2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 全国的に有名な福島県の切り取り12絶景(前編) | トップページ | 残念な福島県 »

2020年7月30日 (木)

全国的に有名な福島県の切り取り12絶景(後編)

 昨日の続きとして我が福島県の絶景をあと6地点セレクトしたい。いずれも訪れる必見の価値がある。

 7 安達太良山の紅葉

 日本100名山に挙げられる二本松市の安達太良山。高村光太郎の妻の智恵子が「東京には空がない」と嘆いたが、本当の空は、智恵子が毎日実家の酒屋から眺めていた安達太良山の上に広がる澄んだ空を指している。
 この安達太良山は地元の小学校の遠足で、必ず集団登山で登るほどメジャーだが、秋になると山頂から麓に向かって赤や黄色の紅葉前線が下りて、その風景たるや観る者すべてを魅了するほど美しい。今は7合目までは安達太良高原スキー場のゴンドラで登ることができ、山頂までは登山道も険しくはなく、2時間足らずで辿り着けるようになった。

Adatarayama

 8 磐梯吾妻スカイライン

 まるでアメリカの荒野を彷彿させる。外国風景の雄大さを感じさせてくれる場所。このような一本道を車やバイクで走ったら、気持ちまで大きくなりそうだ。吾妻小富士や一切経山のある「磐梯吾妻スカイライン」の最高地点付近にビジターセンターがあるが、そこから福島市側に1km行った場所が絶景ポイント。昨年、つばくろ谷付近に民間のセスナ機(グライダー?)が墜落し、パイロットが亡くなる痛ましい事故が起きたが、このハリウッドを思い起こさせる場所は、木々が樹勢できる標高を超えているため、木々や林、森などは無く、荒野のように茶色の岩肌が連なる殺伐とした印象を醸すロケーションだ。余計に国外感満載だ。

Skyline_20200723213701

 9 小野町の「夏井川の千本桜」

 ここは福島県民には言わずと知れた桜の名所なのだが、全国の人はほとんど知らない。夏井川の両岸に桜並木が連なり、満開の折には大勢の花見客でごった返す。地元主催の桜祭りも行われ、大変な人出でにぎわいを見せる。川沿いだけあって、春先は水温が冷たいため、周辺の桜が満開を迎えても、ここだけは開花も遅いし、場合によってはGW中に満開を迎える年もある。

Senbonzakura

10 布引高原の「風車群とひまわり畑」

 こちらは夏の風物詩。8月下旬になると「布引高原」一帯に咲き誇るのが「ひまわり」。その数数万本。晴天青空の日に訪れれば、空の青と黄色のひまわり畑、そして緑の木々の絶妙なコントラストを味わうことが出来る。また、山頂から北側を見下ろせば、日本で4番目の面積を誇る「猪苗代湖」の湖岸線を一周して見下ろせる。そしてその奥には名峰「磐梯山」が聳えている。ここでしか見られない一大パノラマだ。

Nunobiki-windmill

 11 喜多方三ノ倉高原菜の花畑

 ここは知る人ぞ知る絶景スポット。春は一面の菜の花畑(5月中旬~6月上旬)だが、夏過ぎの8月上旬~9月上旬)にはひまわり畑と姿を変える。まるで北海道にいるかのように錯覚するほど雄大な景色を堪能できる。会津盆地を一望できる三ノ倉スキー場のゲレンデなど約8.3ヘクタールを利用し、春には350万本の菜の花が、夏から秋にかけては、東北最大の約250万本のヒマワリが咲き誇ります。

Sannokura1
Sannokura2

 12会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」

  会津戊辰戦争の悲劇の象徴となった「会津若松城」。通称「鶴ヶ城」。若き白虎隊の面々が命をかけて守ろうとしたこの城。西軍によるアームストロング砲の度重なる攻撃に耐え、籠城戦の末に松平容保が降伏を申し出て戦は終結した。
 昭和40年に市民の悲願による天守閣の再建がなり、その後、平成末期に当時と同じ風貌である赤瓦に葺き替えられた。滝廉太郎の「荒城の月」は落城の賦を詠ったもので、鶴ヶ城の敷地内にその石碑が建っている。
 鶴ヶ城は桜がよく似合うと個人的に思っている。そして昭和の時代には「清酒花春」のCMには和服美人と共に、この城の背景が欠かせないものとなっていた。

Tsurugajyo1

 ほかにも「あぶくま鍾乳洞」や福島市の「花見山公園」など今回紹介しきれていない観光地は山ほどある。

 さて、2日間に渡ってお送りした我が福島県の絶景ポイント12選。いかがでしたか。この記事と画像をご覧になり、少しでも足を運びたくなったと思った方がいれば幸いです。

 もちろん、観光地を観るだけではない。そこの土地でしか味わえないグルメだったり、土産物だって目白押しだ。「喜多方ラーメン」、「白河ラーメン」、「山都そば」、「こづゆ」、「味噌カツ」、「浪江焼きそば」、「てんぷら饅頭」、「粟饅頭」、「川俣軍鶏」、「身しらず柿」、「会津高田梅」などのご当地グルメはもちろん、「赤べこ」、「起き上がり小法師」、「唐人凧」、「白河だるま」、「大堀相馬焼」、「三春駒」などの民芸品もある。ぜひ当地を訪れ、「ふくしま」を満喫していただきたいと思います。

« 全国的に有名な福島県の切り取り12絶景(前編) | トップページ | 残念な福島県 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鶴ヶ城は何度も、千本桜は磐越の電車から見たことがあります。

・・・・・
若葉さん、コメントありがとうございます。福島県に居住している私でも行っていない場所がたくさんあります。それくらい福島県は広いです。
 これから紅葉が綺麗な時期を迎えますので、ぜひ「GO TOトラベルキャンペーン」で訪れて欲しいです。また、コメントお待ちしています。(SUZU)

布引高原や三の倉などはまだのところもあるので
訪れてみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 全国的に有名な福島県の切り取り12絶景(前編) | トップページ | 残念な福島県 »