2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« バブリー時代の爽やか系CM | トップページ | 韓国に対する日本人の感情 »

2019年7月20日 (土)

あれから幾年月

 昔のことを語るのは歳をとった証拠だが、加齢とともに、やけに月日が経つのが早く感じられる。もうそんなに経つのかと驚くことしばしだ。本日の記事は「光陰矢のごとし」を実感する内容だと思う。みなさんも時間の早さをこの記事で確認してほしい。なお、記事はアットランダム(順不同)で取り上げます。

 3億円事件から51年

 1968年12月、銀行員に支給される予定の現金3億円の輸送車が、府中刑務所付近の高い塀沿いの道を走行中、白バイ隊員を装った犯人に停止を求められ、「爆発物が仕掛けられている」と告げ、避難した直後、この輸送車を強奪。そのまま行方をくらませた。7年後に時効となり、結局犯人は逃げおおせた。今から51年前の事件だが、真相は闇の中のままだ。現在の価値にするとざっと12億円以上だという。

 遺留品が数多くあり、当初は簡単に犯人が検挙されるであろうと思われていた捜査が難航。犯人とされるモンタージュ写真が公開され、全国指名手配されたが、このモンタージュがまずかったようで、すでに亡くなった男のものが使われ、誤解が誤解を生み、結局は犯人は捕まらず終いとなった。  
 当時、私は4歳で、こんな事件が起こったことすら知らないでいた。それもそのはず、この時期はまだ、テレビが普及しておらず、このモンタージュ写真を見る機会すら少なかった。

 キャンディーズ解散から42年

 1977年7月に「普通の女の子に戻りたい」と解散宣言し、ファンを落胆させた。 結局ミキちゃんを除いて2人が芸能界に復帰。しかし、スーちゃんこと田中好子が2011年4月に亡くなり、再結成の夢はもろくも崩れた。

 沖雅也、衝撃の投身自殺から36年

 「オヤジ、涅槃で待つ」という謎の遺書を残して京王プラザホテル47階から飛び降り、自らの命を絶った。オヤジとは芸能プロダクション社長でもあり、養父であった日景忠男氏だった。(1983年6月死去)

 岡田有希子の自殺からも33年が経過した。彼女は某俳優への一方的な恋愛感情を抱き、失恋したと思い込み、それを苦にして1986年4月に所属する四谷の芸能事務所から飛び降り自殺を図り、わずか18歳という若さでこの世を去った。当時人気絶頂アイドル歌手だった彼女の衝撃的な死は、33年が経過した今でも、ファンの心の傷は癒えることはない。


 グリコ・森永事件から約38年
 
 怪人二十面相を名乗る男が、菓子メーカーに対して、毒物を混入させると脅迫した事件。
これにより、売り上げは大幅に減った。裏取引があったと言われているが、公開された犯人がコンビニスーパーで毒物を混入させている模様を撮影した写真も眉唾ものだった。「キツネ目の男」として似顔絵も作成されてたが、結局、犯人は逃げ、自然収束となり、迷宮入りとなった。 1984年から1985年にかけて起きた。

 この頃はロス疑惑が表沙汰になった。ロス疑惑とは、1981年から1982年にかけて、アメリカ合衆国ロサンゼルスで起こった銃殺・傷害事件に関して三浦和義にかけられた一連の疑惑。報道の過熱化や一事不再理の原則などの問題を投げかけた。 別名ロス事件、三浦事件、三浦和義事件、疑惑の銃弾事件。 三浦和義は無実を訴え続け、連日マスコミの格好の標的となっていた。
 その三浦被告はその後、別件で逮捕され、獄中で首つり自殺した。


 長嶋茂雄、現役引退から45年

 1974年10月に後楽園球場で引退試合となった中日とのダブルヘッダーでのあいさつは伝説となった。1試合目終了後、場内を涙ながらに一周し、ファンに別れを告げ、さらに試合終了後にはマウンド上で、引退セレモニーが執り行われ、ファンに向けてスピーチを行った。その際、「我が巨人軍は永久に不滅です」という、後世に語り継がれる名言を残してユニホームを脱いだ。ミスタープロ野球と呼ばれた彼は、多くのファンに愛された。この引退しピーチはレコードとなり、私もEP版を400円で購入した記憶がある。

 銀座のタクシー運転手1億円拾得から39年

 1980年4月、タクシーの運転手をしていた大貫さんが、銀座で植え込みにある不審な紙袋を発見。中を確認すると、なんと現金で1億円分の札束がびっしり詰められていた。彼は直ちに警察に届け出た。
 しかし、拾得物扱いになった大金は、不思議なことに持ち主が現れず、1年後、所有者は現れず、時効となり、晴れて発見者の彼のものとなった。当時はさまざまな憶測が飛び交った。何かのやばい取引きのために置かれたものをたまたま発見されたものだとか。個人的にはこの一件は大々的にマスコミに報じられ、大貫さんも世間に顔を晒したため、命を狙われないか心配だった。約40年前の1億円は現在の価値では3倍はくだらないだろう。

 ケネディ大統領暗殺から56年

 1963年11月に発生したアメリカ大統領暗殺の大事件。これは全世界に衝撃を与えた。テレビ放送が始まり、最初の衛星放送で飛び込んできたニュースが、この現役のアメリカ大統領が狙撃され、死亡したというものだった。若き大統領がテキサス州ダラスで、空港を降り立ち、オープンカーで移動中にこの惨劇に見舞われた。狙撃直後、周囲に飛び散った細胞を夫人が拾い集めようとする映像は、あまりにも衝撃だった。そして犯人とされたオズワルドもまた移送中に頭部を撃ち抜かれて即死した。これは口封じで真犯人や黒幕はほかにいるとの憶測が流
れた。ケネディ家の不幸はまだまだ続き、弟のロバート・ケネディ議員も暗殺され、身内が飛行機墜落事故で不慮の死を遂げるなど、呪われた一族とさえ言われた。

 ジョンレノン射殺事件から39年
 
 1980年12月の彼の死はあまりにも突然だった。ニューヨークのマンション前で、ファンを名乗る男が突如ピストルを彼に向け、発射。たった一発の銃弾によって命を絶たれた。その日全米はもちろん、全世界で祈りが捧げられた。
 彼の死により、ファンが熱望していたザ・ビートルズ再結成の夢は断たれた。


 チャールズ皇太子・ダイアナ皇太子妃成婚パレードから38年

 1981年7月にパパラッチを振り切ろうとしたベンツがトンネルの壁に激突。不慮の交通事故により急死したが、それからも22年が経過した。私はご成婚パレードも彼女の急死の報もテレビで見ていた。


 アポロ11号月面着陸から50年

 1969年7月、アームストロング船長が月面に降り立ち、「これは小さな一歩だが人類にとっては大きな一歩だ」として有名になった。アポロ計画では月面探査車で月面を移動したり、アメリカの国旗を立てたり、あるいは月の石を持ち帰ったりした。その石は大阪国際万博で展示され、万博の目玉となった。
 今年、月面着陸から半世紀が経過し、再び疑惑が再燃した。NASAのねつ造で、月面着陸はなかったとされる説がまた流行している。

 あさま山荘事件から47年

 1972年2月に発生した連合赤軍による山荘への立てこもり事件。過激派グループが、粛清と称して仲間をリンチによって殺害。山荘の管理人の妻を人質に厳冬期の中、10日間も立てこもった。警察との攻防戦によって、警官隊に死者者が出た。鉄球や放水などによる人質救出作戦が展開されたが、それをテレビで生中継するなど、連日、報道が過熱した。

 国鉄からJRに変わって32年

 1987年4月、青函トンネル開業により北海道と本州が鉄道で行き来できるようになり、また同時に本四連絡橋開通により、四国と本州がつながるなど、日本列島が一本のレールでつながった記念すべき年であった。そして赤字続きだった国鉄が分割民営化され、JRとして甦った。

 よど号ハイジャック、北朝鮮亡命事件から49年

 1970年、超法規的措置により、よど号を乗っ取った犯人グループを北朝鮮への逃亡を許した事件。
 当時、国交のない北朝鮮は「夢の国」と思われおり、犯人グループとの交渉も実を結ばず、人質の人命を優先させ、北朝鮮へ亡命させることとなった。

 雲仙普賢岳火砕流被害から28年

 1991年6月、長崎県の雲仙普賢岳で大規模な火砕流が発生し、取材していた報道陣や消防隊員が巻き込まれて死者が多数出た。溶岩ドームという言葉も初めて聞いたし、これほどの自然災害の恐ろしさを目の当たりにしたのも初めてのことだった。

 アイルトン・セナの事故死から25年

 1994年サンマリノGPでタンブレロコーナーからコースアウトし、ウールクラッシュし、帰らぬ人となってしまった。音速の貴公子と呼ばれ、マクラーレンホンダの黄金時代を築いた彼は、日本にも多くのファンがいた。祖国ブラジルだけでなく、彼の突然の死は、多くのF1ファンに衝撃を与えた。ブラジルでは国葬とし、国民の多くが喪に服し、彼の冥福を祈った。

 三菱重工ビル爆破事件から45年

 1974年8月、爆風で飛び散ったガラスの破片で血だらけで路上に倒れているサラリーマンの映像が生々しく報道された。当時、私は小学生だったが、あまりの光景にブラウン管を直視できなかった。

 熊本大洋デパート火災から46年

 1973年11月に熊本市の繁華街にあった「大洋デパート」で発生した大規模火災。こちらも46年が経った今でも、テレビ中継の映像を覚えている。遠くから望遠で撮影した絵づらだったが、発生から8時間が経過しても黒煙がもくもくと湧き上がり、その光景は地獄であった。結局、買い物客や店員など103人が犠牲になった。1972年に発生し、118人が亡くなった大阪千日デパート火災に次ぐ大惨事となった。

 阪神淡路大震災から25年

 1995年1月の夜明け前に発生した巨大地震により、神戸の長田区では大規模な火災が発生。西宮駅が崩壊し、また、阪神高速道路の橋げたが倒れ、高層ビルが傾いたり、崩壊するなどし、多くの死傷者を出した。これにより、日本の大動脈の山陽新幹線が長期間にわたって運行停止に追い込まれた。「がんばろう神戸」などのスローガンのもと、復興に向け日本国中が支援を送った。イチローが在籍していた「オリックス」の優勝は被災者を大いに元気づけた。

 日航機墜落事故から34年

 1985年8月 死者520人を出した国内で起きた最大の航空機事故。
 お盆前の帰省客など満員のジャンボ機JAL123便は出発直後、圧力隔壁が爆発し崩壊。尾翼の大部分が吹き飛び、操縦不能になった機体は急降下し、ダッチロールを繰り返した末に、群馬県の御巣鷹山の尾根に墜落した。生存者は4人のみであり、夜間であったことや墜落現場が深い山中であったことで救出活動は困難を極めた。一夜明けた現場は地獄絵図のようであった。

 地下鉄サリン事件から24年

 1995年3月に発生したオウム教団による官公庁を狙った地下鉄同時サリン噴霧事件。
 その前に発生した「坂本弁護士一家殺害事件」「松本サリン事件」など一連の国家反逆事件はすべて麻原彰晃率いるオウム信者による犯行であった。昨年、事件発生から23年の時を隔ててオウム死刑囚全員の死刑が執行された。

 ホテルニュージャパン火災から37年

 消防法を無視したずさんな防火体制が明るみになり、当時、ワンマン社長として剛腕を振るっていた、蝶ネクタイの横井英樹社長が逮捕された。スプリンクラーは配管していない単なる飾りだった。
 火災の原因は外国人宿泊客の寝たばこの不始末で、火災発生が寝静まった深夜だったこと、真冬の乾燥した時間帯だったことで、瞬く間に延焼し、30名を超える多くの死者を出した。
 この翌日、羽田沖で日本航空機がK機長の操縦ミスで着陸に失敗し墜落。多くの死傷者を出した。消防が大規模出場するなど、この2日間は血塗られた週間となった。機長が発した「逆噴射」という言葉が流行した。1982年2月発生
 
 福知山線脱線転覆事故から14年

 その事故は2005年4月に起きた。テレビ報道で上空のヘリからの映像に我が目を疑ったのを覚えている。高速でカーブを曲がり切れず、電車が沿線に建つマンションの駐車場部分に突っ込み、クの字型に折れ曲がっている悲惨な光景だった。朝の通勤通学ラッシュで満員に近い乗客を乗せていたと思われ、特に先頭車両、2両目の車両は原型をとどめないほどグシャリとねじ曲がっていた。この事故で
 自動停止装置は切られ、遅れを取り戻そうと暴走した若い運転士も死亡したため、事故原因の真相究明は困難となった。

 世間を震撼させた事件や事故、そして自然災害の数々。中には思い返すのも憚りたいものもあったに違いない。しかし、天災はいつやってくるかわからないし、急に明日見ず知らずの者に殺される可能性も否定できない。交通事故に巻き込まれることもあるだろうし、火災で死ぬかもしれない。交差点で信号待ちをしていただけなのに、踏み間違えた高齢者の運転で命を落とすかもしれない。
 今日、私が命をつないでいるのは、単なる偶然に過ぎないのかもしれない。そう考えると、「備えあれば憂いなし」の格言通り、いつ死んでもいいように、準備だけはしておかなければならない。この世に未練を残さぬように、残された家族が路頭に迷わないように・・・。
 最後に、私がこれまで生きてきた中で、世界に衝撃を与えた人の死のニュースを順不同で取り上げたい。


 世界に衝撃を与えた人物の死

    世界            日本

 マリリン・モンロー       尾崎 豊
 マイケルジャクソン       小渕恵三
 ホイットニーヒューストン    坂井泉水
 テレサ・テン          美空ひばり
 フレディマーキュリー      石原裕次郎
                 昭和天皇
                 田中角栄
 

 

« バブリー時代の爽やか系CM | トップページ | 韓国に対する日本人の感情 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バブリー時代の爽やか系CM | トップページ | 韓国に対する日本人の感情 »