2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ちょっとブレイク(笑点風ことば遊び) | トップページ | ご健在の大物俳優は? »

2019年12月19日 (木)

一流プロ野球選手の結婚相手

 毎年の恒例行事のように、シーズンオフに入るとスポーツアスリートたちの結婚ラッシュが沸き起こる。
今年もビッグカップルが誕生した。広島の鈴木誠也選手と新体操の美人アスリートの畠山愛理選手だ。どこでどうやって知り合うのかは些か疑問だが。

 とかく野球の場合は、女子の選手が少ないため、同じ野球選手同士というのはなかなか起きにくい。野球は2月のキャンプインに始まり、11月の秋季キャンプまで長く、フリーになる期間があまりない。12月に入っても球団行事や後援会への挨拶回り、ファンサービスなど引く手あまたで、出逢いが思いのほか少ない。よって、これまでは結婚まで発展するケースとして、共通の友人の紹介だったり、インタビューなどで話をする機会が多いアナウンサーなどが多かったように思う。
 古くは古田敦也とフジテレビアナウンサーだった中井美穂、石井一久と木佐彩子、高橋由伸と小野寺麻衣、松坂大輔と柴田倫世、イチローと福島弓子、元木大介と大神いずみなどが好例だ。残念ながら離婚してしまったが、沢村拓一と日本テレビのアナウンサーの森麻季も同様だ。
 しかし、最近は一般人だったり、歌手や女優、モデル、タレントとかが多い。番組で共演して、その後、交際に発展してゴールインするケースが多いようだ。
 また、女性の心理を考えると、幼少時から「夢はプロ野球選手のお嫁さん」というのが憧れで、やはりかっこよさに惹かれると同時に一般のサラリーマンではまず手に入らない高収入もまた魅力に違いない。また、スポーツ選手を食事や健康面で支えたいという母性本能も働くのも一理ある。
 だが一方で、プロ野球選手になる人は、たぶん、周囲からはモテモテだったとは思うが、幼少期から練習漬けの毎日で、とても恋愛に時間を割く余裕などなかったに違いない。だから女性とどう接していいのかわからない選手も多いと聞く。だから年上の女性を選ぶ傾向もある。

 <プロ野球選手がアスリートと結婚した例>

 鈴木誠也と畠山愛理
 金石昭人と陣内貴美子
 江草仁貴と竹下佳江
 谷佳知と田村亮子
 川口隼人と神内友希
 大西崇之と坂上晴美
 中村紀洋と村上浩子

 プロ野球選手が他の競技の女子アスリートと結婚する例は意外にも少ない。逆に陸上や水泳など男女ともに同じスポーツ競技をしているほうが、自然に出逢い得る機会が多く、交際に発展することが多いようだ。


 <プロ野球選手と女子アナの結婚例>

 与田 剛と木場弘子
 田口 壮と香川恵美子
 石井琢朗と荒瀬恵美子
 堂林翔太と桝田絵理奈
 松中信彦と林 恵子
 内川聖一と長野 翼
 青木宣親と大竹佐知
 井端弘和と河野明子
 金子 誠と白木清か
 岡島秀樹と栗原由佳
 二岡智宏と用稲千春
 福盛和男と福元英恵
 中田賢一と角野友紀
 馬原孝浩と畑野優理子
 杉内俊哉と上葉えりか
 松田宣浩と柴田恵理
 林 昌範と亀井京子
 長野久義と下平さやか
 前田健太と成嶋早穂
 菊池遊星と深津瑠美
 杉浦稔大と紺野あさ美
 
 ここに挙げたのはほんの一例で、地方局なども含めたらもっと多い。プロ野球選手と女子アナの結婚は圧倒的に多いことになる。女子アナは有名大学を卒業している方が多く、美しい方が多く、文字通り才色兼備に容姿端麗。練習ばかりで女っ気があまりなかったプロ野球選手がひとめぼれするのも理解できる。


 <プロ野球選手とタレント・アイドル・モデル・女優の結婚例>

 佐々木主浩と榎本加奈子
 和田毅と仲根かすみ

 松井裕樹と石橋杏奈

 源田壮亮と衛藤美彩
 片岡治大とベッキー
 城島健司と大藤真紀

 こちらもどうやって知り合うのかは疑問だが、番組での共演がきっかけになることが多いようだ。それに選手とファンという立場だったり、共通の知り合いを通じて紹介してもらうとか。稀に、ひとめぼれした選手が、なんとか食事会にパートナーを連れ出してもらうという手もあるようだ。堂林と枡田アナの出逢いはまさにそれ。
 

 <離婚した選手>

 新庄剛志と大河内志保
 小早川毅彦と赤間裕子
 清原和博と清原亜希
 沢村拓一と森 麻季
 黒田智史と新山千春
 城石憲之と大橋未歩

 せっかく縁あって結婚したのに、様々な理由で離婚に至るケースがあるのは一般人と同じだ。すれ違いの生活や性格の不一致、あるいは子供の問題、そして浮気や不倫が原因となることもあるが、新庄のように家庭に束縛されず、自由な生き方を選択して別れる特異な例もある。
 
 ところで、私が今、興味があるのは、もうお年頃の皆藤愛子アナ、宮司愛海アナ、三田友梨佳アナ、久慈暁子アナ、曽田麻衣子アナが一体どんな出逢いをして誰と結婚するのかだ。アナウンサーは会社員とはいえ、テレビに多く出演している以上、もう芸能人と同等だ。不思議なのは、職場結婚がしずらいし、同業者(アナウンサー同士)というカップルも少ないように思う。アットホームな雰囲気のフジテレビは中村ー生野、生田ー秋元のようなケースはあるが、これは特別だ。結婚後、離婚後も同じ職場というのは少し周囲の目も合って辛い立場になる。


 私がお気に入りだった5人のアナウンサーはいずれも野球選手以外の一般人と結婚した。
 長野美郷、伊藤友里、山岸舞彩、椿原慶子、そして宮澤智だ。

 一方、現在なぜかイケメンで実力があり、人気もありながら独身を貫いているアスリートを挙げると・・・

 巨人 坂本勇人(31歳) 
           小林誠司(30歳)
 日本ハム 西川遥輝(27歳)
 西武 金子侑司(29歳)

 MLB 大谷翔平
 

« ちょっとブレイク(笑点風ことば遊び) | トップページ | ご健在の大物俳優は? »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとブレイク(笑点風ことば遊び) | トップページ | ご健在の大物俳優は? »