2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 忘れられない一曲② | トップページ | 忘れられない一曲④ »

2019年8月21日 (水)

忘れられない一曲③

 今週の記事は、何か女性シンガーの特集のような印象を受けるかもしれないが、1980年代から90年代初頭にかけては、バブル景気もあって、記憶に残る方々が多く存在した。もちろん現在もバリバリ現役で活動されている方々もいるが、心にしみいるような歌詞だったり、ついつい口に出てしまう美しいメロディだったり、表現力があって秀逸していた気がする。第3弾の今日は、歌のうまさではぴか一だった「小比類巻かほる」さんを取り上げたい。
 たぶん今の若い人には、あまり知られていないかもしれないが、私個人としては、歌唱力という点では、渡辺真知子さんや八神純子さん、吉田美和さんなどと双璧だったと感じている。

 論より証拠、彼女のショーマンシップな歌いっぷりをどうぞ!
 
1 Together

  2 Dreamer

 3 Hold on me 

 https://www.youtube.com/watch?v=i5FNKPBT6zs    埋め込み処理無効

 4 City Hunter ~愛よ消えないで~

 https://www.youtube.com/watch?v=-MW5WQwvLu8   埋め込み処理無効

 ロック好きのB型っぽく、スリムな体型とボーイッシュな雰囲気も素晴らしい。声に張りと伸びがあって、聞いていて心地よい。とにかく「かっこいい女」だった。渡辺美里がポップスの女王なら、彼女は当時、ロック界ではスター中のスターで、当時は熱狂的なファンが彼女を支持していた。宝塚のトップスターを支持する女性のようにカリスマ的な存在の彼女は女性のあこがれだった。熱唱中の彼女の涼やかな瞳の流し目にやられた方も多かったに違いない。

 彼女の存在を知らない気の毒な方々のために彼女の略歴を紹介すると
 1980年代後半から1990年代後半にかけて、R&B、ゴスペルなど洋楽のテイストを取り入れた楽曲とソウルフルなボーカルで脚光を浴びており、特に1980年代後半には小比類巻が当時所属していたエピックに於ける同じレーベルのアーティストである佐野元春、鈴木雅之、大江千里、渡辺美里、TM NETWORK、大沢誉志幸、岡村靖幸等と共に同レーベルの稼ぎ頭としても活躍していた。代表曲に「Hold On Me」(日本テレビ系ドラマ『結婚物語』主題歌)、「TONIGHT」(日本テレビ系ドラマ『新婚物語』主題歌)、「City Hunter?愛よ消えないで?」(アニメ『シティーハンター』のOP曲)、「TOGETHER」「DREAMER」(TDKCMソング[注釈 2])などがあり、2014年現在ベストアルバム含むアルバム26枚、シングル35枚を発表している。

 彼女は現在も現役のシンガーとして活動中。名称を「Kohhy」と変えている。
 さて、彼女を知らない世代にも、彼女の印象を強烈なインパクトとして残せたと思う。今聞いても古さを感じさせない。それくらい当時の彼女は先進的で、個性的であまりいないタイプのロッカーだった。
 

« 忘れられない一曲② | トップページ | 忘れられない一曲④ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れられない一曲② | トップページ | 忘れられない一曲④ »