2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 臨時掲載:庶民感覚とズレまくりの永田町 | トップページ | 緊急掲載「FAZE 試運転のはずが・・・」 »

2021年2月13日 (土)

緊急掲載「つ、ついに・・・」

 2/11(木)に続き、タイムラグが生じないように再び「緊急掲載」で情報を提供します。郡山市民の方は、品質をご自分の目でお確かめの上、お買い求めいただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・

 昨年の春から夏頃にかけて「マスク不足」が深刻化し、ネットでも50枚入りで4,000円以上の高値が付いた。我が郡山でもドラッグストアやスーパー、100均などから一斉にマスクが売り場から消えた。ようやくマスクを売る店を見つけたと思ったら、50枚入りで5,000円前後と、ぼったくりにも等しい高騰暴利市場であった。
 
 その後、感染者は増加の一途を辿り、現状とはまるっきり逆行するような「GOTOトラベル」「GOTOイート」キャンペーンという政府の愚策のせいで、感染爆発を招き、東京都では一日最大2,400人を超える感染者に見舞われた。それは首都圏だけの話ではなく、地方にもその波は訪れ、我が福島県でも2月11日(木)時点で1,818名が感染し、59名が死亡した。そのほとんどが70歳以上の高齢者で、96.6%を占めている。
 一方で郡山市は、一時期、県内最大の感染者を出したが、福島市の各地で発生した病院や介護施設クラスターによって、ダントツの感染者数を出したために、2月11日(木)時点では323名で、県全体から見れば17.7%となっている。

 こうした感染拡大が続く中、その最大の予防策がマスクであるのは衆知のところだが、驚いたことに、あれほどマスク不足が続いていた国内において、今は、「投げ売り」状態と化している。それが証拠、下の画像を見てください。

Img_1372

 これは2月11日(木)の建国記念の祝日に、私が毎週訪れている咲田にある「Sストア」の入り口の光景だ。入り口に段ボールが山積みで、なんとそれだけにとどまらず、店内にも同じように箱入りマスクが大量に積まれていた。

 しかも、これ全部、布マスクよりも予防効果が高い「3層構造の不織布マスク」で、言わずもがなの中国製。現在、日本市場に出回っているマスクの80%以上は「中国製」らしいのだが、これほどまでに値崩れしたとは俄かに信じがたい光景だった。50枚入りの不織布マスクがたったの298円(税込みでは328円)で買えるのだ。半年前とは雲泥の差。もしかすると、コロナ発生前よりも安いのではないか?

Img_1438
Img_1439

 どうしてこういう品余りの事態になったのか?ワクチン接種に一定の見通しがついたからなのか?あるいはここぞとばかりに金儲けの絶好の機会だとしてマスクが大量生産され、需要よりも供給量が大幅に上回ったためなのか?それにしてもどうも解せない。

 もしそうだとしても、中国の策略が見て取れる。武漢発の新型コロナウイルスは世界規模で蔓延し、多数の死者を出した猛威である。それを中国が武漢を都市封鎖し、あらゆる手立てで封じ込めたのはあまりにも腑に落ちない。


 やはり、当ブログで何度も指摘しているように、中国政府が小賢しい悪知恵で今回のウイルスを作りだした張本人なのではないか?それはアメリカへの対抗だけでなく、世界征服を目論む中国人が未知のウイルスを作り出し、全世界にバラまいたとしか思えない。だから初めから中国の研究者はそれに対するワクチンを持っていて、秘密裏に接種したから、中国での蔓延を未然に防除できたのであろう。
 経済的にも社会的にも、軍事的にも、保健衛生的にもすべてにおいて敵対関係にあるアメリカに物言わせたいがために、このような策略を仕組んだのだろう。
 だとしたら、すべてのつじつまが合う。マスク不足を解消し、世界各国に媚を売り、経済的優位に国際戦略を展開する腹積もりだったかもしれない。
 その思惑が外れたのが、アメリカのファイザー製ワクチン、モデルナワクチン、イギリスのアストラゼネカワクチンの早期開発だ。これで中国の計算が狂ったのだろう。在庫を抱えたマスクを処分しなければならなくなり、急遽各国に安値でバラ撒きを始めたということか。当たらずとも遠からずで、粗方そんなところだろう。

Pfizer

 さて、我が郡山市内でも中国製マスクの大量処分が始まった。ひと箱50枚入りで298円のマスク。あなただったら買いますか?あまりにも安すぎて、気味悪がって「何か仕込んであるのでは?」と勘繰って買いませんか?
 厚生労働省は、「不織布一枚ではコロナへの予防効果が薄い」と突如言い出し、2枚重ねを推奨し始めた。ならば、この安いマスクを大量に購入し、毎日2枚ずつ消費しますか?それが目的なら、この298円マスクも使いようがあるかもしれない。

 298円マスク、果たしてそれはコロナウイルス予防の救世主になり得るだろうか?

« 臨時掲載:庶民感覚とズレまくりの永田町 | トップページ | 緊急掲載「FAZE 試運転のはずが・・・」 »

郡山の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 臨時掲載:庶民感覚とズレまくりの永田町 | トップページ | 緊急掲載「FAZE 試運転のはずが・・・」 »