2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

年齢不相応の芸能人&アスリート

 「人生50年」と言われた江戸時代とは比較できないが、30年ほど前は50歳というとお腹が出たいいおじさんで、60歳は還暦で赤いちゃんちゃんこを着たお年寄りの代表のような印象だった。
 時は移り、美容グッズや医療技術が進歩した現代において、還暦を過ぎても若く見える年齢不相応の方が急増しているように見える。少子高齢化で、若い人が減って、60歳でもバリバリ現役で仕事をされている方が大勢いるし、生涯現役を貫くアスリートも出てきて、ますます
年齢がわからない時代になって来た。
 特に顔を売ってなんぼの芸能人やスポーツアスリートは、その傾向が顕著で、「年齢不相応」で実年齢よりかなり若く見える方がことのほか多くみられる。
 そこで今日は、実際の年齢よりもだいぶ若く見える有名人を私なりの判断で取り上げてみたい。

 記載年齢は、今年その歳になる方と解釈していただきたい。若く見えるという観点なので、40歳以上で掲載します。

 90歳 小山内三江子 俵孝太郎 キダ・タロー
 89歳 山田洋次 大村崑 谷川俊太郎
 88歳 田中邦衛 小林亜星 露口茂
     岸恵子 寿美花代
 87歳 渡辺貞夫 オノ・ヨーコ 黒柳徹子 若尾文子 宝田明 山田太一 仲代達也
     草笛光子
 86歳 倉本聰 田原総一郎 藤子不二雄A
     司葉子
 85歳 吉行和子

 84歳 里見浩太朗 長嶋茂雄 北島三郎 山崎努 大槻義彦
     大山のぶ代 中原ひとみ

 83歳 林家木久扇 伊東四朗 山本學 加山雄三 浅井慎平
     加茂さくら 水野久美 コシノヒロコ

   82歳 大林宣彦 中島誠之助
     冨士眞奈美

   81歳 千葉真一 若林豪 森本毅郎
     中村珠緒
 
 80歳 山本圭 竜雷太 王貞治 張本勲 篠山紀信
     浅丘ルリ子 デヴィ夫人

 79歳 渡哲也 藤竜也 高橋元太郎 萩本欽一 徳光和夫 横内正 石坂浩二 坂田利夫 宮崎駿
     岩下志麻 長山藍子 樫山文枝 倍賞千恵子

 78歳 近藤正臣 中尾彬 青木功 小泉純一郎
     山本陽子 十朱幸代

 77歳 アントニオ猪木 加藤茶 桂文枝 北大路欣也 田村正和 小野寺昭 関口宏 橋幸夫
            松尾嘉代 加賀まりこ

 76歳 高橋英樹 久米宏 みのもんた 原田大二郎 江守徹 黒沢年男 古谷一行 杉良太郎 草野仁 浜田光夫  舟木一夫
     香山美子 園まり 野川由美子

 75歳 村野武範 タモリ 長塚京三 涌井雅之 セルジオ越後
     栗原小巻 吉永小百合 松原智恵子 藤田弓子 宮本信子

 74歳 伊吹吾郎 藤岡弘 岡本富士太 堺正章 西川きよし 西岡徳馬 マギー司郎 美川憲一 吉田拓郎
     上村香子 木の実ナナ

 73歳 大和田伸也 西田敏行 ビートたけし 蛭子能収 寺尾聰 西郷輝彦 高田純次 尾崎将司 稲川淳二 小田和正
              三遊亭小遊三 千昌夫 渡辺篤史 布施明
     和泉雅子 平野レミ ひし美ゆり子 山口果林 あき竹城  泉水ピン子
  
   72歳 沢田研二 桜木健一 柄本明 岡本信人 角野卓造 財津和夫 笹野高史 篠田三郎 前川清 北原照久 谷村新司
     五木ひろし
     いしだあゆみ 丘みつ子 瀬川瑛子 都はるみ

   71歳 森田健作 武田鉄矢 火野正平 矢沢永吉 市村正親 伊武雅刀 風間杜夫 ガッツ石松 勝野洋 佐藤B作 間寛平
     堀内孝雄 松崎しげる 南こうせつ テリー伊藤
     酒井和歌子 小川知子 田島玲子 高橋真梨子
 70歳 舘ひろし 神田正輝 志村けん 三遊亭圓楽 梅沢富美男 坂東玉三郎 綾小路きみまろ 加賀丈史 奥田瑛二 清水国明
     滝田栄 山本譲二 森田正光
     市毛良枝 和田アキ子 ジュディ・オング 奈美悦子 辺見マリ イルカ 八代亜紀 由美かおる

 69歳 柴田恭兵 名高達男 中村雅俊 田中健 岩城滉一 志垣太郎 笑福亭鶴瓶 本田博太郎 三宅裕司 モト冬樹 山下真司
     あべ静江 岩井友見 今陽子 多岐川裕美 浅茅陽子

 68歳 三浦友和 草刈正雄 浜田省吾 水谷豊 なぎら健壱 吉幾三 井筒和幸
     松坂慶子 風吹ジュン 五十嵐淳子 楠田枝里子 夏樹陽子

 67歳 関根勤 松平健 山下達郎 国広富之 平田満 三田村邦彦 落合博満
     竹下景子 研ナオコ 小林幸子 中田喜子 小林麻美 牧村三枝子 結城しのぶ 仁科亜希子

 66歳 石田純一 古舘伊知郎 世良公則 永島敏行 片岡鶴太郎 小日向文世 安倍晋三
     萩尾みどり 叶和貴子 秋吉久美子 五十嵐めぐみ 松任谷由実 平淑恵 高畑淳子 天童よしみ 水沢アキ 山口いづみ

 65歳 所ジョージ 明石家さんま 松山千春 具志堅用高 郷ひろみ 佐野史郎 世良公則 ラサール石井 江川卓 中野浩一
     堀尾正明
     朝加真由美 アグネス・チャン 麻丘めぐみ 伊藤蘭 川中美幸 竹内まりや 田中裕子 藤真利子 渡辺えり

 64歳 宅麻伸 役所広司 桑田佳祐 佐野元春 小堺一機 大友康平 鈴木雅之 野口五郎 村上弘明 長渕剛 岡田武史
     山田隆夫
     浅田美代子 岡江久美子 佳那晃子 アン・ルイス 渡辺真知子

 63歳 東国原英夫
     友里千賀子 大竹しのぶ 秋野暢子 かたせ梨乃 名取裕子 尾崎亜美 木之内みどり  松居一代 眞野あずさ

   62歳 時任三郎 ASKA 栗田貫一 陣内孝則 高橋ジョージ 布施博 玉置浩二 山田五郎 原辰徳
     原田美枝子 久本雅美 樋口可南子 桜田淳子 山口百恵 相本久美子 芦川よしみ 石井めぐみ 石川さゆり
     岩崎宏美 かとうかず子 宮崎美子 室井滋 森昌子 森下愛子 八神純子 久保田早紀 小宮悦子

   61歳 京本政樹 太川陽介 春風亭昇太 赤井英和 ダンカン 吉田鋼太郎 渡辺謙
     岡田奈々 根本りつ子 池上季実子 石川ひとみ 榊原郁恵 竹井みどり 田中美佐子

 60歳 真田広之 堤大二郎 佐藤浩市 氷室京介 コロッケ 生瀬勝久 船越英一郎
     浅野ゆう子 東ちづる 岸本佳世子 黒木瞳 池上季実子 石田えり 大場久美子 清水ミチコ 筒井真理子
     美保純 山田邦子 山村紅葉

 59歳 宮脇健 石橋貴明 中井貴一 遠藤憲一 高橋克実 柳葉敏郎 山寺宏一 渡辺徹
     賀来千香子 石野真子 浅野温子 藤吉久美子 五代夏子 斉藤とも子 高橋ひとみ 藤あや子 橋谷能理子

 58歳 石原良純 木梨憲武 柳沢慎吾 豊川悦司 石塚英彦 宇梶剛士 風見慎吾 川平慈英 藤井フミヤ 是枝裕和
     麻木久仁子 松田聖子 岡村孝子

 57歳 宮根誠司 浜田雅功 松本人志 寺島進 松重豊 勝村政信 唐沢寿明 田中要次
     麻生祐未 今井美樹 香西かおり 沢田知可子

 56歳 近藤真彦 阿部寛 内村光良 岸谷五朗 稲葉浩二 温水洋一 竹内力 堤真一 野々村真
     磯野貴理 北原佐和子 高島礼子 野村真美 平松愛理 真矢ミキ 南果歩 山口智子 増田明美

 55歳 ヒロミ 尾美としのり 香川照之 勝俣州和 古田新太 田中裕二 太田光
     一路真輝 大桃美代子 草刈民代 古村比呂 沢口靖子 神野美伽 中井美穂 中森明菜 藤田朋子 松本伊代
     若村麻由美 中田久美 八木亜希子

 54歳 東山紀之 宮川一朗太 今田耕司 高嶋政伸 西村和彦 彦摩呂 薬丸裕英
     鈴木保奈美 伊藤かずえ 小泉今日子 財前直見 斉藤由貴 蝦名由紀子 森口瑤子 安田成美 RIKACO

 53歳 三浦知良 坂上忍 織田裕二 緒方直人 沢村一樹 中山秀征 東野幸治 松村邦洋 松岡修造
     有森也美 鈴木京香 田中美里 とよた真帆 伊藤つかさ 原田知世 堀ちえみ 南野陽子 大林素子 渡辺真理

   52歳 内野聖陽 江口洋介 佐々木蔵之介 渡部篤郎 葉加瀬太郎
     飯島直子 井森美幸 江口ともみ 菊池桃子 紫吹淳 中島史恵 長山洋子 夏川結衣 新田恵利 羽田美智子
     濱田マリ 松下由樹 松本典子

   51歳 福山雅治 武豊 加勢大周 東幹久 及川光博 北村一輝 佐藤二朗 田辺誠一 槇原敬之 的場浩司 山口智充
     吉田栄作 橋下徹
     石田ゆり子 鈴木杏樹 富田靖子 城山美佳子 マルシア 森高千里 山瀬まみ 横山めぐみ 伊藤みどり

 50歳 城島茂 吉岡秀隆 阿部サダヲ 羽生善治 辰吉丈一郎 岡村隆史 西川貴教 上田晋也
     相田翔子 いとうあさこ 坂井真紀 ちはる 鶴田真由 永作博美 西村知美 長谷川真弓 原久美子 水野真紀
     和久井映見 渡辺満里奈 伊達公子 馬場典子

 49歳 西島秀俊 竹野内豊 カンニング竹山 萩原聖人 ユースケサンタマリア 有田哲平 
     中山美穂 進藤晶子 川原亜矢子 木村多江 酒井法子 高田万由子 田中律子 中嶋朋子 藤原紀香 牧瀬里穂 
     島田奈美 西川史子

 48歳 中居正広 宮川大輔 武田真治 谷原章介 土田晃之 中村獅童 木村拓哉 はるな愛 藤木直人
     アンミカ 稲森いずみ 梅宮アンナ 大東めぐみ 小林綾子 島崎和歌子 鈴木砂羽 高岡早紀 椿鬼奴 寺島しのぶ
     常盤貴子 松雪泰子 久保純子

 47歳 反町隆史 イチロー 大泉洋 堺雅人 藤井隆 ボビーオロゴン 小杉竜一
     小川範子 櫻井淳子 篠原涼子 松嶋菜々子 中江有里 深津絵里 三浦理恵子 宮沢りえ りょう 梨花 八木沼純子
     木村郁美

 46歳 清水宏保 鈴木浩介 有吉弘行
     菊池麻衣子 後藤久美子 高橋由美子 戸田菜穂 山本未來 唐橋ユミ

 45歳 伊藤英明 つるの剛士 バカリズム
     板谷由夏 内田有紀 神田うの 吉瀬美智子 黒谷友香 本上まなみ 持田真樹 山田花子 膳場貴子

 44歳 オダギリジョー 滝藤賢一 はなわ 宇治原史規
     井川遥 木村佳乃 小雪 坂下千里子 瀬戸朝香 中谷美紀

 43歳 市川海老蔵 劇団ひとり 長谷川博己 香取慎吾
     安室奈美恵 菅野美穂 紺野まひる 松たか子 山口もえ 滝川クリステル

   42歳 小泉孝太郎 DAIGO 長瀬智也
     麻生久美子 菊川怜 京野ことみ 酒井美紀 白石美帆 長谷川京子 原沙知絵 雛形あきこ 平野ノラ 大江麻理子
     MISIA 矢田亜希子 古瀬絵理 大橋未歩

   41歳 上地雄輔
     蛯原友里 映美くらら 押切もえ ともさかりえ 中越典子 仲間由紀恵 笛木優子 高島彩 根本美緒 松尾由美子

 40歳 桐谷健太 小島よしお 高橋一生 玉山鉄二 玉木宏
     小池栄子 島谷ひとみ 竹内結子 広末涼子 優香 優木まおみ 吉岡美穂 伊藤綾子 鈴江奈々


  亡くなった有名人がもし健在だったら今年で何歳だったか?(順不同)

 三船敏郎  100歳
 高倉 健  89歳       坂口良子  65歳
 天知 茂  89歳       夏目雅子  63歳   
 萬屋錦之助 88歳       大原麗子  74歳
 石原裕次郎 86歳       美空ひばり 83歳
 菅原文太  87歳       テレサ・テン67歳
 鶴田浩二  96歳       野際陽子  84歳 
 三國連太郎 97歳       坂井泉水  53歳
 勝新太郎  89歳       堀江しのぶ 55歳
 松田優作  71歳       岡田有希子 53歳 
 夏八木勲  81歳       本田美奈子 53歳
 東野英治郎 113歳       田中好子  64歳
 丹波哲郎  98歳
 鈴木ヒロミツ74歳
 三浦洋一  66歳
 緒形 拳  83歳
 田村高廣  92歳
 竹脇無我  76歳
 田宮二郎  85歳
 沖 雅也  68歳
 川谷拓三  79歳
 小林桂樹  97歳
 宇津井健  89歳
 二谷英明  90歳
 中谷一郎  90歳
 松山英太郎 78歳
 石立鉄男  78歳
 加藤 剛  82歳
 夏 夕介  70歳
 荻島真一  74歳
 津川雅彦  80歳
 尾崎 豊  55歳 
 名古屋章  90歳
 峰岸 徹  77歳
 根津甚八  73歳
 原田芳雄  80歳
 松方弘樹  78歳
 赤木圭一郎 81歳
 村下孝蔵  67歳
 大瀧詠一  72歳
 いかりや長介89歳
 中村勘三郎 65歳(18代目)
 黒澤 明  110歳 
 三波伸介  90歳
 逸見政孝  75歳
 河島英五  68歳
 三島由紀夫 95歳
 司馬遼太郎 97歳
 円谷幸吉  80歳
 植村直己  79歳
  

2020年2月28日 (金)

昭和の歌姫の歌唱力比べ

 平成の時代も歌唱力に優れた歌手が大勢いた。歌が上手くて当たり前の演歌を除き、J-POPでは吉田美和、越智志帆、MISIA、AIなどが真っ先に思い浮かぶ。しかし、昭和に青春時代を過ごした身としては、どうしても推挙したいシンガーがいる。昭和の後期は空前のアイドルブームでもあったが、1970年代後半から80年代前半にかけてはニューミュージックブームが世の中を席巻した頃で、ヤマハのポプコン出身のバンドなどが次々デビューし、ヒットチャート上位に君臨していた。
 今日はその中でも「昭和の歌姫」で、抜群の歌唱力を誇ったシンガーをセレクトしたい。

 1位 八神純子

 私が中1の頃、「ザ・ベストテン」で、今後ヒット間違いなしの注目曲を紹介する「今週のスポットライト」というコーナーに出演し、その類まれな歌唱力を披露し、度肝を抜いた。特に「みずいろの雨」で、サビでこれでもかと言うくらい高音を伸ばす。当時は、このような弾き語
りでハイテンポのポップスを熱唱するシンガーはあまりいなかった。斬新なスタイルで、出演後、瞬く間にヒットした。

 2位 渡辺真知子

 最初に「ザ・ベストテン」に登場したころは「迷い道」で、正統派の歌手という印象しかなかったが、「かもめが飛んだ日」などではその歌唱力を余すことなく熱唱。ビブラートの効いた伸びのある高音域は驚異でしかなかった。後に化粧品のCMソングになった「唇よ熱く君を語れ」は、あの当時のコスメメーカーの戦略に見事ハマっていた。あの頃は、「君の瞳は10000ボルト」とか「燃えろいい女」とか、「君は薔薇より美しい」「君に胸キュン」などタイトル先行で行っていた感がある。
 私はやはり渡辺真知子の代名詞と言える「かもめが飛んだ日」をここではチョイスしたい。彼女の独特な声質も病みつきだった。

 彼女は聴いての通りの卓越した歌唱力と、自分で作曲したこの才能あふれる曲で、第20回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。

 3位 NOKKO

 ご存知、レベッカのヴォーカル。このバンドの代名詞は「フレンズ」みたいになっているが、私は個人的に「Lonely butterfly」や「ラズベリードリーム」だと思っている。小柄の体を激しく揺さぶり、動きまわって熱唱していた。その声量は爆発的な印象で、歌唱力のあるシンガーとして誰もが認めているところだ。喋る時はハスキーボイスなのに、耳をつんざくような透き通る高音が響き渡る声質。当時はどこにそんなパワーがあるのかと不思議で仕方なかった。

 4位 小比類巻かほる

 彼女は当時、カッ飛んだかっこ良すぎるシンガーと言える。宝塚の男役も地で行けそうな風貌と男っぽいしぐさで女性ファンをも魅了した。とにかく歌唱力が半端なく、ロック中心の楽曲が多かったし、となかくLIVEではシャウトしまくっていた。ひとつのステージですべてを出し切る完全燃焼タイプのシンガーだった。「Hold on me」や「City Hunter~愛よ消えないで~」などが代表曲だが、私はTDKのCMソングになっていたノリノリでかっこ良すぎるPVの「TOGETHER」が大好きだった。レザーパンツにキレキレのダンスステップ。もしかして80年代から90年代にかけて一番歌が上手かったシンガーかもしれない。

 5位 椎名恵

 TBS系列で放送していた現実離れしたいかつい「大映テレビ」のドラマシリーズで主題歌をずっと歌っていた。70年代は「赤いシリーズ」に始まり、実際にはまずあり得ないだろうと言う運命に翻弄されまくる主人公の数奇な人生を描いたものや、不良学生同士が勢力争いで決闘したり、バブル期にあって、絶対にないと思われる大胆かつ奇天烈なストーリー展開だった。そしてナレーションを来宮良子が担当し、いかつさに拍車をかけた。出演者は毎回同じ面々。松村雄基、伊藤かずえ、堀ちえみ、鶴見慎吾などであった。「スクールウォーズ」と「スチュワーデス物語」が代表作だが、ほかにも「少女に何が起こったか」とか「不良少女と呼ばれて」、フジテレビ系の「スワンの涙」、「乳姉妹」、「花嫁衣裳は誰が着る」、杉浦幸主演の「ヤヌスの鏡」、「ポニーテールはふり向かない」など、とにかくくさくておどろおどろしい内容だった。
 椎名恵は歌唱力に飛びぬけていて、このドラマのコンセプトにハマり役だった。「LOVE IS ALL」、「今夜はANGEL」、「愛は眠らない」などのヒット曲を生んだ。

 6位 アン・ルイス

 彼女は今、どこで何をされているのだろう。私が1980年代から1990年代にかけてCDを聴き漁り、カラオケで盛り上がった歌唱力抜群の魅せるシンガーだった。今でも「六本木心中」や「あゝ無情」などで「ヒューヒュー」「フフー」と合いの手を入れて爆盛りしているのでないか?SMチックなファッションと過激なダンスパフォーマンスも圧巻だった。

 7位 森川由加里 

 昭和の頃、大ヒットしたドラマ「男女7人夏物語」の続編の「秋物語」で主題歌を歌っていた。いわゆる昔風に言えばリズミカルでパンチが効いた歌謡曲だった。なんと森川由加里は現在、歌唱力抜群のレコーダ大賞も受賞した大ベテラン歌手の布施明の奥さんになっている。

 8位 杏里

 杏里と言うと「キャッツアイ」とか「SUMMER CANDLES」ばかりが注目されるが、彼女の歌唱力は他の追随を許さないものがある。私は彼女のCDアルバムを所有しているが、どれも洗練されたナンバーで、ファッショナブルだし、ショーマンシップに長け、カッコ良さが光る。
 私が好きな曲は「スノーフレイクの街角」と「思い切りアメリカン」だ。

 

 9位 松原みき

 残念ながら彼女はもうこの世にはいない。これからという時に病に倒れ、若くして帰らぬ人になってしまったことで、ある種、彼女は伝説の存在となった。彼女の代表曲「真夜中のドア~ Stay with me~」は、この一曲だけでも彼女の歌唱力を表すのに十分すぎる。 
 当時あれほどの目鼻立ちが整い、キリッとした正真正銘の美人はそうはいなかった。その当時は「ナウい」という言葉が当てはまりそうな、オシャレでカッコいいシンガーだった。夭折したのが本当に悔やまれた。

 今回は「神セブン」ならぬ「神ナイン」を挙げたが、他にもこの時代の歌唱力があったシンガーには「高橋真梨子」や「五輪真弓」もいた。

 さて、私が独断と偏見で8人の「昭和の歌姫」をセレクトしたが、同世代の方には懐かしくて仕方なかったと思う。自分の青春時代を共に駆け抜けた楽曲には、思い入れも一入に相違ない。中には天国に旅立たれた人もいるし、芸能活動を休止している方、もう何年もテレビに登場していない方などその後の活動については不明だが、今では2時代前となった「昭和の名曲」を歌い上げた歌唱力抜群の方々がいてくれたからこそ、当時の音楽シーンは華やかに、そして実力派だけがこうして後世に受け継がれる名曲となっている。

 

 

2020年2月27日 (木)

リメイクして欲しいドラマ

 去年、ネットドラマだったが、「東京ラブストーリー」がリメイクされた。もちろん主人公のリカとカンチは、当時とは違うキャストでの制作だった。懐かしい気分になったと同時に、ふと出演者を変えて現代の俳優陣をキャスティングして、また同じタイトル、内容のドラマをリメイクしても面白いと思った。そこで、私が昔、好きだったドラマを出演者を変えてリメイクするとしたら誰がいいかを視点にして考えてみた。

 1 「季節はずれの海岸物語」

              前作     新作では
  高村圭介      片岡鶴太郎    小杉竜一
  新井徳子      可愛かずみ    磯山さやか
  玉川春文      田代まさし    宮川大輔
  渡辺理恵      渡辺美奈代    深川麻衣  
  山本幸一      山本陽一     柄本時生 
  マドンナ役              中村静香・柳ゆり菜・田中みな実・白石麻衣・長澤まさみ・井川遥・釈由美子
                     広末涼子・檀れい・中村ゆり・内田有紀・矢田亜希子・本上まなみ・ミムラ  

Season-off-beach

 2 「白線流し」   前作       新作では

  大河内渉     長瀬智也      平野紫耀か中川大志
  七倉園美     酒井美紀      横田真悠か長濱ねるまたは浜辺美波     
  飯野まどか    京野ことみ     本田望結
  長谷部優介    柏原 崇      岡田健史
  橘 冬美     馬渕英里何     竹内愛紗
  富山慎司     中村 竜      濱田龍臣
  汐田茅乃     遊井亮子      平手友梨奈

Hakusennagashi

 3 「男女7人夏物語」  前作      新作では

  今井良介     明石家さんま    大泉 洋
  神崎桃子     大竹しのぶ     石原さとみか高畑充希
  大沢貞九郎    片岡鶴太郎     塚地武雅
  沢田香里     賀来千香子     田中みな実 
  椎名美和子    小川みどり     イモトアヤコか尼神インター誠子
  野上君章     奥田 瑛二     大沢たかお
  浅倉千明     池上季実子     吉田 羊

 Danjyo7nin2   

 4 「太陽にほえろ」
  
  ボス      石原裕次郎    北大路欣也か西田敏行か西岡徳馬
  ヤマさん    露口 茂     沢村一樹
  ゴリ      竜 雷太     石原良純
  チョーさん   下川辰平     小日向文世
  殿下      小野寺昭     西島秀俊か向井理 
  ジーパン    松田優作     反町隆史
  シンコ     関根恵子     木村文乃
  テキサス    勝野 洋     武井 壮

 5 「GOOD LUCK」2003年

  新海 元    木村拓哉      竹内涼真
  香田一樹    堤 真一      伊藤英明か要潤か藤木直人
  緒川歩実    柴咲コウ      橋本環奈 
  富樫のり子   黒木 瞳      檀 れい
  太田健三郎   段田安則      滝藤憲一
  深浦うらら   内山理名      本田 翼
  内藤ジェーン  竹中直人      生瀬勝久
  新海良治    いかりや長介    古田新太

Good-luck

 2003年にTBS系列で放送されたパイロットと整備士の恋愛ドラマ。木村拓哉が教官役でも大丈夫だが、主役が変わってしまう。

 6 同窓会へようこそ~遅すぎた夏の帰郷~

  坂木旬一     豊川悦司    向井 理
  中原祥子・夏生  加藤あい    有村架純
  旬一の父親の後妻 風吹ジュン   大竹しのぶ
  旬一の義理の弟  金子 賢    中尾明慶
  旬一の父親    峰岸 徹    岸谷五郎
  旬一の妻     茂森あゆみ   中村ゆり

Dousoukai

 1999年8月公開されたドラマで、DVD化されることは無かったプチホラーの要素を含む回顧ドラマ。すでに21年前の放送のため、
記憶に残っている方は少ないかもしれない名作だった。 

 これまでにないストーリーを考えた。例えば、東京ラブストーリーの当時の出演者をキャスティングし、親世代として出演しながら、その子どもたちの恋愛ドラマを描き、自分たちの過去の恋愛劇を振り返りながら、子どもたちの恋愛事情と重ね合わせて行くという流れはどうだろう。当然、昔の名シーンをところどころに差し込んでいく。

 

 30年くらい前のドラマでは、世代も違うし価値観も異なる。よって、同じような脚本やせりふ回しでは、もしかするとギャップがあって違和感を感じるかもしれない。でも、今の若者はあまりドラマを見ないことから、一体何を恋愛バイブルにして恋愛ストーリーを思い描くのか・・・。我々の世代では、トレンディドラマを見て、そういったことを学んでいたと思う。そういう意味では、恋に恋する乙女、つまり恋をしている自分自身が好きといった女の子も少なくなってしまった気がする。そういった感情を呼び起こす意味でも、ぜひ昔の秀作ドラマを再現してほしいと思う。 

2020年2月26日 (水)

2020年のプロ野球展望

 プロ野球のキャンプが始まって1か月近く経とうとしている今、紅白戦や韓国プロ野球チームとの練習試合やオープン戦で、少しずつ各チームの新戦力の事情が明るみになって来た。
 例年、この時期は新外国人助っ人のアピールの場となっているが、勝手が違う日本球界にイチ早く慣れ、順応できた選手が好成績を収めるのは周知のところだ。
 
  私は巨人と楽天のファンだが、今年の戦力を見れば、セ・リーグは「DeNA」、パ・リーグは「ロッテ」が台風の目になるのは野球評論家や番記者でなくても十分認識できるだろう。
 DeNAはラミレス監督の采配は堂に入ってるし、ソト、ロペスに加え、オースティンが絶好調。私は40本以上のホームランを予想する。筒香の抜けた穴を埋めるに余りある補強ができたと見ている。エース今永が抜群の安定感で、抑えの山﨑は盤石。
   DeNAは先発投手の駒が揃えば、もしかするとぶっちぎりでの優勝もあり得ると見てる。

 また、個人的には「中日」の存在が不気味だ。2年目の根尾、新人の石川に大注目で、石川はあの清原を超えを成績が期待できる。それだけの逸材だと思っている。手首が柔らかく、プロの鋭く曲がるスライダーやスプリット、カットボールなどの変化球への対応も容易にできるとみている。金属バットから木製バットの影響で多少の飛距離ダウンは否めないが、それでも筋力アップすれば数年後にはプロの体つきになり、球界を背負って立つ4番になり素質があると踏んでいる。そういう意味では、根尾とクリーンアップを打つまでに育てば、向こう10年は盤石の内野陣、攻撃陣の要となることは間違いない。2年目の与田監督の手腕も見ものだが、育成も楽しみだ。
 
 また、高津新監督のヤクルトは、バレンティンが抜けた打力の底上げをどう図るかだが、私は3年はかかると思う。高卒ルーキーの奥川も先発ローテーションを任せるには3年はかかると見ている。打線の核は山田哲人と3年目の村上宗隆。村上は確かに強打者だが、ムラがある。三振の数を減らし、打率を挙げないことにはチャンスでの凡退は多くなる。それを解消できれば順位の浮揚もあるが、投手陣の整備がままならない。投手出身の高津監督がどう切り盛りして若手を育てていくかが課題だ。
 

  広島は明治大学から森下を獲得できたのは大きい。即戦力で先発ローテーションとして計算できる。ジョンソン、大瀬良、野村と共に、先発の軸として安定すれば、抑えの中崎までの勝利の方程式は万全。広島は2年前に抜けた丸に代わる打線の核を育成する必要があり、外国人助っ人に依存せざるを得ない。個人的にはオースティンが広島に行っていればヤバかったと見ている。個人的には2年目の小園が楽しみ。野球センスはピカイチで、開幕からレギュラー定着すれば、3割は堅いし、三拍子揃っているので、出塁してかき回す役目にはうってつけだ。

 阪神は即戦力の外国人打者を獲りまくったが、その使い分けが難しい。全員を一度に使えないので、調子の良し悪しを見分けながらその起用法を模索していくことになる。それより重要なのが投手陣の整備が急務。先発のコマと核となる投手がいない。藤浪の復活失くしてAクラス入りは厳しい。古田敦也は優勝候補に挙げていたが、打線がいくら活発でも、所詮野球は投手力。好投手の攻略は生半可では出来ない。


 パ・リーグは昨年リーグ優勝の西武は、リードオフマンの秋山が抜けた穴が大きく、山川・中村・外崎を核とする打線の破壊力は凄まじいが、要の投手力が未知数。やはりソフトバンクの投打の安定には適わない。千賀、有原、甲斐野らが抜けたオリンピックの時期をどう乗り切るかが課題。打力は松田、内川に加え、上林、源田など役割が明確になっていて、そこに来てヤクルトからあのバレンティンを獲得したのは大きい。パ・リーグならDHで使えるので、守備の不安も解消。

 そしてロッテだが、令和の怪物になり得る逸材の佐々木は、コーチや評論家をブルペンで唸らせるピッチングを披露しているが、実践は不確実。私は癖の指のマメを壊すことが不安材料。たびたびやると思う。超一級品の素材なので、1年目は無理をさせず、下半身強化に取り組んでほしい。シーズンオフの話題をさらったFAなどの大型補強が吉と出るか凶と出るか。ゴールデンルーキーの佐々木朗希だけでなく福田や美馬を獲得できた。現有戦力の荻野をリーダーに、若手の安田、平沢、そして2年目の藤原の成長によっては王者ソフトバンクをどれだけ苦しまれれるかが見ものだ。そして先だって亡くなった重光オーナーの弔い合戦の意味合いがあって、普段とは違う戦い方が見られそうだ。
 
 楽天は美馬が抜けた後の先発陣の整備。松井が先発に転向し、抑えに外国人助っ人を起用。三木新監督の采配はいかに。私は楽天ファンだが、他球団の戦力と比較すると見劣りしてしまう。Bクラスに沈んでしまう不安を抱えている。 

 ではこの時期好例となっている「巨人のオーダー」と両リーグの順位予想をしてみたい。

     巨人の予想オーダー         

  1 吉川尚/若林/増田/石川/湯浅/田中
  2 坂本
  
3 丸
  
4 岡本
  
5 パーラ             
  
6 亀井
  7 モタ/中島/陽
  8 大城/岸谷/小林
  9 投手
    代走・・・重信・増田 

 先発 菅野・サンチェス・戸郷・メルセデス・畠・高橋優・桜井

  中継ぎ 大竹・岩隈・田口・高木・鍵谷・野上・中川

  抑え 澤村・デラロサ

 セ・リーグ予想順位  パ・リーグ順位予想

  1位 DeNA    1位 ソフトバンク

  2位 広島       2位 西武

    3位 巨人       3位 ロッテ

  4位 中日       4位 楽天

    5位 ヤクルト     5位 オリックス

  6位 阪神       6位 日本ハム

  
  そして、2020年、記念すべきオリンピックイヤーの今年、そちらにばかり注目が集まるが、どっこい他のスポーツも例年通り開催される。途中、野球もまたオリンピック種目に復活し、各チームの主力がその時期、抜けるというのも勝敗にどう影響するかが気がかりだ。おそらく、その時期はプロ野球は一時中断して、公平性を保つことが予想されるが、野球の競技が終了し、ゲームを再開したとしても、代表に招集された選手が、普段とは違う過度のプレッシャーに疲労が溜まり、国際試合から復帰後、ペナントレースにモチベーションを保って順応できるのか甚だ疑問だ。
 巨人でいえば、菅野、中川、坂本、丸、小林など、投打の軸が抜け、台湾代表で陽が合宿や合同練習も含めて3週間程度は所属チームを離れる。そのプレッシャーと疲労の蓄積は尋常ではない。おそらく巨人が最も痛手を被るだろう。順当に行けば、昨年日本一に輝いた「ソフトバンク」やパ・リーグの覇者の「西武」から選出されて然りだ。そして何より痛いのは、MLB所属の日本人選手が代表になれないことだ。田中、ダルビッシュ、大谷、菊池、筒香、秋山がメンバーにいないのは厳しい。

  <私が選ぶ日本代表>

 投 手…千賀・菅野・山本由・山岡・今永・甲斐野・中川・山﨑・松井・牧田・則本・有原・中崎(13人)
 捕 手…甲斐・会澤・小林(3人)
 内野手…松田・山川・山田・清宮幸太郎・菊池・坂本(6人)
 外野手…鈴木誠・外崎・柳田・周東・丸(5人)

   1 山田    4
   2 坂本    6
   3 柳田/丸   8 
   4 鈴木       7
   5 山川   DH
   6 外崎   9
   7 清宮   3     
   8 松田   5
   9 甲斐   2

     代走 周東

 好き勝手に書いてしまい、ファンの方には申し訳ない。「始まってもいないのにもう結果予想か」とお叱りを受けそうだが、今年は56年振りに開催される夏のオリンピックイヤー。果たしてその影響はどの程度出るのか?高校野球もオリンピック開催とドンピシャでかぶる。たぶん、世界中の観客が押し寄せ、ホテルの予約はままならないだろう。日本代表の戦いぶりにも注目が集まるし、また興奮と熱狂とでスタジアムだけでなく、TVの前でも手に汗握る、あるいは固唾をのんで見守る白熱したゲームが展開されるだろう。あと半年後には結果が出ているが、それまでの期間、おそらく私の人生でもうないだろうオリンピックを存分に楽しみたいと思う。

2020年2月25日 (火)

郡山にある不思議なスポット

 今回は怖い話ではない。郡山市民でも意外に知らない地元のスポットがある。

 一例を挙げると、私自身も5年前に発掘した秘密の場所がある。それは自宅から車で20分かかるが、片平町河内(こうづ)地区の人里離れた場所にある「菅舩神社」が挙げられる。どうしてこんな森の中に整った境内があるのか、そしてどうして今まで気づかなかったのか不思議だった。一度行ってみるとその霊験あらたかな威容が理解できると思う。京都や鎌倉の神社っぽい造りに驚くと同時に、いつ訪れても誰もいない。周辺は杉木立が鬱蒼と生い茂るため、春先、花粉症の方にはあまりお勧めできないが、一度参拝に訪れると、病みつきになる。私は信心深くないが、年間3~4回訪れ、これまでに12回訪れた。ひっそりしているが、森羅万象、神々しくてパワーをいただけそうなスポットだ。

Img_0998_rImg_1012_r

 では、早速、今日のテーマに沿って不思議なスポットを取り上げたいと思う。

 1 高屋敷稲荷神社

 ここは京都の伏見稲荷か?と思わせるようなスポットが郡山の東部地区にある。R288を横切る広域農道を南に向かって走らせると、右側にいきなりそれは現れる。緩い坂に数十本の朱塗りの鳥居が連なり、坂の上の丘の上には神社の本殿が聳え立つ。何か天国への石段を上るかのような情景に思わず息をのむ。

Img_2163_r

 2 大安場遺跡公園

 ここは30年ほど前までは小高い山林で、森に覆われた不気味な場所だった。それに隣接する「桜ヶ丘団地」によく訪れたことがあるので覚えている。それが、近年になって調査研究によって、山全体が東北地方には珍しい巨大な前方後方墳であることがわかり、一気に整備が進み、現在のピラミッドを彷彿させるような立派この上ない遺跡に生まれ変わった。本当にこんな形で実在していたのか勘繰りたくなるような光景だ。

Img_2192_r

 3 浄土松公園きのこ岩

 ここは過去何度も旧ブログや当ブログで取り上げている。私が投書して、昨年には「サタふく」でも取り上げて、伊藤アナが取材してくれたスポットだ。ここは黄泉の国かと思うような現実離れした異様な光景が辺りを漂わせる摩訶不思議な場所だ。トルコにある世界遺産の「カッパドキア」の超ミニチュア版と言ってもいい、残念ながら2011年3月に発生した「東日本大震災」の地震によって崩落した岩も多く、現在も岩に上るなどの探検ができなくなっている。
 一歩足を踏み入れると、そこはまことしやかな夢の世界。松の緑が点在する風景が日本三景の松島に似ていることから「陸の松島」と呼ばれている。
 断層で分断された地層が風化突出した「きのこ岩」と呼ばれる白亜の奇岩があり、県の名勝天然記念物に指定されている。本当にきのこのような形をしている。

Img_1716_r
 
 4 ペグマタイト岩脈

 郡山の西部、阿武隈川を越えた辺りは西田町だが、高柴でこ屋敷があり、「ひょっとこ踊り」で有名な場所だ。そこからほどなく行くと問題の神社が現れる。道の左側に「鹿嶋大神宮」の鳥居があって、そこを歩いて西方向に行くと、急な石段が現れる。その最上階に上がったところに、神社の境内に まとわりつくように不思議な岩が周囲を包む。それはペグマタイト岩脈と言い、学術的にも珍しいらしい。隣りの三春町もそうだが、こうした岩脈がこの周辺を埋め尽くし、おかげで岩盤がすこぶる硬い。
  この一帯は、地震が発生した際には、近辺よりも震度は1~2弱くなるという不思議な状況が生まれる。今度地震があった時にはぜひ確かめてほしい。
 郡山が震度3であっても三春は震度1か2程度だ。東日本大震災でも三春と西田町は比較的被害が少なかった。
 「ペグマタイト」とは「巨晶花崗岩」とも呼ばれ、石英や長石など鉱物を主成分とした非常に大きな結晶の集合した岩石のことを言うらしい。

Img_2139_r

 5 横穴式古墳

 これを知る人は少ない。たぶん、地元の田村町の住民でも半数以上は知らないだろう。郡山市民の10%も知らない筈だ。R49から東山霊園へ向かう通称「霊柩車通り」を進むと、やがて水門町から来る霊園へのアクセス道路にぶつかるが、まさにその手前の道を右折し、100mも進んだ場所にある。
 表通りからは死角になって、しかも岩肌を繰り抜くように10数体分の横穴式の石棺を収めるために開けられた四角い穴。この世のものとは思えない背筋が冷たくなるスポットでもある。一見、埼玉の「吉見百穴」のミニチュア版にも見えるが。
 郡山市の観光案内によれば、正式には「小川蝦夷穴横穴墓群」という。もちろん死者を埋葬するもので、神聖な場所だ。古墳時代、つまり7世紀の後期に造られたと見られている。がけ面に穴を掘って、遺体を安置して埋葬した。装飾として太刀なども発見されている。

Img_2172_r

 6 静御前堂と美女池の謎

   この話題に関しては過去、何度も当ブログで記載しているので、そちらをご覧ください。

 7 征夷大将軍坂上田村麻呂の生誕の地碑

 これには諸説あるようだが、平安時代初期に活躍した公卿であり、のちに大納言になった坂上田村麻呂。忠臣として名高く、桓武天皇の軍事と造作を支えた一人であり、蝦夷を討伐し、二度にわたり征夷大将軍を勤めて蝦夷征討に功績を残した。薬子の変では大納言へと昇進して政変を鎮圧するなど活躍。死後は平安京の東に向かい、立ったまま柩に納めて埋葬され、「王城鎮護」「平安京の守護神」「将軍家の祖神」と称えられて武神や軍神として信仰の対象となった。
 墓は京都府にあるが、その出生については明らかになっておらず今もって謎である。だから全国各地に出生の地が伝説として残されている。
 
 近年、郡山市の田村地区に彼に纏わる伝説が多数残されている。徳定は日大工学部がある場所だが、その南側には田園が広がる。その一角に谷地神社がポツンと佇むが、そこは生みの親である「阿口蛇媛」を祀った神社なのだ。そしてその目と鼻の先には田村麻呂が産湯をつかった「産清水」がある。
 そして問題の生誕の地碑は、産清水ある通り沿いにある。黒い御影石に堂々と刻み込まれている。平安時代のことなので、今となっては真偽のほどは確かめようがないが、郡山市内にそのような由緒ある人物の伝説があるだでも、歴史浪漫に酔いしれることができるというもの。

Sakanouetamuramaro

 8 采女伝説発祥の采女神社と王宮伊豆神社

 片平町を観光で訪れる人は少ないと思う。しかしそこは采女伝説が生まれ、それが半世紀も続く「うねめ祭り」に伝承されている。希望ヶ丘団地の前の県道を西に向かい、東北自動車道のガード下を潜り、暫く進むと「片平の行政センター」に出る。さらに直進し河内方面に向かって西走すると、緩いS字カーブがあり、その手前に「王宮伊豆神社」の鳥居が建つ。急な石段を駆け上がると神社の境内があって本殿が建つ。
 王宮伊豆神社の東側の丁字路を右折し、アップダウンを繰り返す細い道路を越え、左折すると、采女神社にたどり着く。なんの変哲もない鳥居と小さな祠しかない粗末な印象だが、ここでかの有名な采女伝説が発祥された。

Img_4891_rImg_4875_r

 9 モネの池が郡山にも?

 采女神社の駐車場の目の前に広がるのは采女池公園だ。私は初冬に訪れたため、寂しい風景が広がっていたが、盛夏に足を踏み入れたら、きっと夏草や水仙や水連、様々な水生生物で賑わっていることは一目瞭然だった。その一角に木造の小さな橋が掛けられている。郡山市喜久田の「緑風苑」にも似たものがあるが、ここはあの「モネの水連の池」を再現したかのような光景が見られる。客寄せのためにそれを真似て整備したとも取れるが、真相は不明。
 ぜひ足を運んで自身の目で確かめてほしい。
Img_4898_r   

10 如宝寺にある勤労学徒犠牲者慰霊碑

 私はここの檀家になってるが、真言宗豊山派の、郡山では一番大きいお寺で、堂前という市街地の中でも一等地に境内を構えている。特に1月の十日祭り時には、立ち並ぶ屋台が圧巻で、大変な人出でにぎわう。
 国指定重要文化財になっている銅鐘のいぼなし鐘や、平安時代に建造された古瓦、鎌倉時代の古碑、明治の先覚者遺碑などが保存されている。 
 笠石塔婆と板石塔婆は供養塔として、 東北地方最古のもので、国の重要文化財の指定を受けている。 また、如宝寺書院も趣がある佇まいを見せている。
 その鐘突き堂の脇にひっそり立つ数本の慰霊碑がある。それは戦時中に保土谷化学などに学徒動員された白河女子高校と郡山商業の女工たちがB29の攻撃によって、その若い命を散らしたその慰霊のために建立された碑だ。如宝寺の檀家ですら、その存在は知らない。おそらく、如宝寺のほうが、人目に触れる機会は多く。そのような犠牲の上に今の平和があることを認識する機会となること、そして現地よりも慰霊碑がお寺にあったほうが、供養しやすいということからここに安置されたのではないかと想像できる。

11 三島由紀夫の自刃前の演説シーンを撮影した県合同庁舎≠自衛隊市谷駐屯地
 
 作家にして政治結社の「盾の会」を率いた三島由紀夫が市谷駐屯地で割腹自殺を遂げたのは昭和45年(1970年)だった。世界的に有名な三島由紀夫の自害は全世界に大変な衝撃を与えた。彼が自衛隊員に向けて、決起を訴え、市谷会館のバルコニーで垂れ幕を下げて大演説をぶった。しかし、賛同者がいないと見るや、幕僚長らを人質にして立てこもっていた総監室で自ら腹を切り、部下に介錯して自決を果たした。
 なぜ東京の市谷で起きた一連の事件を映画化するにあたり、240kmも離れた郡山の県合同庁舎で撮影が行われたか?もちろん、市谷駐屯地は自衛隊の基地なので機密事項が多く、まして幹部が人質にされた挙句、自殺するという不名誉な事件のために、映画のロケに使用許可など下りるはずもなく、やむを得ず、市谷会館に似た建造物ということで、県合同庁舎が選ばれたようだ。この映画、日本ではその過激さゆえに放映されず、日米合作ということでアメリカ本土でのみ上映された。タイトルも「MISHIMA」だ。私はその映像を見たが、まさに見慣れた市街地の建物が写っていた。その三島由紀夫役を演じたのが、故・緒形拳で、その鬼気迫る迫真の演技はさすがであった。

Img_1347_r

12 男性のシンボルそっくりな奇岩

 この記事は書くのもためらってしまいたくなるが、それほどアレにクリソツない岩が聳え立っているが、たまたま私がその路肩(駐車場)で発見し、話題にしただけで、地元の方も存じ上げなかったのではないか?それは磐梯熱海ICから母成峠方面に向かって1kmも行かない場所にある。
 高速のガードを潜る手前にある。右側にある路肩のふくらみに駐車し、その周辺を探してみてほしい。すぐに見つかる。子宝にご利益がありそうだが、怖いのは、その駐車スペースには墓標みたいな石が数体並んでいることだ。どちらもお参りしてからのほうが無難そうだ。

Img_1838_r

 我が街、郡山にはご当地の人間でも知らない珍しいスポットがまだまだ眠っている。自分の足で名所らしき場所を探し出すのも探検気分を味わえて良いかもしれない。

2020年2月24日 (月)

今見ても綺麗な昭和美人

  私が生まれた「昭和」は、もはや2時代も前の年号で、令和になって「昭和の香りがする」とか「昭和の流行」、「昭和のファッション」などと古いものを表す時に使われるようになってしまった。私は今生天皇よりも年下のため、長生きすれば4時代を生きることになるかもしれない。
 ところで、今から32年前に終焉した「昭和」だが、実は令和2年の今、若い方が当時の写真を見ても、美しいと思えるような「昭和美人」が存在している。今日はそれをテーマにしたい。
 最近、「国宝級イケメン」という言葉が使われるようになったが、誰が見ても「美人」と納得できる昭和の女優さんや芸能人がいる。去年亡くなられた八千草薫さんや「サユリスト」という人種まで生んだ吉永小百合さんは殿堂入りするような絶世の美人は別格として、個人の好みを度返ししても、誰もが認める「昭和美人」を挙げたい。

 まずは可愛い系ではなく、純然たる美人を挙げる。ナンバリングは順位ではないのであしからず。

 1 久保田早紀 「異邦人」で鮮烈デビュー 当時珍しいソバージュで悩ましい雰囲気を醸していた。B型
 2 叶 和貴子  純日本風で和服がよく似合う古風美人 平成以降、病気と闘い、出演は少なくなった。B型

KubotasakiKanouwakiko3

 3 根本 律子  こちらも和服美人。清酒「花春」のCMで琴を奏でた時の表情はまさに神。あれでファンになった先輩諸氏も多いに違いない。AB型
 4 夏樹 陽子  サスペンス系ドラマや「ハングマン」などのアクション系にもよく出演した。目鼻立ちが整い、こんな美人は見たことがなかった。A型
 5 ひし美ゆり子 「ウルトラセブン」のアンヌ隊員役で大ブレイク。一時は吉永小百合と双璧なまでの人気を得た。O型
 6 関根 恵子(高橋惠子)「太陽にほえろ」のジーパン刑事の恋人の「シンコ」役で出演すると、瞬く間に人気に火が付いた。A型 
 7 竹下 景子 お嫁さんにしたい女優No.1に選ばれた才色兼備の女優。私の高1の頃のマドンナ 「姿三四郎」の乙美さん役や「パパの結婚」の早苗役が印象深い。A型

NemotoritsukoTakeshitakeiko

 8 村地 弘美 「・・・と日記には書いておこう」という龍角散トローチのCMに登場したマドンナ 青春学園ドラマの生徒役でも出演した。血液型不明
 9 酒井和歌子 「飛び出せ青春」の女教師として出演し、人気が出た。それ以降も、ドラマやCMに引っ張りだこになった。最近は表舞台にあまり登場しなくなった。B型 
10 松尾 嘉代 推理ドラマや犯罪ドラマによく出演した。結構きわどい役も多かったと記憶している。彼女も和服美人で、まだご健在なのだが、ご無沙汰である。A型
11 大谷 直子 1980年代頃まではしょっちゅうテレビドラマや時代劇に出演していたが、プッツリと出番が無くなった。もしかして引退したのかもしれない。A型
12 坂口 良子 彼女のファンも多かった。アンニュイな感じで、色白で妹的な存在で、守ってあげたくなるタイプだった。「犬神家の一族」「池中玄太80キロ」O型

MurachiSakaguchi

13 香山 美子 着物がよく似あう。オロナインH軟膏のCMで人気を博した。
14 山本みどり 彼女は70年代から90年代にかけて時代劇にも恋愛ドラマにも数多く出演していた。 B型
15 松坂 慶子 「江戸を斬る」の紫頭巾で見せた切れ長の目が印象的。とにかく美人中の美人だった。「愛の水中花」もヒットし、歌手としても活躍した。A型
16 大原 麗子 小悪魔的な魅力に溢れていた。森進一や渡瀬恒彦と結婚したが、いずれも離婚。最後は孤独死だった。AB型
17 岩下 志麻 極道の妻たちに出演して、ドスの効いた迫真の演技が光った。篠田監督と結婚した。A型
18 萩尾みどり 和服が似合い、少し影のある役柄が多かった。小顔で黒髪のストレートヘアーがトレードマークだった。O型
19 早乙女 愛 映画「愛と誠」で西城秀樹の相手役として鮮烈デビュー。若くして夭折した。 A型
20 宇都宮雅代 大岡越前など時代劇に多数出演した。典型的な古風な日本美人だが、妖艶な雰囲気で、男を惑わすような役柄が多かった。A型

Yamamotomidori2_20200217193801Utsunomiya1
21 上村香子 1970年代のホームドラマにも出演していたが、私は「白虎隊」などの時代劇の印象が強い。やはり着物美人だ。A型
22 野村真美 今もバリバリ現役で、旅番組にも出演している。実は私と同い年だが、時代劇で見るとハッとする美しさにやられた。O型
23 佐藤万理 時代劇の町娘役が多かった。伊藤かずえや和久井映見ともイメージが重なる。A型
24 三浦智子 1990年代に「ニッセイレディー友子さん」のCMで人気を博した。A型
25 竹村淳子 その後、「入江麻友子」に改名。福島県の清酒「栄川」のCMで大ブレイクした。A型

KamimuraSatoumari_20200217194401 
MiuratomokoTakemura-2

 ほかにも栗原小巻、島田陽子、辻沢杏子、夏目雅子、風吹ジュン、市毛良枝、秋吉久美子、田中裕子、樋口可南子は別格な美人だった。なお、鶴田真由さんは「平成美人」のため、今回は掲載しません。

 一方では「可愛い系の昭和美人」はというと・・・

 1 三浦 リカ A型  6 小林 麻美 O型      11 森下 愛子 AB型
 2 栗田ひろみ 不明   7 木之内みどりO型      12 相田 翔子 B型
 3 北村 優子 A型      8 石井めぐみ A型      13 伊藤  蘭 O型
 4 斉藤 友子 AB型  9 岡田 奈々 O型      14 吉川十和子 A型
 5 蛯名由紀子 B型   10 林  寛子 B型      15 古手川祐子 B型

 <特別掲載>

 久保田早紀さんの美しさを知らない平成生まれの方々に、特別に映像で「異邦人」をお届けしたい。この容姿端麗さや艶っぽい美貌はただものではない。これが41年も前(1979年放送の夜ヒット)の映像とは考えられない。肌つやが綺麗で、今でも街角にいたら、大注目間違いなし。古さを感じない超べっぴんさんだ。曲もどこかエキゾチックでオリエンタルな印象もある。これが八王子付近の中央線の電車の中で創られたとはなんたる才能。そしてタイトルも最初は「白い朝」。もしそのタイトルだったら、ここまで大ブレイクしていなかったかもしれない。
 彼女は今、本名の「久米小百合」名義で、宗教活動しながら、自身の歌も歌い続けている。


 さて、年々、鬼籍に入られる方もいて、昭和を代表する美人女優も徐々に減っていくことだろう。そして知っている方が少なくなってしまうことも残念でならない。
 されど、一般人と違い、作品は永遠に残り続ける。ビデオ作品やDVDなどで生きた証を残せる分、何年経っても「こんなきれいな女優さんがいた」と思われる分だけ、幸せなのかもしれない。
  

2020年2月23日 (日)

激ヤバ!な「テレビ東京」

 残念ながら「テレビ東京」系列の番組は、我が福島県を始め、全国でネットしている県は少ない。しかし、週遅れ、あるいは月遅れ、はたまた半年遅れで放送している番組がある。それは秀作が多いからに他ならない。
 以前、当ブログでテレビ東京に関する記事を書いたが、本日のタイトルはもちろん、良い意味で「激ヤバ!」というタイトルを付けた。不思議なことに、我が県では、同じテレビ東京の番組なのに、県内民放4局でバラバラに番組を購入して放送している。ではどんな具合か?

Tvtokyo

 福島テレビ(FTV)・・・本来はフジテレビ系列

 「開運なんでも鑑定団」「モヤモヤさま~ず2」「所さんの学校で教えてくれないそこんトコロ」「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」「ポケットモンスター」「家、ついて行ってイイですか?」

 

 福島中央テレビ(FCT) ・・・本来は日本テレビ系列

 「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」「ザ・フィッシング」「たけしのニッポンのミカタ!」「男子ごはん」

 福島放送(KFB)・・・本来はテレビ朝日系列

 「出没アド街ック天国」「YOUは何しに日本へ」

 テレビユー福島(TUF) ・・・本来はTBS系列

 「ニッポンに行きたい人応援団」「和風総本家」「路線バス乗り継ぎの旅」「太川蛭子の旅バラ」

 特に、土曜日の午後は「テレビ東京」三昧だ。その番組は3か月とか6カ月遅れで放送しているのだが、それにはれっきとした理由があり、LIVEの本放送から期間が経てば経つほど番組の購入価格が安くなるからだ。本来は東京キーステーションの系列ではない局の番組を買うのには、相当な出費が必要となる。経費節減で、高視聴率を稼ぐには、秀作が多い「テレビ東京」の番組が重宝するのだ。

 しかもそれだけではない。最近、大学でミスキャンパスに輝いた可愛い系の女の子や元アイドルグループ出身のメンバーを局アナとして入社させる風潮がある。「モヤさま」の4代目アシスタントに抜擢された人気急上昇中の田中瞳アナも「成城大学の準ミス」で、「NEWSZERO」のお天気キャスターを務めていたし、「めざましテレビ」にお天気アナとして出演していた篠原もTBSに入社した。また東大卒で、「沸騰ワードテン」に出演した藤本万梨乃アナも「フジテレビ」に入社。「乃木坂」の市來玲奈は日本テレビに入社した。

 このように女子アナの存在が、視聴率アップの理由になっているのもある。その元祖は紛れもなく「フジテレビ」で、木佐彩子、中井美穂、高島彩、中野美奈子、平井理央、加藤綾子などがリードした。ニュースや情報バラエティだけでなく、芸人さんと絡むお笑い系の番組に出演したことで、それまでお堅いイメージだった女性アナウンサーに親近感が沸き、近しい存在と認識されるようになった。

 かつては知性があって才色兼備が必須条件だった女子アナの世界だが、今やアナウンサーもタレント化し、可愛いだけでなく歌って踊れる個性派の女子アナがウケる時代となった。
 そして「テレビ東京」は、少し前までは大江麻理子アナを筆頭に、秋元玲奈アナや相内優香アナ、鷲尾玲奈アナのように綺麗系が多かったが、最近は20代の若手では、森香澄アナ(24歳・O型・東京女子大学)、池谷実悠アナ(23歳・東京女子大学)、片渕茜アナ(26歳・A型・西南学院大学)、角谷暁子アナ(25歳・B型・慶應義塾大学)などはそのままユニットを組んでアイドルデビューできそうな可愛い系統の人材が集まった。現に、或る番組内でアイドル張りに歌をカヴァーした映像を見れば一目瞭然。

 テレ東女子アナによる「青春のスピード」のMVはコチラ

 この歌は彼女たちの曲ではなく、テレ東の番組「電脳トークTV2.5」にレギュラー出演している「青春高校アイドル部」の曲だ。イントロ部分が「嵐」の「夏疾風」にそっくりだ。でも振り付けもバッチリ揃っているし、そのへんの地方アイドルと遜色ないほどの完成度だ。田中瞳アナ(23歳・A型・成城大学)は熱狂的なファンが多く、そのままアイドルとしてやっていける。乃木坂にいてもセンターを取れる逸材だ。今、23歳なので、27歳の白石麻衣よりも若い。綺麗な二重瞼でトレードマークはポニーテール。スタイルが良く、身長は小柄に見えるのに、実は166cmもある。歌とダンスが上手な森香澄アナとツートップを組めば、最強。田中アナは「フジテレビ」の久慈暁子アナとイメージが被る。
 また、池谷実悠アナも、フジテレビの堤礼実アナに似ているし、そしてセンターにいる森香澄アナはセントフォースの牧野結美アナに似ている。

 では結びに、福島県の民放でネットしているテレビ東京の番組で、私が好きなものを「神セブン」としてランキングしたい。

 1 所さんの学校で教えてくれないそこんトコロ(秘境駅・開かずの金庫を開けろ・遠距離通学など)
 2 モヤモヤさま~ず2
 3 出川哲朗の充電させてもらえませんか
 4 ニッポン行きたい人応援団
 5 太川蛭子の旅バラ(路線バス乗り継ぎの旅と時は1番好きだった)
 6 緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦
 7 開運なんでも鑑定団

 しかし、残念ながら田中瞳アナに代わった後、ハワイ編前編後編で2回だけ放送して、あとはプッツリ途絶えてしまった。特番やスポーツ番組が入ると、フジテレビ系列の番組が優先されてしまうので、下手すると一か月以上も間が空く時がある。なんとか是正して欲しい。

 

2020年2月22日 (土)

短波放送の想い出

 少し前にBCLに関する記事を掲載したことがある。本日はその続編ともいうべき記事を書きたいと思う。

 1970年代の後期、私が中1の頃にブームとなった趣味のひとつがBCLだった。それはラジオの短波の周波数域を使って、海外から日本人向けの日本語によるラジオ放送のことで、海外旅行が高根の花だった時代に、海外事情を知る手掛かりのひとつだったし、また、Voice of America(VOA)のような英語放送もあって、英語のリスニング対策にも一役買った。もちろん、FEN(現在のAFN)のような駐日米軍の軍人向けの放送もあるにはあったが、私のような地方都市出身の者にとっては、視聴できず、もっぱら短波放送に頼っていた。

 このBCLは正式には「Broadcasting Listening / Listeners」と言い、今は亡き山田耕嗣先生がその先駆者で、世間にその世界を紹介し、広めた第一人者だ。彼の監修した「BCL百科」を購入してバイブルとして使っていた。 

Yamadakouji_20200217190801Bcl

 これが一大ブームを巻き起こしたのは、短波放送を聴くというだけではない。何かしらの番組を視聴し、「受信報告書」に記録し、それを放送局に送ると「ベリカード」が送られてくるという、今でいう双方向性の楽しみがあった。この「ベリカード」は、裏面に各局オリジナルのデザイン画であったり、その地方の有名観光地の写真が印刷された絵葉書のようなもので、それをたくさん集めるために、友人たちと競っては数を自慢していたものだ。

 その「ベリカード」だが、私が熱しやすく冷めやすい性格だったためか、中学校でトップで、100枚以上集めたと思う。しかし、今はもう手元には一枚も残っていない。たぶん母親に全部捨てられたと思う。なぜ母親は勝手な判断で息子の大切なコレクションなどを捨てるのだろうか?本人にすればゴミではなく、大切な宝物なのに。よく鑑定団に出てくる、壺や掛軸を集める夫に対して、その価値を見出せずゴミ扱いする妻と同じ状況だ。

 また、同じようなカードに「QSLカード」があるが、これは携帯電話が普及する前に、スキー場などで仲間同士が居場所を知らせるのに交信するために「アマチュア無線」のブームがった。もちろん私も免許を取得し、今でも毎年300円の受信料を払い、コールサインを更新し続けているが、実際は20年以上、電波を出していないのだが、この見知らぬ(全国や世界中の)無線愛好家と交信をした時に、それを記念して交換するその人独自のカードのことを言う。

 では、1970年代後期に実在し、私も聴いていた短波放送を列挙したい。

 ①「モスクワ放送」 

 出力が強大で、放送が始まると、日本の中波放送にモロ被っていた。1993年に閉局し、その後「ロシアの声」(2014年修了)となったが、現在は「ラジオスプートニク」として放送している。「スプートニク」とは旧ソ連時代に打ち上げられた人工衛星の名前。旧ソ連の国民が生活難で苦しんでいた時期に、人工衛星なんかに巨額の費用をつぎこみ、庶民には「スプートニク」どころではなく「スープと肉」をよこせと揶揄されていた。

 ②「北京放送」

 こちらも社会主義国で、当時は衛星放送も珍しく、あまり中国や朝鮮の情報は入手できなかった。日本語放送だが、喋り方や内容も独特で、やはりレッドチームだなと感じていた。「偉大な毛沢東主席」みたいな言い回しがしょっちゅう流れていた。これらはモスクワ放送もそうだが、24時間放送ではなく、夜など一定の時間にしか放送されていなかった。やはり古臭い印象を持った。こちらは1993年に改称し、現在は「中国国際放送」として続いている。周波数は1044KHz

Belicard3Belicard4

 ③「ラジオ・オーストラリア」

 私はずっと「オーストラリア放送」と認識していたが、「ラジオ・オーストラリア」が正式らしい。こちらも残念ながら1990年に放送を終了し閉局となった。
 海外発の日本語放送の中では、比較的安定して受信できたため、結構頻繁に聴いていた。私が覚えているのは、当時、豪州映画で「マッドマックス」が制作され、その主人公のメル・ギブソンの話題などをDJが話していたのを覚えている。当時はオーストラリア=カンガルー的な印象で、コアラやアボリジニーの存在すら知らなかった。オーストラリアについての見識を深めるのに一役買った。

 ④「アンデスの声」
 
 エクアドルからの日本語放送だった。番組の始めに音楽ではなく、「ワライカワセミ」の鳴き声が流れてからスタートする流れだったと記憶している。内容はあまり覚えていない。というのは地球のほぼ反対側からの出力なので、あまり受信状態が良くなく、時々聞こえる程度のものだった。音楽や曲になると多少は強くなった。
 調べたところ、プロテスタントキリスト教放送団体(HCJB)による海外向け放送だったようだ。開始のBGMが「コンドルは飛んでいく」だった。ゆうたりとした印象がある。 
 現地在住の尾崎一夫・久子[1]夫妻を中心に30分番組(南アメリカ向けには1時間番組)を実施し、キリスト教関係の番組だけでなくリスナーから提供された投書の紹介、スタジオを訪れたリスナーとの対談などが行われた。
  2000年で一旦短波による定時日本語放送は打ち切られた。2000年12月31日の短波による定時による最終放送では、「蛍の光」の合唱の後、尾崎一夫が感涙の余り終了アナウンスコメントを詰まらせながら行ったという。
 現在は月に一度、日曜日に30分間だけ15410KHz、11905KHzで場所を変えて放送されている。

Belicard2Belicard1

 ⑤「その他の日本語放送」

 「BBC放送」(イギリス)、「太平洋の声」(グアム)など。

 私が中学時代、英語の勉強をするのによく聴いていたのは「Voice of America」だったが、何しろ混信が酷く、ほとんど聞こえない状況だったが、その頃、想像を駆使し、自分勝手な判断で意訳し、それでもエアメールで受信報告書を出したら、ちゃんとベリカードが届き、とても感激したことを覚えている。当時の外国を感じる手段はこんなものが関の山だった。それでもコミュニケーションが図れたことは、その後の人生や仕事に大きな影響を与えてくれた。

 「現在も放送されている海外の日本向けの短波放送」 ※周波数が複数あるのは時間帯によって使い分けている。

 ①「中国国際放送」(CRI)1044KHz
 ②「台湾国際放送」 9705KHz 9740KHz
 ③「KBSワールドラジオ」 6155KHz
   ④「ラジオスプートニク」
 ⑤「ラジオタイランド」9940KHz
 ⑥「ベトナムの声放送」9840KHz 12020KHz
 ⑦「朝鮮の声放送」621KHz 3250KHz 7580KHz 9650KHz
 ⑧「モンゴルの声放送」12085KHz
 ⑨「イラン・イスラム共和国放送」
 ⑩「インドネシアの声」3325KHz
 ⑪「RAE」(アルゼンチン) 5950KHz

 これだけ増えたということは海外に暮らす日本人も増えたし、海外の情報を日本にいながらにして知り得る機会が増えたことによる。それだけ国際交流が盛んになったと言えるだろう。

 一方、日本にも短波放送は存在した。それは「日本短波放送」(NSB)で、現在の「ラジオNIKKEI」だ。当時は看板アナの大橋照子さんが大人気で、出待ちファンがいたほどだ。
 清楚な印象の彼女は、慶應義塾大学卒の才女で、声も可愛らしく、今でいうアニメ声のような印象。喋り方も優し気で、守ってあげたい雰囲気を醸していた。ラジオ人気を高めた功労者でもあった。担当した「ヤロウどもメロウども」では、チェリーちゃんの愛称で親しまれた。何が凄いって、当時のラジオパーソナリティーでシングルレコードとLPのアルバムレコードを発売するほどの人気ぶりだった。ラジオ専門誌の表紙を飾ったことも一度や二度ではなかった。女子アナの存在をメジャーにした元祖かもしれない。
 その後、5年間サンフランシスコで過ごし、現在hその英語力を生かしたスピーチ教育とラジオのパーソナリティーとして活躍されている。 

Ohashi1Ohashi2

 これらの短波放送を聴くには短波(SW)を受信できる専用の受信機(ラジオ)が必要だった。ソニーの「スカイセンサー」やナショナルの軍隊で使われていそうなグルグル回転するT字型の外部アンテナを備えた「クーガ」などが売れた。
 しかし、私は東芝の「TRY-X2000」という縦長の受信機を保有していた。当時で3万円程度したと思う。こちらも結構な人気機種だった。

Tryx2000

 深夜に放送が始まる時間帯に手動でダイヤルを合わせ、その放送が流れて来た時には毎回感動的だった。時々混信で音が弱くなったりもしたが、それも海外を意識できたし、外国との接点を保つのに必要不可欠なものだった。

   さて、現代はCS放送などお普及により、アジアはもとより地球の裏側の国であっても、LIVEでニュースや風俗や文化などの外国事情を知ることができる時代となった。
 海外に行かなくても様々な情報を入手できるようになった。当時、眠い目を擦りながら、必死にチューニングダイヤルを合わせていた時代は懐かしいだけになったが、昔、そのような趣味に興じていた若者がたくさんいたことをどこかに残しておきたくてこのような記事を書いた次第だ。


   

2020年2月21日 (金)

これって怖くない?~羽田新飛行ルートを考える~

 2月になって、羽田空港の新飛行ルートでテスト飛行が行われた。年々増え続ける訪日観光客や「東京五輪」開催に伴い、臨時便などを含め、増便による世界各国から来日する訪問客を裁くには現在の滑走路数では不足しているため、離発着の回数を増やすというのもその理由のひとつらしい。
 しかし、実際に行われたテスト飛行で、あらゆる問題が露呈した。まずは、数枚の画像をみていただきたい。

Haneda2Haneda1
Haneda3Haneda4

 1 騒音の問題
 
 通常は東京湾から進入して、京浜島を横目に着陸するルートのため、あまり苦情などはなかったが、新設のルートでは、都心のど真ん中を抜け、生活圏の上空を低空で通過するため、80デシベルを超えるけたたましいジェット音が大音響で鳴り響く。深夜の時間帯はさすがに飛行しないだろうが、付近住民はこれまでに経験してこなかった騒音に悩まされることとなる。しかも北風時に、東京の下町を通過する羽田発のルートでは、朝の7時から上空を騒音で覆い尽くすこととなる。
 うるさくておちおち寝ていられない。80デシベルと言えば、地下鉄を走る電車の車内に匹敵する。もちろん誰もが騒々しくて不快に感じるレベルだ。

 かつて世界一着陸が難しいと言われた「香港国際空港」も、危険や騒音問題を抱えていた。今では新空港建設によってその危機は回避されたが、21世紀の今、なぜ敢えて無謀なルートを選択したのかが不明瞭だ。一説にはアメリカ軍の横田飛行ルート(横田空域)も囁かれているが、真相は都民に知らされていない。

 2 高層ビルやスカイツリーの至近距離を飛行する危険性

 画像を見ると、恐ろしいほど高層ビルの谷間を縫うように、そして高さ634mもある「スカイツリー」のすぐそばを通過する。しかも離陸時はスカイツリーよりも低い位置を通過している。

 新ルートでは、支障を来すような悪条件は回避し、墜落や衝突などの危険をできるだけ排除する措置が取られている。たとえば、新宿や渋谷のルートは南風の場合のみ、着陸時だけに使用される。追い風だとスキーのジャンプと同じで、失速して墜落する危険が増すからだ。また、羽田空港を離陸する便は、北風の場合のみ、スカイツリーの東側を通るルートが使用される。これで東京上空を旋回し、着陸許可や離陸許可待ちで渋滞する各国の旅客機を効率的に裁こうという腹積もりだ。
 

 3 様々な危険を回避できるのか?
 
 画像をみれば一目瞭然だが、風向きなどは刻一刻と変化するし、霧や靄などによる視界不良時は危険を伴う。まさか離陸直後にバードストライクによってエンジントラブルに見舞われた場合や、日航機墜落事故のような偶発的なアクシデントが発生し、操縦不能に陥る可能性だって拭いきれない。
 また、「同時多発テロ」のようなハイジャックで、スカイツリーに激突したり、ペンタゴンに突っ込んだ旅客機のように、政府の主要省庁に衝突するケースだってあり得る。
 画像を見る限り、新宿の高層ビル群の真上を通過し、若者でにぎわう渋谷の上空をも爆音を轟かせて通過している。もし、何らかの理由で操縦不能に陥った旅客機が墜落する事態になった、被害は予想を遥かに超える。数年前に、調布市の住宅街に小型飛行機が墜落しただけで多くの被害が出たばかりだ。

 更なる不安要素がある。近年、飛行中の旅客機からの部品などの落下物事故が多く発生している。小さなネジひとつであっても、上空1000mを優に超える場所から落下すれば、加速度がついて強力な凶器となる。もし人に当たれば軽傷では済まされない。過去の例では重さ4kgもある機体外側のパネルが落下した事案もある。  

 さらに私が心配するのは、このところ、旅客機のパイロットによる酒気帯び問題が不安材料としてある。まさか酩酊状態で操縦する機長・副操縦士はいないと思うが、今や羽田空港は国際空港なので、検査体制が甘い外国の航空会社があれば、大いなる危機だ。
 記憶にある方も多いだろうが、昭和の時代、精神的な病を抱えた日本航空のK機長が、操縦を誤り、羽田沖に墜落し、多数の死傷者を出した人災航空機事故が起きた。
 その際、K機長は、着陸後の滑走路で減速を促す「逆噴射」を着陸寸前の海上で行い、失速してそのまま海に墜落させた。便数が増えれば、このような事案が再発する恐れは十分ある。ほかにも過去、日本の空港で起きた様々な事故がある。1994年に名古屋空港で起きた中華航空機140便の墜落事故では乗員乗客合わせて264人が亡くなった。また、2007年に那覇空港で起きたチャイナエアライン120便の炎上事故のようなケースもある。ほかにも東京湾のベイエリアの江東区新木場には、東京上空を遊覧飛行するヘリポートがあって、そこから発着するヘリと飛行ルートが交差する。誤ってニアミスからの空中衝突となれば、市街地に墜落する危険は増大する。

 多くの危険や公害を指摘されながら、羽田空港への新ルート開設は果たして本当に必要なのだろうか?たった一度でも事故が起きてからでは遅い。多くの人命を危険に晒すことは明らかなのに、これをゴリ押しする意味がわからない。まずは人命優先、安全第一で考えるべきだと思う。

  
        

2020年2月20日 (木)

続・東京オリンピックは本当に開催できるのか?

 今年の1月9日に、同じテーマで記事を掲載した時には「北朝鮮」に端を発したことが原因だった。しかしあれから2か月も経たないうちに別の問題が持ち上がり、よもや全世界を震撼させるような事態に陥るとは想像だにし得なかった。それほどの非常事態が降って湧いた。

 それは御存知の通り、新コロナウイルスによる新型肺炎が中国の武漢市を発生源にして、世界規模で発症し、強い感染力を維持したまま全世界へと拡散していることである。
 当初は、さほど懸念していなかった中国政府も、WHOも、そして日本政府すらも対応が後手後手に回った。特に、日本にとっては運悪く中国の「春節」と重なったことで、言葉は悪いが、多くの中国人が全世界に向けて「国外脱出」を図ったことで、一気に感染被害が拡大した。

New-clona-virus  

 日本政府も経済浮揚を中国人の訪日に依存していたため、対策が遅れ、加えて「ダイヤモンドプリンセス号」の船内において、次々と感染し、気づけば3000人の収容定員に対し、毎日70~100人規模で感染者が増加する始末。2月19日時点で、感染者は500名を優に超えた。日本政府の対応のまずさに世界中から非難が集中する事態を招いた。

Diamond-princess

 おそらく武漢市から来日した中国人が持ち込んだと思われるコロナウイルスにより、タクシーやバス運転者が最初に感染。奈良に始まり、北海道、和歌山、愛知、千葉、東京、神奈川、京都という具合に、次々と二次感染が明るみになった。或るタクシー運転手は、墨田川の屋形船での新年会が発症の原因とみられる。そしてそのタクシー運転手の80代の母親が重症化し、我が国初の死者となった。

 未だに感染源や原因が特定されず、そして明確な治療方法が見出せないのが現状である。当初、WHOも中国への配慮から、なかなか「非常事態宣言」を発令できずに躊躇っていた。その間も、感染の脅威は忍び寄り、2月19日時点で、中国本土での感染者が7万人を超え、死者も2,000人を超えた。

 次いで、中国マネーに期待し、何の対策も取らず、みすみす感染を見過ごした日本にも四方八方からウィルスが侵入し、ヒトからヒトへの感染が拡大し、18日現在で59人が感染し、うちひとりが亡くなった。「ダイヤモンドプリンセス号」の乗客を含めれば膨大な人数に上る。

 ほかにもフランスや香港、台湾、フィリピンなどでも死者が出ている。今や世界規模で感染が報告されている。

 ところで今、各国が鎬を削って我先にと有効な治療法を発表している。たとえば、タイではインフルエンザとエボラ出血熱の治療薬を混合して投与した結果、劇的にウィルスが減少し肺炎の症状が治まり、改善が見られたとか。しかし、これらは治験段階の成果であり、まだ多くの患者への投与は行われていない。

 このような状態があと数か月は続くと見られている。過去にもスペイン風邪や天然痘、SARSなど流行り病はあったが、それらを凌ぐ過去最悪の死者数を数えた。

 さて、これらを踏まえて本題に入るが、このような感染力がきわめて強いウイルスが蔓延するさなか、果たして全世界のスポーツアスリートのみらなず、観光客が大挙して訪れる予定の「東京オリンピック」は無事に開催されるのだろうか?

 つい先だっても、天皇誕生日の一般参賀を取りやめる発表がなされたばかりだし、東京オリンピックの男子マラソン代表を決める「東京マラソン」もまた、一般参加ランナーの出場を中止にする発表がなされた。つまり、人が接近する行事はことごとく中止に追いやられている。果たして今夏、8月に開会式を迎える「東京オリンピック」はそうした障壁を乗り越えて、安全に開催にこぎつけられるのか?

Tokyo-olympic  

 一般論では、インフルエンザなどのウイルスは、気温が上昇し、湿度が高くなると弱体し、流行が終息すると言われている。しかし、あと半年足らずに差し迫った現状で解決策が見えない中で、すでにIOCは開催を強行すると断言した。

 ただでさえ、放射能汚染や旭日旗問題を旗印に、東京オリンピックを批判し続ける韓国を始め、出場を辞退する国が、今後出てくるかもしれない。これまでは強大な「中国」に気を遣って非難を控えて来た国々も、命の保証との両天秤にかけた場合、やはり出場を取りやめる国が出て来そうだ。発症国の中国ですら出場は危うくなる可能性は十分ある。

 万が一、中止や延期になると、日本経済は大打撃を被ることになる。これまで東京都は施設や設備の準備に巨額のは費用を投じてきた。それを全世界から観戦に訪れる観光客が落とす外貨で出資額を回収しようと皮算用をしていた。それが、中止となるとその思惑も外れ、膨大な借金だけが残される。アベノミクスどころの話ぎではない。チケットの払い戻しだけではなく、観光客を当て込んだホテル業界や観光業界、それに航空業界や鉄道、さらには運送業界、流通業界、製造業界なども大打撃だ。オリンピック開催に伴う経済波及効果はすべて水泡に帰すこととなる。

 もし東京が経済破綻すれば、全国に影響が波及し、ギリシャで起きた財政破綻のように国家存亡の時を迎えるかもしれない。巨額の費用を投じてオリンピックのための建設されたスタジアムや各競技の競技場がすべて水の泡となり、回収困難な不良債権だけが残り、しかも最悪なのは、オリンピック終了後に、高額な維持費が賄えずに放置されて廃墟化した「北京オリンピック」の各会場跡の二の舞が予想される。

 日本はあらゆる知恵を出し合い、コロナウイルス撲滅の対策を講じるべきで、それが叶わなかった場合、日本経済破綻の覚悟を決めなければならない。多くの税金を使ってロビー活動を展開し、オリンピック開催決定後、天文学的な費用を投じて準備してきた「東京オリンピック」は何としてでも開催し、是が非でも成功裏のうちに閉幕しなければならない。

 「やれることはすべてやる」、私が尊敬する金子ひとみさんではないが、「どこまでも諦めません」という気構えでこの難局に立ち向かい、国家を挙げて一枚岩でぶつかり、乗り越えなければならない。

2020年2月19日 (水)

郡山の話題 後編 ~郡山に関する疑問~

 今日は昨日に引き続き、「郡山の話題」後編をお送りしたい。今日は、長年、郡山に暮らす私が未だに解決できない「謎」についてカミングアウトしたいと思いますが、いつもとは趣を異にし、その解決方法を当ブログの読者の方に委ねたいと思います。

 もし、この記事の疑問について答えらしきことを知っている方や真相をご存知の方はコメント等でお知らせください。

<疑問>
 1 なぜ麓山公園には日露戦争戦没者慰霊塔、遊女の句碑、養兎慰霊碑があるのか

 2 なぜ中町(トミヤ)と日和田ケーズ前の観覧車は無くなったのか

 3 なぜ郡山には池・沼という地名が多いのか (皿沼・細沼・赤沼・鑓が池・荒池・池の台・香久池・美女池など)
 4 なぜ郡山市田村町に征夷大将軍の坂上田村麻呂の生誕の地碑があるのか
 5 なぜ松尾芭蕉の「奥の細道」で郡山の宿「ムサカリし」と言ったのか
 6 なぜ郡山で「ワンステップフェスティバル」が開かれたのか
 7 なぜ郡山は県庁移転に何度も失敗したのか
 8 なぜきのこ岩が出来上がったのか
 9 なぜ郡山は宿場町として賑わったのか
10 なぜ郡山には映画館が昔は多かったのか
11 なぜ郡山の方言に「~ばい」があるのか
12 なぜ郡山には「静御前」を祀る「静御前堂」があるのか
13 なぜグリーンカレーはメジャーになれなかったのか
14 なぜ郡山のソウルフード&ドリンクがクリームボックスと酪王カフェオレなのか
15 なぜ郡山銘菓「薄皮饅頭」は日本三大饅頭と呼ばれるようになったのか 
16 なぜ郡山には全国に誇れる名物グルメがないのか

   喜多方・白河はラーメン、福島は円盤餃子、会津若松市は味噌カツ・こづゆ・味噌田楽、浪江には焼きそば、いわきにはあんこう鍋・めひかりなどのなどの名物があるのに、なぜ郡山には目立った食グルメがないのか

17 なぜ郡山は鯉の産地になったのか?
18 なぜ爆撃を受けて女子高生が犠牲になった保土谷化学ではなく、如宝寺に学徒動員の慰霊碑があるのか
19 なぜベニマルは浸水被害の懸念がある郡山駅東側への移転を決めたのか
20 なぜ郡山駅構内にある緑色の転車台は今も残されているのか?
21 なぜ郡山には駅前だけでなく、さくら通り沿いや49号線沿いにホテルが多いのか

22 なぜ郡山は「東北のシカゴ」と呼ばれるほどヤクザが多かったのか

23 なぜ郡山の清水台に「武徳殿」という柔剣道場があったのか
24 なぜ郡山に陸上自衛隊の駐屯地ができたのか

25 なぜ平成2年まで稼働していた「薬師堂火葬場」を東山悠苑に移したのか

26 なぜ虎丸町にあった「ザベリオ幼稚園、小学校、中等部」を大槻町に移したのか
27 なぜ片平町にある東北歯科専門学校は、ギリシャのパルテノン神殿のような作りなのか
28 なぜ芳山小学校の北側にあった安積女子専門学校(安積高等文化学院)の五重塔のような校舎を取り壊したのか
29 なぜ郡山市はマンションだらけなのか
30 なぜカルチャーパーク内に予定していた「野球場建設」を断念したのか

31 なぜ故青木市長は税金の無駄遣いの「テキサスA&M」を強行誘致したのか

32 なぜ郡山市の大学誘致はことごとく失敗したのか

33 なぜ郡山の巨大3病院は、危険だと承知しているのに解体されないで放置したままなのか

34 なぜ郡山のラウンドマークだった日和田の大観覧車は解体されたのか
35 なぜ郡山に進出した家電量販店(イセヤ・第一家電・電激倉庫・そうご電器・デンコードー)はことごとく撤退したのか
36 なぜ「和風れすとらんまるまつ」は早朝営業を取りやめたのか

37   なぜ市街地のど真ん中にあった「豊田浄水場」を閉場したのか 

38 なぜ33人も火災で亡くなった「磐光ホテル」(磐梯グランドホテル・磐光パラダイス)跡地をサッカー場にしたのか
39 なぜ戊辰戦争の激戦地となった母成峠で、昭和末期の頃、ローリング族による公道レースのメッカになったのか
40 なぜ熱海町にある心霊スポット化しているホテル「河鹿荘」を取り壊さないのか

41 なぜ郡山駅前大通りに架けられてあった広告の巨大アーチは無くなったのか

42 なぜ4号線の消防署前やさくら通りの「モール郡山」前にあった歩道橋を撤去したのか 架け替えではなく・・・

43 なぜ郡山駅前の地下道でよく見かけたアクセサリーなどを売る行商人が消えたのか
44 なぜ正月に商店街を渡り歩いていた獅子舞(神楽)が来なくなったのか サンドウイッチマンやチンドン屋もいなくなった
45 なぜ郡山駅ビルの「サンシティ」は「エスパル」になったのか 
46 なぜ「郡山城」の在り処は陣屋説が有力なのか
47 なぜベニマルは横塚店があるのに、距離が近い方八町にも店をオープンさせたのか
48 なぜ郡山に多くあった「コメリ」の店舗が激減したのか
49 なぜ郡山に数多くあった「小僧ずし」(花館を含む)は一軒も無くなったのか
50 なぜ市役所北側にあった法務局を希望ヶ丘に移転させたのか

 日頃、不思議に思っている郡山についての疑問点を50個列挙してみた。おそらく一度はなぜ?と感じたこともあるかもしれない。
 もし、ひとつでも経緯や回答らしきものをご存知の方はコメントにて教えていただけたら幸いです。 


 思いついただけで、これだけの疑問が浮かぶ。これらの疑問にすべて答えてくれるサイトは残念ながらない。たぶん、行政の窓口(市役所・観光協会など)に問い合わせても、答えてはくれないだろう。だから、先輩諸氏で長く郡山に住んでいる方に、助けを求めたい。

2020年2月18日 (火)

郡山の話題 前編 ~大きな出来事~ 

 今日から2日間、我が地元、福島県郡山市の話題をお送りします。
 前編の今日は、私が半世紀近く過ごした「郡山」で起きた出来事を振り返った時に、印象に残る事件や事故、大きな出来事を20傑セレクトしてお送りしたい。

 1 東日本大震災で被災地に 

 2011年3月11日午後2時46分に発生した巨大地震で、郡山市は最大震度6弱を記録。その後、2回に渡って東電福島第一原子力発電所の爆発事故が起き、大きな被害があった。9年経過した今でも風評被害に苛まれている。

 2 郡山空襲

 終戦間近の昭和20年にB29が相次いで襲来し、計4回に渡って郡山駅周辺に爆弾を投下し、多くの死傷者を出した。特に、駅東側の保土谷化学では、白河女子高校や郡山商業高校の学徒工員が多く犠牲になった。他にも日東紡績富久山工場でも多くの犠牲者が出た。
 如宝寺には慰霊碑が建っているが、このことをどれだけの郡山市民が知っているだろう。

 3 8.6水害

 昭和60年に起きた豪雨被害で、特に、田村工業団地を含む阿武隈川沿岸の地域は、川の増水・氾濫によって浸水被害が発生した。工場の多くが水没し、操業停止はもとより、治水対策が悪いことを理由に、郡山から撤退したり、工場を移転する企業が出た。

 4 台風19号被害

 8.6水害の教訓が生かされず、昨年10月に台風19号が襲来し、福島県全域で川が氾濫し、床下・床上浸水、さらには田村町一帯が再び水没した。学校は休校に、工場は停止、そして幹線道路も水没し、多くの被害を出した。阿武隈川の氾濫を回避するため、その周辺の支流、大平川、逢瀬川の水門を閉めたため、その沿岸では川が急激に増水し、オーバーフローや土手ののり面崩落、漏水によって、道路が水没したり、自宅に氾濫した川の水が押し寄せ、大変な被害をもたらした。郡山市富久山界隈や隣りの本宮市では多くの死傷者を出した。また、福島交通の郡山バスターミナルが水没し、路線バスが運行を停止する事態に見舞われた。

 5 クリスマス豪雪による大停電

 昭和55年12月24日に大雪によって市内各地で送電線に積もった雪の重みで高圧鉄塔が折れて崩壊。市内全域で停電となった。寒さの中、ストーブを炊き、ろうそくと懐中電灯の明かりだけで一晩明かしたことをはっきりと覚えている。この時、初めてライフラインのありがたさを思い知った。

 6 合唱王国

 新産業都市宣言以降、郡山は市を挙げて合唱に力を入れた。金透小学校、郡山二中、五中、安積女子高校(現・黎明)などが、全日本合唱コンクールなどで金賞を獲得し、日本一に何度も輝き、その地位を確固たるものとした。特に安積女子高校は1980年以来、2011年まで32年連続金賞受賞という大金字塔を打ち立てた。
 その後、郡山市は「音楽都市宣言」を行い、「東北のウィーン」と呼ばれ、合唱だけでなく、合奏や吹奏楽、管弦楽にも力を注いでいる。イメージキャラクターとして「がくと」くんと「おんぷ」ちゃんを設定した。詳しくはコチラ

 7 新産業都市に指定

 大正時代までは、郡山は村だった。広域郡山の周辺の村が合併し、次第に大きくなり、1924年(大正13年)9月に郡山町が市に昇格した。市の人口は現在の10分の1以下の3万9000人程度だった。その後、さらに富田町、大槻町、岩江、蒲倉、荒井、水門、大平などと合併を繰り返し、昭和39年2月28日に新産業都市となった。この年は大変の節目の年で、東京オリンピックが開催されたり、東海道新幹線開業、新潟地震が発生した。これ以降、日本はオリンピック景気に見舞われ、さらに高度経済成長期もあって、日本経済が飛躍的に成長を遂げた時期でもあった。同時に、今の中国のように、公害問題も深刻化した。

 8 伝説のワンステップフェスティバル 

 1974年、開成山陸上競技場を会場に、日本中の有名ロックバンドが一堂に会した伝説のロックフェスが開かれた。矢沢永吉や沢田研二、サディスティックミカバンド、あのオノ・ヨーコも参加し、日本全国からロックファンが集結し、5日間で数万人を集めた。

 9 こどもまつり(飛行船)

 確か1974年に行われた「こどもまつり」は過去、郡山で最大規模の催し物となった。飛行船が上空を周遊し、メイン会場の開成山公園には多くのアトラクションが行われた、数週間のフェスティバル期間中、バラ園の西側に、福島県初のジェットコースターが建造された。洞窟を通り抜ける際に、流れていた滝が潜る時だけ止まる仕掛けだった、他にも五十鈴橋の北側の池に軍艦のラジコン競争があった。私はのど自慢大会で同級生3人とステージに上がって「母に捧げるバラード」を歌った思い出があるが、恥ずかしすぎて声があまり出なかった。
 また、今の「ニコニコこども館」あたりは、その当時は砂利の更地で、自衛隊のブースになっていて、そこのテント内に設けられた健康チェックコーナーで、肺活量を計測したら、小4だった私が3600ccもあって驚いた。またそこからヘリコプターが発着し、郡山市内を上空から眺めるイベントもあった。
 そのイベントとジョイントしてなのかは定かではないが、郡山市内の上空を巨大な飛行船が何日もゆっくりと旋回していた。確か船体は銀色で、鯉のような大きな目玉が描かれてあったと思う。

10 大型デパート・スーパーの進出と撤退

 かつてあったのが、丸光百貨店(デパート)、イトーヨーカドー中町店、ダイエー(トポス)、西友(西武)、クレジットデパート丸井、
トミヤ百貨店、津野百貨店(デパート)など。しかし、駅前で現存しているのは老舗の「うすい百貨店」だけとなった。今の時代、車での移動や荷物の運搬は必須で、大型デパートやスーパーは駅前から離れ、郊外へと移った。ジャスコ(現在イオンフェスタ)やイオンタウン、MALL郡山くらいだ。

 以下は説明も簡素化したい。

11 東北新幹線開業・・・昭和57年に大宮駅暫定開業。その後、上野駅、東京駅へと延伸した。在来線特急が姿を消した。
12 ビッグアイ・ビッグパレット完成・・・平成になって続々と箱もの行政の巨大建造物が建った。ビッグアイに高校を入れるとは・・・。
13 巨大3病院が移転・・・寿泉堂(駅前)、太田記念(中町)、星総合(大町)が相次いで移転した。しかし旧病棟は未だに放置状態。
14 ゼロ戦が飛んだ日・・・昭和40年代後半に何かのイベントで上空を飛来した。
15 老舗の閉店(角海老・やまのい・トキワスーパー・津野デパート・東北書店・コマツ醤油・豊田浄水場・富士館東宝)
16 磐光ホテルで火災 33名死亡・・・私が4歳の時に火災現場に向かう消防車のサイレンの音を今でも覚えている。
17 南東北卸センターで「輸入博」が開催される・・・駐車場が無く、路上駐車だらけだった。
18 郡山のデパート屋上で「スーパーカー展」が開催された(1977年頃)ブームが沸き起こり、ガチャガチャの消しゴムがあった。
19 校外に巨大スーパーが進出・・・日和田地区にジャスコ、オリエントパークなどのショッピングエリアが整備された。
20 「鯉の街」で町おこし・・・グリーンカレーがイマイチで、方向転換を図った印象。

 「今のその場所は昔は〇〇だった」

 1 「THE MALL 郡山」は昔、「日東紡第二工場・アサカ電子」だった。
 2 「ビッグパレットふくしま」は昔、国鉄の操作場だった。サンキョウ自動車、セントラルホールもあった。
 3 「21世紀記念公園」は昔、「日東紡第一工場」だった。
 4 「郡山中央図書館」は昔、「児童文化会館」や「テニスコート」だった。
 5 「ホテルハマツ」は昔、「マリア幼稚園」「ザベリオ小学校・中等部」だった。
 6 「芳山公園」は昔、「ヨークベニマルさくら通り店」だった。
 7 「ドコモさくら通り店」「ツルハドラッグ」は昔、「朴の昭和シェルのガソリンスタンド」だった。その後、ベニマルになった。
 8 「真澄院」は「カネボウ」と百軒長屋だった。他にマルニ看板店やマルセイ文房具、松美スタジオ、沢田釣り具、八百板商店があった。
 9  駅前の「三共郡山ビル北館」は昔、「郡山中央スケートリンク」だった。
10 「ほっとあたみ」は昔、「磐光パラダイス」と「磐梯グランドホテル」だった。
11 「TSUTAYA桑野店・みどり書房」は昔、
12 「ビデオ1」は昔、「岩瀬書店」だった。
13 「ケーズデンキ」「ゼビオスポーツ」は昔、「西部自動車学校」だった。
14   田村町のエイトタウン「ベニマル」「ダイユーエイト」は昔、「森永乳業工場」だった。
15   「ラウンドワン」「ドン・キホーテ」「まねきの湯」「星総合病院」は昔、「福交ゴルフガーデン」(ゴルフ場)だった。
16 「社会保険」事務所の裏手には昔、「巨大迷路」があった。
17 「ペップキッズこおりやま」は昔、「サンショー」というスーパーだった。
18  東部幹線沿いの「カワチ薬品」から北側一帯は昔、郡山市の「市場」があった。
19  若宮前の仮設住宅は昔、「農業試験場」だった。
20  内環状線並木の「auショップ内環状中央」は昔、ユニットバスのショールーム、その前は「Cafe&Cake1024」だった。
21  長者の「サイベックスアイランド」は昔、「インテリアダイイチ」と「職業訓練校」があった。
22  清水台の「グリーンウッド郡山」は昔、「染本ホテル」だった。
23  大町の「まめぜん」がある第2増子ビルは昔、「大町屋台村」があった。その前は東映パレスだった。
24 「郡山ビューホテルアネックス」は昔、「角海老」という焼き鳥屋だった。
25 「郡山商工会議所会館」は昔、皿沼プールで、その前は皿沼池だった。
26 「チサンマンション虎丸」は昔、「室塚病院」だった。
27  並木の「サンデュエル並木」は昔、「本多記念循環器病院」だった。
28  うねめ通りの「アップガレージ」は昔、「アルペン」だった。
29  インター線沿いにある「ローソン不動前店」は昔、「サンマルク」という人気パン屋だった。
30  郡山ビューホテルの東向かい側にある「うすい第一駐車場」は昔、「イトーヨーカドー中町店」だった。
31  中町立体駐車場の東隣りは昔、「郡山郵便局(本局)」があった。
32 「郡山文化センター」の南側一帯は昔、「郡山専売公社」だった。
33  内環状線沿い西の内のローソンは昔、「元気寿司(ニコニコ寿司)」だった。
34  うねめ通り沿い並木の「大和ハウス」ビルは昔、「京樽」というレストランだった。その後「大文字」になった。
    その裏手の立体駐車場には昔、ビデオレンタル「創夢館」とおもちゃ屋「ハローマック」があった。 
35 「かっぱ寿司郡山亀田店」は昔、「よつば電機」だった。
36  安積町の「ハードオフ」は昔、「デンコードー」だった。
37  希望ヶ丘の「ツルハドラッグ」は昔、「アーデン」だった。
38  郡山駅東口の「FSGカレッヂリーグ」の校舎がある場所は昔、「打ちっぱなしのゴルフ練習場」だった。

 店舗の入れ替わりが激しい商業都市・郡山では、「この前までここは〇〇だったのに、潰れて違う店になっている」ということがよくある。昔馴染のある店が無くなるのは本当に寂しいものがある。

 

2020年2月17日 (月)

かつて郡山に実在した映画館

 戦後間もない頃は、庶民の娯楽と言えば「映画」だった。戦後復興のシンボルとして、美しい女優さんや上原謙や赤木圭一郎、石原裕次郎、そして美空ひばりなどの銀幕のスターに憧れ、あるいは恋い焦がれて活気を取り戻したのは言うまでもない。かつて、プロ野球の球団のオーナーが映画会社だったことを考えれば、その隆盛ぶりは窺い知ることが出来るだろう。

 我が街、郡山もまたその例に漏れず、相当スクリーン映画が持て囃されていたようだ。それが証拠に、昭和の時代には数多くの映画館が存在した。その数、常時20劇場以上が点在していた。
 ではここから先は、「おはようドミンゴ」さんの「ふくしま映画100年昭和編 戦後シネマパラダイス」のブログからから引用および抜粋させていただき、その後、自分なりのコメントを添えたい。

🎥 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・🎥

 郡山には最古の清水座や、明治32年創立の共楽座という館があったほか、平和館富士館が大正9年に開館、大正座などがあり、共楽座が大正6年にみどり座と改名したほか、昭和6年になってみどり座の隣に郡山会館(火事で焼失したため昭和16年郡山映画劇場となる)が出来、新興館も産まれたがこれは昭和20年に強制疎開で壊された。

 隣接の町には大槻共楽座、大正5年開館の熱海座日和田座(のち日之出座)や、戦後の永盛映画劇場(無許可のバラック館で雨漏りした)などが最盛期に活躍していた。

 郡山の大正座は明治44年生まれで郡盛舘文芸館大勝館と名を変えて生き延びた。ほかに名前を拾ってゆくと戦後は日劇テアトル郡山ニュー東宝ピカデリーなどや、P.I.C.シスター地下シスター松竹ニュース館駅前東映ピッコロ座ロマンス座セントラル駅前東宝駅前ロマン駅前スカラなどがあったが、今日ではすべてアートパレスとテアトルの二系列シネマコンプレックス館に統合。
戦後、郡山駅前には中劇清水座富士館の三館があるだけで、堂前には郡映のみだった。ファンの要望で、みどり座が映画館に再生した経緯がる。
 後にはテアトル(東宝)、駅前東映、日活、郡山日本劇場(日劇)、郡山東映パラス、大勝館、シスター、郡山東洋劇場など10館が繚乱の営業を展開する。

 昭和26年3月15日の民報記事中に県内の映画館経営者の紹介もあり、特に郡山の佐藤勝治氏の経歴がある。佐藤氏は郡山みどり座が芝居小屋だったのを昭和8年から映画に手を染め12年に郡映の前身郡山会館を新築。白河みどり座、郡山新興館を買収。火災の厄に遭った郡山会館の跡に郡山映画劇場を新築。戦後はみどり座を改装して洋画専門館に、ついでピッコロ座を創設、ロマンス座を新築し宿願の中央劇場を建設。県下の業界をリードした。ロマンス座は昭和25年8月1日に米欧特選番組で開館。昭和27年時点の映画年鑑は次の館を記載している。

Ekimae1

みどり座  エミネツクス 小野研
800 大 堤下12 佐藤勝治 小原磯助

ロマンス座 ニッセイ ローラー
230 洋混 同 佐藤勝治民井一弥

郡山映画劇場 エネミックス 小野研
600 松洋混 同 佐藤勝治 後藤武四郎

富士館   エネミックス エネミックス600 宝映 柳町95 東和興行 斎藤二一

中央劇場  ローヤルL型 ローヤル
1200 混 清水台 佐藤勝治 菅野恭雄(鉄筋)

清水座 ローヤルL型 KKK式 408 新・洋混 柳内198 伊藤祐治 柏木正治
昭和27年11月28日民報「東北随一の文化センター中央劇場本日落成開館」(郡山市佐藤興行社)広告。

●みどり座の常設化
昭和29年8月4日「みどり座・常設映画館へ」という記事がある。
〔郡山駅前には中劇・清水座・冨士館の三館があるのに比べ、市内堂前方部には現在郡映が一館あるだけで同方部のファンからみどり座を映画館として再開してくれという声が強いので去る七月末佐藤興行社が場内の改装工事を急いで〕二番館としてオープンした。

●大映清水座と郡山テアトル
昭和30年4月に郡山大映清水座が大映直営館として開館。
昭和31年には福島テアトルの姉妹館として「郡山テアトル」が8月12日開館した。県都の映画館誕生ラッシュに歩調を合わせて郡山での映画館競争も熱い火花をちらしていたが、明治44年に開館した大正座は改装して映画専用上映館にしようとしたが、地主からクレームが出て建築工事がストツプした(昭和31年10月15日民報)という。

●大勝館
しかし同年末・突貫工事(福島市大森安藤工務店施工)で11月22日には新装なった大勝館が開館をはたすことができた。シネマスコープ「愛欲と戦場」「豪族の砦」の洋画を大人80円・学生70円・小人50円で特別上映した(民友12月11日)。合名会社清水座代表社員柏木正治と東和興業株式会社斎藤信雄の連名で開館挨拶が民友12月17日号に掲載されている。昭和33年9月4日民報〔市民会館の映写設備にケチ。客が減ってしまう。人口一万に八館が赤字。須賀川四館に二館、白河三館に二館が赤字〕郡山十一館だという。
昭和34年2月10日民報夕刊〔ついに六本立の映画館・郡山っ子のどぎも抜く〕

●郡山日本劇場
昭和35年3月28日民報夕刊〔4月1日から開館郡山日本劇場〕3月31日〔県下一の大スクリーン郡山日本劇場〕4月1日夕刊〔郡山十一番目の館に さくら通り入口〕

●ニュース館とニュー東映
同年5月20日「地下シスター松竹ニュース館大人100円学生80円」の記事。
昭和36年4月24日民報〔ニュー東映誕生 ニュー東映上映劇場〕の記事に〔郡山松竹改
め郡山ニュー東宝〕とある。
昭和36年10月下旬号のキネ旬に、郡山東映富士館の消息が載っている。〔去る七月八月(日)に閉館した、郡山市柳町九五の「郡山東映富士館」(経営者斎藤信雄氏)は、経営者を大野冨蔵氏に変更して、九月二六日に再開した。支配人は荒川義昭氏。〕また同年10月、「ニュー東映直営劇場転向」というニュースで「キネ旬」は、〔郡山ニュー東映(東映地方封切館)十二月四週から〕と報じている。郡山の映画館群を昭和38年の時点で眺望すると、テアトル郡山(東宝系)、郡山映画劇場(松竹系)、駅前東映(東映系)、郡山日活劇場(日活系)・大映清水座(大映系)・日本劇場(東和系)、大勝館(東和系)、P.I.C.直営P.I.C.シスター、冨士館(東映系)、ロマンス座(日活系)など10館の名を運ねている。

●郡山映画劇場
「郡山映画劇場」は昭和52年に閉館した。同劇場は昭和16年、郡山市内では最初の映画館として建設された。建坪五百平方メートル、木造モルタル二階建てで床は総タイル張り、収容人員四百人。当時としてはモダンな作りで市民の話題をさらったという。あまりに立派なのでお客さんが入口でげたやぞうりをぬいで入って来たというエピソードがあるほど。昭和26年まで松竹映画を中心に上映「愛染かつら」「君の名は」など一世を風びした名作の時は何度も満員御礼の貼り紙を出したという。また郡山市で最初に洋画を上映した(昭和26年)のも同劇場。戦前、戦後を通じ経営者が何度か代わったが、昭和31年、東北第一興業の安達政雄社長(郡山駅前シネマビル経営者)が経営を引き受けた。安達社長は「若い人たちが安心して見られるような劇場にしたい」という信念から”いい映画”だけを上映した、テレビに人気を奪われた映画館がドン底にあった昭和38年ころ、もうかる成人映画の上映を友人から勧められたが、赤字覚悟で断固名作だけに絞って上映し続けた。市内の高校ではかつて高校生同士が映画館に入ることを禁止したことがあるが、郡映だけは許可したという。
52年正月、同劇場で上映した「岸壁の母」が爆発的な人気を呼び、40日間で35000人のお客が入つた。お客が入り過ぎたのが原因で劇場二階のハリが折れた。業者に修理を頼んだところ老朽化がひどいため周りの柱まで取り替えねばならず数千万円もの修理費がかかると言われたという。市内にあつた「みどり座」「清水座」「富士館」と往年の劇場が次々と姿を消し、安達社長は「郡映だけは残したい」と考えていたが、ハリが折れたのを機に廃止を決意。「岸壁の母」を最後に廃館とした。同社の従業員全員が同劇場で酒をくみ交わし廃館式を行い、思い出の劇場に別れを告げた。なお、郡映と一緒に隣のロマンス座も廃館となった。東北第一興業では52年11月、映画離れ対策として懸賞付き映画鑑賞を東宝、スカラ、ロマン、テアトル、ピカデリーの館で実施。

●東洋劇場
昭和41年10月に松竹専門館としてオープンし、経営者は五十嵐宏さん。7歳から映画界に入り下足番、売店の売り子などから支配人を経て念願の独立を果たした人物。
日活が直営館を探しはじめたのがきっかけとなって男子の後継者いなかったことから、53年7月いっぱいで閉館。経営権は日活に譲渡され、寅さんシリーズの上映などはシネマビルで上映を引き継いだ。

●郡山シネマビル
郡山シネマビル 駅前東宝・駅前ロマン・駅前スカラ
52年、鉄筋三階建てのビルの各階がすべて映画館というシネマビルが郡山駅前にもオープン。シネマビルは郡山市内の映画館の半分にあたるテアトル郡山、郡山ピカデリー、郡山映画劇場、郡山ロマンス座の四館を経営する東北第一興業社長安達政雄さん(40)が総工費一億一千万円をかけて建設したもので、鉄筋三階建て延べ七百五十平方メートル、百三十席から百八十席の映画館が三館出来た。
一階が邦画専門館の「駅前東宝」二階が西部劇、ギャング、戦争物の洋画アクション専門の「駅前スカラ座」三階が洋画の異色作を上映する「駅前ロマン」となっている。同ビルの特長は東北地方では初めてという自動映写装置を導入、三館を一人の映写技師が坦当しているほか、三館内に十三台のモニターテレビを設置しコントロール・センターで集中的に監視するなどで、人件費節約の関係で大幅な機械化を導入している。オープン初日は土曜日とあって朝から多くの人が訪れ、日中だけで二千人を超す観客が詰めかけた。なおシネマビルの誕生は県内ではいわき市に次いで二番目。
昭和63年(1988)の郡山の映画館は次のとおり。12館あった。
郡山東映、パレス郡山、にっかつ劇場、郡山スカラ座、郡山東宝、郡山ロマン、郡山駅前パレス、郡山パレス1、テアトル郡山、郡山大勝館、郡山洋画パレス、郡山洋画ピカデリー
このうち翌年1989年(平成元年)11月26日には、ピカデリーが廃館となり11館に減少。同年12月1目の映画年鑑90年版では「ロッポニカ郡山」が載って12館に。91年から93年にかけては10館体制で94年の年鑑ではさらに郡山パレス2が欠落して9館に。
安積郡の映画館

●永盛 昭和18年1月21日民報「安積郡永盛町 永盛映画劇場」の記事がある。田村郡守山町にあった旧陸軍が木工場として使用していたものを終戦と同時に財務局福島支部が管理し、24年暮に永盛町の横堀捨松さんが五万円で払い下げを受け、さらに同町の三本松寺市さんが借り受けて月に二度ほど映画館として上映。百坪ほどの大きさで土間に筵を敷いて百席ほどの客席だったが、屋根の木端板がひどくいたんで雨が洩るため映画を中断した。

●磐梯熱海 熱海座。所在地から樋の口劇場とも呼ばれた。樋の口映画劇場の名が新聞に出ている。

●湖南 福良会館。昭和44年の全国映画館名簿に安積郡唯一の館として記載されている。
福良会館 邦洋 阿部義一 ホープ・三共 280席。

🎥 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・🎥

 さて、当時の庶民がこんなにも映画に傾倒していたのかと驚きを隠せない。郡山市内だけでざっと20以上もの映画館がひしめき合っていた。確かに私の記憶では、駅前のアーケード周辺だけでも5つはあった。富士館ビル内にあった郡山東宝は、ゴジラやガメラなどを上映していて、小学生に大人気だったし、駅西口の真正面にあった「大映パレス」やアーケード南側入口横にあった「松竹」などでは、私が映画を見た記憶がある。ほかにもポルノ映画の殿堂だった「大勝館」(2009年11月閉館)もあった。看板がエロすぎて、小中学生の頃は目のやり場に困った。その北西側には「洋画パレス」(後にテアトル5/2011年4月閉館)があったし、清水台の八幡坂には地下に「郡山ピカデリー」があった。中1の頃、そこで「スターウォーズ」の初回作品を見て、あの大音響とCGを駆使した特殊映像技術に圧倒された想い出がある。超満員で立ち見していた記憶がある。

 また、堂前にはほっ立て小屋風の郡山映画劇場(郡映)があり、小6の頃、同級生たちと「キングコング」を見た記憶がある。

 駅前の「大映」では「ハイティーンブギ」「嵐を呼ぶ男」を見たし、20代には彼女と「波の数だけ抱きしめて」を観に行った。私にとっても映画は幼少の頃から身近な存在だった。

 他にも駅前には「東映パレス」「スカラ座」「パレス1・2」などがあったし、堤下には「アートパレス」があった。

 残念ながら、テレビが普及し始めた昭和40年代頃から、映画業界は衰退の一途をたどった。現在、郡山で生き残っている映画館は、市内駅前にあるテアトルくらいで、一人勝ちの様相を呈している。

 さて、郡山市在住の方は、かつて昭和の時代に、このような数多くの映画館が存在していたことを知る方は、還暦以上の先輩諸氏になっていると思う。少しでも昔のことを懐かしく思い出していただけたら幸いです。

2020年2月16日 (日)

未解決事件における我が考察

 科学技術がこれほど進んだ21世紀になっても、犯罪が減ることはない。未だにアメリカでは銃による無差別殺戮があったり、秩序が保たれ、治安が良く安全と言われた日本も例外ではなく、毎日のように殺人事件が全国各地で起きている。その中には、解決困難な事件や謎めいたものが多く、未だに未解決のまま捜査が続行されている事犯も多い。
 そこで、刑事ドラマや探偵ドラマを見すぎだと言われそうだが、未解決事件が多く発生している昨今、私なりの推理をここで申し述べたい。

 1 行方不明者の現況

 石井舞ちゃん行方不明事件・・・泊りに来ていた従妹たちと一緒に就寝していたが、朝になって舞ちゃんだけが忽然と姿を消していた謎の事件
 小倉美咲さん行方不明事件・・・山梨県道志村のキャンプ場に家族で訪れていて、ひとり川に下っていく途中で行方不明になった事件
 下村まなみちゃん行方不明事件・・・岐阜県の小学生が学校行事のハイキング中に女友達グループから少し離れて歩いていて行方がわからなくなった事件

 平成に入って、まるで神隠しににでも遭ったように、幼女が行方不明になる事件が相次いで発生した。
 かつて行方不明になった女の子が10年近く新潟の一軒家で監禁されて発見された事件があった。また、突然姿を消すからにはそれ相応の理由がある。
 石井舞ちゃんは自宅で忽然と姿を消したレアなケースだが、それ以外は、山が舞台となっている。数年前、大分で女の子が、一昨年は周防大島で男の子が行方不明になったが、数日後、奇跡的に山中で無事発見されるという出来事があった。また、函館でも親が叱咤して子どもを置き去りにして行方がわからなくなった男の子が、現場から数キロ離れた自衛隊の倉庫に身を寄せていたのが発見されたこともあった。子どもと言って侮るなかれ。大人が考えている以上に、子どもの行動半径は広く、驚くほど遠くかけ離れた場所まで歩いて移動してしまうことにある種の怖さを抱いた。   

 <事件解決の考察>

 1 何者かが連れ去った説
  これが一番有力で、例えば変質者がいたずら目的で幼女をさらって行ったケースや子どもが授かれない夫婦が、子ども欲しさに家族連れで賑わう場所で物色し、たまたま居合わせた子どもを誘拐するケース。映画「八月の蝉」に似ているが、これが事実なら命の保障はある。

 2 身内の犯行説
  生活に困窮し、高額の保険金をかけて殺害し、どこかに埋めて、行方不明を装った。あるいは偶発的に躾のつもりで手を上げたら、打ち所が悪く死んでしまい、その発覚を恐れて行方不明を捏造した説
 
 3 自らの意思で行方不明に
  家庭内暴力や虐待から逃れるために自らが行方をくらました。もしかして、出会い系などで助けを求めて、見知らぬ第三者と生活を共にしているかもしれない。

 4 動物に襲われ命を落とした説
  深い山の中であることを考えれば、野生動物(イノシシやツキノワグマなど)に襲われて命をおとしたケースも考えられる。北海道三毛別
 で起きた事件では、ヒグマに襲われた妊婦が、雪の中に保存食として埋められて、バラバラの状態で見つかったおぞましい事件が起きた。同じような食害にあったとは考えられないだろうか?

 5 拉致に遭った説
  北朝鮮工作員が現地の女性に指示し、空港でVXガスを嗅がせ、金正男を殺害した事件や昭和の時代、日本海側で日本人を拉致し、北朝鮮に秘密裏に運び、人質にして交渉を有利に進めるための策略 
  ほかにも有本恵子さんのように欧州旅行中の邦人に巧みに声をかけて誘い出し、北朝鮮への連行に成功した輩だとすれば、闇の世界の恐ろしさを感じる。
   
  幼女が行方不明になるケースでは、7割方は1の何者かが連れ去ったと見るのが一般的で、よほどの事情がない限り、好奇心や探検気分で自分から山中奥深くに分け入ってしまったとは考えにくい。私は石井舞ちゃんだけは内部犯行説はゆるぎないと思っている、捜査を担当した「田村警察署」の初期捜査失態で今日の今日まで事件解決に至っていないだけ。

  ほかのケースでは絶対に犯行に絡んでいる第三者がいる。最近では街角に防犯カメラが目を光らせ、私もそうだが、車にドライブレコーダーを装備している方が多く存在するようになった。ゆえに、日が経たないうちに、それをしらみつぶしに検証するしか方法はない。
  例えばキャンプ場でいなくなった少女を車のトランクや目張りの利くワゴン車などで外目には見えない状態で押し込んで運搬すれば、いくらカメラがあっても映りようがない。
  やはり明智小五郎や金田一耕助、名探偵コナンなどがいれば即解決なのだろうが、それも叶わない現実では、初動捜査がすべてだと思う。
  私はこれほど時間が経過している現状では、家族には申し訳ないが、生きて見つかる公算は低いように思えてならない。

 2 3億円事件

 今から52年も前に起きた謎の事件が起きた。この事件はいったい延べ何人の捜査員を動員し、延べ何人が捜査線上に浮かんだのだろう。乗り捨てバイクや遺留品など物的証拠が数多く残されていたのに、捜査は難航を極め、7年後には時効を迎えた。私は事件が起きたのは4歳の時で、もちろん覚えていないが、捜査本部が解散になって、ドアのわきにかかっていた「3億円事件捜査本部」の張り紙をはがしている警察関係者のニュース映像を鮮明に覚えている。当時は、大久保清の事件、 磐光ホテル火災、吉展ちゃん誘拐事件など凄惨な事件が多くあった。捜査に行く詰まった挙句の冤罪など警察が起こした事件も相次いで起きた。
 帝銀事件の平沢死刑囚も、公判から一貫して無罪を主張し、終生監獄から無罪を訴え続けていた。警察のメンツが優先し、事件解決をさらに困難にしていた。たとえば犯人のモンタージュ写真は、すでに亡くなった男性の遺影を合成して作り上げたもので、あの写真のイメージが大きく、実際には異なる顔をしていたと思うが、思い込みや先入観で犯人を特定できず、混乱を招いたと思う。

 私の推察では、犯人は3億円を持って高飛びしたら、ケースに詰め込んだ大金を国外に持ちだそうものなら、税関などで一発でバレて御用になる。
 よって、国外逃亡の手助けをする仲間がいたのではないか?当時の3億円は、いまでいう10億円以上の価値があると思われる。よって、仲間がいたら 絶対に取り分を巡って仲間割れを起こすだろうし、実際に白バイ隊員の真似をして強奪した実行犯を殺してでも、全額をわが物にしようと企てるに 違いない。したがって、これは単独犯で、1年くらいかけて綿密に計画されたもので、白バイもどきを作成するにも人知れず行い、白バイ隊員の服装など を真似るにも、それ相応の準備が必要であった。その周到さ尋常ではない。犯行計画ももた綿密だ。予め現金輸送車の走行ルートを知り、数人のガー ドマンを騙す巧妙な手口。そして発煙筒を立て、避難させて自分はその車に乗り込んで、輸送車もろとも走り去るという、白昼の堂々とした犯行は もはやルパン三世なみの芸術性や犯罪美学すら感じる。ここまで用意周到な計画を考え、実行に移した犯人だから、犯行後の逃亡手段も念入りかつ 巧妙に計画していたに違いない。犯行現場に白バイを乗り捨てだだけでも、有力な証拠なのに、現金輸送車を乗り捨てて、あらかじめ用意しておいた 別の車に現金ケースから現金を取り出して逃げおおせるというのは、相当な熟練の技が必要だ。

 一見、一連の犯行は単独犯のようだが、私は最低3人は必要だと見ている。もしかすると、現金輸送の銀行員の中に手引きした奴がいて、そして捜査員の刑事にもグルがいたとしたらどうだろう。捜査状況は真犯人に筒抜け。
 1億円ずつ山分けしていることも考えられる。7年後に時効を迎えた後も、まったく犯人からは音沙汰がなかった。もしかすると、前述したように仲間割れし、他の共犯者2人をおびき出した犯人が殺害し、山中に埋めてしまったら、自分さえ口を割らなければ永久にホシは見つからないで迷宮入りだ。
 たぶん、1968年に起きた事件のため、もう犯人は亡くなっているかもしれない。良心の呵責もなく、反省もなく生き続けているとしたら、相当 図太い神経の持ち主だろう。生き残った犯人は、急に金遣いが荒くなっていたら、犯人と疑われるだろうから、おそらくは犯行後数年は、息を潜め、人目につかない生活を送っていたに違いない。 


 3 1億円拾得事件

 トラック運転手だった大貫久男さん(故人)が、1980年4月に銀座の植え込みの中に置いてある1億円が入った風呂敷を発見し、警察に届け出たことで世間の注目を浴びた事件。
 大貫さんは一躍「時の人」となり、昭和のシンデレラおじさんとして持てはやしたが、一方では相当な嫌がらせや誹謗中傷を受けたと生前、テレビ出演の際に告白した。結局持ち主が現れず、拾得者の物となったが、税金を引かれ、約6千万が本人のものとなった。その後も、宗教団体が寄付を願い出たり、金に困った者から脅迫まがいのことを受けたようだ。大貫さん自身は、その金で身を隠すためのマンションを購入したという。

 おそらく、一時も 神経が休まる暇などなかっただろう。いつ命を狙われるかわからない状況では、夜も眠れなかっただろう。結局彼はその出来事から20年後に62歳という若さでこの世を去った。もしかして、1億円を見つけなければ、もっと長生きできたのかもしれない。
 それはさておき、その金だが一体出どころはどこなのか?絶対にまともな金でないことは明らかだ。まさか宝くじを当てた人が、これからの生活に困り、捨てたわけではないだろう。だとすると、当時もいろいろな憶測を生んだが、政治の裏金説、企業の裏金説、あるいは暴力団の麻薬やけん銃の取引の最中でそこに無造作に置いておいたものだとか。私自身は、持ち主が現れなかった点を考えると、後者の暴力団の闇取引説が的を射ていると思っている。 
 同じような事例で竹藪の中に隠してあった「2億円」が発見される事件も川崎市高津区で起きた。


 4 世田谷一家殺人事件

 この事件は、坂本弁護士一家殺人事件と同様、何の罪もない子どもが犠牲になる痛ましい事件だった。2002年12月30日に世田谷区の一等地に居を構える宮沢みきおさんとその妻、8歳と6歳の子供を含む一家4人が惨殺されたものだ。

 私の推理では、世田谷の一等地で一戸建て。犯人はこの家の住人が金持ちの裕福家庭と判断し、盗み目的で侵入したに相違ない。端から怨恨などで殺害目的ではないだろう。だとしたら、幼い子どもを巻き添えにして一家全員を惨殺する意味がわからない。
 もし、怨恨だとしたら、これほど証拠を残さずに犯行に至っているのであれば、多額の報酬を与えた嘱託殺人で、プロに依頼したとしか思えない。4人も殺せば、まず死刑は免れない。私は強盗目的の外国人の犯人が凶行に及んだ後、外国へ高跳びしたとみた。だから、幾ら日本国内で捜査を継続しても、日本警察の捜査が及ばない遠い地に移動しているのだから、捜査が暗礁の乗り上げるのは明らかだ。

 警察官は2~4年で転勤となる。いったいどれだけうまく捜査が引き継げているのか?あれから20年が経過した今、老朽化し崩壊の懸念から、肝心な証拠物件を消し去ろうとしている。
 現場100回という言葉がある通り、捜査に行き詰まったら、事件現場こそが新たな証拠を生み出してくれるはず。絶対に取り壊してはいけない。そこにこの建物が無くなれば、人々の記憶も薄れるし、捜査が滞って進展することはあり得ないと思う。 

 5 八王子スーパーナンペイ従業員殺害事件

 この事件が発生したのは1995年なので、もう四半世紀(25年)が経過しようとしている。ここもまた殺人現場のスーパーは跡形もなく更地になっている。よって、新たな証拠を探し出すことは不可能。私はここは複数の強盗犯による犯行で間違いないと見ている。粘着テープでバイトやパートの女性3人を粘着テープなどで縛り上げた挙句、拳銃で撃ち抜いている残忍さからすれば、お慈悲などの感情を持ち合わせていない猟奇的あるいは鬼畜の所業であろう。よって、こちらも外国人窃盗団や強盗団による犯行と見ている。
 おそらく、顔を見られたことで逆上し、本来は物取りで終わるはずが、証拠隠滅のために殺害にまで至った。初めから殺すつもりで犯行に臨んだのではないと思う。
 もっと勘繰れば、このスーパーの店長や従業員が強盗に及び、犯行を目撃されて、やむを得ず殺したという推理も成り立つ。警察は捜査のプロなので、多角的な面から聞き込みを始め、目撃情報、現場の状況から裏付けまでを十分精査して捜査を続けているが、ここまで全く手掛かりがないのは、やはり犯人は、外国へ逃亡していると見るのが自然だ。

 私が恐れるのは、拳銃を所持していたことを考えれば、暴力団関係者に犯人がいるようにも思えるし、あるいはフィリッピン製の拳銃だったことを考えれば、東南アジアの人物ということも考えられる。よもや警察官が犯行に及んだとは考えにくい。確かに警察官は拳銃を所持しているが、毎年、拳銃の総点検があり、一発でも紛失すれば大騒ぎとなる。だから、現職の警察官が犯行に及ぶことはあり得ない。
 私の予想では、強盗に入った犯人一味が、10代のアルバイター2人を容赦なく殺害している点から、外国人による凶行と見るのが自然で、犯行後、母国に行方をくらましたと見る。そして15年前に死亡した男の指紋がナンペイに残された指紋と一致したというから、もう犯人はこの世にいないと推理する。


 さて、半ば迷宮入りしている事件について、私なりに考察してみたが、誰しも考えそうな推理だったと思う。実は難事件に見えて、まさかと思うような意外な場所で生存しているかもしれない。すべては何か普段と様子が違うと思うような節があったら、迷わず警察に通報してみることだ。
 声や喋り方が似ていると感じて通報し、時効寸前に逮捕された、殺人犯・福田和子のようなケースもある。ぜひ機転を利かせて通報してほしい。

 

2020年2月15日 (土)

日常のあら不思議

 ~お知らせ~

 ネタ切れにつき、完成記事のストックが僅少になってしまい、今後は、ひとつの記事の文量を減らしたいと思います。予めご容赦ください。

 

 日常生活の中で社会制度やさまざまな仕組みの中で、「何でだろう?」と不思議に感じる事象がいくつかある。今日はそれをテーマにしたい。

  『東京にはないのに「東京〇〇」で始まる施設やスポットなど』

 「東京オリンピック」とは名ばかりで、マラソンはIOCの一方的な裁決で札幌市での開催に変更を余儀なくされた。また、東日本大震災の被災地で野球やソフトボール種目が行われる。このように複数の種目が日本各地で開かれるのに、「東京」を冠した大会名となっていることも些か違和感を感じてしまう。
 それと同様に、日本には東京所在地ではなく、その隣県にあるにもかかわらず、「東京〇〇」と謳っている会社や施設などが多々あることに気づいた。
 確かに東京は日本の首都であり、世界中の人々に認知された日本の中心に違いはないが、だからと言って、日本人自体を欺き、外国人を惑わすこのネーミングはいかがなものかと思う。
 では、実際にどんなものがあるか列挙したい。
 
   新東京国際空港(千葉県成田市)⇒現在は成田国際空港
   東京ディズニーランド・ディズニーシー(千葉県浦安市)
   東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)
   東京基督教大学(千葉県印西市)
   東京情報大学(千葉市)
   東京歯科大学(千葉市) 
   東京国際大学(埼玉県川越市) 旧国際商科大学
   ららぽーとTOKYO-BAY(千葉県船橋市)
   伊藤ハム東京工場(千葉県柏市)
   ホテル大東京(香川県)
   新東京サーキット(千葉県市原市)
   新東京病院(千葉県松戸市)
   サンルートプラザ東京(千葉県浦安市)
   東京ベイシティ交通(千葉県浦安市)

 キャンパスは東京以外にあっても、本部や事務局を東京都内に置いているだけで「東京〇〇大学」と名付けている学校も多いようだ。地方出身の私にすれば、東京と聞くと23区内を思い浮かべるが、「東京薬科大学」や「首都大学東京」などは八王子市にあるし、「東京経済大学」は国分寺市にある。また、「東京農工大学」は府中市に、「東京学芸大学」は小金井市にある。この辺はまったく問題ない。多くの大学は都心を離れ、校外にキャンパスを移転している。

 こうしてみると、なぜか東京の名を騙ったスポットや施設には千葉県が圧倒的に多い。単なる東京への憧憬だけではない。もしかして「千葉県民は千葉に愛着がないだけなのか?」と勘繰りたくなるような印象さえ受けるが、実際はそうではない。やはり、東京に至近であるし、世界中の方に認識してもらうためには、「千葉〇〇」では弱く、やはり「東京〇〇」と銘打ったほうが、理解されやすいという発想に違いない。東京の所在でなくても、そのほうが「東京から近い場所にある」と認識されやすいからだろう。

 しかしながら、同じ境遇なのに、隣接する神奈川県には「東京〇〇」はほとんど見られない。神奈川は横浜市など、港町のプライドがあったり、かつて都があった鎌倉などの歴史的価値がある観光都市化していたり、あるいは江の島や湘南など絵になるおしゃれスポットが数多くあることから、何もわざわざ東京に近づける意味などなかったのだ。千葉県民を声を大にして言えない雰囲気があるのか、
故郷を大事にし、プライドを持ってほしい。私は房総半島を旅した時に、温暖で鋸山(日本寺)や九十九里浜の綺麗な海岸線をバイクで走った時に感動したし、犬吠埼や日本一の漁獲量を誇る銚子港などPRできる材料は山ほどある。木更津だって夕日が美しいし、東京湾大観音だって素晴らしい。羨ましい限りだ。
 私は、千葉県は東京に寄せに行くのではなく、独自の文化や情報の発信地になってほしい。

 幾つか例を挙げたが、日本人が思い込んで誤解しているところもある。例えば「阪神タイガース」の本拠地であり、高校野球の夢舞台に「甲子園球場」があるが、大阪にあると思っている方がほとんどだと思うが、「阪神甲子園球場」の所在地は兵庫県西宮市である。また「伯方の塩」で有名な愛媛県松山市にある製造元の会社(伯方塩業株式会社)は、冠として使っている「伯方島」にが工場などはなく、その隣りの大三島と名浜町で製造されている。

 どっちのほうが第三者の方の印象に残るかという視点で決められているようだ。

 さて、本日から予告通り、記事を短めに記載しました。今回のテーマは続編ができそうなので、「あら不思議」と感じたことが出てくれば、また同じタイトルで記事を掲載したいと思います。おそらく、読んだ方も同じ疑問を持ち、共感していただえるように、厳選してお送りしたいと思います。

 

2020年2月14日 (金)

駄菓子屋の想い出

 最近、めっきり少なくなったものに「駄菓子屋」がある。私の少年時代には、そこは子どもたちの社交場だった。店先には子どもたちの自転車が無造作に置かれ、いつもかっぽう着姿のおばあちゃんを囲んでわいわいがやがや楽しく遊んだものだ。「駄菓子屋」はどこの小学校の半径200m以内に複数軒あった。
 何を隠そう、私の実家の両隣りが駄菓子屋だったのだ。そしてお好み焼きや玉子焼き定食を食べさせてくれる駄菓子屋もあって、放課後は、親に反対されながらも、そこの毎日のように入り浸っては、大好きなお菓子に囲まれて夢の時間を過ごしたものだ。それは1個10円程度のお菓子で、10個買っても100円程度の、子どもにとっては有り難い、パラダイスのような場所だった。そしてなぜか買いもしないのに、奥の棚の上には古いプラモデルやおもちゃが山積みに置かれていて、それこそ「こち亀」に出て来そうな佇まいの店が数多く存在していた。
 また、麓山の公会堂の西側にも道路に面した場所に、古い駄菓子屋があった。着物を着た優しいおばあちゃんが店を切り盛りしていた。

Dagashiya

 しかし、最近は、小学校の近辺に駄菓子屋が無くなっていることに愕然としている。子どもは一体、放課後、どこで何をして遊んでいるのか?習い事や塾通い、あるいは家に閉じこもってゲーム三昧の日々を過ごしているのだろうか?少子化の影響もあるのだろうが、あまり、外で元気に遊んでいる子供を見かけなくなったことを残念に思っている。
  でもよく考えてみると、駄菓子屋を知らない世代が増えてきているのに、高校や大学の文化祭を覗いてみると、未だに祭りの夜店の屋台の出し物があったり、駄菓子屋を開いて、来校者に売っていたりする。だから、決して廃れて過去の遺物と化した訳ではない。

 実は、私はあと5年、定年が延長になったとしても7年で、長年勤めた仕事を退職することになる。第二の人生を考えた時に、家に閉じこもっていたら、ボケるのが早まるだろう。そして不健康で病気になったり、体力が落ちて早死にするかもしれないという危惧を抱いている。
 そこで考えたのは、自宅を改装して、極端に減った「駄菓子屋」をしてみたいと考えるようになった。「駄菓子屋」だったら、開店資金もさほどいらないし、プレハブ小屋を増設して、中古の商品棚を安く買い上げて、そこに商品を並べれば手軽に始められるかもしれない。たぶん300万円もあれば開業できるだろう。妻は商売ごとには絶対に反対するに決まっているため、自分だけでやろうと思っている。特に儲けようとは考えていない。所詮、駄菓子は1個10円の世界で、売り上げは期待できない。それよりも小学生が友達同士で溜まって遊べる場を作ってあげたい。
 幸い、自宅の半径100m以内に小学校と中学校がある好立地だ。学校の先生から児童生徒の出入りを禁止されるかもしれないが、闇営業ではなく、事情をちゃんと話して理解を得ようと思う。使う金額は一日ひとり100円以内などの独自のルールを決めたい。そして小学生は17時までに帰宅するよう促す。中学生も部活動をしていない生徒も18時までには帰宅するよう呼びかけ、18時に閉店したい。
 何度も言うが、儲けるのが目的ではない。自分自身の暇つぶしになるし、子どもたちの相手をしてあげることで、自分も若い感覚を保てるし、金の勘定や仕入れ交渉などで頭を使うから、それほど老化を心配しなくてもいいだろう。それに自営であれば、営業日や時間を自分で設定できる。冠婚葬祭や病気。私事旅行などによる「お休み」を自由に決められる。駄菓子は、生ものではないので、商品が傷まない。一石二鳥どころではない・。これが私の老後の楽しみ方だ。

 では、私が小学生の頃に入り浸っていた「駄菓子屋」で、私が好きだった懐かしい商品(駄菓子)を紹介したい。出典は「NAVER」の「懐かしい駄菓子名監180種以上」から引用

 1 モロッコヨーグル(ヨグール)
 2 酢だこさん太郎
 3 キャベツ太郎
 4 うまい棒
 5 フルーツ餅
 6 ベビースターラーメン(袋詰め)
 7 ココアシガレット
 8 マルカワのガム(オレンジ・いちご・グレープ味)
 9 ビンラムネ
10 梅ジャム
11 紋次郎いか
12 糸引き飴
13 粉末ジュース
14 マーブルチョコ(円形) 
15 ヤングドーナツ
16 チョコバット
17 寒天ボー
18 甘いか太郎
19 クッピーラムネ
20 人参(にんじん) ニンジン状のポン菓子
21 スーパーBIGチョコ
22 チロルチョコ
23 ビックリマンチョコ
24 たこせん
25 たこ焼きスナック
26 ミニサワーシリーズ
27 きなこ棒
28 麩菓子
29 ねりあめ
30 ビッグカツ
31 よっちゃんイカ
32 都こんぶ
33 餅太郎
34 カステーラ(花串カステラ)
35 フエラムネ(音が出る)
36 フエガム
37 トンガリ菓子
38 ぬ~ぼ~エアインチョコ
39 きびだんご
40 綿菓子
41 べっこう飴
42 麦チョコ
43 ムギムギ
44 チーズあられ
45 どんどん焼くき
46 玉ようかん(あんこ玉)
47 パンチコーラ・シャンペンサイダー
48 カルメ焼き
49 セロファン包装のラムネ
50 フローレット
51 コインチョコ・メダルチョコ
52 ハイ!トーチャン(カレー風味)
53 サイコロキャラメル
54 森永ラムネ
55 すもも漬け
56 ライスチョコ
57 鯛せんべい
58 カリカリ梅
59 あわ玉
60 チューブ型チョコソフト
61 ねり大当たり
62 あんずボー 
63 ミルクボーロ
64 信玄いか
65 ソースうまかつ
66 ラ・リンカ
67 ブタメン
68 チョコ太郎(ピーナッツの板チョコ)
69 型抜き
70 ニッキ紙

 食べ物以外

71 ようかいけむり
72 スーパーボール
73 アメリカンクラッカー
74 ヨーヨー
75 スーパーボール
76 紙製グライダー
77 めんこ
78 おもちゃの拳銃とBB弾
79 塗り絵ノート
80 シャボン玉
81 スーパーバルーン
82 パンチガム
83 ビー玉・おはじき
84 ゲリラカイト
85 スラム
86 プラモデル
87 コマ
88 知恵の輪(もどき)

 15個くらいの仕切りのある箱に色紙が表面に貼って有って、それを指で突き破って、中の商品を取り出すという「何が出るかわからないガチャガチャ」のような仕組みのものや、ひもが20本程度あって、それをアットランダムに引くと、繋がっている商品が持ち上がって来て、それで当たりを知る駄菓子などもあった。もちろんガラスケースやガラスの瓶に入った美味しい食べ物もあった。

 そんな時代に幼少期を過ごせた自分は、或る意味幸せな時代だったかもしれない。そこには子どもたちの笑い声がこだまして、いつも楽しい時間を過ごしていた。ゲームの熱中し、昔ながらの駄菓子屋の風情を楽しめない今の子供たちは、逆に可哀想にさえ思える。古き佳き時代と言ってしまえばそれまでだが、そうした境遇にあった昭和40年代は、私にとって想い出深い光景に溢れている。

2020年2月13日 (木)

〇〇3人組・3人娘

 三人寄れば文殊の知恵とか3人で「トリオ」などと呼ぶが、今回は、私が独断と偏見で3人を集めて勝手にトリオ化し、3人組や3人娘を作り上げてしまうという体でお送りしたい。

 <女子アナ>

 フジテレビO型女子アナ3人娘・・・宮澤智・宮司愛海・久慈暁子

 フジテレビA型お嬢様風女子アナ3人娘・・・長野翼・椿原慶子・三田友梨佳

 セントフォースO型3人娘・・・長野美郷・伊藤友里・新井恵理那

 結婚したセントフォース3人娘・・・山岸舞彩・長野美郷・伊藤友里 (高見侑里・川田裕美)

 テレビ東京若手女子アナ3人娘・・・田中瞳・森香澄・池谷実悠 

 テレビ朝日O型女子アナ3人娘・・・松尾由美子・林美沙希・田中萌

 テレビ朝日からフリー女子アナ3人娘・・・宇賀なつみ・小川彩佳・竹内由恵

 TBSからフリーになった女子アナ3人娘・・・小林麻耶・田中みな実・宇垣美里 

 日テレ若手女子アナ3人娘・・・市來玲奈・岩田絵里奈・滝菜月

 自らの意志で夭折した日テレ3人娘・・・米森麻美・大杉君江・山本真純

 <タレント>

 不幸が続いた欽ちゃんファミリー・・・高部知子・小西博之・風見慎吾

 今は亡き欽ちゃんファミリー・・・真屋順子・生田悦子・清水由貴子

 幻となった3人組・・・おかわりシスターズ・うしろ髪ひかれ隊・少女隊

 <歌手>

 歌唱力抜群のA型歌姫・・・NOKKO・吉田美和・越智志帆

 歌唱力抜群O型歌姫・・・平原綾香・MISIA・渡辺美里

 帰国子女の歌姫・・・AI・宇多田ヒカル・新妻聖子

 演歌の実力派歌姫・・・天童よしみ・坂本冬美・石川さゆり

 昭和世代は知る幻のグループ・・・コスミックインベンション・アイドル夢工場・ニャンギラス

 解散が早かったユニット・・・ZONE・SPEED・Whiteberry

 3大アイドルグループ・・・おニャン子クラブ・モーニング娘。・AKBグループ

 ファンに衝撃を与えた3人娘・・・岡田有希子・可愛かずみ・上原美優

 孤独な亡くなり方をした3人娘・・・飯島愛・大原麗子・坂井泉水

 若くして病死した3人娘・・・堀江しのぶ・神戸みゆき・本田美奈子

 うつ病から死を選んだ元アイドル・・・堀口綾子・甲斐智枝美・松本友里

 自死した俳優・・・沖田浩之・古尾谷雅人・田中実

   自死した芸人・・・ポール牧・桂枝雀・牧伸二

 <芸能人全般>

 夭逝したアジア3大スター・・・ブルースリー・テレサテン・松田優作

 A型の不祥事タレント・・・東出昌大・徳井義実・木下優樹菜
 A型の不祥事俳優・・・新井浩文・小出恵介・高畑裕太
 麻薬汚染のA型タレント・・・高部あい・沢尻エリカ・田代まさし

 B型の不祥事タレント・・・宮迫博之・坂口杏里・川崎麻世

 AB型の不祥事タレント・・・ピエール瀧・田口淳之介・鈴木杏樹

 さて、かなりの偏向記事になってしまった。あくまで私見としてまとめただけなのでご容赦を。私はテレビに出演している芸能人は影響力が大きいため、犯罪者はそう簡単に復帰させるべきではないと思っている。悪いことをしても一定期間、ほとぼりがさめれば、簡単に復帰を許してしまう芸能界は大甘すぎる体質で、麻薬では清水健太郎、翔、田代まさしのように何度でも手を染める。
 よって、ファンの方には残念かもしれないが、襟を正すという意味であえてここで紹介した。特に、準強姦致傷犯罪の高畑裕太や新井浩文などは絶対に復帰させるべきではない。

2020年2月12日 (水)

私が好きだった懐かしのCM100

 「東京オリンピック」イヤーの2020年を迎えたが、前回の東京五輪から早56年が経過した。1960年代生まれの世代はもう50歳を越える年齢となった。
 以前は50代というといいオジさんで、褒め言葉で言えば「熟年」だが、昭和の頃の50代と比べて、今の50代は若くなったものだ。福山雅治も50代とは思えぬ若々しさを保っているし、キムタクもまたあと3年で五十路を迎えるが、未だに恋愛ドラマに出ても昔と遜色ない。阿部寛は私と同い年だが、昨年には「まだ結婚できない男」に主演し、独身貴族を満喫している中年男を演じたが、男性としてまだまだ魅力十分だし、現役感が滲み出ていた。
 もっとも平均寿命が延び、人生90年の時代を迎えているため、また、喫煙率が低くなり、健康志向が高まっている現代社会において、若づくりや体力の保持増進に勤しむ中年世代が増えたのも要因かもしれない。

 ところで、その世代には、懐かしいと思えることが多々あるような気がする。歳を重ねるごとに、「昔は良かった」などと思えたり、つい口に出してしまうことが多くなった。当時を振り返ると、人間はたとえ嫌なことがあっても、それを美化して良い思い出として記憶に残そうとする働きがあるようで、学生の頃、彼女もいなかったし、そんなに充実した日々を過ごした記憶がないのに、ついそれを取り戻すかのように、振り返っては自分なりに脚色してしまう節がある。
 特に、私は大のテレビっ子だったこともあり、学生時代を回顧する際には、どうしても当時放送されていたテレビ番組やCMなどと重ねてしまう。小学生の頃に流行っていたCM、中学生の頃に放送されていた「ザ・ベストテン」などの人気番組を見て、夢中になっていた歌手とかという具合だ。
 そこで今回は、私と同世代の方々にとって、懐かしすぎる想い出のCMを挙げてみたい。

 <私が1970~1980年代頃に印象に残っているCM>

 1 「ごはんですよ」(ごはんですよは桃屋ですよ)(三木のり平の鞍馬天狗)
 2 「山本山」(上から読んでも山本山 下から読んでも山本山)1979年~ 森の石松

 3 「アロンアルファ」(ウィーリーバイクがくっつく)
 4 「どん兵衛」(どんぶりばっちゃ浮いた浮いた~) 山城新伍・川谷琢三
 5 「黄桜」(カッパンパルンパッパ)
 6 「トリスウィスキー」トリスのキャラクター
 7 「サントリーオールド900」 野坂昭好のソクラテスかプラトンか
 8 「サントリートリスウィスキー」(雨と子犬)1981年

 9 「日本生命」(ニッセイのおばちゃん) 
10 「ナショナルパナカラークイントリックス」坊屋三郎と外人 1974年
11 「オロナミンC」 (大村崑のオロナミンCは小さな巨人です)
12 「パイロット万年筆」ハッパフミフミ(大橋巨泉)
13 「丸八真綿」(高見山関)
14 「違いの分かる男のネスカフェゴールドブレンド」 
15 「マンダム」(チャールズ・ブロンソンの男の世界)
16 「コカ・コーラ」トランザム 
17 「モービル」(気楽に行こうよ俺たちは~)(鈴木ヒロミツ)
18 「龍角散トローチ」 と日記には書いておこう 進士晴久 村地弘美
19 「不二家ハートチョコレート」
20 「丸大ハム」 (腕白でもいいたくましく育ってほしい)
21 「モービル石油」(-30℃の世界ではバナナで釘が打てます。)1980年

22 「サントリーレッド」(少し愛して長く愛して) 大原麗子 1980年
23 「サントリーオールド」(恋は遠い日の花火ではない) (田中裕子)
24 「グリコアーモンドチョコレート」(三浦友和・山口百恵/田原俊彦・松田聖子)
25 「ネスカフェ」 (アムステルダムの朝は早い) ダイアナロス「マホガ二ーのテーマ」
26 「ライオンブルーダイヤ」(美しい白ですブルーダ~イヤ 金・銀・パールプレゼント)
27 「トワイニングテー」オンザクイーンエリザベスⅡ世号)
28 「サントリーホワイト」 サミー・デイビス・ジュニア 
29 「公共広告機構」 軍艦島 1982年

30 「ファンタ」 ファンタスティック!
31 「琵琶湖温泉ホテル紅葉」
32 「ホテル聚楽」(聚楽よ~ん)
33 「東鳩オールレイズン」
34 「キャバレーロンドン」 (ホステスが英国の兵士の制服を着てなぜかラインダンス)
35 「ビタワン」ドッグフード キャロライン洋子
36 「不二家ソフトエクレア」(ユーミンのまぶしい草野球)

37 「愛のスカイライン」ケン&メリー 
38 「ミノルタX-7」 宮崎美子
39 「資生堂舞ピュアレディ」小林麻美 1977年
40 「ノエビア」 女性パイロット クィーン「I was born to love you」
41 「サンスターアーム筆入れ」ゾウが踏んでも壊れない

42 「ユニチカ」手塚さと美 小林亜星
43 「日本生命」「ニッセイレデー友子さん」1989年 三浦智子
44 「エメロンシャンプー&リンス」(カメラに向かって振り向いてください)1971年~1983年
45 「日清サラダ油セット」(夏の元気なごあいさつ)
46 「マルコメみそ」
47 「キッコーマン」間下このみ「ガンバレ!弦さん」 1983年
48 「浅田飴」永六輔 (咳声のどに浅田飴)
49 「カルビーポテトチップス」鶴田真由(風の住む星)
50 「カルビー仮面ライダースナック」仮面ライダーカード&アルバム
51 「カルビーポテトチップス」藤谷美和子(100円でカルビーポテトチップスは買えますが・・・)
52 「リポビタンD」ファイト一発!シリーズ 勝野洋・宮内淳・渡辺裕之・ケインコスギほか
53 「湖池屋ポテトチップス」 (イケイケGO!GO!湖池屋ポテトチ~プス)
54 「サッポロ一番みそラーメン」(サンヨー食品)藤岡琢也

55 「出前一丁」(日清食品)
56 「明星チャルメラ」
57 「サッポロ一番カップスター」(食べたその日から~味のトリコに~トリコになりました ハ・フ・ホ)
58 「ペヤングヌードル」「ペヤング焼きそば」
59 「グロンサン内服液」 (5時から男) 高田純次 1987年
60 「ソニートリニトロン」1975年
61 「ソニーウォークマン」猿
62 「三菱自動車」エリマキトカゲ
63 「資生堂バスボン」松本ちえこ 
64 「ブリヂストン真理ちゃんサイクル」天地真理
65 「日清焼きそばUFO」ピンクレディ
66 「カリーナ」 山口智子
67 「JRA オン・ザ・ターフ」柳葉敏郎・賀来千香子 
68 「日清カップヌードル」Hungry? 原始人たちが崖から落ちる

69 「金鳥」蚊取り線香 (金鳥の夏、日本の夏)
70 「キンチョール」 研ナオコ (ハエが元気に飛んでれら あ、死んでれら)
71 「ピップエレキバン」 比布駅 会長と樹木希林
72 「晩餐館」 焼肉焼いても言え焼くな
73 「銀座ジュエリーマキ」
74 「牛乳石鹸」(♪牛乳せっけん良いせっけん)
75 「明治カール」(おらが~の村にも)
76 「ナショナルマックロード」仲本工事 (マックロードならコマ送りもできますよ)
77 「デンターライオン」(リンゴをかじると歯ぐきから血が出ませんか)福田豊士 
78 「タイホー工業クリンビュー」「ノータッチ」

79 「カルピス」尾崎亜美の曲
80 「ラッキーストライク」 バイクでアメリカの荒野の一本道を行く
81 「キリンオレンジ」(君は光のオレンジギャル)太田裕美
82 「ヤクルトタフマン」 伊東四朗
83 「公共広告機構」鬼 (あいさつできん奴は食ってしまうぞ)
84 「アルペン」松本典子 真木蔵人 加藤晴彦
85 「JR東海」ハックルベリーエクスプレス
86 「JR東海」シンデレラエクスプレス
87 「カネボウサンケーキクッキー」夏目雅子

88 「ハウスバーモントカレー」西城秀樹 (リンゴとはちみつとろ~りとけてる 秀樹感激!)
89 「清酒大関」(酒は大関~心意気~) 渡哲也
90 「フジカラー」(美しい方はより美しく そうでない方はそれなりに写ります) 樹木希林と岸本佳代子
91 「サクラカラー」 現在の「コニカ」のフィルム部門の商標 かつては富士フィルムとサクラカラーの2大フィルム会社
92 「山一證券」「山一しょうけん~」というジングルが今では哀愁を感じる
93 「TOTOウォシュレット」戸川純 (おしりもきれいに洗いたい)
94 「日立」この木なんの木
95 「丸大ハンバーグ」(ハ~リハ~リフレハリホ~大きくなれよ)
96 「三洋電機」久保田早紀 異邦人

97 「スーパーニッカ」昴 谷村新司 
98 「国鉄いい日旅立ち」山口百恵
99 「サントリーSweet Memories」ペンギン
100  「ノエビアコスメティックルネッサンス」イラスト鶴田一郎


 こうしてみると名作にはウィスキーとコーヒーのCMが多い気がする。

  https://www.youtube.com/watch?v=wz40ityUJDc

 多分、首都圏の方は「伊東温泉ハトヤ」とか「ナボナはお菓子のホームラン王です」「石丸電気」、「LAOX」、「ビッグカメラ」などのジングルやBGMソングが記憶にあると思うが、私の居住する地方ではやっていなかった。
 90年代以降は、世相を反映して消費者金融のCMが多かった。清水彰吾とチワワ犬が登場s瑠「どうするアイフル?」、安田美沙子や小野真弓の「アコム」、東原亜希の「レイク」、そして極めつけは「武富士ダンサーズ」のCMが人気があった。
 2000年代には山崎努と豊川悦司の対決シリーズの「サッポロ黒ラベル」、石原さとみ、新垣結衣の「ポッキー」などのCMが流行った。

 私自身はCMは或る意味、「時代を映す鏡」のようなものだと考えている。ドラマやバラエティ番組、映画などの隙間にCMが流れると、席を立って用を済ませることが多いが、私はそこで流れるCMにこそ真価があるように思えてならない。80年代のバブル期は「車」のCMが隆盛したし、23時を過ぎると「タバコ」のCMが一気に流された。夕方の地方ニュースの時間帯、ゴールデンタイム、深夜時間など、それぞれの時間帯でしか放送されないCMというのもあった。面白いのは或るタレントが、スポンサーとの契約が切れ、他社のライバル会社のCMに出演したりする。例えば、明治チョコのCMだったのに、契約が満了して、すぐにロッテや森永のチョコのCMに出ているというケースもあった。

2020年2月11日 (火)

最近のテレビについて

 「テレビ事情」というほどではないが、もうかれこれ半世紀近く、テレビを見続けて来た私にとって、それは一番の娯楽と言えるが、その間、多くの番組が生まれては消えて行った。視聴率が稼げず、あえなく放送打ち切りになった番組もあれば、過当競争に負けて終了したものも少なくない。あれほど栄華を誇ったTBSの「8時だョ!全員集合」でさえも、マンネリ化と同時刻に始まった「オレたちひょうきん族」に押されて、視聴率がガタ落ちし、長年のお茶の間の人気番組にピリオドを打った。
 さて、最近、若者が恋愛ドラマを見なくなった。私が20代の頃はバブル期にあって、「月9」を始めとする「恋愛もの」が大流行していて、それらを恋愛バイブルにしていた節がある。今の若者は、恋愛や結婚にあまり固執していない印象を受ける。当時からするとドラマだけでなく、時代劇やバラエティまでもが様変わりし、テレビ事情は大きく変貌してきている。あのお堅いNHKですら路線変更で、紅白を見ていても、視聴者に迎合している「軽めの演出」が目立つようになり、残念にさえ思える。
 諸々の事情を勘案して、本日は、最近のテレビについて思うことを列挙したい。

 1 笑点がつまらなくなった

 「笑点」は、かつて月曜日の「水戸黄門」と同様、日曜日の夕方に家族そろってお茶の間で見るような国民的番組だった。しかし、桂歌丸さんが亡くなって以降、まったくもってつまらなくなった。その原因を私なりに述べたい。

Syouten

 ① 司会の春風亭昇太はほとんど座布団をくれない。10枚突破はまず無理。

 ② データ放送のdボタンで視聴者も参加できる座布団差し上げ&取り上げだが、大喜利が始まった途端に「たい平」の数が急上昇し、毎回1 
  位で終了する。あれはどう見ても地元秩父の組織票としか思えない。それか同じ日テレの「24時間マラソンランナー」として貢献したこ
  とでスタッフが操作しているのかもしれない。
   一方、三平さんは毎回最下位。それどころか毎回0点だ。どうみてもおかしい。どんなに良い答えを言っても毎回同じ結果だ。作為的。

 ③ ワンパターンすぎる回答と傾向
   ・たい平=ものまね(野村監督・八村塁・ルパン・花火)、山田いじり、小遊三の故郷の大月を蔑む発言
   ・小遊三=下ネタ(壇蜜・袋とじ)、いないいないアランドロン 自販機の下に小銭
   ・圓楽=政治ネタ、ちくりと風刺ネタ たい平とグータッチ 司会替われ
   ・木久扇=物忘れネタ、木久蔵ラーメンネタ いや~んバッカ~ンネタ
   ・好楽=貧乏ネタ 自虐ネタ 
   ・三平=なぜか人気がない 海老名家の自虐ネタ たまに良い答えを出すのに、なんかシラけている

 ④ たい平の回答がやたら長い 自己中

 ⑤ 座布団運び山田くんの空気の読めない長すぎる挨拶(落語家ではないのにオチをつける努力)

 ⑥ 昇太が結婚して1年経つのに、いまだに新婚ネタでいじろうとする 新鮮さに欠ける

 毎回毎回、お題は異なっていても、オチが同じで先が読めてしまうからつまらない。昇太の司会もイマイチ。マンネリやワンパターン化しており、20年前までは週間視聴率で朝ドラ、サザエさんと並んでトップ3に君臨していたのに、今では10位前後で20%もいかない。もう日曜日のお楽しみとは言い難い状況だ。おそらく毎週欠かさず観るのは50代以上の方々ではないか?

 2 フジテレビの凋落は著しい

 フジと言えば、恋愛ドラマの王道を突き進んでいたし、バラエティ番組でもアットホームな印象で高視聴率をキープする番組が多かった。女子アナも視聴者に近しい存在だったし、それが今やその見る影もない悲惨な状況だ。何を根拠にそう言っているか?
 毎週朝日新聞などに掲載される、週間視聴率調査(ビデオリサーチ調べ)では、トップ20位にひとつも入っていないことが、ここ何週間も続いている。単発のスポーツ中継(フィギュアスケート・バレーボールなど)ではたまにランクインすることがあるが、レギュラー番組はゼロという悲惨な状況が続いている。
 20世紀末まで、あれほど栄華を誇ったフジテレビに何があったのか?私はフジテレビを地元の福島テレビ(FTV)がネットしている関係で、フジテレビ系列を中心に見ている。「FTVテレポートプラス」や「サタふく」などお気に入りの番組が多いのもそうだが、テレビ東京系列の半年遅れで放送される「モヤさま2」や「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」、「出川哲朗の充電させてくれませんか」、「開運なんでも鑑定団」などが大好きで放送がある日は毎回見ている。なぜ半年近く遅れてやっているかというと、放送権というのがあって、キーステーションで放送後、半年以上経過した番組は、格安で購入できるからだ。だから夏の番組を冬に数か月遅れで放送しているのだ。

Fujitv
 
 かつて、フジテレビと言えば、「月9ドラマ」、「サザエさん」、「ちびまる子ちゃん」など、上位にランキングされる番組が多かった。なのに、この凋落ぶりは何が原因なのか?
 これはBSなどで昼間の時間帯を中心に、主婦層に迎合しての「韓国ドラマ」ばかりを流していることへの反発が大きい。広告収入が大幅に減り、経営が厳しくなった。かつてはアナウンサーの給料が民放でダントツの1位だったフジだが、今ではフリーになる女子アナも多く、人気がない。
 かつては中井美穂、八木亜希子、木佐彩子、内田恭子、小島奈津美、高木広子、高島彩、中野美奈子、中村仁美、長野翼、松尾翠、本田朋子、加藤綾子などの人気アナがこぞって退社してしまい、魅力が無くなった。今でも三田友梨佳アナ、椿原慶子アナ、宮澤智アナ、宮司愛美アナ、久慈暁子アナなどの人気アナが所属しているが、可愛い子ちゃんばかりで個性が無くなった。
 或る報道では、アナウンサー採用がコネが横行しているというのだ。サッカーJリーガーの永島昭浩の娘、藤井フミヤの息子、陣内孝則の息子、高橋英樹の娘、高島彩や生野陽子もコネで入社との専らの話。そしてアナウンス部の不祥事も多い。死亡事故を起こした女子アナもいるし、同局アナウンサー同士の結婚・離婚など。

 これほど視聴率が低迷している現状にいたっても、フジテレビはあまり危機感を抱いているように思えない。番組コンセプトを刷新するなどの方策もあまり見受けられない。1月27日(月)~2月2日(日)の週の視聴率で、フジテレビの番組で10%を超えたのは、ひとつもなかった。もっとも高かった「サザエさん」でも9.3%止まりだった。ちなみにNHKの最高は朝ドラの「スカーレット」が19.6%、日テレは「笑点」が17.1%、TBSは「サンデーモーニング」が15.5%、テレビ朝日が「ポツンと一軒家」で18.8%だった。「ポツンと一軒家」は毎週、総合ランクで3位に入るほどの人気番組になった。今一番飛ぶ鳥を落とす勢いがある。
 フジテレビが復活できないのは、軸となる看板番組がゴールデンを中心に皆無であることだ。毎週欠かさず観たい番組がないと、かなり厳しい状況が続きそうだ。

 
    

2020年2月10日 (月)

私が感涙した記事

 これは2月6日にネットに掲載されたコラムのようなニュース記事で、出典は「ダイヤモンドオンライン」だ。盗作ではなく、引用ということでご理解いただきたい。
 それほど日本人の性格を巧みに描写した秀逸した記事だったということだ。


「新型肺炎が猛威をふるう中国で、日本の対応がやたらと称賛される理由」


 新型肺炎が猛威を振るっている中国では、人々は家に閉じ込もり、ひたすらスマホをいじる生活を強いられている。そんな中、中国のSNSやネットメディアでは、やたらと日本を称賛するニュースやコメントが目立つ。そんな中国人の心情や本音とは。中国・上海出身で日本在住の筆者が考察してみた。(日中福祉プランニング代表 王 青)

● ネット上にあふれる 日本を称賛する声
 新型肺炎は中国にとどまらず、世界への拡散の勢いが止まらない。感染者がどんどん増えつつあり、死亡者数も増加する一方である。
 中国では、旧正月(春節)の期間が終わっても、政府から休暇延期や在宅勤務などの通知が出て、人々は自宅に閉じ込もり、不安な日々を過ごしている。
 そのため、人々はスマホでSNSやネットサーフィンをして過ごしている。結果、SNSへのアクセスは劇的に増え、さまざまな情報が飛び交っている。
 その中でも、特に目を引くのが、日本を称賛する声。「日本、ありがとう!」とのコメントがあふれ、日本にまつわる美談が次から次へと拡散されているのだ。
 これは一体、どういうことだろうか。
 まず、日本は世界中で最も早く中国に支援の手を差し伸べた国である。1月27日時点で、外相や自民党幹事長ら政治家が中国へ「支援物資」を送り、「できるだけのことを国を挙げて行い、全力で支援する」と表明した。そして「親戚が病になった、こういう思いで日本人はみんな思っております。中国の皆さんが一日も早く奮起して、元気になってもらいたいと思っています」と語ったことなどが中国で報道された。

 日本が国と民間を挙げて素早く中国への支援活動を始めたことに対して、中国のネットユーザーが相次いで反応したのだ。
 ほぼ同じ時期に、北朝鮮やフィリピンが「中国人の入国拒否をした」と報じられ、また韓国では数十万人規模の中国人入国拒否の署名活動が行われていることが大きく報じられた。このため、日本はこれらの国々とは大きく一線を画す格好となった。
 SNS上では、特に中国経済に依存してきた北朝鮮や韓国、かつて同じイデオロギーで結ばれていたロシアに対して「恨み節」ともいえる厳しい声が多く見られる。象徴的なのは、次のようなコメントである。

 「日ごろ『兄弟』と称し、さんざんわが国からお金を吸い取る国、そして自国の経済があれだけわが国に依存している国、この困難な時期にこのような行動をとるのが、まさに『落井下石』だ(井戸に落ちた人を助けないばかりか石を投げ込む。人の危急につけこんで打撃を加えること)、本性が表れた!」

● 日本からの支援物資到着のニュースが 次々と報道
 日本に対する感謝の声で最も象徴的なのが、下記のコメントであると思う。
 「日本は『雪中送炭』だ(困窮している人に物資を送ったりして助けること)。誰が真の友人か、見分けることができた。民度の違いが一目瞭然だ!」
 こうした声が上がるきっかけになったのは、中国と姉妹都市になっている日本の地方自治体や政府、企業から早々に救援物資が届けられたというニュースだ。
 武漢と姉妹都市の大分市は、さっそく3万枚のマスク含む支援物資を武漢に送った。「武漢、加油!」(武漢、頑張れ!)とのメッセージを添えていた。続いて、茨城県水戸市は重慶に5万枚のマスクを寄贈した。そのほか、イトーヨーカドーやその他の日系企業が、マスクや防護服などの支援物資を次から次へと送った。

 また、日本政府が対策本部を設置、安倍首相が自ら指揮を執る姿がテレビで流れ、そして、武漢へチャーター便を出すときに支援物資をいっぱい積んで飛ばしたことなど、日本からの一連の支援活動がマスコミに大々的に報道され、拡散された。

 SNS上では、瞬時におびただしいコメントが寄せられた。
 「本当に感動した!ありがとう!の一言に尽きる」
 「この恩を忘れません!いつかお返ししたいと思う」
 「自ら真剣に取り組む安倍首相がカッコいい!」
 「これに対して武漢の人は自粛が足らず、日本へ旅行に行くなど、極めて自己中心の行為だ。日本に迷惑をかけて、申し訳ないと思っている」
 「マスクの値上がりに便乗してもうけようとしているわが同胞よ、日本を見習え!」
 などなど…。
 一方、「日本では既にマスクが全然売っていない。特にこれから花粉症の時期なのに、日本の人たちには申し訳ない」といった声もある。

● 多くの中国人の心をとらえた 8文字のメッセージ
 とりわけ話題となり、人々に感動を与えた出来事がある。あるネットニュースには7000以上コメントが寄せられ、31万超の「いいね」がついていたほどだ。このニュースは、中国中に拡散されている。
 それは、漢語水平考試(HSK)日本事務局が、中国湖北省に送る支援物資の段ボールに添えた1枚のメッセージ。「山川異域、風月同天」(山と川は違っても、同じ風が吹いて同じ月を見る。場所は違っても同じ自然や志でつながっているという意味)の8文字であった。
 この言葉の由来は、中国の唐の時代の高僧である鑑真和上の伝記「唐大和上東征伝」によると、日本の長屋王が唐に送った千着の袈裟(けさ)に刺しゅうされていた一文のようだ。その刺しゅうでは「山川異域 風月同天 寄諸仏子 共結来縁」と縫われており、これに心を動かされた鑑真和上が、苦難と死を覚悟で日本に行く決意を決めたと言われている。
 この文学的で詩のようなメッセージは、たちまち多くの中国人の心をとらえた。

 「なんとも優雅で、教養があり、文化的だ!」
 「適切すぎる、愛に国境なし!まさに、今の日中関係を表している」
 「山川異域、風月同天は、今の言葉でいうと、運命共同体であろう」
 「美しい!山河は違えど、同じ風が吹き同じ月を見る。一瞬涙が出た…」
 「ある意味では、きちんと中国の文化を伝承しているのが日本だ!」

 今は、世界への感染流行が拡大している、世界各国の政府がこれまでにとったさまざまな水際対策による入国拒否、航空便中止、ビザ発給中止、アジア人差別などの動きも多く報道されている。

  ほかにも、中国のSNSで大フィーバーとなって称賛されているのが、「日本の小学校から保護者への一通の手紙」とされるプリントの写真だ。
 それは、「新型コロナウイルスに関連する人権問題への配慮についてのお願い」であった。プリントには、うがいや手洗いなどのウイルスの感染予防の注意事項が書かれた後、次のような一文が続いていた。
 「ニュースやネットでの情報が広がるに従い、中華人民共和国や武漢市という地域、ここにかかわりのある人々へのいわれなき差別発言等が懸念されます。ご家庭におかれましては、お子さんとの語らいの中で、正しい人権意識が育つようにご配慮願います」。

 この手紙の内容は中国語に翻訳され、中国の人々に感動を呼んだ。
 SNSでは、
 「これが日本の教育というものだ。心が温まった!」
 「われわれが他国に迷惑をかけて、そして武漢の人々を差別しているのに、日本の小学校でさえ、このような人権を尊重する教育している。本当に恥ずかしい!」
 「先が見えない中で、このようなニュースを見て、なんか一抹の希望を見えた」
 「何と言えばいいのかわからない、泣けた!」
 などの感動するコメントがたくさんつづられた。

 ただし、このプリント自体の真偽は不明である。筆者が見たSNSで出回っている写真は、誰かが翻訳した中国語が併記されている。小学校名などは隠されているので確認できないが、大元となっているプリントの写真らしきものを、日本のSNSやまとめサイトから発見できた。どうやら、もともとは日本のSNSから発信されたようではあるが、その投稿者は逆の意図で中国の現在の体制や甘い対応をする日本の小学校と日教組を批判する材料としてアップしたようである。つまり、その写真が本当に大元なのであれば、最初の投稿者の意に反する格好で、好意的に中国で拡散されているということになる。

● 中国のさまざまな事情への 不満の表れもある
 いつの時代にも、どこの国にも、差別的な考えをする人々は少なからずいる。
 そもそも中国人もすべての日本人が好意的ではないことは承知している。当初は、日本の一部の飲食店が中国人の入店を拒否したとのニュースも流れた。
 それでも「肌感覚」ではあるが、新型肺炎をめぐっては「日本と日本人は冷静な対応をしている」という日本への好意的なニュースが多い。
 正直なところ、中国の国民の気持ちとしてはやや複雑であるようだ。
 日本のような文明国家が人道的な支援を行い、首相が自ら積極的に取り組む姿勢を見て、感謝をしているのは、自国で情報の隠蔽や国の遅れた対策など、中国のさまざまな事情への不満の表れでもあるといえよう。

 とはいえ、実際に日本人から親切にされたという中国人の声も少なくないようだ。世界から冷たい視線を注がれる中国の人たちにとっては、こういう困難の時期こそ、少しでも助けてくれる相手には心が打たれ、感謝の気持ちが高まる。
 筆者も先日フェイスブックで、知人が運営する中国の高齢者介護施設が感染予防のため外出禁止にし、介護スタッフが自分の家庭を顧みず、施設に泊まり込みで入居者を見守る中で、マスクが大変不足して困っている…という内容の投稿をした。
 すると、日本人の多くの方々からご心配やご協力をいただき、胸がいっぱいになった。
 それは中国にいる人たちも同じであろう。いろいろな臆測や情報が飛び交い、先が見ない不安や恐怖を抱えている中で、日本からの気遣いがどんなに心の慰めとなり、救われたことだろう。

● 多くの自然災害を経験した 日本人だから他人の痛みがわかる
 これはそもそも日本人が地震や洪水など多くの自然災害を体験し、相互に助け合う精神が養われているからではないだろうか。
 例えば、2011年の東日本大震災のときに、原発事故で日本が経験したことは、日本人にとって忘れることのできない記憶であろう。当時、福島県民だけではなく、日本全体が世界中から原発事故の風評被害や差別を受けたことは記憶に新しい。
 今の中国で起きていることと似たような体験として、思い起こした方々も多いのかもしれない。そのときも「あれは天災ではなく人災だ」といわれ、今の中国の人々と同様に、多くの日本人も同じ痛みを味わったに違いない。
 災害が起きたとき、最も厳しい立場に置かれるのは一般市民である。そのようなときにこそ、SNSや自動翻訳の技術革新は、誤った情報を拡散するという負の役割を果たす半面、人々に大きな希望を与えるという素晴らしい役割も果たす。国境を超えた市民同士の助け合いにより、共に乗り越えようという姿勢が今後ますます強まってくるに違いない。

 <私見>

 日本人の振る舞いやものの考え方は、温厚かつ寛容。自己犠牲を厭わず、他者を助けようとする。どこかの隣国ように批判好きだったり、相手が立ち直れなくなるまで叩きのめすという発想は微塵もない。伊達直人のケースもそうだったが、「困った人を見たら放っておけない。」という昔ながらの風潮や気遣いが今でも脈々と日本人の血に受け継がれていて、うれしく思うし、これぞ大和魂というのも見せられた思いだ。
 まさにそれは「情けは人の為ならず」という言葉に言い表されている。曲解している人もいるが、これは「情けは人の為にならないからかけないほうがいい」という意味ではない。「情けをかけるのは、いずれ巡り巡って自分が困っている時に、助けを必要としている時に同じ恩義をかけてもらえる」から人には親切に振舞うべきだという趣旨だ。一見すると、それは計算高く思えるかもしれないが、決してずる賢い発想のものではない。

 日本人の特徴として、自ら善い行いをして人から感謝されることを好む傾向がある。時にはとっつきにくい印象を受けるが、根本的にこれほど人に優しく接することができるのは日本人ならではだ。テレビの「ダーツの旅」で、地方の村に行くと、取材陣を歓待し、ご馳走し、採れたての野菜や果物を土産に渡すという光景はまさにおもてなし文化の神髄を垣間見た思いだ。

 とりわけ私は福島県民で、東日本大震災の際に、心無い風評で苦しんだひとりだし、愛する故郷をけなされることが心痛む出来事だった。だから人の痛みがよくわかる。
一方で、9年経った今でもいちゃもんを吹っかけ、放射能問題を世界各国に吹聴したり拡散し、悪者扱いしようと画策する意地汚い国が近くにあるのは絶対に許せない。
 中国の武漢の人たちだって被害者なのに、同じ中国の他地方の同胞が、助けもしないで見捨てる発言や行動をとるのは卑劣極まりない。せめて日本人だけは、困っている人に手を差し伸べる性質が時代が変わっても変わらないであり続けるのは、或る意味誇りにさえ思える。

 日本でマスク不足に陥っても、困ってる中国人の助けになるならと、自らが感染するかもしれない危険を顧みずに、大量のマスク、防護服や薬品を送る支援活動は、日本が先駆けて行い、全世界から称賛されている。そこにはおそらく恩を売るなどの打算的な発想はないし、見返りを要求してのものではない。無償の援助にほかならない。
 やはり東日本大震災の際に、台湾を始め世界中から多くの支援を頂いた感謝の気持ちをいつまでも持ち続けるのが日本人ならではではないのか?70年以上に終わった戦争のことをいつまでも根に持ち、ことあるごとに攻撃対象にする某国とは雲泥の差だ。大陸の国は競争心が強く、優劣をつけたがる。自分のほうが上だとくだらない虚勢を張って相手を見下す傾向は強い。そこから考えると日本は島国で、大陸の影響を受けてこなかったために独自の思想が定着した。それに地震や噴火、津波などで昔から自然災害が多い風土で、その都度、人々は互いに寄り添い、助け合いながら生き抜いてきたから、「支援」の概念が育ったのだ。


 私も反省すべき部分が多いが、ヘイトスピーチをして民族意識を高める手法というのは、一見、自己主張がきちんとされているように見えるが、実は、それをやればやるほど実際は、自分の首を絞め、すべてブーメランのようにいずれは自分に跳ね返って来て、いざ自分が助けを必要としているときに、助けてもらえないという事態を招く。
 どちらが善でどちらが悪かは一目瞭然。日本人の基本精神を忘れず、いついかなる時も、困っている人には手を差し伸べる、そんな民度の高い国民性を忘れないでほしい。

 最後に、忘れかけていた日本人の根本精神を思い出させてくれ、日本人としての在り方を問いただしてくれた「ダイヤモンドオンライン」の記事に感謝したい。

2020年2月 9日 (日)

Serchinaに見る日本人観

 どちらかと言えば日本への批判が多く、否定的見方(論評やコラムなど)をする「Record China」とは違い、「Serchina」は同じ中国・韓国の記事を扱う日本語版ネットニュースでありながら、日本を賞賛したり友好的な記事が多い。
 もちろん私は「Serchina」をよく読んでいるのは言うまでもないが、一方では翻訳をしている記者が、そのような好意的な記事を少ない中から選び抜いて掲載している点もあながち否定できないかもしれないが・・・。
 では、最近掲載された「Serchina」の幾つかの記事のタイトルから、中国人が日本人をどう見ているかについて私なりの見解を述べてみたい。

 1 洗濯機を持っていても日本人がコインランドリーを利用するのはなぜか(2/5掲載記事)

 「経済産業省」の調査では、日本の家庭の電気洗濯機の普及率は98%以上にも上る。凄いのは共働きの世帯では乾燥機付きの電気洗濯機を保有している家庭は約58%にもなる。したがって、統計でもわかる通り、わざわざ数百円の追加出費を払ってまでして、外出してコインランドリーを遣う必要などどこにもない。私が思うに、洗濯機は所有していても乾燥機付きは、6割程度とまだまだ普及しているとは言えない。だから、梅雨時は部屋干しすると半渇きの特有の湿った臭いが漂うのを嫌がるのではないか?一度に大量に洗濯し、大量に乾かせるコインランドリーのほうが良い手軽なのではないか?
 それに1時間程度なら暇つぶしに、備え付けの雑誌や漫画を読むことができる。また、記事にあるように、コインランドリーに使われる洗剤は、除菌効果に優れていて、家庭用は落ちにくい汚れでも、結構きれいに落とせるのも魅力の一つだろう。
 世界的に清潔で「きれい好き」と言われている日本人が神経質なまでに不潔を嫌う傾向が如実に表れていると見る中国人が多数を占める。そして極めつけは、中国に比べ、断然空と空気が綺麗な日本において、日本人の家庭で空気清浄機能付きのエアコンや、個別の除湿器や加湿器を置いている概念が信じられないのだそうだ。日本人はどこまで綺麗にしないと気が済まない民族なのかと。確かにそうだ。夏は高温多湿の日本では、エアコンは必需品で、二人以上の世帯では普及率はなんと90%を超えた。温暖化によって「酷暑」であったり、熱中症で亡くなる高齢者が増え、爆発的にエアコンの購入が増えたことが要因。一人暮らしの高齢者世帯でも約8割がエアコンがるという調査結果がある。確かに「ボンビーガール」などでも物件探しを行う際、ほとんどのアパートマンションの部屋にエアコンが標準で付いている。
 また、梅雨やゲリラ豪雨によって、洗濯物を部屋干しする家庭が増え、除湿機や空気清浄機能搭載のエアコンが普及した結果だ。 

 このような話題に対しても中国人は不思議に思うのだそうだ。洗濯ひとつにしても文化や風習の違いを垣間見ることができる。


 2 中国人が語る日本の生活「こんなにも暮らしやすいなんて!」(2/4掲載記事)


 中国は共産党支配であり、「言論統制」があって、ネットなどで自由に意見を主張できない部分がある。従前には、戦争を知るお年寄り世代を中心に、日本に対しては怒りや抗日の対象でしかなかった。今でも抗日ドラマは視聴率が高く、戦後、急進的な軽x在発展を遂げてアジア唯一の先進国の仲間入りを果たした日本を「小国日本」と言って蔑み、馬鹿にするやり玉の存在だった。そして「日本に追いつけ追い越せ」を旗印に急激な発展を続けて来た。この30年で経済的にも裕福になりアメリカを揺るがすほど大きく変貌した。私の世代では、昭和の中国としては、人民は人民服を着て、自転車で大量に移動し、公園では太極拳を大勢でやっていて、まがい物を観光客に高額で売りつける悪者が横行しているようなマイナスイメージのほうが大きかった。
 それが、裕福で経済大国化し、春節で日本に大量に押しかけて炊飯器などの家電製品や医薬品などを「爆買い」している中国人が、日本のほうが暮らしやすい」とは、どんな良賢なのか?
 中国人が日本に旅行などで訪れると、まずその空の青さに驚く。大都市でありながら空気がきれいだと。都市部や農村部でもさほど貧富の差がなく、きれいに整備されている。国土が狭い分、高速交通網が発達しており、時間をかけずに旅行や仕事で人的交流が行えている。スポーツにしても各種目で各地区の大会や、勝ち上がると全国大会に出場し、高いレベルで競技が行える。特に中国ではまったく考えられない「高校野球」や「サッカー」がこれほどの盛り上がりを見せ、もはや国民的行事になっている点を不思議に思えるのだそうだ。広大で多くの民族が点在している中国では、これほど国民が熱狂し、ひとつになれるものがあることを羨ましく感じるそうだ。
 暮らし向きはというと、移動する際にも鉄道やバスなどの交通網が整備されており、しかも時間が正確。街角にはゴミが無い清潔さ。コンビニやドラッグストア、またダイソーやドンキなどは安価で高品質な物が多種多様に揃い、何でも手に入る。おしゃれな雑貨や衣料品、使う人の見になって考えた便利な文房具用品、かわいらしいグッズやスイーツなど引く手あまただ。それらは流行の発信地の渋谷や原宿だけでなく、日本全国で購入できるからなお有難いようだ。
 

 3 なぜ日本のサラリーマンは手作り弁当持参なの?(2/1掲載記事)

 日本人が当たり前の習慣だと思っていることに疑問を感じるのが中国人だ。、日本には駅弁やコンビニ弁当、そして、ファーストフードやレストランなどの飲食店が多数存在するのに、朝早く起きて調理し、手間もかかる手製弁当を持参するのか不思議なようだ。
 これはコンビニ弁当にはない利点がたくさんあると思う。
 まず、若い夫婦であれば、奥さんが作ってくれた弁当に愛情を感じ、「今日も仕事を頑張るぞ」という気持ちになれる。そして好きな物しか選ばないコンビニ弁当とは違い、野菜や肉、果物などが盛り付けられ、栄養バランスを考えたメニューとなる。弁当は朝ごはんや夕食のおかずと同調しており、意外にも無駄が少ない。夕食でおかずを作る際に、翌朝のお弁当の分のおかずとして一部は使えるという寸法だ。
 それに可愛らしいデザインの弁当箱があって、洗えば何度でも使えるため、環境にも優しい。さらには「ランチジャー」のような冷めにくい構造の一体型の弁当箱があり、それには味噌汁さえも入る凄さだ。
 一方の中国は、手弁当のような習慣はなく、昔の日本のそば屋のような出前(デリバリー)や店先で買ってテイクアウトするような昼食の取り方らしい。これでは味気がないし、栄養が偏ってしまう。

 やはり愛情のかけ方が日本の独特な思いやりやおもてなし文化を生む原動力になっている気がする。
 

 4 運転免許の取得が「こんなにも難しい日本」(2/6掲載記事)

 しかも教習料金が高額で、普通免許では卒業までに33万円程度かかる。これは中国人の目からすれば異常で、「日本人はそんなに機械オンチなの?」との疑念を抱くのだそうだ。もちろんそんなことはなく、日本のように狭い道路、交通量が多い道路を走行する際には、事故を起こさない細心の注意が必要で、これも他人に迷惑をかけない文化が染みついていることが理由に挙げられる。
 確かに「Youtube」などを見れば、中国人による自己中すぎる運転は目に余るものがあり、事故の頻度も高いし、大きな事故が多い。そこに交通ルールがあるとは到底思えないような惨状だ。街中では交通量が激しいのに信号がなく、我先にというドライバーでヒヤッとする場面は日常茶飯事だし、またそこらじゅうで甲高いクラクションが鳴り響強いていて、日本人には心臓に悪い光景がどこにでもある。
 私見では、日本でこれほどまでに免許取得を難しくしている要因は、日本自体が「マイカー文化」で、地方に行けば鉄道やバスよりも貴重な生活の足として重宝されている。ゆえに免許取得人口も多い。就職する際には運転免許は必需品となっている。
 日本は交差点や信号が多い。一時停止、都会では踏切も数多くある。道幅が狭く、一方通行もやたらと多い。だから、中国人のような発想で運転されれば、事故率は高くなり事故死の数も膨大になる。
 日本の交通事情は気を遣わなければならないケースが山ほどある。路面電車のある地方ではなおさらだし、覚えなければならない交通標識だって多すぎる。そして事故を減らすためには各都道府県の警察は、取り締まりも厳しい。要所に白バイが待ち構えるように見張っており、信号無視や一時停止違反、速度超過は許さない。校外であっても主要国道や高速では覆面パトカーが流しているし、県道などでもネズミ捕りやレーダーパトが目を光らせ、特に高速道路では無人の取り締まり機のオービスが設置されている。最近は移動式のオービスまで配置され、徹底している。もちろん夜間は飲酒検問まで行う念の入れようだ。
 中国人などはシートベルトを締めていないだけで違反で反則金を取られるなどの制度は理解できないと思う。ベルト着用の有無は自己責任であり、死んでも自分が悪いだけなのに、他人の命にまでお節介を焼く日本の法制度にいささか疑問を持つのだそうだ。
 ゆえに、事故を起こさないための方策として、日本では免許を取得するまでの過程で、或る意味無理難題を与え、それをクリアしたものだけが晴れて免許を手にできるシステムになっている。これはもちろん、日本人の根底にある「人に迷惑をかけない」文化の賜物だろう。事故を起こせば被害者は迷惑だし、その家族の生活も変わる可能性がある。事故処理にあたる警察官や救急隊員の労力も馬鹿にできないし、一つの事故がもたらす影響は計り知れない。それがもし、踏切や高速で起きれば、足止めを食った乗客やドライバーに多大な迷惑を及ぼすことになる。
 安易にかつ危険な運転をしないように、苦労して取得した免許を無にしないように、取得までの道のりを長く難しくする意図もあるのかもしれない。
 私は、やはり高齢者がアクセルとブレーキの踏み間違いなどによる事故がこれほど多くっている現状を鑑みて、75歳以上、つまり後期高齢者の年齢になったら、免許を無効にする手立てが必要だと思う。個人差があって、批判があるかもしれないが、免許の取得年齢が普通車が18歳以上と決まっている以上、上限があって然るべきだと思っている。加齢によって、運動能力や反射神経が衰えるのだから、一定の年齢で切っても文句は言えない。現に50歳を迎えれば、誰もが老眼の症状が現れる
し、65歳頃を過ぎれば、聴力が弱まり、聞き取りづらくなる。当然、とっさの場合の判断力や運転操作も鈍くなるのは必然。
 中国人が疑問に思っている以上に、日本の法制度は厳しく細分化しているが、それは痛ましい交通事故を防ぐための未然の自己防衛策ということに尽きると思う。

 

 さて、一般的に、「Serchina」によく書かれている日本人の特徴で共通しているのは、日本人が清潔な民族であること、日本人は他人に迷惑をかける行為を極端に嫌うこと、そして時間に正確で、秩序が保たれていること、公共マナーを遵守していることなどが一様に書かれている。確かに毎日犯罪のニュースが各地で報道されてはいるが、外国と比べ、相対的に見れば安全だと言えるだろう。
 また、近年は日本で学ぶ留学生や日本の企業に就職して働くビジネスマンが増加している。日本独自の風習や生活習慣に最初は戸惑いながらも、長く暮らすと、その利便性や優れた日本文化に唸るという。電車はほぼ時刻表通りに運行するし、街角には自動販売機が溢れ、24時間営業のコンビニも数百メートル間隔であり、100均まであってどこでも何でも安く手に入る。
 そして通りにはゴミ箱がないのに、ゴミひとつ落ちていない。汚れ当然のトイレにはトイレットペーパーが完備し、温水シャワー付きの洋式トイレがあって、そこは安心して用が足せるように、そして次の人が不快に思わないような心遣いなどが相まって清潔に保たれている。
 食事も多彩で、日本食だけでなく、中華や洋食、おいしいパンやケーキなど多種多様な料理や弁当食べ物が楽しめる。特に、コロッケやたい焼き、お好み焼き、焼きそば、日本そば、寿司、おにぎり、天ぷらや玉子を使った丼物、刺身、オムライスなどよりどりみどりだ。これだけ食文化が充実し、発展を続けている日本人を羨ましく思うようだ。
 また、場所によっては季節を通じて比較的温暖な気候で、四季折々のファッションや風景を楽しめるのも魅力の一つであろう。

 私たち日本人は、日頃、当たり前のようにそれらと接しているため、特別な感情を持っていない。しかし、外国人がこのような日本特有の文化に触れれば衝撃を受け、感激するのだそうだ。

 しかしながら、日本で暮らす中国人の中には、空気もきれいだし便利で過ごしやすい反面、多少の窮屈さも感じる。それは東京は家賃が高いし、人間関係が希薄であること。守らなければならないルールがたくさんあり、規律にうるさいことが挙げられる。たとえばゴミ出しひとつにしても、細かい分別が求められる。ゴミを出す曜日も細かく決められている。

 少し自画自賛が過ぎる内容になったが、日本人が日本にいる時には気づかないことを情報として伝える異国のニュースは貴重で、それが「国際化」や真の「国際交流」なのではないか?とりわけ今年は全世界の方が一堂に会すオリンピックが開催される記念すべき年。積極的にコミュニケーションをとり、改めて日本の良さを再発見する契機となればよいと思う。   

2020年2月 8日 (土)

福島県で名物のCM

 他県の人は、旅行や出張等で来郡し、ホテル滞在時にしかお目にかかれないと思うが、我が福島県にはロングランで続いているCMや人気CM、それに不思議な作品まで数多ある。
 今日はその中から2作品(3種類)をお送りします。

 「東洋システム株式会社」

 郡山市出身の芸能人、「箭内夢菜」が出演するCM、2パターンある。

 ① 「シモシモ」

 町中で大きな携帯電話を片手に「シモシモ、シクヨロね~」と通話をしている男性。すれ違い際、「電池の小型化のおかげで、今のスマホがあるんだよ」と呟いていたが、「・・・・・誰?」

 ② 「波の狭間」

 浜辺でたそがれる一組の男女。「夢を持ち続けなさい」、男性は少女をそう勇気づけて去っていくが、「ありがとう・・・・・誰?」
麦わら帽子を被せて立ち去るところが実に憎い。 


 どうやら「東洋システムです」と言ってる人は庄司秀樹さんという方で、この会社の代表取締役社長らしい。社長自らが自社のCMに出演されている。
 東洋システムズはいわき市の湯本にある、「エネルギー産業における技術開発で世界に貢献する」を経営理念として、「地球環境を守るための企業をバックアップする」を合言葉に環境保護を考えながらエネルギー開発に取り組んでいる。ハイブリッドカーや電気自動車さらには介護用ロボットなどの二次電池の開発に積極的に関わることにより、人類社会の未来に貢献していきたいと考えている。(HPより)

 ちなみに箭内夢菜さんは郡山市出身のタレントで、地元のCM作品に出演している。これまでに郡山市のPR用PVや「福島民友新聞」のCMに出演した。血液型はB

 「柏屋 檸檬」

  郡山を代表する銘菓と言えば「柏屋」の「薄皮饅頭」と三万石の「ままどおる」だが、地元で人気がある洋菓子と言えば「檸檬」と「エキソンパイ」だと思う。福島県民以外で前者の正式名称を読める人は少ないだろう。「檸檬」=「レモン」は普通だが、この菓子は実は「レモ」と読む。このCMはまさにそこを突いている。店に買い物に来た客の間違えを5歳くらいの可愛らしい幼女が正すという内容。

 このCMに出演している女の子はアレン・メアリーちゃんと言い、お父さんがアメリカ人、お母さんが日本人のハーフで、天才子役として活躍中。2015年6月生まれの4歳。ベネッセの「こどもチャレンジおでかけ応援キャンペーン」のモデルとして出演していた。雑誌にも度々登場していたようだ。「耳赤外線体温計」の広告にも出ていた。

2020年2月 7日 (金)

日常の取るに足らない雑感

 今日は日頃、どうでもいいことや思いついたことを幾つか雑念や所感として述べたい。同じ世代の方に共感していただけたら幸いです。

 「老舗百貨店が姿を消す地方都市」
 
 「津野百貨店(津野デパート)」「トミヤ百貨店」「第一・第二うすい」「丸藤」「丸光デパート」「トキワスーパー」「西友(西武)」「丸井」「ダイエー(トポス)」

 さて、この名称を聞いて何を指すか閃く人はおそらく同郷の方だと思う。そう、我が街郡山にかつて存在した大型百貨店(デパート)やスーパーだ。特に「丸光デパート」の屋上に電動遊具(回転飛行機・コーヒーカップ・ゲーセンなど)の遊園地があったことや、「第二うすい」の7Fにレストランがあって「国旗付きのお子様ランチ」が絶品だったこと、そして屋上階の狭いスペースに10円入れて動く幼児用遊具があったこと、さらにはその「第二うすい」の向かい側の「トミヤ」の屋上に小さな観覧車があったことを覚えている方はどれくらいいるだろう。

 今も生き残っているのは三越の支援を受けた「うすい百貨店」だけで、ほかの大型店といえば「THE MALL 郡山」と「イトーヨーカドー」、それに旧JUSCOの「イオンフェスタ」くらいなものだ。

かつて「イトーヨーカドー」が中町にあったのを知る人も少なくなった。

 ちなみに「丸光百貨郡山店」は1967年12月に開店し、1980年1月に撤退。銀の総壁の外観が印象的だった呉服店から百貨店化した「津野デパート」は1987年に廃業した。

 イトーヨーカドーが中町に進出したのは1969年で、その後、緑町の西部自動車学校の東側に移転した。西友ストアと丸井デパートは時を同じくして1975年に駅前の一等地に進出した。その後、大型スーパーのダイエーまでが来て、駅前は一大商戦の激戦区と化した。今思えば夢のような都市開発で駅前がもっとも賑わいを見せた時期だった。

 ほかにも老舗店として「角海老」や「やまのい」、「東北書店」など昔からあった郡山になじみあったお店が相次いで閉店に追い込まれてしまった。少年時代によく庭のように巡ったお店が無くなってしまったのは、或る意味、寂寞の思いや寂寥感に絶えない。
 閉店はしなくても駅前から校外に移転したものもある。ヤマト無線は安積町へ。そして4号線沿いの善道寺の西隣にあった間口が狭かった「樽川模型」も西部地区の郡山高校の南側に移転した。

 そして極端に減ったのは小学生の社交場(いや、たまり場)だった「駄菓子屋」だ。私が小学生の頃には学校の周辺に4店舗はあった。私の実家の両隣りがそうだったし、公会堂の西側にもあったし、桃見台小学校の入り口にもあった。放課後には自転車が10台以上並ぶような景色は茶飯事だった。 

 私は勤続30年を超え、もう数年で退職を迎えるが、嫁さんは大反対するだろうが、駄菓子屋を開いて余生を過ごしたいと思っている。今の子どもたちはゲームや塾通いばかりで、友達と放課後以降も遊んだり、つるんでいることが少なくなった。幸い100m以内に小学校と中学校があることから、たとえたまり場と化して、教育団体からクレームが来ようが、そうした横の児童同士のつながりを大事にしたい。

 なぜこのような記事を書いたかというと、お隣りの山形県山形市で老舗だった地元唯一残っていた百貨店が300年以上もの歴史に幕を下ろし、閉店した。地元の方々の落胆ぶりは計り知れない。郡山でいえば「うすい」が無くなってしまうような衝撃だったと思う。その「うすい」も一度倒産しかけた。古くから親しみがあって愛着のある場所が消えてしまう寂しさ。中心市街地では駐車場がなかなか確保できず、どうしても郊外の「コストコ」のような場所に買い物客が集中する。郡山でも大駐車場のある「THE MALL郡山」と「イオンフェスタ」、「「イオンタウン」などに人が集まる。お隣りの須賀川市も郡山市のベッドタウンで、人口が増えているが、赤トリ井は閉店した。

 福島市も同様で、平成3年まであった「エンドーチェーン」や昭和54年に閉店した「長崎屋」、「コルニエツタヤ」(1958年-2002年)が撤退閉店し、そして「中合」ですら縮小営業を余儀なくされた。山田百貨店(のちのビブレ)も曽根田へと移転してしまい、駅前の空洞化が問題になった。エンドーチェーンの跡地は再開発のめどが立たず、ずっと「街なか広場」として空き地になったままだ。私は中学生の頃まで「ラジオ福島」の「コルニエツタヤからこんにちは」という番組をよく聴いていたので、随分大きい店なんだなという認識があった。

 会津に至っては、かつて神明通りに「会津中合」などがあったのだが、今では百貨店はひとつも無くなった。いわき市は老舗の「大黒様の宝くじ」として有名な「大黒屋百貨店」が閉店。広大な売り場面積を誇ったスーパー藤越谷川瀬センターも撤退。

 つい先日、38年ぶりに旧西武(現アティ)のガラス張りのエレベーターに乗って7Fまで行ってみたが、そこから見える風景が全く変わってしまったことに驚いた。小中学生の頃、そこにはなかった建物があって、今更ながら来し方行く末に思いを馳せることとなった。


 「よくやりがちなミス」

 私だけではないと思うが、勘違いや思い込みでミスすることが日常よくある。たぶん「あるある」と共感していただけると思うが、そんな納得できるようなことを列挙したい。
 
 1  検索エンジンに「Youtube」と入力したつもりが、「ようつべ」になっていた(しょっちゅうやるミス)
 2 「取り沙汰される」なのに「取りだたされる」と思い込んでいた
 3 「腹立たしい」と言うつもりが「腹正しい」になっていた
 4  韓国通貨「5000ウォン」と聞くとめちゃ高そうだが、実は「500円」くらいだった

 5   コリー犬を見ると、つい「ラッシー」と言ってしまう テレビドラマ「名犬ラッシー」の印象が強すぎる。同じく「ダルメシアン」を見ると「101びきわんちゃん」と言ってしまう。

  6  宮脇康之(宮脇健)、桜木健一、森田健作はずっと若いままだと思っている。  

 7  ジャパネット通販や家電量販店などで今が底値だと思って注文・購入したら、翌週にはさらに値段が下がっていた(超悔しい)

 8  ワープロでいつも「トレイ」を「トイレ」と間違って打ってしまう

 9  「小野妹子」は女だとずっと思っていた  蘇我馬子も同様

10  世界三大美女が「楊貴妃」「クレオパトラ」「小野小町」だと思い込んでいる。世界中の人が「小野小町」を知っているとはどうしても思えない。

11  いまでも宝くじは「第一勧銀」だと思っている。

12 「日赤」は「日本赤軍」だと思っている。 本当は「日本赤十字社」

13  ECとEECの違いが今でもわからない。ソフホーズとコルホーズも同様 

14  WBCと聞くと「ワールドベースボールクラッシック」のイメージのほうが強い 「世界ボクシング評議会」よりも  

15  ボクシングのWBAとWBCの違いがよくわからない

16  GNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)の意味がよくわからず、よく取り違える

17  ロッキード社、丸紅、日商岩井、リクルート、東京佐川急便と聞くと、今でも汚職企業というイメージで見てしまう どこかの社長ではないが、社員はまったく悪くないのに

 

2020年2月 6日 (木)

ラジオ福島の懐かしい想い出

 1980年代まで福島県のテレビ局はNHKを除いて民放2局(FTVとFCT)しかなかった。もちろん「ふくしまFM」もなかった。
 よって、私が学生時代(中高大)時代の娯楽のひとつにラジオ放送があった。折しも、1970年代に山田耕嗣監修のBCLブームが沸き起こり、
ラジオやテレビ局に番組視聴したという受信報告書を送るとベリカードという絵葉書にようなものがもらえるという類の趣味だった。
 私は短波放送受信用の東芝「TRY-X2000」というラジオを買ってもらい、夜な夜な「オーストラリア放送」「北京放送」「アンデスの声」などの海外在住の邦人用の日本語放送や「VOICE OF AMERICA」などの英語専門チャンネルで英語の勉強をしていた。もちろん受信状態は悪く、混信だらけでほとんど聞き取れなかったが・・・。

YamadakoujiJolf

  また、その時期に人気パーソナリティがDJを務める「オールナイトニッポン」などの深夜放送が隆盛を極め、松山千春、中島みゆき、タモリ、ツボイノリオ、ビートたけし、そして 笑福亭鶴光が深夜の時間帯を牛耳っていた。ほかにも谷村新司の「セイヤング」や「パックインミュージック」、「いすゞ歌うヘッドライト」、「走れ歌謡曲」なども時代を作った。
  そんな中、私が夜な夜な聴いていたのが「ラジオ福島」の番組だった。1983年頃に、ようやく「オールナイトニッポン」をネットするようになったが、当時のラジオ福島は、夜中の1時過ぎには放送を終了していた。よって、関東圏のラジオを聴くのは至難の業だった。LFは今とは異なり1240KHzだったし、TBSラジオは950KHz、そしてQRは1130KHzだった。
  
  では地元密着の「ラジオ福島」が長年放送し、現在も続いている番組名と、今では終了したが、いろいろな思い出が染みついている懐かしい番組名を紹介したい。


  <今も続く伝統的番組>

  ・歌のない歌謡曲
  ・昼の希望音楽会
  ・グリーンメロディー
  ・おばあちゃんの昔話
  ・農家の皆さんへ
  ・大和田新のラジオ長屋
  ・福島競馬実況中継

  <現在は終了した懐かしい番組> 

  ・朝から全開!
  ・大和田新のおまかせワイド 
  ・rfcワイド午後1番!
  ・イブニングパートナー
  ・ラジオいっぷく堂
  ・夕焼け番長! 
  ・夜をぶっとばせリクエストで45分(マルタ島の砂)
  ・ミュージックストリート夜はこれから
  ・ルーテルアワーカプセルメイト
  ・魅惑のニューデスク
  ・エキサイティングゲームRFCナイター
  ・コルニエツタヤでこんにちは
  ・福島のむかし話

     これらは使われていたBGMがとっても懐かしさを醸し出す。ぜひラジオ福島さんには、昔を懐かしむラジオと題して、これらのBGMを一挙放送する特番をお願いしたい。これらをクイズにしてイントロ当てではないが、昔のBGMを流して、これは何の番組だったかを当てさせる。

 その2 https://www.youtube.com/watch?v=oLoIQ37MAMw
 その3 https://www.youtube.com/watch?v=irvkM6hcb0U

  ネット番組

  ・日立ミュージックインハイフォニック
  ・たむたむたいむ
  ・ひかる一平の恋のサインはSHE-SAY-Do(資生堂)
  ・岩橋修平の・・・(番組名を忘れましたが、たむたむたいむとセットでやていた)

 実に懐かしく感じる。私の中学時代はまさにラジオと共に歩んだと言って過言ではない。当時はステレオでラジオ番組の曲などを録音することを「エアチェック」と呼んでいた。私はプレーヤーがパイオニア、ラジオチューナーとアンプとWカセットデッキがトリオ、スピーカーはダイアトーンを使用していた。ウチの兄貴は筋金入りのオーディオマニアで、ONKYOのプレーヤーにラジオはトリオ、アンプはサンスイ、デッキはナカミチ、そしてスピーカーはBOSEを使っていた。そしてCDがプレーヤーにとって代わるとすぐにDENON製を購入してノイズのないクリアーなサウンドで音楽などを楽しんでいた。
 このようにテレビ局が少なかった我が福島県では「ラジオ福島」は大切な情報源だった。当時は荒川守や荒瀬英俊、そして大和田新がメインアナウンサーとして活躍されていた。ユーモアのある話題と喋りで私たちリスナーを和ませてくれたことを昨日のように思い出される。この場を借りて改めて感謝申し上げたい。

2020年2月 5日 (水)

宝くじ高額当選の夢と現実

 年末ジャンボ宝くじの1等前後賞の当選金額がついに10億円となった。数年前まで所さんがCMで「1億使ってもまだ2億」と言った1等3億円で驚いたものだが、いよいよここまで来たかと衝撃を受けている。私も毎年「どうせ当たらない」と思いつつ、凝りもせず20枚(6千円)限定で購入してしまう。おそらく抽選会の前までの夢心地の気分を味わいたくて、文字通り「夢を買う」ものだと割り切っている。つまり、損を覚悟で見知らぬ誰かの当選の夢や幸せのために出資しているにすぎないのだ。
  
 しかし、かくいう私も一炊の夢を見ているのは確かだ。もし10億円当たったら、何に使おうとか、当たりもしないのにリストで買いたいものややりたいことをピックアップしてしまう。宝くじが素晴らしいのは、丸丸当選金額がそのまま自分の口座に入ってくることで、一切税金(所得税など)が取られないことだ。手元にそっくり入って来るからなおさら怖い。
  
 でも10億円当たったなどとは口が裂けても言えないだろうし、口を滑らせたら最後、命の危険にさらされ、毎日びくついた生活を送る羽目に陥ることは火を見るより明らかだ。それほど10億円とは恐ろしい金額なのだ。
  
 ではまず、宝くじを購入したら、誰もが夢見る使い道を私なりに考えると・・・

 1 まず共同購入(身内と親兄弟まで)にして、税金がかからないように配分する。

 半額以上の6億を自分がもらい、残りの4億円をその家族など他の4所帯で1億ずつ分ける。共同購入として申告すれば、贈与税がかからない。当選証書を発行されるので、それを持っていれば、税務署から問い合わせがあっても、それが証拠となるため、突っ込まれないで済む。

 2 6億円の使い道
   ①貯金3億円(生活費や子どもたちへの支出)
   ②残り3億円で購入するもの 
    ・自宅を壊して改築 5,000万円
    ・北海道富良野市と東伊豆、沖縄、ハワイにそれぞれ2,500万円程度の中古別荘を購入(計1億円)
    ・キャンピングカーと高級外車 3,000万円
    ・海釣り用のクルーザーと水上バイク 3,000万円
    ・大型バイク 300万円
    ・家具調度品電化製品をリニューアル 1,000万円
   ③寄付3,000万円(交通遺児・こどもレストランなど)・・・正体がバレないように伊達直人名義で
   ④旅行(ハワイ・エジプト・ヨーロッパ・メキシコ・東南アジアなど)3,000万円
   ⑤投資(有価証券・中期国債ファンド・金など)2,000万円
 
 ただし、会社や店舗経営(レストラン・ラーメン店・焼き肉店など)などには出資しない。理由は私には儲ける才能が全然ないからだ。  

 では、ここからが本題だ。万が一、宝くじで高額当選したら、こんな流暢な夢を語ったりできない理由をしたためたい。

 1 命の危険に曝される。

 モニタリングやドッキリ企画ではないが、10億当たったことが周囲に知れたら、まず友達を失くすだろう。ヤクザ者や強盗などに命を狙われる危険が増す。急に音信不通だった知り合いが金の工面に現れたり、行商人が高額な壺を売りつけに現れたり、夜な夜な、迷惑電話にうなされたり、脅迫されることもありえる。よくアメリカで100億円を超える当選金額を当てて、テレビに家族全員で出演して喜びを爆発させているファミリーがいるが、考えられない。絶対に命の保証はない。「殺してください」と言っているようなものだ。

 2 生活が激変

 まず馬鹿らしくなってすぐに仕事を辞めて左うちわの生活を実行するだろう。毎日10万円使ったとしても年間3650万円の出費。そんな豪勢な生活を26年間も続けられる。
 気持ちがでかくなって、毎晩キャバレーに入り浸って女の子を侍らして豪遊し、気に入った若い女の子に金を貢いだり、愛人を作ったり、あるいは風俗通いをするかもしれない。
 一攫千金を夢見て、博打や賭け事にのめり込むかもしれない。どこかのスーパーの会長のように香港やマカオでカジノにのめり込んで大金をつぎ込んで破産するかもしれない。
 性格が変わってしまい、家庭不和になったり、離婚、一家離散などという事態に陥るかもしれない。

 では、高額当選したら、その末路はどうなるのか、Youtubeにアップされていたのでご覧ください。

 極端かもしれないが、喪黒福造のアニメような結末が待っている。当たったことを誰にも喋れない苦しみを味わい、そして誰かに襲われる夢を毎晩のように見させられてうなされるかもしれない。何度も引っ越しを繰り返すようになるかもしれない。仕事もしていないのに豪遊していたら、周囲は怪しい目で見るに違いない。

 毎年のように1等当選したのに、当選者が換金せず、国庫に流れていくもったいない話をよく耳にする。これは現実が怖くなって、これまでの平穏な生活が壊れてしまうのではないかという危惧を抱いた方が、銀行に来ないでみすみす棒に振っているのだと思う。
 ちょうど40年前の1980年に、トラックの運転手が植え込みに捨ててあった1億円を拾い、大変な騒動になった。その運転手のO(当時42歳)さんは、結局持ち主が申し出なかったために、半年後に4割近い税金を引かれたのちに、晴れて自分のものとなった。その後、生活が一変し、時の人として扱われ、取材陣に追い回される日々が続いた。当然、金の亡者たちが、彼の前に現れて金の工面を申し出たり、宗教団体が寄付を迫るなどしてつけまわしたり、いわれのない嫌がらせを受けたり、投資を迫る金融機関の勧誘に悩まされ、結局彼は、日本人の平均寿命よりもだいぶ若い62歳で亡くなった。 

 ところで、東日本大震災があった2011年の1月に「伊達直人」現象が起きた。社会福祉施設の玄関にランドセルが30個ほど置かれ、書置きに「伊達直人」とだけ記されてあった。もしかすると、宝くじで高額当選した方が、金の使い道に困り、このような行動をしたのかもしれない。気持ちがざわついて、何か世の中に貢献しようとか、徳になることをしたいと思ったか、あるいは病魔に侵され、余命いくばくもない方が、善の振る舞いをして天国に行けるように神様に気に入られようとしたかであろう。

 そう考えると、「宝くじ」はやはり夢を買うもので、現実を知ると、たとえ当たっていても怖くて換金できなくなるかもしれない。毎日、平静を保って何食わぬ顔で従前と同じ生活を送れる筈はない。人目を避けて、どこかで毎日びくついた生活を送ることになるに違いない。
 結論を言うと、今回の私の記事のように、当たったら何に使おうかと皮算用しているのが幸せなのかもしれない。     

  

2020年2月 4日 (火)

チョコレート専科

 かつて、市場を席巻したチョコレート業界。今も昔もチョコレートは甘い誘惑の頂点に立つ。「バレンタインデー」にチョコを贈る慣習や「ホワイトデー」は、日本人が考案したものだが、それがすっかり世相に根付いている。夢を壊すようだが、日本のケーキ屋さんが売り上げアップをもくろんで始めたことが、やがて徐々に日本全国に広まったものなのだそうだが。
 チョコレートメーカーと言えば、「明治」や「森永製菓」、「ロッテ」、「グリコ」などが真っ先に思い浮かぶが、「ブルボン」や「不二家」「東鳩(東ハト)」などでも爆発的なヒット商品を生み出したチョコレートの老舗だ。
 そいて1970年代にはテレビCMなどで大々的に宣伝し、小中学生を中心に人気のあったチョコ銘柄があった。残念ながら、今はもう製造中止になってしまった銘柄もある。今日はそれを題材にしたい。

 もう製造も販売もしていないチョコ

 1 明治ぽぽろん

 2 森永チョコベー

 3 明治フローラ

 4 森永チョコフレーク(旧パッケージ)

 5 グリコセシルチョコレート

 今も製造している懐かしいチョコ

 1 不二家パラソルチョコ
 2 不二家ハートチョコ
 3 不二家LOOK
 4 不二家ミルキーチョコ

Parasol

 5 ブルボンルマンド
 6 ブルボンマカダミアラッシュ
 7 グリコポッキー
 8 明治ミルクチョコ

 チョコではないが、明治のサイコロキャラメルも懐かしい。同じものを「北海道道南」も出していた。

 昔からあって、今も人気があって売れ線なのは明治マーブルチョコ、森永チョコボール、ロッテガーナ(ミルク)、きのこの山、たけのこの里、明治マカデミア、明治アポロ、明治アーモンドチョコ
森永小枝、森永DARS、ブルボンアルフォート 


 中高生の下校に合わせて、夕方を中心にチョコレートやお菓子類のCMがたくさん流されていた。印象的なのは、各社専用のジングルがあった。ロッテは「チョコレ~ト、ロッテ~」
明治は「チョッコレ~ト、チョッコレ~ト、チョコレートはめいじ~」、森永はCMの最後にエンジェルが振り向いて「ピッポパポ~」という音が鳴った。

 


 少年時代によく食べていたお菓子が無くなるのは寂しい。チョコレートではないが、Q&Qのコンビーフ缶もまた製造を中止し、より開けやすい形状に直すと発表された。
缶の横を特製の器具で巻きながら開けるお馴染みのものは、手を切ったりする事故が多いことから取りやめることになった。

2020年2月 3日 (月)

最近、下火になったと思うもの

 「ブーム」や「トレンド」という言葉がある。一時期、大変な注目を浴び、持てはやされたが、短期間でその勢いや人気が終わり、今では見向きもされず、過去の遺物化してしまった事象や物品を指す。
 古くは「幸福駅」や「だっこちゃん人形」、流行では「竹の子族」、「なめ猫」、「ルーズソックス」や「ガングロ」が隆盛し、生き物では「オリバー」、「ウーパールーパー」、「エリマキトカゲ」、人では「ブッシュマン」などがそうだった。食品では「ナタデココ」や物品では「たまごっち」、「やせる石鹸」、「24時間風呂(湯名人)」などがあった。
 一方では、これほどのブームでないけれども、活動していたものが、下火になってしまったり、今ではあまり耳にしなくなったものがある。
此処からの記述は、私自身の主観的見解なので、一般論ではないことを前もってお断りします。

  「ベルマーク」

 これは「ベル―マーク教育助成財団」が行っている慈善事業で、集めると実は換金できるらしい。怖いのはPTAが各家庭や各クラスにノルマらしきものを課したりする学校もあったやに聞く。1970年代をピークに、あまりその名も聞かなくなった印象がある。

 学校をはじめとする教育施設や公民館をはじめとする生涯学習施設の教育環境整備への助成と、交通などの面でハンデキャップのある山間・離島(いわゆるへき地)の学校や特別支援学校、院内学級や被災校、発展途上国の教育に対する援助を組み合わせて行われる運動である。朝日新聞社創立80周年記念事業として1960年(昭和35年)に始まった。ベルの形は「国内外のお友達に“愛の鐘”を鳴り響かせよう」との意味合いがある。しかしながら手作業による煩雑な仕分けや集計の作業が必要で非常に非効率なため多くの批判が生まれており廃止する学校も増えている。
 小中学生の頃は活発に活動していて、どんな特典があるのかもわからずに、身の回りの生活品から切り取っては集めて学校に提出していたものだ。 ガムやチョコレートの食品にもついていたし、生活雑貨などにもついていた。1点1円で換算し、それぞれの団体のベルマーク預金になり、貯まった預金で自分の学校・団体の設備品などを購入できる。貯まったポイントで商品と交換すると勘違いされることがあるが、あくまでも預金で購入するシステムである。
 さらに、この設備購入代金の1割がPTAからの寄付金となり、僻地にある学校などの援助に役立てられる。
 しかしながら、ベルマーク教育助成財団のHPを見ると、今でも華々しく活動し、実績を上げている旨を訴えている。毎月優秀団体を発表している。

Bellmark Bellmark2

 ちなみに2019年12月21日~2020年1月20日までの優秀活動団体は以下の通り
 1位 国際医療福祉大(栃木)  232,340点
 2位 東京都立中野特別支援学校 196,944点
 3位 姫路市立白浜小学校    181,169点
 4位 気仙沼市立松岩小学校
 5位 氷見市立西部中学校

 2018年度年間集票全国ベスト5は
 1位 横浜市 駒岡小学校
 2位 浜松市 中野学園オイスカ高校
 3位 相馬市 桜丘小学校
 4位 倉敷市 真備中学校
 5位 北海道安来町 早来中学校 

 2018年度福島県のベスト5は
 1位 桜丘小学校(相馬市)
 2位 柴宮小学校(郡山市)
 3位 須賀川第一小学校(須賀川市)
 4位 小金井小学校(会津若松市)
 5位  こども学園わかくさ(田村市)

 ベルマークに協賛している会社(メーカー)は95社で協力会社は13社。有名どころで挙げると「イオントップバリュ」「日本水産」「キューピー」「エスビー食品」「日清オイリオ・フーズ」「ファミリーマート」「明治」「森永製菓」「アサヒ飲料」「ヤマハ」「日清食品」「ブルボン」「キリンビバリッジ」「ロッテ」「フジッコ」「エプソン」「湖池屋」「グンゼ」「味の素」「ニチレイ」などだ。
 

  「グリーンスタンプ」

 グリーンスタンプ株式会社は、東京都千代田区に本社を置く小売業の販売促進支援をしている企業である。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。マイ・グリーンスタンプは貯めて選べる楽しいポイント交換サービス。お買い物やアンケート、イベント参加、コラム投稿で貯めたポイントを豊富なラインナップの中からお好きな商品と交換できる。現在、全国加盟店舗数は約22,400店舗、ポイントカード発行枚数は1,700万枚を超え、現在も増え続けている。
 同社はベルマーク運動に参加しており、グリーンスタンプギフト券・店名入りのポイント券・従来の紙スタンプ券を貼った商品交換台紙(一部のスーパーなどでは、ポイント券のペーパーレス化もある)を、カタログに掲載されている商品との交換をする際にベルマーク(1枚ごとに2点)が配布される。

 この存在を知っている人や覚えている方はどれほどいるだろう。ベルマークほどメジャーではなかったし、今でも変わらずにあるのかと不思議に思えてならない。

 HPはこちら⇒ https://www.greenstamp.co.jp/case/

Greemstamp
 グリーンスタンプ株式会社の概要を見ると、設立は1963年6月で57年の歴史を持つ。資本金は1億円で、発起人は有名メーカーなどがズラリと顔を揃えている。松下電器産業、大洋漁業、三井物産、味の素、サントリー、朝日麦酒などそうそうたる顔ぶれだ。

 しかし、かつて見たことがある収入印紙のようなスタンプシールだが、この30年ほどとんと見たためしがない。てっきりもうやめたのかと思ったほどだ。
 ベルマークとの大きな違いはベルマークが学校や教育団体などの法人向けの慈善活動に特化しているのに対し、グリーンスタンプは個人を対象にしており、ポイントをためるとギフト券やカタログから選んで商品などと交換できる、いわば金券扱いだ。


 「エコキャップ運動」

 エコキャップ推進協会では、未使用の切手や葉書、プルトップのご寄付をおねがいしております。ご寄付いただいた切手、葉書、プルトップは難病の医療支援に役立てられます。エコキャップ運動は、リサイクルの促進、CO2の削減、売却益で発展途上国の医療支援、障がい者・高齢者雇用促進を目的としています。

 今ではエコキャップ運動のほうがメジャーかもしれない。それだって何に役立つのかをきちんと理解している方は少ないと思う。
 私は緑の羽根や赤い羽根募金などもそうだが、何に使われているのか疑問で、本当に慈善事業のために使われていればいいのだが、中には財団そのものの活動資金や維持費に流用されていたり、善意を踏みにじるような正当な支出になっているのか疑問だ。必ず、決算会計報告書を確認すべきだ。それも公表していないような団体は、実は暴力団に金が流れていたりするケースがあるかもしれない。

 かつての社会保険事務所のように、一般市民から預かった公金である社会保険料を横領し、私的に使うのが常套化している実態があった。使い込んだ所長などは悪びれた様子もなく、これはご褒美としてみんながやっていると平然と話していたことで強い憤りを覚えた記憶がある。たぶん返済や弁済もしていない。

Ecocap  

 「ボーイスカウト」(少子化の影響)

 1998年の平成10年度には全国で15万人以上の会員がいたが、僅か10年で5万人近く減り10万6千人に激減。つまり3分の1がいなくなった。そして最新のデータは2018年のもので、約5万8千人に減っており、20年間で3分の2近くが減った。
 一方ではサッカー、野球などのスポ少が多くなり、高校野球の本場である大阪・兵庫などでは多数のリトルリーグが存在する。軟式野球では、学童が両県合わせて700チームを超え、少年は兵庫だけで329チームがある。さらに愛知県だけで学童・少年あわせて1070チーム存在し、神奈川は984、東京都は1900チームを数える。つまり、少年野球のチーム数が多い都道府県は、やはり高校野球の強豪校が多いようだ。

BoyscoutFireman
 ちなみに我が福島県は、学童67チーム、少年野球は226チームだ。もっとも、福島県の全国大会常連校である聖光学院(野球)、尚志高校(サッカー)、そして富岡高校・ふたば未来学園(バドミントン)は、いずれも県内出身者よりも県外出身者のほうが圧倒的に多いという現実がある。

 ボーイスカウトやガールスカウトは、私が小学生時分には、結構、入会してた友達がいた。制服がかっこよくて、自発的に社会に役立つさまざまな活動を行っていた。たぶん、活動回数も内容も活発で豊富だった気がする。
 そういえばこうした慈善団体への加入率が減少傾向にあるのは、実は「消防団」も同じだという。昭和40年に全国で133万人もいた消防団員が、52年後の平成29年のデータでは85万人に減っていた。つまり50万人近くも減ったことになる。もはや使命感や責任感で動く時代ではなくなったと言える。

 これらのことから、コミュニティの繋がりが希薄になり、個人主義に走る傾向が強い。わざわざ仕事が休みの日に、疲れるようなことはしたくないし、自分の時間を大事にしたいと考え、人間関係も閉鎖的になっているようだ。


 「サンルーフ車」

バブル景気の1980年代後期から90年代初期にかけて、新車が市場を席巻した時代があった。今では廃盤となった「ディアマンテ」「シルビア」「ソアラ」「ローレル」「マークⅡ三兄弟(チェイサー・クレスタ)」「インスパイア」「カムリ」「ビスタ」「プリメーラ」「セフィーロ」「インテグラ」「トレノ」「レビン」など。
 ファミリーカーの定番だった「ファミリア」「サニー」「コロナ」「スプリンター」「カリーナ」ですら姿を消した。

 そして「GTO」「サバンナRX-7」「CR-X」「MR2」「セリカ」「180SX」などのスポーツカーも売れに売れた。

 高級車では「セルシオ」「デボネア」「シーマ」「レパード」「セドリック」「グロリア」などは中古でもあまり見かけなくなった。

 コンパクトカーでも「パルサー」や「スターレット」「シティ」「フェスティバキャンバストップ」などもまた過去の遺物と化してしまった。

「カリブ」「ハイラックスサーフ」「テラノ」「カルディア」などの「RVR」などのRVやツーリングワゴン系もあんなに街中を賑わしていたのに、一体どこに行ったのだろう。

 ミニバンの「オデッセイ」「イプサム」ですら激減だ。カジュアル的な「Be-1」「パオ」「フィガロ」「ラシーン」、商用にも使える「エスカルゴ」や「ファンカーゴ」もまた見かけない。

 オープンカーの「ビート」や「カプチーノ」、平成初頭にあれほど栄華を誇った「ロードスター」ですらめっきり見かけなくなってしまった。栄枯盛衰を感じる。 

FestivaRoadster

 今でも生き残っているスポーツカーと言えば、「フェアレディZ」「スカイライン」「スープラ」「NSX」くらいだ。大体、若い世代が車に傾倒せず、もっぱらその手の車に乗るのは若い自分にそれらを乗り回していた50代以上のオヤジ世代だ。

 そして、その自動車ブームの衰退を象徴しているものに、サンルーフ仕様車がめっきり姿を消したことが挙げられる。エスティマなどのミニバンやファミリーユーザー御用達のワゴンタイプですら、オプションでサンルーフを選ばなくなった。なぜだろう。私なりに分析してみた。

 1 プラス10万円もかけて付けるメリットはない。
 2 サンルーフにしても開放感はあまり感じれない。逆に風切り音などうるさい
 3 風が入って来るだけで、夏の暑さ対策には逆行している 温暖化で酷暑だと余計紫外線を浴びる
 4 パッキンが弱く粗悪なものでは、雨漏りがする
 5 子どもが走行中に頭を出して危険 中国では障害物にぶつかって首が飛んだ事故もあった
 6 事故の場合の強度が減る
 7 すぐに故障する

Airwave  

 「サンルーフ」を敬遠するようになった理由としてはこんなところか。かつてはホンダの屋根がガラス張りのような車「エアウェイブ」というのがあった。たぶん、夏などは炎天下で、直射日光が降り注ぎ、暑くてたまらなかったのではないかと察しがつく。やはり実用性重視の日本人には受け入れられなかったのかもしれない。

 他にも最近見かけなくなったものにデパートの屋上から天高く揺らぐ「アドバルーン」やセスナ機を飛ばして上空から巨大な音で宣伝する広告(福島県では二本松の「北風木工所」は、よく郡山市の上空を旋回して宣伝していた)、そして「チンドン屋」、「サンドウイッチマン」なども姿を消した。私の子供の頃は小学校の昇降口を出た通学路に、行商の人たちが店を開いていた。ひよこ、カブトムシやクワガタ、針細工のゴム鉄砲などを売っていた。もちろんおじさんが公園に自転車で現れ、紙芝居をやって水あめを売る光景は今ではもう見られなくなった。

  

 

 

 

2020年2月 2日 (日)

懐かしのMC名コンビ

 私は昭和生まれ世代だ。古いこと、特にはテレビ業界や芸能関係には詳しいほうだと思っている。今日は昭和や平成の初め頃に視聴率が高かった番組のMCを担当した名コンビを取り上げたい。アナウンサー同士や芸能人や芸人なども担当していた。メインMCとアシスタントという鳥合わせもあった。では思い出深い番組MCをどうぞ!

 1 アメリカ縦断ウルトラクイズ・・・高島忠夫と石川牧子
 2 ザ・ベストテン・・・久米宏と黒柳徹子
 3 ニュースステーション・・・久米宏と小宮悦子
 4 なるほどザ・ワールド・・・愛川欣也と楠田枝里子
 5 TVジョッキー・・・土居まさると相本久美子 

 6 時事放談・・・細川隆元と藤原弘達
 7 オレたちひょうきん族(ひょうきんベストテン)・・・島田紳助と山村美智子
 8 おしゃれ・・・久米宏と菅家ゆかり
 9 レッツゴーヤング・・・太川陽介と石川ひとみ
10 ザ・トップテン・・・堺正章・榊原郁恵(島田紳助と和田アキ子より絶対良い)

11 ブロードキャスター・・福留功男と三雲孝江
12 驚き桃の木20世紀・・・三宅裕司と麻木久仁子
13 知っているつもり?!・・・関口宏と高木希世子
14 開運なんでも鑑定団・・・島田紳助と石坂浩二と吉田真由子
15 お笑いスター誕生・・・山田康雄と中尾ミエ

16 プロジェクトX・・・国井雅比古と久保純子(膳場貴子)
17 プロポーズ大作戦・・・横山やすしと西川きよし
18 パネルクイズアタック25・・・児玉清と豊島美雪
19 東京フレンドパーク・・・関口宏と渡辺正行
20 夜のヒットスタジオ・・・井上順と芳村真理

21 パンチDEデート・・・桂三枝と西川きよし
22 プロポーズ大作戦・・・横山やすしと西川きよし

 ラジオ

 1 オールナイトニッポン・・・笑福亭鶴光と榊みち子 
 2 トヨタアスリートビート・・・藤木直人と伊藤友里

 残念ながらこれらのコンビはほとんどが番組終了や担当MCが交代してもう見たり聴いたりすることが叶わなくなったものが大多数だ。学生時 代や若い時分に見た番組というのは特別な印象があって、記憶にも残っている。局や番組制作会社にはそんな番組作りをお願いしたい。

 かつては、関口宏、島田紳助、堺正章、伊東四朗、徳光和夫、タモリ、小堺一畿らが司会業を牛耳っていたが、最近、司会業で売れっ子で毎週複数の冠番組を持っている方を挙げると・・・

 所ジョージ、上田晋也、有吉弘行らで、特に所さんの番組は「ポツンと一軒家」など高視聴率をキープする人気番組が多いし、「目がテン」のように30年も続く長寿番組化している。安定感が半端ない。私も彼の番組はほとんど毎週見ている。

 かつては局アナ主体で番組の司会を行っていたが、最近ではお笑い芸人が本業を休止してまでMCを行うようになった。

 

 

 

2020年2月 1日 (土)

2月生まれの有名人一覧

 いくつになっても誕生日は嬉しいもの。もし芸能人やスポーツアスリートが自分と同じ誕生日だったらその喜びは倍加するに違いない。意外な人と同じ誕生日だと知り、新発見だし、急に親近感が湧いたりするかもしれない。同い年であったりしたら、全く同じ日に生まれたことになる。他人とは思えないかもしれないし、急に応援したくなるのではないでしょうか?
 昨年の12月から開始したこのシリーズ記事、3回目の今回は、2月生まれの有名人を取り上げたい。

 1 吉沢亮・東出昌大・もえのあずさ・磯野貴理・布袋寅泰・黒田アーサー・中村雅俊・山本譲二・沢村栄治・一休さん 
 2 浅尾美和・宮地真緒・北川弘美・劇団ひとり・遼河はるひ・天龍源一郎
 3 土屋太鳳・柳原可奈子・吉岡美穂・吉田羊・有田哲平・河合俊一
 4 中条あやみ・大政絢・山崎静代・じゅんいちダビッドソン・佐々木蔵之介・草野満代・小泉今日子・石原真理子・時任三郎・石破茂
   東野圭吾・山下達郎・黒沢年雄・毛利輝元
 5 Koki,・松本穂香・長州小力・大地真央・西郷輝彦・篤姫
 6 市原隼人・金田哲・福山雅治・坂井泉水・大槻ケンヂ・石塚英彦・やなせたかし・レーガン元大統領・醍醐天皇
 7 加護亜依・向井理・小林稔侍・阿久悠・聖徳太子
 8 高山一実・松友美佐紀・佐々木希・松下奈緒・田中卓志・本田博太郎・山本寛斎
 9 アントニー・山岸舞彩・鈴木亜美・春日俊彰・新海誠・木村祐一・ラモス瑠偉・あだち充・伊集院静・キャロルキング・夏目漱石
10 鈴木梨央・川口春奈・市川由衣・根本美緒・黒田博樹・平清盛

11 木崎ゆりあ・鳩山由紀夫・エジソン・伊能忠敬
12 川栄李奈・市川美織・弘中綾香・榮倉奈々・新島襄・リンカーン大統領・ダーウィン
13 有村架純・加藤諒・南原清隆・ヒロミ・出川哲朗・矢野顕子・森本レオ
14 市川紗椰・JUJU・酒井法子・平子理沙・斎藤隆・マルシア・広田弘毅
15 齋藤司・月亭方正・堀ちえみ・浅田美代子・米村でんじろう・清水彰吾・近藤正臣・井伏鱒二
16 小松菜奈・松岡茉優・香椎由宇・オダギリジョー・相川七瀬・中村俊介・西田尚美・多岐川裕美・高倉健・狩野永徳
17 エドシ-ラン・吉瀬美智子・舞の海・岸谷香・マイケルジョーダン・白洲次郎・梶井基次郎・森鴎外
18 安藤サクラ・高島彩・中村敦夫・オノヨーコ・斉藤一・上杉謙信
19 ガルガリガリクソン・中島美嘉・大森南朋・薬丸裕英・村上龍・財津和夫・藤岡弘
20 藤田ニコル・橋本奈々未・小出恵介・森田剛・かとうかず子・志村けん・アントニオ猪木・長嶋茂雄・石川啄木・志賀直哉
21 菅田将暉・世界・川嶋あい・香里奈・要潤・前田吟・安倍清明
22 狩野英孝・陣内智則・鈴木早智子・佐々木主浩・イッセー尾形・都はるみ・財津一郎・ワシントン大統領
23 石川佳純・亀梨和也・マナカナ・近藤春菜・相田翔子・天皇陛下・野口五郎・ブラザートム・中島みゆき・宇崎竜童・北大路欣也・
   徳川綱吉
24 コージー冨田・ASKA・鳥羽天皇
25 越智志帆・中澤佑二・有野晋哉・寺脇康文・ジョージハリスン・ケーシー高峰
26 篠崎愛・有村実樹・Crystal Kay・藤本美貴・三浦知良・桑田佳祐・岡本太郎
27 蓮佛美沙子・安倍麻美・佐藤隆太・室井佑月・徳永英明・新沼謙治・グッチ裕三・夏木陽介
28 上白石萌歌・芳根京子・菊川怜・田原俊彦・村下孝蔵・菅井きん
29 吉岡聖恵・飯島直子・原田芳雄

 2月生まれはどの世界、分野でも天下を取れる逸材が目白押しの印象だ。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »