2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 映画やテレビドラマのロケに使って欲しい福島県のスポット | トップページ | 「Fukushima 50」DVD発売決定! »

2020年9月21日 (月)

福島県を舞台にした映画(予告編集)

 21世紀以降、我が福島県を舞台にした映画を取り上げたい。もちろん福島県内各地でロケが行われ、有名な俳優たちが来県し、長期滞在して撮影されて制作した。意外と福島県出身者ですら、その事実を知らない人が多い。
 そのほとんどがDVD化され、レンタルなので見ることも可能になっている。ぜひ、福島県民の方なら見てほしいし、県外の方は「聖地巡礼」で訪れてほしい。そして映画のワンシーンを思い出して、その場面に心ゆくまで浸って欲しい。

「春色のスープ」

公開日:2008年
主なロケ地:南会津町・郡山市
出演者:佐津川愛美・鈴木砂羽・栩原楽人 ・美保純・池内万作・国広富之・鶴見慎吾
あらすじ

 母との関係がギクシャクしている南会津に住む高校生の桃子。いつもコンビニ前に友人らと集まり深夜まで遊んでいる。桃子のもう一つの楽しみはラジオ番組。桃子はコンビニで全盲の亮太と出会う。
 離婚から桃子になにかと干渉してくる母に反発して、桃子はいつか自立しようと喫茶店のバイトもしている。バイトの先輩三津子から、盲学校での詩の朗読のボランティアを頼まれる。廊下で桃子の朗読を聞いた亮太は、その詩のことをラジオ番組に投稿する。ラジオを聴いた桃子は、亮太に気づき親しくなっていく。また、詩の朗読に桃子はこれまで感じることがなかったやりがいを見つけていく。
 母は長期出張などが頼まれるが桃子のことを考えて行こうともしない、そんな自分を犠牲にする母が桃子には苛立ちとなる。しかもバイトしていることも母にバレてしまう。母は娘との関係の修復の方法が見いだせず、母はアルコールに頼ることも多くなり、その頻度も増していく。
 桃子はスキーがしたいという亮太を連れて友人らと裏磐梯へスキー旅行でかけるが、目を離している間に亮太が怪我をしてしまう。素行の良くない人たちと外泊の計画したことと亮太を怪我させたことで桃子は高校から一ヶ月の謹慎となる。自分の居場所を失った桃子は父と会うが、父にはすでに新しい家族もいることを感じ逃げ帰ってしまう。しかも、亮太からも目の見えない自分と桃子との間に壁を感じたと一方的にさよならを告げられてしまう。
 亮太の脳に腫瘍が発見され緊急入院となったことを三津子から知らされる。腫瘍を取れば目がみえるようになる可能性もある一方、命に関わることだけに亮太は悩む。桃子は病室を訪れ、一方的にさよならを言われたことについて怒り、ラジオを通じて亮太の手術を大勢のリスナーとともに応援する。
 母は三津子から桃子が盲学校で朗読をしていたことを知らされ、娘の成長に気づき抱きしめる。それがきっかけとなり母娘の関係が急速に改善される。亮太は手術を決意し手術は無事に終了するが、目が見えないのは相変わらずのままだった。ラジオ番組のDJは、ふたたび都会でチャレンジする気になりラジオ番組をやめてしまう。

 母は海外へ長期出張にでかけるが、出張先の事故で亡くなってしまう。亮太は、自分が何をしたいのかを見つけるために海外へ1年間でかけてしまう。桃子は父に連れられ懐かしい故郷をあとにする。途中で、母が自分の名付けるきっかけとなったという南会津の姫山の桃の花をみつめるのであった。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「アブラクサスの祭り」

動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=JNCN7cU_8z0

公開日:2010年
主なロケ地:三春町・本宮市
出演者:スネオヘアー・ともさかりえ・本上まなみ・村井良太・ほっしゃん。・小林薫
あらすじ

 かつて元ミュージシャンだった禅僧・浄念は、音楽への狂おしい思いからノイズが聞こえるようになり、ウツ病患者として入院した過去を持つ。禅僧になっても自分の「役割」を考え続けているが、なかなか思うように答えはでない。そんなある日、とある講演会で大失敗して落ち込んだ浄念は、自分の中で音楽への想いがたち切れていなかったことに気付く。この町でライブをやりたいと、強く思いはじめる浄念。住職の玄宗は良き理解者だが、地元ライブには困惑顔。妻の多恵も大反対。そんななか、ある事件をきっかけにショックを受けた浄念は自分をコントロールできなくなるが―果たして浄念は答えを見出すことができるのか?本作品にちりばめられているのは「自分」をまるごと受け入れる"禅"的ヒント。悩める浄念の生き方に心ゆさぶられる、まっすぐな映画が誕生しました。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「時をかける少女」

動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=pgG5mL4e0Rg

公開日:2010年3月13日
主なロケ地:開成山桜並木
出演者:仲里依紗・中尾明慶・安田成美・勝村政信・石丸幹二・青木崇高
あらすじ

 今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写する。ヒロインを演じるのは、アニメーション版『時をかける少女』でも主人公の声を担当した仲里依紗。その相手役の純朴な青年を『ROOKIES -卒業-』の中尾明慶が演じている。今も昔も変わらない人を思う気持ちにじんわりと胸が熱くなる。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「超高速!参勤交代」「超高速!参勤交代リターンズ」

動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=RngrAI-263I

動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=fpH3KJZdwmY

公開日:2014年/2016年
主なロケ地:いわき市平・湯本・四倉・南相馬市・相馬市
出演者:佐々木蔵之介・深田恭子・伊原剛志・西村雅彦・陣内孝則
あらすじ

 通常でも8日かかる参勤交代を4日で行うよう幕府から無理難題を押し付けられた小藩が、奇想天外な作戦の数々でピンチを切り抜けようとする時代劇。第37回城戸賞の入選作を、『鴨川ホルモー』などの本木克英監督が映画化した。資金も人数もない中、藩と領民を守るため奮闘する藩主には佐々木蔵之介、ヒロインをら実力派がそろう。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「ハーメルン」

公開日:2013年9月7日
主なロケ地:昭和村・本宮市
出演者:西島秀俊・倍賞千恵子・坂本長利・風見章子・小松政夫
あらすじ

 消えゆく場所と記憶、片田舎の廃校を舞台に繰り広げられるファンタジックな物語
2013年9月7日よりユーロスペースほかにて全国順次公開
 

消えゆく場所と記憶、片田舎の廃校を舞台に繰り広げられるファンタジックな物語
2013年9月7日よりユーロスペースほかにて全国順次公開

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「フラガール」

動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=BYBsyogWYlw

公開日:2006年9月23日
主なロケ地:いわき市周辺・古殿町
出演者:松雪泰子・蒼井優・豊川悦司・山崎静代・岸部一徳・富司純子
あらすじ
 
昭和40年(1965年)、大幅な規模縮小に追い込まれ危機的状況に陥った福島県いわき市の常磐炭鉱を舞台に、炭鉱で働く人々が職場を失う現実・苦悩に立ち向かい、町おこし事業としてを立ち上げた常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生から成功までを実話を元に描く。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「ジヌよさらば~かむろば村へ」

公開日:2015年4月4日
主なロケ地:柳津町
出演者:松山ケンイチ・松たか子・
あらすじ

 人気漫画家いがらしみきおの「かむろば村へ」を基に、お金アレルギーになり東北の寒村に移り住んだ元銀行員が、お金を全く使用しない生活に挑むさまを描くコメディー。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「Fukushima 50」

https://www.youtube.com/watch?v=-Wd0UWoVGtY

公開日:2020年3月6日(金)
主なロケ地
出演者:渡辺謙・佐藤浩市・吉岡秀隆・緒形直人・火野正平・平田満・萩原聖人・吉岡里帆・斎藤工・富田靖子・佐野史郎・安田成美

あらすじ

 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生。福島第一原発は危機的状況に陥る。
原発内に残り、事故の収拾にあたった地元福島出身の作業員たちは海外メディアからFukushima 50(フクシマフィフティ)と呼ばれた。あの中で本当は何が起きていたのか?真実は何か?東日本壊滅の危機が近づく中、苦渋の決断を迫られる彼らが胸の内に秘めた思いとは?
豪華キャスト・スタッフ、日本映画最大級のスケールで贈る超大作。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

「AI崩壊」

動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=tMSlaXhGrfs

公開日:2020年1月31日
主なロケ地:不詳
出演者:大沢たかお・賀来賢人・広瀬アリス・岩田剛典・高嶋政宏・芦名星・玉城ティナ・余貴美子・松嶋菜々子・三浦友和
あらすじ

 舞台は(公開時点から10年後の)2030年。高齢化と格差社会が進展し、人口の4割が高齢者と生活保護者となり、医療人工知能 (AI) 「のぞみ」が全国民の個人情報等を管理していた。そんなある日、「のぞみ」が突如として暴走を開始、“人間の生きる価値”を勝手に選別し始め、生きる価値がないと判定された人間の殺戮を開始した。警察は「のぞみ」を暴走させたテロリストが「のぞみ」の開発者である天才科学者・桐生浩介だと断定。逃亡する桐生をAI監視システムを駆使して追跡する。事件のカギを握るのは、桐生と、「のぞみ」を管理していた桐生の義弟・西村悟。桐生は警察の追っ手から逃れながら、AIの暴走を阻止しようと奔走する

郡山市出身の女優で故・芦名星の遺作となった映画。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

アニメ作品「薄暮」

 特報第二弾はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=8xUV0K8GwUY

公開日:2019年6月21日
主なロケ地:いわき市
出演者(声優):桜田ひより・加藤清史郎・佐倉綾音・雨宮天・花澤香菜・高橋大輔
あらすじ

 福島県いわき市に住む女子高校生小山佐智は、東日本大震災の影響で人や恋に関心を持つことができないと感じている。佐智は音楽部で、リナ 、ひぃちゃん 松本先輩とともに文化祭で披露する四重奏に向けて日々練習に追われている。佐智はバス停そばで見る夕焼けがお気に入りで、よく一人でバスが来るまで景色を楽しんでいた。
 ある日、バス停でキャンバスを持った少年、雉子波祐介と出会う。彼は震災で帰宅困難区域からいわきに避難してきており、当たり前の風景が突然見れなくなってしまうことがあることにつらく思い、今生きてるこの世界を絵に描きとめ残すため絵を描きはじめたという。そして絵画のコンクールの絵を描くためバス停付近で良い景色を探しているところで佐智と出会った。

 このことがきっかけで佐智と祐介は話すようになり、バス停で待合せをしたり、LINEで会話したりと二人の距離は縮まっていった。そんな中、佐智と同じ部員の遠野さんと川村さんに草野駅で祐介といるところを目撃されリナやひぃちゃんに知られ恋人か問われリナは恋が実ることを応援してくれた(ひぃちゃんも後に佐智を応援している)。

 そしていつものように佐智は祐介とバスに乗っているときにたまたま祐介のスケッチブックに描かれた祐介の初恋の人のスケッチを見てしまい、佐智はやきもちを焼いてしまい二人の関係はギクシャクしてしまう。

 文化祭当日、祐介や家族が見守る中、佐智たちは演奏を無事やりとげる。そして佐智は祐介から話したいことがあると言われリナとひぃちゃんに後押しされ祐介と屋上で会うことを決心する。そして祐介から「あなたのことが、ずっと好きでした」と告白される。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬

 さて、本日掲載した映画は、我が福島県で実際にロケが行われた。いわば聖地に値する。豊かな自然に育まれた環境が未だに残る福島県。日本で3番目に広い面積を有し、自然からの恵みで田畑が育ち、地酒も「全国新酒鑑評会」で7年連続日本一を達成した。その中で名優たちがここに集い、後に名作となる作品に出演した。これはある意味凄いことで、我が福島県は観光PRにこのロケ地、つまり聖地巡礼としてのPRを加えて欲しいと思う。パンフレットを制作し、首都圏などに配布し、観光PRの一助として欲しい。

« 映画やテレビドラマのロケに使って欲しい福島県のスポット | トップページ | 「Fukushima 50」DVD発売決定! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画やテレビドラマのロケに使って欲しい福島県のスポット | トップページ | 「Fukushima 50」DVD発売決定! »