2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 始末に負えぬは中高年?! | トップページ | 同じ轍を踏み続ける韓国の愚直さ »

2021年1月26日 (火)

東大卒のアナウンサー

 女子アナと言うと「早稲田」「慶應」「青学」あたりが出身校のベスト3だったが、最近はなぜか東京大学卒のエリートが局アナを志望し、採用されているケースが目立つ。日本では最高学府である「東大」なので、頭脳明晰であることはもちろんだが、近年は容姿端麗さも加わってるから、もはや無敵状態だ。
 そこで今回は、出身大学でその人の人柄や才能を決すると決めつける意図は毛頭ないし、東大卒がすべてではないが、アナウンサーたる職業は、知識と教養はもちろんだが、どんな時でも冷静かつ視聴者に不快感を与えないような対応が求められることから、東大卒のアナウンサーを列挙したい。すでに退社した方も含みます。

 NHK

 男性 中村信博、佐藤誠太、児林大介、森田洋平、網秀一郎、松岡忠幸、平野哲史、塚原泰介、吉岡大輔、上野速人、福井裕一郎、坪倉善彦、岩佐英治、内多勝康、石井裕、池田裕行、瀬戸秀夫、松井治伸、杉原満、内藤啓史、国井雅比古、宮川泰夫、草野仁、川野一宇、西沢祥平、大橋拓 
 女性 和久田麻由子、小正裕佳子、膳場貴子、島津有理子、高橋美鈴、高井真理子、黒崎めぐみ、小野文恵、堀江さゆみ、渡邊あゆみ、迫田朋子、山田敦子、広瀬修子、澤田彩香、中山果奈


 日本テレビ

 男性 桝太一、久能靖
 女性 山本舞衣子

 テレビ朝日

 男性 西脇亨輔
 女性 丸川珠代、根木かおる
    
 東京放送

 男性 喜入友浩、田中宏明、下村健一、椎野茂、料治直矢
 女性 岡村仁美、有村かおり、篠原梨菜

 テレビ東京

 男性 斉藤一也
 女性 なし
 
 フジテレビ

 男性 安宅晃樹
 女性 佐々木恭子、藤本万梨乃

 福島県内のアナウンサー

 NHK

 芳賀健太郎、安藤結衣 

HagakentarouAndouyui2  

 やはり天下の国営放送(NHK)がダントツで東大出身者を輩出している。県内ではNHKの「はまなか会津Today」のメインキャスターの芳賀アナ、安藤アナが東大卒で、いつ東京アナウンス室に異動しても不思議ではない。
 民放キー局では、東大卒は扱いづらいのか、あまり採用されていない。もっとも東大を出て、アナウンサーを目指すというのは異色なのかもしれない。それでも対応できてしまうから、やはりモノが違う。多くは法曹界や商社などの経済界、保険や証券などの金融業界、各省庁の官僚、外交官などエリート畑へ進んでいるようだ。  

 また、東大卒ともなれば、地方局アナくらいでは満足できないようで、地方は、東大を除く東京6大学やMARCHクラスの出身者が大半を占めている。特に東京のキー局は、早稲田、上智、慶應、明治、立教、青学、法政、中央卒者が7割以上を占めていると言われている。

 最後に、早慶は別格として、最近の女子アナを圧倒的に輩出している「青学」と「明治」卒の方を列挙して結びとしたい。

 「青山学院大学出身の女子アナ」

 NHK 藤井彩子
 日本テレビ 森麻季、河合彩
 テレビ朝日 紀真耶、久冨慶子、小川彩佳、堂真理子 市川寛子、岡田洋子、田中真理子
 東京放送 山本里菜、日比麻音子、皆川玲奈、田中みな実、江藤愛、小林麻耶、菅原牧子
 テレビ東京 竹崎由佳、松丸友紀、
 フジテレビ 井上清華、久慈暁子、三田友梨佳、梅津弥英子、木佐彩子、松田朋恵
 フリー 玉木碧、新井恵理那、滝本沙奈、滝川クリステル

 どうやらミスキャンパスになった方が多く、逆に言えば、アナウンサー志望なら青学のミスキャンパスに選ばれることが早道かもしれ
ない。

 「明治大学出身の女子アナ」

 NHK 桜井洋子
 日本テレビ
 テレビ朝日 田中萌 
 東京放送 山本恵里伽、林美沙希、水野真裕美、高畑百合子
 テレビ東京 野沢春日
 フジテレビ
 フリー 吉田奈央

 明治は男性アナがダントツに多い。しかも地方局は明治卒が圧倒している。これも学風なのだろう。
 
 総括すれば、学閥はないとは思うが、NHKは東大、日テレは早稲田、フジは早稲田と慶應、テレ朝は立教と青学、東京放送は明治と青学、テレ東はバラエティに採用という結果が見られた。こうして分析してみると、テレビ各局の傾向がより鮮明になる。 
 

« 始末に負えぬは中高年?! | トップページ | 同じ轍を踏み続ける韓国の愚直さ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 始末に負えぬは中高年?! | トップページ | 同じ轍を踏み続ける韓国の愚直さ »