2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 郡山の主観的なんでもランキング | トップページ | ザ・郡山(ご当地ならではの物たち) »

2020年11月 6日 (金)

アメリカ分断危機の今こそ台日友好関係を盤石に

 日本人の性質として、本来、華美や派手な行動を好まず、秩序を重視した慎ましい生活や謙虚な生き方を美徳とする民族であり、欧米のような自己主張で自分の存在意義を訴えることは稀少で、空気を読まない発言や横柄な振る舞いはとかく敬遠されがちだった。
 
 現在、集計作業が続き、泥沼化した「アメリカ大統領選挙」を見ると、負けず嫌いも度が過ぎて、往生際が悪く、絶対に負けを認めないし、潔くない。これが国を二分する大混乱を招いている元凶だ。
 特に、トランプ大統領は、大国の長でありながら、対抗馬のバイデンを激しい口調で罵る舌戦を展開。両者が悪口や批判の応酬合戦の様相を呈した。これはもはやガキの喧嘩と同等かそれ以下だ。あくまで大統領の椅子を明け渡したくない彼は、自分が形勢不利と見るや郵便による期日前投票の集計の差し止めや集計作業自体を打ち切るとの主張を展開したり、いちゃもんのオンパレードで、選挙戦を自らが妨害している。

 終いには法廷闘争も辞さない構えで、最高裁判決まで争う姿勢を示した。しかも、その理由がバイデンが不正を働いているためと一方的に決めつけ、事実を歪曲したずる賢い自己中の論法で相手を批判する始末。それもあらかた、陪審員を買収し、金権で無効を勝ち取る腹積りだろう。どんなに汚い手を使っても勝利をもぎ取る気だ。冷静な日本人から見れば一連の選挙戦はあり得ない悪態で、茶番に等しいし実に見苦しい。
 こうした過去最低な大統領の口車やド派手なパフォーマンスに乗せられ、支持しているアメリカ国民も、まるでペテン師に騙され、催眠術にかけられているかのように善悪の判断を損ねているし、あまりにも稚拙な戦法だ。おもちゃ売り場で喚き散らし、買ってくれるまで駄々をこねるガキんちょと一緒だ。しかも不利な状況下で、一方的にメディアの前で勝利宣言し、更なる票の上積みを狙うなど愚直な最終手段に出たことも失笑を買った。

America

 正当な選挙結果が出ても、当のトランプ氏は納得せず、「投票そのものに問題があった」とか、「バイデン陣営が不正を働いたので無効だ」とか言い放つに決まっている。悪態を突き、そこまで人間性を疑わせるトランプの所業だ。あと6名の選挙人を獲得すればバイデン氏勝利の場面で、6名有するネバダ州の投票結果発表を中断させたのもトランプ陣営が何らかの圧力をかけたのは見え透いている。まったく良識の欠片もない悪党で、こういう輩が4年間もアメリカ大統領の座に君臨していたのかと思うと反吐が出る。まさに恥の上塗りだが、そういう感覚や概念すら持ち合わせていないのだろう。

 そんな中、この内輪もめの醜態を世界中の良識者は軽蔑の眼差しで静観している。しかし、アメリカ大統領が誰になるかで、その政策によって、世界経済への影響が多大になるため、完全無視はできない状況だ。現にバイデン氏優勢になった途端、日本の平均株価は急上昇を示した。

 アメリカのお粗末な恥さらしはさておき、高みの見物の中国が周辺国家へ影響力を誇示している昨今、日本と台湾の関係は「相思相愛」の友好関係を強固にしなければならない。香港が武力弾圧によって、完全中国化されようとしている今、次に標的とされるのは台湾である。「2つの中国」を認めない共産党勢力は、武力での脅しをもって、再三再四、台湾の主権を脅かす策略に出るに違いない。民主化から社会主義国への強制を謀る中国が虎視眈々とその時期を窺い、台湾に牙を剥くのは必至であろう。日本やアメリカが取るべき道は何なのか?外交政策重視の共和党のトランプが負けるような事態に陥れば、ここぞとばかりに中国は武力侵攻して台湾を制圧し、平定することも十分考えられる。

 日本はあくまで台湾との友好関係を放棄してはならない。朋友である台日関係が中国の横槍や横暴な振る舞いを撥ね退けて盤石であることを国内外に示すことが必要だ。台湾に手出しをすると日米が黙っていなことをアピールし、中国の暴走に自制を促す必要がある。

Nittai

 その友好ぶりを表す格好のサイトがある。中には悪意や偏見に満ちた記事もあるにはあるが、極東アジアに関するニュースや出来事を中心に、中国人が感じる周辺国への見解を記事にしたものである。その中で、日本と台湾が仲睦まじい姿を描写した記事がいかに多いことか?それは以前に当ブログで記事にした「Record China」と「Serchina」だ。
 それではそこに寄稿されている記事を紹介したいが、全文掲載は著作権の問題で差し控えたいので、見出しとそのリンク先のURLを掲載し、クリックすれば、該当記事に飛びますのでぜひ、ご覧いただきたいと思います。

  Record Chinaより

 1 台湾人はなぜ日本が大好きなのか=「韓国や香港よりも…」ネットで意見続々

 2  日本のデザイナー、相手が「台湾」と聞いて…=映画関係者が明かした秘話に台湾人感動!  

 3 「ありがとう日本!」=台湾のコメンテーターが写真投稿、そこに写っていたのは…

 4 「日本加油!」台湾からマスク200万枚到着、台湾ネットユーザーも声援

 5 「日本人は本当に行儀が良い!」=大阪のコストコで台湾人が驚き

 6  忘れられない日本の店員、彼女は私を見て驚き、全速力で駆け寄ってきた 

 7 羽田空港で台湾人旅行者が大感激!搭乗券に手書きで「加油!」のメッセージ 

 8 「お風呂に入った後の床が…」=日本の高校生を受け入れた台湾ホストファミリーが驚き!

 9 台湾人の「日本ロス」を解消!? 日本の店や商品が大人気、「鬼滅缶」も 

10 阿部寛が台湾東部地震に1000万円寄付、「ありがとうローマ人!」ネットユーザーが感激の声 

11 日本ではごみまでこんなにきれい!台湾人女性が写真投稿、ネットで大絶賛

Taiwan

  Serchinaより

 1 台湾人が中国を罵ることはあっても、日本のことは「罵らない理由」

 2 台湾は日系車だらけ・・・台湾人はなぜ日系車を好むのだろう?

 3 日本人にとって「日常の光景」でも、中国人にとっては「驚嘆の光景」とは 

 4 台湾外務省が日本に感謝を表明 地震発生に「日本政府も日本人も自分自身の痛みと思ってくれている」

 5 日本人の言葉に偽りはなかった! 東日本大震災への支援に対し「感謝と恩返しをきっちり実行、それが日本だ!」
   

 中国人が日本旅行で感動した記事―Record China

 1 知り合ったばかりの日本人のサプライズに思わず涙=「国籍の色眼鏡は誰かを傷つけるだけ」―中国人実習生

 2 訪日中国人が思わず「お持ち帰り」した、日中のサービスの「違い」とは?

 3 中国人留学生「日本人に対する見方が変わった」、日本の中学生がした小さなこと

 4 東京の思いやりあふれる地下鉄に思わず感嘆!今でも思い出す「弱冷房車」

 5 中国人が震撼した日本人の秩序、「奇跡」を生み出す力とは?

 6 訪日中国人が「恐怖」さえ感じた、日本人の精神に深く刻まれたもの 

 7 「思ってもいなかった」と驚き!日本で一番感動したのはバスでの出来事 

 8 日本で体験した“思いがけない優しさ”にビックリ!帰国してからは「毎日、気分が悪い」

 9 「これホントだから!」=日本人の礼儀正しさや優しさに感銘 

10 訪日中国人、幼稚園児の服に見た日本人の印象は「愛にあふれた情のある民族」

11 日本留学で見て「想像以上」だった…、中国でも広まってほしい日本の魅力はこれ! 

12 「日本人への深い偏見が恥ずかしくなった」=中国人学生の胸に込み上げた熱い思い 

13 訪日中国人を驚かせた日本の交通=「もし中国なら、私はクラクションを大きく鳴らしただろう」

 Serchinaより

 1 新幹線に乗った中国人が「まるでプライベートジェット」と感嘆の声をあげた理由 

 2 日本の田舎の姿に衝撃「こ、これが先進国というものか」

 3 日本人にとって「日常の光景」でも、中国人にとっては「驚嘆の光景」とは 

 4 子どもと日本を訪れた・・・「日本が強大な理由が分かった気がした」

 5 何かがおかしい! 中国人が「日本の夏の満員電車」で違和感を覚えたワケ   

 日本人の風習の中に、あまり得意げに自画自賛してはいけないとか、格言にも「勝って兜の緒を締めよ」というのがある通り、自慢げにひけらかしたりするのは良くないとされて来た。確かにその通りで、日本人はあまり宗教心が希薄なのに、幼少期からこのような精神が宿っているように思える。

 外国文化に触れると日本人で良かったと思う節が多い。コロナは除いて、秩序があって普通に生活している分には生命の脅威に晒されるということもない。訪日した中国人が日本文化に触れ、感動を覚えることが不思議で仕方ない限りだが、日本人には当たり前に思えても、外国人が見れば異様に映ることが多いということの証明だ。 
 

 さて、話を戻すが、台湾と日本の両国は台湾地震、東日本大震災に象徴されるように、困ったときには助け合う精神が受け継がれている。アメリカがこのような国家を分断するような国難とも思える状況下で、中国が虎視眈々と領土、領海を拡大しようと画策している。
 万が一中国が強権を発動し、台湾へ武力侵攻しようものなら、日本はアメリカと協力して何らかの救いの手を差し伸べなければならないだろう。相思相愛なのは、見かけではなく実際問題として災難などが振りかかった時にその真価が問われる。
 「まさかの友が真の友」という諺の意味を日本が率先して証明すべきだと思う。

« 郡山の主観的なんでもランキング | トップページ | ザ・郡山(ご当地ならではの物たち) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 郡山の主観的なんでもランキング | トップページ | ザ・郡山(ご当地ならではの物たち) »