2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« プロ野球のチームごとの血液型傾向 | トップページ | 旧ブログとのコラボ企画② »

2020年7月27日 (月)

往年の名選手は今どこで何をしてる?!

 今年、コロナウィルスによって試合数が120試合に削減された日本のプロ野球。本来であればオリンピックイヤーで、野球が正式種目に復活し、今頃はプロがこぞって参加するドリームチームとして大いにスタジアムを賑わしていたに違いなかった。

 今回のテーマの趣旨とは異なるが、私がもし稲葉監督の立場だったら、誰を選手として選ぶかまず、考えてみた。

 投手
 先発  菅野(巨)・千賀(ソ)・有原(日)・山本(オ)・山岡(オ)・東浜(ソ)・則本(楽)
 中継ぎ 松井(楽)・中川(巨)・高橋礼(ソ)・秋吉(日)
 抑え  山﨑(D)・牧田(楽)・益田(ロ)
 捕手  甲斐(ソ)・小林(巨)・森(西)
 内野  山川(西)・平田(中)・山田(ヤ)・坂本(巨)・岡本(巨)・松田(ソ)
 外野  外崎(西)・村上(ヤ)・丸(巨)・鈴木誠(広)・周東(ソ)・柳田(ソ) 計29名

 いくら今年、調子がいいからと言っても、堂林はまだ時期尚早。

 残念ながらメジャーリーガーは選べないが、もし選べるのであれば、大谷・菊池・田中・ダルビッシュは外せない。

 さて、本題だが、かつて活躍した往年の名選手が2020年の今年、どこで何をされているのか調べてみた。

    かつての所属     現在
 1.阿波野秀幸(近鉄)  中日投手コーチ
 2.伊東 勤 (西武)  中日ヘッドコーチ
 3.荒木雅裕 (中日)  中日内野守備走塁コーチ
 4.三浦大輔 (横浜)  DeNA二軍監督
 5.田代富雄 (大洋)  DeNAチーフ打撃コーチ
 6.北川博敏 (近鉄)  阪神二軍打撃コーチ
 7.香田勲男 (巨人)  阪神二軍投手コーチ
 8.栗原健太 (広島)  中日打撃コーチ
 9.池山隆寛(ヤクルト) ヤクルト二軍監督
10.齋藤 隆 (横浜)  ヤクルト投手コーチ
11.緒方耕一 (巨人)  ヤクルト二軍外野守備走塁コーチ
12.土橋勝征(ヤクルト) ヤクルト二軍二軍内野守備走塁
13.石井一久(ヤクルト) 楽天GM
14.松井稼頭央(西武)  西武二軍監督
15.嶋 重宣 (広島)  西武二軍打撃コーチ
16.豊田 清 (巨人)  西武投手コーチ
17.黒田哲史 (巨人)  西武内野守備走塁コーチ
18.斎藤 学(ソフト)  ソフトバンクリハビリ担当コーチ
19.新井宏昌 (近鉄)  ソフトバンク二軍打撃コーチ
20.大道展良(ダイエー) ソフトバンク二軍打撃コーチ
21.平石洋介 (楽天)  ソフトバンク打撃野手総合コーチ
22.久保康生 (阪神)  ソフトバンク二軍投手コーチ
23.関川浩一 (阪神)  ソフトバンク三軍打撃外野守備走塁コーチ
24.村松有人 (ダイエー)ソフトバンク外野守備走塁コーチ
25.笘篠誠治(ヤクルト) 楽天外野守備走塁コーチ
26.金森栄治 (西武)  楽天打撃コーチ
27.伊藤智仁(ヤクルト) 楽天投手チーフコーチ
28.今江敏晃 (ロッテ) 楽天育成コーチ
29.今岡真訪(誠)(阪神)ロッテ二軍監督
30.福浦和也 (ロッテ) ロッテ二軍ヘッド打撃コーチ
31.吉井理人 (近鉄)  ロッテ投手コーチ
32.大隣憲司 (ソフト) ロッテ二軍投手コーチ
33.小坂 誠 (西武)  ロッテ二軍育成走塁コーチ 
34.荒木大輔(ヤクルト) 日本ハム二軍監督兼任投手コーチ
35.小笠原道大(日本ハム)日本ハムヘッド打撃コーチ
36.吉岡雄二 (近鉄)  日本ハム二軍打撃コーチ
37.武田 勝 (日本ハム)日本ハム投手コーチ  
38.木田優夫 (日本ハム)日本ハム投手コーチ
39.中嶋 聡(オリックス)オリックス二軍監督
40.平井正史(オリックス)オリックス投手コーチ
41.田口 壮(オリックス)オリックス野手総合打撃コーチ
42.小谷野栄一(日本ハム)オリックス二軍打撃コーチ

 野球評論家向きの方とコーチ向きの方がいるようだ。

 野球評論家向き・・・張本・村田・江川・谷沢・江夏・福本・佐々木・大野豊・川藤・新庄・門田・槙原・長嶋一茂・堀内
 コーチ向きなのに声がかからない・・・谷・城島・前田智・八木
 恐れ多くて招聘できない・・・野茂・松井秀・イチロー・清原

 名選手が名コーチ、監督とは限らないのと同様、たいした成績を残せなかった選手なのに、コーチや監督として大成した例も
決して少なくない。古くは西本幸雄、上田利治監督は、現役時代はさほど実績はなかった。最近でも仰木監督や平石監督も同じ境遇だった。
 また、生え抜きだけでなく、外様のコーチや監督も多くなったことが見てとれる。  

 追記

 コーチ向きなのに声がかからないの項目に、城島の名を記したところ、「あかね」さんという方から、補足のコメントをいただきました。詳細はコメントの欄をご覧ください。   

« プロ野球のチームごとの血液型傾向 | トップページ | 旧ブログとのコラボ企画② »

野球」カテゴリの記事

コメント

城島健司さんは声がかからないんじゃなくて釣りに専念したいからずっと辞退してるんですよ。
一昨年の臨時コーチ要請さえ都合が合わなくて断ってます。
毎年ソフトバンクの要請を辞退してましたが
王さんがさすがにもういい加減球界復帰するよう「球団会長王貞治付き特別アドバイザー」という役職を新設して今年球界に引き込みました。
釣り番組をやりながら且つ球界と関わっているいわゆる球界へのリハビリ状態


なるほど。そういうことですか。もしかしてソフトバンクのファンの方ですか?選手事情に詳しいですね。城島選手は私と同様、海釣り大好き人間で、一時は本当に漁師になりたかったほどだったようですね。やはり世界の王さんは、メジヤーまで経験した彼の才能を埋もれさせたくなかったということでしょうか。しかもキャッチャー出身だったので、いろいろなところに目が行き届く。そう考えれば納得です。(つん)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プロ野球のチームごとの血液型傾向 | トップページ | 旧ブログとのコラボ企画② »