2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 続報!郡山でマスクと電子体温計用のボタン電池が買えた日(5/14) | トップページ | 死んだ人は早い? »

2020年5月16日 (土)

会津人の魂「白虎隊」

 今日は、私がこれまで生きてきた中で一番好きな時代劇をお送りしたい。

 今から30年ほど前まで、年末と言えば日本テレビ系列で放送していた「大型時代劇」があった。第一弾が1985年放送の4時間の大作「忠臣蔵」だったが、翌年に上映されたこの「白虎隊」はなんと、二夜連続で合計6時間の超大作であった。

Byakotai

 主役の会津藩国家老の西郷頼母役に「里見浩太朗」を据え、長老の井上丘隅役に今は亡き「国民栄誉賞」俳優の森繁久彌が鎮座していた。キャストも超豪華で、残念ながら今では34年も前のドラマのためか、鬼籍に入られた名役者たちが多い。
 まずは、ダイジェスト版をどうぞ!

 あらすじ

 前編「京都動乱」文久2年(1862年)、会津藩主松平容保が西郷頼母の猛反対を押し切って京都守護職を拝命し、孝明帝から信頼を得て京都での活躍、「新選組」の結成、慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いでの形勢逆転の大敗北。徳川幕府の裏切りによる会津帰国を経て、白虎隊の誕生までを描く。
 後編「落城の賦」慶応4年の戊辰戦争の中、恭順姿勢も空しく朝敵の汚名を背負い会津戦争へ突入。白虎隊切腹、娘子軍の戦死、藩士家族の集団自刃、そして鶴ヶ城開城。井上丘隅ら生き残った藩士は斗南藩へ移封(という名の一藩流罪)となり、新しい時代へと歩んでいく。

 この動画を見ただけでも気づいたと思うが、会津藩だけでなく、西軍(長州藩・薩摩藩・土佐藩など)役の俳優の多くが亡くなられている。まずはこの動画だけでも誰がいるか列挙したい。

 1 夏八木勲(新選組・近藤勇役)
 2 中川勝彦(新選組・沖田総司役)
 3 佐藤 慶(会津藩・田中土佐役)
 4 森繁久彌(会津藩・井上丘隅役)
 5 丹波哲郎(会津藩・神保内蔵助役)
 6 坂口良子(会津藩・野村ちか子役)
 7 田中好子(会津藩・山本八重子役)
 8 長門裕之(会津藩・篠田兵庫役)
 9 竹脇無我(会津藩・野村左兵衛役)

 いずれも日本の映画界、テレビ業界を長年支えて来た名優たちだ。

 動画以外で亡くなられた俳優

 高品格、中康治、加藤嘉、山岡久乃、南田洋子、有川博、奥村公延、大塚国夫、中原早苗、荒木しげる、杉山義法、松山英太郎、井上昭文、井沢一郎、石田信之

 さて、このドラマが放映されて、会津は多くの観光客で賑わった。それはこのドラマが涙、涙の感動シーンの連続だったからだ。ハイライトは「白虎隊士」の飯盛山での集団自刃シーンだが、それ以外にも会津藩士とその家族たちの苦悩が余すことなく描かれている。神保修理役の国広富之の切腹シーンや西郷一族の自決シーン、更には池上季実子が演じた神保雪子の覚悟の自決シーン、槍の名手、中野竹子の戦死シーンなどどれをとっても涙無くしては見られない。御国のために戦って立派に死ぬ。「ならぬものはならぬ」。「義に死するとも不義に生きず」。これぞ会津魂の本懐だ。


 何を隠そう、私の祖父・祖母は会津出身。私にも会津人の血が受け継がれている。このドラマはDVDを持っているし、VHS時代に録画したビデオを繰り返し何度も見て、その度に感動を覚えるし、亡き俳優たちの名演技に在りし日の横顔を偲ぶ。
 そして、堀内孝雄が歌った主題歌「愛しき日々」もまた泣かせる。私のカラオケの十八番しているが、このメロディーを耳にするたびに涙腺が緩む。
 この大型時代劇が放送されて以降、おそらく会津には100回以上訪れている。ロケ地や歴史上の人物のお墓参りも随分して歩いたが、魅力あふれる土地柄で、何度足を運んでも飽きることはない。新型コロナ騒ぎが収まったら、また訪れ、飯盛山で白虎隊を偲び線香を手向けたいと思う。
 
 現在、ご活躍中の里見浩太朗、西田敏行、竜雷太、中村雅俊、風間杜夫、多岐川裕美、野川由美子、上村香子、国広富之、池上季実子、露口茂、田中健、石橋正次、近藤正臣、あおい輝彦、勝野洋、赤座美代子ら名俳優にはこれからもお元気で数多くの作品にその名を残して欲しいと切に願う。

 「白虎隊」を取り上げたテレビドラマはほかにも2007年制作の山下智久主演の「白虎隊」、2013年の「白虎隊~敗れざる者たち~」、そして「NHK大河ドラマ」の「八重の桜」などいくつかあるが、私は34年経過した今でも、この年末大型時代劇が最高峰だと思っている。ぜひ皆さんもご覧いただき、亡き名優たちを懐かしんでほしいと思う。

« 続報!郡山でマスクと電子体温計用のボタン電池が買えた日(5/14) | トップページ | 死んだ人は早い? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続報!郡山でマスクと電子体温計用のボタン電池が買えた日(5/14) | トップページ | 死んだ人は早い? »