2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

学問・資格

2020年5月31日 (日)

残念な自分脱却計画 ~文学作品で教養アップ編~

  私は浅学にして無教養すぎて、この歳になっても知らないことが多いことを恥ずかしく思っていることは以前述べた通りだ。偉そうに旧ブログから本ブログまで5,000記事以上もしたため、掲載して来たものの、本音は反省しかない。第一、表現力は乏しいし、本当に伝えたいことを的確な言葉選びが出来ずに伝えきれていない。戸惑いと共に、自身の無学さにほとほと嫌気が差すほどだ。おそらくは誤字脱字も多いだろう。弁明のつもりで「唯我独尊」とタイトルをつけたものの、単なる開き直りと取られてもやむを得ない。

 こんな事情なのに、足掛け12年以上も私の拙い内容のブログを続けて来られたのも、心優しい読み手の方がいたのと、時々寄せられるコメントに励まされてのことだ。この場をお借りして感謝申し上げます。

 そんな私なので、時々「自己啓発」というか、自身の常識力向上のために行っていることを本日のテーマにしたい。自身の備忘録の意味合いもあるが、自問自答のクイズ形式で記載したい。もし興味がおありでしたら一緒にお考え下さい。

 なお、当ブログはPC用に作成してあるため、スマホなどは構成上かなり見づらくなっています。スマホの方は画面を横向きにしてご覧ください。

 
 <文学作品と作者> 次の作者は誰?

 1 舞姫・高瀬舟・雁     26 路傍の石・女の一生・真実一路
 2 夜明け前・破戒      27 五輪書 
 3 暗夜行路・城の崎にて   28 たけくらべ・にごりえ
 4 銀河鉄道の夜       29 歎異抄
 5 更級日記         30 智恵子抄・道程
 6 細雪・春琴抄・刺青    31 人間失格・津軽・斜陽・走れメロス
 7 河童・蜘蛛の糸・羅生門  32 山月記・敦煌
 8 蟹工船          33 海潮音
 9 武蔵野          34 月に吼える
10 金色夜叉・多情多恨    35 みだれ髪 
11 雪国・伊豆の踊子     36 一握の砂・悲しき玩具
12 東海道中膝栗毛      37 田舎教師・蒲団
13 五重塔          38 南総里見八犬伝
14 檸檬・桜の樹の下には   39 恩讐の彼方に・父帰る
15 金閣寺・仮面の告白・潮騒 40 宮本武蔵・新平家物語・三国志
16 吾輩は猫である・坊ちゃん 41 砂の女
17 二十四の瞳        42 或る女・カインの末裔・生まれいづる悩み
18 小説神髄         43 蒼茫
19 解体新書         44 高野聖・婦系図
20 枕草子          45 山椒魚・黒い雨
21 源氏物語         46 野菊の墓
22 徒然草          47 風立ちぬ かげろふの日記
23 土佐日記         48 不如帰・黒潮
24 方丈記          49 あめりか物語・ふらんす物語・墨東奇譚
25 日輪           50 浮雲

  正解)
  1 森鴎外 2 島崎藤村 3 志賀直哉 4 宮沢賢治 5 菅原高標女
  6 谷崎潤一郎 7 芥川龍之介  8 小林多喜二 9 国木田独歩 10 尾崎紅葉
   11 川端康成 12 十返舎一九 13 幸田露伴 14 梶井基次郎 15 三島由紀夫
   16 夏目漱石 17 壺井 栄 18 坪内逍遥 19 杉田玄白 20 清少納言
   21 紫式部  22 吉田兼好 23 紀貫之    24 鴨長明  25 横光利一
   26 山本有三 27 宮本武蔵 28 樋口一葉 29 河和田の唯円   30 高村光太郎
   31 太宰  治  32 中島 敦 33 上田 敏 34 萩原朔太郎 35 与謝野晶子
   36 石川啄木 37 田山花袋 38 滝沢馬琴 39 菊池 寛  40 吉川英治
   41 安部公房 42 有島武郎 43 石川達三 44 泉 鏡花  45 井伏鱒二
   46 伊藤左千夫 47 堀辰雄 48 徳冨蘆花   49 永井荷風  50 二葉亭四迷 

 <書き下し文> 次の下りで始まる文学作品は?(敢えて解答は掲載しません)

 1 花の色はうつりにけりな 
 2 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
 3 つれづれなるままに 日ぐらしすずりにむかひて
 4 東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる
 5 春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは

 6 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり
 7 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった
 8 いづれの 御時にか。、女御更衣あまた侍ひ給ひけるなかに、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり
 9 吾輩は猫である 名前はまだない 
10 木曽路はすべて山の中である

11 メロスは激怒した。必ず、かの邪知暴虐の王を除かなければならぬと決意した。
12 親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。
13 ゆく河の流れは絶えずして しかももとの水にあらず
14 えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた
15 ではみなさんは、そういうふうに川だといわれたり、乳の流れたあとだといわれたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。
16 今は昔、竹取の翁というふものありけり
17 男もすなる日記といふものを女もしてみんとてするなり
18 かくありし時過ぎて、世の中にいとものはかなく、とにもかくにもつかで、
19 石炭をばはや積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静かにて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒なり。
20 後の月という時分が来ると、どうも思わずにはいられない。幼い訳とは思うが何分にも忘れることができない。

21 山の手線に跳ね飛ばされて怪我をした、その後養生に、一人で但馬の城崎温泉へ出掛けた。
22 私が自分の祖父のある事を知ったのは、私の母が産後の病気で死に、その後二月程経って不意に祖父が私の前に現れてきた、その時であった。
23 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨足が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追ってきた。
24 幼時から父は、私によく、金閣のことを語った。私の生まれたのは、舞鶴から東北の、日本海へ突き出たうらさびしい岬である。
25 蓮華寺は下宿を兼ねた。瀬川丑松が急に転宿を思い立って、借りることにした部屋というのは、その蔵裏つづきにある二階の角のところ。

 

 断っておくが、私は学者や研究者でもないし、まして国語教師などではない。だが、日本人としてこの世に生を受けた以上、最低限の教養や知識を身に着けたいと思い、今回、このような記事を書いた次第だ。

 実は、こうした文学作品と作者名を答えさせる問題は、就職試験によく出題されるそうだ。ほかにも有名な外国文学作品も同様だそうだ。一例を挙げると

 1 戦争と平和 (トルストイ)
 2 老人と海・武器よさらば (アーネスト・ヘミングウェイ)
 3 怒りの葡萄・エデンの東 (ジョン・スタインベック)
 4 星の王子さま (サンテグジュペリ)
 5 リア王・マクベス・オセロ・ロミオとジュリエット・ヴェニスの商人(シェークスピア) 
 6 最後の一葉(オー・ヘンリー)
 7 トムソーヤの冒険・ハックルベリーフィンの冒険(マーク・トゥエイン) 

 8 白鯨 (ハーマン・メルビル)

 9 神曲(ダンテ)
10 変身(カフカ)
11 ライ麦畑でつかまえて(J・D・サリンジャー)
12 阿Q正伝(魯迅)
13 赤と黒(スタンダール)
14 ガリバー旅行記 (ジョナサン・スウィフト)
15 富国論(諸国民の富) (アダムスミス)

 では最後に、文学作品で就職試験などによく出る問題を

 <次の偉人は何で有名か>

 1 グレゴール・ヨハン・メンデル オーストリアの植物学者「メンデルの法則」
 2 アントニン・ドヴォルザーク チェコの作曲家 「新世界」
 3 ソクラテス 古代ギリシャの哲学者
 4 ジョン・フレミング 「左手の法則」
 5 イワン・パブロフ 旧ソ連の生理学者 「パブロフの犬」
 6 パブロ・ピカソ スペイン生まれの天才画家「ゲルニカ」
 7 ブレーズ・パスカル フランスの哲学者 「人間は考える葦である」 パスカルの定理
 8 ニコラウス・コペルニクス ポーランドの天文学者 「太陽中心説」「コペルニクスの原理」
 9 野口英世 福島県出身 千円札の肖像画 「黄熱病」の研究
10 フローレンス・ナイチンゲール イギリスの近代看護教育学の母 
11 マリ・キューリー(夫人)ワルシャワ生まれ。放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞
12 アルベルト・アインシュタイン ドイツの理論物理学者 「相対性理論」
13 オーギュスト・ロダン 彫刻家 「考える人」のブロンズ像
14 アントニ・ガウディ スペインの建築家 「サグラダファミリア」
15 福澤諭吉 慶應義塾の創設者 「学問ノススメ」
16 伊藤博文 山口県出身 初代総理大臣
17 アイザック・ニュートン イギリスの自然哲学者 「万有引力の法則」
18 フェルディナンド・マゼラン 大航海時代のポルトガルの航海者・探検家
19 トーマス・エジソン アメリカの発明家
20 クリストファー・コロンブス イタリアの探検家 アメリカ大陸発見
21 マハトマ・ガンディー インドの独立運動家
22 マザー・テレサ カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。
23 ベンジャミン・フランクリン アメリカの政治家 「100ドル紙幣」の肖像画
24 マーチン・アーサー・キング(牧師) アメリカの黒人指導者 ピッツバーグでの歴史的演説 「I have a dream.」
25 ライト兄弟 アメリカ出身の動力飛行機の発明者で世界初の有人飛行に成功した飛行機パイロット。
26 アレクサンダー・グラハム・ベル スコットランドの発明家 「電話の発明」
27 ジェームズ・ワット スコットランドの発明家・機械技術者 「電球の発明」
28 ヘレン・ケラー アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家
29 ナポレオン フランス皇帝 「私の辞書に不可能という文字はない」
30 クレオパトラ7世 古代エジプト、 プトレマイオス朝最後のファラオ(女王)
31 エイブラハム・リンカーン 第16代アメリカ大統領 「人民の人民による人民のための政治」
32 ゲオルク・オーム ドイツの物理学者 「オームの法則」
33 クリスチャン・ドップラー オーストリアの物理学者・数学者 「ドップラー効果」
34 ジャン・ジャック・ルソー フランスの哲学・思想家 「社会契約論」
35 ジョージ・ワシントン アメリカの初代大統領
36 ミケランジェロ・ヴォナローティ イタリア盛期ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家 「ダビデ像」
37 レオナルド・ダ・ヴィンチ イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。「モナ・リザ」
38 アンネ・フランク ユダヤ系ドイツ人 「赤毛のアン」

 さて、今回の記事は体たらくで無学無知の自己反省に基づいて掲載するものだが、若い時分、特に受験勉強や就職試験で必死になって覚えた事項が、跡形もなく忘れている自分が許せなくなってしまい、読者の方には迷惑越権行為だが、このようなテーマで記事を掲載した次第です。
 冒頭で述べたように、縁あって日本人として生まれたからには、些少でもそれらしい学を修めて人生を終えたいと思う。私の大学時代はバブル景気まっただ中で、苦労しなくてもそれなりの仕事に就けた世代だが、私の10年以上先輩諸氏は、学生運動が盛んだったり、文学青年が多かった世代だ。論より証拠で、現在活躍されているその年代の俳優は皆、超一流大学を卒業しているか、途中で役者の道を志して中退している方々だ。「フォーク集会」や「神田川」の世界観を地で行く世代だ。そこから比べると、苦学もせずに、バイクを乗り回して過ごした自分は、今更だが仕送りしてくれた親に申し訳が立たない。あと5年程度で退職を迎える年齢になり、自分も人の親になって、ようやく「親の有難み」をひしひしと感じる今日この頃だ。
 では最後に、尊敬の念を込めて苦学して自分の道を貫いた文学青年の有名人を紹介して結びとしたい。

 <早稲田大学卒または中退者>

 タモリ・久米宏・藤木直人・堺雅人・吉永小百合・石田純一・上田晋也・北大路欣也・風間杜夫・井上純一・山田康雄・平田満・益岡徹・川野太郎・假屋崎省吾・紗栄子・羽鳥慎一・皆藤愛子・加藤剛・渡瀬恒彦・中山仁・岡副麻希・三宅正治・宇津井健・手越祐也・市來玲奈・河原崎長一郎・広末涼子・宮澤智・宮司愛海・福澤朗・逸見政孝・寺田農      

 <慶應義塾大学卒または中退者>

 夏八木勲・石原良純・中村雅俊・紺野美沙子・二階堂ふみ・櫻井翔・一青窈・竹内まりや・藤井美菜・小出恵介・別所哲也・小林克也・石原裕次郎・石坂浩二・弘中綾香・中島芽生・平井理央・水卜麻美・辻岡義堂

 他には 細川俊之(学習院大学)、渡哲也・竹脇無我・高橋克典・田中みな実・名取裕子(青山学院大学)、二谷英明(同志社大学)、宍戸錠(日本大学藝術学部)、高倉健・西田敏行(明治大学)、千秋実(中央大学)、芦田伸介(東京外大)、香川照之・加藤登紀子・倉本聰(東京大学)

 

 

2020年5月23日 (土)

残念すぎる自分

 こうやって毎日のように記事を書ていると、そこそこの年齢にもかかわらず文才に乏しい私は、漢字や言葉の使い方など、平気で間違いを犯していながら恥ずかし気もなく過ごしていることに一抹の罪悪感を感じようになった。
 難しめの表現であったり、その事象を表すのに的確な言葉選びができず、戸惑ってばかりだし、その都度反省することしきりだ。日本人でありながら、知識や教養が欠如し、低俗な日本人のまま一生を終わるのかと思うと、自責や自戒の念に堪えない。 

 では、時々「あれ、どっちだっけ?」と思うものや自身の勘違いも甚だしい表現や素朴な疑問について具体例を示したい。

 1 「冬虫夏草」と「夏虫冬草」どっちが正しいか時々わからなくなる。
 2 「腹立たしい」を「腹ただしい」と言ってしまう。
 3  尾形大作が歌ってヒットした「無錫旅情」を「無職旅情」、つまりフーテンの寅さんのことだと思い込んでいた。

 4  感心や感銘を受けた時に用いる「心を打つ」と「胸を打つ」、それに「琴線に触れる」「涙腺が緩む」の上手な使い分けがわからない。

  「胸をよぎる」と「脳裏をかすめる」、「胸に去来する」、私などは手短に「頭に浮かぶ」でやり過ごそうとする。

 5 「心が狭い」ことを「狭量だ」とか、「度量に欠ける」など高尚な言い回しが出来る人を心底羨ましく思う。

  まして「心が貧しい」などという表現は日本語をより難しくしている。

 

 6 「寂寞」「寂寥」「饒舌」「乖離」などという詩的でレベルの高いセリフは使いこなせなかった。歌の歌詞やラジオで知った。
 7 「親バカ」と「バカ親」の意味の違いがわからなかった。まさに「バカ俺」

 8 「情けは人の為ならず」の意味を取り違えていた。「情けをかけるのはその人の為にならないからかけるべきではない」と解釈していたが、まるっきり違っていた。

 9 「気の置けない友」というのが「腹を割ってなんでも言い合える親友」の意味だと知らなかった。

  しかもどうやって腹を割るんだ?死んでしまうではないかと思っていた。

10 眠れない時、「羊が一匹、羊が二匹」と数えるが、でも羊って一頭、二頭だよなと考えると、夜も眠れなくなってしまう。

 

11「猫の手も借りたい」というが、猫に手はない。あるのは前足と後ろ足だけのはずでは・・・。何年も考え込み、悩んでいる。

  招き猫の置物もなぜか「左手」を上げる物とか「右手」を上げる物があって、それぞれ意味が違うという。あれ、手なの?って思う。

12 小心者の例えを「ケツの穴が小さい野郎」とか「肝っ玉が小さい奴」、「心臓が弱い」などというが、どれが一番いいの?
13 驚いたり、唖然とした時に「口をあんぐり開ける」というがあんぐりとは何なのか?「ぽか~んと」ではダメなのか?
14 日本人でありながら日本語を20%くらいしか使いこなせていない気がする。
15 志村けんがコントで演じた「バカ殿」は実際のモデルがいると思っていた。「小早川秀秋」とか?

 

16 嫁ぐと稼ぐは似すぎていて、区別がつかなかった。豚と琢、啄も同じ。 
17 納豆と豆腐(表現が逆では?)、草履と草鞋、笠と傘、霰と雹、靄と霞と霧 どう違うのか理解不能。 
18 河豚と海豚 フグは海にいるのに河の豚で、あんなに賢くてかわいいイルカがなぜ海の豚なのか理解できない。
19 なぜ海のシャチがお城のてっぺんに乗っかって鯱(しゃちほこ)なのか意味がわからない。強さの象徴?

 そもそも日本の海岸にシャチはいたのか?強い者ならサメとか虎や獅子で良かったのでは?

20 ラッコとアザラシとトド、オットセイとセイウチの違いって何なのかがわからない。大きさ?呼吸法?その分類は?

 

21 うさぎは飛べないし羽根も生えていなのにどうして「一羽二羽」と数えるのか? どうも僧侶の勘違いかららしいが。

22 しばしば、時々、時折、頻繁に、しょっちゅうの意味の違いがイマイチわからない 感覚でなんとなくはわかるが・・・

23 「しばらくぶりで」とはどれくらいの間隔なのか?「ひさしぶりに」とはまたどう違うのか?紛らわしい。
24 「小春日和」は春ではない。そして英語ではなぜ「インディアンサマー」なのか?学がないのでわからない。
25 「肌寒い」は秋に使う言葉だと知らなかった。一年中使ってしまっていた。

 

26 人名に大きいと小さいがある不思議 大きいほうがいいに決まっているのでは?小さい人は悔しくないのか?

 大田さんと小田さん、大原さんと小原さん、大田原市と小田原市、大木さんと小木さん、大畑さんと小畑さん、

 大熊さんと小熊さん、大橋さんと小橋さん、大倉さんと小倉さん、大川さんと小川さん、大沢さんと小沢さん、

 大和田さんと小和田さん、大滝さんと小滝さん、大野さんと小野さん、大室さんと小室さんなど どうでもいいことだが・・・。

  
27 今考えると刑事ドラマのタイトル「太陽にほえろ」って・・・。

  太陽にほえることが、どうして刑事ドラマと結びつくのかわからない。

 昔の青春ドラマのように「太陽に向かって走るぞ」などとは今は恥ずかしいし、時代遅れでとても言えないと思ってしまう。 

28 アライグマとレッサーパンダとたぬき、ハクビシンとイタチとムササビ、似すぎていて区別ができない・・・。

29 小噺と都都逸、古典芸能には能楽と雅楽、狂言、歌舞伎など似て非なるものがたくさんありすぎ。狂言師は詐欺師やペテン師のことだと思っていた。 

30 「かまいたち」はカマキリのように「カマ」を持った「イタチ」のことだと思い込んでいた。

31 「ジャスミン茶」と沖縄の「さんぴん茶」は別物だと思っていた。中国語の「シャンピェンツァー」が訛って「さんぴん茶」になったようだ。

32 「1980年」は1970年代だと知らなかった。どうみても1980年代のように思えてしまう。同じ理由で「2000年」は1990年代であって、まだ20世紀なのだ。

 

 最後は「チコちゃん」への質問コーナーのような内容になってしまった。

 

 ところで、作家や新聞記者、編集者などは同じ意味でも難しめの言葉選びをする。そのほうが博識で学があるように見えて、格式が一段高くなるからだ。いくらわかりやすくても平易で稚拙な表現を用いると、安っぽく思えてしまうから、おのずとそうした難解なものを敢えて選択するように思える。だから新聞のコラム欄や社説、論説は辞書片手に格闘しながら読まないと行間を読むことすら厳しい。

 私より10歳程度先輩の世代は、その昔「文学青年」と呼ばれる方々が多く、小説などの純文学を読み漁って、知識と教養をま磨いていた風潮があった。哲学的な思想や適切な表現力に随分舌を巻き、学の足りない自分を「自己反省」させられたものだ。

 

2020年3月28日 (土)

50音で思いつく奇特な言葉

 日本語は難しい。ひらがな、カタカナ、そして漢字を使いこなす日本人は賢い民族だ。しかも、数え方も、対象によって異なる。鉛筆は一本、消しゴムは一個、紙は一枚、そして鳥やうさぎは一羽、猫や犬は一匹だし、馬や牛は一頭と数える。実にややこしいが日本人はちゃんと使いこなしている。また本数でも一本は「いっぽん」だが、二本は「にほん」、しかし三本は「さんぼん」となる。こんなの英語ではsを付けるだけの単純明快だ。日本語は高等な技術を要する言語だと言える。
 そんな日本語を使った言葉遊びやダジャレも私は好きで、あいうえお作文や都都逸、なぞかけなど様々なジャンルがある。まるで笑点だが、そんな中、今日は「50音」で私が連想する言葉を各一語ずつ挙げたい。実は、この言葉遊びだが、連想する言葉で、あなたが楽観的か悲観的か、現実主義かロマンチストかなども判別できるという。では私が思いつく言葉を挙げたい。

 あ・・・愛
 い・・・命
 う・・・運
 え・・・縁
 お・・・恩
 か・・・感謝
 き・・・気持ち
 く・・・苦悩
 け・・・結婚
 こ・・・恋
 さ・・・酒
 し・・・宗教
 す・・・睡眠
 せ・・・生
 そ・・・空
 た・・・旅
 ち・・・秩序
 つ・・・釣り
 て・・・手頃
 と・・・友
 な・・・涙
 に・・・人情
 ぬ・・・ぬくもり
 ね・・・根
 の・・・野原
 は・・・花
 ひ・・・人
 ふ・・・ふれあい
 へ・・・変化
 ほ・・・星
 ま・・・舞
 み・・・未完
 む・・・無我
 め・・・飯
 も・・・モカ
 や・・・野球
 ゆ・・・夢
 よ・・・夜
 ら・・・ラッキー
 り・・・凛
 る・・・瑠璃
 れ・・・檸檬
 ろ・・・録画
 わ・・・侘び
 を・・・
 ん・・・

 ちなみにダメな答えの例(エッチな人など)は・・・ 

 あ・・・悪
 い・・・淫乱
 う・・・浮気
 え・・・エロ
 お・・・女
 か・・・金
 き・・・キス
 く・・・クビ
 け・・・ケツ
 こ・・・コスプレ
 さ・・・詐欺
 し・・・失敗
 す・・・スケベ
 せ・・・性交
 そ・・・粗末
 た・・・黄昏
 ち・・・痴漢
 つ・・・つきまとい
 て・・・テクニシャン
 と・・・戸惑い
 な・・・生
 に・・・妊娠
 ぬ・・・ヌード
 ね・・・寝技
 の・・・覗き
 は・・・ハグ
 ひ・・・人妻
 ふ・・・不倫
 へ・・・変態
 ほ・・・抱擁
 ま・・・麻薬
 み・・・淫ら
 む・・・無縁
 め・・・目障り
 も・・・モヒカン
 や・・・焼き入れ
 ゆ・・・浴衣
 よ・・・酔っ払い
 ら・・・ラリってる
 り・・・リストラ
 る・・・流転
 れ・・・レズ
 ろ・・・ロックアウト
 わ・・・割れ目
 を・・・
 ん・・・
 

 この記事は、実のところ2019年の6月頃に買い始めたが、その後、思い浮かばず、半年以上うるかしておいたもので、だから何の脈絡もないし、ただの思いつきで書いたので、意図しない結末で申し訳ない。箸休め的な感じで見逃して欲しいと思う。

2019年8月18日 (日)

パロディ俳句いじり

 サラリーマンの日常の悲哀を編纂した第一生命の「サラリーマン川柳」が自虐も含め、傑作揃いで毎年楽しみにしている。
また、TBS木曜放送の「プレバト」では、毎回、異なるゲストの競演による俳句が私たちの心を和ませる。「言葉遊び」は
昔から「笑点」などでもお馴染みだし、ダジャレ好きの中年男性も多い。
 かくいう私も、周囲を一瞬で冷凍庫に叩き込むような「お寒い」ギャグを噛まし、大ヒンシュクを買っている場面も日常
茶飯事だ。今日は、超有名な俳句をあえていじり、他人や私自身が考えたギャグ的俳句に作り替えたものを紹介したい。
 
 1 閑さや 岩にしみいる 蝉の声  → やせなさい 腹にしみいる医者の声(サラリーマン川柳作品)
 2 五月雨を あつめて早し 最上川 → さみしくて 集めて生やし もみあげを (偽増毛) 
 3 柿食えば 金がなるなり 法隆寺 → 肉食えば 金もなくなり 拘留中(無銭飲食で捕まった時の一句)
 4 朝顔に つるべとられて もらい水 → 朝っぱら 鶴瓶に来られて もらい泣き(家族に乾杯で急に家に来た)
 5 荒海や 佐渡に横たふ 天の河 → あらくれて ウドに横たふ 天野っち

 6 古池や 蛙とびこむ 水の音 → 古い毛や かつらとへこむ 我が頭
      同上 別バージョン  → 降るIKEA 買わず飛び込む 不意の雨

 7 すずめの子 そこのけそこのけ お馬が通る → すすめハゲ そこの毛そこの毛 額が広がる 
 8 夏草や つわものどもが 夢のあと → 夏臭や つわりばかりで ゲロの跡 (汚なくてすみません) 
 9 名月や 池をめぐりと 夜もすがら → いいケツや 腰をめぐりて 夜もすがら (艶っぽくてすみません)
10 秋深し となりは何を する人ぞ → 砲飛ばし となりは馬鹿を する国ぞ 

11 名月を とってくれろと 泣く子かな → 名月を とってくれろと 無茶言う子
12 やせ蛙 負けるな一茶 是れに有り → やせ我慢 負けるキレる 韓にあり
13 松島や あゝ松島や 松島や → 吉本や あゝ吉本や 吉本や (宮迫作)
14 我と来て 遊べや親の ない雀 → 割って来て 煽られ逆ギレ 殴られる
15 旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る →  暑すぎて イカレて裸で 駆け回る 

16 春の海 ひねもすのたり のたりかな → 花の宴 悪酔いのらり くらりかな
17 菜の花や 月は東に 日は西に → バカボンや お日様 西から東へと 
18 分け入っても分け入っても青い山 → 訳言っても訳言って怖い妻 (団塊ボーイのつぶやき笑いさんのブログより)
19 梅一輪 一輪ほどの あたたかさ → 車中にて 七輪炊いて あの世行き (絶対にやってはいけないことの例えです)    
20 やれ打つな はえが手をする 足をする → やれ打つな 原が手をする 元木する (ブロックサイン)  


 さらに「団塊ボーイ」さんの言葉遊びは絶妙で、傑作を4つほど引用し紹介させていただきたい。

 福に徳あり フグに毒あり
 晴れて結婚 バレて離婚
 靴は履くもの 屑は掃くもの
 性は楽しむ 税は苦しむ

 URLはコチラ  https://ameblo.jp/uncle-joke-joke/entry-11657278912.html 
 
 ほかにも私の高校教師をしている友人の話から、授業中の飲食を注意した時の感想

 雨にも負けず風にも負けず→ 飴にも負けずガムにも負けず

 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり → 試験終了の鐘の音 ショック無情の響きあり

 吾輩は猫である 名前はまだない → 吾輩は猫ひろし 国籍はまだ不明  

2019年7月16日 (火)

クローン技術で甦らせたい人

 クローンは実験段階ではなく、中国などでは実用段階に来ているという。同じ細胞を持った人間を創り出すという発想は、常に倫理観との葛藤が渦巻く。だとしたら、もう一人同じ人間がこの世に作り出せるとしたら、その技術を応用して、ぜひとも甦らせたい人もいれば、絶対に甦らせてはいけない人もいるだろう。前者は、亡くなった身内だったり、名優やスポーツ選手などがいる。もしウサインボルトのクローンで何人ものボルトを再生できたら、陸上の歴史は大きく変わってしまうだろう。後者は、極悪非道の殺人犯や、戦犯などは決してこの世に呼び戻してはいけない面々だろう。今日はクローンの是非は別として、クローン技術で甦らせたい人物、全体に甦らせてはいけない面々についての記事をお送りしたい。

 <クローン技術で再生したい人々>(世間のおかたの意見)

 1 歴史上の人物・政治家

  織田信長 徳川家康 坂本龍馬  聖徳太子
  マザー・テレサ  ナイチン・ゲール  ベートー・ヴェン ショパン  ピカソ  ジョン・F・ケネディ  
  

 2 スポーツ選手

  力道山  ジャイアント馬場      千代の富士   平尾誠二  アンディ・フグ
 

 3 芸能人(映画スター・俳優女優など)

  美空ひばり  石原裕次郎  尾崎 豊
  マイケル・ジャクソン  マリリン・モンロー  テレサ・テン  ジョン・レノン
   

 4 文化人・その他

  本田宗一郎  松下幸之助
  スティーブ・ジョブズ

 ふつうに考えると、この世に甦らせたい人となると、偉人であったり、惜しまれながらこの世を去った人、謎に包まれて真実はどうであったのか、知りたい人などが挙げられる。坂本龍馬を暗殺した張本人は誰だったのか、とか織田信長の死の真相はどうだったのか、そして遺体はどこに紛れてしまったのか、ぜひ解明したいという視点でその名を挙げてしまう。

 

 <私自身がクローン技術で甦らせたい人々>

1 歴史上の人物・政治家 

  諸葛孔明  白虎隊士 二本松少年隊 神保修理  佐川官兵衛  土方歳三  沖田総司
  ベニグノ・アキノ・ジュニア
  吉田茂 田中角栄 市川房江 小渕恵三   
   

 2 スポーツ選手

  円谷幸吉  稲尾和久  村山 実  川上哲治  仰木 彬   藤田元司  輪島幹士  ザ・デストロイヤー  星野仙一
   
 3 芸能人(映画スター・俳優女優など) 

  ジョン・ウェイン  チャールズ・ブロンソン  ポール・ニューマン   ジョージ・ハリスン  フレディ・マーキュリー

  天知 茂  高倉 健  萬屋錦之助  竹脇無我  小林桂樹  桂 歌丸  緒形 拳  二谷英明  加藤 剛
  宇津井健  いかりや長介  沖 雅也  荻島真一  夏 夕介  三船敏郎  大原麗子  夏目雅子

     
  歌手・タレント

  坂井泉水  田中好子  岡田有希子  上原美優  


 4 文化人・その他

  モンキー・パンチ  三島由紀夫  藤本弘(ドラえもんの作者) 手塚治虫

 個人的に「甦らせたい」となると、憧れたいた尊敬する人物だったり、歴史に名を残す功労者だったり、生前会いたくても会えなかった人という目線で考えてしまう。坂井泉水、岡田有希子、上原美優、沖雅也などは、その死の真相は何だったのか、その理由とかを知りたくなってしまう。
  
 <クローン技術があっても再生してほしくない人物>

 1 歴史上の人物

  アドルフ・ヒトラー  マルコス元フィリピン大統領

 2 スポーツ選手

  北の湖(強すぎたから) 

 3 芸能人(映画スター・俳優女優など)

  

  <個人的にクローン技術で甦って欲しくない人物>

 1 歴史上の人物

  伊達政宗(何万人も殺しておいて英雄扱い)
  ムッスリーニ  チャウチェスク
   

 2 スポーツ選手

  ブラッシー(プロレスラー)

 3 芸能人(映画スター・俳優女優など)

  横山やすし  勝新太郎  渥美 清  田宮二郎
  

 4 文化人・殺人犯・その他

  大橋巨泉  

  宮崎 勤(連続幼女誘拐殺害犯)  松本智津夫(その他オウム犯)  勝田清孝(連続婦女殺害犯)
  大久保清(連続婦女暴行殺害犯)  宅間 守(池田小殺傷犯)    加藤智大(秋葉原殺傷犯)

 甦らせたくない人は、身勝手だったり、自己中心的で周囲の迷惑を省みない横暴な人、もちろん殺人犯は論外で、生まれ変わっても同じ
行為に及ぶと容易に想像できるからだ。 


  

2019年1月25日 (金)

著名人の出身大学④

 私は人間の価値は学歴で決まるとは思っていないが、芸能人や文化人で長い期間、活躍できる方というのは、やはり賢かったり、先見の明があったり、秀でた芸を持っているとかなんらかの才能があってのことだと思っている。
 俳優にせよ歌手にせよ、あるいは文化人と呼ばれる方々は、やはり一流の大学を卒業していたり、中退したりしているようだ。
 そこで今回は、一流大と呼ばれる大学に身を置いた著名な方々を取り上げたい。なお、私が思う一流大とは、旧帝大のような国公立大と早慶上、MARCHクラスと呼ばれる偏差値65以上の難関大である。
 長くなるが、俳優・女優、歌手、アナウンサー、芸人、そしてその他の文化人と5つに分類して記したい。

 4回目の今日は、芸人および文化人を取り上げたい。やはり芸人もネタや台本を考えるのにセンスがないとウケないし、社会風刺や流行などにも敏感に目を光らせなければいけない。そういう意味では、調べて見れば賢い方ばかりであった。

 <芸人>編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・田畑藤本
 京都大学・・・宇治原史規

 ○その他の国公立大学出身者

 東京外国語大学・・・光浦靖子
 千葉大学・・・大久保佳代子
 大分大学・・・サンシャイン池崎
 島根大学・・・ブルゾンちえみ
 広島大学・・・アンガールズ田中

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

  小島よしお・上田晋也・タモリ・ラサール石井・箕輪はるか・アンゴラ村長・ひょっこりはん
 立川談笑 

 ○慶應義塾大学出身者

  中田敦彦・ふかわりょう・島田秀平・DaiGo・ミッツマングローブ

 ○立教大学出身者

 有田哲平・荒井注

 ○明治大学出身者

 ○ビートたけし・深沢邦之・藤森慎吾・渡辺正行・水道橋博士・エド・はるみ
  立川志の輔・三宅裕司・三遊亭小遊三

 ○法政大学出身者

 大森うたえもん

 ○青山学院大学出身者

  大竹まこと・三遊亭園楽・にしおかすみこ

 ○その他の私大

 学習院大学・・・仲本工事
 中央大学・・・・・高木ブー・きたろう・林家三平
  立命館大学・・・岡村隆史・高橋茂雄・ユリオカ超特Q
 同志社大学・・・レイザーラモンHG・カズレーザー・岡崎体育
 日本大学芸術学部・・・太田光・田中裕二
 日本大学・・・オードリー春日・天野ひろゆき・ゴリ・桜塚やっくん・関根勤・
 神奈川大学・・・渡部建
 関西大学・・・山里

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「文化人」編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・倉本聡・渡辺恒雄・草野仁・畑正憲・林修・茂木健一郎・森永卓郎
         三浦奈保子・吉田たかよし・阿部佑二・舛添要一・林修
 京都大学・・・鳥越俊太郎

 ○その他の国公立大学出身者

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

  大橋巨泉・筑紫哲也・浅井慎平・いとうせいこう・金美齢・是枝裕和・田原総一朗
  山田太一

 ○慶應義塾大学出身者

  岸井成格

 ○立教大学出身者

 安倍昭恵・関口宏・みのもんた

 ○明治大学出身者

  井崎修五郎

 ○法政大学出身者

  糸井重里

 ○青山学院大学出身者

  北原照久

 ○その他の私大

  学習院大学・・・宮崎駿
  中央大学・・・・・秋元康

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「スポーツ」編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・

 ○その他の国公立大学出身者

 筑波大学

 井原正巳・中山雅史・田嶋幸三・風間八宏・藤田俊哉・猶本光・熊谷紗希・谷本歩実
 田辺陽子・宮下純一・中垣内祐一・苅部俊二・山下訓史・池田信太郎・ジャンボ鶴田
 小川直也
 

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

 仁志敏久・青木宣親・岡田彰布・斎藤佑樹・鳥谷敬・藤井秀悟・谷沢健一・和田毅
 柿谷曜一朗・福原愛・瀬古利彦・渡辺康幸・大迫傑・瀬戸大也・平井伯昌・星奈津美
 荒川静香・村主章枝・荻原健司・次晴・八木沼純子・渡部暁斗・佐藤琢磨

 ○慶應義塾大学出身者

 高橋由伸・武藤嘉紀・河井陽介・江藤省三・藤田元司・別当薫・広瀬功・水原茂
 石黒修・立石諒・松平康隆・山縣亮太

 ○立教大学出身者

 長嶋茂雄・杉浦忠・土井正三・西本幸雄・大沢啓二

 ○明治大学出身者

 星野仙一・杉下茂・松尾雄治・ 長友佑都・笠谷幸生・吉田秀彦・広澤克実・三ヶ田礼一
 青地清二・川上憲伸・泉浩・大仁田厚・武田一浩・牧野茂・木村和司・野村祐輔・大下弘
 マサ斎藤

 ○法政大学出身者

  江川卓・鶴岡一人・近藤貞雄・関根潤三・根本睦夫・山本浩二・田淵幸一・小早川毅彦
 西田真二・江本孟紀・木戸克彦・秦真司・長池徳士・新井宏昌・大島公一・石井丈裕
 清水秀彦・水沼貴史・不破弘樹・為末大・米田一典・三宅義信・三宅宏実・日馬富士公平
 佐藤有香

 ○青山学院大学出身者

 井口資仁・石川雅規・小久保裕紀・三浦淳宏・神野大地・藤森安奈

 ○その他の私大

 中央大学

 阿部慎之助・澤村拓一・亀井義行・石渡茂・末次民夫・高木豊・武上四郎・笘篠賢治
 豪風旭・田中雅美・中村真衣・福井烈・室屋義秀
      

2019年1月23日 (水)

著名人の出身大学②

 私は人間の価値は学歴で決まるとは思っていないが、芸能人や文化人で長い期間、活躍できる方というのは、やはり賢かったり、先見の明があったり、秀でた芸を持っているとかなんらかの才能があってのことだと思っている。
 俳優にせよ歌手にせよ、あるいは文化人と呼ばれる方々は、やはり一流の大学を卒業していたり、中退したりしているようだ。
 そこで今回は、一流大と呼ばれる大学に身を置いた著名な方々を取り上げたい。なお、私が思う一流大とは、旧帝大のような国公立大と早慶上、MARCHクラスと呼ばれる偏差値65以上の難関大である。
 長くなるが、俳優・女優、歌手、アナウンサー、芸人、そしてその他の文化人と5つに分類して記したい。

 <男性歌手・ミュージシャン>編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・小椋圭・小沢健二

 ○その他の国公立大学出身者

 横浜国立大学・・・稲葉浩志
 東京外国語大学・・・タケカワユキヒデ
 東京藝術大学・・・坂本龍一・葉加瀬太郎
 横浜市立大学・・・平井堅
 東北大学・・・小田和正

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

 小田和正(大学院)・小室哲哉・サンプラザ中野・デーモン小暮・中丸雄一・あんべ光俊
 大瀧詠一

 ○慶應義塾大学出身者

 岩田剛典・菊池風磨・櫻井翔

 ○立教大学出身者

 高石ともや・細野晴臣・ディック・ミネ・佐野元春

 ○明治大学出身者

 宇崎竜童・山下達郎・伊野尾慧・小山慶一郎・三橋美智也・寺内タケシ・山田パンダ
 KENCHI

 ○法政大学出身者

 小林直己・甲本ヒロト・KAN・田中星児・ジャッキー吉川・三条正人

 ○青山学院大学出身者

 加藤成亮・槇原敬之・桑田佳祐

 ○その他の私大

 中央大学・・・・・ナオミ・インテラミ・出門英
 明治学院大学・・・中島健人
  亜細亜大学・・・北山宏光・風間俊介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「女性歌手・ミュージシャン」編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・加藤登紀子

 ○その他の国公立大学出身者

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

 仲俣汐里・庄野真代

 ○慶應義塾大学出身者

 竹内まりや・一青窈・miwa・鈴木愛理

 ○立教大学出身者

 特に該当者なし

 ○明治大学出身者

 特に該当者なし

 ○法政大学出身者 

 外岡えりか

 ○青山学院大学出身者

 惣田紗莉渚・谷村奈南・原由子

 ○その他の私大

 亜細亜大学・・・夏川りみ

2019年1月22日 (火)

著名人の出身大学①

 私は人間の価値は学歴で決まるとは思っていないが、芸能人や文化人で長い期間、活躍できる方というのは、やはり賢かったり、先見の明があったり、秀でた芸を持っているとかなんらかの才能があってのことだと思っている。
 俳優にせよ歌手にせよ、あるいは文化人と呼ばれる方々は、やはり一流の大学を卒業していたり、中退したりしている方が多いようだ。
 そこで今回は、一流大と呼ばれる大学に身を置いた著名な方々を取り上げたい。なお、私が思う一流大とは、旧帝大のような国公立大と早慶上、MARCHクラスと呼ばれる偏差値65以上の難関大である。
 長くなるが、俳優・女優、歌手、アナウンサー、芸人、そしてその他の文化人と5つに分類して記したい。

 <俳優>編

 ○東京大学・京都大学出身者

 東京大学・・・香川照之・矢崎滋・渡辺文雄・山村聡
 京都大学・・・辰巳琢郎

 ○その他の国公立大学出身者

 横浜国立大学・・・加藤雅也・西島秀俊
 東京外国語大学・・・鈴木亮平
 東京藝術大学・・・伊勢谷友介・野村萬齋
 神戸大学・・・佐々木蔵之介
 名古屋大学・・・大和田獏

 ○早稲田大学出身者(中退も含む)

 加藤剛・森繁久彌・石田純一・内野聖陽・北大路欣也・長塚京三・風間杜夫
 堺雅人・菅原文太・藤木直人

 ○慶應義塾大学出身者

 石原裕次郎・中村雅俊・石坂浩二・市川亀治郎・加山雄三・小出恵介・別所哲也
 水嶋ヒロ・芥川比呂志・夏八木勲・中川勝彦・市川猿之助・石原良純

 ○立教大学出身者

  上原謙・佐野周二・関口知宏・本郷功次郎・高橋悦史・山下規介

 ○明治大学出身者

  西田敏行・山下智久・小林旭・斉藤洋介・高倉健・向井理・大杉漣・遠野英治郎
 夏木陽介・八名信夫・原田大二郎・黒田アーサー・

 ○法政大学出身者

 伊藤淳史・美木良介・松村達雄・根上淳・岸田森・誠直也・村上弘明・美木良介
 成川哲夫

 ○青山学院大学出身者

 渡哲也・高橋克典・和泉元彌・椎名桔平・鈴木浩介・賀来賢人・勝野洋・竹脇無我
 渡辺大・松田洋治
 

 ○その他の私大

 学習院大学・・・児玉清・角野卓造・田宮二郎・細川俊之・六角精児・
 中央大学・・・・・阿部寛・上川隆也・岸谷五朗・丹波哲郎・渥美清・千秋実・仲谷昇
           古谷一行・黒部進・大野しげひさ・山下真司・小松方正・長谷川博己
 立正大学・・・竹内涼真
 成城大学・・・えなりかずき
           

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「女優」編

 ○東京大学出身者

 菊川怜・高田万由子

 ○その他の国公立大学出身者

 横浜国立大学・・・福田萌・眞鍋かをり
  熊本大学・・・宮崎美子・齋藤慶子
 東京学芸大学・・・優木まおみ

  ○早稲田大学出身者(中退を含む)

 サエコ・広末涼子・吉永小百合・室井滋

 ○慶應義塾大学出身者

 トリンドル玲奈・菊池麻衣子・紺野美沙子・二谷友里恵・藤井美菜

 ○立教大学出身者

 掘田茜・南沢奈央・野際陽子

 ○明治大学出身者

 井上真央・北川景子・柴田理恵・泉里香・川島海荷・田中裕子・山本美月・松原智恵子
 深浦加奈子・南沢奈央・原田夏希・松原智恵子

 ○法政大学出身者

 肘井美佳・菊池桃子・前田亜季・中田あすみ・中江有里

 ○青山学院大学出身者

 名取裕子・星野真里・筒井真理子・寺島しのぶ・前田愛・横山めぐみ・田中裕子

 ○その他の私大

 学習院大学・・・麻木久仁子
 フェリス女学院・・・桐谷美玲
 日本女子体育大学・・・土屋太凰
  亜細亜大学・・・小池里奈・酒井美紀・坂下千里子・吉木りさ・瀧本美織・ベッキー 

http://cute.sh/toshi/seek/university.html

  俳優や女優も高学歴の方が多い。セリフ覚えも賢さが必要ということか。研ぎ澄まされた感覚も演技には必要だし、凡人には無い感性や芸術性も大切。そういう意味では、頭が良い人が、長く活動でき、生き残っているように思える。

 明日は第二弾として、高学歴の歌手(シンガー)を取り上げたい。

2018年12月26日 (水)

アスリートたちの語学力

 日本代表として国際大会で戦うことが多いアスリートたち。野球のメジャーリーグやバレー、サッカーで外国のクラブチームに移籍すれば、チームメートとは英語やその国の言語でコミュニケーションを図ることが求められる。
 例えば、錦織圭選手の英語、日本代表のGKだった川島選手は5か国語以上話せると聞くし、中田英寿のイタリア語、カズのポルトガル語、久保のスペイン語、福原愛や石川佳純の中国語はとにかく流暢で、ネイティブ並みに巧いと絶賛されている。
 彼らはいかにして英語力を習得し、英語でのインタビューなどに応えているのか?
 今回はアスリートたちの英語力を検証するため、インタビュー動画をアップしてみたい。

 1 羽生結弦

https://www.youtube.com/watch?v=3PMFVUFrLqY

  この動画を見た女性ファンは、スケートだけでなく彼の溢れる才能にまた虜になること間違いなし。また、世界中のフィギュアスケーターから人気があり、リスペクトされる理由もわかる。決して技術だけでなく、彼の人柄や人間性に惚れ込むのだと思う。

 2 錦織圭

 錦織圭の英語力は昔から定評があった。4大オープンだけでなく、アメリカを始め、外国での生活が長いし、マイケン・チャンコーチと英語でのやりとりが必要。是が非でも英語を使うし、英語が出来ないと務まらない。

 3 藤澤五月&吉田知那美

https://www.youtube.com/watch?v=V_JwAs__Kp4

 LS北見の二人だが、世界選手権で外国に遠征することが多い二人。日本のカーリング会を牽引するだけでなく、外国のチームと互角以上に渡り合い、戦っている理由の一端を垣間見れる。

 4 入江陵介

 競泳の瀬戸や萩野、池江もそうだが、国際大会で活躍するアスリートはやはり英語でコンディションなどを聞かれるケースが多い。臆せず堂々とインタビューに答える姿はやはりカッコいい。

 5 通訳まで務める石川佳純選手

 石川佳純の凄すぎるファンサービス

 中国人にも人気がある理由がこの動画を見ればわかる。質問したファンが誕生日だとわかると、惜しげもなくスマホケースを手渡す。普通なかなかできない行動に、ファンはメロメロだ。

 さて、国際大会で活躍しているアスリートは、外国人のプレスとのコミュニケーションが必要になる。また、コーチが外国人だったり、いやがおうにもコミュニケーションの手段として英語を始め、その国の言葉を覚えなければとけこめない部分がある。
 必要に迫られて話せるようになるケースもあるが、積極的に意思疎通を図ろうとする意識や姿勢がアスリートとしての成長も促すように思える。

2018年11月 3日 (土)

ミッション 間違いを正せ!

 日本語は難しい。なぜなら平仮名、カタカナ、漢字があり、さらには外来語も器用にも使いこなしている。日本人はどれだけ賢い民族なのかと感心してしまう。
 でも知らず知らず誤用している文字や表現がある。今日は皆さんにテストしたい。正しく書けているか、思い違いをしていないかを各自確認してほしい。

 次に挙げる四字熟語やことわざ、格言、慣用句は少しパロディ気味ですが、すべて間違っています。正しく直せますか?

 1 猿ものは追わず                51 天火の分かれ目
 2 捨てる紙あれば拾う紙あり         52 石橋を壊して渡れ
 3 尻に引かれる                 53 光屋の白袴
 4 噂も方便                    54 一時が万事
 5 合羽の川流れ                55 明日は明日の風邪が吹く
 6 琢に真珠                   56 一実千秋
 7 四面楚化                   57 犬も歩けば糞に当たる
 8 一語一会                   58 井の中の蛙大会を知らず
 9 鶏口となるも牛歩となるなかれ      59 言わぬが鼻
10 雀尺まで踊り忘れず             60  噂をすれば陰が射す

11 端にも棒にもかからない           61 月とスポーツ
12 思慮粉別                    62  江戸の仇を長野で討つ 
13 島崎藤村の「破壊」              63  鬼が出るか虻が出るか
14 百鬼繚乱                    64 宮沢賢治の「銀河鉄道999」 
15 一揆一憂                    65 鬼の居ぬ間の選択
16 暖簾に椀押し                 66 溺れる者は藪をも掴む
17 他力本顔                    67  三人寄れば文殊さま
18 志賀直哉の「暗夜航路」           68 蛙の子はお玉杓子
19 夏目漱石の「我輩は猫である」       69  飼い犬に足を噛まれる
20 泣きっ面に蚊                 70 鐘は天下の回りもの

21 勝って兜の尾を締めよ            71 亀の甲より鶴の功
22 無言実行                    72  画竜天睛
23 馬の耳に粘仏                 73  枯れ木も花の賑わい
24 一寸の虫にも五厘の魂            74 可愛い子には楽をさせよ
25 諸行無情                    75  聞いて極楽見て天国
26 百性一揆                    76 臭いものに豚をする
27 宮本武蔵の「七輪の書」           77  腐っても豆 
28 五里夢中                    78  苦しいときの金頼み
29 馬耳痛風                    79 国敗れて山河あり
30 因果応酬                    80 蛍雪の光

31 完全懲悪                    81 光印矢のごとし 
32 性交雨読                    82 虎穴に入らずんば孤児を得ず  
33 天体観側                    83 三個の霊
34 商売繁栄                    84 酒に交われば赤くなる
35 殖産工業                    85 機上の空論
36 羊頭苦肉                    86 好きものこそ物の上手なれ
37 彩色兼備                    87 袖振り合うも多少の縁
38 虚心坦壊                    88 宝の待ち腐れ
39 医者の不療生                 89 立つ鳥後を濁さず 
40 文明開花                    90 畳食う虫も好き好き 

41 二頭を追うものは一頭をも得ず      91 皿で皿を洗う
42 大化の改心                  92 朝令墓改
43 有体離脱                    93 鶴は千年亀は万年堂
44 月火氷人                    94 適は本能寺にあり
45 前人未踏                    95 出る杭は撃たれる 
46 偶然絶後                    96 毒をもって妻を制す
47 一連托生                    97 年寄りの冷や汗 (高齢者運転?)
48 釈迦に説教                  98 逃した恋は大きい
49 仏法筆の誤り                 99 濡れ手で泡
50 価値感の多様化              100 早起きは三文の得 

 つい笑いがほしくて、しょうもないことを書いてしまった・・・。
 大変申し訳ないのですが、これらには正解は記載しませんので、どこがどう間違っているのか、自分で確かめて欲しい。一見当っているように見えるものもあるが、すべてどこか間違っています。

 最後にひと言・・・・ 日本語は正しく使いましょう。