2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« クリスマスソングと言えば | トップページ | 福島県の危機を打破せよ! »

2020年12月25日 (金)

クイズ、この方は誰でしょう?

 「昔取った杵柄」という言葉がある。過去にどんなに脚光を浴びても寄る年波には勝てず、時間の経過とともに昔の面影が無くなる。物なら減価償却とか経年劣化というが、さすがにそれは人には失礼で使えず、歳を重ねてかっこよくなる方もいるし、老練の業や侘び寂で年相応の人間性を醸しだす方も大勢いる。
 とかく女性の場合には20代くらいが一番輝いて見える年代のようで、その頃に絶頂を迎え、活躍した方々を現在のお姿から予測して当てていただきたいと思う。

 1 この写真の女性は誰?

 Kumesayuri

 ヒント 現在は「久米小百合」さんという名で芸能活動を継続されています。

 2 この写真の女性は誰?

Who

 ヒント 1980年代後期に大ヒットした明石家さんま主演のドラマの主題歌を歌ったシンガー

 3 この写真の女性は誰?

Who-is-she

 ヒント 「吉高由里子」さんではありません。俳優の真田広之さんの前夫人だった方。

 4 この写真の女性は誰?

Annu

 ヒント 1970年代、世の男性は彼女の虜になった筈だ。子どもたちのヒーローであった番組にマドンナ役として出演し、人気が爆発した。

 

 答え 1 久保田早紀さん

 1970年代末期に突如彗星の如く現れた謎めいた魅力に溢れたシンガーソングライター。当時、珍しかったソバージュに妖しげな美魔女風のいでたちに彼女の虜になった男性諸氏も多いことだろう。ミステリアスな雰囲気とエキゾチックな曲調の「異邦人(1979年)」が大ヒットし、あの時代では珍しい存在だったと記憶している。血液型はB型。当時、私は高1だった。当時のお姿はコチラ。

Kubotasaki3

 異邦人を歌う久保田早紀さん→ https://www.youtube.com/watch?v=ck5fkmCsCwM

 答え 2 石井明美さん

 「男女7人夏物語」の主題歌「CHA-CHA-CHA」を歌い、独特なダンスの振り付けで一世を風靡した。彼女も不思議な魅力の持ち主だった。彼女はその後も、外国曲のカヴァーを歌い、「ランバダ」をもヒットさせた。個人的には同じB型で当時、「オールナイトFuji」のMCなどを務めていた秋本奈緒美さんにイメージがダブる。
 明石やさんま演じる「今井」と大竹しのぶの「桃子」が繰り広げたドタバタ恋愛劇。その要所要所でこの曲が流れた。貞九郎役の片岡鶴太郎がいい味を出していた。

Ishiakemi
 このドラマは続編「男女7人秋物語」が制作・放映され、その主題歌「Show me」は現在、布施明夫人となった「森川由加里」さんが歌ってヒットした。

「男女7人夏物語OP」はコチラ→ https://www.nicovideo.jp/watch/sm4074601

 答え 3 手塚理美さん

 中学生の頃、私が好きだったタレント。10代の頃の彼女は女優の「吉高由里子」に似ている。当時は小林亜星とCMに出ていた。体操着姿でいいように触られまくっていた。デビュー当時は「手塚さとみ」名で活動していた。

当時のCMはコチラ(40秒後から)→ https://www.youtube.com/watch?v=TTxSko_k8wI

手塚理美さんの1978年からのCM集→ https://www.youtube.com/watch?v=gHhPgJ05wSc

 艶々した黒いロングヘアーだったため、シャンプーのCMに引っ張りだこだったことを記憶している。

 あの頃は、「ガラスのうさぎ」に出演していた「蝦名由紀子」(後のアイドル「浅沼友紀子」)さんも大好きな若手女優さんで、手塚さんに似ていた。実は、私が小6から中3まで通っていた塾に彼女にそっくりな女子がいて、付き合う寸前までいったのにもったいないことをした。 

 「男女7人秋物語」で見せた手塚さんのトレンドに敏感そうで小悪魔的な魅力はAB型女性特有のものだった。

 現在の手塚理美さんのお姿はコチラ

Tezuka

 答え 4 ひし美ゆり子さん(旧名:菱見百合子)

 彼女は吉永小百合さんとイメージがダブるが、同じO型で、熱狂的なファンがついていた。彼女は「ウルトラセブン」に登場する「ウルトラ警備隊」の紅一点、アンヌ隊員役を演じた。たぶん子どもたちだけでなく、大人たちも彼女のアンニュイな魅力や可愛らしさにメロメロになったことだろう。

 当時のお姿はコチラ

 今から50年近く前のお姿はコチラ

HishimiHishimi2

 彼女の魅力が伝わる映像集はコチラ→https://www.youtube.com/watch?v=gbpTZ1Rxb84

 誰もが憧れを抱くような容姿だ。プロポーションも抜群で、ブロマイドも飛ぶように売れた。ウルトラセブンの後は、結構あのお色気を存分に生かし、かなり露出度が高い作品にも体当たりでチャレンジし、外見の清楚でおしとやかな印象とは裏腹に、肉食系の役などもこなし、演技の幅を広げた。しかし、当時のファンはやきもきしていたに違いない。
 現在は調布市でご主人とアジアン料理店を経営している。

 さて、それぞれお歳を召されて、貫禄がでた印象。人生経験を踏んで、かっこよく歳をとったと思うが、若かりし頃に誰もが輝いていたことを実感してしまう。最近還暦を越えた宮崎美子さんが、現在の水着でのグラビアを公表した。「ミノルタX-7」のCMの頃とスタイルがさほど変わっていなくて驚いたが、それは女優ゆえの特例であって、一般の方は若い頃の肌艶はやはり、若い時分の特権であることが窺い知れる。

 「一事が万事」という言葉もあるにはあるが、経験を積んで出せる味わいというのもあるし、年齢相当の役どころを演じられるのはやはり歳を重ねないと演じきれない。そういう意味では、今日、取り上げさせていただいたシンガーや女優さんは、他を圧倒する魅力に溢れた方々だと思う。

« クリスマスソングと言えば | トップページ | 福島県の危機を打破せよ! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスソングと言えば | トップページ | 福島県の危機を打破せよ! »