2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 福島県民でも行かない珍スポット | トップページ | 郡山市民が二度と行けないマイナーな場所 »

2020年6月18日 (木)

日本記録と世界記録(陸上・競泳編)

 昔、NTVで「びっくり日本新記録」というテレビ番組を放送していた。1975年から1985年までの約10年間続いた番組で、確か「おおのしげひさ」と「キャロライン洋子」がMCを務め、今でいう「ギネスに挑戦」の日本記録版だった。
 もちろんそれは、パロディなので、その番組が勝ってに日本記録に認定しているだけで、公式な記録として残るわけではなかった。なのに、あくなき挑戦とばかりに、出場者たちは、一見くだらない競技を編み出しては、記録に載ることを目指してがむしゃらに挑戦していた。
 例えば、人工的に作った傾斜をどれくらい短いタイムで駆け上がれるかを競ったり、平均台を上をバケツに入れた水を持って渡るとか、自転車大障害連続ぶち破り競技など、番組スタッフが独自に考案した面白おかしい競技ばかりだった。

 そして、番組の最後に、今回のチャレンジの名場面をスローモーションで振り返り、「記録、それはいつもはかない・・。一つの記録は一瞬ののちに破られる運命を自ら持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンをいつも追い続ける。それが人間なのである。次の記録を作るのは、あなたかも知れない」というナレーションがなぜか感動的だった。

 番組終了から35年も経過しているため、この話を共有できる方は、おそらくは50歳以上の方だろう。そんな番組が存在していたことすら知らない方がほとんどだと思う。
 
 さて、記録にもいろいろあるが、今回テーマにしたいのは、2020年、本当であれば「東京オリンピック・パラリンピック」が行われていたであろう今年、もしかすると世界記録の誕生もあったかもしれない。
 そこで、来年度に延期になったオリンピックに絡んで、今現在の「陸上」と「競泳」に限定して日本記録と世界記録を提示し、どれくらい世界との差があるかを検証したい。どれほど世界との差があるのか。あるいはどの程度まで縮まったのか。その辺に注目してご覧ください。

 なお、記載はPC用に編集してあるため、スマホ画面では順序が乱雑になりますので、その場合は横向きにしてご覧ください。

 「陸上競技」編

                   男子日本記録   男子世界記録    
 1  100m     9秒97        9秒58 
          サニブラウン         ウサインボルト
 2  200m    20秒03         19秒19
         末續慎吾          ウサインボルト
 3  400m    44秒78         43秒03
         高野 進    ウエイドバンニーキルク
 4  800m   1分45秒75       1分40秒91  
         川元 奨        デヴィッドルディシャ
 5 1,500m       3分37秒42        3分26秒00  
         小林史和           ヒシャムエルゲージ
 6 3,000m        7分40秒09       7分20秒67 
         大迫 傑            ダニエルコーメン
 75,000m    13分08秒40       12分37秒35
           大迫 傑          ケネニサベケレ
  8 10,000m  27分29秒69      26分17秒53  
         村山紘太         ケネニサベケレ
 9 マラソン    2時間5分29秒  2時間1分39秒 
         大迫 傑      エリウドキプチョゲ
10 110mH          13秒25            12秒80
         高山峻野         アリエスメリット
11 100m×4リレー    37秒43     36秒84
        多田白石桐生サニブラウン ジャマイカチーム
12 400m×4リレー  3分0秒76   2分54秒29 
        苅部伊東小坂大森      アメリカチーム
13 砲丸投げ    18.85m         23.12m        
         中村太地      ランディバーンズ
14 円盤投げ     62m16         74.08m  
          湯上剛輝        ユルゲンシュルト
15 やり投げ     87m60      98.48m
               溝口和洋    ヤンゼレズニー  
16 ハンマー投げ   84m86      86.74m
                 室伏広治       ユーリセディフ
17走り幅跳び     8m40             8.95m
                  城山正太郎       マイクパウエル
18三段跳び     17m15         18.29m  
           山下訓史      ジョナサンエドワーズ
19走り高跳び     2m35      2.45m
               戸辺直人      ハビエルソトマルヨ
20棒高跳び    5m83    6.14m
                   澤野大地       セルゲイブブカ


                      女子日本記録  女子世界記録
 1  100m     11秒21    10秒49 
           福島千里        フローレンスジョイナー
 2  200m     22秒88           21秒34
                            福島千里        フローレンスジョイナー
 3  400m     51秒75      47秒60 
                            丹野麻美       マリタコッホ
 4  800m     2分0秒45  1分53秒28 
           杉森美保      ヤルミラクラトフビロバ
 5 1,500m     4分7秒86      3分50秒07
                            小林祐梨子    ゲンゼベティババ 
 6 3,000m     8分44秒40   8分06秒11
             福士加代子    王軍霞
 7 5,000m   14分53秒22   14分11秒15
                            福士加代子       ティルネシュデイババ
  8 10,000m    30分48秒89   29分17秒45 
                            渋井陽子         アルマズアヤナ
 9 マラソン    2時間20分29秒    2時間14分04秒
          一山麻緒     ブリジットコスゲイ
10 100mH      12秒97    12秒20
           寺田明日香    ケンドラハリソン
11 100m×4リレー    43秒39     40秒82
                       北風高橋福島市川    アメリカチーム
12 400m×4リレー  3分28秒91   3分15秒17
          青山市川千葉青木   旧ソ連チーム
13 砲丸投げ      18m22    22m63
          森千夏      ナタリアリソフスカヤ 
14 円盤投げ    59m03    76m80
          郡菜々佳      ガブリエレラインシュ
15 やり投げ    66m00         72m28
                           北口榛花      バルボラシュポタコバ
16 ハンマー投げ  67m77     82m98
           室伏由佳   アニタヴダルチク
17走り幅跳び   6m86    7m52
           池田久美子  ガリナチスチャコワ
18三段跳び    14m04      15m50
          花岡麻帆      イネッサクラベッツ
19走り高跳び    1m96    2m09
            今井美希  ステフカコスタディノヴァ
20棒高跳び      4m40    5m06
                           我孫子智美     エレーナイシンバエバ
 
 男子の陸上100mでは10秒を切った選手はサニブラウン、桐生、そして小池の3選手だけ。
世界の現役選手では、1位はアメリカのクリスチャンコールマン選手で、9秒76。
世界のトップ7にアメリカの選手が4人、カナダが2人、コートジボアールが1人という
具合で、ほとんどが黒人選手。やはり日本人選手と欧米やアフリカ諸国のアスリートでは
体力の差が歴然。それが陸上の世界のようだ。
 
 「競泳(長水路)」男子日本記録 男子世界記録

 1  50m自由形         21秒67         20秒91
                               塩浦慎理     セーザルシエロ
 2 100m自由形         47秒87       46秒91
                                中村 克      セーザルシエロ
 3 100m平泳ぎ         58秒78       56秒88
                            小関也朱篤  アダムピーティー
 4 100mバタフライ  51秒00   49秒50
                                河本耕平   ケーレプドレッセル
 5 100m背泳ぎ    52秒24       51秒85   
              入江陵介     ライアンマーフィー
 6 200m自由形  1分45秒22      1分42秒00
            松元克央     ポールビーダーマン
 7 200m平泳ぎ  2分6秒67   2分06秒12
            渡辺一平   アントンチュプコフ 
 8 200mバタフライ 1分52秒53  1分50秒73
            瀬戸大也       クリストフミラーク
 9 200m背泳ぎ   1分52秒51   1分51秒92
                              入江陵介    アーロンピアソル
10 400m自由形   3分43秒90  3分40秒07  
                              萩野公介      ポールビーダーマン
11 800m自由形  7分49秒65     7分32秒12
           松田丈志        張琳
121,500m自由形 14分54秒80    14分31秒02
                             山本耕平     張琳
13 200m個人メドレー 1分55秒07      1分54秒00
           萩野公介       ライアンロクテ
14 400m個人メドレー  4分06秒05  4分03秒84
                             萩野公介    マイケルフェルプス
15 100m×4フリーリレー 3分12秒54  3分08秒24
        中村塩浦松元溝畑  アメリカチーム       
16 200m×4フリーリレー 7分02秒26  6分58秒55
                         内田奥村日原松田 アメリカチーム 
17 100m×4メドレー   3分30秒03  3分27秒28
           入江小関小堀塩浦 アメリカチーム    

  驚いたのは200mの背泳ぎとバタフライ。通常はスタート台から飛び込んでドルフィンキックを打てる「バタフライ」のほうがタイムが早いの
だが、男子を見ると入江の背泳ぎのほうが瀬戸大也のバタフライよりも早い。驚きの展開だ。


「競泳(長水路)」女子日本記録  女子世界記録

 1  50m自由形   24秒21       23秒67
           池江璃花子  サラショーストロム
 2 100m自由形      52秒79   51秒71
            池江璃花子  サラショーストロム
 3 100m平泳ぎ     1分5秒88     1分04秒13
            渡部香生子       リリーキング
 4 100mバタフライ  56秒08        55秒48
                            池江璃花子      サラショーストロム
 5 100m背泳ぎ      58秒70       57秒57
           寺川 綾   レーガンスミス
 6 200m自由形    1分54秒85  1分52秒98 
                            池江璃花子    フェデリカペレグリニ
 7 200m平泳ぎ    2分19秒65    2分19秒11
          金藤理絵      リッケペターセン 
 8 200mバタフライ 2分4秒69    2分01秒81
           星奈津美    劉子歌
 9 200m背泳ぎ      2分7秒13  2分03秒35 
            中村礼子   レーガンスミス
10 400m自由形    4分5秒19    3分56秒46
            柴田亜衣   ケイディレディッキー
11 800m自由形    8分23秒68    8分04秒79
             山田沙知子    ケイディレディッキー
121,500m自由形  15分58秒55 15分20秒48
           柴田亜衣      ケイディレディッキー
13 200m個人メドレー  2分7秒91     2分06秒12
            大橋悠依      ホッスーカティンカ
14 400m個人メドレー  4分30秒82 4分26秒36 
             大橋悠依      ホッスーカティンカ
15 100m×4フリーリレー 3分36秒17    3分30秒05
          大本青木佐藤白井 オーストラリアチーム
16 200m×4フリーリレー 7分48秒96    7分42秒08   
         五十嵐池江白井大橋 オーストラリアチーム
17 100m×4メドレー  3分54秒73   3分50秒40
                         井鈴木池江青木  アメリカチーム
  
  さて、今日は日本記録と世界記録の差を示したくてこのような記事をしたためたが、2020年現在で、日本人が世界記録を保持している選手は皆無という実情を鑑みると、まだまだ世界との差は歴然だ。200m平泳ぎで高校生だった山口選手やその後、同種目で世界記録を更新した渡辺一平選手の記録もすぐに塗り替えられた。記録というのはいずれ破られる性質を持つのは常だが、それにしても呆気なかった。なかなか日本人が世界記録を破れないのは、単なる体力や体型の差なのか?それともそもそも素質の差なのか。あるいはメンタル面やトレーニング方法に違いがあるのだろうか?中国などは人口が多い分、選りすぐりのアスリートはわんさかいて、もっと記録を保持していてもよさげだ。しかし、同じアジア人種はやはり欧米には太刀打ちできないのか?陸上は黒人アスリートおよびアフリカやジャマイカ上位の傾向、そして水泳はアメリカ、オーストラリアの白人上位の傾向が顕著だ。もとから黒人アスリートは国際舞台で競泳に参加できなかった歴史的背景もあったが、あの筋肉量を考えれば、日本人は、同じトレーニングでは敵うはずもなく、よって、バレーボールで金メダルを獲得したように、他にはない独自の方法で金メダルを目指すしかないように思われる。
 競泳では、日本女子のエースで、6種目で日本記録を保持する池江選手が病気によって戦線離脱し治療に専念したことも痛手だが、競技人口を増やし、早い段階から国ぐるみでその素質や特異な才能を伸ばす体制作りが何より必要だ。頭角を現してから注目するのではなく、ジュニアの段階から選抜し、欧米式のように集中トレーニングを行うことで強化を図るシステムの構築が必要かと思う。

  
 

« 福島県民でも行かない珍スポット | トップページ | 郡山市民が二度と行けないマイナーな場所 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島県民でも行かない珍スポット | トップページ | 郡山市民が二度と行けないマイナーな場所 »