2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 福島県内で動物とふれあえるスポット | トップページ | 福島県で見られる外国風景 »

2020年6月24日 (水)

FTV「サタふく」はB型&O型で作る番組?

 毎週、欠かさず録画してまで見ている番組がある。それは毎週末の土曜日のお昼からFTVで2時間放送している「サタふく」。実は昭和59年から36年間も続く長寿番組だ。前身は「サタデーふくしま」で、地元密着の話題や役立つ情報をリアルタイムで伝え、視聴者からの話題も取り上げてくれるので、県内では数少ないローカルの人気番組だ。

Satafuku3

 その「サタふく」だが、面白いことに、歴代の出演者の血液型を検証すると、B型が6割でO型3割、日本人で最も多いA型はたったの1割という結果が得られた。私は、個人的に沖縄県出身の我如古莉乃アナウンサーは、てっきりO型だと思っていたら、6月18日(木)のFTVテレポートプラスの中で、自らB型だとカミングアウトした。

 では主だった歴代出演者の血液型を列挙したい。

 現在の出演者

 野村浩二・・・O型(江戸むらさきメンバー)
 我如古莉乃・・B型(沖縄県出身 元NHK)
 伊藤亮太・・・B型(山形県出身)
 浜中順子・・・B型(浜ちゃんぽ)
 白鳥久美子・・B型(月イチゲスト) 
 植木安里紗・・B型(月イチフェスタ中継)
 アイドル鳥越・O型(MCの野村と同じ事務所で過去2回出演)

 現在の出演者はB型5人、O型2人だ。他にも「福てれチョイス」の出演者(笠原咲紀さん・小林愛さん・遠藤栞さんなど)はいるが、VTR出演のためにこの記事では割愛させて頂きたい。アナウンス部長の浜中アナがB型だからなのか、なぜかB型主流の番組にはA型は入り込めないようだ。FTVでA型は、天然っぽいが、実は慶應義塾大学法学部卒で、足も速い八重樫葵アナがいるが、この番組には縁遠い。

Ftv_20200622170901

 次にここ5~6年の「サタふく」番組MC陣を検証したい。

 名和田知加・・・B型(現在フリー)
 藺草 英己・・・B型(現在は社内のコンプライアンス担当)
 延増 惇   ・・・B型(現在はテレビ朝日記者)
 岸野 文絵・・・B型(退社)
 神谷美寿々・・・O型(退社 茨城県在住)
   福盛田 遥・・・O型(現在ミヤギテレビアナウンサー)

 と、やはりB型とO型で占められており、A型もいることはいるが、鈴木康一郎(現在・中京テレビ)と長澤彩子(現在フリー)の2人しかいない。松永安奈アナ(A型)と小田島愛アナ(O型)は代役で1回MCを務めただけなのでカウントしない。

 なぜ、FTVはB型とO型が主流なのか?それはネットしている系列のキー局がフジテレビという特性がある。昔からこの放送局はアットホームでバラエティや月9などのドラマに力を注いできた。A型は真面目だが、オーソドックスで型にはまりやすく、どちらかと言えばニュース報道向き。アドリブが者を言う「バラエティ」には向かない。O型はオールマイティなのでニュースにもバラエティにも多用できる。
 FTVで血液型が判明している他のアナウンサーは、報道局の部長に昇格した坂井有生アナがO型、出戻りで広島から帰って来た豊嶋啓亮アナはB型、いつも元気印でスポーツ大好きの姉御肌・長谷川朋加アナはO型、日野佑希人アナはO型、気象予報士の斎藤泰紀氏はO型。中央大学法学部卒のエリート、菅家ひかるアナ、元ミス福島大学で郡山から「Catch!」で情報を伝える幡谷明里アナ、現在産休育休中の寺本緒麻里アナ、浜っ子でイケメンの矢崎佑太郎アナは不明。やっぱりA型は少ない。

 そして、なぜ土曜お昼の「サタふく」が毎回、B型とO型がこぞって起用されるのかは、ひとつはFTV自体がB型主流の人事を行っていることも一理あるが、B型はもともと、台本通りの決まったスタイルを嫌い、アドリブ先行で、自由奔放、バラエティ向き。だからニュースではなく、情報バラエティの「サタふく」MCに起用されたのだと思う。
 冒頭で記した通り、この番組は中継での思いがけないハプニング有り、「藺草英己の自転車でGO!」などは行き当たりばったりの珍道中が視聴者の笑いを誘った名物コーナーだった。明るく元気いっぱいだった名和田アナとの掛け合いは最高だった。
 また、「自転車でGO!」に毎回同行していた影の声のディレクター(現在はプロデューサー)も、時々タイガーマスクのマスクをかぶり登場したが、彼の方針も真面目一方を嫌うB型寄りの印象がある。

 ネアカで楽天的、前向き、そして自分自身が一番好きで裏表や屈託のない性格が「サタふく」には必須なのだと思う。B型は好奇心旺盛で、凝り性なのでいろいろなことに飛びつく。アンテナや情報量も豊富で、何より発想や言葉選びが卓越している。つまり話が面白いし、リアクションもユニーク。明石家さんまのように、話し上手で話題に事欠かず、どんなコメントもウケる。そういう面が「サタふく」MCとしては最適なのだと判断できる。

 ここで蛇足だが、私はB型同士は運命共同体なので、もしかすると伊藤亮太アナは我如古莉乃アナと、あるいは中継を一緒にやっている縁で植木安里紗さんと結婚まで行くのではないかと勝手に予想している。伊藤アナとおふたりの息はぴったりで、まだ恋愛感情はないかもしれないが、何かのきっかけでタイミングよくゴールインすることもあるかもしれないと踏んでいる。

  私は旧ブログで、テレビ番組、特にバラエティ番組の出演者は、同じ血液型同士で群れるという趣旨の記事を書いたが、まさにその通りではないか。「めざましテレビ」のようにO型がMC(三宅アナ)を務める番組はO型で固める傾向があるし、「ミヤネ屋」やこの「サタふく」もB型で固めている印象がある。浜中アナウンス部長を頂点にダブルMCに伊藤・我如古のB型ペアを組み、芸人の野村さんを緩衝材として据えることで話術が冴え、活性化する構図が見て取れる。それにB型は個性や我が強く、人をイジる傾向があるので、同じ血液型で揃えた方がそのほうが進行もやりやすいのかもしれない。

 最後に、ひとつ気になっているが、もしかして番組制作者は私のブログを参考にしているのではないかと思える節がある。私がブログで取り上げた場所を、間を置かずにそこが取り上げられて、被って放送されることが何度かあった。それならそれで有り難い。

« 福島県内で動物とふれあえるスポット | トップページ | 福島県で見られる外国風景 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島県内で動物とふれあえるスポット | トップページ | 福島県で見られる外国風景 »