2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 1月生まれの有名人一覧(自分の誕生日と同じ有名人を探せ!)  | トップページ | ふくしまの酒を愛する番組「一酒懸命」 »

2020年1月 2日 (木)

私の予想

 あけましておめでとうございます。今年も当ブログ「つんの気ままにブログ三昧」をよろしくお願いします。

 昨年、日本は新しい元号がスタートし、また新たな時代の幕開けを予感させた。今年、日本は東京五輪が55年振りに開催され、節目を迎える。そこで、これからの私の予想を挙げたい。

 <2020年東京五輪に関する予言>

 1 イラン、北朝鮮、韓国がボイコット

  これは間違いないだろう。積年の的である日本に対し、朝鮮族は一致して敵の懐に飛び込む真似は回避する。イランもまたアメリカと同盟
 関係を強固にしている日本には来ない。そしてロシアも国家ぐるみのドーピング疑惑から国としては参加できないことから、ボイコットとい
 う強硬手段に出る可能性は否定できない。そうなると対アメリカ、対日本の構図が確立し、敵対関係が鮮明になるだろう。

  逆に怖いのは、イランとアメリカが報復の応酬から戦争に発展した場合、日本に飛び火する可能性がある。そうなると東京オリンピックは
 開催中止に追い込まれることもあり得る。下手すると東京オリンピックが中東各国のテロの標的になる危険性が増す。パリの同時テロで一般
 市民が巻き込まれて命を落としたように、無差別攻撃や銃撃でたまたま居合わせた観客が犠牲になる危険は高くなる。オリンピックでは世界
 各国から大勢の外国人が訪れる。普段の精神状態ではないお祭り状況の中、どさくさにまぎれての犯罪やいったん爆発などのテロ行為が起き
 れば、負の連鎖で被害が拡大するかもしれない。とりわけ、アメリカ人選手が出場する種目や星条旗で応援している観客への銃撃などが起き
 ぬよう、警備の面で警察の力が重要視される。

 2 東京オリンピック最終ランナーは・・・

  1 高橋  尚子 日本陸上界女子初の金メダリスト 国民栄誉賞
  2 吉田沙保里 無敵の五輪3連覇 国民栄誉賞
  3 北島  康介 競泳の平泳ぎで初のオリンピック2連覇(4つの金メダル)
  4 岩崎 恭子 バルセロナオリンピックで15歳にして200m平泳ぎで金メダル
  5 三宅 義信 1964年の東京オリンピックで重量挙げ金メダリスト
  6 野口みづき アテネオリンピック金メダル 
  7 内村 航平 (代表に選ばれなかった場合)体操個人総合でオリンピック2連覇
  8 日本女子バレーボールチーム 1964年の東洋の魔女メンバー 
  9 具志堅幸司 ロサンゼルス五輪体操個人総合金メダリスト
 10 1964年の東京五輪の金メダル獲得者によるリレー 

  いろいろな問題があった伊調馨は、オリンピック4連覇の実績では申し分ないが、現役選手なので選ばれない公算が高いと思う。
  また、オリンピック3連覇の野村忠宏は開会式の別の役職に決まっており、最終ランナーはないと思う。
  さらに、柔道の山下泰裕も候補に挙がるが、最終ランナーはないだろう。
  もしかすると競技場で上の候補の4人がリレーをし、最終点火者が点火台で火を灯す可能性がある。

 3 某国家元首暗殺未遂事件

  私はこのままで行くと米朝戦争が勃発しても不思議ではないと見ている。Xデーは3月と予想している。終末時計が残り2分となり、一刻の猶予もない。北朝鮮側にロシアと中国の後ろ盾。そしてアメリカの敵国となっているイランが軍事同盟を組み、アメリカと敵対する。日本各地に米軍基地があることから、日本も必ずその戦に巻き込まれてしまう。しかも核が使われたら一巻の終わり。私は今の憲法では日本は手出しも出来ず、やられっ放しだ。旧態依然の憲法擁護論などいい加減に捨てて、早く目を覚まさないと、一方的に攻撃されて日本は滅亡してしまう。
 日本は自衛隊から防衛軍として戦力を整え、来るべき攻撃に備えないと滅びる。多くの犠牲者が出る前に抑止力を訴える意味で、憲法を速やかに改正して、軍備を拡大すべきだ。
 私は当事者の国家元首の暗殺未遂事件が発端となって、戦争へ突入するのではないかと言う危惧を抱いている。

 よって今年は何回もあのおぞましき「Jアラート」アラーム音を聞くことになるかもしれない。

 4 日本の往年の大物俳優が死去

   昨年は暮れに俳優の梅宮辰夫さんの訃報に接し、また昭和の名優が旅立って行った。今年は早い段階で3人の昭和の名優が亡くなると

  見ている。ひとりは刑事ドラマで名を馳せたW・T氏。シリーズドラマで一世を風靡したT・K氏、そして大御所のN・T氏だ。もちろん予想が外れてほしい

  が、やはり病気には勝てない。

 さて、2020年のオリンピックイヤーを迎えるにあたって不吉な怖い予言をしてしまったが、あながちこれが全部絵空事だとは言い切れない。下手すると北朝鮮が発端となり、第三次世界大戦への道を突き進む危険性もゼロではない。出方を間違えると取り返しがつかない事態を招くことを年頭にあたって声を大にして言っておきたい・。

 

 

 

 

« 1月生まれの有名人一覧(自分の誕生日と同じ有名人を探せ!)  | トップページ | ふくしまの酒を愛する番組「一酒懸命」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1月生まれの有名人一覧(自分の誕生日と同じ有名人を探せ!)  | トップページ | ふくしまの酒を愛する番組「一酒懸命」 »