2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« お知らせ | トップページ | 私の取るに足らないプチ自慢 »

2020年5月 6日 (水)

続・郡山市内でマスクが買えた日(R2.5.6/5.11)

  現在、新規記事の掲載を停止中ですが、臨時で記事をアップします。

 福島県は5月5日時点で、新型コロナウイルス感染者(陽性反応)が79名に達した。これは全国で22番目に多い。ここ郡山ではこの2週間は新規感染者が出ていないが、それでも慢性的なマスク不足に苛まれている。ドラッグストア、スーパー、ホームセンターなどどこにも置いていない。以前私が購入した駅前の100均では、この半月、営業自粛で閉店状態が続いている。ウレタンマスクを購入した市内北部にあるイレギュラーの店舗も、最近は訪れていないので動向は不明だが、私の4/24付のブログを見た客が殺到して品薄かもしれない。よって最近は、手芸を駆使した布製の手作りマスクを使用している方が多く目につく。

 しかし、GW最終日のこの日(5/6)、朝の6時過ぎに郡山市北西部にあるディスカウントストア「T」を訪れたら、レジ横にある、大きな金網型のトレイかご(上下2つあり)に溢れんばかりの不織布マスクが無造作に投げ込まれてあるのを発見した。その数、200個以上。価格は5枚入りで税込み399円。「ひと家庭2個まで」という表示があったので、結構余裕があった。早朝だと店内もガラガラで、昼間に行くと客が多くなるので、もしかすると品切れになるかもしれない。

 まさに「早起きは三文の徳」や「一期一会」を地で行くような出来事だった。価格は1枚当たり80円程度なので高いことは高いが、品不足が続く今、やむを得ないと判断。ついマックスの2セットを買ってしまった。それが下の画像。

Img_7763_r
Img_7764_r
Img_7765_r  

 普通に考えたらマスク10枚で798円は高すぎるが、精神的に安心できるのでこの日のマスク販売はありがたかった。どこを探してもないのに、偶然見つけたとはいえ、ある所にはあるものだ。

 それにしても一体いつになったら、この一連の「新型コロナウイルス騒動」は終息を迎えるのか?「緊急事態宣言」も5月末日まで延期された。いっこうに出口が見えない中、「新生活様式」を推奨する政府の後手後手の対策と、停滞したままでいつ破綻するかわからない経済状況の中、ずっと耐え忍ぶしかないのか?すべてにおいてマイナスイメージしかないが、この日のように偶然にもマスクが入手できるという「小さな幸せ」に出くわすことがあるから、また頑張ろうという気になれるのかもしれない。
 それで、今もマスクが買えなくて困っている方への少しでも朗報になるならと情報提供がてら臨時に掲載した次第です。

 でもたまたまあったとは考えにくいので、このディスカウントストアは、実は郡山市内には4店舗(ここ以外には大槻町・備前舘・安積町)あるが、もしかすると大量に仕入れ、在庫がまだまだあって、店頭のトレイが少なくなったら、順次、補充するかもしれない。

 なお、炉辺談話だが、帰り道、桜で有名な川がある橋を渡り、市営グラウンドを越えた先の道端(歩道と車道の間の縁石)に小さな怪しい物体が置いてあった。実は来るときに反対車線側にあるのに気づいていて、もしかして光電式の速度取り締まり装置かと思い、帰る際には法定速度(50キロ)厳守で通過したら、単なる小型のスピーカーが投棄してあった。警官の姿は皆無だったものの、結構早朝の裏道路でネズミ捕りが多いので警戒したが、大丈夫だった。それにしてもなぜあんな場所にスピーカーを捨てていくのか気が知れない。

 結びに、過去2回、このような郡山市内でのマスク購入の記事を掲載しましたが、3回目の今回も、客が殺到し、売り切れになる恐れがあるため、店名はお教えできません。郡山市内の方なら今日の記事を読めばおおよそ店名は判別できると思います。

 <追記 5/11(月)>

 5月11日(月)、朝7時9分に職場に出勤した。午前中は通常勤務して午後から「テレワーク」のため、車で帰宅途中、実は昨日も買い物に出向いた咲田にある「Sストア」に立ち寄って250円弁当やドリンク、さらにはパンなどを購入。そしてレジを終えて買える際、店の入り口にマスクの箱が積まれているのを発見!それは紛れもなくひと箱50枚入りの「不織布」のマスクだった。昨日は無かったのに・・・。しかも箱の中身は外科手術で見かけるようなブルーの物(三層構造のサージカルマスク)。金額は税込み3,300円で、1枚あたりに換算すると66円。最近の郡山市内のマスク販売価格の中では最安だった。その証拠が下の写メ。

Img_0924_r

 どれくらい在庫があるかわからなかったが、またしても偶然とはいえ、マスク販売中の場面に出くわした。ということは、未だにドラッグストア、スーパーなどでは見かけないマスクだが、このように私がたまたま立ち寄った店でマスクを見かける場面に出くわすということは、マスクを販売している店が確実に増えて来たという証拠。ひと箱3,300円はコロナ騒動前に比べるとまだまだ高いが、マスクが無くて困っている方に知らせたくて、5月11日(月)に追記という形で掲載しました。

 なお、地元の方で、5/6の記事、及び5/11の記事の店名を知りたい方は、コメント欄にご自分の予想店名とメルアドをご記入ください。当たっているかも含めて、直でこっそりとお教えしたいと思います。なお、私の記事を見る見ないにかかわらず、他の情報源から買いに行く方が多くいれば、それらのマスクが品切れになっている場合があることを御承知おきください。

 

« お知らせ | トップページ | 私の取るに足らないプチ自慢 »

郡山の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 私の取るに足らないプチ自慢 »