2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 少年のこころ | トップページ | 我が青春ドラマのオープニング集 »

2019年6月 1日 (土)

日本人が「嫌韓」になった理由

 私は冬ソナブーム以降、度を越した執拗なまでの韓国政治家による反日バッシング扇動活動によって、韓国および韓国人が大嫌いになった。それは大方、多くの日本人の感情も同様だろうと思う。
 しかし、当の韓国人はよほど鈍感なのか、それとも単なるバカなのか、日本人が韓国を嫌う理由がわからないと平然と口にする。
 2002年の日韓共催ワールドカップや韓流ブームで、一時は雪解けムードで、国民レベルでの国際交流が活発になった。中高年を中心に、韓国ドラマにはまった日本人が大挙してドラマのロケ地を訪問したし、若者もK-POPに熱狂し、男女を問わず様々なユニットのファンになり、ダンスもマネした。

 しかし、竹島の領土問題、従軍慰安婦問題、靖国参拝問題など過去の歴史問題を何度もほじ繰り返し、ことあるごとに日本への批判を行い、自ら関係を悪化させた張本人だ。すべての発端を作り、でっち上げた責任はほかならぬ韓国であるのは明白だ。しかし、すべて責任を日本側に押し付け、非難や批判を繰り返し、国民に反日感情を植え付けているのはほかならぬ韓国政府だ。

 国内情勢や経済活動が危うくなる度、韓国政府は反日行動によって民族意識を掻き立て、くだらないナショナリズムで民衆を結集させ、国民感情を同じベクトル方向に向けさせて、責任転嫁や問題をすり替える天賦の才能を発揮し、政治不信や反発心を巧みに交わし、国内世論のその矛先を日本バッシングへ扇動することで難を乗り切っているように映る。

 しかも、政権が変わると、国家間での取り決めを反故にし、無かったことにする。前政権が「慰安婦問題」を最終決着としたはずの100億ウォン(10億円)もどこぞへと泡と消えた。被害者に分配する目的で設営された財団を勝手に解散し、中には受け取りを拒否した慰安婦もいる。そうした慰謝料はどこに行ったのか?大方、悪化する経済復興にでも充てたのであろう。1960年代の日韓請求権で最終決着をつけておきながら、それをさもなかったかのように、恥も外聞もなく、このような身勝手な要求をしたり、「慰安婦」で金を集れないと見るや、今度はすでに解決済みの「徴用工」への賠償請求まで行い、しかもあろうことかこれを司法が認め、賠償するために在韓企業の資産の差し押さえという強硬手段に打って出た。日本を相手にすると、正当な判断は影を潜め、国民世論が偏向し、日本叩きの為なら何でもOKという風潮になる。

 もはや日韓関係は10年前に破たんしており、日本は韓国に対し、パッシング(無視)という対抗策をとったものの、実際に資産を売却して徴用工だったと韓国側が一方的に認めている輩に、賠償金を支払った場合、日韓関係はもはや終焉となる。あらゆる対抗策によって韓国は国際社会からつまはじきにされ、国際ルールを順守できない無法国家としてのレッテルを貼られ、誰からも相手にされなくなる。

 まだまだ嫌がらせは続く。日本国内でも厳しい安全基準によって、福島県産の農作物を食しているのに、韓国は、無教養がゆえに、輸入禁止を継続し、WTOで司法判断を勝ち取り、「日本ざまぁみろ」とばかりに喜んで大騒ぎしている。
 震災が発生し、日本人の多くが津波で犠牲になった際には、「日本の震災をお祝いします」という垂れ幕をスタジアムに掲げるなど、非人道的な暴挙に出た。
 またナッツターンや芸能人の麻薬逮捕などでは、寄って集って真相を究明し、SNSなどで批判を繰り返し、当事者が自殺するまで追い込む集団心理。すぐに反政府活動で大規模集会を開き、国民の過激な行動を国が鎮圧できない無政府状態。歴代大統領が退任後、ことごとく逮捕され、在任中の不正を暴き、死刑判決がでるまで徹底的に糾弾し、こき下ろすなどを見ればその執拗が窺い知れる。

 秩序ある規律正しく、他人への迷惑をもっとも嫌う日本人がこうした目に余る悪行じみた振る舞いを黙認できようか?韓国自らが原因を作り、日本人の自尊感情をことごとく傷つけ続けた結果が、今の嫌韓感情に至っているのだ。それを上から目線でしかものを見ず、自分たちが一番偉いかのような言動や行動に、日本人は呆れているし、北朝鮮と同様、朝鮮民族とは断交してもいいとさえ思っている。

 それに韓国人の女性は、大概自らを整形手術で偽の顔を作り、女優の性接待は日常茶飯事。多くの女優がそれを苦に自殺している。にもかかわらず、日本人をAV天国とか、日本人女性を蔑視するブログや論説も数多く存在する。 自ら原因や発端を作っておきながら、そんなことも気にも留めずに、のんきに日本人が韓国に旅行しなくなったと平然とのたまうし、なぜ日本人が嫌韓感情を増幅しているのかすらその理由を理解できないと言う。喧嘩を売る者は、そういう概念や感情すら欠如しているようだ。
 
 つまり、日本人のように空気を読むことはできない。大陸の人間は、他人を慮ったり、相手の立場に立って物を考えたり、助け合いの精神が著しく欠けている。自己主張は立派だが、それは単なる自己中で、自分に非があっても決して頭を下げたり謝らない。

 実にくだらないし、情けない。政府が民意(国民感情)に押し切られて、方向転換したケースが過去、何度もあった。中国もそうだが、暴徒化した国民を政府が抑えられないのだから、これはもはや国家としての体をなしていない。だから自恥も外聞もなく、解決済みの問題をほじくり返し、金品をせびろうと画策する。しかも何度も繰り返して執拗に逼る。

 朝鮮人は敵愾心、嫉妬心、負け犬根性に凝り固まっている。自分の立場が有利になるように、わざと喧嘩を吹っかけて相手の機嫌を損ねたり、あえて問題化していちゃもんを付けることで相手の反応を楽しむような態度が常套化している。これはガキのやる駄々っ子と同じで、国際社会としては通用しない。これがいわゆる「瀬戸際外交」と言われた所以だ。
 相手を脅して金銭を巻き上げたり、交渉を有利に進める画策など、現代社会ではありえない。悪意に満ちあふれ、歪曲した思想の持ち主だ。
 ここまで嫌がらせや反日を繰り返しておきながら、いざ経済破綻寸前の今、日本に「通貨スワップ」締結を提案して来た。まったく恥も外聞もない。よくもぬけぬけと上から目線でそういう話を持ち掛けたものだ。都合が良すぎるというか呆れ返るほどの身勝手さだ。
 
 その原因は、誤った教育にある。日本人の過去の悪行を洗いざらい掻き立て、日本人を恨み、鬼畜のようにまくしたてて、日本を憎む教育を小さな子供に施している。人を憎む教育からは、慈しみや、公共心、人の優しさや温かみなどは絶対に生まれない。どっちが上か下か、相手をこき下ろしても自分が優位に立つことしか発想がない大人に育つ。
 現に、慰安婦問題で活動している人は、戦争など知らない若者ばかりだ。真実を歪曲し、自分の都合のいいように歴史を作り変え、無関係なお年寄りを慰安婦に仕立てる偽善国家だ。
 しかもスポーツのマナーも最低、試合に負ければ審判のせいにするし、負けても潔く負けを認めない。駄々っ子にように会場に居座り、試合の進行を遅らせたり、やりたい放題。不服を申し立てるは、相手選手を批判し、判定に負けたなどと吹聴し、潔さなど持ち合わせていない。

 確かに歴史的に見れば、朝鮮族は現在の北朝鮮の農村部のように、貧困に苛まれた土地柄であった。日本とのつながりは深く、戦国期の豊臣秀吉の朝鮮出兵や第二次大戦による日韓併合による日本の統治、そして朝鮮半島を二分して戦った朝鮮戦争など、戦や迫害の歴史でもあった。しかし、当時の日本の文化の流入やインフラ整備があったおかげで、現在の韓国は劇的な発展を遂げたのも事実だ。もし、あのまま日本の植民地化なしでは、現在の北朝鮮のように、依然として貧困に苦しむ国家でしかなかった。逆に言えば、日本のおかげで経済的な発展を遂げたと感謝してほしいものだ。台湾でも同じことをして感謝され、日台友好の良い関係を築いているのに、韓国いや、朝鮮族だけは恨み節だけを増幅させ、拉致という暴挙に打って出たり単なるちゃもんファイターとしてしか生きられないらしい。結局、教育も満足にできない環境下だったことで、知恵を持ち合わせておらず、感情論でしか動けない下衆な民族に成り果てたということだ。人から物品や文明を盗んで、さも自分たち
のオリジナルであるかのように振る舞うから余計に腹立たしい。

 これでは日本と友好関係を築こうという概念や発想自体が生まれない。自分との環境差を知って、嫉妬や敵愾心を抱いたり、敵視することはあっても、知恵を出し合って何かを作り上げたり、共同作業などはあり得ない。相手を蹴落としてまで自分が上に行くという「蜘蛛の糸」的発想では、国の運命は決まったも同然だ。
 

 
 私は朝鮮語も発音が汚く聞こえる。普通にしゃべっているのだろうが、威圧的でいつも怒っている印象しか受けないし感じない。そしてキムチや唐辛子などを信じられない量を料理に加え、そのせいか、いつもカッカ来て、すぐにキレる印象がある。いわゆる火病炸裂だ。むかつくとすぐに手を出すし、暴力に訴える。
 こういう輩は日本になど来ないでほしい。短期滞在の観光はもちろんだが、そんなに嫌いならわざわざ仕事を求めて長期滞在などしないでもらいたい。これまで韓国人や中国人観光客の素行で良い話はあまり聞かない。逆に仏像を盗んだり、文化財への落書きや墓石を破壊して全国を行脚する不心得者までいた。来るだけ迷惑の種を残していくだけだ。私は徴用工判決の報復として、韓国人の来日者にはビザを義務化してほしい。

 さて、ずっと心の奥にくすぶっていた嫌韓感情を今日はぶちまけたが、この記事を読んでも、政治と文化は別物と交流を続けるのか?K-POPや韓琉ドラマにうつつを抜かすのは、無能な証拠だ。日本や日本人を根っから嫌いな民族の文化を愛してどうする。イケメンだからと韓国アイドルやユニット、俳優を好きになるなど愚の骨頂だ。

 異文化交流は国際社会の安定には不可欠だが、日本人のお人よしもいい加減に目を覚ました方がいい。一度でも甘い顔をすると、図に乗ってさらに要求を突き付けて来るし、日本から金品をせしめて自分の懐を潤わせるような感覚しか持ち合わせていない人種とは金輪際かかわらないほうが無難だ。私は安倍首相が韓国パッシングに終始しているのは大賛成で、アメリカとの蜜月を重視し、北朝鮮や韓国には強い態度で臨み、プレッシャーをかけ続けた方がいい。韓国経済が衰退し、破たんを迎える日を心待ちにしたいものだ。それで日本に泣きついてもダメだし、難民など受け入れたくもない。すべては身から出た錆、自業自得でしかないということだ。

 さて、多くの日本人は、嫌韓になった理由を心得ている。しかし、当の韓国人は、自らが喧嘩を吹っかけ、日本や日本人を悪者に仕立てておきながら、日本人が韓国を嫌いな理由を理解できないと平然と口にする。信じられないし、あり得ない。日本を悪口を全世界にまくしたてるような輩をどうして好きになれよう。相当頭が悪い民族としか判断できない。「上から目線」「空気を読めない」「執拗な反日行動」「歴史問題をほじくり返すことで国民感情を結集する能のない戦略」こそが、日本人が韓国離れを加速している最大要因だ。
 韓国人は謙虚に自分の立ち位置を理解した方が身のためだ。こういう戦法を続けて行けば、自滅は火を見るより明らかだし、国際社会から孤立し、国家自体が破綻し、この世から葬り去られることになることを。

 
 

 
 

« 少年のこころ | トップページ | 我が青春ドラマのオープニング集 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事