2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« その道のプロはやっぱりB型? | トップページ | あれから何年?~福島県編~ »

2019年11月13日 (水)

やっぱりA型女性はB型男性に惹かれる?

 血液型に関することを話題にすると、B型は極端に嫌うのはわかっているが、あえて取り上げたい。この手の話題が苦手な方は、ここで退去願います。

 かつて、全日本の代表に選ばれ、五輪出場が確定していたバレーボールの美人アスリートの熊倉由美(A型)が同じバレー選手で、日本代表のエースとして活躍していた山本隆弘(B型)の「プロになりたいから俺を支えてくれ」という、ある意味、自己中心の考え方によって、熊倉は自ら五輪出場の夢をあきらめて、彼を食事の面を含め、全面サポートするという覚悟で、23歳という若さで現役を引退した。
 女性から見れば、もしかすると大好きな彼を一生懸命支えるために結婚を選んだという美談にも受け取れるが、女子チームの中心的支柱であった彼女を失ったことは日本女子バレー界において相当の痛手だったし、突然に代表を辞退したことで、協会やチームメイトにも影響は大きかった。
 それほどまでして彼女に大きな決断をさせた理由は何だったのか?

 私の長年の研究では、「A型女性はB型男性に惚れやすい」というのがある。A型には持っていない長所がB型には数多くある。才能に長け、個性的で話も上手いため、女性ウケが良い。しかも、B型は元来、細身でスタイルが良い人が多い。顔も細くて面長で、イケメンの条件を揃えている。山本隆弘選手の場合は、長身でルックスもよく、しかも日本代表のエースとして君臨していたし、女性ファンの黄色い歓声を独り占めするほどの人気を集めていた。これだけ好条件の男性はそうそういるものではない。彼を誰かに渡したくないという嫉妬心もあったのだろうか。

 ほかにも例はある。同じバレー選手で、サウスポーのエースとして活躍していた「清水邦広」はB型だが、たまたまバレーの試合を見に来ていたA型のシンガーの中島美嘉が、彼のプレーを見て一目ぼれしてしまった。出逢いからわずかな期間で結婚にまで至った。
 しかし、順調に愛を育んでいたように見えた二人だが、4年後に離婚に至った。理由は定かではないが、私が想像するに、お互い分野が違いすぎて、世界を舞台に活動する清水選手と一緒に過ごす時間があまりにも少なく、すれ違いが生じたのではないか?
 あるいは、結婚後、表の顔と裏の顔が違いすぎてついていけなくなったのだろうか?

 B型は俗世間に言われているように、とにかくマイペースで、神出鬼没で行動が読めないし、他人を振り回す傾向がある。本人は振り回している気持ちはさらさらないが、A型はそうした振る舞いについていけなくなる。しかも趣味はマニアックで凝り性。自分の興味があることは、家庭を顧みずにストイックに追求する傾向がある。しかもなぜかカリスマ性がある。
 我が道を行くという点では、「フーテンの寅さん」こと車寅次郎を演じた渥美清がうってつけ。彼ももちろんB型だ。

 私の職場でも、B型男性とA型女性の婚姻は多い。B型は見た目に「かっこいい」人が多く、ユニークなのでとにかくモテるのである。わき目も振らずに一目散に自分の夢や目標に向かってひた走る人間性に魅かれ、ついつい応援したくなるに違いない。

 例えば、これからB型の有名人を列挙するが、意外にもA型女性は好むはずだ。

 <若手俳優>

 岡田准一・手越祐也・山田涼介・吉沢亮・中川大志・亀梨和也・田原俊彦・窪田正孝・瑛太・堂本光一・上田竜也・玉森裕太・北村匠海速水もこみち・神木隆之介・新田真剣佑・真栄田郷敦


 <ベテラン俳優>
 
 大泉洋・ユースケサンタマリア・西田敏行・原田泰造・梅沢富美男 及川光博 京本政樹 山本耕史・沢村一樹・渡哲也・松平健

 <シンガー>

 佐野元春・山下達郎・布袋寅泰・矢沢永吉・hyde・YOSHIKI・尾崎豊・坂本龍一・岩田剛典・NAOTO

 <芸人>

 明石家さんま・フットボールアワー後藤・ザキヤマ・岡村隆史・松本人志・はんにゃ金田・オードリー春日・タカ(タカトシ)
 出川哲朗・藤森慎吾・又吉直樹・コロッケ

 <故人>
 
 高倉健・渥美清・緒形拳・根津甚八・古尾谷雅人・沖雅也・夏八木勲

 <アスリート>

 大谷翔平・羽生結弦・北島康介・萩野公介・宇野昌磨・イチロー・野茂英雄・松山英樹・ジャンボ尾崎・青木功・丸山茂樹・片山晋吾
   鈴木誠也・朝原宣治・山本隆弘・清水邦広

  B型は女性も個性的で天然が入った人が多い。

 <芸能人>

 ローラ・綾瀬はるか・米倉涼子・天童よしみ・菊池桃子・相田翔子・南野陽子・吉岡里帆・仲里依紗・黒木華・宮沢りえ・比嘉愛未・
 篠原涼子・柴咲コウ・工藤静香・稲森いずみ・堀北真希・倉木麻衣・坂口杏里・大島優子・柏木由紀・山本彩・松井珠理奈・有村架純
 松岡茉優・朝日奈央・杉田かおる・キンタロー。坂下千里子・皆藤愛子・高島彩・きゃりーぱみゅぱみゅ・友近・小倉優子・松本伊代
 真野恵里菜

 <アスリート>

 福原愛・浅田真央・伊藤みどり・谷亮子・山口香・伊調馨・宮里藍・岡本綾子・古閑美保

 どうでしょうか?B型には熱狂的なファンがつくといわれる。羽生結弦や大谷翔平が好例で、彼らの応援のためなら海外にまで行くという熱狂的なファンが多いのも事実だ。海外にもファンが大勢いる。B型は存在自体がシンボリックで、まるで神のように崇められる傾向がある。
 外国人は血液型に関する概念や興味は薄いが、マッケンローやマイケルジャクソン、アイルトン・セナもB型だった。

  しかし、B型に憧れ、恋心を抱きやすいA型女性だが、遠目に離れて応援している分には問題はないが、いざ結婚となると、結構違ってくる。自分の趣味追求のためならとことん時間と金をつぎ込み、家庭を省みない人もいる。

  そして、固定概念に反発し、あまのじゃくな態度をとったり、ひねくれ根性があるため、周囲からは変わり者と映るかもしれない。

  また、独身貴族を満喫して、かっこいいのに独身を貫いて趣味に没頭する方が多い。O型がゲーム好きの人が多い一方で、車やバイクなどにはまって夢中になる人が多い。B型の男性は何かに凝っていないだろうか?フィギュアを集めていたり、他人には理解できないようなものを集めていたりとか?
  さらに、B型の人は猫好きが多いという傾向がある。犬のように従順ではなく、あの気まぐれで自由奔放な行動が自分と似ているから好感が持てるというのだ。私はO型だが、私の友人は8割方はB型だった。

 実を言えば、私の義父もB型なのだが、これが結構変わり者で、見た目は亡くなった内田裕也そっくりなのだが、なぜか親友が多い。人を呼ぶ性格で、75歳をとうに過ぎた今でもバイクを乗り回している。しかもひょろひょろで痩せている。長髪にサングラスといういでたちで、一歩間違えばその道の方かと見間違えるような怪しい風貌をしている。また、マニアックなのは、公務員で退職したのに、大型バイクばかり40台も所有している。いずれも中古バイクに人知れぬ愛着を注ぎ、分解しては組みなおし、レストアして大切に乗っている。往年の名車の「陸王」やBMW、ハーレーダビットソン、イタリアのドゥカティまで所有しているほどの筋金入りのバイク好きだ。サイドカーまで自作してしまうほどの熱の入れようだ。車もすべて中古で長年乗っている。軽トラを含めて車も4台所有している。

 昔の同僚でも変わった方がいて、自宅に母屋よりも大きいガレージを建て、そこに外車ばかり7台も所有していた。クラシックカーのロータスやプジョー、ローバー、フォード、ワーゲンビートル、アルファロメオ、フィアット、そしてキャンピングカーのロデオなどだ。しかも毎日違う車に乗って出勤して来る。しかもその色は派手。真っ赤だったり、真っ黄色だったり、ファッションもおしゃれでイタリア紳士のような色合いの服装を好む。

 とにかく風変わりで奇抜な印象を受けるB型は、行動も個性的すぎる。約束もせずに、突然に訪ねてきたり、こっちの都合も考えないで勝手に上がり込む。面白がっているうちはいいのだが、うざいことも多少なりともある。まるでフーテンの寅さんの性質そのもの。

 また、B型は朝鮮系の方々が多い。日本で活躍している在日と言われている方々でB型は

 矢沢永吉(本名:趙)、井川遥(本名:趙)、新井貴博(本名:朴)

 金田正一(本名:金)
 
 O型で在日は張本勲(本名:張)、Rihwa(本名:朴)

  最後に芸能界やスポーツ界の夫婦でB型男性ーA型女性の組み合わせを挙げて結びとしたい。

  薬丸裕英&石川秀美、布川敏和&土屋かおり二谷英明&白川由美
  明石家さんま&大竹しのぶ萩原聖人&和久井映見、京本政樹&山本博美
  内川聖一&長野翼、椎名桔平&山本未来井戸田潤&安達祐実
  中村昌也&矢口真理、瑛太&木村カエラ、増嶋竜也&潮田玲子
  清水邦広&中島美嘉、松平健&松本恵、隆谷建志&MEGUMI
  山下達郎&竹内まりや、片岡愛之助&藤原紀香、田中毅&にわみきほ
  内田裕也&樹木希林及川光博&檀れい、速水もこみち&平山あや
  萩野公介&miwa  (ピンクは離婚した夫婦 青色は死別)

 最初はB型に惚れてしまうA型女性だが、徐々にマイペースすぎる夫の振る舞いにストレスが溜まり、我慢の限界を越えると爆発するという
流れになることが多い。忍耐強いA型女性をそこまで追い込むからには、相当な性格の不一致がある。やはりB型夫には付いていけないと別れを決意するケースが多数のようだ。 
  ところで、 日本人の2割しかB型はいないはずなのに、やたら目立つ存在であることは間違いない。B型の人は、血液型を話題にすることを嫌い、自分が変人にように扱われるのを嫌う。「血液型なんて人の性格と結びつかない」と言い張る人もB型の特徴だ。そして批判好きなのもB型だ。
 統計的にはアジア大陸の方はO型とB型が多い。韓国人は比較的B型が多いので、A型民族が多い日本を徹底的に批判するのも頷ける。問題意識が強く
  権力にはとことん逆らう反骨精神の塊と言っていい。常に自分が好きで、自分中心に世界が回っていると思える節がある。明石家さんまなどはその典型。野村克也のようにいちゃもんをつけたがる。独自理論で固定概念を論破したがる。
 
 まぁ、今回記載したことが、全部のB型に当てはまるわけではないが、他の型よりもその傾向を明らかに強いはずだ。気配りに優れ、しっかり者が多いA型女性に好かれてさぞかしほくほくかと思うが、B型は固定観念がないので、人を特別扱いせず、平等に扱うからあまり自分に心を砕いてくれないと嘆くA型女性も多いかもしれない。誰にでも優しく接するので、プレイボーイというレッテルを貼られやすいが、それもB型男性の特徴だと割りきって付き合えばそうはストレスが溜まらないで済むのではないでしょうか。

  

« その道のプロはやっぱりB型? | トップページ | あれから何年?~福島県編~ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その道のプロはやっぱりB型? | トップページ | あれから何年?~福島県編~ »