさんいる。

 ファンの人からすれば、勝手にくっつけるな!と怒りを買いそうだが、20~30代は、やはりお気に入りの芸能人の恋愛事情は気になるところだと思う。
 かつて、福山雅治、妻夫木聡、小栗旬、そして向井理など、あれほどチヤホヤしていた女性ファンなのに、結婚してしまうと、手のひら返しのように、ファンを離れ、見向きもしなくなってしまう。彼氏にフラれた気持ちになるのか、あるいはもう自分の手の届かないところに行ってしまったと感じるのか、はたまた奥さんに悪いと思って、自ら身を引いてファンを辞めてしまうのかいずれかだろう。そう考えると、アイドル絶頂期だったもう20年以上前に世間をざわつかせた電撃結婚をした木村拓哉は、未だに色男として世の女性の憧れの存在を堅持しているのは凄すぎる。

 ファンなら、やはり推しメンの決断を尊重し、心の底から祝福をしてあげてほしい。そして一生の伴侶を得た新たな旅立ちを願い、その方の幸せを祈ってほしい。それが本当の意味でのファンなのではないかと考えている。

2020年8月 9日 (日)

清楚で美しすぎる昔の時代劇女優

 以前、当ブログで、「暴れん坊将軍の魅力再発見」と言うタイトルで記事を書いた。その際取り上げた内容の続編。

 それは1980年代に活躍された女優さんは、私より2〜5歳くらい歳上の方が多いが、今では還暦近い方がほとんどだ。特に、その頃、時代劇に出演していた女優さんは、役作りもあるかも知れないが、総じて清楚で美しい方が多いことに気づく。当時は、私も20代で、あまり美人だと感じなかった人でも、いざこの歳になってみると、その飾らない美しさに惹かれてしまう。

 では実際に、私が心惹かれた女優さんを10人セレクトしい。

 1位 片山由香

 私の一番のお気に入りの女優さん。21歳の時に「水戸黄門」でデビューした。「暴れん坊将軍」に出演していた当時は20代の若手女優だった。年齢は私より2つ歳上の現在57歳。1993年を最後に芸能界を遠ざかっていたが、2007年に久しぶりにサスペンス作品で復帰を果たしたが、それ以降はテレビでお目にかかれないところを見ると、もう芸能界を引退されているのかもしれない。彼女は時代劇に多く出演し、町娘役からお姫様役まで幅広く活躍した。清楚で純朴を絵に描いたような存在だった。おそらく「暴れん坊将軍」の全シリーズを通して伊藤美由紀さんや三浦リカさんと同様、10話以上に出演している。

Katayamayuka_20200802093301Img_7819

 彼女は愛媛県松山市出身だけあって、卵肌をしていてとにかく美人だ。京都女子大の短大を卒業した。

 2位 山本みどり

  彼女もまた清楚を絵に描いたようなべっぴんな女優さんだった。現在もバリバリの現役だが、1980年代に数多くのテレビドラマに出演した。特に「水戸黄門」への出演回数が多く、1994年時点で3位にランクされていた。息を飲むほどの色白肌で、和服が似合う美人女優だ。

 現在62歳。出身は静岡県富士市で東京女子大の短大を卒業した才媛。血液型はB

Img_7806Img_7810

 3位 三浦リカ

 戸田菜穂さんに似ている。彼女は1980年代に活躍した竹井みどりさん、森下愛子さん、古手川祐子さんらと同時期にドラマや時代劇に引っ張りだこだった。三浦リカさんは健気で可愛らしい町娘役が多かったため、親近感が半端なかった。やはり「暴れん坊将軍シリーズ」に幾度も出演している「佐藤万理」さんともイメージが重なる。
 俳優の堤大二郎と結婚した。血液型はA

MiuraMiurarika_20200804181701

 4位 根本律子

 典型的な着物美人。福島県民には、和服で琴を奏でる「花春」のCMで認知された美人女優。誰もがあの姿を見て釘付けになったことだろう。もちろん現在も現役で活躍されている。旅番組への出演が多いようだ。

Nemotoritsuko_20200802093101

 現在61歳とは思えないほど若々しく美しい。血液型はAB。長身のモデル体型で164cm。東京都出身。

 5位 佐藤万理

 主に1980年代に活躍した若手女優だった。芸歴は古く、子役だった6歳のときに前進座の舞台『シーボルト物語』でデビュー。その後、佐藤萬里の名前で、NHKの大河ドラマ『天と地と』などの出演を経て、1972年のNHKドラマ『天下御免』などにも出演した。暴れん坊将軍シリーズには7度出演を果たした。しかし、1988年の時代劇「大岡越前」を最後に、芸能界から遠ざかっている。現在は61歳になられている。

 日本舞踊が特技だけあって、日本髪が良く似合う女優さんで、町娘役が多く庶民的な印象だった。彼女はもちろん時代劇だけではなく、シリアスなサスペンスドラマや恋愛もの、ホームドラマに多数出演した演技派だった。丸顔で色白だが、彼女は血液型はA型。佐野量子さんや三浦リカさん、伊藤かずえさんともイメージがダブる。

Img_1720Img_1727 
Satoumari_20200808090401Satomari

 6位 叶和貴子

 純日本風の顔立ちと清楚な物腰。それでいて控えめで三歩下がってついて来るような雰囲気に彼女の虜になった男性ファンは多いことだろう。その清潔でほんわかした印象と着物が良く似合う和風美人で人気が爆発した。日本酒を初めとした多数のCMに引っ張りだこなった。
 しかし、意外にも下積み時代は、宇宙刑事という戦隊ヒーローもののヒロインに抜擢されたが、その美貌が視聴者や番組スタッフの目に留まり、人気が爆発した。
 しかし難病を発症し、長らくの闘病生活を強いられ、2000年代以降は、公の場所に姿を現さなくなり、伝説の女優と化してしまった。
今年、64歳になられるが、絶頂とどん底を味わった彼女を想うと、人生の浮き沈みや縮図を見ている気がする。血液型はB

 

 7位 野村真美

  彼女は私と同い年の56歳だが、小顔でロングの黒髪がチャームポイントの田中美佐子さん、鶴田真由さん、吉高由里子さんとイメージが重なる。
 1980年代から90年にかけて多くの時代劇に出演したが、「渡る世間」のようなホームドラマ、サスペンスドラマにも数多く出演した。
 そして、私が衝撃を受けたのは、20代のデビュー間もない時分に、「大奥十八景」に大奥に仕える妾女性役で、将軍のあおい輝彦から寵愛を受けるシーンで、大胆にもオールヌードと絡みを演じ切った点だった。おそらく、チャンスを得たり、名前を売るためには断れなかったのではないかと察しがつく。 
 血液型は小顔で色白がチャームポイントのO型。そう言えば同じO型の女優の星野知子さんにもイメージが重なる。

 8位 北原佐和子

 彼女はほぼ私と同世代で、現在56歳になる。もともと美少女モデルとしてデビューし、ヤングジャンプなどのグラビアを飾った。同じ事務所の所属であった真鍋ちえみ、三井比佐子とともに、1981年にアイドルユニット「パンジー」を結成。自身の18歳の誕生日である1982年3月19日にシングル「マイ・ボーイフレンド」で歌手としてソロデビューすると、1985年にかけてシングル10作品、アルバム6作品をリリースした。
 俗に言う「花の82年組」の一人で、当時のキャッチフレーズは「さわやか恋人一年生」。のちに女優に転身した。
 暴れん坊将軍Ⅱへの出演をきっかけに同シリーズ時代劇に繰り返し出演した。元アイドルながら体当たり演技が好評を得た。一方で、障害者との交流をきっかけに20代の頃より介護やボランティアに関心を持っており、2007年にホームヘルパー2級の資格を取得すると、芸能活動の傍らで2008年より介護士として東京都内の施設で介護実務に携わる。2014年には介護福祉士の国家資格を取得。同年12月には、介護現場での自らの体験を元に書籍『女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ』を執筆。「介護はじめの一歩」と題して講演活動も行っている。血液型はA 

Kitaharasawako_20200802093201Img_7844
 
 9位 松本友里

 彼女はやはり80年代のアイドル歌手としてデビュー。八重歯がチャームポイントで、そのキュートな笑顔で人気があった。ヒット曲には恵まれなかったが80年代に業界を席巻したアイドルブームの中で、水野きみ子や畠田理恵、吹田明日香、伊藤智恵理などと共に、B級アイドルとして活躍していた。やがて生き残りをかけて女優業に転向。「暴れん坊将軍Ⅳ」への出演をきっかけにして、松平健と交際がスタート。その後、15歳の歳上と結婚に至った。しかし、母親が亡くなったことでノイローゼによりうつ病を発症。松平の自宅豪邸で自らその命を絶った。享年42歳。その際、地方公演中だった松平が、愛妻が死去したにもかかわらず、どこか他人事のようなよそよそしい冷静なコメントを発していたのが気にかかっていた。
 女優業としてはあどけない朗らかな町娘役がハマリ役だった。血液型はA型。同じA型の若林志穂や水野きみ子、土屋かおり、やはり育児ノイローゼで自死した甲斐智恵美などとイメージが重なる。

Matsumotoyuri1Img_7847_r 
Img_7845_rImg_7851_r

 

10位 山本ゆか里

 彼女もまた元アイドルだった。旧芸名は山本由香利。デビュー前から東映芸能に所属し平尾昌晃に歌のレッスンを受け、歌謡界デビューをうかがう。1975年、明大中野高一年15歳のとき、テレビ朝日の公開オーディション番組『決定版・あなたをスターに!』のグランドチャンピオンに輝いて芸能界入りした。当初はアイドル路線を中心に活動していたが、その後は子供向け特撮ドラマやアクション、青春学園ものの生徒役、時代劇などに活躍の場を求めるようになった。
 主な時代劇の出演作品は「必殺シリーズ」に5本、「銭形平次」に3本、「暴れん坊将軍シリーズ」に8本、「大奥」、「大岡越前シリーズ」に4本、「水戸黄門シリーズ」に7本出演した。
 現在は61歳だが、この15年は芸能活動を遠ざかっている。血液型はO型。神戸市出身。
 

 次点 伊藤美由紀

 彼女も昨年から私がハマっている「暴れん坊将軍」に延べ7回も繰り返し出演している演技派だ。1980年にNHK連続テレビ小説 『なっちゃんの写真館』のヒロイン募集に応募。ヒロインの友人・瀬川正子役でレギュラー出演した。
 その後、時代劇を中心に女優として活動。「遠山の金さん」はお竜役でレギュラー出演、「水戸黄門」にも8度も出演した。
 1997年の出演を最後に、今年で23年も芸能活動を休止しているが、現在58歳だ。血液型は不明。乙女座。東京都出身。

 ほかにも一色采子さんや辻沢杏子さん、佐藤万理さん、田中綾子さん、芦川よしみさん、西崎みどりさん、伊織祐未さんなども当時の時代劇には欠かせない女優さんだった。

 さて、今回、勝手にピックアップした女優さんは、時代劇専門ではなく、恋愛やホームドラマ、サスペンスドラマなどにも多数出演した方たちばかりだ。いずれも美人を絵に描いたほど綺麗な方たちばかりで、当時は私より年上で、そんなに気にも留めなかったのだが、今見返すと、現代の女優にはないおしとやかさだったり、奥ゆかしさだったり、あるいは謙虚で控えめな物腰についつい惹かれてしまう。自分もそんな歳になったのかと愕然と来る部分もあるが、BSなどで30年以上も前の時代劇を回顧できるのは嬉しい。その時分の自分自身の生活と照らし合わせ、若かりし自分に回帰できる。
 本日取り上げた清楚な美人女優さんは、すでに引退された方も多いが、昔の映像に浸りながら、自分の若い頃を懐かしく思い出したいと思う。

2020年8月 5日 (水)

イメージが重なる芸能人

 過去、旧ブログ、当ブログでも同じ趣旨の記事を複数回書いたことがある。最近は芸能界も平均化してきた印象で、そっくりな顔立ちや似た雰囲気を醸すタレントや芸能人が多くなって来た気がする。その方の個性であったり、特徴やウリなのだろうが、あまり出方やスタンスが似ていると面白味に欠ける気がする。

 では、前回の記事との重複は避け、最近活躍中のタレントをセレクトして、どれくらい似かよっているか検証したい。

 <女性編>

 1 ゆきぽよとベッキー

 ベッキーも数年前はバラエティに引っ張りだこで、売れっ子だった。特にモニタリングの「木部さん」はハマリ役だった。しかし川谷絵音とのスキャンダルが発覚し、文春砲が炸裂すると、まるで謹慎生活で表舞台から数年間、姿を消す羽目に陥った。いわゆる「干された」状況だった。最近、元巨人でイケメン選手だった片岡治大と結婚し、何事もなかったように芸能界復帰し、不死鳥の如く甦ったのは衆知のところだ。
 一方、ゆきぽよは本名が「木村有希」で、ハーフタレント。目の色素が薄く、濃いめのギャルメイクとカッ飛んだ言葉遣いで人気を得ている。互いの共通点は、とにかくうるさいほどの元気の良さとその存在感、強烈な個性だった。ゆきぽよもバイタリティがあって、荒い喋り方だが、「フワちゃん」と並んで存在感が半端ない。私は「ゆきぽよ」のギャル系の化粧をしない、すっぴん顔を知っているが、意外にも清楚な顔立ちで、そっちの路線で売った方がドラマなのの話もあったやに思う。
 ちなみに「ゆきぽよ」はO型でベッキーはAB型
YukipoyoBecky

 2 関水渚と西内まりや

 関水は「ホリプロスカウトキャラバン」で、ファイナリストに残ったことで注目され、ホリプロと契約を結んで、芸能界入り。「アクエリアス」のCMでデビューを果たし、その後、グラビアモデルとして活動。最近、女優業もこなすマルチタレントだ。彼女の顔立ちは西内まりやっぽい印象もあるし、上原多香子や仲里依紗のような雰囲気も持っている。「コンフィデンスマンJP」に抜擢された、もしかすると今年、もっとも注目株の女優かもしれない。
 西内まりやは3年ほど前まではTVに出ずっぱりで、その長身で細身のスタイルが持て囃され、ファッションモデルとしても同性を中心にカリスマ的で絶大な人気を誇った。たぶん、事務所トラブルか何かで、まったく表舞台から姿を消した。おそらく「干された」のだろう。まったくもったいない。学生時代は、バドミントンの選手として、県の代表として強化合宿に参加するほどの腕前を持つ強豪だった。それが恩師の期待をよそ眼に、芸能界入りした異色のタレントだった。しかし、誰もが羨む細くスラリと伸びた美脚とバランスの取れたスタイルを持ち、もちろん「東京ガールズコレクション」などにも出演したほどだった。

 関水渚はO型で西内まりやはA型、上原多香子はAB型、仲里依紗はB型

Skimizu2Nishiuchi
UeharaNakariisa

 3 阿部華也子と幡谷明里

 阿部華也子は早稲田大学を卒業した才女で、3年前から「めざましテレビ」のお天気お姉さんを務めている。その明るい陽気な性格と、色白で潤いたっぷりの肌とムチムチピチピチの体つきで大人気を得、全国お天気キャスター人気ランキングでも2年連続1位になっている。
 一方、幡谷明里は、全国の方は知らないが、我が福島県では有名な方。福島県天栄村出身の彼女は、学生時代からその美貌で名が知れた女性で、「ミス天栄」に選ばれただけでなく、進学した地元の国立大学である「福島大学」でも「ミスキャンパス」に選ばれたほど、その美しさは響き渡っていた。その後、地元のFTV(福島テレビ)に入社。郡山支社から夕方の情報を伝える「Catch!」に出演。また、土曜日には福島の本社から夕方のニュースを伝えるキャスターとして活動している。アナウンス技術も高く、かみまくりの我如古アナとは違う。でも2人は一緒に旅行に行くほど仲良しだ。ちなみに阿部華也子はB型で、幡谷アナは不明

AbekayakoHataya

 4 永作博美と井上清華

 永作博美は1990年代からテレビドラマや映画に数多く出演している女優さんで、男性ファンが多い。「八月の蝉」では他人の子(井上真央)を誘拐して逃亡し、自分の子供として育てる母親役を演じた。その演技力は折り紙付き。
 一方の井上清華はフジテレビの現役の若手女子アナ。まだ入社3年目だ。私は永作博美の実の子かと思ったほど似ていると思った。彼女は青山学院大学時代に、フジテレビではお約束の「ミスキャンパス」からの入社組。大学時代からその可愛さは群を抜いていた。最近フジテレビの凋落ぶりは著しいが、宮澤智アナ、久慈暁子アナ、そして井上アナと今や局アナの顔として活躍している。
 ちなみに永作博美と井上清華アナ、共にB型。

NagasakuInoue

 すっかり女子アナの雰囲気満載の女子大生の頃の井上アナのマル秘映像はコチラ

 こんな可愛い女子大生がいたらモテモテで、逆に言うとストーカー被害に遭いそうで怖い・・・。

 5 伊原六花と小芝風花

 伊原六花は2年前、荻野目洋子が歌って大ヒットした「ダンシングヒーロー」のリカヴァーで、衝撃のダンスパフォーマンス(バブリーダンス)と80年代のバブルメイク&ファッションで一世を風靡した大阪府立登美丘高等学校ダンス部でキャプテンを務めた。あの愛くるしい顔立ちとは裏腹に、数多くいる部員をまとめ上げた。現在はテレビやドラマなどにも出演し、女優業に力を入れている。
 一方の小芝風花は、小学生時代から将来を嘱望されたフィギュアスケーター。しかし、アイドル顔負けの可愛らしい顔立ちと、スタイルの良さから、リンクでは大声援。選手としても一流だった。アイスダンスでは、2011年10月の第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会で、この年から設けられたノービスダンスに渡邊純也とペアを組んで出場し、優勝した経歴を持つ。
 姉が、オーディション雑誌を買ってきて『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』に応募したことから。 まさか受かることはないだろうと、応募書類に規定に合わない競技会用の小さな証明写真を貼り付けて軽い気持ちで応募したが、2011年11月の全国大会でグランプリに選ばれ、翌春のイオンのCMへの出演を果たす事となる。翌年には15歳で女優デビューするなど、慌ただしい芸能界入りから、初めは「スケートしながら出来るかな?」と両立の可能性も考えたのだが、フィギュアは週6回の練習が欠かせないものであり、オーディションも全国3万5390人の中から選んでもらったものでもあり、どちらも甘いものではないので悩んだ末にスケートを辞める事にしたという
 映画「魔女の宅急便」の実写版で主役を務め、2015年朝ドラ「あさが来た」ではヒロインの娘役を演じ切った。オリンピック出場も夢ではなかったアスリート出身のタレントという点では、西内まりやとかぶる部分がある。
 二人とも大阪出身でA型という共通点がある。

IhararokkaKoshibahuka

 他にも「高橋ひかる」と「唐田えりか」、「ゆりあんレトリーバー」と「山田花子」、「井上あさひ」と「金子恵美」と「長谷川朋加」(ともにO型)などもイメージは重なる。

InoueasahiKaneko

 他にも芦田愛菜とおのののかと福田萌(3人ともA型)は似ている。

 <男性編> 画像はできるだけ割愛させていただきます。

 6 吉沢亮と岡田准一

 これは私の勝手なイメージだ。誰が見てもそっくりという訳ではない。共にB型で、男っぽさをぷんぷん匂わす雰囲気を備えている。もちろん、男前で、女性ファンから支持をとりつける魅力はピカイチ。やはりともにB型。プレイボーイな印象は否定できない。吉沢のカニ好きは筋金入りだ。

 7 森山未来と柄本時生

 どちらも個性派俳優という点で被る。主役というよりかは名バイプレーヤー路線で、主役を引き立てる立ち位置のような気がする。しかし、実力があって、玄人好みだろう。柄本は名優にして名エンターテイナーの柄本明の息子で、最近、女優の入来茉里と結婚した。
 ちなみに森山未来はAB型で柄本時生はB型。父親の柄本明もB型。個性派なのも納得。

 8 玉木宏と藤木直人

 この二人はベテランの域に達しつつある名俳優。玉木の出世作は「のだめカンタービレ」。妻はパン大好物な女優の木南晴夏。
藤木は「高校教師」の熱演で、その甘いルックスで人気者に。もともと早稲田大学卒業の秀才で、ミュージシャンとしてもCDデビューを果たすマルチな活躍をしている。毎週土曜日のTOKYO-FMで放送している「TOYOTAアスリートビート」で長年、番組メインパーソナリティ―を担当している。両者ともに誠実そうな人柄をウリにしている。やはりそれはA型路線。

 9 玉山鉄二と長瀬智也

 両者ともに男臭さ満載。黒々とした短髪がトレードマークで、瓶つけ油でギトギト脂ぎっている印象。体型は細身の長身で、バイタリティーに溢れている。
 両者共にO型。

TamayamaNagase

 
 私は結構、血液型が同じ人は、似た印象を持ちやすい。本日取り上げた方も、同じ血液型の方が多い。血液型に関しては否定的な見方をする人も多いが、私ははっきり分かれると思う。特に芸能人やスポーツアスリートはその特徴が顕著だ。B型は楽天的で、気の赴くままに凝り性なまでにストイックに突っ走るタイプでプレッシャーを撥ね飛ばすタイプ。細身でイケメンが多く、モテ男が多い。
 A型は真面目で勤勉。そして神経質なタイプが多く、スポーツアスリートはプレッシャーに弱く、怪我も多い。
 O型は動体視力に優れ、陸上短距離や球技に滅法強い。特にサッカー選手はO型だらけ。井原、中山、ラモス、中田英、城、中村俊、小笠原、稲本、小野、岡崎、長谷部、内田、長友、香川、川島などほとんどO型で占めていた。A型はカズ、川口、大久保、松田くらいしかいない。ちなみに冷静沈着なAB型は、本田圭佑、名波浩、楢崎、遠藤保仁がいる。いずれも司令塔役だ。
 また野球でもO型はパワーヒッターだったりエース級が多い。打者では王貞治、張本勲、落合博満、松井秀喜、松井稼頭央らがそう。投手では堀内恒夫、江川卓、村田兆治、佐々木主浩、工藤公康、山田久志。松坂大輔、佐々木朗希など。

 B型は自由スタイルで他者の束縛を嫌うマイペースタイプ。誰が何を言おうが己のスタイルを崩さない。
 長嶋茂雄、野村克也、金田正一、福本豊、野茂英雄、イチロー、大谷翔平、菊池雄星など唯一無二のプレースタイルで、若くして才能を発揮し、一時代を築くタイプだ。

 本日お送りした記事は、私が独断と偏見で「イメージが重なる」と認識しているタレントだ。あながち血液型との関係も多少なりとも関係性があるのは間違いないところだ。やはりO型女性は色白で丸顔で小顔が多いとか、B型はムチムチな体型だったり、A型女性はプライドが高かったり、AB型は小悪魔的な魅力があり、事務や秘書的な仕事をやらせればそつがないとか、そういう印象だ。
 まぁ賛否はいろいろあるでしょうが、あまり目くじらを立てず、そういう傾向があるくらいに受け止めていただけたら幸いです。

 

より以前の記事一覧