2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年3月10日 (日)

お知らせ

 3月10日(日)~3月12日(火)3日間は、東日本大震災から8年目にあたるため、追悼期間、および休養期間とし、新出記事のアップをお休みします。ご了承ください。

2019年3月 6日 (水)

全国名字ランキングで思いつく有名人

 日本でもっとも多い苗字は「佐藤」さんなのだそうだ。佐藤という姓は、実は豪商の藤原一族の血筋だとか。だから性格的に明るく社交的な人が多い気がする。
 次に多いのは東日本北日本でもっとも多い姓で、「鈴木」さんだ。こちらは西日本や九州では極端に少なく、元は「神主」なのだそうだ。だから佐藤さんと比べても、鈴木さんは堅物で真面目な人が多いのはそのせいだ。
 しかし、日本全国の姓を見たときに、トップ10に入るものは、意外に大物感は薄い気がする。ではそう思える根拠を示したい。私の個人的見解だが、日本のトップ50の姓で有名な方を5人ずつ挙げて検証してみたい。区分はスポーツ選手と、芸能やタレント・文化芸術などの著名人としたい。

 スポーツアスリート

 1位 「佐藤」 
  ① 栄作 ② 健 ③ 浩市  ④ 義則  ⑤ 栄佐久 

 2位 「鈴木」
  ① イチロー ② 保奈美 ③ 尚典 ④ 杏樹 ⑤ 大地 

 3位 「高橋」 
  ① 尚子 ② 良伸  ③ 英樹 ④ 大輔  ⑤ みなみ

 4位 「田中」
  ① 角栄  ② 将大  ③ 好子  ④ 圭 ⑤ 眞紀子

 5位 「渡辺・渡邊」 
  ① 麻友 ② 徹 ③ 謙  ④ 裕之 ⑤ 満里奈

 6位 「伊藤」
  ① 蘭  ② 英明  ③ さやか  ④ つかさ  ⑤ 智仁

 7位 「山本」
  ① 寛斎 ② 浩二  ③ 五十六 ④ 直純  ⑤ スーザン久美子

 8位 「中村」
  ① 雅俊  ② 勘九郎 ③ 俊輔 ④ 剛也  ⑤ 紀洋

 9位 「小林」
  ① 旭 ② 幸子 ③ 繁  ④ 亜星 ⑤ 麻央

10位 「加藤」
  ① 茶  ② 綾子 ③ ローサ  ④ あい  ⑤ 浩次

11位 「吉田」 ① 茂 ② 栄作 ③ 拓郎 ④ 沙保里 ⑤ 真里子

12位 「山田」 ① 太郎 ② 久志 ③ 哲人 ④ 太一 ⑤ 涼介

13位 「佐々木」 ① 小次郎 ② 希 ③ 健介 ④ 主浩 ⑤ 蔵之介

14位 「山口」 ① 百恵 ② 智子  ③ 高志 ④ 達也 ⑤ 智充

15位 「斎藤」 ① 工 ② トレンディエンジェル ③ 洋介 ④ 佑樹 ⑤ 飛鳥

16位 「松本」 ① 人志 ② 志乃ぶ ③ 哲也 ④ 潤 ⑤ 伊代

17位 「井上」 ① 順 ② 純一 ③ 靖 ④ 陽水 ⑤ 真央

18位 「木村」 ① 拓哉 ② 拓也 ③ 佳乃 ④ 文乃 ⑤ 多江 

19位 「林」 ① 修 ② 寛子 ③ 真理子 ④ 芙美子 ⑤ 隆三

20位 「清水」 ① 宏次朗 ② 富美加 ③ 次郎長 ④ 健太郎 ⑤ 国明

21位 「山崎」 ① 賢人 ②ザキヤマ  ③ 武司 ④ まさよし ⑤ 豊子

22位 「森」 ① 進一 ② 昌子 ③ 光子 ④ 昌彦 ⑤ 公美子

23位 「阿部」 ① 寛 ② サダヲ ③ 慎之助 ④ 詩 ⑤ 祐二

24位 「池田」 ① 勇人 ② エライザ ③ 満寿夫 ④ 貴族 ⑤ ダン

25位 「橋本」 ① 環奈 ② ③ マナミ ④ 龍太郎 ⑤ 真也

 26位以下はくっつけて発表します。

26位 「山下」 ① 達郎 ② 智久 ③ 大輔 ④ 泰裕 ⑤ 真司
27位 「石川」 ① 佳純 ②五右衛門 ③啄木 ④ さゆり ⑤ ひとみ
28位 「中島」 ① みゆき ②美嘉 ③ 知子 ④ 翔哉 ⑤ 美春
29位 「前田」 ① 敦子 ②健太 ③ 利家 ④ 日明 ⑤ 吟
30位 「藤田」 ① 朋子 ② 俊哉 ③ 平 ④ 弓子 ⑤ 元司

31位 「小川」 ① 彩佳 ② 知子③ 法子 ④ 菜摘 ⑤ 直也
32位 「後藤」 ① 久美子 ② 真希 ③ 輝基 ④ 武敏 ⑤ 次利
33位 「岡田」 ① 奈々 ② 准一 ③ 彰布 ④ 真澄 ⑤ 有希子
34位 「長谷川」 ① 博己 ② 町子 ③ 穂積 ④ 一夫 ⑤ 滋利
35位 「村上」 ① 弘明 ② 春樹 ③ 里佳子 ④ 信五 ⑤ ショージ

36位 「近藤」 ① 正臣 ② 真彦 ③ 春菜 ④ 勇 ⑤ サト 
37位 「石井」 ① ラサール ② 竜也 ③ 琢朗 ④ 優希 ⑤ 杏奈
38位 「斉藤」 ① とも子 ② 由貴 ③ マサ ④ 和巳 ⑤ 慶子
39位 「坂本」 ① 龍馬 ② 冬美 ③ 勇人 ④ 龍一 ⑤ 九
40位 「遠藤」 ① 周作 ② 実 ③ 憲一 ④ 保仁 ⑤ 久美子 

41位 「青木」 ① さやか ② 宣親 ③ 功 ④ 裕子 ⑤ 愛
42位 「藤井」 ① フミヤ ② 美菜 ③ 聡太 ④ 隆 ⑤ リナ
43位 「西村」 ① 知美 ② 雅彦 ③ 京太郎 ④ 和彦 ⑤ 晃
44位 「福田」 ① 赳夫 ② 麻由子 ③ 沙紀 ④ 彩乃 ⑤ 典子
45位 「太田」 ① 裕美 ② 光  ③ 雄貴 ④ 緑子 ⑤ 幸司

46位 「三浦」 ① 友和 ② 知良 ③ 大知 ④ 春馬 ⑤ 翔平
47位 「岡本」 ① 太郎 ② 真夜 ③ 玲  ④ 綾  和真 ⑤ 夏生
48位 「松田」 ① 聖子 ② 優作 ③ 翔太 ④ 龍平 ⑤ 悟志
49位 「中川」 ① 昭一 ② 大志  ③ 真理子 ④ 一郎 ⑤ 家
50位 「中野」 ① 浩一 ② 美奈子 ③ サンプラザ ④ 英雄 ⑤ 信子

 思い浮かべる有名人が古くて、今の若い人は知らない人が多かったに違いない。こうしたイメージで年齢がバレバレになってしまう。

 
 

2019年2月28日 (木)

安物買いの銭失い?

 4月から人生初の「電車通勤」となるため、それに合わせて使い勝手の良い財布とバッグをネットショッピングで購入したので、リポートしたい。

 1 二つ折りサイフ

Purse3

 決め手となったのが、定期券を入れるパスケースが財布に収納でき、自動改札を通る際に、そこから抜いてタッチできるのが魅力だった。
 いつも色で迷うが、今使っている財布がダークブラウン(こげ茶色)のため、それに合わせた。カードが12枚も入り、厚みが薄い割に、少額だが小銭入れもついている。

 価格はなんと衝撃の1,500円!全額Tポイントで購入した。カードをたくさん入れても、財布自体の厚みがさほど膨らまない。

 唯一の短所は、中国製のためか、財布を開いた時に「中国語」のロゴが刻まれてある点

 商品の紹介サイトはコチラ→ クリック

 2 サンワダイレクト製「ビジネスバッグ」

Business_bag

 A4ファイルサイズの書類や13.3型のノートPCが入るなど、収納力があることからこれに決め、購入した。なんとその価格は2,980円。送料無料で税込み価格だったために、即決。

 2月に待望のi-phoneデビューし、革製のケースに入れて便利に持ち運びたいというのも購入を決めたきっかけだった。ペンケースのほか折り畳み傘やペットボトルのお茶なども収納できる。また、撥水加工のため、多少雨に濡れても大丈夫。色はブラックを選択した。

 しかし、電子マネー決済後、2日後には商品が到着したが、表面の斜めにひっかき傷らしきものが2か所あった。中国の工場で縫製後、輸入の輸送時についたものであると想像できるが、よくよく見ないと気づかないほど薄い傷だったので、価格が安かったたこともあって交換などは要求せず、そのまま買い取り&使用することにした。

 商品の紹介サイトはコチラ→ クリック

商品のレビューも「使い勝手が良い」とか高評価が多かった。

 今や当たり前かもしれないが、どちらの製品も「中国製」だった。中国製品は作りが雑ですぐほころびが出ると思い、ずっと敬遠していたが、低価格製品を求めるとどうしてもそうなってしまう。

 3 GREEN HOUSE製のMP3プレーヤー

Mp3player


 Amazonでのみバカ安価格で販売。その価格なんと1,313円!8GBのメモリ内蔵で2,000曲保存可能で、その上ワイドFMも聴け、さらにさらに45時間も録音可能なボイスレコーダーにもなる代物。色は定番のブラックもあったが、ホワイトをチョイス。ボタンはプラスチックで安っぽく見えるが、単4のアルカリ電池1本で動く。

 商品の紹介サイトはコチラ→ クリック

 2月26日にネットで注文したら、翌日には商品到着。これで電車の待ち時間を有効活用できそうだ。

 そして、次に狙っているのは、カード入れ代わりにもなるセカンドバッグサイズの長財布

Secondbag

 当初は「ブラック」を考えていたが、商品レビューを見ると、大多数の方が「ワイン色(ASH BROWN)」を選択しているため、昔、同色の「マリオヴァレンチノ」のバッグを愛用していたため、ワイン色が最有力

 商品紹介のサイトはコチラ→ クリック

 さて、今日は手前勝手な記事に終始したが、実際に使ってみての感想や改善を望む点などは、今後、この記事に追記したいと考えている。

2019年1月31日 (木)

蔵出し!未完成記事一挙公開

 だいぶ前に執筆を開始しながら、作りかけで頓挫し、完成を見なかった記事が溜まってしまったので、これを機会にここで3編掲載したい。結論もなきままに途中で終わっているものもあるのであしからず。

 1 意外と知らない!?うっかり忘れがちな交通違反5選! 

  こう見えて私は「慶應義塾大学法学部法律学科」で法律を学んだ身だ。法律に関しては知識が多少あると思っていたが、実は学んだ法以外の分野は知識が疎いことに気づいた。そこで自己反省も含めて、知らず知らず法を犯している危険性があるため、備忘録も兼ねてここで意外と知られていないうっかりを見つめ直したいと思う。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2 私のテレビ番組企画

 ミニドラマ

 カラオケのBGF(背景映像)で使われているシーンを見て心に残るワンカットはありませんでしたか?例えばカップルが砂浜の波打ち際でじゃれあう絵面やバーカウンターでカクテルを傾けて語らうシーン。また、浴衣を着て肩に頭を持たれかけて寄り添い、花火を見上げている夏のひとコマ。

 よく音楽用のPVとかMVがあるが、歌の歌詞の通りのストーリーを展開する10分程度のミニドラマを制作放送してほしい。一話完結で、ラブストーリーだったり、メッセージ性のあるものもある。

 また、1時間番組で、1回の放送で3話。スタジオの芸能人が感想などや体験話を述べる。

 さらには、街角アンケートによる体験ややってみたいシチュエーションを募り、それを映像化する。恋人とやってみたい憧れのシーン&シチュエーションなど。

 <ゲレンデ・スケート場 編>

 スキー場のリフトで彼氏の肩に頭をもたげる彼女
 ゲレンデで転んだ際、イケメン男子に起こしてもらう

 <アタック 編>
 
 勇気を出して帰りの下足ロッカーで待ち伏せして手紙を渡す

 ☆その他☆

 <街角デート 編>

 <学園祭での出逢い 編>

 <カフェ・車内 編>

 <帰りたくない 編> 

 <好きな仕草 編>

 <通学電車(バス)内の恋>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <ザ・サプライズ>

 いろいろなサプライズを仕掛ける番組

 視聴者から彼氏彼女、親兄弟にしてあげたいハッピーサプライズを叶える

 芸能人も仕掛け人で登場

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 3 絶望からの大逆転

 世の中何が起きるかわからない。九分九厘諦めかけていても、絶体絶命の淵から奇跡が起こることもある。だから決して最後まで勝利を信じて戦うことの大切さをスポーツは教えてくれる。今日はそんな動画を取り上げたい。

 これぞ神GK・川口、絶体絶命からのスーパーセーブ連発

 https://www.youtube.com/watch?v=I5nPkIJK-Pc

 2004年サッカーアジアカップ準々決勝での出来事。会場が中国・重慶という完全アウェイの中、PK戦までもつれ込んだヨルダン戦。先に日本の中村俊、三都主が2本を外す苦しい展開。そして中澤までもが外し、1対3。そこから守護神川口がスーパーセーブを連発。重苦しい雰囲気をスーパーセーブで変え、試合をひっくり返した。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上、未完成の記事、一挙蔵出しでした。

2019年1月24日 (木)

著名人の出身大学③

 私は人間の価値は学歴で決まるとは思っていないが、芸能人や文化人で長い期間、活躍できる方というのは、やはり賢かったり、先見の明があったり、秀でた芸を持っているとかなんらかの才能があってのことだと思っている。
 俳優にせよ歌手にせよ、あるいは文化人と呼ばれる方々は、やはり一流の大学を卒業していたり、中退したりしているようだ。
 そこで今回は、一流大と呼ばれる大学に身を置いた著名な方々を取り上げたい。なお、私が思う一流大とは、旧帝大のような国公立大と早慶上、MARCHクラスと呼ばれる偏差値65以上の難関大である。
 長くなるが、俳優・女優、歌手、アナウンサー、芸人、そしてその他の文化人と5つに分類して記したい。

 3回目の今日は、私の大好物、女子アナを含むアナウンサーの出身校を見てみたい。

 <男性アナウンサー・キャスター>編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・桝太一
 京都大学・・・

 ○その他の国公立大学出身者

 横浜国立大学・・・富川悠太・山本匠晃
 東京外国語大学・・・小林豊
 一橋大学・・・村尾信尚・森圭介
  筑波大学・・・武田真一・青山祐子・井田寛子・山王丸和恵・中村泰人・

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

 三宅正治・軽部真一・久米宏・羽鳥慎一・吉田照美・上重聡・青島達也・福澤朗
 寺川俊平・笠井信輔・酒主義久・野島卓・駒田健吾・高瀬耕造・徳光雅英・藺草英己
 大塚範一・堀尾正明・宮川俊二・山中秀樹・大橋巨泉・小川宏・筑紫哲也

 ○慶應義塾大学出身者

 榎並大二郎・中村光宏・辻岡義堂・藤井貴彦・ラルフ鈴木・伊藤利尋・立本信吾
 藤井弘輝・藤森祥平・一橋忠之・森本毅郎

 ○立教大学出身者

 古館伊知郎・福留功・徳光和夫・土居まさる

 ○明治大学出身者

 安住紳一郎・矢島学・宮田輝・渡辺宜嗣・宮田輝・飯村真一・坂井有生

 ○法政大学出身者

 生島ヒロシ・木村拓也・谷岡慎一・須賀宣之・深野健司・登坂淳一・池田速人

 ○青山学院大学出身者

  特に該当者なし

 ○その他の私大

 中央大学・・・・・生田竜聖・大和田新・高橋雄一

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「女性アナウンサー」編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・小正裕佳子・膳場貴子・和久田麻由子・天明麻衣子・岡村仁美
          島津有理子・山本舞衣子・佐々木恭子・黒田あゆみ・黒崎めぐみ
          小野文恵・篠原梨菜 
         
 京都大学・・・青山愛・八木麻紗子・西堀裕美

 ○その他の国公立大学出身者

 横浜国立大学・・・
 東京外国語大学・・・久保田智子・桑子真帆・大桃美代子・佐藤良子・城ヶ崎祐子
              田丸美寿々・竹内香苗・富永美樹
 筑波大学・・・井田寛子
 千葉大学・・・繁田美貴
 お茶の水女子大学・・・加藤シルビア・中村仁美・井上あさひ
 山形大学・・・田中萌・伊藤綾子

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

 皆藤愛子・吉川美代子・宮澤智・宮司愛美・岡副麻希・阿部華也子・黒須清華
 秋元優里・森本さやか・下平さやか・市來玲奈・滝菜月・鈴木唯・竹内友佳・三上真奈
 近江友里恵・塩川菜摘・丸岡いずみ

 ○慶應義塾大学出身者

 松尾由美子・秋元玲奈・青木裕子・紺野あさ美・中野美奈子・平井理央・大木優紀
 萩野志保子・竹内由恵・弘中綾香・水卜麻美・岩本乃蒼・岩田絵里奈・鈴江奈々
 徳島えりか・中島芽生・松村未央・宇内梨沙・久保田祐佳
 

 ○立教大学出身者

 高見侑里・伊藤友里・宇賀なつみ・福田典子・伊藤弘美・曽田麻衣子

 ○明治大学出身者

 林美沙希 ・山本恵里伽・沖田愛加・鈴木沙喜代・田中萌・高畑百合子・水野真裕美
 

 ○法政大学出身者

 久野静香 ・鈴木奈穂子・小島奈津子・坂本洋子

 ○青山学院大学出身者

 新井恵理那・小林麻耶・田中みな実・江藤愛・三田友梨佳・堂真理子・小川彩佳
 井上清華・日比麻音子・皆川玲奈・山本里菜・名切万里菜・梅田澪理・ホラン千秋
 久慈暁子・滝川クリステル

 ○その他の私大

 学習院大学・・・木村郁美・守本奈実・海老原優香・広瀬麻知子・上篠麻里奈・島本真衣
           神田愛花・山本モナ・勝恵子・掛貝梨紗
 中央大学・・・・・矢島悠子
 同志社大学・・・宇垣美里
 上智大学・・・杉浦友紀・長野美郷・西山喜久恵・小林麻央・長野智子・三雲孝江
  神戸女学院大学・・・有働由美子
 フェリス女学院・・・大江麻理子・美馬怜子

2019年1月 1日 (火)

新春のごあいさつ

 あけましておめでとうございます。今年も当ブログをご愛読のほどよろしくお願いします。
 
 さて、2019年、そして平成最後の年が明けました。昨年3月に開設したこのブログですが、今年は本格的に始動となります。旧ブログを引き継ぎ、毎日の更新は難しいですが、週4回の更新を目指して頑張りたいと思います。

 なお、この正月3が日は休養日に充てたいため、新出記事の更新を見送らせていただきたいと存じます。ご了承ください。1月4日から再開する予定です。

2018年12月29日 (土)

雑感~最近の疑念~

 今日の記事は、あくまで私見であって、社会全体がそうというわけではない。極論で批判が多いかもしれないが、私が半世紀以上生きてきた中で、感じていることを率直に述べたい。

 ① 外国人労働者拡大の是非

 自民党が数の力で押し切ったこの政策(入国管理法改正案)は負の事象ばかり。日本人労働者の雇用悪化や治安悪化、犯罪行為の横行を招く。
 また、日本の優れた技術が盗まれ、海外に流出する危険がある。特に中韓の輩は、靖国神社に放火したり、有名観光地への落書きや仏像破壊、窃盗などの犯罪が増加することは目に見えている。それでも労働力確保に走った自民党。それほど日本は今、少子化の影響が顕著で、若い人材が不足しているということだ。
 今後、外国人労働者が増えれば、不法就労や麻薬汚染が拡大、暴行や略奪も急増する。国際結婚によって、日本の純血が穢れる。

  ② 親は子供の鑑・・・

 ケース1 親が離婚していると子どもの離婚率高い?

 日本ではせっかく結婚しても3組に1組が離婚する時代だ。子どもが不幸になる。芸能界ではバツ1は当たり前で、中には再婚、再再婚という者もいる。嫌になったら別れればいいという風潮が強い。昔の我慢とか忍耐という概念が希薄で、ゲームのようにオールリセットして人生をやり直すという印象がある。いろいろな理由(たとえばDVが酷いなど)があるにせよ、親の勝手な行動で振り回され、残される子どもが不憫に思う。
 子どもは親の姿を見て育つ。親と同じことをする傾向がある。

 ケース2 身内に自殺者がいると、自殺する確率が高い?

 中川一郎氏と昭一氏、この親子は在職中に不可解な死を遂げた。私はおそらく自ら命を絶ったのではないかという危惧がある。その娘でフジテレビ記者の真理子さんは私もお気に入りの方だが、彼女は同じ運命を辿らないで欲しいと切に願う。

 また、俳優だった沖田浩之もまた、身内に自殺者が多かった。不幸のスパイラルを感じたし、精神的に思いつめ、追い込まれやすい性格が災いしていたのか・・・。目には見えない運に翻弄されてしまったという印象は否めない。

 ケース3 親が犯罪者だとその影響は大

 万引き家族という映画は極端だったが、親が規範意識が薄く、万引きや窃盗などの歴がある場合、その子の犯罪率も高くなるという統計がある。仮に親が殺人を犯した場合、その家族は同じ場所に居座ることは難しくなる。おそらく悪い噂が飛び交い、引越しを繰り返し、流転人生を歩むのは必至。殺人犯の息子として子どもの就職ですら厳しくなるであろう。

 ③ ゆすりたかり、反発、批判しかない韓国

 韓国の根幹が日本憎しの感情しかないことが明確化した。今回のレーダー照射もそうだが、懲用工の賠償金請求もそうだが、すべてにおいて日本を叩き潰したいという過去の遺恨が未だに国民感情の中に燻っている。
 今の若者は当時の事実を知る由もないのに、韓国の恨み節とも思える歪んだ教育のせいで、人を批判したり、罵るような国民性しか育っていない。
 確かに今、アジア市場は韓国優位で経済発展もそこそこ見られる。しかし、それはすべて日本の投資により、また経済援助や技術協力があったからこそだ。今の地位を築いた礎はすべて日本である。なのに、感謝するどころか、70年以上も前に大戦の責任論を展開し、靖国神社、竹島、従軍慰安婦、懲用工などあらゆるネタを使って日本を攻撃する。まったく無関係の世界各国に慰安婦像を建て、日本の悪行を世界に知らしめようと画策する。

 私はこんな国とは一刻も早く断交し、在韓の日本の企業は撤退し、文化交流も含め、韓国を孤立化させてもらいたいと願う。

 私は常々、日本政府の国際問題解決の交渉下手を何度も指摘してきた。竹島などが良い例で、領有権を主張しているのに、強い態度に出られない。韓国の超党派議員は、過去何度も上陸してパフォーマンスを繰り広げているし、韓国軍が駐留し、実効支配している。日本は抗議ぐらいしか手は無い。北方領土問題にしても解決の糸口が見当たらない。実際問題として戦後、70年以上もソ連・ロシアに占領されたままだ。

韓国は伝統的な両班精神!強いものには媚を売り、弱い者には『ゆすり』や『たかり』をする ケントギルバート氏

 レーダー照射問題では逆ギレして日本を批判

 ④ 10代が勇ましいスポーツ界

 今、10代の若い世代の活躍がめざましい。卓球の伊藤、早田の高校生コンビ、張本智和の世界制覇。平野美宇も18歳。またフィギュア界も紀平、坂本などが大活躍。ジュニア時代からの強化が実を結んでいる。また駅伝も名城大の和田、高松、加世田などのヤング世代が引っ張っている。また、スノボも17歳の岩渕選手が五輪代表になったり、男子も平昌五輪に出場した平野も19歳だった。サッカーでは久保などの天才ストライカーもいる。競泳はアジア大会で6冠を達成した池江が18歳。
 このように若き天才アスリートが次々登場し、世間を驚かせる活躍をしていることは2020年の東京五輪に向けて明るい材料だ。
 一方、ロシアでも16歳で平昌五輪を制したザギトワが霞むほど、14歳、15歳の女子初の4回転スケーターが登場した。アスリートの低年齢化は留まるところを知らない。才能も凄いが、練習量も半端ではないのだろう。

 ⑤ IWC脱退の波紋

 日本には昔から鯨肉を食す文化がある。三味線の弦が鯨の髭を使っていたし、日本人にとっては捕鯨はひとつの生活手段でもあった。私も幼い頃から缶詰の鯨肉が大好きで、食卓に上がることも決して珍しくは無かった。
 ところが、今世紀に入った頃から捕鯨に対する風当たりは厳しくなった。豪州の捕鯨反対団体のなんとかシェパードが日本の商業捕鯨船への妨害行為を繰り返したり、反捕鯨国もまた増えた。
 日本人から言わせれば、なぜ牛豚鳥鹿などの動物肉を食べる欧米が、何の理由があって鯨だけ反対するのか?経済的に裕福な日本への嫌がらせとしか映らない。同じ生き物を食さなければ生きていけない人間にとって、その線引きは間違っている。単なるエゴであって、それをネタに批判するなど愚の骨頂だろう。

 ⑥ 紅白歌合戦勝敗不要論

 2016年暮れの紅白歌合戦の投票システムに批判が相次いだことは記憶に新しい。全国のネット投票と会場審査員の投票でジャニーズアイドルを多数擁した白組が圧倒的リードだった。しかし、最後のゲスト審査員が紅組が8票、白組がたったの2票で、大逆転で紅組が勝利を収めた。この不可解な判定に、全国の視聴者から批判の嵐となった。
 この不可解判定の問題はどこにあったのか?
 そもそも会場のゲスト審査員は華やかさで優る女性審査員のほうが多い。女性審査員は必然的に同性の味方であって、どうしても紅組に加勢するものだと思っている。したがって、大差がついた事前投票の結果を見て、女性審査員がこぞって紅組に投票したと断言できる。でなければ8対2という極端な数値にはならない。
 
 ちなみに2016年のゲスト審査員はこの10人

 秋本治・新垣結衣・伊調馨・大谷翔平・草刈正雄・春風亭昇太・高畑充希・辻紗絵・荻野公介・村田紗耶香

 女性というのは共感し、負けている人をひいき目に見て、つい応援したくなる性質がある。よって、女性が男性(白組)に負けているのを許せないし、まるで共同体のように応援した結果が紅組大逆転勝利を呼び込んだのだろう。2016年の紅白は5人が女性審査員だったが、いずれも紅組に投票した。
 一方男性は、男女の差別なく、純粋に歌合戦や様々なショー的要素を楽しみ、公平な立場で審査を行う。男性審査員5人のうち、紅組に投票したのは3名で、白組は2名だ。

 芸能人になる前から、つまり幼い頃から大晦日にテレビで紅白歌合戦を見て、紅組を応援して来た習性が、ゲスト審査員になっても公平性や中立な立場で観戦できず、つい主観が入ってしまう。嫌な言い方をすれば、初めから女性審査委員は紅組に投票すると決めっ子しているのではないか?

 一方、逆の見方も出来る。自分が大好きな男性アイドルを応援するため、テレビ視聴者や会場の一般審査員が初めから白組に投票すると決めていて投票した結果、中間結果や最終審査結果で白組が圧倒したのかもしれない。

 私は、合戦というタイトルを名乗っている以上、勝敗や優劣をつけなければならないものだという固定観念を打破したい。大晦日の夜更けまで行っているこの国民的なイベント。もし贔屓にしている組が負けたら、年明け早々嫌な気分にさせられる。よって、国民の6割近くが勝敗を不要論を叫んでいる今、過去の慣習はかなぐり捨て、その年に流行した楽曲を純粋に楽しむ歌謡祭にしたほうがいいと思う。
 紅組は女性歌手、白組は男性歌手という線引きを無くし、自由に組み分けをしたほうがいい。私情を挟むことなく、その年のヒット曲を振り返る、そんなお祭りの要素が強いイベントにして欲しいと思う。

 さて、最近の時事ネタなどを中心に雑感めいたことをアットランダムにしたためてみた。いろいろな感想もあるだろうが、冒頭で述べたとおり、この記事は個人の意見であって、だからどうだとかそういう類のものではない。
 2018年の歳の暮れ。直近の話題について、自分なりの考えを雑感として申し述べてみた。

 

2018年12月20日 (木)

華麗なる転身?それとも・・・

 かつて都会の企業を中心に「転職」が流行った。ヘッドハンティングなる言葉が生まれたり、CMでは「とらば~ゆ」、転職雑誌が花ざかりという時代があった。務めている会社が嫌になったら辞めて別の会社に勤めればいいという安易な発想が蔓延し、家庭を顧みず、あるいは先の人生に見切りをつけるケースも多々あった。そこには昔ながらの忍耐や我慢といったフレーズは頭をもたげ、人生を一回リセットして、ゼロから再スタートという風潮が生まれた。

 私などは田舎に暮らす身なので、一度会社を辞めたら再就職のクチは無く、生活が困窮することは目に見えていたので、ふんぎりがつかず、残り定年まで6年というところまで勤続してしまった。時には清水の舞台から飛び降りる覚悟がなかったと懺悔したい気持ちだ。

 しかし、世の中には多くの人間がいて、価値観も違うし、人生観も異なる人がいるために、スパッと仕事を辞めて、新たな人生を歩み始めた方が大勢いる。今日は、「華麗なる転身」を遂げた方たちにスポットを当てたい。例えば、今年、アイドルユニットの「乃木坂46」のメンバーだった市来が日テレ、モー娘。」だった紺野あさ美がテレ東のアナウンサーになったように。

 1 力道山

 ご存知、力士からプロレスへ転身し、戦後の日本人の心に灯をともした第一人者。ショーマンシップを確立し、打ちひしがれた日本の中で、巨漢の外国人レスラー達を豪快に投げ飛ばし、スカッとさせた。
 しかし、スナックで暴漢に襲われたのが原因で、不慮の死を遂げた。

 タイツスタイルのあの風貌は、その後のラッシャー木村と重なる。

 2 ジャイアント馬場

 力道山亡き後の日本のプロレス界を背負って立った。アントニオ猪木と共に、全日本プロレスの屋台骨だったが、袂を分かち、猪木が独立した。空手チョップや水平チョップ、十六文キックなどの必殺技を繰り出し、ザ・デストロイヤーやブッチャーたちと死闘を繰り広げた。
 そんな彼の前職はなんとあの巨人軍の投手だった。本名は馬場正平。高校時代には当時、珍しいくらいの高身長で190cmもの巨漢になっていた。新潟県の三条実業高校時代、エースとして18奪三振を演じたこともあり、それが当時ドラフト制度が無い時代に、読売ジャイアンツのスカウト源川英治に誘われ、高校を中退し、翌1955年1月にジャイアンツに投手として入団した。背番号は59。 脳腫瘍と闘い、僅か1年で退団。プロの戦績は0勝1敗だった。

 ② https://www.youtube.com/watch?v=N7KqknrqICY

 ③ https://www.youtube.com/watch?v=CAh9aKzv2Oo

 3 尾崎将司

 プロゴルファーの「ジャンボ尾崎」とのイメージが強い彼だが、実はプロゴルファーに転向する前は、プロ野球選手だった。
 1965年に西鉄ライオンズへ入団。1年目から一軍に上がり、9月には初先発を果たす。しかしその後は伸び悩み、同期で入団した池永正明の投球を見て「こんなピッチャーがいたんじゃ、俺なんかピッチャーで飯が食える訳が無い」と1967年に外野手に転向する。二軍で四番打者として活躍、一軍でも8試合に左翼手、六番打者として先発出場するが結果を残せなかった。1967年12月23日に監督の中西太に退団を申し出た。
 プロ通算は20試合に投げ、0勝1敗だった。

 プロゴルファー転向後は、めざましい活躍を見せ、日本ゴルフツアー通算94勝、賞金王12回、メジャー大会20勝(日本プロ6勝、日本マッチプレー1勝、フィランソロフィー1勝、日本オープン5勝、日本シリーズ7勝)は歴代最多記録で、通算優勝回数113回は世界プロツアー最多記録であり、2010年に世界ゴルフ殿堂入りした。

 4 菊間千乃

 フジテレビアナウンサーから弁護士へ華麗な転身を果たした。
 早稲田大学法学部を卒業後、1995年4月、アナウンサーとしてフジテレビに入社。
 2005年4月、ロースクール・大宮法科大学院大学(夜間主)に入学。アナウンサーの仕事と並行し、大宮法科大学院大学にて法律の勉強も進めていたが、弁護士を目指して新司法試験の受験勉強に専念するため、2007年12月31日をもってフジテレビを退社。 2009年3月、大宮法科大学院大学修了。 2010年9月に新司法試験に合格 

  彼女がこのような華麗なる転身を果たした要因は、もともと早稲田大学で法律を勉強していたことで十分な下地があった。早稲田の法学部は政治経済学部と並び、同大学の看板学部。偏差値は70を超え、元からトップエリートだった。 

 5 森田健作

 「俺は男だ」など青春学園ドラマで主役を張った俳優・森田健作だが、政界進出を果たし、千葉県知事になった。これは劇的だった。俳優などの芸能人は、知名度は抜群で、選挙に出れば、無名の政治家よりも人気は得られ、トップ当選を果たすことは決して珍しくは無い。長野県知事には作家だった田中康夫がなったし、弁護士だった橋下徹が大阪府知事・大阪市長になった。また、東京都知事と大阪府知事が芸人出身の青島幸男と横山ノックが同時に就任した時期があったり、訳がわからない。また、東京都知事を長らく務めた石原慎太郎もまた、作家出身で、名優・石原裕次郎の兄という抜群の知名度をアピールし都知事になった人物だ。

 他にも外国では、ポルノ映画等に出演していた大部屋俳優だった「ロナルド・レーガン」がアメリカ大統領に登り詰めたし、シュアちゃんもカリフォルニア州知事という畑違いの分野に首を突っ込み、成功を収めた。
 日本では普通のOLから突然プロゴルファーになった村口史子、人気アイドルグループのSMAPを辞めていきなりオートレーサーになった森且行なども今日のテーマに合致する方々だろう。

 私が好きな番組に「消えた天才」がある。それはトップアスリート達が幼少期に決して勝てなかった、敵わなかった人物がいて、その人がまったく別の道で成功を収めていることに焦点を当て、その人のその後の人生やそこに至るまでのストーリーを紹介している。

 しかし、才能とは恐ろしいもので、一流だった方は、別の道を歩んだとしても、やはり紆余曲折の末に成功を掴み取ることが多いようだ。それだけのファイティングスピリッツもあるし、ガッツや陰の努力を知っているからだろう。

 それにしても最近は求人情報誌は山ほどある。TVCMも毎日流れている。「マイナビ」や
「indeed」、「PASONA」、「BIZREACHなどがそうだ。

2018年12月 9日 (日)

それをどの口が言う ?!

  自分のことは棚に上げて、他人のことをとやかく言う輩がいる。そんなことを言う資格も実績もないくせに、やたらと人がやることに首を突っ込み批判を浴びせる奴が・・・。
 球界のご意見番として君臨し、1位以外は断じて認めない「サンデーモーニング」の張本氏はその典型だが、彼は在日韓国人ながら、安打製造機の異名をとり、当時日本一となる3千本安打を達成した唯一の打者であったことで、一応は人を批判できる立場にいることは私も認識しているが、他のスポーツにまでずけずけ入り込み、「何が楽しいのかね」と偏見著しいさもしい発言をして顰蹙を買っているのは周知の事実だ。しかも強烈な物の言いようで、さも自分が一番偉く、我れこそが「絶対神」であるかのような口ぶりなのが非難の集中砲火を浴びる元凶となっている。

 まぁ張本氏の例はさておき、今日は、なんの権限があってそこまで人やチームのことを悪く言うのか?とか他者の批判をするのか?という視点で記事を書きたい。

 堀内 恒夫

 己が巨人軍の監督時代(2004~2005年)には、原の第二期政権の力で1年目3位に収まったが、2年目には最下位転落に等しい球団ワーストの80敗を喫し、5位と低迷し、その座を追われた。通算成績は133勝144敗7分と負け越し、結果としてクビを切られた格好だ。選手との折り合いも悪かったし、選手の起用法も酷かった。自分の方針を押し付けて、投手出身の割りに投手陣の崩壊を招いた張本人だ。

Horiuchi2


 にもかかわらず、その後は日本テレビ系列の解説者に返り咲き、好き放題持論を展開している。そして巨人の弱点や優勝できない理由をあからさまに口走り、批判を展開する始末。「あなたが強くできなかったチームを何の権利でそこまで言う?」という印象だ。
 その後、彼は何を血迷ったか、全く畑違いの自民党から出馬し、参議院議員に比例代表で当選。一転、捲土重来(リベンジ)とばかりに政治家への転身を図り、主体性も一貫性も垣間見れない暴挙に出た。
 ルーキーイヤーに13連勝もした天狗小僧も晩年は制御不能かつ支離滅裂な人生を送っている。

Horiuchigiin

 江川 卓

 高校時代、大学時代、そして野球浪人時代に、三度も「プロ野球ドラフト会議」で1位指名を受けながら拒否し、自分勝手な言い分で第三者に大迷惑をかけて巨人入りした当事者。
 鳴り物入りで入団した「怪物」だったが、蓋を開けてみれば他球団の憎しみを一身に背負い、ルーキーイヤーは6月初登板ながら、9勝(10敗)に終わった。一方巨人のエースで、彼の身代わりとなって愚痴一つこぼさずに阪神にトレードで出された小林 繁は、22勝を挙げMVPに輝いた。
 作新学院、法政大学時代の「怪物」ぶりからは到底満足できる成績ではなかった。それ以降、20勝や2度の最多勝を挙げたが、現役時代にはストレートとカーブの球種が2つしかなく、力ずくでねじ伏せるタイプだった。彼が活躍していた時代は、先発投手は9回完投がエースの条件だったが、体力が持たず、ゆえに手抜きを覚え、そこを付け込まれて痛打を浴びることが多く、「一発病」というありがたくないレッテルを貼られた。
 そんな状況下にありながら、そのシーズン調子がよく勝ち星を重ねると、シーズンオフの年俸交渉では、鬼の首をとったように自己主張を激しく展開。毎回こじれて長期交渉になるケースが大半だった。

Egawa1

 しかし、1987年に僅か9年間の現役生活で135勝72敗。最後は肩に故障を抱えたのが原因で現役生活に終止符を打った。あれから31年、彼にはやはりダーティーなイメージが付きまとうのか、彼には監督はおろか投手コーチの声も掛からない。
 その後は、テレビの野球解説やスポーツ番組のコメンテーターとして出演する機会こそ多いが、野球理論に長けているその持論を生かせていない。逆にもったいない人材を長年NPBは眠らせていると思っている。
 私はそこまで好き放題言いたい放題、よほど自信があるするくらいならに違いない。この人に一度巨人の監督をさせてみたらいいと思う。監督と言う重責を感じ取ってほしい。もしそれで優勝を逃して口先だけとわかれば、二度と偉そうなことは言えないはずだ。

Egawa2

 杉村 太蔵

 郵政民営化を旗印に「小泉旋風」が吹き荒れていた2000年代、その「チルドレン」として追い風に乗って衆議院議員になった棚ボタ派。そのスタンスは、若者達の代表として彼らの意見を国会に届けるという役割というのが手法だった。
 一見政治信条もありそうで主義主張などの能書きは一丁前だったが、政治家としての資質は未知数だったし、疑問符がついた。
 若者の支持をとりつけ、いざ議員にはなったものの、一回生は早い話、修行の身であり、政治をイチから勉強しただけで終わってしまう。それが証拠に、現実は厳しいと知るや否や嫌気がさしたのか、さっさと見切りをつけ辞めて、二期目はなかった。

Sugimura1


 私個人としては、彼のもっとっもらしい言い分や口ぶり、持論を聞いていると、この人は単に口八丁手八丁、政治利用で生き残りを模索するタレントにしか思えなかった。
 現に彼はタレント活動に味を占め、その後の選挙には立候補していない。政治活動は昔とった杵柄で、講演活動をしているのみで、あとは「サンジャポ」のコメンテーターとして出演し、いっぱしのことを喋ってはいるが、テリー伊藤やMCの太田に鋭く突っ込まれたり、反論されるとタジタジで、苦笑いを浮かべたり、話をはぐらかせる、挙句の果てには返す言葉が見つからず閉口してしまう。他人に同調したり、付和雷同し、勝ち馬に乗る傾向はありありだ。
 終いには「スレンダートーン」のCMに出演してがっぽり稼ぎ、それを愛車ジャガーの購入に充てて自慢するなど私腹を肥やす素振りを見せている。これでは汗水垂らして国民のために働く政治家とは言えない。
 政治家を辞めて一体何を目指し、どこに向かうのか、現段階ではこの人からは見えてこない。

Sugimura2

 さて、今日はこのようなテーマでお送りしたが、かくいう私も好き勝手書いていることを鑑みると、自分も彼らと同類ではないかと。ふと我に返る。
 ところで、本日指摘した面々には或る共通点がある。それは冒頭の張本氏を含め、全員が血液型がO型であるという事実。この型は力関係や勝負事に敏感で、人を見て態度や接し方を変える特徴がある。目上の人や実力者には気に入られようと媚び諂い、年下相手にはまるでガキ大将のように横柄に振舞う。
 古くは豊臣秀吉がそうだった。織田信長に好かれようと、苦労を厭わず主君のために忠誠を誓い、熱心に働き手柄を立て、ゆくゆくは太閤にまで登り詰めた。しかし、いざ天下を手中に収め、栄華を極めると、千利休に切腹を命じるなどその横暴ぶりが目に余るようになり、最後は家臣に裏切られ、豊臣家滅亡の道を辿ったのは衆知のところだ。

  ほかにも他人の行動に手厳しかったり、批判を展開するO型と言えば・・・

 爆笑問題・太田、和田アキ子、ビートたけし、東野幸治
 

 これを現代の形態で例示すれば、「ジャニーズ」の人間関係の縮図がズバリ当てはまる。O型タレントは近藤真彦と木村拓哉だ。いざ自分が頂点に登り詰め、実権を握ると、後輩には命令口調で強く当り、それが不協和音を生む。

 日本人の約32%強を占めるのがこの型だが、アメリカでは50%を超える。自己主張や自己顕示欲が強いこの型は、出世する割りに金銭トラブルや人間関係のいざこざに巻き込まれやすい。幼少期に不遇の生活を送るのもこの型が断然多い。離婚者が多く、シングルマザーになる率も再婚率も高い。

 安藤美姫 安室奈美恵 宮崎あおい 美空ひばり 岡村孝子

 だから見返してやろうという気持ちが強く芽生え、最大限の努力を払う。また、生きる力(バイタリティ)が相当強いので、持ち前の社交性や特異の粘り強さでそうした苦労や逆境を乗り切ってしまう。

 さて、私自身、好き放題書いてしまったが、「何の権利があってこんな記事を・・・」とお叱りを受けそうだが勘弁して欲しい。何を隠そう私自身もO型なのだから・・・。

 
 

 

2018年12月 7日 (金)

伝説と呼ばれし島々

 日本には数多くの島々が点在している。日本国自体が四島(北海道・本州・四国・九州)の大きな区分けで呼ばれることもあるが、その大きな要因は日本が火山帯にある国であり、太古の昔から噴火や土地の隆起などで、多くの島が誕生してきたことで証明がつく。また近年、東京・小笠原諸島の外れの西島でも噴火活動が活発化し、もともと小島だったのが噴火で溶岩が流れ出してその面積を拡大し、もともとの3倍以上の領土を持つ大島に変貌を遂げたことで、島の成り立ちをつぶさに見て取ることができた。

 このように日本は島国であって、その中には多くの謎に包まれている奇怪な利用をされたものもある。世界も同様で、戦争の激戦地となった場所や、旧日本兵だった小野田氏が発見されたジャングルに覆われた未開の地もある。またそこでしか生息していない珍しい動植物、そしてイースター島のように古代文明の痕跡を遺すミステリアスなスポットもある。

 今日は、私が個人的に「謎の島」とか「伝説の島」と呼ぶのに相応しい島を日本と外国に分けて取り上げたい。

 <日本の島 編>

 1 宮島(厳島神社)

 広島県にあり、「安芸の宮島」として有名で、世界遺産の「厳島神社」がある。本州と陸続きではないので、宮島口から10分ほどのフェリーで渡らなければならない。人慣れした鹿が出迎えてくれる。朱塗りの海上に聳える大鳥居や厳かな趣の拝殿には圧倒される。霊験あらたかで、神聖な佇まいに、心を洗われるようだ。
 この厳島神社だが、過去、台風や高潮被害で浸水し、あるいは倒壊し、度々建て替えを行っている。その辺は神のご加護はなかったようだ。

 2 八丈島

 江戸時代には島流し(流刑)と言えば、定番だったのがこの八丈島。殺人などの凶悪犯罪者が遠島流罪となる未開の地であり、ここに行けば生きては戻れないとまで言われた。
 平安時代に伊豆大島へ流罪となった源為朝が渡来し、八丈小島で自害した伝説が残っている。
 最後の流人は北方探検で知られる旗本近藤重蔵の嫡男、近藤富蔵である。1826年に殺人を犯して八丈島に遠島となり50年以上もの間、島で流人としての日々を送った。1880年にようやく明治政府により赦免。

https://www.youtube.com/watch?v=rQdlHF27Tiw

 また、太平洋戦争の際には、連合軍の南方からの侵攻に備えるべく、小笠原諸島が陥落した際の次なる防衛拠点とされていた。1945年春時点では民間人口を大きく上回る陸軍・海軍の守備隊が配置されていた。東日本では唯一の回天基地も造られた。
 1944年7月以降に島民の本土疎開が進められて人口の7割にあたる5,853人が、外国人疎開地に指定されていた長野県軽井沢町などに避難したが、その途中で疎開船「東光丸」がアメリカ軍に撃沈されて島民約60人を含む149人が死亡する事件も起きた。

 3 沖ノ鳥島

 太平洋(フィリピン海)上に位置する小笠原諸島に属する孤立島。サンゴ礁からなる島であり、東京都小笠原村に属する。日本の領土として最も南に位置しており日本最南端の島である。
 一見すると海上に僅かに岩らしきものが突き出ているだけで、どう見ても岩礁帯。しかし政府は、ここが日本最南端の島と主張。海に沈まないよう、周囲を人工のテトラやコンクリートブロックで覆い、防御している。この島のおかげで、日本の領海は保たれている。

 4 北海道オホーツク海にあった島

 北海道猿払村の沖約500mにあるとされる「エサンベ鼻北小島」が海面から見えなくなっているとの情報があり、第1管区海上保安本部(小樽)が調査に乗り出すことが31日、 分かった。1管は「雨風や流氷の浸食で消失した可能性がある」とし、春先に調査を行うとのこと。もし消失が確認されれば、日本の領海が狭められる可能性があるという。

https://www.youtube.com/watch?v=voqFoR3CR94

 5 硫黄島

 小笠原諸島の南端近くに所在する、東西8 km、南北4 kmの島である。
 第二次世界大戦時、大激戦地となり、勝敗を分けた重要拠点となった島。
 1945年2月19日にアメリカ海兵隊の硫黄島強襲が艦載機と艦艇の砲撃支援を受けて開始された。上陸から約1か月後の3月17日、栗林忠道陸軍大将を最高指揮官とする日本軍硫黄島守備隊(小笠原兵団)の激しい抵抗を受けながらも、アメリカ軍は同島をほぼ制圧。3月21日、日本の大本営は17日に硫黄島守備隊が玉砕したと発表する。しかしながらその後も残存日本兵からの散発的な遊撃戦は続き、3月26日、栗林大将以下300名余りが最後の総攻撃を敢行し壊滅、これにより日米の組織的戦闘は終結した。
 戦闘では、旧日本軍の守備兵力20,933名のうち96%の20,129名が戦死あるいは戦闘中の行方不明となった。
 今でも戦死した旧日本兵の遺骨が眠る。死んでもなお日本に帰還できない無念さは計り知れない。

 閲覧注意(クリックは自己責任でお願いします)

https://www.youtube.com/watch?v=G-Ugm-hsbF8

https://www.youtube.com/watch?v=8y0AaqUyMxc

 6 東京湾要塞

 大日本帝国帝都東京を脅かす海からの攻撃に備えるため、明治政府によって1884年より建造開始された東京湾周辺の軍事施設の集合体で、最初は清国北洋水師、次にロシア太平洋艦隊の来攻が想定しての施設であった。主要な設備は、千葉県館山市の洲崎から富津市の富津岬にかけての沿岸と、浦賀水道を囲む形で神奈川県三浦市の城ヶ島から横須賀市の夏島にかけての沿岸に建造された沿岸砲台、三つの海堡(かいほう)からなる。
 1894年に「臨時東京湾守備隊司令部」が置かれ、翌1895年には「東京湾要塞司令部」が横須賀市上町に置かれた。 
 日露戦争の旅順攻囲戦においては、東京湾要塞が持つ28サンチ榴弾砲のうち米が浜砲台より6門、箱崎高砲台より8門、他4門が旅順へと送り込まれ、第二回旅順総攻撃以降ロシア軍陣地攻撃・旅順港砲撃に使用された。
 昭和時代には、沿岸砲台には軍縮によって余剰となった艦砲が海軍から移管・設置され、東京湾の湾口部全体を射程に納めることとなった。これにより東京湾要塞は沿岸砲台の射線を第一線、海堡と横須賀近辺の射線を第二線とし、二段構えで湾内に侵攻する敵艦隊の撃破が可能となった。

 東京湾周辺の防衛を目的に設置された要塞。 東京湾の砲台及び海堡等の建築物を東京湾要塞司令部が管理をした。

https://www.youtube.com/watch?v=L739Bsh1P2I

 7 軍艦島(端島)

 端島は、長崎県長崎市にある島である。明治時代から昭和時代にかけて海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していた。しかし、1974年の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。軍艦島の通称で知られている。
 しかし、1974年の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。軍艦島の通称で知られている。
 2015年、軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された。

 8 北方領土

 根室や知床の東の海上に浮かぶ4つの島。第二次世界大戦後にソ連が進行し、不法に占拠し、70年以上に渡って返還されずにいる。「歯舞群島」「色丹島」「国後島」「択捉島」の4島であり、羅臼から目と鼻の先にある国後や、納沙布岬から2kmしか離れていない会場に浮かぶ灯台の小島「貝殻島」が外国扱いとは・・・。
 北方担当相など何も責任を果たしていない。大体にして「北方領土4島」の島の名前も知らない輩を担当大臣に指名する総理の見識を疑う。
 今年、日本と平和条約を締結したいプーチンの提案で歯舞、色丹の二島返還で手打ちなどもってのほかで、言いくるめられて終わりになってしまう危惧を禁じ得ない。

https://www.youtube.com/watch?v=RNYFQB8F6ik

 9 竹島

 日韓両国が占有権を主張して譲らないが、断崖絶壁で、上陸するのも難しい。ここ数十年は韓国軍が実効支配し、韓国の議員がパフォーマンスのために上陸し、政治利用している。険しい岩にヘリポ―トや基地らしき建造物を築き、軍人を常駐して警戒に当たっている。
 日本の政治家は竹島は日本固有の領土と主張しておきながら、韓国のこの暴挙に何も手立てをしない。今の憲法では軍事行動できないため、力づくで支配できないのが実情。よって、抗議以外の術を何ひとつ持ち合わせていない。
 日本の政治家は弱腰外交で、北方4島、尖閣諸島、竹島と領有権を主張している割に、近隣諸国に支配を許している。

10 青ヶ島(東京都)

 東京から358km南に位置する離島「青ヶ島」は人口わずか160人ほど。なんと、東京にありながら日本一人口の少ない村です。
 この島では、世界的に珍しい二重カルデラや、頭上一面に広がる星空を堪能することができます。
 ただし、この絶景の島は上陸困難。ヘリは1日1便9席のみで、予約を取るのも一苦労。船も就航率が50%ほどだそう。断崖絶壁に囲まれたこの島は、少しの高波でも着岸が不可に。しかし、ひとたび辿りつきさえすれば、世界的に注目を集めている「絶景」がそこにはあるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=IliRVB7orDQ

  <世界の島 編>

 1 ヴォズロジデニヤ島(ロシア)

 ヴォズロジデニヤ島は、中央アジアのアラル海にある地形である。現在は島ではなく半島。 ヴォズロジェーニエ島とも言う。Возрождение はロシア語で「再生・復活・復興」を意味し、英語のrebirthやフランス語のrenaissanceに相当する。

 かつてはソ連がつくった大規模な細菌兵器の実験研究所があり、1930年代から研究が開始され、1954年から1992年までの間に開発していた炭疽菌、天然痘、野兎病、ブルセラ症、ボツリヌス菌、ベネズエラウマ脳炎、ペストなど、40種類以上の各種細菌がここで実験された。
 1992年に旧ソ連関係者が去った後、現地では金目になる物質目当てに略奪が起き、施設が荒らされた事でそうした脅威が外部に流出した可能性が懸念されたが、現在まで続く近辺の住民への健康被害は、それ以前より及んでいるとされる。

 2 ハワイ島キラウエア火山

 ハワイ諸島のハワイ島を構成する5つの楯状火山の1つ。島の南東部に位置し、西隣のマウナ・ロアと共にハワイ火山国立公園に指定されている。 約60万年前から30万年前に形成され始め、約10万年前に海面上に現れたと推定される活火山であり、現在もなお噴火が続いている。

 3 アルカトラズ島

 アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンフランシスコ湾内、サンフランシスコ市から2.4kmのところに浮かぶ、面積0.076kmの小島である。昔は灯台、軍事要塞、軍事監獄、そして1963年まで連邦刑務所として使用され、ザ・ロック、監獄島とも呼ばれている。

 あの伝説のギャング、「アル・カポネ」が投獄されていたことでも有名な監獄島。人気俳優「クリント」イーストウッド」が主演した「アルカトラズ島からの脱出」でも有名で、警備が鉄壁で、絶対に脱獄不可能と言われた。

 4 ケイマーダ・グランデ島

  ブラジル、サンパウロ付近にイーリャ・デ・ケマダ・グランデ(Ilha de Queimada Grande)という島が存在する。日本ではケマーダ島とも呼ばれている。この島だけに住む猛毒の蛇『ジャララカ』に占領された島で、噛まれればまず命は無い。

 5 北センチネル島

 インド洋の東、ベンガル湾にある。ここは完全未開の地で、インドで罪人の流刑地とされていた。現在は5部族の先住民が暮らしている。
 民族の結びつきが強く、外部からの侵入者には敵対し、一致団結して攻撃を仕掛ける。