2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 私の昼休み散歩③ | トップページ | 国民栄誉賞の奇奇怪怪な選定基準 »

2020年4月29日 (水)

選挙圧勝で図に乗る韓国をぎゃふんと言わせろ!

 韓国の文在寅大統領が勢いを吹き返した。経済破綻寸前の文政権だったが、運よく「新型コロナウイルス対策」が軌道に乗ったことを追い風にして、文在寅の革新系与党が選挙で圧勝した。日本を心底嫌うこの男が、「反日」を旗印に民衆の支持を取り付けた格好だが、その勢いのまま図に乗って日本へのいちゃもんを再燃させている。その公約が北朝鮮と結託し、徴用工問題で日本企業への損害賠償の現金化を強行する案を打ち出したのだ。いつまでも根に持つ「火病韓国人気質」で、思い上がりも甚だしい。

 戦後の日本の高度経済成長や躍進を妬む腐り切った根性は不変で、あの手この手を駆使し、どこまでも裕福な日本から強請り盗ろうと画策すれば気が済むのか?この民族は気が狂っている。韓国の繁栄は日本のパクリや長年の支援策の賜物であるにもかかわらず、ことあるごとに70年以上も前の解決済みの戦争責任をたびたび持ち出し、日本への対抗心や敵愾心だけでここまでやって来た「恨(はん)」の文化や思想が旧態依然で根付いたまま。

 日本が少しでも甘い顔をすれば、そこに付け込み、自制心はおろか理性もなく、図に乗ってどんどん付け上がる。羞恥心の観念がないこの国では、どこまでも日本が苦しむ姿を見ることで幸福感を味わうのだ。

 東日本大震災の際にスポーツのイベントで「日本の震災を祝います」などと書いたプラカードを掲示したり、サッカー選手がゴールを決めた際には日本を侮辱する「猿真似」をしたり、WBCの日韓戦で勝利後、太極旗をマウンド上に立てたり、まるで見境ない行動に走る。元から日本の初代首相を暗殺した犯人が韓国では英雄扱いだし、未だに日本大使館前には国際法違反の「従軍慰安婦少女像」が鎮座している。政府が国民感情を抑制できないから、国民の言いなり状態だ。10億円拠出した慰安婦賠償金も勝手に財団を解散し、その基金も何に使われたのか闇の中だ。

 ほかにも竹島を不法に占拠し、実効支配したままだし、靖国神社問題では閣僚が参拝すると、待ってましたとばかりに度重なるクレーム。慰安婦でこれ以上は金を巻き上げられないと知るや次は徴用工問題で日本に集る。かつて日本に暗躍した悪徳サラ金業者の取り立て屋よりも質が悪い。

 選挙圧勝後、次に何を始めるのかと思えば、メディア等で「日本を褒める発言や報道を禁止する法律」(称賛禁止法)を可決させる方針だ。相も変わらず日本への敵対心むき出しの姿勢で、国民感情を煽ることでさらに支持率アップを図る腹積もりだ。相も変わらず日本への敵対心むき出しの姿勢で、国民感情を煽ることでさらに支持率アップを図る腹積もりだ。

 当ブログ、旧ブログで何度も言っているが、日本国民の8割程度が韓国のこうした悪行を許せないし、嫌韓、反韓感情を募らせているのに、日本政府はアメリカとの三国の同盟関係を重視し、強い抗議をするだけで、有効手段に打って出られない弱腰外交のままだ。だから舐められるのだ。こういう相手にはガツンとグゥの音も出ないほど叱りつける必要がある。

 元から韓国は、日本よりも同族の北朝鮮との統一を願っている。100年経っても日本は積年の敵でしかない。日本を賞賛する行為を禁じるということは、批判や非難しかないということだ。日本はここ数年、韓国とは距離を置いて無視する方向で対処して来た。それを今後も継続してもらいたい。文在寅が日本バッシング外交を展開するなら、日本はアメリカや欧州諸国と連携を深め、韓国など眼中にないことを示すべきだ。そして韓国を疎外して滅亡に至らしめる方向で外交を展開したほうがいい。

 日本が今、新型コロナウイルスで陽性患者の数が韓国を上回ったことに万代の拍手をしている。通常ならお悔やみのひとつもあって援助の申し出があって然るべきなのに、慌てふためく日本の窮状を高みの見物としゃれこんでいる。こんな野蛮で非人道的な輩の国家とは一刻も早く手を切ったほうがいい。

 中国もまた同じ傾向が窺える。武漢が発祥のウイルスに相違ないのに、大陸文化・大陸思想そのままに、原因究明もしなければ謝罪すらない。世界中で数十万人の死者が出ているにもかかわらずだ。この国は遠い昔から賄賂と口利き、不正の巣窟だった。日本でいう時代劇の悪代官のような役人がのさばって来た歴史がある。「地獄の沙汰も金次第」の概念が染みついた思想文化だ。しかしそこに勧善懲悪なる思考はなく、悪人をやっつける善人ヒーローなどもいない。人を騙し、手玉に取って人の上に立つのが通常スタイルだ。一度でも謝ったら最後、見下され、これまでの地位を一気に失うのだ。捲土重来やもうワンチャンスは存在しない。だから自分が悪くても絶対に謝らない。

 その中国が、責任追及を回避するために行ったのは、口封じのためにWHOに追加の支援金を送っただけだ。悪いことを中国マネーの威力でチャラにしようという中国政府の汚いやり方だ。その中国文化にもっとも影響を受けているのが、ほかでもない隣国である朝鮮半島の民族だった。

 戦前は極貧国だった朝鮮。それを日本が侵攻し、インフラを整え、朝鮮人の生活は台湾と同様飛躍的に向上した。仕事がない者に仕事を与え、賃金を与え、生活は劇的に改善したのだ。それは日本のおかげなのだ。それを「強制労働させられたのだ」と逆切れするのはちゃんちゃらおかしい。恩を仇で返す行為にほかならない。朝鮮族は前述したとおり、「恥」という概念が薄い。搾り取れる時には寄ってたかってとことん搾り取り、骨の髄まで吸い取る民族だ。生きるためなら何でもしてきた。憎き日本に一矢を報いるためなら窃盗だろうが脅しだろうが何でもする。そして事実を歪曲し、適当な理屈を後付けし、我がものにする。そして他者を批判し、自分を正当化しようとする。全世界の民族の中でも1・2の下種を争うのが朝鮮族なのだ。

 21世紀の現代にあって、戦前の古い体制のまま時が止まったままの北朝鮮。瀬戸際外交で脅しと威嚇でしか物乞いできない政治体質。70年以上の前の大戦の責任を未だに糾弾しようとあれこれ画策を続ける韓国。どちらも同類。先進国にも入れない輩の分際で自分たちこそが世界一の民族と誤解している始末に負えない自負心と自尊心の塊。身のほど知らずも甚だしい。

 何度も言うが、「韓国ドラマ」にうつつを抜かしている場合ではない。歴史認識が薄い者に限って、やれK-POPだの韓流だのとチヤホヤする。イケメンだからというだけで食いつく愚かな発想はやめて、韓国人が日本人をどう思っているかを常に思考の真ん中に置いてそんな下卑な文化をありがたがらず、自国の文化に目を向けたほうがいい。

 憎き韓国や北朝鮮のことを語りだすと止まらなくなるが、あながち多くの日本人が抱いている反韓感情と同じだろうと思う。中には「サンデーモーニング」に出演している、元ソウル在住の解説員のように「ヘイトスピーチ」は何の得にもならない点を力説している輩もいるし、自分はマニフェストを一方的に破棄し、政権を丸投げして逃げておきながら、「韓国」の機嫌取りばかりしている勘違い非国民の狂人元首相もいる。日本人は今こそ強く自己主張し、物言う民族にならなければならない。日和見主義や傍観者は国際社会では一番軽蔑される。

 日本政府には今こそ韓国をぎゃふんと言わせる強い姿勢と対策をお願いしたい。G7に長年君臨し、先進国としての旗振り役をぜひしていただきたいものだ。

 なお、4月28日(火)現在、北朝鮮の金正恩総書記の健康状態が危惧されている。もしかして既に死去している可能性も否定できない。北朝鮮は、国家元首が亡くなると、被害妄想から、国外にその死去の報を隠そうとする。この隙に攻撃されることを危惧してのものだが。心臓血管手術の術後が思わしくないか、あるいは自らが手術で免疫低下している中、新型コロナウイルスに感染し、重篤な状態に陥っているかである。だから、わざわざ中国から有能な医師団を招き、金総書記の病状を回復させる意図が窺える。ゆえに、金総書記は生命の危機に瀕しているのは間違いなさそうだ。

 もし、金総書記が死亡したとすると、状況は混とんとする。これまでの金総書記を頂点にした権力の図式が崩れ、軍が暴走し、クーデターを起こすかもしれない。金総書記の実妹が実権を握るであろうが、北朝鮮にはこれまで女性の元首は存在しなかった。威厳や絶対服従の命令系統がきちんと踏襲できるのか?

 韓国の文在寅にしても寝耳に水。両国の関係にひびが入るも同然。友好的になることはなく、敵対関係が一層高まるだろう。そうなると「赤化統一」どころの話ではない。
 真相はまだ明らかになっていないが、近いうちにわかるであろう。いずれにしても日本と韓国の関係が改善することはまずあり得ない。泥沼化している両国は100年先も同じ立場で平行線をたどる運命でしかないのだ。

 もし変わるとすれば、韓国が経済破綻し、国家としての体を成せなくなった場合で、日本に救いを求めて泣きついて来ること以外には思い当たらない。それでも日本は甘い顔を見せず、それでも突き放した方が奴らのためだ。さんざん日本を敵視し、好き放題やってきた報いを存分に味わってもらうしかない。

 

 

« 私の昼休み散歩③ | トップページ | 国民栄誉賞の奇奇怪怪な選定基準 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の昼休み散歩③ | トップページ | 国民栄誉賞の奇奇怪怪な選定基準 »