2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« これはもはや政府の犯罪! | トップページ | 今でも残念に思う番組「消えた天才」 »

2020年11月14日 (土)

ビッグスクーター購入に至った経緯

 学生時代は初期型の「VT-250F」で北海道じゅうや首都圏、信州、北陸などを旅してまわり、社会人では「CBR250RH(ハリケーン)」を購入し、北海道を始め、あちこちツーリングに出かけたものだ。

VtCbr250rhurricane

 結婚後、子育てにお金がかかったことで、ずっとバイクからは遠ざかり、高血圧と腰痛が持病としてあることから「次にバイクに乗る時は死ぬ時」と勝手に言い訳を作り、我慢して来た。
 現在は、子どもたちも巣立ち、親元を離れて就職した今、最近のリターンライダーが増えているとの御多分に漏れず、急にバイクに乗りたくなった。しかも11月に入り、寒くなった今頃にだ。
 そのきっかけは、娘が250ccのバイクに乗り出したこと、電車から車通勤に変えてからというもの、駅前のコインPに毎回500円を投入するのが結構大変で、バイクなら駅前に一日駐車しても1回50円で、しかも管理人常駐なので盗難や悪戯の心配も少ない。また、1カ月借りても1,000円ぽっきりであることから、割安感があり、ならばと背中を押された。

 しかし、熟年ライダーは事故も多いことで尻込みしていたし、バイクに跨るのも四半世紀振り。当然、若い頃の反射神経や運転能力も衰えているのは火を見るより明らか。よって、ギアチェンジの操作が不要でエンストの心配がない「ビッグスクーター」に狙いを絞った。

 希望していた車種はホンダの「フォルツァZ」だった。しかし、地元のバイク屋(28年前にCBRを買ったレッドバロンなど)は、年式が古くて走行距離が多い割に価格が高く、お買い得感がなかった。よって、今回は初めての通販での購入を考えた。故障や不具合発生、メンテナンスを考えると不安だが、首都圏のバイクは街乗りが多く、意外と走行距離が少ないのと、価格が地方より割安だ。

 たぶん、「これから寒くなるこの時期に、なにゆえバイク購入?」と思った方が多いかもしれない。実は、春から夏の間はバイクに乗る人が多いので、玉数が少ないが、寒くなる秋や冬には手放す人が増えるので、今の時期は在庫が豊富にあるバイク屋が多いらしい。しかもコロナ禍の昨今、企業の業績悪化や自営業者は生計が立たず、経済的に苦しくなり、泣く泣くバイクを売って生活費に変える方々が多いのだという。
 では二転三転したが、これからビッグスクーターを購入される方は何かの参考にしてほしいと思います。

 10月29日(木)「グーバイク」を検索し、埼玉県浦和市にあるバイク屋の「フォルツァZオーデイオパッケージ」(2008年式)に目をつけ、見積もり依頼。色はガンメタでシートが個性あふれる黄色。走行距離は17,110キロ 車両本体価格が27.5万円で支払総額は32.4万円

Img_8146_r

 何が気に入ったかというとオプションの装備が半端ない。

 ①ロングスクリーン
 ②ETC
 ③ABS
 ④オーディオ(AM・FM・AUX)
 ⑤ナックルカバー
 ⑥ニールカバー(風除け)
 ⑦大型リアボックス
 ⑧セキュリティー 

 おそらく後付けしたら、20万円は飛びそうだ。

 10月30日(金)埼玉県浦和市のバイク屋から回答

 [見積り明細]
 車両本体価格(税込10%):275,000円
 登録料   :19,800円
 納車セットアップ費用 :16,500円
 非課税分諸費用計     :7,670円
 支払合計         :318,970円 これ以外に配送費が別途かかる。

 色が黄色シートで躊躇して悩んでいた。するとなんと2日後には「グーバイク」から削除されてしまい、慌てて問い合わせたらもう売約済とのこと。程度や装備が良い「フォルツァZ」はすぐに売れてしまうとのこと。機を逸してしまった。後から悔しくて仕方なかった。

 その後、本命のシルバーの「フォルツァZ」を模索。「バイク王」でよさげなバイク2台について、2か所から見積もりを取る。

 1つ目は相模原市のバイク屋の「フォルツァZ」で、銀色とリアボックスと無限マフラーは良かったが、他はノーマルだった。
 2つ目は地元福島県のいわき市のバイク屋で扱っていた「フォルツァZ」で、銀でナビは付いていたが他はノーマル。

 この時、対応してくれた「バイク王」の通販センターのオペレーターのSさん(女性)が素晴らしく、丁寧に各支店にある「フォルツァ」を紹介してくれた。できれば彼女から購入したいと思ったほど素敵な方だった。

 その後、電話でも話し、条件に合う掘り出し物の「フォルツァZ」が入荷したら即メールで紹介してくれるようお願いした。

 11月5日(木)「グーバイク」を検索していたら、条件に見合う「フォルツァZオーデイオパッケージ」(2011年式)を発見。早速見積もり依頼。

Img_8147_r

 ①カラーは白
 ②ロングスクリーン
 ③オーディオ
 ④グリップヒーター
 ⑤大型リアボックス
 ⑥低走行距離 8,718km

 11月6日(金)横浜市の中古バイク専門店から回答あり。

[見積り明細]
車両本体価格(税込10%):293,800円
配送費用         :30,000円
非課税分諸費用計 :8,650円
課税分諸費用計  :65,320円
支払合計     :397,770円

[その他] 特長  即納車可,修復歴無し,自社整備工場有り

 しかし、カラーがシルバーではない、ABSが無く、ETCもないことから迷っていると、翌日には「グーバイクから消えた!」。ということは買い手がすでについたということだ。またしても同じ轍を踏んでしまった。
 「バイクが売れてしまったのか?」の問い合わせに一切返答をくれない。もしかすると冷酷な怪しい会社なのか?いずれにしてもやはり人気のある「フォルツァ」は入荷してすぐに無くなるようだ。
 二度目の後悔。後で聞いてわかったのだが、このバイクは「愛知県」の人がお買い上げになったらしい。通販は安い分、回転が早く、良いバイクはあっという間に売約済となるようだ。それにしても実車を見ないで皆さん購入を決めるのか・・・。傷とか不具合とか、バッテリー比重やタイヤの山など確認せずに購入し、メンテナンスなどはどうするのだろうか?

 11月11日(水)「グーバイク」を検索していて、横浜市のバイク屋で販売していた、「フォルツァZ」ではないが、中身がほぼ同じで軽量の「ホンダFAZEタイプS」(2009年式)のバイクを発見。なんと前回、返事もくれなかった横浜市の中古車専門店だった。    

Img_8148_r

 正直に言えば、「FAZE」は「フォルツァ」の二番煎じで、弟分。余計な装備を省いた感が強い。人気も全くない。しかも装備もちゃっちい。パーキングブレーキはないし、キーレスでもない。シート下のラゲージスペースも狭く、おまけにパッシング機能すらないし、水温計すらも付いていない。加えてメインキーとシート開閉のキーが異なるという不便さまで。
 さらには2009年に発売開始したものの、なぜか不人気で、6年後の2015年には販売終了したバイクだ。私自身、「FAZE」というバイクの存在すら知らなかったし、眼中にもなかった。なのになぜ気になったのか?

 それはオプションが凄い。すべて後付けしたら20万円以上は優にかかる装備がすべて付いていたのだ。

 ①ロングスクリーン(バイク=寒いというイメージしかなく、風除けは必要だった)
 ②ETC(後付けすると3万円以上・高速が楽チンだし、時間帯によって割引)
 ③ナックルカバー(手の指が悴まないように)
 ④大型リアボックス(シート下のスペースが「フォルツァ」に比べ狭すぎるため必要)
 ⑤グリップヒーター(寒いのは苦手なのでこれは東北では必需)
 ⑥盗難防止イモビアラーム搭載(悪戯も防止できる)
 ⑦ホンダSマチックEvoを搭載 (Dモード、Aモード、Sモードと路面状況に合わせて3種類の走行モードを選べる)

 それに加えてなんとナビも装備していたのだ。純正ではなく、ユピテル製だったが、Bluetooth使用であればインカムヘッドフォンで音声や音楽も聴ける代物だった。

「フェイズタイプS」 走行距離9,927km  車両価格29.9万円 支払総額36.2万円だった。色はシルバーではなく、白とガンメタのツートン

 カタログデータやユーザーの評価もチェックし、3種類の走行モードを選べるのは「フォルツァ」と遜色はないし、その割に価格が安い。しかも「フォルツァZ」に比べて重量が21kgも軽く、腰痛の持病を抱える私には多少でも取り回しが楽なこのバイクは注目に値する代物だった。

 過去、2回も逃した「フォルツァZ」の反省を踏まえ、あまり迷っているとまた先を越されて買われてしまう。現に、このバイクを検討中の人が10人いた。かと言って、コロナの第3波が猛威を奮っている中、電車で横浜まで下見に行くわけにもいかず、30枚ほどアップされた画像で検討に検討を重ねた。

 すぐにメールで見積もりを依頼。自賠責を36カ月、コロナで受け取りに行けないため、配送希望で費用も計上して貰った。それにしても東北や、まして北海道ではバイクに乗れる期間は半年程度なのに、保険はなぜ年間契約なのか気に障る。地域によっては4~9月の半年保険があっても良さそうだ。

 11月12日(木)横浜のバイク専門店から回答  

[見積り明細]
車両本体価格(税込10%):299,700円
配送費用         :30,000円
非課税分諸費用計 :12,600円(自賠責36カ月)
課税分諸費用計  :65,320円(登録代行・ナンバー代・初期の整備費など)
支払合計     :407,620円

[その他]  特長 :即納車可,修復歴無し,自社整備工場有り

 真剣に購入を考えているのであれば担当のKさんの携帯に直接電話とのこと。

 昼休みに早速、横浜の店にTEL。ここからとんとん拍子にことが進んだ。すると、まだ売約済にはなっていないが、これまで問い合わせが10件ほどあって、予約や取り置きは出来ないが、まだ誰とも契約を結んでおらず、在庫があるとのこと。
 しかし、あれこれ質問しているうち、ぶっちゃけた話を正直に言ってくれた。それは、タイヤはフロントが3分山しかないことと、バッテリーが弱っているので、交換を勧められた。その後、ショートメールのやりとり数回で、2つを交換すると税込み総額433,820円になるという。

 しかし「振り込みが確認されないと売買契約書を送れない」とか言い出したので、口約束で大丈夫か不安になる。詐欺ではないか心配で何度も会社のHPやネットで評判を見ると、幽霊会社や闇商売などではないようだった。しかも「ETCの再セットアップは当店ではできない」ので「認定販売店でやってほしい」とか言われる。

 その日、退勤時に、念のため市民プラザで「住民票」(マイナンバー記載のないもの)を取る。250円。

 その後、ショートメールで「前向きに考えており、明日、振り込む」ことを伝えた。10件以上の問い合わせがあることから、ぐずぐずはしていられなかった。

 ついでに地元の「ホンダドリーム」に問い合わせメール。

 中古車専門店の通販で買ったバイクでもメンテナンスや故障時の対応をしてくれるか尋ねる。また、ETCの再セットアップすることが可能な場合、費用はいくらかかるか問い合わせ。しかし、1日に経っても返信無し。

 同時進行で「楽天市場」や「Amazon」、「モノタロウ」のサイトでバイクカバー(ビッグスクーター用でリアボックス仕様)をネットで探す。ついでに「ワークマン」のライダーズグローブなども探す。2,900円でナックルガード付きの専用グローブを見つける。

 家内にバイクを買うことを伝え、渋々ながら了承を得る。家内は私の事故の心配よりも、置き場所を心配しているようだった。「CBR」を停めていた西向きの、庭に繋がる狭い通路に、以前は無かったオイルヒーターの石油タンクを設置したので、幅が足りず、バイクが入れないかも。
 幅75㎝のバイクだが、実際にガスボンベ2本や石油タンクからフェンスまでは72cmしかない。娘の250ccのバイクはぶつかってそこを通り抜けできなかった。たぶん両ミラーの幅が75cmで、車体自体はフルカウルの「CBR」が通れたのだから、たぶん通れるだろう。下のバイクと同型を購入。

 11月13日(金)

 朝、8時に、バイク屋から「まだ売れていないので在庫ある」のショートメール入る。昼休みに全額振り込むと返信。

 12時10分から外出し、駅構内から詐欺防止の電話を携帯ではなく、会社の固定電話にかけてみる。運悪く、営業本部長本人が出る。「これから振り込みをするので入金の確認をしてほしい。住民票はいつ送ったらいいか?」尋ねる。できれば日曜日までにほしいと言うが、郡山市から横浜まで2日はかかるので月曜日になる旨伝える。
 その足で口座のある銀行へ。窓口の女性銀行員にATMで振り込みをする方法を尋ねる。すると50万円までなら一度に引き出せるが、いちいち現金で引き出さなくてもキャッシュカードを使って約43万円を振り込めるという。教えてもらうまま操作し、口座番号・金額などを入力。するとちゃんと相手口座の会社名が表示される。確認ボタンを押し振り込み完了。通帳記帳で確認。

 徒歩でヨドバシ前へ。メールと着信が来ていて、TELしたら振り込み入金が確認できたから、売買契約書と納品書を普通郵便で送るとのこと。
 私も住民票を早く送りたくなり、(登録手続きが遅れると納車の時に降雪になりそうな懸念から)ATi7Fのキャンドゥ(100均)で定型長3形白地封筒を購入。ピボットで弁当を購入後、その足で駅前の郵便局へ。
 郵便局で郵便番号を調べ、宛て名を記入。持参していた住民票と局員に貰った付箋紙にメモ書きして同封。配達日数を聞くと月曜日到着になると言われ、374円出して速達で発送。これだと明日土曜日の午後に着く。ショートメールで「速達で出したので明日には届く」と送信したが返信は無し。

 13時10分に職場に戻る。

 帰宅後、「バイク王」の通販センターにメール。「フォルツァZ」を探して連絡をくれるようお願いした担当のSさんに事の次第を伝え、お礼を述べる。するとそのフル装備でその価格はまず出ない。良い買い物と言ってくれ、肩の荷が下りた。それにしても「バイク王」の対応は素晴らしかった。縁があったら、次回は「バイク王」さんから購入したい旨を伝えた。

 それにしても地方住まいの辛さで、最初の表示価格より割高なのは、やはり配送費が3万円とバカ高いこと。実際にバイク屋に出向き、納車も自分で運転して帰れば安上がりなのだろうが、コロナ蔓延の今、それも叶わない。それに直接話をしないとわからない、タイヤの溝の残りとかバッテリーの消耗具合。交換すればその分余計な出費は嵩む。新車でないのだから、我慢ポイントや妥協点は必ず出て来る。完ぺきとは行かないのが中古車なのだろう。
 しかし、オプションでフル装備のものは、割安感やお得感はあると思う。それに街では「フォルツァ」は星の数ほど走っているが、人気が無い「フェイズ」を郡山市内で見かけることは少ない。それも急遽このバイクに乗り換えた理由だ。

Faze-type-s

 帰宅後、ガスボンベと石油タンクのある通路の幅をメジャーで寸法を確かめた。たぶん通るとは思う。もし通らなければ保管場所が無いピンチに陥ってしまう。

 さて、「FAZEタイプS」が「グーバイク」にアップされてから僅か3日間での即決。実際に現物を見ないまま購入を決めて金まで振り込んだのは人生初。ほとんど衝動買いに近いが、電光石火の早業だった。果たしてこれで良かったのだろうか?急にバイクに乗りたくなってから僅か10日間くらいで購入を決めてしまった。これほどの即決の判断力や行動力は私には無かったのだが・・・。

 ただ留意したいのは、バイクに再び乗るということは事故る危険性も高まる。しかも降圧剤も9月までは2gで、寒くなると血圧上昇を招くことを危惧して10月に4gに増やしてもらい、それでも血圧が高くて11月からは8gに増量して貰ったのに、薬を飲んでも血圧が150-100もある私にとっては脳溢血や心臓病の確率も高くなるので、とにかく安全運転を心がけたい。ヒヤッとする場面が一番ヤバイらしい。それにせっかくゴールド免許をつまらない違反や事故で失いたくない。

 さて、ここまでが購入を決めるまでのいきさつだ。たぶん、登録や整備、部品交換などで納車まで2~3週間程度かかるということなので、雪が降る前に届くことを願うまでだ。
 いったんここで報告を閉じ、納車になったら、納車されるまでの期間の(紆余曲折?の)エピソードを改めて綴りたいと思う。

« これはもはや政府の犯罪! | トップページ | 今でも残念に思う番組「消えた天才」 »

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これはもはや政府の犯罪! | トップページ | 今でも残念に思う番組「消えた天才」 »