2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年8月26日 (月)

使えるお天気情報サイト

   夏休みの絵日記の宿題で、何が困るかというと、夏休み期間中の天気がどうだったかという点だ。
  私が幼少の頃は、自宅でとっていた地元紙の新聞が頼りだった。毎日記録するのは面倒だし、すぐに
  記録を忘れてしまう性格だった。だから、親が新聞を捨ててしまったりすると言い争いのネタにもな
  っていた。
   しかし、今は便利な世の中で、ネットで過去60年以上も遡って日単位でその地域の天気がどうで
  あったか調べることができる。それは「goo過去の天気」だ。半世紀以上も前の自分の生まれた日の天
  気や最高気温・最低気温なども調べられる。

   URL= https://weather.goo.ne.jp/past/

Goo

   1990年代頃から叫ばれ始めた「地球温暖化」。フロンガスによるオゾン層破壊が問題視されたり、
  工場などから排出されるNOXという物質が大気汚染を引き起こし、ぜんそくなどの公害病も深刻となっ
  た。国際会議が頻繁に開催され、「京都議定書」などにより環境対策が本格化したのも記憶に新しい。
  
   そのサイトを除くと、驚く事実が判明した。気温が35℃を超えるような酷暑日など、21世紀以
  降の傾向で、私が少年時代を過ごした1970~80年代はそのようなことは皆無だったと思っていた。
   当時は「日射病」という言葉はあっても、「熱中症」なる用語はなかった。まして昔は自宅にエアコ
  ンなどなかったが、それでも扇風機やうちわ、打ち水などで対策するだけで暑さを凌げた筈だ。
   ところが今は、エアコンなしでは過ごせない。屋内にいても体力のない高齢者は熱中症で亡くなる世
  の中だ。
   しかし、35℃を超える酷暑日は、近年特有の現象かと思いきや、なんと40年前でも35℃超えが
  実在していたのだ。しかも頻繁にだ。まして30℃超えの猛暑日となると7~8月は茶飯事だったのだ。

   ちなみに、ためしに「過去の天気」で梅雨明け直後の7月25日と入力し、地域を福島で選択すると、
  1961年から今年2019年まで、ざっと59年分の天気が一瞬で一覧として出てくる。これは重宝
  だ。それによると、今年(2019年)は32.2℃だったが、1961年から20世紀末の2000
  年までの40年間には、30℃超えが30日もあった。しかも34℃超えは12日。
   だから、幾分、この20年は暑さが堪えるとは言え、8月の真夏はやはり一様にそれなりに暑かった
  ということが言える。驚いたのは、私が生まれた東京オリンピックがあった1964年の7月25日は
  気温が34.2℃あったし、私が中学時代に校庭で部活動をしていた1978年は36.7℃を記録し
  ていた。よって、さほど今と差異はないことが見て取れた。
   逆に、エアコンが各家庭に複数台設置されている現代のほうが、過ごしやすいと言えるかもしれない。

   しかしながら、体力の差があるにせよ、40年前にはこんなに暑さで死者を出したり、救急車で搬送
  される数は少なかったように思える。現代は、暑い中、公園など屋外で遊ぶ機会が激減しているため、
  もしかすると昔に比べて忍耐力などの耐性が低くなっているのかもしれない。

      一方、私が地球温暖化で高温の危機が高まっていると感じたのは北海道の気温上昇だ。私が北海道に
  住んでいた1984年から1986年は、とにかく寒かった。夏でも涼しいし、冬場は10月中旬に
  初雪が降り、それがそのまま根雪となり、遂には春まで解けることはなかった。2月には-25℃にも
  なったし、学校から自宅アパートまで1kmもないのに、激しいブリザードで目の前がホワイトアウト
  で何も見えず、呼吸もできずに遭難しかけた。
   気になった私はGW時期の35年前と近年の気温差を調べてみた。するとこれも驚くべき事実が明るみ
  になった。以下の通りだ。

   札幌の気温(5月4日の各年比較)

   1984年5月4日(35年前) 最高気温  9.2℃ 最低気温 4,9℃
   1985年5月4日(34年前) 最高気温 10.4℃ 最低気温 4.9℃ 
   1990年5月4日(29年前) 最高気温  9.6℃ 最低気温 6.2℃

   約30年前はこれくらいの気温が「相場」だった。しかし、21世紀になると・・・

   2002年5月4日(17年前) 最高気温 17.8℃ 最低気温 8.5℃
   2007年5月4日(12年前) 最高気温 21.2℃ 最低気温10.0℃
   2015年5月4日( 4年前) 最高気温 22.1℃ 最低気温11.4℃
   2017年5月4日( 2年前) 最高気温 26.1℃ 最低気温 8.8℃

    確実に気温が上昇している。私が住んでいた1984年と2年前の2017年の同じ日の気温差は
   なんと17℃近い。異常気象というほかない有様だ。
    しかも今年、北見市などでは、全国1位になる気温を記録した。全国で一番高い気温が北海道のし
   かも北のはずれという凄さ・・・。ありえない。

    それでも、今夏(7/1~3)、北海道の札幌を訪問したが、半そで半ズボンは私くらいなもので
   北海道民はみな、長そでだった。感覚が違うということを認識した瞬間だった。

 
    ちなみに私が生まれた1964年の9月某日の天気を調べたら

     天候は晴れ 最高気温が27.2℃ 最低気温は13.1℃だった。お産には適温だったようだ。

    しかし、50年以上経った現在をみると
    
     2017年が 最高気温 29.0℃ 最低気温 19.0℃ の夏日だった。
     
    このような過去の天気や気温を調べられるサイトがあれば便利なことこの上ない。自分が生まれた
   日の天気や、卒業式、結婚式など、人生の特別な日の天気がどうだったのかを調べられるというのは
   ありがたい。ぜひ、活用していただければ幸いです。
   

2019年8月15日 (木)

 あいだみつを風の雑感(終戦記念日によせて)

日本ってのは不思議な国だよな 
戦争で負けた国にずっと守ってもらってる
しかも原爆を二度も投下されて
多くの死傷者を出したってのに
その国と安全保障条約を結んでるんだよな 
守ってもらってるんだよな

敗戦相手主導で制定された憲法では
「戦力(武器)の不保持」をうたっているのに
多数の戦車や戦闘機 イージス艦という名の
軍備を所有してるんだよな

「自衛隊」という名の「陸軍」「空軍」「海軍」を
配備しているんだよな
日本の防衛ってのは矛盾だらけだよな

そして日本が第三国に攻撃された時
アメリカが助けてくれるが
アメリカが攻撃されても 
日本は手出しをしないと今の大統領は嘆く
まったくおかしな世の中だよな

国際社会では 自分の国は自分で守るのが当たり前なのに 
日本は戦後 74年も戦争をしなかったことにあぐらをかき
このまま平和が続くと思い込んでる
憲法さえ変わらなければ、今の平和が永遠に続くと思ってる
でも時代は変わるんだよな 世界情勢もな


沖縄は対岸の火事でどんどん見捨てられていく 
可哀そうだよな
米兵に沖縄の少女が残忍な方法で殺害されたって 
遺憾の意しか表明できない不条理

沖縄の鬱積した怒りを中央は何もわかっちゃいない
基地移転と言っても 同じ沖縄の中でなんだよ 
しかも自然を壊し きれいなサンゴの海を埋め立ててな

おかしなことは他にもいっぱいあるんだよな
我が国は世界で唯一の被爆国なのに 
核拡散防止条約に批准していない
アメリカの顔色ばかりをうかがう 
日和見で長いものには巻かれる体質
こんなんで日本の未来は大丈夫なのかな

子どもたちの未来はどうなるんだろうな

三つの領土問題だっていっこうに進展ないんだよな
「北方」「竹島」「尖閣諸島」 
ほんとに日本の領土だって思っているんだろうか
日本は戦争をしないって舐められてるんじゃないのかな

日本人はほんとうにわかっているのかな
今の平和は戦争で失われた多くの犠牲の上になりたっているってこと
尊い何万もの失われた命と引きかえに私たちは生かされてるってこと

終戦記念日ってのはそういう古の歴史に触れ
これからの日本について考える日なんだよな

2019年8月13日 (火)

怖い話

 これだけ毎日30℃超えの日々が続くと、決まって納涼を求めたくなる。特にお盆シーズンには肝試しや怖い話が付き物となる。今日は、私が思う、怖い話を取り上げたい。

 1 峠道にある車

 私は海釣りが好きなので深夜に車で移動することも多いし、昼間に近道とばかりに主要道路を外れて山道を走る場合が多い。そんな時に、山道、あるいは峠道を走っていて、今までは気にも留めることが無かったが、「Youtube」の動画を見て、疑問に感じたことがある。それは、人通りはもちろん、昼間でも交通量が少ない峠道を走っていると、その途中のカーブに車が駐車している場面に遭遇することが多々あった。
 私はこんな山の中に車があるのは「山菜採りなのか」、それとも川沿いルートだったりすると、「渓流釣り?」くらいにしか思わなかった。そうした放置された車を気にすることもなく、何気なく通過していたが、もしかすると、実はその車内で人が死んでいるかもしれない。いわゆる練炭自殺というケースだ。運転席や助手席で人が倒れているなどと考えたこともなかった。ガムテープで目張りをしていようものなら、ひょっとするとマフラーから排気ガスを引き込み、一酸化炭素中毒で自殺しているかもしれない。
 そう思うと、迂闊に山道の途中に駐車してある車には余計近づけないが、もし確認に行って第一発見者にでもなったら、警察や消防に通報しなければならないし、たぶん、その場面が脳裏に焼き付いて、夢枕に出てきそうで怖すぎる。

 閲覧注意の動画はコチラ ↓

 2 毎年海水浴や川や湖の事故で命を落とすのは・・・

 夏休みは楽しいものである筈だが、決まってニュースなどでは海や川での痛ましい事故のニュースが後を絶たない。小学生が流されて行方不明とか、川遊びや釣りをしていて流されて水死体で発見されたなどだ。
 帰省中に事故に巻き込まれて一家4人が亡くなるとか。昨年も、四国で帰省先の祖父母宅から行方不明になった男の子の捜索が話題になった。大体、台風が接近して高波が押し寄せている砂浜で海に入ることなど自殺行為だ。また遊泳禁止区域で泳ぐことも同様。今、問題になっている離岸流もそう。
 そう考えると、まとまった休みを取りにくい日本人にとって、お盆やお正月休みはレジャーの絶好の機会だが、それで命を落としたら何の意味もない。特に幼い子どもや小学生が犠牲になる事故は痛ましい以外の何物でもない。

 3 猪苗代湖って・・・

 私が暮らす郡山市と猪苗代町、会津若松市の3市町にまたがっているのが日本で4番目に大きい「猪苗代湖」。夏には湖水浴で賑わう避暑地でもあるが、郡山市民はここの水を飲料水や農業用水として利用している。現在、日本遺産に認定されている「安積疎水」の恩恵で、米の栽培も盛んだし、何より美味しい水が供給されているのだ。オランダ人技師のファン・ドールンが来日し、疎水技術を伝え、九州などから開拓民が入植し、長い歳月をかけて完成した。
 しかし、この猪苗代湖だが、あまり知られていないが、湖水浴で亡くなった方や入水自殺、それにジェットスキーの衝突事故、あるいはカヌーの転覆事故によって命を落としている方が数多く存在している。その数、20人以上。湖水浴では、この湖は真夏でも浅瀬から20mほど沖に行くと、急激に深くなり、同時に水温が低下する。そこで心臓麻痺を発症したり、脚を吊って溺れるケースが多いのだ。海ほど波は立たないし、離岸流なども起きないが、これほど水難事故が多いのは何か得体の知れない力が働いているとしか思えない。それを死霊の仕業とは言わないが、死者の魂が呼び寄せるのは無いか。
 特にジェットスキーの事故は、湖南側で起きやすい。船津から青松浜、中田浜にかけての一帯だ。そこでジェットスキー同士がよく衝突し、海に投げ出された人が亡くなっている。科学では証明がつかないような現象が頻繁に起きている。
 それを考えると、郡山市民は多くの死者を出している猪苗代湖の水を飲んでいるのかと思うと、ちょっと訝しく感じるものがある。

 4 なぜ夏に肝試しや廃屋探検をしたがるのか

 日本人特有というわけでもないが、暑くなると、背筋が冷たくなるような体験をしたがるようだ。人は不思議な生き物で、怖いとわかっていることに敢えて向かう。スリルを求めてジェットコースターに乗る。しかも暑いさなか、長い列に並んでまでして。さらにお化け屋敷も同じ。人間は非日常を味わいたい生き物のようだ。
 同様に、夏になると「納涼」と称して心霊写真や心霊体験の再現ドラマの類がテレビで放送される。夏になると「稲川淳二」が持て囃される。怪談ナイトなど大人気だ。
 かくいう私も福島県内のミステリースポットを尋ね歩いたことがある。全国的に有名な「横向ロッジ」「翁島ペンション」、「須賀川女祈祷師による信者殺害事件現場」、そして鬼婆伝説の残る「黒塚」、伊達政宗の800人なで斬りの現場となった「小手森城」、本宮にある「岩角山」、「アウシュビッツ平和資料館」などだ。また、歴史の偉人たちが眠る墓地にも足を踏み入れた。パワースポットとはとうてい呼べないスポットだが、そこに足を踏み入れると、魔界にでも迷い込んだような神妙な面持ちになる。
 一歩間違えば、あの世に呼ばれるようなドキドキ感が全身を包み込む。一面が森に覆われたスポットは、たいていの場合、涼しげで暑さをしのぐにはもってこいの場所だ。しかし、私自身は夜には絶対に足を踏み入れない。夜には絶対に怪奇現象に襲われるとわかっているからだ。まして一人では絶対に訪ねてはならない。行けば死霊に呼ばれてしまうからだ。

 本宮市岩角山(岩角寺)

 少しは、涼しくなったでしょうか。本日の記事は、自身の戒めの意味もあって書き綴った。「君子危うきに近寄らず」で、みすみす命の危険に身を置くようなことは慎んでいただきたい。「雫石の慰霊の森」や「御巣鷹の尾根」、「津山三十人殺し現場」など多くの人命が失われた場所には、物見遊山だったり、ふざけ半分で行くべきではない。必ず呼ばれてしまう。

 

 

 

2019年8月 5日 (月)

お知らせ

夏休みの休養期間のため、当面、新規記事の掲載を休止させていただきます、

2019年6月 3日 (月)

のさばる無法国家、それを放置する国際社会

 北朝鮮の国家元首である「金正恩」は、命令ひとつで何人もの国民を処刑しようが、一切罪に問われないのか?だとしたら、神などこの世に存在しないのと同じだ。たった一人の独裁者、かつてのナチスドイツのヒトラーがそうであったように、その絶対服従の悪の化身とも言うべき支配者が何人大量殺戮をしようが、迫害を繰り返そうが、誰も文句が言えないような国家は、この世の地獄であり、もはや国としての体を成していない。このような無法国家が存在していること自体異様だが、それを国際社会が黙認し、どれだけ大罪を働いても断罪できぬ自己抑止機能がないことが問題だ。
 処刑されたり、餓死させられた人間は、いつ、どうやって報われるというのか?すべて絶対的独裁者の意のままにこの世から葬り去られても、誰からも反論が出ず、人知れずこの世から抹殺されている現状を、誰が咎め、裁くというのか?

 世界の警察を自認する「アメリカ」でさえも、イランやイラクなどに対する一連の軍事対応とは雲泥で、ロシア・中国など後ろ盾と思われる国の顔色をうかがい、あくまで協議で解決する姿勢を貫いている。そうした事情を知ってか知らずか、強大国家を隠れ蓑にし、強気で瀬戸際外交を展開して来たのは衆知のところである
 これまでの北朝鮮に対する私のイメージは、いずれも目を覆いたくなるほど残虐で人権を完全無視したこの世の終わりを意味する凶悪なものばかりだ。ではこれまでの悪行の数々を露呈したい。


 1 金正男氏暗殺を指揮した北朝鮮工作員を身柄確保できない。

 無邪気な現地の女性を雇い、人殺しを指示しておきながら、本国に逃げ帰った工作員を訴追どころか捕縛もできない。無罪放免状態だ。殺人者を放任している。口八丁手八丁でテレビのドッキリ企画と信じ込ませ、実行した女性を手なずけ、犯行を代行させておきながら、罪をその女になすりつけ、自らは高飛びを決め込み罪を免れている。こういう汚い輩を野放しにしている国際社会はどうなのか?
 影の殺人者が何の罪にも問われないとしたら、この世の終わりだ。絶対悪が罷り通るようであれば、世界平和はますます遠のくばかりだ。
 

 2 拉致などやりたい放題で、それも解決困難

 昭和時代に横行した日本人拉致事件。北朝鮮の凶行なのは明らかなのに、日本の歴代首相は小泉純一郎を除き、誰一人としてまともな対応も解決策も見いだせないまま現状に至っている。国交のない北朝鮮の暴挙や謀略をみすみす見逃して来た。ことここに至っても解決の糸口は一向に見えない。事件発生から40年以上経過した21世紀のこの世においても、未だ昭和時代のままで止まっている北朝鮮の古臭い思考や体質。横田めぐみさんを始め、拉致被害者家族も高齢化し、早く解決しないと、生きて再会など夢のまた夢だ。アメリカが人道的立場から、強力なリーダーシップを発揮し、ロシアと中国の承諾を取り付け、軍事介入し、一斉捜索できないものなのか?拉致は極悪非道な犯罪行為だ。ある日、娘や息子が忽然と姿を消した悲しみは計り知れない。

 3 脅しでしか交渉できない情けない国家

 北朝鮮というより韓国を含めた朝鮮民族は、我こそが世界一の民族という歪んだ自意識に凝り固まっている。何を根拠に上から目線で、強気な命令口調の態度で振る舞えるのか理解に苦しむ。ミサイルを開発し、核開発をチラつかせながら、脅して優位に交渉を進めようとする。極めて自己中で身勝手で、身の程知らずも甚だしい。2年前、日米と敵対し、大陸弾道ミサイルを発射。Jアラートを発動させるほどの威嚇行為を複数回断行し、諸外国を脅威に晒した。
 まるでやってることはガキの喧嘩であり、殴られたくなければ金を出せというカツアゲまがいの愚直な手段だ。こうした自虐とも思える凶行に国際社会は、ぐうの音も出ないくらいの糾弾が必要とされるのに、弱犬の遠吠えくらいにしか思っておらず、有効策もないままに放置していた。
 子供を親が叱りつけるように、ガツンと言わなければ、図に乗って強気に交渉を進めてくるし、過去何度もそうであったように、交渉は物別れで決裂してきた。
 この亡国は、「面従腹背」が常套手段であり、核廃絶などと一度は言っても、朝令暮改。次のステージで交渉が暗礁に乗り上げれば、発射基地の再建設、核開発の再開は厭わない。

 4 高官であろうが身内であろうが容赦なく処刑

 何度も書くが、金正恩は何人を殺したのだろうか?人民総会や重要な公の会議の場で、居眠りをしたというだけで国家反逆罪を適用し、躊躇なく処刑に踏み切った。叔父であろうが何だろうがお構いなし。
つい先日も米朝会談の不成功の責任をとらされて、高官が粛清された。交渉に同行した女性高官までもが、政治犯収容所送りとなった。そして実の妹まで謹慎処分となった。一時は朝鮮中央テレビで火災が発生した際には、責任者が処刑されたと報道された。

 5 人権無視(人身売買・性奴隷など常態化)

 北朝鮮では食糧難から、自分の子供を売って金銭を稼ぐ親がいると聞く。また幼い子供が臓器売買のターゲットにされ、人知れず殺されているという信じられない事態が起きている。また、高官や軍人など上級人民が、貧困層の子供たちを性奴隷化し、自らの慰みものにするなど非人道的な行為が日常的に行われており、そこには正当な判断や、常識など存在せず、悪行三昧で、この世の地獄といった有り様だ。このような国家に生まれたことは哀れであり、正義など存在しない。

 6 強制収容所ではありとあらゆる悪行がまかり通る

 強制収容所送りにされた者は、人間としての扱いを受けず、看守による拷問や性被害が常態化し、奴隷として命尽きるまで重労働させられ、虫けらのように捨てられると聞く。これらは脱北者の証言だけに信ぴょう性は高い。そして収容所では、政治犯も含め、人間としての尊厳や権利、自由などは存在せず、死んでも誰も供養などされない。すべては塀の中の出来事で、一切公にはならず秘密裏に処理されるのが現実だ。

 7 残酷な処刑方法で国民への見せしめ

処刑することで、逆らう者や国家事業に失敗した者はこうなるといった見せしめを実行し、絶対的君主である自分への忠誠心を植え付ける。しかも極めて残虐な方法で処刑を決行している。例えば、何日も餌を与えない野犬のいる檻に被処刑者を放り込み、生贄にされる。かみ殺されて、犬の餌になって息絶える。また、ある時は、火炎放射器の集中砲火で、骨まで溶けて証拠を残さぬようこの世から抹殺するといった具合。公衆の面前で、柱に括り付け、複数のスナイパーによって一斉射撃で銃撃され即死に追い込むなど、ありとあらゆる蛮行によって処刑を実行している。
 こうしたやり方が現代においても実在していることに驚愕を覚える。恐怖政治以外の何物でもない。

 8 国際情勢を国民に見せず、忠誠心を煽る

 21世紀も20年近く経過した今でも、国際社会から孤立し、この国だけが戦前と旧態依然だ。人民は疲弊し、極度の食糧難で餓死している。それを自ら撒いた種なのに、アメリカをはじめとする敵対国の経済制裁のせいだと悪玉に挙げる。核疑惑やミサイル発射による威嚇攻撃には蓋をし、日米韓を鬼畜扱いし、人民にも憎しみ感情を植え付ける。
 人民は、自らの国家の現状しか知らされず、高度に発達し科学の進歩や諸外国の事情などを全く知らされていない。あたかも井の中の蛙状態で、金正恩を崇拝し、北朝鮮が世界一の国家だと信じ込んで死んでいく運命だ。日本やアメリカがどれだけ悪い国かという点だけを吹聴し、信じ込ませる。スポーツの国際大会に出場している選手は、国際社会の発展を知っているが、それでもまるで悪い宗教に引っかかっり洗脳された信者の如く、教祖である悪徳国家元首を崇め奉り、ゆるぎない信頼を置く。そして忠誠を誓う。まったくもってこの世の中にあってはあり得ない。

 9 脱北者の親族は容赦なく処分

 韓国に亡命を図る行為、いわゆる脱北者は、本人が逃げおおせても、北朝鮮に残されたその家族や親族は、あらゆる制裁を受けることとなる。強制収容所送りとなり、人間としての扱いは受けず、息絶えるまで過酷な強制労働を強いられる。役人の厳しい詰問や女性なら強姦は日常茶飯事。虫けらのように捨てられて死に至る。そうした行為や事実は黙殺され、それを裁く正義もまた存在しない。暗黒国家であり、神の御慈悲も一切ない。そして人知れず死んでいく運命なのだ。

10 ミサイル発射、核開発など、あらゆる手段で敵対者を威嚇

 ノドンやテポドンなどの中距離ミサイルや大陸間弾道ミサイルの開発、そして発射は幾度となく繰り返されて来た。諸外国から瀬戸際外交で巻き上げた金は、人民には行き渡らず、すべてミサイルや武器製造に費やされて来た。燃料を個体化し、航続距離を伸ばし、もはやアメリカ全土をも射程にとらえるまでになった。アメリカの真の軍事力を知らぬばかりに、アメリカと五分で渡り合おうとする無謀な企みが見え隠れする。どれだけ自意識過剰なのだろう。もしアメリカを本気で怒らせて攻撃を受けたら、おそらく一日も持たずして北朝鮮という国はこの世から葬り去られることになるのに、自国が最も偉いと錯覚している亡国は、身の程知らずに、アメリカと対等だと勘違いしている。これ以上挑発を続ければ、痛い目に遭うのは目に見えている。若き指導者は、世界情勢には相当疎いと見えて、やはり井の中の蛙状態でしかない。

  過去・現在・未来永劫、暗黒国家そして恐怖政治を断行している北朝鮮だが、国際社会が何も対策を講じられない現状は
あまりにも国民は無慈悲なのではないか。「この国に生まれたのが不幸だった」では決して済まされない事態だ。いったい何人の罪もない人々をあの世に送ったのだろう。

 朝鮮民族は、教育力が不足し、善悪の判断が乏しい。金総書記こそが信じ込んでいる 運命共同体で金委員長を絶対的権力者だと信じて疑わないし、優れた指導者だと尊敬している。金正恩が死ねといえば、工作員の自決のように、死ぬことさえ厭わなだろうし、喜んで死んでいくことだろう。

 私は、現代社会において暴走を繰り返す北朝鮮は、この世から消えて欲しいと願っているが、それをさせないための人質が拉致被害者である。すでに北朝鮮で強制的に結婚させられ、家族を持ったからには、簡単に自分だけは帰国できない状況に追い込んでいる。ずる賢さは天下一品で、まさに運命共同体なのである。国際社会がこうした一連の愚行を断罪しなければ、ますますのさばる、それが朝鮮民族の狙いであり、生き抜くための常套手段に他ならないのである。

 北朝鮮は闇の国家であり、たった一人の悪の枢軸とも言うべき国家元首がいるだけで、すべてが狂った方向に邁進する。彼の意にそぐわなければ、この世から消し去られる。こうした残虐国家を国際社会が問題視せず、闇の中の出来事として見て無ぬふりを決め込んでいいのだろうか?罪もなく処刑された善良な人民はいつまでたっても浮かばれない。

 

  お知らせ

 明日6月3日(月)からは仕事多忙および休養期間のため、2週間程度、新規記事のアップをお休みさせていただきます。予めご了承ください。なお、次回の更新は6月17日(月)を予定しております。

2019年5月15日 (水)

昭和世代がイメージする3文字ことば

 昨日に引き続き、昭和生まれの私が、漢字3文字でイメージする語句を取り上げたい。ただし、あくまでこれは個人的な着眼点で申し述べるものであり、全世代が適合するとは限らないことを先にお断りします。

 1 〇〇心・・・向上心・虚栄心・信仰心・公共心・敵愾心・猜疑心・羞恥心など

 2 〇〇体・・・共同体・集合体・心技体・自然体・連合体など

 3 〇〇大(大学名を除く)・・・無限大・実物大など

 4 〇〇化・・・近代化・機械化・情報化・映画化・漫画化・映像化・条文化など

 5 〇〇戦・・・情報戦・持久戦・空中戦・地上戦・大将戦など

 6 〇〇神・・・大魔神・七福神・守護神など

 7 〇〇機・・・券売機・発券機・飛行機・販売機など

 8 〇〇日(曜日を除く)・・・給料日・特売日・休刊日・休肝日・記念日・誕生日など

 9 〇〇金・・・給付金・支度金・保険金・懸賞金など

10 〇〇祭・・・創業祭・感謝祭・祇園祭・謝肉祭など

11 〇〇度・・・重要度・認知度・貢献度など

12 〇〇人・・・宇宙人・民間人・発起人・商売人・仲買人・後見人など

13 〇〇病・・・歯周病・成人病・心臓病・肝臓病・現代病など

14 〇〇薬・・・胃腸薬・頭痛薬・麻酔薬・漢方薬・常備薬など

15 〇〇米・・・脱穀米・原料米・精白米・五穀米など

16 〇〇地・・・激戦地・現在地・所在地・新境地・新天地など

17 〇〇法・・・道交法・正攻法・擬人法・遠近法など

18 〇〇税・・・法人税・所得税・住民税・消費税・重量税・入国税・入湯税など

19 〇〇録・・・留守録・備忘録・会議録・議事録など

20 〇〇会・・・女子会・医師会・忘年会・新年会・謝恩会・老人会・自治会・記録会・協議会・競技会・同好会など 

21 〇〇茶(人名を除く)・・・静岡茶・十六茶・中国茶・烏龍茶など

22 〇〇軍・・・巨人軍・十字軍・強行軍・徳川軍・同盟軍・連合軍など

23 〇〇界・・・芸能界・政財界・人間界・経済界・文芸界など

24 〇〇団・・・応援団・海賊団・暴力団・事業団・消防団・自警団など

25 〇〇集・・・記録集・写真集・万葉集・和歌集など

26 〇〇色・・・薔薇色・極彩色・三原色など

27 〇〇性・・・違法性・弾力性・創造性・気密性・協調性・信頼性・揮発性・社会性・重要性・耐震性・独創性・正当性・実用性など

28 〇〇品・・・不良品・携行品・完成品・既製品・貴重品・化粧品・肉製品・調度品・試供品・骨董品・医薬品・純正品・工芸品など

29 〇〇句・・・慣用句・常套句・一行句・名文句・引用句など

30 〇〇隊・・・自衛隊・防衛隊・海援隊・白虎隊・警備隊・機動隊など

31 〇〇場・・・運動場・温泉場・古戦場・競技場・独壇場・催事場・土壇場・修羅場など

32 〇〇点・・・標準点・最高点・最低点・紅一点・三角点・到達点・基準点・妥協点など

33 〇〇役・・・取締役・世話役・仲人(指南)役・名脇役・接待役・監査役・補佐役など

34 〇〇版・・・改訂版・保存版・限定版・最新版・廉価版など

35 〇〇的・・・印象的・創造的・形式的・懐疑的・革新的・科学的・画期的・圧倒的・意識的・人工的・一般的・意図的・一時的など

36 〇〇物・・・廃棄物・爆発物・危険物・資源物・動植物など

37 〇〇酒・・・食前酒・花見酒・純米酒・吟醸酒・葡萄酒・紹興酒・日本酒・果実酒・発泡酒・雪見酒など

38 〇〇山(地名は除く)・・・天王山・活火山・死火山など

39 〇〇派(派閥名は除く)・・・超党派・強硬派・穏健派・中核派・保守派・多数派・少数派・改革派・白樺派など

40 〇〇差・・・個人差・温度差・高低差・年齢差・年収差など

41 〇〇波・・・超音波・電磁波・大津波・低周波・高周波など

42 〇〇期・・・上半期・下半期・全盛期・収縮期・四半期・幼児期・幼少期・成人期・思春期・更年期・最盛期・氷河期・潜伏期など

43 〇〇代・・・宿泊代・同年代・同世代・次世代・近現代など

44 〇〇料・・・入園料・入場料・授業料・使用料・原材料・拝観料・特許料・着色料・調味料・通行料・香辛料など

45 〇〇費・・・交際費・医療費・生活費・予備費・軍事費・製作(制作)費・材料費・滞在費・宿泊費・事業費・開発費・教育費など

46 〇〇食・・・非常食・流動食・病院食・介護食・栄養食・朝定食・離乳食など

47 〇〇愛・・・地元愛・郷土愛・家族愛・兄弟愛・同性愛・大恋愛・母国愛など

48 〇〇話・・・世間話・恋愛話・御伽話・無駄話・与太話・糸電話・長電話など

49 〇〇風・・・現代風・季節風・田舎風・破傷風・都会風など

50 〇〇力・・・全速力・馬鹿力・神通力・判断力・制球力・想像力・創造力・発言力・労働力・包容力・原動力・原子力・瞬発力など

 さて、昨日・今日と言葉遊びではないが、昭和生まれの私がイメージするものを集めてみた記事を書いたが、個々のイメージは千差万別で、ひとそれぞれ異なる発想を持っているのは言うまでもない。「〇〇と言えば・・・」とか「〇〇と聞いて連想するものは?」と言って即座に応えられる人は、発想力が豊かな人だ。

 なお、今回少しだけ参考にしたサイトが「ことばさあち 」だ。参考にどうぞ。

 

2019年5月14日 (火)

昭和世代が思う「三大〇〇」

 「令和」がスタートしたが、「平成」がそうであったように、今後、「令和」と冠がつく大学やら企業やらが増えるであろうと容易に察しがつく。「帝京平成大」とか「福山平成大」というネーミングの類だ。私自身は昭和生まれだが、今月即位した天皇陛下よりも若いことから、もしかすると4時代(昭和・平成・令和・〇〇)生きる可能性がある。そうなると歴史の生き証人で、生き字引的な存在になるかもしれない。
 今日は、世の中に存在する様々な物について、昭和世代である私が、個人的に代表的なものを3つずつ挙げるとどういうイメージになるかという視点で記事を書きたい。恣意はなく、単なる50代オヤジの個人的見解とか偏見だと思って、あるいは同世代の方は懐かしんで読んで貰えれば幸いです。なお、提示は日本国内に限る。

 1 三大インスタントラーメン・・・①サッポロ一番 ②明星チャルメラ ③出前一丁
 
 2 三大化粧品メーカー・・・①資生堂 ②カネボウ ③コーセー

 3 栄養ドリンク・・・①オロナミンC ②リポビタンD ③グロンサン内服液(5時からオトコの影響)

 4 炭酸飲料・・・①コカ・コーラ ②ファンタ ③スプライト   バャリースやリボンシトロン、ペプシも捨てがたいが。

 5 三大医薬品・・・①正露丸 ②バファリン ③赤チン  キャベジンやバンドエイド(サビオ)も捨てがたい。 

 6 三大のど飴・・・①トローチ ②浅田飴 ③ハイシー  龍角散も捨てがたいが。

 7 三大庶民菓子・・・①麩菓子 ②かりんとう ③金平糖

 8 三大お子様向け菓子・・・①チップスター ②サッポロポテト ③カール  

 9 三大チョコレート・・・①グリコアーモンドチョコレート ②ガーナチョコレート ③ポッキー

10 三大キャラメル系・・・①森永ミルクキャラメル ②森永ハイソフト ③   

11 三大ロングランお菓子・・・①かっぱえびせん ② 東鳩キャラメルコーン ③湖池屋ポテトチップス  チェルシーも捨てがたい

12 三大家電メーカー・・・①パナソニック(旧松下電器産業) ②ソニー ③日立   東芝や三菱電機、シャープもあるが・・・。

13 三大インターネットショッピング・・・①Amazon ②楽天市場 ③Yahoo!ショッピング

14 三大プロバイダー・・・①OCN ②Yahoo!BB ③So-net

15 三大調味料メーカー・・・①味の素 ②キューピー ③キッコーマン

16 三大衛生用品メーカー・・・①花王 ②ライオン(LION) ③ユニ・チャーム

17 三大プリンター・・・①エプソン ②キャノン ③hp

18 三大デジカメ・・・①キャノン ②オリンパス ③ニコン

19 三大コンビニ・・・①セブンイレブン ②ファミリーマート ③ローソン

20 三大家電量販店・・・①ケーズデンキ ②ヤマダ電機 ③コジマ

21 三大ファミレス・・・①ガスト ②サイゼリヤ ③デニーズ

22 三大ファーストフード・・・①日本マクドナルド ②ケンタッキーフライドチキン ③ロッテリア

23 三大アミューズメントパーク・・・①TDR ②USJ ③ハウステンボス

24 三大証券会社・・・①野村證券 ②大和証券 ③SMBC日興証券

25 三大損保会社・・・①東京海上日動火災 ②③損保ジャパン日本興亜 ③三井住友海上火災

26 三大生命保険・・・①日本生命 ②第一生命 ③明治安田生命

27 三大食品メーカー・・・①日清食品 ②ハウス食品 ③カゴメ 

28 三大博覧会・・・①大阪万博 ②沖縄海洋博 ③つくば万博EXPO’85 

29 三大スポ根アニメ・・・①巨人の星 ②あしたのジョー ③タイガーマスク  アタックNo.1も捨てがたい 

30 三大子どもヒーロー・・・①ウルトラマン ②仮面ライダー ③戦隊ヒーロー(ゴレンジャーなど)

31 三大人気アニメヒーロー・・・①宇宙戦艦ヤマト ②マジンガーZ ③ガッチャマン    

32 三大巨大ヒーロー・・・①シルバー仮面 ②ミラーマン ③アイアンキング  ジャイアントロボも捨てがたい

33 三大怪獣映画・・・①ゴジラ ②モスラ ③ガメラ 

34 三大映画会社・・・①東宝 ②東映 ③松竹   私は大映や日活世代ではない。

35 三大領土問題・・・①北方領土問題(対ロシア) ②竹島問題(対韓国) ③尖閣諸島問題(対中国・台湾)

36 三大親日国・・・①ポーランド ②台湾 ③トルコ   パラオも捨てがたい。

37 三大反日国・・・①北朝鮮 ②韓国 ③中国

38 三大医薬品メーカー・・・①武田薬品工業 ②アスレラス製薬 ③大塚製薬

39 三大アパレル業界・・・①ファーストリテイリング ②しまむら ③ワールド

40 三大ハウジングメーカー・・・①積水ハウス ②大和ハウス ③旭化成ホームズ  ミサワホーム、タマホーム、住友林業も

41 三大スーパー・・・①イトーヨーカドー ②ダイエー ③マルエツ

42 三大百貨店・・・①三越 ②伊勢丹 ③そごう

43 ホテルグループ・・・①ルートイン ②アパホテル ③東横イン   サンルートやプリンスなどもある

44 三大夜景・・・①函館 ②神戸六甲山 ③長崎稲佐山

45 三大城・・・①姫路城 ②大阪城 ③名古屋城   熊本城・松本城・犬山城も捨てがたい

46 三大神社・・・①伊勢神宮 ②明治神宮 ③出雲大社

47 三大古都・・・①京都 ②奈良 ③鎌倉

48 三大飲料メーカー・・・①キリンビバリッジ ②アサヒ飲料 ③ヤクルト   カゴメ

49 三大栄養補給飲料水・・・①ポカリスェット ②アクエリアス ③ダカラ

50 三大パチンコ店・・・①ダイナム ②マルハン ③ガイア   ニラクやダイエーも全国チェーンだ

  さて、勝手な思い込みに映るかもしれないが、昭和世代の私が思いつく「3大〇〇」とは記載の通りだ。イメージが凝り固まっているかもしれないが、個人的な観点だと思っていただけたら幸いです。

  

2019年5月 4日 (土)

平成回顧録 ~芸能・スポーツ編~

 災害が多かった「平成」の幕が閉じ、今日から「令和」という新時代の幕開けとなった。私は「平成」は24歳から54歳までを生き抜いたことから、様々な事件・事故・自然災害を含む出来事に直面し、身をもって体験して来た。
 今日はその過ぎ去った「平成」を回顧したいと思うが、今回のテーマは、昨日の「平成10大ニュース」に続き、「芸能・スポーツ」で記憶に残った日本人や消えてしまった方々を独断と偏見で取り上げたい。

 1 平成に輝いた芸能人

  ①俳優・・・木村拓哉・向井理・吉田栄作・三上博史・西島秀俊・妻夫木聡・柳葉敏郎・福山雅治・織田裕二・竹内涼真・山﨑賢人
  ②女優・・・鈴木保奈美・山口智子・松たか子・広末涼子・綾瀬はるか・広瀬すず・能年玲奈・有村架純
  ③男性歌手・・・SMAP・嵐・小室哲哉・槇原敬之・EXILE・三代目JSoulBrothers
  ④女性歌手・・・ZARD・TRF・安室奈美恵・SPEED・globe・浜崎あゆみ・モーニング娘。・AKB48グループ

 2 平成に輝いたアスリート

  ①男性アスリート・・・野村忠宏・北島康介・野茂英雄・松井秀喜・イチロー・羽生結弦・船木和喜・清水宏保・柏原竜二・桐生祥秀
             田中将大・神野大地・萩野公介・石川遼 
  ②女性アスリート・・・吉田沙保里・なでしこジャパン・田村亮子・浅田真央・福原愛・石川佳純・伊調馨・荒川静香・池江璃花子
             小平奈緒・里谷多英・上村愛子・木村沙織

  実は、今日の記事は、当初、「平成で消えた女優」をテーマにする予定だった。つまりここからが本題となる。以前、当ブログで「いつの 
 まにか消えた男性俳優」についての記事を掲載したことがあるため、ここでは女優に限定したい。

 3 「平成に消えた女優たち」

   ① 桜井幸子

           上品で清楚、良いところのお嬢さんという印象の爽やか系の若手女優だった。血液型はA
    代表作は、平成5年に放送され、社会に衝撃を与えた「高校教師」。桜井扮する女子高生が、真田広之演じる高校教師との禁じられた愛
           を描いた話題作だった。今から10年前の2009年に芸能界を突然引退した。現在は45歳になられている。 

   ② 裕木奈江

            1992年放送の「北の国から'92巣立ち」に出演したことで人気が出た。小顔、しかもベビーフェイスで可愛らしい印象だった。
            翌1993年放送の日本テレビ系連続ドラマ『ポケベルが鳴らなくて』では友人の父(緒形拳)と不倫に陥り家庭を壊してしまう役を演じ
           て社会現象を巻き起こし、確かな演技力に定評を得る。一方で、女性から共感を得られない役柄を自然体に演じたことにより、ドラマ
           制作をめぐるトラブルを契機に演じた裕木自身が「ぶりっ子」「嫌いな女優No.1」などとして女性誌から“女性の敵”であるかのような
           激しいバッシングを受けた。現在は海外に活動拠点を移した。血液型はO 現在は48歳になられている。
          

   ③ 小川範子

            昭和の時代から活躍していたが、平成も半ばごろから急にTVから遠のいた。刑事ドラマ[「はぐれ刑事純情派」で藤田まことの娘役の
           印象が強い。ほかに代表作は「スナンドバイミー~気まぐれ白書~」、「夏色の天使」など。
    個人的にはCM出演が多く、グラビアにも登場したため、モデルのイメージが強い。自己推薦で早稲田大学に進学し、卒業した才女でも
           ある。「美少女」という言葉は彼女のためにあると思う。現在45歳になられている。血液型はB

   ④ 葉月里緒菜

              恋多き「魔性の女」としてスキャンダルが多く、マスコミに追いかけられ続けていた印象が強い。血液型はA
     1992年、写真家・会田我路に見出されて芸能界入りする。1993年、『丘の上の向日葵』への出演で本格的にデュー。「美少女女
     優」と呼ばれ、アイドル的な人気を得る(デビュー当時の合言葉は「やる気! 元気! ハヅキ!!」)。
     1995年、『写楽』で共演した真田広之との不倫が話題となる。
     1998年、篠山紀信撮影のヌード写真集『RIONA』を出し話題となる。50万部を記録した。
     2003年には映画『スパイ・ゾルゲ』に出演。翌年2月に芸名の表記をそれまでの「里緒菜」から「里緒奈」へ変更したが、結婚・出
     産により芸能活動を休止する。2006年、ドラマ『相棒』への出演で女優業に復帰。

   ⑤ 篠ヒロ子

     多くのドラマに出演した、落ち着いた大人の女優さんだった。現在は引退し、仙台に暮らしているようだ。血液型はO 
     1997年に女優業を休止した。現在は71歳になられている。個人的には古谷一行と共演することが多かったと記憶している。

   ⑥ 江角マキコ

     1998年のフジテレビ系列ドラマの「ショムニ」に主演し、大人気に。そのさばさばした話し方とスタイルの良さで、ドラマやバラエ
     ティや番組MCに引っ張りだこだった。
     2017年1月23日、代理人の弁護士を通じて芸能界を引退する事をファックスで発表し、1月末で個人事務所も閉鎖された。
       血液型はAB

 ほかにも富田靖子さんや大映テレビドラマで活躍された杉浦幸さん(ともにAB型)、五十嵐めぐみさん、木内みどりさん、叶和貴子さんなども芸能界から姿を消した。

 

 流行り廃りの激しい芸能界。10年以上生き残れるのはほんの一握りで、長く活動できるのは、それなりに個性があって、実力があって、更には事務所の力と運が左右する。若い頃、どんなに可愛くたって人は必ず歳をとる。
 平成30年を振り返るにあたり、栄枯盛衰や光陰矢の如しを実感する日々である。

 

 

2019年4月23日 (火)

お知らせ

 仕事の多忙期間につき、今後一週間程度、新規記事のアップを中断させていただきます。再開は4月29日(月)の予定ですが、飛び込みで臨時掲載もあり得ますことを予めご了承ください。

2019年4月16日 (火)

本日、桜日和(4/16)

 4月に転勤となり、土日が出勤日となった。つまり休暇は平日ということで、この日は一週間ぶりの休みだった。となればやりたいことが溜まっていた。まず、今が見頃の桜見物としゃれ込んだ。

 5:15起床。歳をとったせいで朝がめっぽう強くなった。TVをつけ、世界遺産のパリ「ノートルダム大聖堂」での火災発生を知る。 

 早朝5:58に自宅を出てR4バイパス、R49を走り、6:06開成山大神宮に駐車。

 突き抜けるような青空に薄いピンクの桜が映える。空気が冷たく底冷えで手がかじかむ中、i-phoneで写メを撮りながら開成山公園内をゆっくり一周した。ジョギングや散歩をする高齢者やトレーニングに励む30代男性などがいた。風が強く、花散らしの風で、今日を逃せば、葉桜状態になるところだった・・・。ちなみにこの日、三春の滝桜はまだ五分咲きだった。

Img_0070_r Img_0071_r  
Img_0080_r Img_0090_r
Img_0109_r Img_0119_r
Img_0129_r Img_0142_r
Img_0158_r Img_0160_r
 

 2月にガラケーからi-phoneに変えたが、イマイチ写メの撮り方が不明。おとといも17:25頃、郡山駅で、私の目の前をあの安倍首相が通ったのだが、操作に手間取り、写メが間に合わなかった。カメラの撮影ボタンを押すと、なぜか一緒に動画も撮れてしまう・・・。みると写真を撮りたいのに表示が「LIVE」撮影になっている・・・。

 帰り際、i-phoneのミュージックファイルにダウンロードしておいたケツメイシの「サクラ」をかけ、雰囲気を盛り上げた。

 帰りに「吉野家」で朝食。朝食メニューが変更となり、ハムエッグ納豆定食をスマートクーポン利用で360円で平らげた。客は男ばかり5名。帰りもR49からR4バイパス経由。行きも帰りも信号OUTばかりで多少イラつく。6:47帰宅。

 「めざましじゃんけん」、チョキばかり出され、1勝2敗1分で昨日から65pt止まり。先週は225ptまでいったのに・・・。

 自宅で録り溜めしたVTRをチェックし、休養をとった後・・・

 9時48分過ぎ再出発。先週まだ蕾が堅かった喜久田小学校北側の藤田川沿いの桜を観に行った。9時55分着。見物客は高齢者やアマチュアカメラマンを中心に15人程度 今が満開で見頃。藤田川にかかる橋の西側にばかり人がいるが、反対の東側もまたキレイ。なのに無人。

Img_0183_r Img_0226_r
Img_0205_r Img_0220_r
Img_0232_r Img_0254_r

 10:02発でトライアル喜久田店へ。衣料品と食料を買い込み、クリーニング屋経由で帰路に就く。4月に入って急に「コムテック」のGPS内蔵レーダー探知機が不調。「GPSが感知されません」と音声が流れ、車速表示も出ない。8年くらい使ったからそろそろ寿命?

 10:26帰宅 僅か38分で往復の早業。

  帰宅後、撮影した写メの枚数を見てビックリ。シャッターを50回も押していないのに、撮影枚数が130枚にも上っていた。バーストで5~6枚同じものが撮影されていたりで、これではメモリーがいくらあっても足りない・・・。
 この日は朝から午前中だけでかなり行動的にあちこち出向き、充実した半日を過ごせた。