2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 日本の姓(苗字)ランキングとその有名人の代表 | トップページ | 日本人最強アスリート »

2020年1月23日 (木)

血液型で見る芸能界の共演NG

 今回の記事は、批判が多い血液型に関する記述を多分に含んでいます。このテーマに興味がない方は、読まずにここで退場願います。

 長年テレビを見ていると、不思議なことに気づくことがある。それは同じミュージシャンでありながら、同じステージに立ったことがない方がいたり、あるいは俳優や女優なのに、ドラマで共演したことがない、あるいは共演したことがあってもある時期を境に共演していないとか。また芸人なのに、バラエティーで共演していないなど。それらは意図的に避けているようにも思える。これら犬猿の仲の関係を業界では「共演NG」と呼んでいる。制作側もキャスティングする際に、相当気を遣わなければならないだろうし、出演オファーに苦慮するらしい。
 特に、木村拓哉など超人気俳優であっても結構、出演を嫌う方がいたり、逆に「なぜこの二人が共演できるの?」という例もある。得てしてそれは、事務所同士の力関係だったり、あるいは同じ宗教法人に所属している特別な関係だったりするようだ。
 芸能人も人間である以上は、好き嫌いや多少のいざこざはあるだろう。しかし、公の場に登場し、影響力が多大な芸能人という立場を考えれば、個人的な感情をこじらせての共演NGはいただけない気がする。

 では、実際に巷で噂になっている「共演NG」のタレントを回顧したい。

 A型同士

 桑田佳祐と長渕剛

 同じ一流ミュージシャンで70年代デビュー組同士なのに、出演を回避する傾向が強い。理由は桑田が出した「すべての歌に懺悔しな」という曲で暗に長渕を揶揄したというもの。(2人ともA型)
 長渕剛はあの通り、他を寄せ付けないようなただならぬ雰囲気を醸しているので、松山千春やさだまさしとも反りが合わない。

 木下優樹菜と濱口まさる

 バラエティがメインの二人だが、これまで同じ番組に出ているのを見たことがない。プライドが高いので自分から謝れない。(A型同士)
 
 藤井フミヤと高杢禎彦

 両者ともにプライドが高い者同士なので、どちらからも謝罪を口にできず、こじれやすい。気難しいタイプなので、批判の応酬ではなく、お互い無視して関わろうとしなくなる公算が高い。(A型同士)


 A型とB型

 チャゲと飛鳥

 飛鳥が薬物に手を染める前までは、黄金のデュオとして一世を風靡した。しかし、事件以降、お互い疎遠となり、仲たがい状態で解散となった。プライドが人一倍高い飛鳥は二度と再結成は言い出さないだろう。(チャゲがB型で飛鳥はA型)

 仲間由紀恵(A型)と篠原涼子(B型)

 もともと正反対の性格なので、価値観の違いで衝突しやすい。
 繊細で几帳面、型にはまりやすい性格のA型をおちょくったり、いじることが好きなB型が、上から目線で見下したり、横柄な態度をとると、A型はショックを受け、B型を排除しようとする。楽天家で自由奔放なB型を羨ましく思う反面、無神経な態度にはカチンとくることが多いようだ。適度な距離感でリスペクトされているうちは軋轢は生じにくい。B型からみるとA型はしっかりしているが、堅物で応用が利かないと映るようだ。基本的にA型は嫌いになると、口を利かなくなるし、無視するようになる。
 明石家さんまと大竹しのぶが好例で、傍から見ると夫婦喧嘩でも仲良さげに映るが、外面を気にするA型が取り繕っているだけで、内心はぐちゃぐちゃになっている。B型の無神経な振る舞いや言動が許せず、一番絶好状態に陥りやすい。
  

 O型絡み

 泉ピン子(B型)とえなりかずき(O型)

 B型の自己中心的で強気なものの言い方を通常なら肯定的にとらえるO型なのだが、あまりにもぞんざいに扱われるとさすがのO型でもカチンと来る。普段は年上には可愛がられる努力を怠らないO型も、いったん自分の味方としての領域から外れると、徹底的に排除し、近寄れなくなる好例。

 B型とO型

 和田アキ子(O型)と小林幸子(A型)

 同じジャンルに位置するふたりだが、和田アキ子は在日だけあって、若いころから歯に衣を着せぬ発言や横柄なでかい態度をとり、女性芸能人を牛耳っていた。実際は心配性で気弱なのに、それを隠そうとして或る意味「親分肌(姉御肌)」として振舞い、仲のいい者を集めて酒盛りをしては、力関係に任せて「お山の大将」風にふるまう。
 悪気がないのに何気なくはなった一言でも繊細なA型には気に障る。しかも同じような立場で似たような境遇のふたりなら、なおさら癪に障るため、A型が拒絶反応を起こし、徐々に遠ざかろうとする。今はふたりとも紅白を卒業した立場だが、それまでは表面上は差しさわりのない関係性を演出していても、実際は相当ぎくしゃくしていたのではないだろうか。

 O型とA型

 大久保佳代子(O型)と壇蜜(O型)
  
 O型は力関係に敏感で、長いものに巻かれやすい性質のため、O型同士はあまり軋轢は生まれにくいが、年齢が近かったり、 勢力争いの構図だと関係が悪化することも。タモリ、ビートたけしでもわかるように、O型をお山の大将としたファミリーや軍団を形成しやすい。そこにライバル関係が構築され、グループ同士の対立となる。
 O型は、豊臣秀吉でもわかる通り、年上にはおべっかを使い、目一杯可愛がられようと努力するが、いざ、天下を取ると、年下や目下の者には横柄な態度をとるようになる。近藤真彦などは後輩にかなり強気で振舞うのもそれだし、木村拓哉も年下のタレントには上から目線になる。これは力関係に敏感に対処するO型ならではだ。

 松山千春(O型)とさだまさし(A型)

 同じ系統(フォーク)で歳が近いとライバル心を燃やす好例。北の国からの主題歌をさだまさしが歌ったのも千春は面白くないと思っている。お互いに70年代から活動し、同じような境遇のふたり。千春はラジオでさだまさしの暗い曲調を何度もいじっていたし、「俺って天才」を自負する松山を真面目で几帳面なさだは許せないと思っている。
 さだまさしは千春ほどライバル意識はないが、なぜかステージでジョイントしたことがない。さだまさしは、中島みゆきや南こうせつなど、同じ時期に活躍したミュージシャンや加山雄三などと共演しているのに、千春との共演は少ない。かつてさだまさしのコンサートにゲストで出演したが、上から目線で自身の自慢話やいじり発言、横柄な態度をとる松山千春に繊細なさだまさしがカチンと来たようだ。それ以来ぷっつりと音信が途絶えた。
 千春は大胆で雄大さを歌うバイタリティ溢れる曲を世に多く放ったが、さだは、心情に琴線に訴える抒情詩的な歌詞で、実に細かい詩を大切にする。対照的な立ち位置。
 千春は谷村新司(AB型)との共演もない。そういう意味では千春は我が強く、他人の楽曲をあまり受け入れたくない性格なのかもしれない。

 その他の共演NG 結婚・離婚・元カレ元カノなど
 
 陣内智則(O型)と片岡愛之助(B型) 藤原紀香の前夫と現夫の関係

 岡田准一(B型)と蒼井優(A型)

 アンタッチャブル柴田(B型)とファンキー加藤(A型)柴田の前夫人と加藤が結婚

 長瀬智也(O型)と浜崎あゆみ(A型) 元カレ元カノ

 その他(NAVERの記事より)

 明石家さんま(B型)と上沼恵美子(O型)
 明石家さんま(B型)と徳光和夫(B型)
 明石家さんま(B型)ととんねるず(石橋A・木梨O) 
 タモリ(O型)と小田和正(A型)
 ダウンタウン(浜田A・松本B)ととんねるず(石橋A・木梨O)

 太田光(O型)と松本人志(B型)
 太田光と(O型)恵俊彰(O型)
 ダウンタウン(浜田A・松本B)と中山秀征(B型)
 沢尻エリカ(A型)と中山秀征(B型)
 岡村隆史(B型)と西野亮廣(O型)

 東野幸治(O型)と福田彩乃(A型)
 陣内孝則(B型)と織田裕二(A型)
 デビィ夫人(A型)と小島瑠璃子(O型)
 デビィ夫人(A型)と西川史子(B型)
 鈴木奈々(B型)とノブコブ吉村(A型)

 有吉弘行(A型)と青木さやか(O型)
 有吉弘行(A型)と吉川怜(AB型)
 有吉弘行(A型)と福田彩乃(A型)
 浅田舞(A型)と安藤美姫(O型)
 菅野美穂(AB型)と中谷美紀(A型)

 杏(A型)と福田沙紀(O型)
 優香(O型)と深田恭子(O型)
 桃井かおり(O型)と大竹しのぶ(A型)
 松たか子(A型)と黒木華(B型)
 壇蜜(O型)と橋本マナミ(AB型)

 高橋英樹(B型)と蛭子能収(O型)
 木村拓哉(O型)と井川遥(B型)
 三村マサカズ(A型)とヒロミ(A型) その後、和解したと報道されたが、不思議にも共演はないようだ。

 「NAVER」によると、「共演NG」とされている芸能人はこんなにいることに驚かされる。私は芸能界とは無縁なので真相は不明だが、
 同じ人間である以上、相性がやはりあるようだ。何がきっかけでそうなるかは不明だが、我が強かったり、人を批判したり、悪口を言う
キャラの人に多いように思う。「口は災いの元」というが、芸能人にはうってつけの言葉で、やはり、共演NGは長く尾を引いてしまう。
そこにはファンの存在は無視されるし、視聴者が共演を望んでもそれは制作側の意図で回避されてしまう。
 個人的には「木村拓哉」と「井川遥」の共演ドラマを見てみたいし、大ベテランで同じようなキャラの「桃井かおり」と「大竹しのぶ」の
共演も興行的には成功すると思う。
 一般的に男同士よりも女同士のほうが、険悪な感じになりやすく、どちらも身を引いて遠ざかる傾向があり、こじれやすいようだ。

 
 
  

 
 
 

« 日本の姓(苗字)ランキングとその有名人の代表 | トップページ | 日本人最強アスリート »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の姓(苗字)ランキングとその有名人の代表 | トップページ | 日本人最強アスリート »