2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 嫌韓から反韓へ | トップページ | 私の昼休み散歩② »

2020年3月19日 (木)

私の昼休み散歩①

 昨春、転勤によって郡山駅前のオフィスに通勤するようになった。ところが年がら年中デスクに座りっぱなしで、腰に負担は来るし、肩や首痛にも苛まれ、このままでは体が鈍ってしまうと危惧を抱いた私は、天気の良い日を見計らって、12時から13時までの1時間で、自分なりに駅周辺の散歩コースを5~6方面編み出して、寒さが和らいできた3月以降始めた。車では気づかないで通り過ぎるだけだった自分が住む街の知らない場所を歩くことは、まるである種の「街角発見」のようだった。時々、コロナウイルスの恐怖と闘いながら、2~4kmの自分で決めたコースの中から「今日はこのコース」と気分次第で歩くようになった。

 そして街角を歩くうちに、妙なことに気づいた。私の実家はさくら通りにあって、駅までは徒歩で12~13分ほどの距離だったため、子どもの頃は街中が遊び場のような感じだった。そして20代の頃は、アーケードや陣屋周辺を飲み歩いていたし、知らないことなどないと思っていた。しかし、その後、郡山の北の方に移り住んで25年。飲み会以外は市街地には繰り出さなくなり、よもや郡山の中心部にあのような「モノ」が点在しているなんて予想もしていなかった。

 それは、商工会議所が主催し、2006年から2016年まで11年間に渡って開催された「世界の創作ベンチ・イスコンテスト」というイベントで、入選したデザインを市内の大学や企業が制作し、それを繁華街のあちこちに置いて、市民が実際に利用できるようにしたものだ。それはあまりにも無造作にかつ点在しすぎており、なかなか探し出すのにも骨が折れる代物だった。ベンチを置いてくれる通りや店舗のことを「里親」と呼ぶそうだが、その里親は、デパートの中だったり、公共施設のホールにあったり、あるいは駅前の大通りにあったり、更には大型ホテルのロビーにあるなど、目を皿にして、脚を棒にして探さないとなかなか見つからないものだった。

 そこで私は閃いた。せっかく運動不足解消のために「昼休みの1時間散歩」を決め込んだのだから、どうせならそのベンチを探して見ようと思い立ったのだ。まさに一石二鳥で、距離数や歩数を稼ぐだけの散歩に留まらず、「宝さがし」の楽しみも加わったのだ。

 郡山市内にはコンテスト開催の11年間で55体ものベンチや椅子が隠されているらしいのだ。しかも「楽都」に相応しく、コンテスト応募の作品はさまざまな「楽器」にちなんだ形状のものが大半であった。何を隠そう、私の姪っ子も応募し、小学生の頃にグランプリに輝いたのだった。だから、一層捜索にも力が入った。
 では、以下、私がいつ、どこにあったベンチを見つけたかを発見順に記したい。一緒に私自身が撮影した証拠写真も掲載したい。

 3月10日(火)発見

 オカリナイス・マラカス(2011年) アティ6F

Img_0830Img_0829

 エレベーターを降りた左側の広いスペースに2体、ぽつんと置かれていた。休校になって自宅にいる筈の高校生がゲームに興じていた。これではコロナ対策も藪蛇だ。休校に乗じて遊び歩いている。オカリナのベンチは可愛らしいが、意外と高さが低かった。

 水のせせらぎベンチ・ピアノベンチ (2006年) 駅前大通り南側

Img_0831Img_0832

 ピアノのベンチは貧相な印象だった。滑り止めの砂袋が無造作に置かれて、あまり座りたい気は起きなかった。

 さくらさくらのメロディー(2009年) 駅前大通り北側

Img_0833

 ホテルクラウンヒルズ(大町眼科)から駅寄りに30メートルほど行った歩道にぽつんと置かれてあった。

 3月11日(水)発見

 パイプオルガン(2007年) 駅前大通り南側

Img_0835

 ここは「中央大町バス停」にあるので、日中はバスを待つ乗客がわんさかいるので写メを撮りづらかった。本当は10日に発見したが、なかなかシャッターを押すには勇気が必要だった。残念なのは出来は素晴らしいのに、鍵盤部分にジュースの空きパックなどのゴミが捨ててあった。日本人として最低な行為だ。

 3月16日(月)発見

 ベートーベンチ(2007年)・ホイッ スル? (時期不明)商工会議所内

Img_0844Img_0845

 右側は本当にホイッスルなのか?どこにも入賞作品として掲載が無い。商工会議所のホームページにPDFファイルで里親先が記載されているが、全然違う場所に移動されてあることの典型がこのベンチだった。

 3月18日(水)発見

 リズムベンチ(2007年)・note(2011年)・作品名&時期不詳ベンチ・横笛(2007年)  ビューホテル1F 

Img_0847Img_0848
Img_0849Img_0850

 これはビューホテルの東側の自動ドアから入っていくと、エスカレーターの裏側のホールに四方向に4体展示されている。発見日は市内の私立高校の教科書販売を行っていて、ベンチにまで貼り紙がされてあった。 

 クラリネットベンチ(2008年)・サックス1人用チェア(2007年) けんしん郡山市民文化センター1F

Img_0852Img_0853

 公共施設にはこうして置かれている。もちろん受付窓口で写メの許可を得た。他人を入れ込まなければOKらしい。この文化通りの歩道には銅像が等間隔でたくさん設置されてあった。これも歩いて気づいたことだ。或る弁護士事務所の庭先には巨大なゾウの像が鎮座してあった。

 残念ながら、中央図書館にもベンチがあるのだが、コロナ対策の休館延長で立ち入ることはできなかった。

 帰りがてら「郡山ビューホテルアネックス」に立ち寄り、姉妹店のビューホテルには創作ベンチが4体もあったことをフロントの若いお姉さんに尋ね、ここにも創作ベンチが置かれているか聞いてみたが、極めて不愛想で不審者をみるような応対でムカついた。これが客商売の態度なのか?きちんと社員に接客の教育をしていない証拠。これでホテルマンとしておもてなしの心で客を迎い入れることなどできないだろう。憤慨した。これまで会議や宴会で10回以上使い、数百万円単位でこのホテルに貢献してきたが、たった一人のフロントのせいで嫌な思いをさせられた。もう二度と使いたくない。
 この日はなんと1時間で6,000歩以上も歩いてしまい、帰りの交差点で左脚のふくらはぎを吊ってしまった。情けない・・・。

 さて、今日は3月10日から18日までに発見したベンチやイスを掲載しました。コロナウイルスや花粉は心配だが、気温上昇とともに、これから桜が綺麗に咲き誇る季節を迎え、ますます散歩も楽しみになる。お腹の出具合も心配になって来たので、臆せずどんどん歩いて行こうと思う。 

 なお、郡山市内に全部で55体あるとされる創作ベンチ。今回はまだ14体しか見つかっていない。この記事は続編もあるので、自分の足で稼いで発見したら、再度掲載したいと考えています。
 もしベンチを撮影している私を見かけたら、ぜひ「唯我独尊のブログの方ですか?」と声をかけてください。

« 嫌韓から反韓へ | トップページ | 私の昼休み散歩② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嫌韓から反韓へ | トップページ | 私の昼休み散歩② »