2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

残念な自分脱却計画 ~文学作品で教養アップ編~

  私は浅学にして無教養すぎて、この歳になっても知らないことが多いことを恥ずかしく思っていることは以前述べた通りだ。偉そうに旧ブログから本ブログまで5,000記事以上もしたため、掲載して来たものの、本音は反省しかない。第一、表現力は乏しいし、本当に伝えたいことを的確な言葉選びが出来ずに伝えきれていない。戸惑いと共に、自身の無学さにほとほと嫌気が差すほどだ。おそらくは誤字脱字も多いだろう。弁明のつもりで「唯我独尊」とタイトルをつけたものの、単なる開き直りと取られてもやむを得ない。

 こんな事情なのに、足掛け12年以上も私の拙い内容のブログを続けて来られたのも、心優しい読み手の方がいたのと、時々寄せられるコメントに励まされてのことだ。この場をお借りして感謝申し上げます。

 そんな私なので、時々「自己啓発」というか、自身の常識力向上のために行っていることを本日のテーマにしたい。自身の備忘録の意味合いもあるが、自問自答のクイズ形式で記載したい。もし興味がおありでしたら一緒にお考え下さい。

 なお、当ブログはPC用に作成してあるため、スマホなどは構成上かなり見づらくなっています。スマホの方は画面を横向きにしてご覧ください。

 
 <文学作品と作者> 次の作者は誰?

 1 舞姫・高瀬舟・雁     26 路傍の石・女の一生・真実一路
 2 夜明け前・破戒      27 五輪書 
 3 暗夜行路・城の崎にて   28 たけくらべ・にごりえ
 4 銀河鉄道の夜       29 歎異抄
 5 更級日記         30 智恵子抄・道程
 6 細雪・春琴抄・刺青    31 人間失格・津軽・斜陽・走れメロス
 7 河童・蜘蛛の糸・羅生門  32 山月記・敦煌
 8 蟹工船          33 海潮音
 9 武蔵野          34 月に吼える
10 金色夜叉・多情多恨    35 みだれ髪 
11 雪国・伊豆の踊子     36 一握の砂・悲しき玩具
12 東海道中膝栗毛      37 田舎教師・蒲団
13 五重塔          38 南総里見八犬伝
14 檸檬・桜の樹の下には   39 恩讐の彼方に・父帰る
15 金閣寺・仮面の告白・潮騒 40 宮本武蔵・新平家物語・三国志
16 吾輩は猫である・坊ちゃん 41 砂の女
17 二十四の瞳        42 或る女・カインの末裔・生まれいづる悩み
18 小説神髄         43 蒼茫
19 解体新書         44 高野聖・婦系図
20 枕草子          45 山椒魚・黒い雨
21 源氏物語         46 野菊の墓
22 徒然草          47 風立ちぬ かげろふの日記
23 土佐日記         48 不如帰・黒潮
24 方丈記          49 あめりか物語・ふらんす物語・墨東奇譚
25 日輪           50 浮雲

  正解)
  1 森鴎外 2 島崎藤村 3 志賀直哉 4 宮沢賢治 5 菅原高標女
  6 谷崎潤一郎 7 芥川龍之介  8 小林多喜二 9 国木田独歩 10 尾崎紅葉
   11 川端康成 12 十返舎一九 13 幸田露伴 14 梶井基次郎 15 三島由紀夫
   16 夏目漱石 17 壺井 栄 18 坪内逍遥 19 杉田玄白 20 清少納言
   21 紫式部  22 吉田兼好 23 紀貫之    24 鴨長明  25 横光利一
   26 山本有三 27 宮本武蔵 28 樋口一葉 29 河和田の唯円   30 高村光太郎
   31 太宰  治  32 中島 敦 33 上田 敏 34 萩原朔太郎 35 与謝野晶子
   36 石川啄木 37 田山花袋 38 滝沢馬琴 39 菊池 寛  40 吉川英治
   41 安部公房 42 有島武郎 43 石川達三 44 泉 鏡花  45 井伏鱒二
   46 伊藤左千夫 47 堀辰雄 48 徳冨蘆花   49 永井荷風  50 二葉亭四迷 

 <書き下し文> 次の下りで始まる文学作品は?(敢えて解答は掲載しません)

 1 花の色はうつりにけりな 
 2 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
 3 つれづれなるままに 日ぐらしすずりにむかひて
 4 東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる
 5 春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは

 6 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり
 7 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった
 8 いづれの 御時にか。、女御更衣あまた侍ひ給ひけるなかに、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり
 9 吾輩は猫である 名前はまだない 
10 木曽路はすべて山の中である

11 メロスは激怒した。必ず、かの邪知暴虐の王を除かなければならぬと決意した。
12 親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている。
13 ゆく河の流れは絶えずして しかももとの水にあらず
14 えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた
15 ではみなさんは、そういうふうに川だといわれたり、乳の流れたあとだといわれたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。
16 今は昔、竹取の翁というふものありけり
17 男もすなる日記といふものを女もしてみんとてするなり
18 かくありし時過ぎて、世の中にいとものはかなく、とにもかくにもつかで、
19 石炭をばはや積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静かにて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒なり。
20 後の月という時分が来ると、どうも思わずにはいられない。幼い訳とは思うが何分にも忘れることができない。

21 山の手線に跳ね飛ばされて怪我をした、その後養生に、一人で但馬の城崎温泉へ出掛けた。
22 私が自分の祖父のある事を知ったのは、私の母が産後の病気で死に、その後二月程経って不意に祖父が私の前に現れてきた、その時であった。
23 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨足が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追ってきた。
24 幼時から父は、私によく、金閣のことを語った。私の生まれたのは、舞鶴から東北の、日本海へ突き出たうらさびしい岬である。
25 蓮華寺は下宿を兼ねた。瀬川丑松が急に転宿を思い立って、借りることにした部屋というのは、その蔵裏つづきにある二階の角のところ。

 

 断っておくが、私は学者や研究者でもないし、まして国語教師などではない。だが、日本人としてこの世に生を受けた以上、最低限の教養や知識を身に着けたいと思い、今回、このような記事を書いた次第だ。

 実は、こうした文学作品と作者名を答えさせる問題は、就職試験によく出題されるそうだ。ほかにも有名な外国文学作品も同様だそうだ。一例を挙げると

 1 戦争と平和 (トルストイ)
 2 老人と海・武器よさらば (アーネスト・ヘミングウェイ)
 3 怒りの葡萄・エデンの東 (ジョン・スタインベック)
 4 星の王子さま (サンテグジュペリ)
 5 リア王・マクベス・オセロ・ロミオとジュリエット・ヴェニスの商人(シェークスピア) 
 6 最後の一葉(オー・ヘンリー)
 7 トムソーヤの冒険・ハックルベリーフィンの冒険(マーク・トゥエイン) 

 8 白鯨 (ハーマン・メルビル)

 9 神曲(ダンテ)
10 変身(カフカ)
11 ライ麦畑でつかまえて(J・D・サリンジャー)
12 阿Q正伝(魯迅)
13 赤と黒(スタンダール)
14 ガリバー旅行記 (ジョナサン・スウィフト)
15 富国論(諸国民の富) (アダムスミス)

 では最後に、文学作品で就職試験などによく出る問題を

 <次の偉人は何で有名か>

 1 グレゴール・ヨハン・メンデル オーストリアの植物学者「メンデルの法則」
 2 アントニン・ドヴォルザーク チェコの作曲家 「新世界」
 3 ソクラテス 古代ギリシャの哲学者
 4 ジョン・フレミング 「左手の法則」
 5 イワン・パブロフ 旧ソ連の生理学者 「パブロフの犬」
 6 パブロ・ピカソ スペイン生まれの天才画家「ゲルニカ」
 7 ブレーズ・パスカル フランスの哲学者 「人間は考える葦である」 パスカルの定理
 8 ニコラウス・コペルニクス ポーランドの天文学者 「太陽中心説」「コペルニクスの原理」
 9 野口英世 福島県出身 千円札の肖像画 「黄熱病」の研究
10 フローレンス・ナイチンゲール イギリスの近代看護教育学の母 
11 マリ・キューリー(夫人)ワルシャワ生まれ。放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞
12 アルベルト・アインシュタイン ドイツの理論物理学者 「相対性理論」
13 オーギュスト・ロダン 彫刻家 「考える人」のブロンズ像
14 アントニ・ガウディ スペインの建築家 「サグラダファミリア」
15 福澤諭吉 慶應義塾の創設者 「学問ノススメ」
16 伊藤博文 山口県出身 初代総理大臣
17 アイザック・ニュートン イギリスの自然哲学者 「万有引力の法則」
18 フェルディナンド・マゼラン 大航海時代のポルトガルの航海者・探検家
19 トーマス・エジソン アメリカの発明家
20 クリストファー・コロンブス イタリアの探検家 アメリカ大陸発見
21 マハトマ・ガンディー インドの独立運動家
22 マザー・テレサ カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。
23 ベンジャミン・フランクリン アメリカの政治家 「100ドル紙幣」の肖像画
24 マーチン・アーサー・キング(牧師) アメリカの黒人指導者 ピッツバーグでの歴史的演説 「I have a dream.」
25 ライト兄弟 アメリカ出身の動力飛行機の発明者で世界初の有人飛行に成功した飛行機パイロット。
26 アレクサンダー・グラハム・ベル スコットランドの発明家 「電話の発明」
27 ジェームズ・ワット スコットランドの発明家・機械技術者 「電球の発明」
28 ヘレン・ケラー アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家
29 ナポレオン フランス皇帝 「私の辞書に不可能という文字はない」
30 クレオパトラ7世 古代エジプト、 プトレマイオス朝最後のファラオ(女王)
31 エイブラハム・リンカーン 第16代アメリカ大統領 「人民の人民による人民のための政治」
32 ゲオルク・オーム ドイツの物理学者 「オームの法則」
33 クリスチャン・ドップラー オーストリアの物理学者・数学者 「ドップラー効果」
34 ジャン・ジャック・ルソー フランスの哲学・思想家 「社会契約論」
35 ジョージ・ワシントン アメリカの初代大統領
36 ミケランジェロ・ヴォナローティ イタリア盛期ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家 「ダビデ像」
37 レオナルド・ダ・ヴィンチ イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。「モナ・リザ」
38 アンネ・フランク ユダヤ系ドイツ人 「赤毛のアン」

 さて、今回の記事は体たらくで無学無知の自己反省に基づいて掲載するものだが、若い時分、特に受験勉強や就職試験で必死になって覚えた事項が、跡形もなく忘れている自分が許せなくなってしまい、読者の方には迷惑越権行為だが、このようなテーマで記事を掲載した次第です。
 冒頭で述べたように、縁あって日本人として生まれたからには、些少でもそれらしい学を修めて人生を終えたいと思う。私の大学時代はバブル景気まっただ中で、苦労しなくてもそれなりの仕事に就けた世代だが、私の10年以上先輩諸氏は、学生運動が盛んだったり、文学青年が多かった世代だ。論より証拠で、現在活躍されているその年代の俳優は皆、超一流大学を卒業しているか、途中で役者の道を志して中退している方々だ。「フォーク集会」や「神田川」の世界観を地で行く世代だ。そこから比べると、苦学もせずに、バイクを乗り回して過ごした自分は、今更だが仕送りしてくれた親に申し訳が立たない。あと5年程度で退職を迎える年齢になり、自分も人の親になって、ようやく「親の有難み」をひしひしと感じる今日この頃だ。
 では最後に、尊敬の念を込めて苦学して自分の道を貫いた文学青年の有名人を紹介して結びとしたい。

 <早稲田大学卒または中退者>

 タモリ・久米宏・藤木直人・堺雅人・吉永小百合・石田純一・上田晋也・北大路欣也・風間杜夫・井上純一・山田康雄・平田満・益岡徹・川野太郎・假屋崎省吾・紗栄子・羽鳥慎一・皆藤愛子・加藤剛・渡瀬恒彦・中山仁・岡副麻希・三宅正治・宇津井健・手越祐也・市來玲奈・河原崎長一郎・広末涼子・宮澤智・宮司愛海・福澤朗・逸見政孝・寺田農      

 <慶應義塾大学卒または中退者>

 夏八木勲・石原良純・中村雅俊・紺野美沙子・二階堂ふみ・櫻井翔・一青窈・竹内まりや・藤井美菜・小出恵介・別所哲也・小林克也・石原裕次郎・石坂浩二・弘中綾香・中島芽生・平井理央・水卜麻美・辻岡義堂

 他には 細川俊之(学習院大学)、渡哲也・竹脇無我・高橋克典・田中みな実・名取裕子(青山学院大学)、二谷英明(同志社大学)、宍戸錠(日本大学藝術学部)、高倉健・西田敏行(明治大学)、千秋実(中央大学)、芦田伸介(東京外大)、香川照之・加藤登紀子・倉本聰(東京大学)

 

 

2020年5月30日 (土)

オールドリスナー必聴!「ラジオ福島」回顧録

  「JOWR」と聞いただけでそれが何を意味するかわかる人は、よっぽどのラジオ通だろう。さらに言えば「周波数」1458KHz、1098KHzと聞いただけでピンと来た人も同様だ。

 「JOWR」はテレビやラジオ、無線局などにつけられる符号で、通称「コールサイン」と呼ばれる。「JOWR」はここ福島県に1953年に開局し、67年もの歴史を誇る「ラジオ福島」のものだ。当時は、全国で30番目に開局した県内初の民放ラジオ局だった。
 さらに中波(AM)の周波数1458KHzとは福島局のもので、郡山局は1098KHzである。郡山でも1458KHzにチューニングしても聞こえるが、かなり混信し雑音で聴き取りづらい。よって電気通信局(当時は電波管理局)がこのように割り当てたのだ。しかし、この周波数も1978年までは違っていて、現在のようにコマ切れにはなっていなかった。福島は1460KHz、郡山は1100KHzだった。私がよく聴いていた「ニッポン放送」は1240KHzだったが、1242KHzに変わってしまった。

 その地にも地元密着の情報満載で提供している放送局の「ラジオ福島」は、今では受信機さえあれば「ワイドFM」でクリア―なサウンドで視聴を楽しむことができる。そこまで進化している。
 「東日本大震災時の生放送中」のスタジオでは、深野健司アナの冷静な呼びかけと的確な情報提供に、助けられた方も数多くいると思うし、私などは、入浴中のナイター中継(RFCエキサイティングナイター)など、中高生時代の必須アイテムだったし、特に大学受験では深夜放送を流しながら励むなど、「受験の友」だった。
 その時に聴いていたのは「ビートたけしのオールナイトニッポン」(木曜深夜)、「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」(土曜深夜)、「いすゞ歌うヘッドライト」(石渡のり子)(金曜午前3時)のファンだった。特に「歌うヘッドライト」はエンディングの「夜明けの仲間たち」を聴きながら朝を迎えていた。

 オープニングはコチラ

 エンディング「夜明けの仲間たち」

 1980年までは、我が福島県は「青少年育成」のための規律が厳しく、テレビやラジオは深夜の時間帯は放送していなかった。子どもに良くない情報は極力回避していたため、深夜放送はもっぱら東京のキー局に周波数を合わせて聴いていたが、混信がひどくてなかなか聞き取れない代物だったが、1980年代に入り、県民の要望からようやく「ラジオ福島」でもネットを開始し、受信が可能になった。

 また早朝は、タイマーで録音した「旺文社大学受験ラジオ講座」(通称:ラ講)で追い込みをかけていた。あの開始のBGMもずっと耳に残っている。そのおかげで、私は大学受験に合格できたと思っている。
 ついでに言うと、「日本短波放送」(現在ラジオNIKKEI)のアイドル女子アナだった「大橋照子」さんに憧れた時期もあった。慶應義塾大学卒の才女に加え、あの可愛らしい声と喋りに癒されていた。だから私も彼女を追って同大に進学したのだ。当時のラジオDJやMCは、あまり顔を露出する方は少なかったが、大場久美子に似たアイドル顔の彼女の風貌は、瞬く間に人気に火が付き、マイナーだった短波放送の存在を世に知らしめた第一人者だった。

 「ヤロメロ」の大橋照子さんの涙の結婚宣言はコチラ
 
 さて、ついついラジオへの思い入れの強さから、本題である「ラジオ福島」の話題は後回しになってしまった。
 今日は何を中心に記事を書きたいかというと、今では放送終了してしまった自主制作番組を振り返り、懐かしみたいという趣旨だ。ではどうぞ!

 1 「夜をぶっとばせリクエストで45分!」

 平日の夜中、午前0時15分から1時までの放送で、日替わりで「ラジオ福島」の局アナがMCを担当し、リスナーからのはがきを読んだり、リクエストに応えて音楽をかけるといった内容だった。番組形式はリスナーリクエストによる音楽番組である。番組開始当初は曜日毎にリクエストジャンルが決められていた(月曜 ポピュラー、火曜 歌謡曲、水曜 映画音楽、木曜 懐メロ、金曜 詩と音楽、土曜 プレゼントリクエスト)がその後自由にリクエストできるようになった。
 担当は月曜日が荒川守アナだった。ほかにも荒瀬英俊アナ、菅原俊二アナ、村田稔アナ、鈴木紀男アナなども担当したが、私は何と言っても金曜日担当の「かぐや姫」こと「竹野美智子」アナが大好きだった。それは私が中学3年生の時で、高校受験の合間に聴いていた、いわば「心の支え」だった。
 しかし、残念なのは、1979年の4月から1980年の3月までという僅か1年しか担当しなかったことだ。なのに、県内の中高生のハートをがっちりつかみ、人気が高かった。可愛らしい声と話し方は一度聞けばラジオの前に釘付けになるほどで、特に、リクエスト募集のジングルが笑えるものだった。

 歌舞伎のような囃子に乗って、かぐや姫が「ずずっ~と近くへ 遠慮はいりませぬ よろしいですか では参ります 紙と筆をお持ちくださいませ リクエストの宛先を申し上げまする」と色っぽくアナウンスするが、その最中に歌舞伎役者の掛け声で「よぉ~」とか「はっ!」とか割り込む。これが傑作で夜中なのに大爆笑させられたものだ。あれから40年が経ったなんて信じられない。

 彼女の最後の放送音源が「県外の方が録音したようで、かなり雑音が入っているが残っている。それを聴いてほしい。

 Part2の続きはコチラ

 実は私も全く同じ放送(かぐや姫の最終回)を録音していた。かなり音質はクリアで、放送終了後、何回も繰り返し聞いたものだが、そのカセットテープは今はどこに行ったかわからない。たぶん、母親ががらくたと思って処分したに違いない。母親というのは子どもが大事にしていたものでも、勝手に捨てる性分のようで、それで何度も親子関係が悪くなったものだ。

 この「夜をぶっとばせ」は1984年8月の番組終了まで12年2か月続いた。後継番組の「ミュージックストリート夜はこれから」は振るわず、僅か1年8か月で終了となった。

 2 「ルーテルアワー・カプセルメイト」

 平日の深夜0時から放送していた。野田町にあるカトリック系の教会の牧師を中心にキリスト教の聖書に基づく教えを説いていた。私はキリスト教徒ではないが、その時間だけは毎回、神聖な気持ちにさせられたものだ。1970年代は、あまり宗教に凝る人など少なく、どちらかというと異質に思われた時代だった。そんな中、布教活動を行い、長く続いた長寿番組だった。ナレーションは「青木淳」さんが担当していた。口調もゆったりし、一言一句が丁寧で、さすが神に仕えし人物だと感心したものだ。
 
 最終回の音源は→コチラ (ログインが必要です)

 
 3 「たむたむたいむ」

 これは「ニッポン放送」で放送していた「かぜ耕士」の番組ではなかったように思っている。確か、地元の高校の放送部(女子高生)や大学生っぽい人が番組MCを担当していた10分間番組だった。最近の流行や関心がある話題をチョイスし、雑感めいたことを気ままにしゃべっていた。
 私の記憶では23時10分から放送していたと思うのだが、「weblio」によると、1975年当時、ラジオ福島では22:25から20分間の放送だったようだ。

 こんな番組だったと思う→コチラ

 4 「魅惑のニューディスク」

 1970年代の後半から1980年代頃まで、平日の「夜をぶっとばせ」の後、午前1時から放送していた音楽番組。現在もフリーアナウンサーとして活動され、NHK-FMで「歌謡スクランブル」のパーソナリティーを担当している「深沢彩子」アナウンサーが担当していた。落ち着いた大人っぽい妖艶な口調で、深夜には打ってつけの人材だった。
 彼女は早稲田大学教育学部を卒業され、佛教大学の大学院で修士課程を修了されるなど、学問に長けており、大学で教鞭を執られていた経歴を持つ。

 5 「福島のむかし話」

 1979年10月に放送を開始したラジオ福島のラジオ番組。現在は「ORANGE TIME」に内包されている。2012年5月24日に放送1万回を迎えた看板番組。こちらは番組名こそ「おばあちゃんのむかし話」と変わったが、昭和の頃から長く続く、福島県に纏わる民話」を福島弁丸出しで独特な語り口調の語り部である「森和美」さんが担当している。オープンニングのBGMがまた郷愁を誘う曲調。ほっこりするような、どこか懐かしくて田舎のお袋を思い出させてくれる。

 6 「RFCエキサイティングナイター」

 私が小学生の頃から聴いていた「プロ野球」の巨人戦のナイターを中継していた。時間帯は18時頃から21時頃まで。試合時間の延長によって21時半頃までは放送を延ばしていた。特に入浴中に古いラジオで聴いていた。
 景気のいいオープニングは今でも鮮明に記憶にあるし、私が覚えているのは二死満塁の絶体絶命のピンチの場面で、巨人の関本四十四投手が三振に斬ってピンチを脱した場面だった。緊迫した中で湯船につかりながら聴いていて、胸をなでおろした記憶がある。
 この中継中に私が好きなCMがあった。たぶん県内の自動車学校の宣伝で、それに使われてた歌が心地よかった。最後に「♪遠く~と・お・く~♬」と歌い上げる歌詞だった。今でも何のCMだったかわからない。可能性としては「郡山自動車学校」か「富久山自動車学校」かなと思うが、自信はない。

 ほかにも名物だった番組で懐かしいものは数多ある。

 ・「おはようカーですコロナです」・・・時代を感じる。コロナは廃盤になったが、ミドルカーとしてTOYOTAの主力だった。
 ・「コルニエツタヤでこんにちは」街角からの中継だったり、収録を行っていた。
 ・「土曜deゴンザレス」内容は覚えていないが、こういう名前の番組があったことは覚えている。
 ・「おはようチエちゃん」私が20代の頃、いわき市に勤務していた際、植田にあった「スナック麗」によく行ったが、そこの元気溢れるマ マ。私が郡山に引っ越した後、私の結婚式に「祝電」を打ってくれたほど、優しい人だった。まさかその後、ラジオに大抜擢されるとは・・・。「鏡田辰也」アナとのコンビで平日の昼下がり、「ハッピーチエちゃん」というコーナーもあった。 
 ・「さわやかマイタウン」
 ・「レインボーカラオケ歌合戦(エンドーチェーン提供)」まだ福島のまちなか広場に「エンドーチェーン」があった頃に、このデパートを提供とした番組で、中継を結んでいろんなイベントをやっていた。

 最近では、夕方に放送していた「ラジオいっぷく堂」や手塚伸一の「夕焼け番長!」などは車で帰宅する際によく聴いていた。
 

 6 その他 
 
 自主制作番組ではないが、「ラジオ福島」でネットしていた番組で印象に残っているのは以下の番組だ。

 ① 「日立ミュージック・インハイフォニック」(平日夜10時)
 ② 「田原俊彦の恋の気分はShe says do!(資生堂)」(平日夜11時)→その後「ひかる一平」が担当
 ③ 「岩橋修平のなんとか旅」タイトルは詳しく覚えていないが、平日の夜11時20頃から10分程度の放送だった。「たむたむたいむ」に続いて放送していた。

 ところで、旧ブログ、当ブログで何度か取り上げたが、私が中学時代には空前のBCLブームが起こり、それに伴い受信報告書を送ると各放送局特製のオリジナルデザインの「ベリカード」を貰う趣味が一世を風靡した。短波放送対応のオールバンドラジオも売れに売れた。テレビと同じくらい若者は深夜放送を中心にラジオを聴いたものだ。せっかく苦心して、金と労力を使って集めた100枚以上の「ベリカード」も、知らないうちに母親に処分されていた。

 私もBCLにハマった一人だが、かつて「ラジオライフ」とか「アクションバンド」なる書物を読み漁って、全国各地、あるいは短波放送で世界各国のラジオ放送を聴いてはベリカードを集めたり、アマチュア無線の免許を取得し、ハンディタイプの無線機を改造し、消防無線や航空無線の交信を傍受したりしていた。学生時代に東京に住んでいた頃は、私の友人などはデジタル化される前の「警視庁」の無線を聞いていたようだ。特に、土曜日の夜はひっきりなしに110番通報が入り、通信指令室が入電後に各所轄へ出動要請する内容を聞いて、東京のどこでどんな犯罪が発生したか「一聴瞭然」だった。現在はもう暗号化され、聴くことは出来なくなっている。 
 そんな時代にあって、「ラジオ福島」は私にとって心のよりどころになった時期が確かにあったのだ。今でも長く続く名物番組も多く存在して、何やら嬉しくなる。
 続いて、ラジオ福島の昭和時代から続く名物番組を紹介したい。

 「昼の希望音楽会」(月~金の午前11時)
 「グリーンメロディ―」(月~金の正午)
 「歌のない歌謡曲」(月~金)現在は「レディ・オン」の中のコーナーのひとつとして放送中
 「農家の皆さんへ」(月~金の午前5時15分)
 「お母さん教室」(月~金の午前9時40分)
 「おばあちゃんのむかし話」(月~金の午後6時20分)
 
 これらは相当年数が経過した長寿番組で、今も生き残っているし、それらのBGMもしっかり耳に残っている。そして今でも「交通情報」や「天気予報」、「地元のニュース」などを中心に聞いている。何かと有用な情報をリスナーにもたらしてくれる日常のライフパートナーなのだ。

 ではここで少し残念な話題に触れなければならない。もしかすると、局の関係者はあまり触れて欲しくないかもしれないが、「ラジオ福島」に関する記事を執筆する時には絶対に欠かせない話だ。決して興味本位で記すものではないことをお断りしておきます。

 もう知る人も少なくなったと思うが、6月6日と言えば、かつて「ラジオ福島」の新進気鋭の女性アナウンサーが在職中に殺害されるという痛ましい事件が起きた日だ。私は26年経った今でもその事件を知らせるニュース映像を覚えているし、脳裏に焼き付いて離れない。

 それは忘れもしない平成6年6月6日という、不吉な数字である「6並び」の日に悲劇が起きた。その前年の4月に入社したばかりの新人アナウンサーだった「廣瀬真弓」さんが、大学時代からの先輩で、交際相手だった「奈良テレビ」の25歳の報道記者Nに包丁で刺され殺害されたことを伝える一報だった。死因は急所など十数箇所を刺されたことによる出血多量での失血死。

 その記者は別れ話のもつれから復縁を迫るため、前日の5日から休暇をとり、わざわざ奈良県から福島市まで車でやって来た。しかも犯行に及んだ場所は、職場である下荒川8番地の「ラジオ福島」が、本社の南向いに社員の女子寮として借り上げていたアパートだった。その2階にある自室にて彼女は凶行に倒れた。今でもそのアパート自体は残っている。おしゃれな名前の4世帯が入居できるアパートが2棟並んでいるが、西側の建物だ。そして殺害現場となったのはその建物の2階の東側の部屋。

00a43cb2_2020053007130100a43cb2_20200530071302  

 事件が起きたのが平成6年6月6日(月)。映画「オーメン」に登場する悪魔の子「ダミアン」が頭に「666」のアザがあったことで、これが不吉を表す凶数として忌み嫌われるようになった。それを奈良テレビのN記者が狙ったかどうかは不明だが、偶然とはいえ、このような事件が実際に起きたことで私は言い知れぬ恐怖心を抱いた。

 当時の事件を伝える地元新聞の記事 (*画像クリックで大きくなりますが、閲覧は自己責任でお願いします。)

福島民友新聞(平成6年6月6日の夕刊)

Img_7784   

福島民友新聞(平成6年6月7日の朝刊)

Img_7785  

福島民報新聞(平成6年6月7日の朝刊)

Img_7783  

 彼女自身は、亡くなった日の6月6日から3日間、休暇をとり、郷里の埼玉に帰省する予定だった。その前日、かつての交際相手(元カレ)が突然に目の前に現れるとは想像していなかっただろうし、埼玉県出身だった彼女が赴任先の地でまさか命を奪われるとは考えもしなかった筈だ。予想だにしない事件によって、そこで命を落としたわけだが、凶器となった文化包丁で全身十箇所以上も刺された後、死ぬ間際に、彼女は恐怖と共に薄れゆく記憶の中で、一体何を思ったことだろう。この世に未練はあっただろうし、その後もいろいろな人生経験をするはずだったに違いない。わけがわからないまま死んで行ったのかもしれない。その記者自身も除光液(ベンジン)を飲み、お湯の張った浴室で左手首を切って自殺を図ったが死に切れず、意識朦朧の状態で搬送され重体となった。警察の調べでは、どうやら別れ話のもつれによる記者の一方的な無理心中とのことだが、その後、その記者は怪我の回復を待って殺人容疑で逮捕された。

 ラジオのアナウンサーだったこともあり、私自身は彼女の顔までは存じ上げなかったが、廣瀬真弓アナは、その2か月ほど前、ラジオ福島の午後ワイド「RFCワイド午後1番」の「いってみっカー中継」に出演したのだった。確か開成山公園から桜の花見の様子をリポートしたり、新人離れした度胸の良さで、自分を「歌姫」と称し、カラオケを3曲歌うなど、これから活躍が嘱望されていた。しかも、無事に社内研修を終え、6月から「あぶくま洞を訪ねて」、「週間ラジオライブラリー」などのレギュラーを担当し始めたばかりだった。地方のラジオ局アナウンサーが23歳という若さで命を絶たれたことは世間に衝撃を与えた。

 同局の大和田新アナウンサーの「Facebook」に掲載されていた彼女の写真を引用させていただきます。

Hirosemayumi  

 その記事と当時の新聞記事によれば、亡くなった彼女の第一発見者は、ほかでもない大和田新アナウンサーご自身だったということだ。彼女の下の部屋に住んでいた同僚が、「助けて!」という叫び声を聞いて、大和田アナを呼び、マスターキーを使って室内に入った時には、彼女はパジャマ姿のまま、すでに亡くなっていたという。冷たくなって変わり果てた彼女を見つけた時のショックは想像を絶するし、大和田アナは、廣瀬アナの入社当時のアナウンス部長だったことで、彼女を守れなかったことを死後20年経っても悔やまれている。そして彼女の命日には合掌を欠かしたことはないそうだ。

 大和田新アナの「Facebook」はコチラ 

 写真を見ても当時、流行っていたであろう「ソバージュ」がよく似合うべっぴんさんだったことがわかる。

 同僚であり、先輩アナウンサーだった「大和田新」アナウンサーは、ここまでの事件のあらましなどは心情的に書けないと思うので、「ラジオ福島」のファンで、足掛け45年の長きに渡って放送を聴いて、同局への思い入れと想い出がたくさんある私が代筆させていただきました。

  あれから26年。まもなく今年も彼女の命日となった6月6日が訪れる。たぶん局内では追悼のために黙とうや何らかの供養は行うであろうが、このようなことは二度と起こってはならないし、風化させてはならないと考え、あえてここで取り上げました。

 謹んで彼女のご冥福をお祈りしたいと思います。

  なお、余談になるが、あと4年後に、令和6年6月6日と6並びの日が再びやって来るが、奇しくも彼女が天国に旅立って、ちょうど30年という節目にあたることになる。「ラジオ福島」のリスナーの方なら、彼女が確かに「ラジオ福島」のアナウンサーとして活躍していた時期があったことをどうか心に留めておいてほしい。彼女のアナウンサーとしての生き様は福島県民にしか知り得ないし、語れないからだ。ずっと忘れないでいること、それが彼女の一番の供養になると思うからだ。

 話を変えるが、「ラジオ福島」に関する個人的なことでは、中学生の頃、郡山市民会館(麓山)で行われたRFCの公開録音のイベントに友達と行って、景品が当たるくじ引きがあって、たまたま私の番号がアナウンスされて、ステージ下まで景品を引き換えに行ったことがあった。その時のアナウンサーの名前はわからないが、男性アナウンサーが、私の服装(Tシャツに野球帽)を克明に伝えていた。客は100人もいなかったが、恥ずかしい感情しかなかった。貰ったのはたぶんマグカップか何かだったと思う。そんな出来事もあったことをふと思い出した。 


 さて、今日は「ラジオ福島」の懐かしい番組を自分なりの感慨を込めてお送りしました。私とラジオの関わりや結びつきはことのほか強いことを今更ながら実感した次第だ。ここ郡山には、その後、「ふくしまFM」が開局したり、「ココラジ」なるコミュニティFMも開局して、リスナーの選択の幅が広がったが、私は常に車のラジオは「ラジオ福島」にロックオンしてある。自宅ではCDラジカセを持っていないので、聴かなくなったが、時々スマホの「radiko」で聴いている番組があるし、「どがらじ」で録音している番組がある。特に15分程度だが、朝夕の車での通勤には欠かせない。
 もう半世紀近くも慣れ親しんだ放送局で、番組のコンセプトなども熟知している私にとって、安心して視聴できる唯一のラジオ局だ。これからも県民に寄り添う放送局であってほしいと願い、結びとしたい。

  RFCラジオ福島の「菅原美智子」アナによる「クロージングアナウンス

2020年5月29日 (金)

福島県民が二度と行けない場所

 「吾輩は福島県人である」「よって想い出は底をつかない」。唐突だが、本日のテーマは「福島県民には懐かしいが、もう取り壊されたりして二度とお目にかかれない貴重な場所」を取り上げたい。

 1 「高子沼グリーンランド」

 福島県の懐かしい映像を8ミリなどで撮り溜めた方がいる。菅野隆夫さんとおっしゃる方で、「YouTube」に数多くの福島市内や周辺の観光地などの映像をアップされている。その中に今となっては幻の貴重な「高子沼グリーンランド」の映像が残されていたので、当時、賑わっていた頃の様子をご覧ください。

 福島市の北東側の阿武隈急行沿線の郊外に、丘陵の傾斜の高低差を利用して建設された「高子沼グリーンランド」。昭和48年の開園から数年間は親子連れで大変賑わっていた。当時は、県内初のジェットコースター、ゴーカート、観覧車などの大規模遊戯施設を有する遊園地として名声を誇りましたが、平成11年(1999年)に、客足の減少、施設の老朽化により廃業されました。
 その後は遊園地廃墟にありがちなオカルトスポット化し、遊具類もそのまま放置された。錆びついたコースターとレール、大観覧車など不気味さが漂う状況だった。しかし、今はもう跡形もない。代わりに無数のソーラー発電のパネルが一面に並んでいるだけ。ここに本当に子どもたちの歓声がこだまするほどの遊園地があったのかと思えるほど、ひっそりと静まり返っている。

 2 旧中山峠

 国道49号線の旧中山峠は、冬場は相当な難所で、積雪によってS字カーブの急こう配を登れずに、途中の坂道でスタックするトラックや車が続出した。そこで平成2年に、中山トンネルが開通し、旧峠道は閉鎖された。磐梯熱海温泉側から猪苗代方面へ車を走らせると、右側に磐越西線の線路が並走し、やがて汽車や電車は小さな入口のトンネルへと吸い込まれるが、国道は左にカーブした後に右に旧カーブし、坂道へ。そして線路の上をまたいで横切り、また左カーブして現在、風車が建つ場所へ繋がる。途中、モーテルを横目に見ながらの走行だった。

 今から30年前までは普通に見られた風景も、今となっては懐かしい。この頃、私は会津若松市に住んでいたため、週末には郡山の実家に1時間半程度かけて帰っていた。その際、必ず通ったのがこの道で、トンネルの工事中から開通までつぶさにその変わりようをしかと見届けたひとりだ。今は旧道には車両では入れない。郡山側のトンネル入口の左右に急こう配のS字ヘアピンカーブの名残りはある。でも雑草が生い茂り、トンネルの北側の山肌の斜面も歩いては坂を登れるが、車両は通行できない。
 逆に風車がある猪苗代側からは、昔、道路沿いにポツンと建っていたモーテルの前の国道のほうが下り坂を歩いて行けるが、工事用の「通行止め」の表示があるので立ち入りを憚りたい。

 3 中山宿スイッチバック

 かつて、磐越西線の中山宿駅の手前にはスイッチバック方式が設けられていた。昭和30年代まではSLが主流で、あまりにも急こう配のために、登れなかったため、スイッチバックを築き、そこに駅を設置した。そして2段階で勢いをつけて山を登って行ったのだ。5年前にその遺構を訪ねた時は、夏場だったせいで、草むらに覆われていたが、昔名残のホーム跡は確認できた。線路も途中までは残っていた。

Img_1467_rImg_1464_r
Img_1450_r
 貴重な映像はコチラ

 列車内からの撮影はコチラ ↓

 https://www.youtube.com/watch?v=abGKZm1vDaA

 4 磐光パラダイス

 かつて「磐梯熱海温泉」に存在した「磐光パラダイス」は、キャバレー・映画館・温水プール・こどもの楽園などがある福島県下一の大型総合レジャー施設でした。しかし、1969年(昭和44年)2月に大火災で32人が焼死し、建物も消失してしまいました。

 その後、再建されて甦り、「フィンガー5」や当時の有名スターたちが多数来訪してショーを繰り広げ、名物は金粉ショーでした。スーパー銭湯を巨大にした和室のような宴会場兼休憩場のようなホールに、ステージを設け、夜な夜なド派手でかつ妖艶なショーを行っていた。1968年(昭和43年)5月にオープンし、郡山市の北西部の奥座敷、磐梯熱海温泉の駅前の広大な敷地にパラダイスと東隣りに巨大ホテルを備え、それは1970年代の華だった。
Bankoparadaise
Img_8001_r

 火災の模様を伝えたニュースはコチラ ↓

 https://www.youtube.com/watch?v=L6xM5Noeb5g

 
 5 会津東山温泉の背あぶり山のロープウェイ&リフト

 私は、祖父母の出身地ということもあって、会津が大好きで、幼少の頃から今は亡き父親が「東山温泉」や「飯盛山など、会津若松市内の観光に連れて行ってくれた。もちろん、「大内宿」や「塔のへつり」にも行った。一番の想い出は東山温泉の古い食事処で、名物の「味噌田楽」を食したことで、その店の真向かいに、ロープウエイの発着所があって、背あぶり山の中腹までそれに乗って行けた。さらにそこから山頂までは一人乗りリフトがあって、子どもの頃に乗った記憶がある。

Seaburi1
Seabri2

 6 旧三森峠(旧三森隧道)

 私は会津に住んだことがあって、国道49号線の中山峠と、旧滝沢峠の山道を走り、強清水から国道294号へ入り、湖南経由で県道の旧三森峠を走って実家の郡山へ帰ることが多かった。20代ではスキーに凝り、1シーズン30回以上、ゲレンデにいたことがあり、その帰り、灯りが無く怖すぎる夜道の三森峠を越えたことも多かった。そしてあの山頂に鎮座する「恐怖のトンネル」も何度も走った。そのトンネルの郡山側の出入口の真上には、「縄文式住居跡」が遺されていた。

Img_5380_r_20200513211201

 旧道はすでにガードレールで封鎖されていくことはできないし、バイクや徒歩で登った人の動画を見ても、アスファルト道路だった旧道は草木が行く手を遮っている。極めつけは、2011年の東日本大震災の巨大地震で土砂崩れが相次いで起きたようだ。山頂のトンネルも出入口が工事で塞がれてしまった。山頂にあった茶屋の廃屋も取り壊された。

 実際に旧道を訪ねた人がいるので、その人の撮影した動画をどうぞ!

 7 旧いわき三和トンネル

 国道49号線を郡山からいわき方面に向かい、長沢峠を越え、長い下り坂が続いた後、広々とした見通しの良い直線道路の先に待ち構えていたのが「旧三和トンネル」。2010年8月に新トンネルが開通するまではバリバリ現役だった。旧道は暗くて狭く、大型特殊車両が通行する際には対面通行が出来ないほどだった。新トンネルは南側に迂回するようにトンネル内部が緩やかにカーブしているので、旧道のほうが距離は断然短い。新トンネルは開通直前に作業員が死亡する事故が発生した。 

 8 小名浜ボッコ灯台

 震災前、私が海釣りでよく行った場所。アイナメがメインで、投げるとカレイもかかった。沈み根が多く、仕掛けを随分無駄にした。このボッコ灯台は戦前まで現役だったようで、中は空洞になっていた。しかし、2011年3月11日に発生した震災の大津波で壊れ、流されてしまい、跡形も無くなった。今でも海中に沈んだままだ。釣りの合間に私が撮影した「ボッコ灯台」

03210006
03210002

 大津波で流された瞬間の映像はコチラ ↓

 https://www.youtube.com/watch?v=SwfomdrNJrA

 9 郡山旧国鉄操車場

 現在「ビッグパレットふくしま」がそびえる場所は、昭和時代には広々とした操車場で、東北一の貨物ターミナル駅として、貨車の入れ替えを行う場所だった。49号線の東橋から見ると、貨車の動きが一望でき、結構楽しめる場所だった。

Img_5386_r

10 日中ダムに沈んだ村

 日中ダムは喜多方市の北部の熱塩加納村にある、総貯水量2460万㎥の治水、灌漑用水、水道用水、そして発電にも利用されている。
 私はまだこの湖が建設工事の真っ最中に訪れた。ブルドーザーやショベルカーがあちこちで騒音をまき散らし、大型のダンプが掘り起こした土砂を運んでいた光景を目の当たりにした。かつてそこにあったであろう古い家屋や人々の生活がダム建設によって失われ、そこにあった老舗旅館も移転を余儀なくされた。この日中ダムは1983年(昭和58年)、「西部警察」のロケ地で使われ、敵のアジトの建造物が爆破するシーンが撮影された場所だ。なんとその要塞の爆破のために3千万円が費やされた。今ではその面影や形跡すら感じられず、静かな湖面をたたえたダムだけがひっそりと森の中に佇んでいる。

Nicchudamu2Nicchudamu1
    Seibu

 ダムの底に沈んで廃村になったのは、福島市梨平・名号=摺上川ダム、会津若松市川渓=東山ダム、会津高田町松坂=新宮川ダム、檜枝岐村大津岐=奥只見ダムがあります(5集落/4ダム)。

 他にも「旧常磐炭鉱」、「原町無線塔」、「高玉金山マインパーク」、「信夫山旧日本軍地下壕」、「田島町八総鉱山」などは無くなってしまい、もう行けない。 

 さて、福島県は47都道府県の中で3番目に面積が広い。東西に長く、北東の新地から南西の只見までは300kmほどもある。こんなにどでかい県なのだから、観光地は過分にある。しかし、一方では消えゆく運命の物もある。国鉄が赤字続きで廃線にしたのと同じように、それまであった風景が消え、名所も無くなった。福島県で一番は常磐炭鉱が廃坑になり、復興として180度方向転換の「常夏の温泉リゾート」開発に舵を切り、「常磐ハワイアンセンター」をオープンさせたことだ。あまりにも劇的なビフォーアフターだったが、それが成功した一例だ。
 昔の想い出に浸るのは死を悟った老人のような気分だが、自分自身の半生が下り坂に入ったことで、昔の出来事を妙に懐かしく感じてしまう。  

2020年5月28日 (木)

中合福島店閉店で思うこと

  5月26日(火)に福島市民に衝撃が走った。明治創業で146年もの間、市民に愛された老舗百貨店「中合福島店」が8月末日をもって閉店するという一報だった。私は一度も買い物をしたことがないので、その落胆ぶりは知る由もないが、郡山で言えば長年、中心市街地のど真ん中で唯一頑張っている地元発祥の「うすい百貨店」が無くなるくらいの大きな出来事に違いない。
 では「中合」とはどういう百貨店(デパート)だったのか、その歴史を振り返りたい。

 1874年(明治7年)  創業
 1893年(明治26年)「中村合名会社」設立(略して「中合」)
 1935年(昭和10年)「株式会社中合」設立
 1973年(昭和48年) 現在の福島駅前に移転
 1993年(平成5年) 「中合会津店」を統合
 1994年(平成6年)  酒田市の「清水屋」を統合
 2005年(平成17年) 函館市の「榛二森屋店」、八戸市の「三春屋店」、山形市の「十字屋」を統合し、6店となる。
 2010年(平成22年)「中合会津店」閉店
 2013年(平成25年)「中合会津店」営業所を中合サテライトショップ会津として開設
 2017年(平成29年)「中合福島店二番館」閉店
 2020年(令和2年) 「中合福島店」完全閉店予定 

 福島だけでなく、最盛期には県外や北海道などの経営が傾いた百貨店を買収するほど業績が安定していたことがわかる。だから明治時代の創業でありながらこれだけ長く存続できた要因だろう。
 今回の閉店を決めた大きな理由は、昨年の台風被害に加え、今年の新型コロナウイルスの営業自粛で売り上げが極端に落ち込んだため。従業員約350人のうち、アルバイト、パートを除く45人の正社員については、希望があれば同じ傘下のイオングループへの再就職を斡旋するという。

NakagoNakago2   

 それにしても昭和の時代から、駅前のシンボル的存在だった百貨店(デパート)は時代の変遷とともに軒並み統合や撤退衰退、閉店を繰り返してきた。特に、福島県の県庁所在地でもある「福島市」の中心市街地の衰退は著しく、私が知っているだけでも、「エンドーチェーン」(1991年閉店)「バード長崎屋」(1999年9月23日閉店)「さくら野百貨店(旧山田呉服店・福島ビブレ)」(2005年閉店)が市民に惜しまれながら、相次いで閉店した経緯がある。つまり「中合」は、福島駅東口の繁華街における「最後の砦」だった。
 しかも「中合」は3年前に別館(二番館)の閉店で市民の落胆を誘ったばかりなのに、それが全館閉店となると、いよいよ福島市の繁華街は大型デパートが完全に消滅することになる。
 閉店が発表されたこの日、FTVで放送された市民へのインタビューで口々に出るのは「ただただ残念。もう青い紙袋や包装紙が見れなくなると思うといたたまれない」ということだった。

Nakago3Nakago4

 実は、我が街「商都・郡山」も同じ状況にある。そこで個人的な印象だが、福島市と郡山市のデパートのイメージを「対照表」で比較してみた。

  福島市       郡山市
 
 中合百貨店     うすい百貨店
 さくら野百貨店   津野百貨店
 エンドーチェーン  丸光百貨店
 バード長崎屋    ダイエー郡山店

 今は無き郡山駅前の「西武」(西友)と「丸井」は首都圏資本のため、福島市のデパートにはどこも合致しないように思う。それにしても福島市の人々は、中央資本の大型デパートが昭和52年頃に相次いで郡山市に進出したことをどう感じていたのか?なぜ県庁がある福島ではなく、郡山にばかり来るのか悔しかったに違いない。もとより、福島の方は買い物で遠出するのは郡山ではなく、仙台を向いているから関係ないと聞いたことがある。逆に、福島市に根差した老舗の百貨店を大事に、こよなく愛していた事実もまた見えてくる。

 「中合」の撤退によって、福島市の大型店は駅西側の「イトーヨーカドー」と西道路の「イオン」(旧SATY)くらいなものになった。いずれもデパートではなく、「ショッピングモール」系の大型スーパーということだ。「中合」は「うすい」と同様、ご贈答品販売に力を入れて来た。夏のお中元や暮れのお歳暮商戦では常にリーダー的立場だった。しかし、虚礼廃止の風潮などでそれも減って来たと聞く。デパート業界にとっては起爆剤となり、巻き返す要因が見当たらなくなっているのも事実だ。

 ここ郡山でも決して対岸の火事ではない。新型コロナウイルスで売り上げが激減し、従業員への給与支払いなどで経営を圧迫するものと思われる。ただでさえ、県内の有力企業が会社更生法適用によって、どうにか事業継続している現状がある。過去に「福島交通」「うすい百貨店」「ホテルハマツ」までが一度、倒産しかけて、法の助けを借りながら何とか持ち直している状態だ。

 郡山でもし「うすい百貨店」が閉店を表明しようものなら、これは一大事だ。昔から親しんだ「♪しゃれたセンスのうすい~私のうすい・・・デートもうすい~夢のデパート~♬」の歌と、アヒルの親子が風船を持ってエスカレーターにてフロアを移動しながら楽し気にショッピングしていたあのCMも幻となってしまう。特に年配の方は、長年通い詰めた生活には欠かせない存在だし、それだけにいろいろな思いが詰まった場所だと思う。

 私もそうだが、駅前のデパートに行く時は「街に行ってくる」とよく言ったものだ。子どもだてらに「わくわく感」があって、何か新しい世界が待っているような感覚になったものだ。「第2うすい」の7階で母親と食べた「お子様ランチ」の味も忘れられないし、エレベーターガールの美しさにみとれたことも。6階のおもちゃ売り場で駄々をこねたり、衣類や地下の食品売り場で試食を食べ歩きした想い出もある。このように庶民の想い出がたくさん染みついている場所こそが地元の百貨店なのだ。

 今回の新型コロナは、老舗企業にとっては一言では言い尽くせないほどの相当な痛手であり、昨夏に廃業した「ホテル辰巳屋」に続く衝撃だったが、福島市民が慣れ親しみ、想い出が染みついた大切な場所がいとも簡単にそぎ落とされてしまう現状に、哀愁や万感の思いを禁じ得ない。
 福島駅前の繁華街が廃れることなく、そして空洞化で閑古鳥が鳴かぬよう、市民不在ではなく、官民一体となった再開発をぜひお願いしたい。今回の「中合福島店」の閉店を無にしないために。

 それでは最後に、昭和63年に撮影された人や車で賑わう福島駅周辺の繁華街の様子を動画でご覧いただきながら、昔の想い出に浸っていただきたいと思います。

 映像を見ると、「ダックシティ山田」の横断看板や「コルニエツタヤ」などの大型店舗も駅前を彩っていたのがわかる。RFCラジオでは「コルニエツタヤからこんにちは」という番組まで放送していたほど、駅前の百貨店業界は潤っていたことを感じ取れる。

 これ以上、県都・福島市の灯を消さないでいただきたいと思います。

 

2020年5月27日 (水)

坂井泉水さんの命日によせて

 今日5月27日は、2007年のこの日に不慮の死を遂げたZARDのヴォーカル「坂井泉水」さんの13回目の命日にあたる。あの日から早13年とは、時の流れとは何と薄情なのかと一抹の悲しみを覚える。私はデビュー当時からずっとZARDの熱烈なファンだった。いやもっと遡れば、彼女が本名の「蒲池幸子」名義で、モデルとして登場していた頃から、ピュアで清楚でお嬢さん風の容姿に心惹かれていた。そしてどこか悲しげな影があって、謎めいた雰囲気にも。彼女のCDは毎回欠かさず購入し、聴き入っていた。
 しかし、あの日、NHKのニュースで彼女の急死が報じられ、我が耳を疑ったものだ。「何かの間違いだ!嘘であってほしい・・・」。そんな気持ちと共に、打ちひしがれた絶望感が全身を襲ったのだった。その衝撃のニュースはコチラ。

 彼女は生前、照れ性で自己表現が苦手な性質でありながらも、精一杯音楽を通じて私たちにメッセージを送り続けてくれた。時に悩みを吹き飛ばすような曲も書いてくれたし、人間が抱える内面の葛藤、悩みも打ち明けるように書き綴った詩歌は琴線に触れた。その美しくも儚い印象の詩は、人々の心に安らぎと癒しを与えてくれていた。それは今も変わらない。現に、私の車のCDにはいつも彼女のアルバムを入れている。彼女がその限られた命を燃やして訴えたかったことは何だったのか。切ない乙女心か?生への執着か?美しいものへの憧れか?人間の本質を包み欠かさず表現したと個人的には思っている。

 本日は彼女の命日にあたり、以前も旧ブログで紹介した記事「坂井泉水FOREVER」を再掲することで、彼女を偲び、彼女の存在を永遠の記憶の中に閉じ込めたいと思う。10年経っても20年経っても、坂井泉水という素晴らしいアーチストがこの世に存在していたことを忘れないために。そして彼女の遺した遺作とも思える楽曲の数々を後の世代に語り継ぐために・・・。13年越しとなる哀悼の意を捧げたいと思います。ではお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「坂井泉水FOREVER」

 1990年代、その女性は日本のポップス界において最も光彩を放ち、輝いていた。彼女が出すシングルやアルバム曲は、毎週ヒットチャートの上位を独占。テレビアニメの主題歌に幾度となく起用され、誰もが口ずさめるシンプルでアップテンポでリズミカルなメロディーライン。しかし、神は無慈悲にも彼女に永遠の輝きを与えることはなく、試練を授けた。傍目には順風満帆の歌手人生に見えていたが、いつしか忍び寄る病魔に蝕まれ、あのような非業の死を遂げるとは思いもしなかっただろう。いやそれともそれも承知の上での覚悟の事だったのだろうか・・・。

 生前、彼女のデビューは秘密のベールに包まれていた。覆面歌手(ユニット)として、公の場に姿を見せることを頑なに拒むかのような身の置き方であった。まるで正体不明で、一時「彼女はこの世に実在しないのではないか」との憶測も飛び交うほどであった。デビュー当時の松山千春を彷彿させる、そんな不思議な存在だった。一体どんな人が歌っているのだろうと興味津々だった。独特な鼻にかかった甘ったるい声質。それでいて艶やかで伸びのある美声。初めて彼女の姿を見た時、私は言いしれぬ衝撃と感動を覚えた。「何て美しい女性なのだろう」と。ピュアな印象と透明感を醸し、現代の若い人には珍しいくらい独特な落ち着き。そしていつも伏し目がちで少し影を感じさせる妖しい雰囲気の持ち主。何もかもが魅惑的で神秘的。
 彼女はデビュー前、様々な職業をこなしていた。OL、レースクイーンやモデル、、そして時には、その美形な顔立ちとスタイリッシュな体型を活かしてカラオケのPVやセクシーイメージビデオにも出演した。
 しかし、もしかすると、そうしたシンガーとしての地位を確立する以前の過去を包み隠そうとしてテレビ出演を拒み、CDリリースのみで自分の感性を発表する場とし、そのような存在形態を確立しようと模索していたのかも知れない。そして彼女の雰囲気の中にあるそうした「影」の部分を自然に作り出していたのかもしれない。彼女のCDジャケットやZARDのボーカルとして撮影された画像は、殆どがカメラ目線はなく、素顔を見せることを避けているかのように伏し目がちかあるいは遠目に撮影したものばかりである。ファンならずともここで言う「彼女とは誰なのか」もうおわかりだろう。そう、彼女とはポップス系ユニット「ZARD」のボーカルだった「坂井泉水」である。

Sakai1 Sakai2 Sakai4 

 彼女の歌声は1990年代、世の中を席巻し、テレビ、ラジオ、CDショップなどでは毎日のようにBGM替わりに流されていた。リリースする曲がすべてメガヒット。私は8cmCDの時代から、ずっとZARDのシングルを所有していた。デビュー曲の「Good-bye My Loneliness」から遺作となった「グロリアスマインド」まで。シングルは実に45枚発表された。
 オリコン調べによる(2009年6月現在)ランキングによると、アーティスト・トータル・セールス(CD総売上枚数)は3,743万枚で歴代7位の記録。
 シングル:1,768万枚(女性ボーカルアーティスト歴代2位)
 アルバム:1,971万枚(女性ボーカルアーティスト歴代4位)
 シングルTOP10獲得数:43作(歴代5位タイ)(女性ボーカルアーティスト歴代2位)
  90年代アーティスト・トータル・セールス:3位(女性ボーカルアーティスト1位)
 シングル1位獲得数:12作(女性ボーカルアーティスト歴代4位)
 シングルTOP100チャートイン数:45作(90年代デビューアーティスト歴代2位)
 アルバムミリオン獲得数:9作(歴代4位タイ)
 アルバム連続ミリオン獲得数:9作(歴代1位)
 アルバム1位獲得数:11作(女性ボーカルグループ1位タイ)

 以上、実に輝かしい記録を遺した。

 <私の好きなZARDの曲ベスト20>

 1位 「揺れる想い」・・・1993年5月19日発売 最高位1位
 2位 「心を開いて」・・・1996年5月6日発売 最高位1位
 3位 「マイフレンド」・・・1996年1月8日発売 最高位1位
 4位 「永遠」・・・1997年8月20日発売発売 最高位1位
 5位 「負けないで」・・・1993年1月27日発売 最高位1位
 6位 「君に逢いたくなったら」・・・1997年2月26日発売 最高位2位
 7位 「きっと忘れない」・・・1993年11月3日発売 最高位1位
 8位 「この愛に泳ぎ疲れても」・・・1994年2月2日発売 最高位1位
 9位 「風が通り抜ける町へ」・・・1997年7月2日発売 最高位3位
10位 「愛が見えない」・・・1995年6月5日発売 最高位2位
11位 「こんなにそばに居るのに」・・・1994年8月6日発売 最高位1位
12位 「Good-bye My Loneliness」・・・1991年2月10日発売 最高位9位
13位 「眠れない夜を抱いて」・・・1992年8月5日発売 最高位8位 
14位 「君がいない」・・・1993年4月21日発売 最高位2位
15位 「運命のルーレット廻して」・・・1998年9月17日発売 最高位1位
16位 「息もできない」・・・1998年9月17日発売 最高位3位
17位 「瞳閉じて」・・・2003年7月9日発売 最高位4位
18位 「もう少しあと少し」・・・1993年9月4日発売 最高位2位
19位 「あなたを感じていたい」・・・1994年12月24日発売 最高位2位
20位 「痛いくらい君があふれているよ」・・・1999年10月14日発売 最高位5位
  次点  「この涙  星になれ」・・・1999年12月1日発売 最高位5位

  シングル曲ではないが、「Oh my love」が実を言うと一番好きな曲だ。

 タイトルを見ると、彼女はまるで自らの死期を悟り、悲しい別れを暗示しているかのような意味深なネーミングばかりである。タイトルを知らなくても、そのサビの部分やメロディラインの一部を聴いただけでも一度は聞き覚えのある曲ばかりに違いない。

Sakai7 Sakai5  

 次に、デビュー前から彼女がスターダムにのし上がるまでの経歴をここで簡単に振り返ってみたい。
 彼女は1967年2月6日神奈川県平塚市生まれ。秦野市育ち(小学校4年より)。本名は蒲池幸子。血液型はA型。秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、神奈川県立伊志田高等学校卒業。中学時代は陸上部で活動をする傍ら、ギタークラブでも活動していた。高校時代は硬式テニス部に所属。松蔭女子短期大学を卒業後、不動産会社にOLとして約2年間勤務した。
 しかし、転機が訪れた。街頭でスカウトされ、スターダストプロモーションに所属し、本名「蒲池幸子」でモデル活動を行う。モデル時代の公式プロフィールは1969年生まれとなっていた。この時期、セミヌード写真集「nocturne」を出している。1989年(22歳) からドラマや人気歌手のPV、更にはバラエティ番組のアシスタントなどに多数出演する。東映カラオケのPR活動などで地方のカラオケ店を巡業する。この企画はZARDでの歌手デビュー後の1991年3月まで続いた。日本エアシステムのフルロードキャンペーンのキャンペーンガール。
 1990年(23歳)の時には日清カップヌードルレーシングチーム(2輪)のレースクイーン。岡本夏生は同期。 6月、写真集『Body Works』出版。 6月21日、ビデオ『SEXY SHOOTING』(サザンクロスビデオアーツ)発売。7月24日、写真集『NOCTURNE出版。モデルやグラビアアイドルとして順調に仕事をこなしていた。 冬にはフジテレビ系番組『オールナイトフジ』のグラビア美少女のコーナーに出演。 その他、雑誌グラビアに多数掲載される。これらは華やかで決して下積みとは呼べないが、もしかすると彼女がひた隠しにしたかった過去だったのかもしれない。
 そしてまたまた一大転機が訪れた。1990年8月に所属の「スターダストプロモーション」の代表取締役、細野義朗にビーイング社長、長戸大幸を紹介されオーディションを受ける。長戸に才能を認められ、坂井泉水として音楽ユニット「ZARD」結成の準備に入る。そして念願だった歌手デビューを1991年(24歳)で果たすこととなった。2月10日にシングル「Good-bye My Loneliness」でデビューし、 以降、音楽活動を続ける。それ以降の活躍については前述の通り。

Sakai3 Sakai6

 感動のクルージング初ライブ(1999)

 「美人薄命」とは彼女のために用意された言葉なのかも知れない。運命の悪戯に翻弄され、天国と地獄の両方を味わい、人知れず病気と闘い、ひとり天国へと旅立っていった。ファンにあまりにも突然の悲しい訃報を残しただけで・・・。彼女は素顔を晒すことはあまりなかった。あれだけの美貌の持ち主ながら、結婚もせず、女性としての幸せを掴むことすら望まなかったように思える。
 ここから先の文面は、ややショッキングなため掲載するかどうか迷いに迷ったが、彼女の人生を締め括るエピローグなので、やはり包み隠さず全てを掲載したい。

 

Sakai11  2000年以降、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症と次々に病気を患い、通院の日々が続いた。その年のNHK紅白歌合戦を「体調がすぐれないため」として出場を辞退した。2006年4月、仕事中に体調が悪化したため、病院で検査をうけたところ子宮頸癌が発見される。6月1日に慶應義塾大学病院で病巣の摘出手術を受けて、7月に退院。 2007年年4月、肺への転移が見つかり、再入院。入院中は抗ガン剤による治療を受け、治療後のアルバム製作とコンサートツアーに向けて作詞を行うなど、再始動を目指していた。しかし、5月26日朝の5時40分頃、目撃者の証言によれば、入院先の病院内のスロープの手摺りに腰をかけていたのだが、そこから3メートル下に予期せぬ転落をして、駐車場で仰向けに倒れているのを通行人に発見される。ICUで緊急処置を受けたが、翌5月27日午後3時10分、後頭部強打による脳挫傷で急死し、還らぬ人となってしまった。倒れていたのが早朝6時前という時刻で、あまりにも不自然で不可解な突然死に、事件事故の両面から検証が行われたが、自殺とみられる兆候はなかったことから事故として処理された。これからという矢先の40歳という若さでの孤独な旅立ちであった。しかし真相は本人にしかわからない。闘病生活に疲れ、死を予感して、または先行きを不安視しての発作的に自ら落ちたのかも知れない。彼女の葬儀は青山葬儀所で、しめやかに親族だけの密葬として執り行われた。そして、レコード会社と所属事務所の合同音楽葬としてファンとのお別れ会が6月27日に青山斎場で開かれ、往年のヒット曲が会場に流れる中、四万人を越える大勢のZARDファンが詰めかけ、あまりにも唐突で早すぎる死を悼むと共に、彼女との永遠の別れを惜しんだ。

 彼女の衝撃的な死から早いもので13年の月日が流れた。私は未だに彼女がもう過去の人だという事実を受け止めきれないでいる。彼女のPVを見ると居た堪れない気持ちになる。今でも「名探偵コナン」のエンディングテーマに坂井泉水の声が鳴り響く時がある。私は毎日のように彼女のベスト盤CD(MD)を聞きながら、職場までの道のりを往復運転している。彼女の甘い歌声、時には「彼女が生涯をかけて伝えたかったことは何だったのか」という文字通り命題に至るまで深く考えさせられ、身につまされて感じることもしばしである。もう二度と生で歌う姿を見ることは叶わないが、彼女のあの愛らしい、そしてちょっと照れた素振りで歌う姿やスタイル、笑顔、そしてその美声を永遠に忘れはしない。
「坂井泉水、フォーエバー(永遠なれ)!」

Sakai8 Sakai10

 最後に在りし日の彼女の歌声をどうぞ!

 「心を開いて」

「♪人と深く付き合うこと 私もそんなに得意じゃなかった
でもあなたを見ていると 私と似ていてもどかしい
そういうところが たまらなく好きなの♪」

 この部分歌詞が大好きで、おそらく彼女自身もこういう生き方をしていたのだと思う。

 Oh my love

 「ほら加速度つけてあなたを好きになる Oh my love」の部分が大好きだった。

 関連記事(我が永遠なる歌姫)はコチラ↓

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-abd8.html

 彼女を追悼するファンの想い

 ZARD 坂井泉水さん 追悼◆その足跡と魅力

 <関連記事>

 今から7年前の2013年に訪れた「坂井泉水さんのお墓参り」の記事はコチラ ↓

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/1022-6804.html

Img_3659_rImg_3665_r

 * ご親族の強い意志により場所が特定できないような処置を施してあります。予めご了承ください。

 坂井泉水さんの転落事故現場訪問の記事はコチラ ↓

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/1023-1efb-1.html

Img_3757_rImg_3756_r

 学部こそ違うが、よりによって私の母校が彼女の終焉の地となったことは、とても他人事とは思えない。事故が起きた場所と墓参りに行ったのが2013年の出来事。
 何年経っても彼女の歌声は決して色褪せないと思うし、毎年、このような追悼の記事を掲載させていただきたいと思います。

2020年5月26日 (火)

これが発明できたらすごくない?

  「インスタントラーメン」を発明したのは日本の「安藤百福」さんだと聞いたことがある。日清食品の創業者で「チキンラーメン」とか「カップヌードル」の開発者でもある。意地汚い話だが、特許申請で一体これまでに幾らの収入があったのか?例えば作詞・作曲家はカラオケ一曲歌われるたびに、印税が入るそうで、80年代に「メモリーグラス」が大ヒットしたシンガーソングライターの「堀江淳」さんは、あの一曲だけで、今でもカラオケ印税だけで十分暮らしていけるというから一発当てた時は大きいと言える。

 一方では、お金より、独自の発明に情熱を注ぐ研究者もいる。ドクター中松(中松義郎)その人だ。東京大学工学部卒のエリートで、政治家としても活動した。

 一見、笑える、くだらなそうな発明が多いが、本人はいたって真面目。かのエジソンも「天才は1%のひらめきと99%の努力である。」との言葉を遺した。思いもよらない発想から大ヒット商品が生まれるもので、それは凡人ではたどり着けない境地で、やはり「天才となんとかは紙一重」と呼ばれる人でないと土台無理な話のようだ。

 前書きはこの程度にして、まずはこのテーマで記事を記したい。

 ほんの33年前は「昭和」だったが、その時代にはなかった物で、今では当たり前になっている発明品や事象を取り上げる。

 携帯電話(ショルダータイプの移動電話や自動車電話はあったようだが) 昭和の時代はポケベルが主流だった。
 ネットショッピング(PC操作でほしいものが手に入り、決済もカード払い)テレホンやテレビショッピングはあったが。
 キャッシュレス決済(pay payやD払いなどスマホ決済が可能)
 切符不要の電車乗車・・・JRなどでも予約から改札通過、乗車、下車までがスムーズに

 自動掃除機(ルンバなど)・・・外出中や仕事中でも機械が勝手に掃除してくれる。

 ネット選挙・・・投票はできないが、政権公約などのアピールが可能になった。

 青色発光ダイオード・・・これによって青信号は緑色から本当に青色になった。

 在宅勤務・・・コロナ騒動によって、実施されている。

 サテライト授業・・・予備校などで実施されている。 

 地球環境にやさしい車(電気・水素・バイオエタノールが燃料の自動車)
 電子メール
 wi-fiやblue toothの開発
 多言語翻訳機(ポケトークなど)の実用化
 ネットでのチケット購入(LIVE・芝居・スポーツなど)&コンビニでの受け取り・電子決済

 様々な情報が書物ではなく、ネットで入手できる。

 オレオレ(振り込め)詐欺
 運転支援装置(アイサイト・自動運転・ドライブレコーダー・盗難防止用イモビライザー)
 一般家庭用の煙・火災探知機 
 二足歩行ロボット(asimoー2005年) 

 では今後、これが発明されたら凄いと思うものを列挙したい。 

 脚のないこたつ
 料理番組などにおいが出るテレビ
 料理番組で放送中と同じ料理がリモコンのボタン一つで1時間以内に配達されるシステム

 選挙投票をネットで行う (やれそうで実現していない) 

 全自動手術装置(AOD)大門先生のように100%失敗しない医療機器の実用化

 どんながんにも効く特効薬(たぶんノーベル医学生理学賞)
 不老不死薬(DNA操作により、人生を最初からやりなおせる)
 死後24時間以内であれば死者を蘇らせる薬・・・火葬前に限る (ヒトラーや麻原、殺人犯などの極悪人はいらない)

 

 全自動家事実施ロボット(料理・洗濯・掃除など)
 立体テレビ(3Dではなく、本当の立体テレビ)
 亡くなった人との会話が可能なバーチャルリアリティー)
 ドラえもん(タイムマシン・どこでもドアなど)
 極悪人を更生させる機械(犯罪行為ができなくなる機械)
 
 健康診断・病院不要のフィジカルマシーン(自宅でカプセルに入るだけで、体調を整え、病気にならない機械)病院が無くなり、機械のメンテナンスだけ
 ひとりで空を飛び回れる機械(タケコプターやジェットマンのように、自由に空を飛びまわれる装置)
 一切有害物質を出さない乗り物
 地球温暖化を止める機械
 台風を無風化できる装置(宇宙ステーションから無風化爆弾を投下し、台風の目で爆発させ、台風の勢力を制御する)
 全家庭がシェルターを標準装備に
 地震を無震化させる装置
 雷をエネルギー化させる装置
 キーボード不要 口頭だけですべて文章化できるワープロ あるいは考えただけでその通りの文章を打つワープロ

 時速1000キロで移動できる高速列車(東京~札幌間1時間30分で結ぶ)停車駅 大宮・仙台・青森・函館北斗・小樽・札幌

 7大陸を結ぶ循環高速鉄道

 パスポートに変わる、絶対に偽造ができない査証(方法)での海外渡航
 交通事故回避装置(運転はすべてオートメーション化 寝ていても目的地まで連れて行ってくれる))
 花粉除去装置
 天気をコントロールできる装置
 一般家庭の全住宅にスプリンクラーが標準装備   
 

 今後、なくなってしまうのではないかと危惧しているもの

 手紙のエアメール
 年賀状などの虚礼

 祝日に玄関先に日の丸を掲げる風習(門松・正月飾りなども)
 正月の遊び(福笑い・すごろく・羽子板で羽根付き・独楽回し・凧あげ)
 公衆電話(10円電話)やテレカ(プレミアテレカのブームは何だったのか)
 学校(学習はすべてネットで自宅にいながら行う)・不登校生徒はいなくなるが・・・
 死刑制度(無期は30年で釈放もあり得るが終身刑の制定により、廃止されてしまうかも)

 絶対に無くなってほしいもの

 生物化学兵器
 弾道ミサイルやマシンガンなどの軍事兵器や水爆・原爆などの核兵器

 殺人事件  幼児虐待 ウイルス(細菌・病原菌)

 

 発想がないと、商品は具体化しない。朧気でもいいので、こういうものが実在すれば生活は楽になるのにといった主婦目線だったり、これがあると便利とか、日常の何気ない体験から思いつくものが多い。かつて1950年代に生まれた「三種の神器」とか1960年代半ばに登場した「3C」が発明されるまでは、まさか電気冷蔵庫や電気洗濯機、あるいはカラーテレビなどがこの世に登場するなどとは思わなかっただろう。

 私は科学技術の発展がいくらめざましくても、治せない病気が未だにあるように、決して代替したり、消し去ってはいけない大事なものがあると思っている。それはロボット時代がやがて来るかもしれないが、人間が楽したい余りに、本来自分の体を使って行うべきものを他者にやらせ、運動不足に陥ったり、あるいは機能退化するような事態を招いては何の得にもならない。

 そして人間同士のコミュニケーションが疎遠となり、公共心や助け合いの精神が損なわれるようでは心もとない。
 要は人間が常に中心にいて、その不足分を補う意味で機械を活用していかないと、いずれ「ターミネーター」のように、感情の無い機械がAI知能を持ちすぎて、やがてはロボットや機械に人間が支配される世の中が訪れる気がしてならないのである。  
  

 

2020年5月25日 (月)

郡山市の跡地利用は大丈夫か?

  以前、当ブログで郡山の中心市街地にぽっかり空いた巨大な土地利用をどうするのか?という記事を書いた。議会でも本格的に検討が始まり、いよいよ開発に向けて具体化して来た。その場所とは次の3か所だ。

 1 富田駅南側の農業試験場跡地

 かつて県の農業試験場があった。今は日和田に移転し、跡地をどう利用するか不確定要素が多く、頓挫していた。そこに来て2011年に発生した「東日本大震災」で、主に富岡町からの避難民を受け入れるため、被災者用の仮設住宅を建てた。今は数人を残してほぼ全員が退去したが、住宅はそのまま残されている。

Saigaijyutaku

 ここはどうやら医療系の集中基地として、開発を進める方向で落ち着きそうだ。その起爆剤になる一手として「ふくしま医療機器開発支援センター」を先んじて建設したのだ。
 個人的には、その周辺は高度な医療研究を行う施設だったり、総合検査が可能な衛生施設、更には日本赤十字社の血液バンクセンターなる建物があってもいい。注射針や人工臓器、心電図計や人工心肺装置などの医療機器を製造する工場がなどもあっていい。

 また、近所の奥羽大と連携して、医療薬品開発研究所や製薬会社の工場なども作り、医療の一大ステーションとする。そして郡山の4つの巨大病院(太田・南東北・星総合・寿泉堂)にその技術や製品などを提供する。そんな利用方法をぜひお願いしたい。

Iryoucenter

 2 長者の日東紡績パラマウント硝子工場跡地(下の図の赤枠:クリックで大きくなります)

 「安積黎明高校」の北西側に広がる広大な土地。かつて「かっぱ寿司」や「インテリアダイイチ」があった建物の北側一帯に展開する場所で、今は更地になっている。ここには硝子製造工場だけでなく、更にその北側には団地のような造りの5階建てくらいの社宅があった場所で、桃見台地区まで続く、とにかく広い土地だ。ここは再開発に定評のある地元の「金田建設」が競争入札で落札し、保有業者となっている。たぶん2haは優に有る。

 この北側には「安積黎明高校」の野球部のグラウンドがあるが、高層ネットで野球のボールが外に飛び出ないように防御壁の役割をしているが、どうみてもいびつな形状で無理がある。私は安積黎明がこの土地の両側にあることから、ここに総合学習施設を建設すべきだと思う。目と鼻の先に「ザ・モール郡山」があり、反対の北側には「太田西の内病院」があって、生活には申し分ない場所だ。しかも徒歩10分以内に市役所にも行けるし、春には花見に出向くのも近い。さくら通りに出れば、5~10分おきに福島交通のバスが通っているため、駅方面にも出やすい。したがって、おそらくはここに複数のマンションを建てるのは見え透いている。

Atochi2  

 3 豊田浄水場(貯水池)跡地(上の地図の黒枠:クリックで大きくなります)

 ここは郡山のど真ん中にある6haもの広大な土地だ。東隣りが巨大な商業施設のショッピングモールが立っている好立地のロケーション。そして西隣りには「宝来屋総合体育館」や「郡山歴史資料館」、内環状線を挟んで「ヒロセ開成山陸上競技場」や「郡山しんきん屋内水泳場」、そして「ヨーク開成山スタジアム」、更には超巨大な「開成山公園」が鎮座する環境も抜群で、さくら通りが近く、郡山駅へもバスで10分程度、徒歩でも30分かからないなど、交通至便の土地柄である。さらには市役所には徒歩5分圏内だ。
 私は、最も興味があって、有効利用すべきなのはこの跡地だと思っている。郡山市民の水甕として長年貢献した旧豊田貯水池と浄水場。私は小学生の頃に見学に訪れたことがあった。常時、並々と豊富な水量をたたえた景色しか頭にない。ここが廃止され、水抜きが開始されて5年が経過した。湿地だったため、日干しが必要で、長期間放置されていたことで、今では夏場は草がぼうぼうと生い茂り、早い再開発が待たれるところだ。

 ここの跡地利用に関しては、市議会でも取り上げられ、各会派で様々な案が提出されている。私の友人に郡山市議会議員がいるが、彼が所属する会派では、もったいない跡地利用を考案中らしい。その会派は、「自然との共生」を第一に考えているものだが、郡山には中心市街地に、もったいないほど公園で溢れているのに、さらに「自然との体験」だったり、「生物との共生」、あるいは「郡山の歴史」を重視した施設の建設というものだった。以下のパンフの図面がイメージらしい。

Epson002

 私は、これ以上、郡山の中心市街地には巨大な公園や緑地帯は不要だと考える。「開成山公園」だけでも市民のオアシス的存在だし、「旧日東紡績第一工場跡地」には災害発生時の防災機能を備えた「21世紀公園」を整備済だ。ほかにも市内には、「麓山公園」、「荒池公園」、「酒蓋公園」、「芳山公園」、「香久池公園」、「五百渕公園」など結構な広さの公園だらけだ。

 そしてなぜ、郡山市街地の一等地で「農業体験」をしなければならないのか?発想が真逆だし、本末転倒だ。農業体験なら、人里離れた環境の良い場所でやらないと意味がない。さらに都市のど真ん中で「自然と触れあえる自由な遊び場という考え」が堕落している。それなら「少年自然の家」とか「大槻公園」とかでやればいい。すでにそういう施設が存在している。昆虫や水辺の生物だってたくさんいる。このような愚案は議論するに値しない。青写真を見ただけで、何か大阪の「仁徳天皇陵」とか「大安場古墳」のような印象を受けた。場所を考えてから提案をしてもらいたい。

 それよりも、戦前・戦中は化学工業や繊維工場で栄え、現在の「商都こおりやま」に必要なのは、経済発展に欠かせないものだったり、「ビッグパレットふくしま」が成功したように、国際会議をも開催可能な「コンベンションホール」、合同庁舎を移転させた「県や市の行政機関」、そしてカルチャーパークまで足を伸ばさなくても子どもが喜ぶ「遊園地」、さらには「商業施設・ザ・モール郡山」や交通の利便性を最大限生かした駐車場完備の20階建てくらいの「高層マンション」を隣接させて居住スペースを確保する。これらをすべて網羅して一箇所に集約した複合施設の構築を望む。もちろん、総合体育館の駐車場が手狭のため、それも同時に確保し、高層マンション居住者のための駐車スペースも十分確保するようにする。20階建てほどのマンションを2つ建造し、ツインタワー構造にしても十分スペースがある。

 そこで私の案だが、こうなってほしいという願いを込めて、走り書きの下絵を描いてみた。

Img_0945_r

 画像の左が総合体育館側で右が「ザ・モール郡山」側

 中心市街地なのだから、原則は人が集まりやすい構造物を建てるべきだ。これだけの広い土地を持て余すくらいなら、最大限の有効利用を考えてほしい。市の中心部にある6haもの広大な土地を無駄にするのは実にもったいない。市民が納得でき、誰もが利用可能な公共的な建造物を築いてほしいことは明白だ。近くには「公会堂」、「中央図書館」、「中央公民館」、市民のオアシスの「開成山公園」、そして総合スポーツ施設が揃っているのだから、駐車場の拡充と合わせてプランニングをお願いしたいものだ。

 個人的には子どもが元気に遊べる「遊園地」のようなテーマパークを提案したい。そのためにはある一定の駐車場が必要。私は駐車場の一角を利用して「屋外のイベント広場」などを設けても面白いと思う。毎週日曜日開催の「朝市」、「フリーマーケット」、イオンフェスタ駐車場でやったような「サーカス」招致、保健所が許せば1年に1回、屋台を並べて、ラーメンやおでん屋などをやってもいい。開成山公園でもテレビ局主催の「ラーメン祭り」とか「肉フェス」などを開催しているのだからやれないことはない。

 遊園地の中に「こおりやま食品物産館(うまいBUYこおりやまイーツ)」を設け、郡山名物を販売すればいい。ソウルフードの「クリームボックス」、「酪王カフェオレ」、「郡山ラーメン」、「グリーンカレー」、「鯉料理」、「薄皮饅頭」、「ままどおる」、「源平団子」、「地酒」など。あるいはこれを契機に郡山のご当地グルメを開発して売り出せばいい。例えば市内の高校生や郡山女子大の食物栄養科とタイアップした新グルメを開発するとか。「郡商カレー」などはその一例。他県で実施している「高校生レストラン」や「日本調理技術専門学校」の学生が経営するアンテナショップを設置してもいいと思う。そこで開発した自作のケーキを販売すればいい。

 そして月1回(例えば毎月第二日曜日など)、遊園地に特設ステージを作り、市内の小中高大学生の発表の場にする。月替わりで12:00~14:00の2時間、「アマチュアバンド演奏」や小学生の「鼓笛隊演奏」、中高の「吹奏楽部」、あるいは「合唱部」に発表の場を提供する。また、市民参加の「カラオケ大会」、あさか開成の「よさこい」、各高校の「チアリーディング」、郡山女子大学附属高校や北工の「マーチング演奏」などで大いに場を盛り上げる。北工生の「ロボットの実演」や日大生の「研究発表」でもやりがいがあるだろう。大学の生徒募集のPRにも一役買うだろう。
 それを市内にあるマスコミ「FCT・KFB・ふくしまFM」などが完全バックアップ後援し、その模様を毎月、自主制作番組として放送する。活気に満ちた、市民一体の参加型イベントが定期的に行える。そのPR役のためにオリジナルキャラクターを制作する。例えばスポンサーが「ベニマル」になれば、「ベニ子」と「マル男」など。そのデザインも市民に広く募集して決める。
 そして市内にある企業にスポンサーになってもらい、商品宣伝も同時に行う。たとえば郡山市には「幸楽苑」「ヨークベニマル」「大東銀行」「郡山信用金庫」「小田原屋」「柏屋」「三万石」「ゼビオ」「宝来屋」など地元本社の企業がたくさんある。運営資金を出してもらう代わりに、遊園地内や物産館で商品を販売する。官民一体となった事業が展開できる。

 そして合わせて「企業のPRブース」を設けたり、献血車を待機させ、来場者に献血を呼びかける。加えて「10分間で何カロリー減らせるか」など健康増進のための運動ブースを作る。他にも「ヨガ体験コーナー」や「消防車のはしご乗り体験」、「消火器使用体験」などで防災意識を高めるイベントを行ったりする。「ふれあい牧場」が出張して来て「ミニ動物園」のブースを設けても面白い。

 遊園地自体は周辺住民の騒音に配慮し、月曜は休園とし、営業時間はAM9時からPM7時までとする。学生が夏休み中のサマーシーズンのみPM8時まで延長する。

 さらに、音楽都市(楽都)に相応しい「音楽堂」のような施設を拵えてほしい。「文化センター」のような大ホールとか中ホールではなく、大学の講堂のように、階段のすり鉢状になっている扇形の客席を備えた300人程度の小ホールで一番下にステージがあるような施設で構わない。それを1階から地下にかけて階段状に配置する。市内の学生のミニコンサートや発表会などの場として活用する。
 ほかにも2階には同時通訳などで国際会議が開催できるコンベンションホール、3階~4階は防音設備完備の練習施設だったり、パート練習が出来るような小分けにした練習部屋、あるいは吹奏楽などの楽器も格安で貸し出したり、軽音楽用のドラムやキーボード、エレキギター、ベースなども貸し出すようにすれば、練習場所探しに困っている若者にも還元できる。音楽都市としてより活発な活動が可能になる。

 5階は学習専用の施設。勉強場所に苦慮している学生のために、個別の自習室などを設ければ近くの「安積黎明」の生徒や、やがて中高一貫校となる「安積高校」などの生徒は大助かりだろう。

 一方では、現存する総合体育館の北側にある駐車場が手狭であることから、その東側に整備拡充する。そしてスポーツ施設として不足しているテニスコートを8面~12面分確保する。庭球場だけが富田町にあってかけ離れている。富田庭球場はソフトテニス専用にして、総合体育館の東隣りに全天候型かまたは芝を植えた硬式用のテニスコートを整備する。もちろんナイター設備完備で、中体連、高体連の大会にも使用できる規模のものだ。

 

 以上、私なりの再開発案を考えてみた。この都市計画だと人の流れがここに集まるのは確実。中には採算が合わないなどと否定的な意見も多いだろう。遊園地など建設したら、維持費が嵩むとか。費用が掛かるならカルチャーパーク内の「ドリームランド」の遊具を移築すればいい。
 郡山南IC近くのカルチャーパーク内の遊園地は中心市街地から遠すぎる。おそらく駅からだと30分近くかかってしまう。バスの便も少ない。カルチャーパークはアリーナと屋外プール(飛び込み付き)、そしてスライダー付きの流れるプールだけで十分。
 「ドリームランド」の跡地こそ、農業体験や水生昆虫などの生物に触れあえる場所にすべきだ。植林して「昆虫の森」などにするべきだ。

 郡山市役所の職員や市議会議員にもぜひ、この記事を読んでほしいものだ。箱モノばかり作って、利用者も少ないような施設では税金の無駄遣いだ。ぜひとも有効利用そして有効活用できる公共的な施設の建設を望む。

2020年5月24日 (日)

福島県のうた

 今こそ福島県民に問う。福島県を代表する歌と言えば何?

 ふつうは「福島県民の歌」と答えるだろう。「 ♪しゃく〜な〜げ匂う~山なみに~♫ 」という名調子の曲だ。これも大好きで1~3番までの歌詞に県の花、県の木、県の鳥がいずれも詠われている。福島県民なら知らない人はいない筈だ。

 でも、年配の方は「会津磐梯山」と答えるかもしれないし、比較的若い方は、我が旧友「箭内道彦」が歌ってNHK紅白にも出場した「I love you baby & I need you ふくしま」と答えるだろうか?

 しかし、私は違う。迷いなく「こめら」を選曲する。この曲は、旧ブログでも触れたが、2002年にNHKが「全国の県民歌を作るキャンペーン」を実施した際に、あの秋元康と後藤次利のゴールデンコンビが作詞・作曲した、福島県民のソウルソングだ。

 レコーディングの模様を含めたPVはコチラ ↓ 

 ふるさとを愛する皆が自分の言葉で気持ちを込めて未来の子供たちに残したい故郷を歌っています。
 NHK「おーいニッポン!今日はとことん福島県」福島県のうた。
「こめら(「こどもたち」の意)」本放送では流れていなかったと思います。
 秋元康が、代表一人に絞るより、全員の合唱曲にしたほうがいいと、それが福島らしいと、例外的な扱いになりました。

 この曲は哀愁があって、それで感動を呼ぶような歌詞と曲調が私は大のお気に入りとなった。

 2002年と言えば、震災の9年前で、我が福島県が躍進著しかった時代だ。2001年夏に「うつくしま未来博」で盛り上がり、2003年には首都機能移転の最有力候補地に選ばれ、インフラ整備が加速した勢いに満ちた時期だった。その9年前には県民にとって長年の悲願だった福島空港が開港し、7年前には福島国体が開かれ、元気と活力に漲っていた。

 もうこの歌の存在を忘れてしまっている方が多いと思われるので、本日は敢えて取り上げた次第で、当時の「進撃の福島」を思い出していただければ幸いだ。

 ちなみにもう一曲興味深い歌をリンクします。それは「福島人トリセツ」


 福島県民の性格というか性質を包み隠さず、歌い上げていてつい笑みがこぼれてしまう。

 さて、「福島県民の歌」という素晴らしい名曲があって、福島県民にとってはメジャーで馴染深い中で、あえてこの「こめら」を取り上げたのは、戦時中に「海ゆかば」という軍歌が日本の「第二国歌」として扱われたように、我が福島県でも、このような名曲がかつて存在したことを、どこかに残したくて、今回はこのようなテーマで記事を書いた次第だ。

2020年5月23日 (土)

残念すぎる自分

 こうやって毎日のように記事を書ていると、そこそこの年齢にもかかわらず文才に乏しい私は、漢字や言葉の使い方など、平気で間違いを犯していながら恥ずかし気もなく過ごしていることに一抹の罪悪感を感じようになった。
 難しめの表現であったり、その事象を表すのに的確な言葉選びができず、戸惑ってばかりだし、その都度反省することしきりだ。日本人でありながら、知識や教養が欠如し、低俗な日本人のまま一生を終わるのかと思うと、自責や自戒の念に堪えない。 

 では、時々「あれ、どっちだっけ?」と思うものや自身の勘違いも甚だしい表現や素朴な疑問について具体例を示したい。

 1 「冬虫夏草」と「夏虫冬草」どっちが正しいか時々わからなくなる。
 2 「腹立たしい」を「腹ただしい」と言ってしまう。
 3  尾形大作が歌ってヒットした「無錫旅情」を「無職旅情」、つまりフーテンの寅さんのことだと思い込んでいた。

 4  感心や感銘を受けた時に用いる「心を打つ」と「胸を打つ」、それに「琴線に触れる」「涙腺が緩む」の上手な使い分けがわからない。

  「胸をよぎる」と「脳裏をかすめる」、「胸に去来する」、私などは手短に「頭に浮かぶ」でやり過ごそうとする。

 5 「心が狭い」ことを「狭量だ」とか、「度量に欠ける」など高尚な言い回しが出来る人を心底羨ましく思う。

  まして「心が貧しい」などという表現は日本語をより難しくしている。

 

 6 「寂寞」「寂寥」「饒舌」「乖離」などという詩的でレベルの高いセリフは使いこなせなかった。歌の歌詞やラジオで知った。
 7 「親バカ」と「バカ親」の意味の違いがわからなかった。まさに「バカ俺」

 8 「情けは人の為ならず」の意味を取り違えていた。「情けをかけるのはその人の為にならないからかけるべきではない」と解釈していたが、まるっきり違っていた。

 9 「気の置けない友」というのが「腹を割ってなんでも言い合える親友」の意味だと知らなかった。

  しかもどうやって腹を割るんだ?死んでしまうではないかと思っていた。

10 眠れない時、「羊が一匹、羊が二匹」と数えるが、でも羊って一頭、二頭だよなと考えると、夜も眠れなくなってしまう。

 

11「猫の手も借りたい」というが、猫に手はない。あるのは前足と後ろ足だけのはずでは・・・。何年も考え込み、悩んでいる。

  招き猫の置物もなぜか「左手」を上げる物とか「右手」を上げる物があって、それぞれ意味が違うという。あれ、手なの?って思う。

12 小心者の例えを「ケツの穴が小さい野郎」とか「肝っ玉が小さい奴」、「心臓が弱い」などというが、どれが一番いいの?
13 驚いたり、唖然とした時に「口をあんぐり開ける」というがあんぐりとは何なのか?「ぽか~んと」ではダメなのか?
14 日本人でありながら日本語を20%くらいしか使いこなせていない気がする。
15 志村けんがコントで演じた「バカ殿」は実際のモデルがいると思っていた。「小早川秀秋」とか?

 

16 嫁ぐと稼ぐは似すぎていて、区別がつかなかった。豚と琢、啄も同じ。 
17 納豆と豆腐(表現が逆では?)、草履と草鞋、笠と傘、霰と雹、靄と霞と霧 どう違うのか理解不能。 
18 河豚と海豚 フグは海にいるのに河の豚で、あんなに賢くてかわいいイルカがなぜ海の豚なのか理解できない。
19 なぜ海のシャチがお城のてっぺんに乗っかって鯱(しゃちほこ)なのか意味がわからない。強さの象徴?

 そもそも日本の海岸にシャチはいたのか?強い者ならサメとか虎や獅子で良かったのでは?

20 ラッコとアザラシとトド、オットセイとセイウチの違いって何なのかがわからない。大きさ?呼吸法?その分類は?

 

21 うさぎは飛べないし羽根も生えていなのにどうして「一羽二羽」と数えるのか? どうも僧侶の勘違いかららしいが。

22 しばしば、時々、時折、頻繁に、しょっちゅうの意味の違いがイマイチわからない 感覚でなんとなくはわかるが・・・

23 「しばらくぶりで」とはどれくらいの間隔なのか?「ひさしぶりに」とはまたどう違うのか?紛らわしい。
24 「小春日和」は春ではない。そして英語ではなぜ「インディアンサマー」なのか?学がないのでわからない。
25 「肌寒い」は秋に使う言葉だと知らなかった。一年中使ってしまっていた。

 

26 人名に大きいと小さいがある不思議 大きいほうがいいに決まっているのでは?小さい人は悔しくないのか?

 大田さんと小田さん、大原さんと小原さん、大田原市と小田原市、大木さんと小木さん、大畑さんと小畑さん、

 大熊さんと小熊さん、大橋さんと小橋さん、大倉さんと小倉さん、大川さんと小川さん、大沢さんと小沢さん、

 大和田さんと小和田さん、大滝さんと小滝さん、大野さんと小野さん、大室さんと小室さんなど どうでもいいことだが・・・。

  
27 今考えると刑事ドラマのタイトル「太陽にほえろ」って・・・。

  太陽にほえることが、どうして刑事ドラマと結びつくのかわからない。

 昔の青春ドラマのように「太陽に向かって走るぞ」などとは今は恥ずかしいし、時代遅れでとても言えないと思ってしまう。 

28 アライグマとレッサーパンダとたぬき、ハクビシンとイタチとムササビ、似すぎていて区別ができない・・・。

29 小噺と都都逸、古典芸能には能楽と雅楽、狂言、歌舞伎など似て非なるものがたくさんありすぎ。狂言師は詐欺師やペテン師のことだと思っていた。 

30 「かまいたち」はカマキリのように「カマ」を持った「イタチ」のことだと思い込んでいた。

31 「ジャスミン茶」と沖縄の「さんぴん茶」は別物だと思っていた。中国語の「シャンピェンツァー」が訛って「さんぴん茶」になったようだ。

32 「1980年」は1970年代だと知らなかった。どうみても1980年代のように思えてしまう。同じ理由で「2000年」は1990年代であって、まだ20世紀なのだ。

 

 最後は「チコちゃん」への質問コーナーのような内容になってしまった。

 

 ところで、作家や新聞記者、編集者などは同じ意味でも難しめの言葉選びをする。そのほうが博識で学があるように見えて、格式が一段高くなるからだ。いくらわかりやすくても平易で稚拙な表現を用いると、安っぽく思えてしまうから、おのずとそうした難解なものを敢えて選択するように思える。だから新聞のコラム欄や社説、論説は辞書片手に格闘しながら読まないと行間を読むことすら厳しい。

 私より10歳程度先輩の世代は、その昔「文学青年」と呼ばれる方々が多く、小説などの純文学を読み漁って、知識と教養をま磨いていた風潮があった。哲学的な思想や適切な表現力に随分舌を巻き、学の足りない自分を「自己反省」させられたものだ。

 

2020年5月22日 (金)

千両役者・原口文仁、奇跡の復活劇

 奇跡の男「原口文仁」というプロ野球選手をご存知でしょうか?

 2019年6月4日、千葉ロッテマリーンズの本拠地であるマリンスタジアムでの阪神戦。この日、原口は筋書きのない真剣勝負のスポーツの世界で、とてつもないことをやってのけた。
 彼はつい数か月前まで病床に伏していた。しかもそれは野球の選手生命どころか、真の生死を彷徨うような闘病であった。彼を突然に襲った病魔、それは「大腸がん」だった。

 彼は名門、帝京高校出身の捕手で、現在、横浜DeNAベイスターズの守護神を務める「山崎康晃」と共にバッテリーを組み、甲子園にも出場した。打率.385でベスト8入りを果たす原動力となった選手だった。そして2009年にドラフト6巡目で阪神タイガースに入団。長い下積み生活の末に、2016年に待望の1軍昇格を果たした。そして才能を開花させ、レギュラーに定着し、チームの中心的選手になった。

 その後、順風満帆な野球人生に思えた彼に、突如病魔が襲い掛かった。昨年の2019年の春季キャンプ入り直前になり、大腸がんを患っていることを自身のtwitter公式アカウントと球団を通じて公表。前年末に受診した人間ドックで判明したもので、シーズン中に実戦へ復帰することを目標に、患部の手術を受けたうえで治療に専念することを明らかにした。1月下旬の手術、2月上旬の退院、その後、3か月にも及ぶ長いリハビリなどを経て、5月8日に中日とのウエスタン・リーグ公式戦8回裏に代打で実戦復帰を果たした。そしてその日がやって来ることになる。

 セ・パ交流戦が開幕した6月4日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、当日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)9回表1死3塁の局面で代打に起用された。球場中がひとつになって彼に大きな声援を送った。すると緊迫した場面でも臆することなく、ジョシュ・レイビンからもうあとひと伸びでスタンドインとなる、左翼フェンスを直撃する適時二塁打を放った。その時の球場の盛り上がりと、勝負強いバッティングをどうぞ!

 自作のプラカードを手にした筋金入りのタイガースファンの女性たちが感極まって号泣するのも無理はない。まさかのがん告知から5カ月後、あのような奇跡の一発を演じてくれるなんて・・・。

 そして奇跡はそれで終わらなかった。まさか2度3度と起こすとはファンはもとより誰も予想できなかったに違いない。
 奇跡の復帰から一か月後に開催された祭典「オールスターゲーム」に、最後のひと枠(プラスワン)をファンからの投票で選ばれた原口選手。なんと2戦連続で自ら祝砲を挙げたのだった。
 第1戦目は満員の東京ドーム。劣勢の9回裏に、代打で登場し、観衆を総立ちにする奇跡の復活弾を左中間スタンドに撃ち込んだ。スタンドはファンの歓喜、そして大拍手に包まれ、球場がひとつになっていた。まさに千両役者たる所以だ。

 私はこんな凄い選手を今まで見たことが無い。生死の境をさまよい、絶望の淵に立たされ、地獄を見た男の強さは半端ではなかった。不屈の精神と内に秘めた闘志は並々ならぬものがあり、それを後押ししたタイガースファン、そして他チームの観客も彼の奇跡の復活劇に惜しみない拍手を送った。それがわかる観客が撮影したスタンド側からの動画をどうぞ!

 しかも奇跡のストーリーはまだ続く。翌日の「オールスター第2戦」は、阪神の本拠地にして、高校時代に活躍した想い出の「甲子園球場」に舞台を移しての試合だった。この日は試合開始直後から、阪神選手の独壇場だった。1番打者でルーキーの近本が先頭打者ホームランを叩き込んだ。すると次の2回には、スタメン出場の原口に打席が回って来た。するとここでも2日連発となる本塁打をレフトスタンドポール際にライナーで叩き込んだ。すると彼の活躍に触発されたのか、続く阪神の梅本が連続ホームランを放った。この日は虎一色。ルーキー近本のサイクルヒット達成と合わせてタイガースファン大興奮の「虎祭り」だった。そして「六甲おろしが」の大合唱が甲子園のスタンドにこだましたことは言うまでもない。

 この映像を見ただけでも鳥肌が立つ。スポーツには台本などは存在しないし、やろうと思ってその通りに出来るものではない。しかし、大病を克服したばかりの彼が、ここまで神がかったバッティングを披露するとは信じられなかった。脚本家でも書けないドラマ以上の奇跡のストーリーだ。

 人を感動させる不屈の男、原口文仁。私は正直に言うと阪神ファンではないのだが、彼のことは今後もずっと応援したい気持ちにさせられた。今年は、新型コロナウイルスで開幕が延期になったままだが、今年も彼の元気な姿をグラウンドで見たいし、彼の活躍を心からお祈りしたい。

2020年5月21日 (木)

福島県の女子アナ事情(FCTの長江アナ・菊竹アナの場合)

 私は暇さえあれば「YouTube」などの映像を観て過ごしているが、いろいろな動画を探っていると、思いがけないものに巡り合ったりする。今日は、偶然出会ったビックリ映像からお送りしたい。

 1 福島中央テレビの長江麻美アナが「テレ朝」でニュースを伝えていた!

 日本テレビ系列の福島中央テレビ(FCT)。その女子アナの長江アナと言えば、現在、石井アナと共に元気いっぱいに「ゴジてれchu!」のMCを務めているが、どういうわけか過去に、日テレ系列ではない「テレ朝」の「ANNニュース」でキャスターをしていた!愛知県出身の彼女が、FCT入社前にANNのニュースを担当していたようだ。
 調べてみたら、学生時代に「テレ朝」のアナウンススクールに所属していた時に、BS朝日の「Access」というニュース番組で、学生キャスターを務めていた。大学卒業後、FCTに正式採用となったようだ。
 偶然にブログネタを探して「有名人の訃報」のニュースを調べていたら、6年前に俳優の菅原文太さんが亡くなったことをニューススタジオから生放送で伝えていた。アナウンサーはこのように、学生の頃から、そして他局でバリバリ経験を積んでいる方が多いのだ。

 例えば、私がお気に入りだった平川紗英アナは、学生時代から「ボイスワークス」に所属し、プロ野球ニュースなどを伝えていた。そしてNHK福島放送局で夕方の「はまなかあいづToday」のキャスターを2年間担当し、昨春、福島を離れ、現在は「テレビ埼玉」に契約アナとして「テレたまニュース」などを伝えている。
 また、FCTの畑山弥保アナとFTVの松永安奈アナ、我如古梨乃アナは、共に福島県に来る前は「NHK沖縄放送局」に勤めていた。また、去年の春まで「サタふく」MCだった福盛田悠アナは、現在、お隣りのミヤギテレビ(日本テレビ系列)でアナウンサーをしているし、またラジオ福島の美人女子アナだった「菅原咲子 」アナは、現在、出身地の秋田テレビで活躍されている。彼女はフジテレビの「鈴木唯」アナウンサーに似ている気がする。

Img_3286_rSugawarasakiko12

 実際は契約アナよりも正社員として入社したほうが断然給料が良いらしい。契約アナは派遣社員と同じで、出演本数あたりいくらみたいな歩合制で、ボーナスも安いらしい。正社員はその点、基本給が保証されていて、安定しているし、数年で契約切れとなることもない。だからFTVの坂井有生アナや浜中順子アナ、かつての看板アナだった原國雄アナ、高橋雄一アナ、藺草英己アナのように長く勤められるのだ。
 契約アナは最初から「〇年契約」と決まっていて、満期が来れば1年だったり、2年程度で退社となってしまう。そこに視聴者の意向はないようだ。
 私が好きだったTUFの梅田澪理アナ、FTVの名切万里菜アナも数年で福島を後にした。美人アナだった名切アナは、郷里のNHK長崎放送局でキャスターを務めた後に福島に来たが、2年間だけの在籍で、せっかく県民にも馴染んだ頃にいなくなってしまった。それは平川アナも同じだ。

Img_1951_rImg_1775_r

 ついでに先輩の小野紗由利アナからどっきりを仕掛けられる長江麻美アナの映像をどうぞ!

 ところで長江アナは色白なのだが、やっぱりO型だった。私は同じO型のフジテレビの三上真奈アナウンサーに似ているとずっと思っていた。彼女は日本酒が大好きで、相当強いことで知られている。体当たりロケや食レポも上手だが、一度、カブトムシの幼虫グミを食べさせられたことがあるが、その時はそうとう嫌がっていた。

 でも、最近は先輩アナウンサーである小野アナをあまりにもいじったり、いじめる発言に終始している。生放送中に内輪もめをしているようであまり観ていて感じ良いものではない。本人にはその気が無くても、小野アナは内心、結構グサッと来ていると思う。長江アナのようなO型の無神経さではA型の繊細な部分は感じ取れないのだろうと思うが。

 2 「人気爆発の菊竹桃香アナ」

 ところで、福島県の民放局「福島中央テレビ」には、入社2年目ながら人気者となっている女子アナがいる。小柄ながら超キュートで元気ハツラツの女子アナだ。ひと目見ただけで、可愛らしい彼女の魅力に吸い込まれること請け合いだ。夕方の「ゴジてれchu !」に隼レギュラーとして頻繁に登場するが、彼女が出演した日は、1年前に当ブログで新人アナとして紹介した時の記事にアクセスが殺到する。

 その記事はコチラ → 「FCTの新人アナ・菊竹桃香、畑山弥保

 菊・竹・桃が名前に使われ、一見、芸名のような印象を受けるが、実は本名だ。この菊竹アナは、バリバリの新卒で昨年、FCTに入社し、その可愛らしさから地元では人気が爆発している。夕方の自社制作の番組「ゴジてれchu!」でリポーターやグルメ情報などを伝えている。最近は「おウチ時間盛り上げ隊長」を務めた。

 では、直近の5月17日(日)の「ゴジてれSUN×SUN」に出演し、ニュースを伝えた時の模様を画像でどうぞ!

Img_7770_rImg_7771_r   

 さらには1年目に「全国ラグビー応援サポーター」に就任した時の模様をどうぞ!

 彼女はおっとりしているように見えるが、実は早稲田大学卒のエリート。血液型はO型特有の小顔で色白。バイタリティーの塊で、常に先輩アナの長江アナと同様、元気いっぱいで愛嬌もたっぷりだ。お茶の間をほっこりさせてくれる太陽のような存在。
 今年24歳になる新進気鋭のアナウンサーだ。東京都足立区出身で、早稲田大学のミュージカルサークルで活動していたアクティブ少女でもある。私は、彼女はFCTの至宝だと考えているが、実は彼女は「契約アナ」なので、いつ契約が満了して福島県を去るかわからない身なのだ。ぜひ長く福島県にいて、お茶の間に癒しを与えてほしい。
 

 さて、タイトルからはかけ離れたが、福島県内には4つの民放放送局(FTV/FCT/KFB/TUF)があるが、特にFTVは契約アナが多く、入れ替わりが激しい。テレビ金沢から福島テレビに移籍して来た「小田島愛」アナも1年しか所属しなかった。
 その点、FCTは長く採用しているので、少しは安心だ。TUFは美人アナが多いことでも知られる。小野アナ、出口アナ、小湊アナ、柗井アナ、そして新入りの安部遼(はるか)アナなどいずれも美人揃い。TUFはかつての唐橋ユミアナ、山田幸美アナ、上條麻里奈アナ、梅田澪理アナ、東優花アナ、釜井美由紀アナなど美人を採用して来た局だった。顔で採用しているのかと思えるほどだ。
 しかし、福島県の民放放送局の9割方は県外出身者で占められている。地元の女子アナはTUFの小野美希アナ(会津若松市出身)、FCTの小野紗由利アナ(いわき市出身)、KFBの猪俣理恵アナ(会津若松市出身)、FTVの菅家ひかるアナ(喜多方市出身)と幡谷明里アナ(天栄村出身)くらいしかいない。

 縁があって福島県に赴任した方々にエールを送るとともに、できるだけ長く務め、福島の現状を伝え、そして「福島愛」を持って活躍して欲しいと願う。 

2020年5月20日 (水)

中国とWHOの蜜月関係に物申す!

 本日の記事は、一部に過激で感情的な表現が含まれていますことを予めお断りします。

 「それがお前らのやり方か~!」 

 「おかずクラブ」のゆいPのネタではないが、ついそう叫びたくなるほど、最近の中国の横暴ぶりは甚だしいし、横着さや横柄さが際立っている。
 今年のパンデミックの元凶は中国の武漢であることは公然の事実なのに、当の中国は、世界で30万人以上も尊い人命が失われたことへのお詫びの言葉や謝罪は一切ない。
 それどころか「習近平国家主席」は、「ロックダウン」(都市封鎖)などによりいち早くコロナ感染を終息させたことへの自画自賛に終始し、口封じとばかりにWHOへ日本円で約300億円の巨額の支援金提供を口実に、あるいは隠れ蓑にして、中国への非難の矛先を逸らそうと躍起になっている。
 こう言っちゃなんだが、中国は基から極悪人が役人に賄賂を渡し、犯罪を黙認させて来た国だ。「金は力」を自認し、何かあれば金脈や金権で解決を図って来た、いわばずる汚い国だ。これだけの資金援助を得ては、中国とWHOの癒着や蜜月関係は顕著で、ことあるごとにWHOの事務局長は中国を庇う発言に終始して来た。
 WHOは完全な中国寄りで、火の粉を振り払う役目に徹している。このWHOの偏向対応こそが、中国をどんどんつけあがらせている要因だ。



 繰り返すが、ウイルスをばら撒いた張本人なのは揺るぎない事実にもかかわらず、この中国の反省の色も全くない恣意的で欺瞞な態度は、日本人から見れば、思い上がりも甚だしいし、完全な責任のすり替えにしか映らない。この様は、日本の時代劇に登場する海鮮問屋と結託する悪代官のようで、節操は無いし、やりたい放題だ。あくどさにもほどがある。
  
 習近平自身は、自国が発生源の細菌という認識はなく、当然自戒の念などは微塵もない。それどころか、さも自分の手柄のように偉そうに宣う。「SARS」の時もそうだった。衛生状態が極めて悪い、中国の山間部で発症した病原菌が感染減の疫病なのは火を見るより明らかなのに、よくもまぁおめおめと勝手なことを言いまくるものだ。「中国人は端から信用できない」ことを自らが全世界にアピールしているのと同じだ。感染が拡大し、大勢の死者を出している欧米の反発は激しく、中国弁護に終始する態度のWHO事務局長・テドロス氏の辞任要求運動が熱を帯びている。

 偽物やまがい物を外国人に平気で売りつけて金儲け。似ても似つかぬミッキーやドラえもんで国民を騙す荒業。日本のHPに掲載されている偽サイトの多くは大多数が中国人が偽造したもので、あらゆる手段で金品を巻き上げる詐欺行為を平然と行う犯罪集団だ。

  こうした考えは大陸思想特有で、「謝ったら負け」の文化そのもの。そして負けを認めたら屈服したも同然で、相手の支配を受ける。だから自分の非を認めず権利ばかりを主張する。これは朝鮮民族とて同じだ。相手を徹底的にけなしたり、一方的に批判だけ展開し、さも自分が正しいという理念の下、事実を歪曲してまで広めようとする。民衆もそれに乗っかり、攻撃性が激しい。集会を開いては、捻じ曲げた自らの政治思想を正当化して敵をコテンパンにやっつけようと試みる。正義など関係ない。「勝てば官軍」のごとく、ありとあらゆる策略や謀略を繰り広げ、叩きのめそうとする。これが日本のような島国思想とは雲泥の差なのだ。

 すべての中国人が悪いとは言わないが、国家主席自らがこうした自惚れ体質では、人民は洗脳され、あるいは扇動されて、善悪の判断も見失ってしまうだろう。今後もますます付け上がり、巨大な人口に物言わせ、数は力とばかりに好き勝手な振る舞いを続けるだろう。島国の日本は他人に迷惑をかけることをたいそう嫌う民族だが、大陸は人に迷惑をかけ、人を踏み台にしてでも上にあがる貪欲思想だ。人の数が多い分、多少の犠牲は厭わないのだ。

 結局はロシア(旧ソ連)も北朝鮮もそうだが、社会主義のレッドチームは、人権など無に等しく、社会全体のためなら個人の犠牲など目もくれない非人道的な暗黒国家だ。これまでKGBや金正恩総書記の意のままに、一体何人の善良な国民が処刑されたり、強制収容所に連行され、むしけら同然の扱いを受けたかしれない。極秘のうちに命を奪われ、事実を闇に葬り去る。そこに勧善懲悪の発想や正義など存在しない。賄賂(金銭)で命乞いした者だけが生きながらえ、まっとうな人間は排除される。
 そのロシアも今は危機的状況で、毎日、1万人単位で感染者が急増している。それでもロシアは中国に文句は言えない。おそらくプーチンも手の打ちようが無く、死者が増え続けるのに有効打を打てずに手をこまねいているだけだろう。

 民主主義にして資本主義の日本人にはとうてい理解できないが、21世紀の現代社会においても、このような輩が存在していることに反吐が出る。今後、ますます米中の対立は深まり、かつての米ソ冷戦のような事態になることは必然。

 日本や周辺諸国の出方ひとつで、さらに混迷を深める事態に陥る危険性は高い。よって、国際情勢を注視するのはもちろんだが、米中双方が武力衝突するようなことは避けなければならない。日本にアメリカ軍の基地が多数駐留し、展開しているからには、日本が戦火に見舞われることは必至で、万が一、中国人民解放軍が日本の米軍基地にミサイルによる先制攻撃を行ったら、周辺都市は巻き込まれることになる。そうした事態は回避しなければならないが、今の憲法では在日米軍が窮地に立たされて、中国人民解放軍が日本への上陸を開始したとしても、日本はまったく手出しができない。それが今の日本国憲法第9条だ。日本人が犠牲になっても指をくわえて見守るしかない腰抜け憲法と、それでも出動できない「自衛隊」であっては日本は守れない。尖閣は中国のお望み通りに占領され、沖縄周辺の群島も侵略の危機に瀕する。図に乗った韓国までもが竹島のみらなず、対馬までも違法に占拠する危険さえある。

 話を戻すが、私は一連のコロナ騒動は、すべて中国が仕組んだ策略だと考えている。絶対に武漢の研究所で細菌兵器とか生物化学兵器を秘密裏に開発していたに違いない。そして習近平が世界征服をたくらみ、特に敵対するアメリカへ目に物言わせるために行った自作自演だと思っている。

 今回の中国の横柄な態度は目に余るものがある。新型コロナ騒動の発祥に地でありながら、全然悪びれていないし、逆に開き直って、WHOを多額な資金援助によって丸め込もうと画策している。このウイルス問題で、世界中がパニックに陥っているが、中国自身が我れ関せずの対応。多数の死者を出したイタリア、フランス、スペインなどの欧州諸国は中国にはうんざりで、怒りに満ち溢れている。

 WHOの事務局長であるエチオピアのテドロス・アダノム・ゲブレイェソスは、完全に中国寄りで、巨額の賄賂で私腹を肥やす悪党と同等だろう。母国エチオピアは感染者が352人と少なく、死者も5人だ。つまり母国が安全な分、今回のパンデミックは対岸の火事程度にしか思っていない。あくまで中国の批判の矢面に立って降りかかる火の粉を振り払っている。こういう偏向思想の持ち主が、WHOの事務局長の座に留まっているのが本末転倒であろう。貧しいアフリカ諸国に巨額の金をばらまき、手下にしようとするのは、或る意味マフィアに近いやり方だ。

 WHOを巡る米中の対立はますます激化するだろう。

 今の中国は国家の威信を第一主義とし、世界征服を目論む悪の結社のようにしか映らない。おそらく国際社会からの反撃にあい、方向転換を強いられることになるだろう。

 いずれにせよ、中国が本性を晒した印象が強い。習近平は自らの権力を誇示し、中国を中心とする世界構築に向け、軍事力、経済力、宇宙開発などあらゆる面で影響力を発揮して来るだろうが、国際社会は団結して中国排除の動きを活発化させるだろう。欧米諸国(西側)対中国、その同盟関係にあるロシアと北朝鮮との対決の構図はますます明確となり、世界破滅時計の針はさらに加速することになる。

 平和維持には日本が果たす役割がますます大きくなる。「第三次世界大戦」は是が非でも回避して貰いたい。75年前の戦争とは武器も兵器も明らかに違う。弾道ミサイル一発で一国を滅ぼすことも出来る威力を持つ。たかがコロナウイルスと侮るなかれ。この未知のウイルスに端を発した問題は、間違いなく行きつくところまで行くことを覚悟しなければならなくなる。習近平とトランプの意地の張り合いが、世界滅亡へと導くカウントダウンにならないよう、抑止力を発揮していかなければならない。

  

2020年5月19日 (火)

琴線に触れる「大東建託」のCM

 私が好きなCMは90年代の「I Feel Coke」の「コカ・コーラ」や「日本生命」、更には「クリスマスエクスプレス」などの「JR東海」などがある。特に「日本生命」は歳を重ねるごとに味わいが深く、そして人生経験とともに共感を覚える内容が多い。
 ところが最近、心に染み入るような秀作を見つけた。それは「大東建託」のCMで、「人は家と共に成長する」をテーマにした作品だ。
 松重豊と宮田早苗を父母役にし、その息子役の池松壮亮、その妻役に佐久間由依を起用した家族のほのぼのするCMだ。それらと同じ境遇だったり、同じ経験を経ている方には「ジーン」と来る内容に違いない。

 では早速私のお気に入りをご覧ください。

 大東建託「家族はつながる。つながってゆく。親子編」

 子育てを振り返って、母親の「大変じゃない」「必死だった」という言葉に「身につまされる」方も多いのではないでしょうか。私も長男が生まれた時にアパート住まいから一軒家に引っ越し、共に同じ時間を刻み、子供の成長を見届けながら過ごして来た。
 親の背中を見て子どもは育つと言うが、私は彼らに何を残せるのだろうか?

 「感謝編」

 実はこのCMはシリーズもので、「縁側編」「団結編」「焼き魚編」「引っ越し編」「成長編」などがある。まるでソフトバンクの「ホワイト家族」のようだが、こちらの方がより家族の絆の強さを如実に描いていて、より共感できる。
 私は「人生」も半分以上が過ぎ、様々な面で「自らが歩んできた経験」や「人生そのもの」を実感させてくれる内容のCMには感動を覚える。
 
 私もいずれは息子や娘が結婚し、孫が生まれる。家族が増えていく度に、いつの間にか歳をとって、やがて体も衰えて来るだろう。体の自由が利くうちに、やりたいことは全部やり尽くそう。そしてまだまだ老け込む年齢ではないが、息子や娘、孫たちに何を残してやれるか考えて残りの余生を過ごしていきたいと思う。

 

2020年5月18日 (月)

今が旬な地酒「古関メロディー」

 昨年、年号が「令和」に改元した時に、同じタイトルの記事を書いた。詳しくは令和元年4月6日の記事をご覧ください。

 新型コロナウイルスが世界的規模で大流行した今年、その煽りを受けて、全国一斉の緊急事態宣言で外出自粛となり、市内の居酒屋も休業要請により営業停止を余儀なくされた。つい先日、解除されたものの、まだまだ外に出て飲むには気が引ける。そこで、そんな日本酒好きのあなたに「自宅飲み」を提案したい。

 実は、私には行きつけの酒屋さんがあって、5月17日(日)の朝、咲田の「Sストア」に立ち寄り、マスクの大量入荷(白色の不織布で50枚入り税込み3,300円)を確認した後、その酒屋に足を伸ばした。

 すると、現在放送中のNHKの朝ドラ「エール」に便乗したかのような名前の新酒がリーチングの商品棚に置いてあるのを見つけた。

 その地酒は「古関メロディー」という銘柄だった。まさに地元・福島が生んだ大作曲家の古関裕而の功績を讃えるかのような、あるいは朝ドラ「エール」の機運に乗っかる、いい意味で便乗商法だ。

 仲の良い店主の了承を得て写メを撮らせて貰った。ブログに載せることもO.Kを頂いた。その酒が下。

Img_0936_rImg_0935_r

 たいていの場合、便乗商品は売れ残りを大量に捌きたい時によく使う手だが、この酒は福島市松川に蔵を構える有名実力派の「金水晶」が仕込んだ逸品なのだ。ラベルの絵と文は、なんと生前に古関裕而本人が「福島盆地」の風景を描き記したもの。俳優・窪田正孝が演じている古山裕一(古関裕而)は曲づくりだけでなく、絵の才能もあったようだ。ではどんな地酒なのか紹介したい。

 <酒質の紹介>

 「純米大吟醸 古関メロディー」

 原料米:米(国産・福乃香を使用)・米麹(国産米)
 精米歩合:45%
 アルコール分:16度
 製造年月日:2020年4月(新酒)
 日本酒度:酸度:非公開
 発売時期:季節限定酒のため、無くなり次第終了
 価格:720mlのみ 3,960円(税込み)

 お酒に使われる米は、2019年福島県秋季鑑評会で金賞受賞の純米大吟醸です。
 故郷福島の米と水で醸した美酒とともに数々の曲名リストをご覧いただければ幸いです。

Img_0934_rKosekimelody

 四合瓶でこの金額はなかなかの代物だ。しかし、味は確かだ。地元で新しく開発された酒米「福乃香(ふくのか)」を使用。この店では、冷で召し上がってほしいから、冷蔵庫に入る四合瓶のみを仕入れたという。

 古関メロディーに想いを馳せながら。じっくりと「自宅飲み」をお楽しみください。

 <酒蔵の紹介>

 酒どころ会津や喜多方には蔵元は数多かれど、福島市にたった一軒しかない造り酒屋の「金水晶酒造店」は、明治28年創業の老舗で、「故郷の誇りを日本酒で伝える」ことを企業理念にしています。古関氏と彼の名曲は福島の誇りと考え、この度、本当は東京オリンピック開催年だった今年、製造・販売を決めた。
 ここ福島県は、全国新酒鑑評会で、前人未到の7年連続金賞受賞数日本一に輝いたが、この「金水晶酒造」は直近の10年で8回連続で金賞を受賞した人気・実力を兼ね備えた老舗酒蔵なのだ。

 金水晶酒造店のHPはコチラ

 ぜひ、今が旬の酒としてお試しあれ。

 

2020年5月17日 (日)

死んだ人は早い?

 よく耳にする「死んだ人は早い」。時間の経過が年齢と共に早く感じることの例えで、実際は同じ進度の時間しか経っていないのだが。特に、亡くなった人に対しては、その後の時間の経過がとにかく早く感じてしまうものだ。私の実父も亡くなって早15年も経つ。信じられない早さだ。しかも、ついこの前「ミレニアム問題」があったばかりなのに、21世紀になってもう20年も時が経過している。

 今日は、有名人の死去の報から何年が経過しているかを検証したい。基準とするのは今年、2020年から振り返ってという観点だ。

 1978年に死去した有名人(今から42年前)田宮二郎・古賀政男・水原弘・朝永振一郎・佐野周二
 1979年に死去した有名人(今から41年前)白鳥由栄・引田天功(初代)・堀雄二・大下弘・ジョンウェイン

 1980年に死去した有名人(今から40年前)大平正芳・越路吹雪・スティーブマックイーン・ジョンレノン・カーネルサンダース・嵐寛寿郎・林家三平


 1981年に死去した有名人(今から39年前)横溝正史・伴淳三郎・向田邦子

 1982年に死去した有名人(今から38年前)志村喬・三波伸介・江利チエミ・岸田森・三益愛子・イングリッドバーグマン

 1983年に死去した有名人(今から37年前)沖雅也・片岡千恵蔵・中川一郎・カレンカーペンター・寺山修司

 1984年に死去した有名人(今から36年前)長谷川一夫・大川橋蔵 ・平田昭彦・ちばあきお

 1985年に死去した有名人(今から35年前)夏目雅子・天知茂・坂本九・北原遥子

   1986年に死去した有名人(今から34年前)岡田有希子・和田浩治

 1987年に死去した有名人(今から33年前)石原裕次郎・鶴田浩二・有島一郎・川口浩・梶原一騎

 1988年に死去した有名人(今から32年前)小沢栄太郎・東八郎・宇野重吉

 1989年に死去した有名人(今から31年前)美空ひばり・松田優作・手塚治虫・古関裕而・浦辺粂子・大坂志郎・殿山泰司

 1990年に死去した有名人(今から30年前)高峰三枝子・成田三樹夫・木暮実千代・藤山寛美・初井言榮・毛利公子

   1991年に死去した有名人(今から29年前)相田みつを・フレディマーキュリー・松山英太郎・上原謙・春日八郎・井上靖

 1992年に死去した有名人(今から28年前)若山富三郎・長谷川町子・尾崎豊・岡田嘉子・松尾和子・いずみたく・大地喜和子・大山康晴

 1993年に死去した有名人(今から27年前)田中角栄・オードリーヘプバーン・逸見政孝 ・ハナ肇・笠智衆 ・津田恒実・藤山一郎・戸浦六宏

 1994年に死去した有名人(今から26年前)東野英治郎・アイルトンセナ・中条静夫・乙羽信子・中川勝彦・井上孝雄・レオナルド熊

 1995年に死去した有名人く(今から25年前)テレサテン・城達也・川谷拓三・岡田英次・金子信雄・野添ひとみ・山田康雄・高杉早苗

   1996年に死去した有名人(今から24年前)岡本太郎・フランキー堺・小林昭二・渥美清・三橋美智也・横山やすし・高橋悦史・沢村貞子・山村美紗・司馬遼太郎・藤本弘(藤子F)

 1997年に死去した有名人(今から23年前)ダイアナ妃・マザーテレサ・勝新太郎・西村晃・三船敏郎・可愛かずみ・萬屋錦之介・杉村春子・小坂一也・伊丹十三・星新一

 1998年に死去した有名人(今から22年前)黒澤明・淀川長治・Hide・河内桃子

 1999年に死去した有名人(今から21年前)村下孝蔵・ジャイアント馬場・沖田浩之・芦田伸介・千秋実・山岡久乃・村下孝蔵・由利徹・土居まさる・淡谷のり子・三木のり平・市川右太衛門・渡辺はま子・菅原謙次・池田貴族・ジャッキー佐藤

 2000年に死去した有名人(今から20年前)荒井注・三浦洋一・ジャンボ鶴田・山村聰・鈴木その子・東野英心・井上大輔・ミヤコ蝶々・アレックギネス

 2001年に死去した有名人(今から19年前)三波春夫・河島英五・新珠三千代・米森麻美・ジョージハリスン・並木路子・江戸家猫八

 2002年に死去した有名人(今から18年前)村田英雄・戸川京子・柳家小さん・室田日出男

 2003年に死去した有名人(今から17年前)名古屋章 ・小林千登勢・古尾谷雅人・小松方正・河原崎長一郎・宜保愛子・チャールズブロンソン

 2004年に死去した有名人(今から16年前)いかりや長介・荻島真一・中谷一郎・三ツ矢歌子・渡辺文雄・下川辰平・又野誠治・下條正巳

 2005年に死去した有名人(今から15年前)本田美奈子・松村達雄・根上淳・小森和子・ポール牧・藤木悠・杉浦日向子

 2006年に死去した有名人(今から14年前)丹波哲郎・岸田今日子・藤岡琢也・田村高廣・橋本龍太郎・甲斐智枝美・藤田元司・はらたいら・赤塚不二夫・岡田真澄・青島幸男・加藤芳郎

 2007年に死去した有名人(今から13年前)石立鉄男 ・植木等 ・北村和夫・坂井泉水・高松英郎・鈴木ヒロミツ・船越英二・塩沢とき・阿久悠・横山ノック・谷幹一・木原光知子

 2008年に死去した有名人(今から12年前)緒形拳・飯島愛・川田亜子・水野晴郎・筑紫哲也・フランク永井・広川太一郎

 2009年に死去した有名人(今から11年前)マイケルジャクソン・大原麗子・山城新伍・森繁久彌 ・三沢光晴・忌野清志郎・青山孝史・牟田悌三・三木たかし・清水由貴子・栗本薫(中島梓)

 2010年に死去した有名人(今から10年前)藤田まこと・夏夕介・小林桂樹・佐藤慶・南田洋子・早乙女愛・松本友里・谷啓・玉置宏・高津住男・梨元勝・野沢那智・高峰秀子・シルヴィア・南美江・井上ひさし

 2011年に死去した有名人(今から9年前)坂上二郎・竹脇無我・杉浦直樹・長門裕之・田中好子・上原美優・松田直樹・細川俊之・柳ジョージ・スティーブジョブス・田中実・立川談志・原田芳雄・児玉清・滝口順平・小松左京

 2012年に死去した有名人(今から8年前)山田五十鈴・二谷英明・地井武男・大滝秀治・森光子・三崎千恵子・佐藤充・北公次・小沢昭一・桑名正博・中原早苗・浜田幸一・淡島千景・尾崎紀世彦・宮史郎・伊藤エミ・小野ヤスシ・中村勘三郎・山田吾一・米長邦雄・新倉イワオ

 2013年に死去した有名人(今から7年前)ネルソンマンデラ・三國連太郎・坂口良子・夏八木勲 ・川上哲治・藤圭子・島倉千代子・牧伸二・大瀧詠一・大島渚・田端義夫・市川團十郎・光本幸子

 2014年に死去した有名人(今から6年前)高倉健・菅原文太・林隆三・宇津井健・蟹江敬三・土井たか子・やしきたかじん・淡路恵子・高橋昌也・永井一郎・斉藤晴彦・中島啓江・米倉斉加年・周富徳

 2015年に死去した有名人(今から5年前)原節子・愛川欣也・川島なお美・盛田幸妃・北の湖敏満・熊谷俊哉・水木しげる・板東三津五郎・萩原流行・今井雅之・桂米朝・丸山夏鈴・黒木奈々・泉政行・浅井信雄

 2016年に死去した有名人(今から4年前)白川由美・根津甚八 ・平幹二朗・永六輔・大橋巨泉・武藤まき子・夏木静子・中村梅之介・キャリーフィッシャー

 2017年に死去した有名人(今から3年前)渡瀬恒彦・松方弘樹・野際陽子・小林麻央・真屋順子・藤村俊二・京唄子・平尾正晃・野村沙知代・海老一染之介・神山繁・松野莉奈・篠沢秀夫

 2018年に死去した有名人(今から2年前)津川雅彦・加藤剛・樹木希林 ・星野仙一・西城秀樹・桂歌丸・菅井きん・有賀さつき・輪島大士・左とん平・生田悦子・さくらももこ・夏木陽介・星由里子・岸井成格・朝丘雪路・赤木春恵・佐々淳行

 2019年に死去した有名人(今から1年前)八千草薫・梅宮辰夫・金田正一・萩原健一・市原悦子・京マチ子・中山仁・小出義雄・松本ちえこ・福岡翼・安部譲二・織本順吉・眉村卓・堺屋太一

 2020年に死去した有名人(今年)宍戸錠・野村克也・関根潤三・志村けん・岡江久美子・岡本行夫・梓みちよ

 

 この一覧を見ると驚きの方がいる。私が大好きな高倉健さんが亡くなって早6年。緒形拳さんが亡くなってもう12年も経つとは信じられない。テレサ・テンは25年、アイルトン・セナの衝撃の事故死からは26年、尾崎豊に至っては28年だ。さらに、アイドルの岡田有希子の自殺から34年が経過してしまった。そんな前なのか。あり得ない。

 ご高齢のベテラン俳優や女優、タレントで、現在もご健在な方を紹介したい。この方々の訃報は聞きたくないし、ぜひ長くご活躍していただきたい。

 近藤正臣、田中邦衛、仲代達矢、里見浩太朗、渡哲也、露口茂、藤竜也、千葉真一、田村正和、西郷輝彦、加山雄三、小林旭、伊東四朗、財津一郎、竜雷太、高木ブー、若林豪、穂積隆信、山口崇、杉良太郎、高橋英樹、江守徹、加藤茶、古谷一行、小野寺昭、中尾彬、倉本聰、藤岡弘、西田敏行、武田鉄矢、佐野浅夫、横内正、北島三郎、山本學、柳生博、井川比佐志、前田吟、天田俊明、山崎努、綿引勝彦、滝田栄、寺田農、美輪明宏

 黒柳徹子、水野久美、香川京子、草笛光子、春川ますみ、長山藍子、吉永小百合、香山美子、岩下志麻、山本陽子、倍賞千恵子、浅丘ルリ子、中村珠緒、中尾エミ、山本富士子、三田佳子、栗原小巻、加賀まり子、十朱幸代、鰐淵晴子、松尾嘉代、野川由美子、松原智恵子、久里千春、佐久間良子、土田早苗

 

 今回の記事をまとめると、総じて「亡くなった人は早い」というのは実感できる。 自分が歳を重ねるたびに、先輩の俳優の数が少なくなり、いつの間にか年下ばかりになって来た。熟練の業というのがあるが、かつて銀幕を賑わした昭和のスターや、見慣れた俳優が姿を消していくのはあまりにも寂しい。個人的には、高倉健さんや緒形拳さん、夏八木勲さんの渋い演技が大好きだった。もう新作を見ることが出来ず、過去のフィルムの中でしか会えないのは残念でならない。もっともっと名作をこの世に遺して欲しかった、というのが本音だ。

 

2020年5月16日 (土)

会津人の魂「白虎隊」

 今日は、私がこれまで生きてきた中で一番好きな時代劇をお送りしたい。

 今から30年ほど前まで、年末と言えば日本テレビ系列で放送していた「大型時代劇」があった。第一弾が1985年放送の4時間の大作「忠臣蔵」だったが、翌年に上映されたこの「白虎隊」はなんと、二夜連続で合計6時間の超大作であった。

Byakotai

 主役の会津藩国家老の西郷頼母役に「里見浩太朗」を据え、長老の井上丘隅役に今は亡き「国民栄誉賞」俳優の森繁久彌が鎮座していた。キャストも超豪華で、残念ながら今では34年も前のドラマのためか、鬼籍に入られた名役者たちが多い。
 まずは、ダイジェスト版をどうぞ!

 あらすじ

 前編「京都動乱」文久2年(1862年)、会津藩主松平容保が西郷頼母の猛反対を押し切って京都守護職を拝命し、孝明帝から信頼を得て京都での活躍、「新選組」の結成、慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いでの形勢逆転の大敗北。徳川幕府の裏切りによる会津帰国を経て、白虎隊の誕生までを描く。
 後編「落城の賦」慶応4年の戊辰戦争の中、恭順姿勢も空しく朝敵の汚名を背負い会津戦争へ突入。白虎隊切腹、娘子軍の戦死、藩士家族の集団自刃、そして鶴ヶ城開城。井上丘隅ら生き残った藩士は斗南藩へ移封(という名の一藩流罪)となり、新しい時代へと歩んでいく。

 この動画を見ただけでも気づいたと思うが、会津藩だけでなく、西軍(長州藩・薩摩藩・土佐藩など)役の俳優の多くが亡くなられている。まずはこの動画だけでも誰がいるか列挙したい。

 1 夏八木勲(新選組・近藤勇役)
 2 中川勝彦(新選組・沖田総司役)
 3 佐藤 慶(会津藩・田中土佐役)
 4 森繁久彌(会津藩・井上丘隅役)
 5 丹波哲郎(会津藩・神保内蔵助役)
 6 坂口良子(会津藩・野村ちか子役)
 7 田中好子(会津藩・山本八重子役)
 8 長門裕之(会津藩・篠田兵庫役)
 9 竹脇無我(会津藩・野村左兵衛役)

 いずれも日本の映画界、テレビ業界を長年支えて来た名優たちだ。

 動画以外で亡くなられた俳優

 高品格、中康治、加藤嘉、山岡久乃、南田洋子、有川博、奥村公延、大塚国夫、中原早苗、荒木しげる、杉山義法、松山英太郎、井上昭文、井沢一郎、石田信之

 さて、このドラマが放映されて、会津は多くの観光客で賑わった。それはこのドラマが涙、涙の感動シーンの連続だったからだ。ハイライトは「白虎隊士」の飯盛山での集団自刃シーンだが、それ以外にも会津藩士とその家族たちの苦悩が余すことなく描かれている。神保修理役の国広富之の切腹シーンや西郷一族の自決シーン、更には池上季実子が演じた神保雪子の覚悟の自決シーン、槍の名手、中野竹子の戦死シーンなどどれをとっても涙無くしては見られない。御国のために戦って立派に死ぬ。「ならぬものはならぬ」。「義に死するとも不義に生きず」。これぞ会津魂の本懐だ。


 何を隠そう、私の祖父・祖母は会津出身。私にも会津人の血が受け継がれている。このドラマはDVDを持っているし、VHS時代に録画したビデオを繰り返し何度も見て、その度に感動を覚えるし、亡き俳優たちの名演技に在りし日の横顔を偲ぶ。
 そして、堀内孝雄が歌った主題歌「愛しき日々」もまた泣かせる。私のカラオケの十八番しているが、このメロディーを耳にするたびに涙腺が緩む。
 この大型時代劇が放送されて以降、おそらく会津には100回以上訪れている。ロケ地や歴史上の人物のお墓参りも随分して歩いたが、魅力あふれる土地柄で、何度足を運んでも飽きることはない。新型コロナ騒ぎが収まったら、また訪れ、飯盛山で白虎隊を偲び線香を手向けたいと思う。
 
 現在、ご活躍中の里見浩太朗、西田敏行、竜雷太、中村雅俊、風間杜夫、多岐川裕美、野川由美子、上村香子、国広富之、池上季実子、露口茂、田中健、石橋正次、近藤正臣、あおい輝彦、勝野洋、赤座美代子ら名俳優にはこれからもお元気で数多くの作品にその名を残して欲しいと切に願う。

 「白虎隊」を取り上げたテレビドラマはほかにも2007年制作の山下智久主演の「白虎隊」、2013年の「白虎隊~敗れざる者たち~」、そして「NHK大河ドラマ」の「八重の桜」などいくつかあるが、私は34年経過した今でも、この年末大型時代劇が最高峰だと思っている。ぜひ皆さんもご覧いただき、亡き名優たちを懐かしんでほしいと思う。

2020年5月15日 (金)

続報!郡山でマスクと電子体温計用のボタン電池が買えた日(5/14)

   5月12日(火)に、当ブログのコメント欄に「マスク販売に関する情報」をいただき、早速、翌々日の14日(木)の昼休みに、駅前にあるその店へ足を運んだ。するとマスクより先に、ずっと探し求めていた「オムロン」の電子体温計のボタン電池が偶然に陳列棚に並んでいるのを発見。もう3週間も前の4/22(水)に、喜久田の家電量販店で予約注文したのに、なかなか入荷しなかった代物だった。今も入荷の連絡はないのに、それがたまたまこの店で偶然見つけたのだ。

 それは商品名が「LR41」のボタン電池で、税込み148円の良心的な価格設定。すぐにそれを手に取り、レジ会計へ。するとカウンターの上にピラミッド型に積み重ねられた50枚入りの「不織布プロテクトマスク」を発見!

 親切なブロガーの方のコメント情報は正しかった。しかも、なんと最近では最安値の税込み2,780円だった。税抜きだと2,500円を少し超えるくらいだ。1枚約50円換算

 冷静に考えると、1年前はマスクがひと箱500円もしないで販売していたことを考えれば、まだまだ超高値だが、感染者が福島県の10倍以上多い遠隔地に住んでいる息子と、福島県内でもっとも感染者が多い都市に住む娘に送るためには仕方なかった。

 この店は駅前にある、かつて全国チェーンのデパートだったビル内にあるのだが、なんと「おひとり様10点まで」の太っ腹表示まで。良心的すぎて感動。レジ会計の際に店員に尋ねたら、「かなりの数のマスクが入荷してくるようになった」とのこと。たぶん、この日、全国的に「緊急事態宣言解除」の方針が示されたのを受けて、買い占めていた店の在庫がダブつき、売れ残りを懸念した店側が大量放出を決めたのだろう。事実、東京の「アメ横」などではもう投げ売りが始まっていて、ひと箱2,000円を切る程度まで下がっている。

 帰り際、駅の構内に隣接するドラッグストア「M・K」に立ち寄ったら、マスクはひとつも置いていなかった。だから、独自の入荷ルートを持つ店であれば簡単に入手できるのだろう。

 品物自体はやはり「中国製」だが、5/8(金)に咲田にある「Sストア」で売っていたブルーのサージカルマスク(税込み3,300円)ではなく、色的には目立たないオーソドックスの白色だったのでちょうど良かった。もう少し待てば価格はぐっと下がると思うが、いくら感染者が少なくなって来たとは言え、どこかの国のように、少しの油断で集団感染が発生し、また再流行しないとも限らない。あればあったで重宝する。
 下の写メが証拠。
Img_0931_r
 さらには下がその店のレシート
Img_0933

 それにしてもこの半月の間に、私がたまたま訪れたいろいろな店で、このように頻繁にマスク販売場面に出くわすのだから、今後、あらゆるお店(カワチやツルハ、マツキヨなどのドラッグストアとか、スーパーやコンビニ、ホームセンター)で買えるようになる日もそう遠くはなさそうだ。
 ついひと月前までは50枚入りマスクが店頭から消え失せ、ネットで4,000円~5,000円もした狂乱物価の品薄状態から、徐々に改善して来たことの証明だ。やっと半額程度まで値が落ち着いてきた。

 それにしてもこの日一番の幸運は、なんと言っても「電子体温計用のボタン電池」の入手だ。市内のどこの家電量販店に行っても、ホームセンターやコンビニに足しげく通い、こまめに覗いたが、このひと月半、まったくもって目にすることはなかった。なのに、情報を基にマスクを確認しに入った店で運よく発見するとはなんたる偶然!

 しかも店員に尋ねたら、まるでそば屋の出前のように、「本日入荷したんです」ということで、ガチでラッキーだった。

 そして職場に戻って、電池の交換方法をネット検索したら、なんと「2個使用」ということがわかり、もう一度往復して2個目を購入した。
Img_0929_r

 会計の際、店員に聞くと、「在庫はその商品棚にあるだけなんです」という返答。私が2個買ったら、残りは6個くらいになっていた。でもこの店は、地下2階から3Fまである広い売り場面積を誇る大規模店なのに、日中は買い物客がまばらなので、電池もまだ買えるかもしれない。もし、品切れになっても、すぐに追加で入荷しそうな雰囲気だった。だからマスクに続いて、体温計用の電池の品薄も次第に解消されそうだ。

 さらに付記すれば、帰りに一カ月ぶりに有人のガソリンスタンドで給油したら、比較的ガソリン価格が高いと言われている郡山市において、レギュラーが1L=124円だった。たぶんセルフなら120円程度まで下がっている筈。GW中もどこにも出かけられず、「STAY HOME」だったため、GSは閑古鳥状態だったことで、需要が極端に減った結果、価格が値崩れして急落した模様だ。3か月前までは140円台後半だったのに信じられない。

 でも「FTVテレポートプラス」の斎藤気象予報士の話だと、今が底値なので来週から上がるらしい。給油するなら今週末がチャンスだと言っていた。

 さて、当ブログ内の一連のマスク情報がどれだけ役に立つかわからないが、少しでも有効で手助けになったのであれば幸いです。貴重な情報をお寄せいただいた方にも改めて御礼申し上げます。また、郡山市民の方にとって有用な情報がございましたら、コメント等でお知らせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <追記 令和2年5月15日(金)の殺人事件について>

 5月15日(金)、私の職場の近くにある、横塚の逢瀬川で男性が遺体で発見される事件が発生。夕方のFTVのニュースとHPによると、午後12時半頃、逢瀬川に人のようなものが仰向けで浮いていると警察に通報。警察が20~30代とみられる男性を救助したところ、すでに死亡していた。遺体の状況には、粘着テープで口を二重三重に巻いて塞いだ形跡があることから、殺人事件と断定し、捜査を開始した模様。

 その遺体が発見された時間帯の45分ほど前、私は職場を出て、徒歩で映画館の近くにあるコイン駐車場に忘れ物を取りに行き、その後、中学時代の同級生が経営している駅前の蕎麦処で昼食を食べた。12:20頃には職場に戻ったが、その時、周辺でサイレン音などは聞かなかったので、おそらくその後に発見されたと思われる。

 それよりも今朝の出勤時(7:05頃)と帰宅時(16:00頃)の二度、私は逢瀬川にかかる旧4号線(県道355号線:通称は奥羽街道または陸羽街道)の橋を車で渡っているが、どちらも異変にはまったく気づかなかった。遺体を車で運んで、その川に遺棄したとすれば、知らないうちに、犯人の車とすれ違っているかもしれない。私の車はドライブレコーダーを装着しているので、写っている可能性も否定できない。
 また、もしかすると昼に徒歩で外出した際に、それらしい車が近くを通過していることも考えられる。車でなければ、発見現場近くでその男性を殺害して、そのまま遺棄した可能性もあるが・・・。でも何のために口を粘着テープで巻いたのだろうか?予め用意していたとなると計画殺人?
 
 
私の推理では、遺体が川に浮いていたということは、別の場所で殺害し、川上のほうで遺体を遺棄し、それが阿武隈川と合流する川下のほうまで流れて来た可能性もある。だとすれば絶対に目撃者がいる筈だ。

 そう言えば、帰宅途中、逢瀬川の堤防にぶつかった丁字交差点を左折して信号待ちをしていた時、ROUND1方面からパトライトを回転したパトカーが来て、その交差点の先頭で停車していた。その時は事件のことなど知る由もなかったが、たぶん、実況見分や遺留品捜索を終えて署に戻る途中だったように思う。

 この日、「緊急事態宣言」がようやく解除されたと思った途端に、私の職場から直線で1km程度しか離れていない場所で殺人事件発生とはあまりにも物騒すぎる。おそらく顔見知りの犯行に違いない。またひとつ、郡山に「心霊スポット」ができてしまうのかと思うといたたまれない。早く解決して欲しい。

 → 翌日(5/16)の夕方の福島テレビのニュースで、見つかった身元不明の遺体を警察が検視した結果、死亡したのは20代の男性で、死因は溺死だと判明。状況から自殺を図った可能性が高いことがわかった。自殺をほのめかすメモが見つかったとのことだが、自殺する人間が自分の口を粘着テープで二重三重に巻くなど、他殺と見せかけるような手の込んだことをするのだろうか?私は疑問で、殺害後、自殺に見せかけて、犯人がメモを自作したとは考えられないだろうか?いずれにしても謎だらけの事件だった。

 〈追記 5月17日(日) 〉

   5月11日(月)にブルーのサージカルマスクを販売していた咲田の「Sストア」へ17日(日)に再び買い物に行くと、またしても入口にマスクの箱が山積みになっていた。今回は色が白だった。価格は前回と同じ税込3,300円。朝9時の開店時には、自動ドアの前に20人ほどが行列を作っていたが、誰もマスクを手にした人はいなかった。

 < 追記 5/30 >

  郡山市内はまだ「アベノマスク」が到着していないが、もう市内のあちこちでマスクが買えるようになった。よって本日から実名を挙げたい。 (価格は5/30現在)

 カインズ 7枚入り398円(税込)

 ザ・ビッグ 5枚入り297円 50枚入り2,970円(税別)

   ヨドバシ 50枚入り2,780円(税込)

 シミズストア 50枚入り2,980円(税別)

 トライアル 5枚入り298円(税別)

 今のところ、少ない枚数ならカインズ、まとめ買いならヨドバシが最安値。ヨドバシはお一人様10箱まで購入可能。

 その後、ダイソーで50枚入り不織布マスクが税別で2,000円で販売(R2.6.8)1枚40円

 キャンドゥ 3枚入り100円(税別)1枚33.3円なので最安(R2.6.9)

  

  

2020年5月14日 (木)

世の女性が悲鳴を上げそうな話題

 今日は取るに足らないというか戯言というか、とにかく独りよがりな話題に終始して申し訳ない。興味のない方はスルーしていただいて結構です。
 今、ドラマや映画に引っ張りだこの旬なイケメン俳優やアスリートたちに、恋の噂や結婚話が出たら多くの独身女性がショックを受けるであろう。そんな若手を25人挙げたい。

 ① 大谷翔平(B型)・・・二刀流として日米で活躍する野球選手。球場には熱狂的な女性の黄色い声援がこだましている。今季の年俸は7500万円と格安だが、いずれは田中将大のように、数百億円規模の複数年契約は確実なので、若い女性たちが群がりお嫁さん候補が殺到するのは必至。

 ② 福士蒼汰(O型)・・・仮面ライダードライブで人気に火がついた長身イケメン俳優。共演女優の数は多い。菜々緒とお似合いかも?今年27歳。

 ③ 竹内涼真(A型)・・・過保護のかほこの麦野くんやひよっこの島谷役で大人気。陸王やブラックペアン、テセウスの船などで熱演した。27歳。

 ④ 佐藤 健(A型)・・・「るろうに剣心」のイメージが強い。朝ドラを始め、多くの映画・ドラマで主演を演じ、今ノリに乗っている。31歳。

 ⑤ 菅田将暉(A型)・・・独特な世界観を持つ。歌とドラマに引っ張りだこ。小松菜奈やあいみょんと仲が良い。27歳。

 ⑥ 吉澤 亮(B型)・・・カニ好きで有名。爽やか系イケメン。個人的にはV6の岡田准(B型)とイメージが重なる。有村架純が似合いそう。26歳。

 ⑦ 平野紫耀(O型)・・・King&Princeのメンバー。トークが独特で面白い。橋本環奈との共演がハマった。23歳。

 ⑧ 千葉雄大(O型)・・・「いいね光源氏くん」で大ブレイク。Sっぽい感じが女性にはたまらないらしい。私は堺雅人(O型)とイメージがダブる。31歳。

 ⑨ 山﨑賢人(A型)・・・顔が小さく長身。新田真剣佑と仲が良い。個人的には映画「Orange」が良かった。25歳。

 ⑩ 手越祐也(B型)・・・プレイボーイのイメージだが、女性から見ると危なっかしくて見てられない感じかも。でも歌唱力は抜群。32歳。

 ⑪ 松坂桃李(A型)・・・年齢的にはいつ結婚してもおかしくない。誠実で真面目な印象。朝ドラに打ってつけ。二階堂ふみが似合う?31歳。

 ⑫ 山田涼介(B型)・・・HeySayJumpの一員。個人的には堂本光一(B型)、京本政樹(B型)とイメージがダブる。浜辺美波が合いそう。27歳。

 ⑬ 横浜流星(O型)・・・誠実そうな印象で、私は向井理と立ち位置が似ていると思っている。吉岡里帆とくっつきそうな予感。23歳。

 ⑭ 新田真剣佑(B型)・・千葉真一を父に持つスター性抜群のイケメン。個人的には尾崎豊(B型)と重なって見える。23歳。

 ⑮ 岩田剛典(B型)・・・3代目メンバー。慶應出身のエリートダンサー。あまり恋のうわさは聞かない。現在は31歳。

 ⑯ 中島健人(A型)・・・女性が喜ぶツボを心得ている。カッコいい痺れる決めゼリフがウリ。26歳。

 ⑰ 神木隆之介(B型)・・子役から活躍。俳優だけでなく「千と千尋」や「君の名は。」など声優としても芸の枠を広げている。広瀬すず?今年で27歳。

 ⑱ 綾野 剛(A型)・・・38歳にしては若く見える。演技派のためかドラマや映画に引っ張りだこ。さ私的には仲村トオルと重なる。

 ⑲ 中村倫也(A型)・・・朝ドラ「半分、青い」に出演。ドラマ、映画だけでなく舞台などマルチに大活躍。二宮和也と重なる。33歳。

 ⑳ 高橋一生(O型)・・・彼も39歳なのでいつ浮いた話が出ても不思議ではない。個人的には波留さんと落ち着いてほしい。

 ㉑ 斎藤 工(A型)・・・役者と映画監督の二足の草鞋で活動。「昼顔」の印象が濃い。身長が184cmある。今年39歳になる。

 ㉒   片寄涼太(AB型)・・・Generationsメンバー。音楽一家のサラブレッドにしてプリンス。今年26歳になる。

 ㉓ 中川大志(B型)・・・最初は福士蒼汰かと思った。女性をメロメロにさせるカッコ良さ。今年22歳になる若手No.1。

 ㉔ 山下智久(A型)・・・明治大学卒の高学歴アイドル。「ブザービート」や「コードブルー」など人気作品に多数主演。35歳。

 ㉕ 亀梨和也(B型)・・・KAT-TUNのメンバー。野球で世界大会に出場した経歴を持つ。彼も36歳になった。

 いずれも「モテ男」ばかりをセレクトしてみた。やはりアイドルや人気俳優はB型が多い。25名中9名がB型。実に36%。日本人の38%を占めるA型が10人なので双璧だ。B型は亀梨和也や堂本光一、手越祐也のように一見、プレイボーイ風で、スリムで顔も細面てなのでとにかくモテる。カリスマ的で個性的、かつストイックでカッコいいのもその理由。

 他にもジャニーズの面々や三浦春馬、伊藤健太郎、間宮祥太朗、北村匠海、瀬戸康史、成田凌、鈴木伸之、野村周平などの独身若手俳優やフィギュアの羽生結弦選手など、たくさんいることをお断りしておく。

 意外にも10年前まではモテ男と言えば、木村拓哉、福山雅治、妻夫木聡、向井理、小栗旬、錦戸亮、長瀬智也、伊藤英明などのO型パラダイスだったのに、激減していることに驚き。

 もしかすると上の25人の中で一度はファンになった女性も多いかもしれない。そして訳も無く、お似合いなのではないか?という勝手なイメージで、大ざっぱに独身の若手女優や女性タレントの名前も挙げさせてもらった。

 永野芽郁、浜辺美波、有村架純、川口春奈、新木優子、戸田恵梨香、広瀬すず、杉咲花、石原さとみ、吉岡里帆、葵わかな、上白石萌音、清野菜名、今田美桜、本田翼、松岡茉優、松本穂香、黒島結菜、土屋太鳳、芳根京子、岡崎紗絵、柏木由紀、大島優子、長澤まさみ、新垣結衣、白石麻衣、比嘉愛未、山本舞香、二階堂ふみ、瀧本美織、高畑充希、石井杏奈、山本彩、清原果耶、中条あやみ、山本美月、唐田えりか、佐久間由衣、深田恭子、朝比奈彩、上白石萌歌などがいる。

 女子アナとアスリートというように、意外と共演をきっかけに恋愛に発展するケースが多いように思う。
 ドラマを見ていて、もしかするとお似合いで「これって有りなんじゃないか?」という視点で見ても面白いかもしれない。今は泥沼状態だが、かつて朝ドラ共演がきっかけで「東出昌大」と「杏」が結婚したように、共演をきっかけに交際に発展、そして結婚という流れにも注意を払ってみてほしい。

 また、若い女性に人気のあった俳優で結婚された方は除いた。木村拓哉、向井理、福山雅治、妻夫木聡、小栗旬、窪田正孝、三浦翔平、田中圭、岡田准一は人気が不動だが、既婚者につき割愛したのであしからず。

 ご贔屓だった俳優さんでも、結婚してしまうと、急に熱が冷めてしまうのか、あまりチヤホヤされなくなる。この辺は割とシビアだ。

  それにしても、特にジャニーズは30歳を超えてもアイドルとして君臨している方が多いが、アラフォーになっても独身でいなければならないのは正直厳しいと思う。イケメンだけに世の女性は放っておかないと思う。浮いた話のひとつやふたつあって当然だと思うし、合コンなどで遊びたい盛りなのにずっと女っ気無しでアイドル道を貫くのはストレスではないか?少しは許容してほしい気もする。でないと山口達也のようにアイドルの座を追われるようになってしまう。

2020年5月13日 (水)

タイムトリップする夢物語

 夢を壊すようで心もとないが、往年のショートストーリーの神様「星新一」や昨年亡くなられたSF作家「眉村卓」が描いたような「タイムトリップ(タイムスリップ)」や「ドラえもん」に登場する「タイムマシン」は、どんなに科学が進んだ100年先であっても1000年先であっても絶対に実現不可能だと言い切れる。なぜなら、もしタイムマシンが開発されたとするならば、遥か先の未来から現世に未来人とやらが現れておかしくないのに、そんな話は今までに聞いたことが無いからだ。
 古来から人はそうした未知の物への憧れや現実的には不可能な創造物を絵空事として夢物語に描いたに他ならない。では、これまでにタイムスリップで未来や過去へ時空を飛び越えたドラマや映画などにはどのようなものがあったか振り返りたい。

1.むかし話

 浦島太郎

 これは日本古来のむかし話だ。ある日砂浜で子どもたちが亀をいじめていた。それを助けた浦島太郎が、お礼にと亀の背中に乗って海の中にある竜宮城へ行く。そこでは美人の乙姫が出迎え、鯛やヒラメの舞い踊りやご馳走で、時を忘れるほどのたいそうなもてなしを受ける。そして地上に戻る際に、「絶対に開けてはいけません」と言われて玉手箱を渡される。地上に戻ってみると、そこは以前とは明らかに違う世界で、知っている者はいなくなっていた。浦島太郎は寂しさから、堅く禁じられた玉手箱を開けてしまう。すると中から白い煙が立ち込め、気づくと浦島太郎はおじいさんになってしまったという、ある意味残酷なストーリー。亀を助けてくれた正義の味方の浦島太郎になんてひどい仕打ちを。恩を仇で返す行為に、子どもながらに強い憤りを覚えたものだ。この物語の教訓は一体何なのか?「いじめられている者を助けずに見捨てろ」という教えなのか?
Urashimataro
 私は旧ブログでも触れたが、これは昔の人が体験した宇宙人との遭遇をこのような「むかし話」の形で伝えようとしたのではないか?当時は「UFO」というような概念はなかっただろうから、空飛ぶ円盤を「亀」に見立てたのではないか?とするならば、浦島太郎は地球に偵察にやって来たUFOが故障か何かで地球に墜落した宇宙人を助け、修理を終えて戻る際、一緒に円盤に乗って宇宙旅行をしたのではないか?鯛やヒラメは火星人だったのでは?宇宙旅行している間に相当な時間が経過したので、地球に送り届けられた時にはおじいさんになってしまったのだ。そう考えればつじつまが合う。
 だとすれば、むかし話は怖いものが多いことに気づく。「かぐや姫」も「桃太郎」も、「鶴の恩返し」の鶴も「一寸法師」もすべて宇宙人の仕業ではないのか?「かぐや姫」は地球を偵察に来た宇宙人で、一定期間をおじいさんとおばあさんの元で暮らし、偵察を終えた頃、月からの使者が馬車で迎えに現れたのだ。よってその馬車こそがUFOで、それで月に戻ったと考えられる。また「桃太郎」も、川上から流れて来た大きな桃はやはりUFOだったと考えれば、すべての話に合点が行く。「鶴の恩返し」の鶴も、正体を見られたから宇宙へと逃げて行った。「一寸法師」も一寸(約3cm)しかない子どもが、鬼をやっつけられるはずはない。しかも小さなお椀の船に乗って京へと旅に出る。お椀で川を下り、京の都まで行くなど自殺行為で、そのお椀こそがUFOで、3cmしかない一寸法師は宇宙人以外の何物でもない。
 いずれも作り話にしては手が込んでいて、昔の人がそこまで空想や想像力に長けていたとは思えない。実際に宇宙人と接近遭遇した体験や実話を伝えようとして、このような「むかし話」が生まれたのではないのだろうか。

2.少年ドラマシリーズ

 ①タイムトラベラー(時をかける少女)

 1972年(昭和47年)に放送した青少年向けSFテレビドラマである。 原作は筒井康隆の『時をかける少女』。私は原田知世と仲里依紗主演の映画版を見たが、この「タイムトラベラー」はライブでは見ていない。

 あらすじはコチラ

 ②なぞの転校生

 1975年11月17日 - 12月3日に当時人気のあったNHK少年ドラマシリーズの1作として放送された。眉村卓原作。
 優等生の岩田広一(高野浩幸)が、ある日転向して来た才能溢れる少年・山沢典夫(星野利晴)の超能力に接し、興味を抱く。同じクラスメートの秀才、香川みどりが彼に夢中になる。原爆や放射能を極端に恐れる彼。実は幾つもの星を渡り歩いてきた宇宙人であることを知るが、彼をあらゆる場面で守ろうとし、やがて友情が芽生える。

 主題歌(BGM)はコチラ

 ③未来からの挑戦(ねらわれた学園)

 1977年1月10日から2月11日の毎週月~木曜日、18:05~18:25放送、全20話。眉村卓の小説『ねらわれた学園』『地獄の才能』を原作に制作された。
 少年ドラマシリーズは私が小5~中1の頃に本気になって見ていた。特に「なぞの転校生」と「未来からの挑戦」は大好きで、飛鳥清明役の熊谷俊哉は人気が爆発した。しかし 5年前、 53歳で病死してしまった。「なぞの転校生」はVHSビデオ化されたし、時々動画サイトに全話アップされているが、「未来からの挑戦」はNHKがテープ代節約のため、重ね録りしてしまい、貴重なマスターすら残されていない。私は西沢みどり役で登場した「紺野美沙子」さんが好きになり、彼女がその後、慶應義塾大学に進学されたのを知り、自分も志した次第だ。超能力を使う英光塾の生徒の代表「テレサ野田」はSFにはうってつけのタレントだった。

 主題歌とワンシーンはコチラ

3.戦国自衛隊

 演習中の自衛隊のある部隊(隊長役:千葉真一)が、突然に戦国時代にタイムスリップする。最初は現代の戦車や装甲車、ヘリコプターなどの強力な武器を背景に、或る戦国武将(夏八木勲)に協力し、天下取りに野心を燃やすが、やがて燃料や弾薬が底をつき、最後は寝返った武将によって皆殺しに遭う。
 現代人が過去に戻って命を落とすという悲劇的な結末だが、騎馬武者や弓矢、鉄砲などの古の武器に対し、最新鋭の大砲や戦車、ヘリからのマシンガン攻撃など、圧倒的な実力の差をまざまざと見せつけるまでは見ていてスカッしたが、歴史を狂わすような暴挙に神の雷がさく裂し、最後は天罰が下った。

4.バックトゥーザフューチャー

 マイケル・J・フォックス主演のSF映画だった。主人公マーティは自分の出生が危うくなり、「デロリアン」という車型のタイムマシンで過去に舞い戻り、自分の父親と母親を結び付けようと画策する。そして役目を終えた主人公が、当時の科学者ドクの協力を得て元の時代(未来)に戻ろうとするストーリー。

5.ターミネーター

 アーノルドシュワルツネッガー主演のSF映画。人間対機械の未来戦争を描いた。未来からやって来た不死身のターミネーターがその後、機械を破滅に追い込むために戦った人間のリーダーを、彼が生まれる前に、その母親となるサラ・コナーの命を狙いに現世へタイムスリップするストーリー。彼女を守るために同じく過去に降り立った青年がサラ・コナーと共に命がけで戦いを挑む。

6.JIN-仁-

 今から10年以上前に制作された。現代の脳外科医が江戸時代にタイムスリップし、当時不治の病やコレラのような疫病と立ち向かい、その時代には開発されていなかったペニシリンを創り出し、医学を進歩させた物語。好評で第2ステージ(完結編)も制作放映された。
 しかし、新型コロナウイルスが蔓延している2020年にあって、全国一斉に再放送されている。第2話・3話に出て来る「コロリ(コレラ)」が江戸時代に流行し、10万人もの死者を出した際に、南方医師が命がけでこの疫病と闘い、見事に成敗したのだが、これが感染病である新型コロナウイルスとダブる。おそらく、毎日多くの患者にPCR検査を実施し、決死の覚悟と不眠不休で治療にあたる、臨床検査技師や医師、看護師への感謝およびエールを込めて再放送が決まったのだと思う。
 偶然だが、私はその一週間前にDVDを引っ張り出し、それを観て、当時と同じ状況を再認識した次第だ。「神は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉が身に染みて実感できた。

7.いいね光源氏くん

 現在NHKで土曜深夜に放送中の番組。これは若い女性の願望というか妄想を漫画やドラマ仕立てにした作品だと思う。元からどろどろの恋愛模様を描いたのが「源氏物語」だが、あの不倫やら略奪愛の発想は女性特有のもの。女性作家の「紫式部」のイマジネーションの賜物だし、女性ならではの創作意欲だ。
 現代の若い女性なら、一度や二度、ある日突然にイケメンが目の前に現れて恋愛ストーリーが始まるというような非日常の妄想を思い描いたことがあることだろう。それをドラマ化したもので、実際にイケメンでSっぽい「千葉雄大」を光源氏役に起用したことで、若い女性を中心に人気が高まり視聴率が好調らしい。

 このドラマを見ていて感じたことは、仕事を頑張っているOLが、誰も待つ人がいない一人暮らしのマンションやアパートに帰り、寂しい日常生活を送っている若い女性の憧れを描いたストーリーだと思うが、これってイケメン俳優の「竹内涼真」が演じた「ビューネ君」のCMと重なる部分がある。忙しい日常から解放されて、癒しや安らぎを求めるOLならきっと共感できると思う。

 さて、今日は「タイムトラベルは絶対にあり得ない」と大見得を切るところから始めたが、私の持論もあながち嘘ではないと認識できたことでしょう。こうした過去・現在・未来という時間軸や時空を自由に行き来するのは夢が溢れるものだが、現実的には不可能なのだ。だからこそ「SF」という分野で、年代を超えてテレビドラマや映画に何度も制作されている。

 「ドラえもん」ではないが、それこそが人類の究極の夢で、重大な決断を迫られた時に、その当時のその瞬間に戻って、自分にこうしたほうがいいとアドバイスを送りたい気分だ。
 もし可能であれば、私自身なら、2011年3月11日に戻り、地震が起きる前に、みんなに巨大地震が起きるから避難してと呼びかけるだろうし、原発職員に全電源喪失の危機を回避する手立てを考えるよう伝えたいものだ。しかし、私の話など誰も取り合ってくれないだろし、逆に自分がそれを仕組んだ犯人だと怪しまれるだろう。
 そしてもうひとつは、今年のこのコロナウイルスの危機について、中国を始め、全世界の人々に知らせたいと思う。しかし、単なる「ほら吹き」とか「オオカミ少年」扱いで誰も相手にしてくれないだろうが・・・。

 総括すれば、やはり歴史はそう簡単には変えられないのだろう。「南方仁」先生が苦悩したように、過去を変えることをしてはいけない。だから神は「タイムマシン」なる道具を完成させないのかもしれない。

2020年5月12日 (火)

酷い目に遭った話(R2.5.9の一部始終)

 今日は恥ずかしながら、自戒の意味を込めて、先週末に降りかかった或る災難についてカミングアウトしたいと思います。

 皆さんもそうだと思いますが、3月頃からGWが明けた今の今まで「新型コロナウイルス」での自粛生活、「STAY HOME」の引きこもり生活で、相当ストレスが溜まっていることでしょう。

 私も、どこにも出かけられず、ずっと家にいて、家庭菜園の庭仕事やPC作業、動画サイト閲覧、テレビや昔録画したビデオ映像視聴などを繰り返し、無駄な時間を過ごしていた。
 更に悪いことに、食べて飲んでばかりの生活が続いたため、オーバーウエイト気味でお腹も出てしまった。学生の頃は178cmで62kgしかなかった私が、今では80kgの大台に限りなく近づいている。80キロと聞けば、かつてポッコリお腹で鳴らした西田敏行が主演した「池中玄太80キロ」を思い出す。自分もあれと同じくらいデブってしまったのかと愕然と来た。

 そんな自堕落な生活がしばらく続いた5月9日(土)に事件は起きた。その日の午後2時半ごろ、「STAY HOME」を実践すべくリビングで寝そべってテレビを見ていた私は、小腹がすいて、ついついお菓子の箱に手を伸ばした。あったのは硬めの「柿ピー」と「ミラクルボディV」という名の炭酸飲料。それを同時に口に入れ、30分ほど経過した頃、急にみぞおちが差し込み、さらにはお腹全体が激痛に見舞われた。これまでも何度か夜中に、みぞおちや背中に激痛が走り、眠れないことがあった。この日はそれらを含めても最もひどい痛みだった。どんな姿勢をとっても和らぐことはなく、脂汗が滝のように流れ、尋常ではないことを物語っていた。

 やむを得ず、腹痛の際にはいつも服用すると症状が改善される常備薬の「新富士胃腸薬」を飲むのだが、それを飲んで様子を見たが、まったく良くならない。しかもその日は、運悪く土曜日の午後で、25年来通っている掛かり付けの近所の医院が時間的に休診後のことだった。痛みに耐えながらスマホであちこち病院を探すが、休日救急医や当番医は日曜祝祭日しか載っていない。私は急病に襲われるのはいつも決まって土日だ。20年程前、40度の高熱を出した時も日曜日の夜で、市内の駅前にあった救急指定病院に駆け込んだことがある。

 1時間以上痛みに耐えていたが、いっこうに良くならないし、あまりの激痛に救急車を呼ぼうかと思った。2階にいた家内を呼び、あちこち電話をかけてもらい、市内にあるO・N病院で内科の救急外来で診療をしていることがわかり、自ら症状を言い、苦痛に耐えながら、自分で車を運転して17時過ぎに郡山でも大きなその病院へ行った。

 しかし、救急外来の窓口に行くと、やはり私と同じような患者が10人以上椅子に座って待っていた。受付では、コロナ対策のために、いつもより入念な問診票への記入があった。同居の人数、濃厚接触者の有無、この1か月以内に県外に出向いたかなど。それで15分。さらには診察室の前で待っている時、看護師が検温(36.3度)と指に検査機器を挟んで血糖値?かなにかの検査。そして血圧測定(激痛にずっと耐えていたので血圧が急上昇し159-109)。1時間ほど待って18時すぎにやっと診察室へ。

 そこでやっと症状を伝えるが、待っている間に自分でスマホで調べたところ、どう考えても「胆石」ではないかという自己診断。時々差し込むことがあると伝えた。医師は、まずは胸に聴診器を当て、肺に異常が無いかチェック。そして診察台に横たわり、触診で痛みの部位や個所をチェック。私は元から病院に行くと安心して、痛みが治まったり、血圧も120台ー80台くらいで安定するが、1時間以上も待たされているうちに「新富士胃腸薬」が効きだして痛みも少しずつ治まって来た。

 しかし、若くて親切そうなK医師は、念のためすべての検査を実施したいという。まず、エコー検査で腹部の状態を見たいというのだが、エコーを他の患者が長々と使用していて、またしても外廊下で30分以上待たされた。こんなに待たされたら、他の患者の病気を貰いそうだ。しかも来た時よりも患者が増えている。赤子からじいさんまで幅広い。絶対に新型コロナはこういうところで貰うと悟った。今のところ、この巨大病院ではクラスターなどは発生していないが。

 実際診察室で問診を受けている時も、外部からの電話が鳴りっぱなしだった。熱がある場合は、保健所でPCR検査を勧められていた。長居したら、マジでコロナを移されそうだ。

 そしてようやく処置室に入ったのが19時過ぎ。診察台のベッドに横になり、そこでまず、血液検査のために採血。次に「ソルアセトF500mg」の点滴を注入。これはポカリのような成分で、体内に水分を補うものらしい。その際、CTで造影剤を入れる可能性を示唆され、いつもより太くて長い注射針を入れられた。痛みに強い私でも、その太い針には、思わず「痛っ!」と叫んでしまった。その後、30分以上点滴。

 そしてその最中、やっとエコー検査の機器が空いたというので、医師がそれを引きずって来て腹部超音波検査を実施。もともと「脂肪肝」があり、以前の「人間ドッグ」で胆のうに石灰化がみられる所見があったことを伝えた。しかし、私の予想とは裏腹に、胆のうにそれらしい異変は見当たらないという。ほかに腎臓も目立った病変はないという。ではこの激痛の原因は何?単なる食あたりなのか?

 幸い他の臓器もそれほど異常は見られないという。そのうち、血液検査の結果が判明。すると、毎回検診の度にそうなのだが、肝機能で異常値がいくつかある。常にɤ-GTPとかGOT、アミラーゼが高値なのだが、それはアルコールが原因ではなく、脂っこい食事と肥満気味のせいだった。今回もそれで数値が高かった。でも若き先生が言うには、血液検査で感染症の炎症が見られるので、「胆石」も否定できないと言い、できれば今日、CT(輪切り)撮影を行いたいという。救急外来でこんなに多くの検査をやられたら、相当治療費が行くと思い、先生に持ち合わせが8千円しかないことを告げた。すると、支払いの件は会計で相談して、後からでもOKだと言う。それよりも後日検査を受けるとなると、また病院に来て、長時間待たされる懸念を排除したく、血管造影剤を注入したCT検査を実施することに同意した。すると、念書にサインまで求められた。「副作用があっても自己責任ですよ」という趣旨だった。

 その後、20時過ぎに、まだ500mgもある点滴を5分の1も入れていないのに、その点滴を中止し、そのまま別室のCT撮影室へ。この検査はすぐだったが、点滴のチューブを差し替えて、造影剤を注入。すると、体中が火照るくらい熱くなった。お尻の先までポカポカ。大丈夫なのか?合図に合わせて息を吸って止めてを繰り返し、CT検査自体は5分もかからなかった。こんな短時間でちゃんと内臓を断層撮影できるのか?

 その後、結果が出るまで、また処置室の診察台で点滴を再開して待たされる。

 そして、20時45分頃、やっとK医師がPC持参で処置室の診察台に現れ、CT検査の結果を知らされた。PC画面で断層写真を見せられ、肝臓と胆のうが普通の人よりもやや大きいが、肝心の胆のうに石らしい物体は見られず、手術はおろか、薬で治療するまでもないという診断だった。ただやはり数年前のドッグで指摘された通り、胆のうの下部にうっすらと石灰化したものが見られるという。「胆のうがん」などの疑いはないか?尋ねたが、それは全くないという所見だった。
 結果、経過観察と、念のため、痛み止めだけを処方してもらった。今日はこのまま帰宅して大丈夫だと言う。

 私が怪しく、かつ訝し気に思ったのは、採血した血液検査の結果を見せてくれないことだった。それぞれの数値を患者である私に知らせないままの状態で、CT検査まで実施したのだ。もっとも真面目で誠実そうなK先生だったので、ボッタクリなどではないとは思うが。

 時刻はすでに21時を回っていた。病院に入ってから、もうかれこれ4時間が経とうとしている。たくさんの検査を一度に出来るのが巨大病院の強みだが、それだけ待ち時間が長くなることの証明だ。

 とりあえず、大きな病気ではないことで、入院も必要ないということでひと安心だ。結局4時間も病院にいたので、痛みはいつの間にか引いていた。ひょっとすると自宅で飲んだ「新富士胃腸薬」が効いただけではないのか?治療らしきことは行わず、点滴と検査(血液検査・腹部超音波検査・CT検査)ばかりだった。

 

 診察室を出た後、4畳半くらいの会計の小部屋で会計を待つ間に私が心配したのは、救急外来はどれだけ診察料や治療費が高いのか?ということ。財布にある持ち合わせで足りるのか?だった。

 名前が呼ばれ、会計窓口に行って、金額を聞いて絶句。なんと「14,540円」だった。時間外診療は、ほぼ検査だけでこの金額。やはり医者は儲かり過ぎだ。しかも健康保険が3割負担で済むのにこの金額だ。実際は4万円以上かかっていることになる。時給にしたらどんだけ高いのか?

 こんなに高いのでは、貧乏サラリーマンの私などは、もう二度と救急外来には行けないと思った。

 

 下がその時の診療明細書と治療費(請求書&領収書)。

Img_0928_r
Img_0925_r

 実際8千円しか財布になかったので、事情を話し、明日以降、銀行でおろして持参することで決着。駐車券に印字してもらい、処方された痛み止めを受け取り、21時10分頃、4時間もいた病院を後にした。

 翌日(日曜日)に近くの銀行ATMでお金を引き出し、雨の降りしきる中、昨夜、時間ばかりがかかり過ぎた大病院の会計へ。治療費を払い、領収書を受け取った。たぶん職場から今回掛かった診察検査代のうち3,300円が自己負担で残りの11,000円は還付されると思うので、実際の身銭は3,300円だけだと思う。 

 皆さんもやむを得ず「救急外来」で受診する時は、検査だけでもこれくらいかかると思い、現金を多めに用意して行ったほうがいいと思います。ちなみにこの大病院は、郡山に昔からある老舗大病院なのに、カードでの支払いはやっていない。

 

 これが酷い目に遭った私の週末の一部始終の出来事だった。医師は私の体を思って、様々な検査で原因を突き止めようと努力して頂いたが、私にとっては腹部激痛と共に長時間病院滞在で身柄を拘束された挙句の高額医療費請求で、トリプル苦痛でしかなかった。「柿ピー」と「炭酸飲料」に端を発したみぞおちの激痛が、よもやこれほどの大ごとになろうとは思わなかった。救急車を呼ぶのは隣り近所にいろいろな意味で悪いしこり(噂話など)を残すので、今回は呼ばなかったが、そうしたくなるほどの強烈な苦痛だった。


 ところで、私の父親も大の病院嫌いで、世間体を気にする性格で、「外聞悪いから救急車は呼ぶな」と言い張り、「病院へは行かない」と駄々をこね、私が仕方なく説得して、夜に病院に車で乗せて行ったが、翌日朝に亡くなった。一日2~3箱もタバコを吸うヘビースモーカーだったのだが、最後は肺気腫と呼吸器不全が原因の急死だった。だから私はマメに病院に行くことにしているが、このような事態にならないよう、普段の食生活から気をつけなければならないと思った。

 毎朝と風呂上がりにストレッチなど1年半以上続けているし、昼休みの時間帯は散歩で毎日3~5000歩程度歩くことを日課にしているが、内臓脂肪は一度ついてしまうとなかなかとれない。反省することしきりだ。今回の出来事を教訓にして痩せることを心に誓ったのは言うまでもない。

 

2020年5月11日 (月)

同時代を生きた有名人

 前回の東京オリンピック(1964年)生まれの私にとって、今は先立たれた有名人(芸能人・文豪・スポーツ選手など)で、私と同じ時代を生きた方々がいる。少しでもかぶっていれば、同じ時期、この地球上に生存していたことになる。これは長い歴史の中で、非常に貴重なことではないか。例えば、私が大好きな諸葛孔明や土方歳三、乃木希典などとは残念ながらまったくかぶっていない。

 今日は、個人的な話題ではあるが、すでに亡くなられた往年の有名人の中で、私が興味を抱いた方を中心に何年一緒に生きたかを述べたい。つまりそれは私がその年齢の時に亡くなったということになる。

 1 作家・芸術家・政治家・著名人

 川端康成 1972年死去 代表作「伊豆の踊子」「雪国」「抒情歌」「古都」・・・8年間かぶる(つまり、私が8歳の時に亡くなった)

 松本清張 1992年死去 代表作「点と線」「眼の壁」・・・28年間かぶる

 横溝正史 1981年死去 代表作「犬神家の一族」「八つ墓村」「悪魔が来たりて笛を吹く」・・・17年間かぶる

 江戸川乱歩 1965年死去 代表作「陰獣」「怪人二十面相」・・・1年間かぶる

 三島由紀夫 1970年死去 代表作「仮面の告白」「金閣寺」・・・6年間かぶる

 相田みつを1991年死去 代表作「にんげんだもの」「おかげさん」・・・27年間かぶる

 岡本太郎 1996年死去 代表作「太陽の塔」「明日の神話」「天に舞う」・・・32年間かぶる

 山下 清 1971年死去 代表作「花火」「桜島」「東海道五十三次」・・・7年間かぶる

 田中角栄 1993年死去 元総理大臣 日本列島改造論 金脈政治 ロッキード事件・・・29年間かぶる  

 市川房江 1981年死去 日本の婦人運動家・参議院議員・・・17年間かぶる
 
 湯川秀樹 1981年死去 物理学者でノーベル物理学賞受賞者・・・17年間かぶる

 

 2 芸能人

 石原裕次郎1987年死去 代表作「太陽の季節」「狂った果実」「嵐を呼ぶ男」・・・23年間かぶる 

 美空ひばり1989年死去 代表作「悲しい酒」「お祭りマンボ」「川の流れにように」・・・25年間かぶる

 鶴田浩二 1987年死去 代表作「人生劇場」「傷だらけの人生」「大空港」・・・23年間かぶる

 天知 茂 1985年死去 代表作「非情のライセンス」「江戸川乱歩の美女シリーズ」・・・21年間かぶる 

 松田優作 1989年死去 代表作「太陽にほえろ」「蘇える金狼」「家族ゲーム」・・・25年間かぶる

 高倉 健 2014年死去 代表作「網走番外地」「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員」・・・50年間かぶる

 萬屋錦之助 1997年死去 代表作「笛吹童子」「一心助」「宮本武蔵」・・・33年間かぶる

 村下孝蔵 1999年死去 代表作「初恋」「踊り子」「ゆう子」・・・35年間かぶる 

 緒形 拳 2008年死去 代表作「鬼畜」「楢山節考」「火宅の人」・・・44年間かぶる

 藤田まこと 2010年死去 代表作「必殺シリーズ」「てなもんや三度笠」「はぐれ刑事純情派」・・・46年間かぶる

 東野英治郎 1994年死去 代表作「水戸黄門」・・・30年間かぶる

 夏目雅子 1985年死去 代表作「西遊記」「徳川家康」「鬼龍院花子の生涯」・・・21年間かぶる 

 坂井泉水 2007年死去 代表作「負けないで」「揺れる想い」・・・40年間かぶるが私より後に生まれて先に亡くなった。私が43歳の時だった。

 和製ジェームス・ディーンこと「赤木圭一郎」は私が生まれる3年前に亡くなったのでかぶってはいない。

 3 スポーツ選手

 ジャイアント馬場 1999年死去   全日本プロレス「16文キック」「水平チョップ」・・・35年間かぶる

 アイルトン・セナ 1994年死去 ブラジル人F1ドライバー 「音速の貴公子」・・・30年間かぶる

 4 外国人

 テレサ・テン 1995年死去 代表作「空港」「愛人」「つぐない」「時の流れに身をまかせ」・・・31年間かぶる

 マイケル・ジャクソン2009年死去 代表作「Beat it」「スリラー」「Heal the world」・・・45年間かぶる

 ダイアナ妃 1997年死去 チャールズ皇太子妃 ・・・ 33年間かぶる

 スティーブ・マックイーン1980年死去 代表作「大脱走」「荒野の7人」「パピヨン」・・・16年間かぶる

 ジョン・レノン 1980年死去 代表作「Hey Jude」「Let it be」「イマジン」・・・16年間かぶる

 オードリー・ヘプバーン 1993年死去 代表作「ローマの休日」「ティファニーで朝食を」・・・29年間かぶる

 ジョン・ウェイン 1979年死去 代表作「駅馬車」「赤い河」「静かなる男」・・・15年間かぶる

 ポール・ニューマン 2008年死去 代表作「明日に向かって撃て!」「スティング」・・・44年間かぶる

 フレディ・マーキュリー 1991年死去 代表作「ボヘミアンラプソディ」「伝説のチャンピオン」・・・27年間かぶる

 カレン・カーペンター1983年死去 代表作「イエスタディワンスモア」「トップオブザワールド」・・・19年間かぶる

 マザー・テレサ 1997年死去 カトリック教会修道女 聖人・・・33年間かぶる

 毛沢東 1976年死去 中国共産党主席 ・・・12年間かぶる

 ネルソン・マンデラ 2013年死去 南アフリカ大統領 ・・・49年間かぶる

 「ジェームス・ディーン」や「マリリン・モンロー」、「ベーブ・ルース」は私が生まれる前に亡くなっているためかぶってはいない。

 本日掲載した方は、私とは面識などない方々だが、テレビを通じてファンになったり、当時の社会に多大な影響を与えた面々だ。同じ時代を生きた者として、彼らの遺した功績をどこかにしたためたいと思い、本日の記事を執筆した次第だ。それ故、亡くなった時のニュースは衝撃的だった。

 どうか若い人も、「イチロー」や「羽生結弦」、「大谷翔平」などのスーパースターたちと同時代を生きていることを誇りに思ってほしい。

2020年5月10日 (日)

台湾から来た芸能人

 私は日本批判ばかりを繰り返す「韓国」は大嫌いだが、親日家が多い「台湾」は大好きで、個人的には兄弟国と言って過言ではないと思っている。実際に6年前に台湾を訪れ、3泊4日し、主だった観光地をいくつも巡ったが、一度も嫌な思いをすることはなかった。

 日本びいきの方が多いだけではなく、第二次世界大戦終結まで日本人が台湾に駐留し、大規模なインフラ工事を行い、それを発端として台湾がアジア諸国の中でも経済的に裕福になったことへの感謝の念が未だにあることが親日が多い原因である。
 かつて、日本で一旗を挙げようと、多くの方々が来日した。特に芸能分野やスポーツの分野では優れた功績を残した。たとえば、王貞治選手は、その名の通り台湾出身の方だ。世界一となる756本のホームランを放ち、国民栄誉賞第一号となったのは言わずもがなであろう。高校時代は国籍が台湾だったために、国体に出場できないという苦い経験を味わった。

 では、私が思う、台湾の方で日本で活躍した人を取り上げたい。

 1 ジュディ・オング

 昭和55年、彼女が袖の長いロングドレスを身にまとい、妖艶な振り付けで一世を風靡した「魅せられて」。エキゾチックな雰囲気を漂わせた曲が大ヒットしたばかりではなく、なんと台湾人として初の「レコード大賞」を受賞した歌手となった。
 彼女は日本の歌謡番組だけでなく、ドラマやコントにも出演した。彼女は日本語が流暢だったため、外国人という意識はなかったものの、昭和50年代は台湾と言えば彼女が代表格だった。その彼女は、東日本大震災で日本が津波被害を受けた際、母国にて先頭に立って募金活動を先導してくれた。
 

 2 テレサ・テン

 彼女は演歌というよりムード歌謡の分野だと思っているが、どれもこれも名曲ぞろいだ。「空港」「愛人」「つぐない」「別れの予感」「時の流れに身をまかせ」などどれをとってもカラオケの十八番にしている方が多いだろう。
 日本に単身やって来て、最初はあまりヒット曲に恵まれず、下積み生活があった。しかし、歌のうまさはピカイチで、たどたどしい日本語ながらも精一杯歌うその姿に胸を打たれたファンも多かった。色白で丸顔のO型らしい愛くるしさがチャームポイントだった。
 外国の宿泊先で不可解な死を遂げたが、今でもファンが多くいる。私はいつか彼女が眠る台北の小高い丘にある墓所を訪ねたいと思っている。

 3 欧陽菲菲

 来日後、日本のメディアに登場したばかりの頃は、和田アキ子の台湾版のようで見た目が怖そうな印象だった。1971年に出した「雨の御堂筋」がヒットし、一気にメジャーに。翌年にリリースした「雨のエアポート」も名曲だった。そしてその後、なかなかヒット曲に恵まれず苦労する日々だったが、1979年に「ラヴ・イズ・オーバー」が大ヒットした。声量が豊富で豪快な歌いっぷりで人気を集めた。私は山本リンダとイメージがダブる。

 4 「未来日記Vスケッチブック」に登場したイーロン

 かつてTBSで放送した「ウンナンのホントコ」で「未来日記」というコーナーがあった。初対面の男女が台本通りにドラマを進めていく中で、実際に恋に堕ちるか?をテーマにした恋愛ストーリーだった。その第5弾で、日本人の男子と台湾人の女子が出逢い、一緒の時間を過ごし、恋に堕ちるか実験した。その時のBGMが福山雅治の「桜坂」で、ご本人もドラマ内に警察官のチョイ役で出演し花を添えた。

 その主人公の台湾人女性の「イーロン」が可愛かった。清楚にして一途にひとりの人を想う台湾人の純粋な恋愛事情を知り、ますます台湾に興味を抱いた。

 「未来日記」は1998年から2002年まで、全部でレギュラーで9作、映画まで制作された人気番組だった。この「スケッチブック」は第5作目で全8話。テーマは「言葉の壁」。日本人男性と台湾人女性との、国境を越えた恋の物語。言葉の通じない2人がどのようにして心を通わせていくかが見どころ。スケッチブックを用いてコミュニケーションをとっていく。第二部(最終話を除く)は台湾でロケが行われた。
 未来日記からは「サザンの「TSUNAMI」や福山雅治の「桜坂」、そしてGLAYの「とまどい」がいずれもミリオンセラーを記録する大ヒットとなった。

 5 ビビアン・スー

 かつて日本テレビ系列の「ウリナリ」という番組があった。「芸能人社交ダンス部」などの人気コーナーがあって、内村と南原がそれぞれ異なるパートナーと社交ダンスを通して大会でどこまでいけるかを競うものだった。特に南原と女優の杉本彩(通称アニキ)のペアは抜群でラテンとモダンで1級を取得するほど上達した。そして内村はラテン系のレゲエ風のコスプレで周囲を盛り上げたが、その時にパートナーとなったのがビビアンスーだった。これで人気に火がついた彼女は、その後、番組内で小室哲哉監修の「ホワイトビスケッツ」に対抗して南原と天野と3人で「ブラックビスケッツ」を結成。彼女がヴォーカルを務めたライトポップの曲調の「Timing タイミング」は大ヒットした。
 後で気づいたが、ビビアン・スーは倖田來未の妹のmisonoに似ていると思った。

 どうでしょう?懐かしんで貰えましたか?この「Timing タイミング」も今から考えれば22年前(1998年)の楽曲だ。あまり今聴いても古めかしさは感じないが。

 6 范文雀 

 1970年代から90年代にかけて日本で活躍した演技派女優・范文雀(はんぶんじゃく)もまた台湾出身だ。私が幼少の頃に見た「サインはV」に出演した。故・中山仁が牧監督役を務めたバレーボールチーム「立木大和」で主役の岡田可愛(朝丘ユミ役)と共に、ジュン・サンダース役で共演したのが彼女だった。新技の「X攻撃」は破壊力十分だった。これが出世作となったが、それ以降、「美しきChallenger」や「アテンションプリーズ」などのテレビドラマや映画に数多く出演した。
 1998年に悪性リンパ腫を発症し、闘病生活を続けたが、2002年11月に東京都内で亡くなられた。まだ54歳だった。

 7 プロ野球選手

 呂明賜(巨人野手)、郭源治(中日投手)、郭大源(西武投手)、陽岱鋼(日本ハム・巨人野手)なども日本で活躍した台湾出身選手ということになる。
 
 ほかにも渡辺直美は日本人の父と台湾人の母のハーフだ。

 朝鮮半島を除き、日本から一番近い外国が台湾で、70数年前まではそこは日本の領土だった。だから、今でも台湾には日本風の家屋が多く残されているし、高齢者の中には日本語教育を受けているため、流暢に話す。今でも日本時代は良かったと当時を懐かしむという。
 また。若い方々は日本の文化(J-POPやドラマ、漫画、ファッション、サブカルチャーなど)に傾倒する方が多い。だから若者の中でも日本が一番好きな外国と言う人がごまんといる。
 私たちは両国がますます共存共栄を図り、より近い存在になれることを切に願い、本日の話題を締めたい。

 

 

2020年5月 9日 (土)

私の取るに足らないプチ自慢

 誰もこんなタイトルの記事を気に留める方もいないと思うが、単なる自己満足と備忘録を兼ねて敢えて掲載に踏み切りました。興味のない方はスルーしていただいて結構です。

 1.めざましじゃんけんで最高点をとった日

Img_0300

 ちなみに、月~金までの「めざましテレビ」では1日4回のじゃんけんタイム、そして土曜日の「めざまし土曜日」では2回のチャンスがある。つまり毎週22回のじゃんけんが行われている。しかし、平日私は7時に自宅を出て仕事に行くことから、一日2回しかじゃんけんチャレンジできない。つまり、週あたり12回。なのにこの点数(315点ポイント)はビックリ!全部勝っても1回当たり20点ずつ加算しても240点満点。なのにこの点数はなぜ?もちろん不正などしていないし、出来るわけがない。からくりは、システム故障とかで、一日だけ得点が2倍になったことがあって、そこで達成したというわけ。

 しかし、この記事をアップした令和2年5月9日(土)、「めざまし土曜日」の1戦目のじゃんけんで勝って、300ptを達成。GW中、「STAY HOME」により、ほとんど家にいたことがこの二度目の300pt超えを達成できた要因。証拠の画像が下。

Img_0923_r

 2.この希少なサイン、高く売れるか?

Img_09162Takai

 このサインは本物。皺が寄っているのは、汚れないようにラップを巻いているからで、実際はきれいだ。これは「おニャン子クラブ」や「AKBグループ」の仕掛け人の秋元康の奥さんの「高井麻巳子」さんの「おニャン子クラブ」時代の生サインだ。当時は会員番号16番で、福井県出身の彼女が原宿を訪れていた際、「夕やけニャンニャン」の生放送中にスカウトされ、「アイドルを探せ」のコーナーで合格点を取って「おニャン子クラブ」のメンバ入りを果たした。となっているが、表向きで、実はこれも内々にはこの日にそこにいるように番組関係者から仕込まれていたようだ。
 その後、番組で人気者となった彼女は、岩井由紀子(ゆうゆ)とコンビを組んだユニット「うしろゆびさされ組」でCDデビュー。そしてソロ歌手デビューも果たした。最初から秋元康に目をつけられていたと考える方が自然だ。
 AKBなどには「恋愛禁止」と厳しい掟を作っていた張本人が、自分がプロデュースしたアイドルと結婚してしまう矛盾。これが原因で「おニャン子クラブ」は人気絶頂の時にいきなり解散させられた。
 要は秋元氏の勝手な自己都合の我が儘にファンや他のメンバーは振り回されたのだった。その一件以来、私は秋元康を信じていない。単なるロリコンオヤジと一緒だ。岡村隆史の二の舞になりそうだが、若い女の子に「恋愛禁止」などと禁欲ルールなどを作って強制するから、欲求不満が溜まってグループ卒業後にセクシー女優になる元AKBタレントが多く出るようになったのだ。
 また、おニャン子クラブの作曲を手がけていた後藤次利もまた、おニャン子クラブのメンバーで、一番早く卒業させられた河合その子と結婚した。その後藤も、かつてはアイドル女優だった「木之内みどり」(現在は竹中直人夫人)と恋の逃避行でスキャンダルを起こした。

 3.今では廃刊?「国民の妹」の写真集

Img_0917  
 今から5~6年前、NHKの7時台のニュースで、天気予報を担当した女性気象予報士を覚えていますか?彼女は「ピアニスト」にして難関国家資格の「気象予報士」の試験もパスした才媛だった。その名前は「岡村真美子」さん。私は彼女のロリ顔にして可愛らしい声や話し方までお気に入りで、毎晩のように見ていたし、出演した時の映像を録画したDVD5枚を今でも所有している。
 さて、上の画像だが、当時、気象予報士がこのようなエッセイ写真集を出版することなど珍しかった。それくらい「国民の妹」として人気が高かったのだ。
 しかし、ある日を境に、彼女はテレビの前から姿を消してしまった。同じ気象予報士の男性と不倫関係にあったと週刊誌にスクープされ、ダーティーなスキャンダルを嫌うNHKが担当を交代し、それ以降マスコミに登場することもなくなった。自身のHPも閉鎖され、その後彼女がどうなったかは不明。本業のピアニストとしての活動もしていないようだ。したがって、上の書籍は今では書店には置かれておらず、廃刊になったと聞いている。
 私は今も彼女の動向が気になって仕方ない。健康で元気で、幸せに暮らしていることを願っている。

 4 国鉄時代の「愛国から幸福まで」の切符

Img_0921_r

 1970年代、まだJRが国鉄だった時代に「愛国から幸福へ」がブームになったが、その後、「エキゾチックジャパン」がキャッチコピーとなった頃に、私が現地で買い求めた「愛国から幸福ゆき」の切符。私が訪ねた時はまだ国鉄で、広尾線が廃止になる前だったので、列車が実際に走っていた。その時は、幸福駅は駅舎自体が売店になっている無人駅で、記念切符の販売はしておらず、2つ北にある有人駅の「愛国駅」用の物しか存在していなかった。

 他にもお宝にしているものがあって、まだNTTが「電電公社」だった時代のテレカを持っている。こちらは残念ながら未使用ではなく、穴が開いているので価値は低いだろう。

 さて、今日は一週間ぶりに再開したブログにしてはお粗末な内容だったが、タイトルの通り「唯我独尊」なので、自画自賛ばかりで独善的な内容ばかりにつき、あまり目くじらを立てずにご覧いただければ幸いです。

 

2020年5月 6日 (水)

続・郡山市内でマスクが買えた日(R2.5.6/5.11)

  現在、新規記事の掲載を停止中ですが、臨時で記事をアップします。

 福島県は5月5日時点で、新型コロナウイルス感染者(陽性反応)が79名に達した。これは全国で22番目に多い。ここ郡山ではこの2週間は新規感染者が出ていないが、それでも慢性的なマスク不足に苛まれている。ドラッグストア、スーパー、ホームセンターなどどこにも置いていない。以前私が購入した駅前の100均では、この半月、営業自粛で閉店状態が続いている。ウレタンマスクを購入した市内北部にあるイレギュラーの店舗も、最近は訪れていないので動向は不明だが、私の4/24付のブログを見た客が殺到して品薄かもしれない。よって最近は、手芸を駆使した布製の手作りマスクを使用している方が多く目につく。

 しかし、GW最終日のこの日(5/6)、朝の6時過ぎに郡山市北西部にあるディスカウントストア「T」を訪れたら、レジ横にある、大きな金網型のトレイかご(上下2つあり)に溢れんばかりの不織布マスクが無造作に投げ込まれてあるのを発見した。その数、200個以上。価格は5枚入りで税込み399円。「ひと家庭2個まで」という表示があったので、結構余裕があった。早朝だと店内もガラガラで、昼間に行くと客が多くなるので、もしかすると品切れになるかもしれない。

 まさに「早起きは三文の徳」や「一期一会」を地で行くような出来事だった。価格は1枚当たり80円程度なので高いことは高いが、品不足が続く今、やむを得ないと判断。ついマックスの2セットを買ってしまった。それが下の画像。

Img_7763_r
Img_7764_r
Img_7765_r  

 普通に考えたらマスク10枚で798円は高すぎるが、精神的に安心できるのでこの日のマスク販売はありがたかった。どこを探してもないのに、偶然見つけたとはいえ、ある所にはあるものだ。

 それにしても一体いつになったら、この一連の「新型コロナウイルス騒動」は終息を迎えるのか?「緊急事態宣言」も5月末日まで延期された。いっこうに出口が見えない中、「新生活様式」を推奨する政府の後手後手の対策と、停滞したままでいつ破綻するかわからない経済状況の中、ずっと耐え忍ぶしかないのか?すべてにおいてマイナスイメージしかないが、この日のように偶然にもマスクが入手できるという「小さな幸せ」に出くわすことがあるから、また頑張ろうという気になれるのかもしれない。
 それで、今もマスクが買えなくて困っている方への少しでも朗報になるならと情報提供がてら臨時に掲載した次第です。

 でもたまたまあったとは考えにくいので、このディスカウントストアは、実は郡山市内には4店舗(ここ以外には大槻町・備前舘・安積町)あるが、もしかすると大量に仕入れ、在庫がまだまだあって、店頭のトレイが少なくなったら、順次、補充するかもしれない。

 なお、炉辺談話だが、帰り道、桜で有名な川がある橋を渡り、市営グラウンドを越えた先の道端(歩道と車道の間の縁石)に小さな怪しい物体が置いてあった。実は来るときに反対車線側にあるのに気づいていて、もしかして光電式の速度取り締まり装置かと思い、帰る際には法定速度(50キロ)厳守で通過したら、単なる小型のスピーカーが投棄してあった。警官の姿は皆無だったものの、結構早朝の裏道路でネズミ捕りが多いので警戒したが、大丈夫だった。それにしてもなぜあんな場所にスピーカーを捨てていくのか気が知れない。

 結びに、過去2回、このような郡山市内でのマスク購入の記事を掲載しましたが、3回目の今回も、客が殺到し、売り切れになる恐れがあるため、店名はお教えできません。郡山市内の方なら今日の記事を読めばおおよそ店名は判別できると思います。

 <追記 5/11(月)>

 5月11日(月)、朝7時9分に職場に出勤した。午前中は通常勤務して午後から「テレワーク」のため、車で帰宅途中、実は昨日も買い物に出向いた咲田にある「Sストア」に立ち寄って250円弁当やドリンク、さらにはパンなどを購入。そしてレジを終えて買える際、店の入り口にマスクの箱が積まれているのを発見!それは紛れもなくひと箱50枚入りの「不織布」のマスクだった。昨日は無かったのに・・・。しかも箱の中身は外科手術で見かけるようなブルーの物(三層構造のサージカルマスク)。金額は税込み3,300円で、1枚あたりに換算すると66円。最近の郡山市内のマスク販売価格の中では最安だった。その証拠が下の写メ。

Img_0924_r

 どれくらい在庫があるかわからなかったが、またしても偶然とはいえ、マスク販売中の場面に出くわした。ということは、未だにドラッグストア、スーパーなどでは見かけないマスクだが、このように私がたまたま立ち寄った店でマスクを見かける場面に出くわすということは、マスクを販売している店が確実に増えて来たという証拠。ひと箱3,300円はコロナ騒動前に比べるとまだまだ高いが、マスクが無くて困っている方に知らせたくて、5月11日(月)に追記という形で掲載しました。

 なお、地元の方で、5/6の記事、及び5/11の記事の店名を知りたい方は、コメント欄にご自分の予想店名とメルアドをご記入ください。当たっているかも含めて、直でこっそりとお教えしたいと思います。なお、私の記事を見る見ないにかかわらず、他の情報源から買いに行く方が多くいれば、それらのマスクが品切れになっている場合があることを御承知おきください。

 

2020年5月 2日 (土)

お知らせ

 ネタ不足に加え、未だに蔓延を続ける新型コロナウイルスによる自粛要請を鑑み、本日よりGWが終わった後の5月8日までの間、新規記事のアップを休止させていただきたいと思います。ご容赦願います。

 なお、緊急掲載が必要な場合はその限りではありません。再開は5月9日を予定しております。

 

2020年5月 1日 (金)

5月生まれの有名人一覧(自分の誕生日と同じ有名人を探せ!) 

 昨年12月から開始し、月初めに掲載している特集記事をお送りします。

 

 1 小山慶一郎 本上まなみ 濱口雄幸 円山応挙
 2 デビッド・ベッカム 秋元康 夏木マリ 樋口一葉 笛吹雅子 上原美優
 
3 為末大 松尾伴内 三宅裕司 橋幸夫 ジェームス・ブラウン
 4 谷花音 菊池桃子 オードリー・ヘプバーン 田中角栄 森繁久彌 正司花江
 
5 与田祐希 中川翔子 渡部篤郎 デーブ・スペクター モト冬樹 Dr.コパ 伊藤沙莉 小林一茶 金田一京助

 6 武井壮 高橋尚子 トニー・ブレア 向井千秋 中岡慎太郎 徳川家定 フロイト
 7 紺野あさ美 上田晋也 佐藤二朗 上川隆也 萩本欽一 チャイコフスキー 本居宣長
 8 曙太郎 さくらももこ 榊原郁恵 ヴァン・ヘイレン 吉川美代子 
 9 大橋のぞみ 山田涼介 徳永えり 横山裕 松田龍平 大橋卓弥 片山さつき ビリー・ジョエル 森光子 源頼朝 
10 志田未来 武田修宏 草刈民代 藤あや子 橋田寿賀子 山口果林

11 Ami SHERRY 松井大輔 浜田雅功 松尾貴史 久保田早紀 泉谷しげる ダリ 青木愛 
12 片平里菜 高見盛 鉄拳 マギー 大久保佳代子 奥田民生 渡辺徹 余貴美子 風吹ジュン 武者小路実篤 ナイチンゲール
13 滝沢カレン 黒川芽以 三浦奈保子 熊田曜子 井上和香 加藤晴彦 太田光 スティービー・ワンダー バレンタイン 法然
14 日村勇紀 エド・はるみ 齋藤茂吉
15 南明奈 藤原竜也 井上康生 江夏豊 美川憲一 美輪明宏 瀬戸内寂聴 市川房枝

16 桜井玲香 大倉忠義 ジャネット・ジャクソン

17 朝長美桜 生野陽子 坂井真紀 城之内早苗 井ノ原快彦
18 ザギトワ 大迫勇也 瀬戸康史 槇原敬之 カルメン・マキ 東尾修 寺尾聡
19 神木隆之介 澤部佑 芹那 マルコムX ホー・チ・ミン
20 永井大 里崎智也 光浦靖子 河村隆一 益子直美 野田佳彦 王貞治 相田みつを 前畑秀子

21 梨花 米良美一 アグネス・ラム 板垣退助
22 高木美保 田中麗奈 ゴリ ナオミ・キャンベル 嶋大輔 大竹まこと コナン・ドイル ワーグナー あかつ 坪内逍遥 ワグナー
23 夏菜 三田友梨佳 高橋名人 永倉新八
24 瀬戸大也 山下健二郎 小林聡美 哀川翔 佐々木則夫 田村亮 小沢一郎 ボブ・ディラン  
25 清宮幸太郎 西野七瀬 上野樹里 石田ひかり カイヤ 江川卓 ケント・ギルバート 葛城ユキ 小倉智昭 

26 小平奈緒 伊東美咲 つるの剛士 モンキー・パンチ 東海林のり子 

27 美馬怜子 アンガールズ山根 内藤剛志 中曽根康弘 相本久美子 いっこく堂
28 黒木メイサ 若槻千夏 カイリー・ミノーグ 
29 伊勢谷友介 金田朋子 大桃美代子 片山右京 ラトーヤ・ジャクソン 美空ひばり ジョン・F・ケネディ 北野大 
30 小嶋真子 福士蒼汰 満島真之介 君島十和子 中村勘三郎 火野正平 左とん平 大村益次郎 宮園純子
31 ケンブリッジ飛鳥 眞鍋かをり 有吉弘行 鈴木京香 日高のり子 東八郎 クリント・イーストウッド

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »