2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« なぜかプリウス・・・ | トップページ | 絶対に免許返納すべきモデルケース »

2019年5月28日 (火)

死を招くご当地ルール

 高齢者による運転ミスや暴走、逆走で幼い園児などが交通事故で犠牲になるケースが多発し、大きな社会問題になっているのは周知の事実だが、驚くなかれ、日本には道路交通法をガン無視するかのような無法運転をする地域がある。あたかも特別ルールが存在するかのような勘違いも甚だしい都道府県が。日本では三大マナー欠如県と目されているのが「名古屋走り」「茨城ダッシュ」、そして「山梨ルール」というものだ。

 ドライブレコーダーの普及によって、各地でこうした道路交通法を無視した、あるいはあてこするように荒っぽい運転が常態化している事実が明るみになった。もちろんこのローカルルールはれっきとした交通違反で、他のドライバーを恐怖に晒す危険運転であり、過誤できない。もちろん、この3地域だけが交通マナーが悪いとは言いきれず、香川県や大分県ナンバーのドライバーの運転マナーも酷いと動画サイトでは語られている。

 では実際はどうなのか?どれほど酷いのか、ドライブレコーダーの映像で確認したい。

 1 「名古屋走り」

 愛知県は毎年、交通死亡事故の発生件数が日本一だ。これは東北6県に広い新潟県を加えた面積よりも広い北海道をも凌ぐワースト記録だ。まず、信号を守らないし、我先にという思考しか持ち合わせていない。それにせっかち。交差点で赤信号停車中、信号が青になる前に、停止線を越えて走り出している。割り込みや車間距離を詰めての煽り運転も日常茶飯事。信号無視もやたら目立つ。一番腹立しいのは、信号で停車中、後方から車が中央車線を越えて追い越し、前に割って入って来る輩。名古屋には交通道徳は不要なのか?みんながやっているからという発想で、違反しないと損している風潮さえ感じ取れる。汚名返上のために警察はバッチバッチ取り締まった方が身のためだ。

 2 茨城ダッシュ

 交差点で信号待ちしている際、青信号に変わった途端、直進車より先に対向右折車が、我先にと直前右折し、ヒヤッとさせる運転法。あるいは左折するのにウィンカーを出すのが遅く、後続を慌てさせる自己中運転などの総称を指すようだ。
 これも心にゆとりがないのか?茨城は魅力のない都道府県の第1位を毎年継続している。なのに、交通マナーも悪ければ何ひとつ良い点を見いだせない。ヤンキーが日本一多いのが茨城県という結果もある。田舎者に限って派手な格好をしたり、田舎モンと馬鹿にされないように見栄や虚勢を張ってみたりするような気性の激しい風潮があるのかもしれない。

 3 山梨ルール

 歩道橋があるのに使わない、一時停止などお構いなし、横断歩道に歩行者がいようが関係なし、強引に右折して来るなど悪評はとどまるところを知らない。とにかくせっかちなドライバーが多い。ハンドルを持つと気が大きくなるのか、あるいは個室にいるので、独自の判断が幅を利かすのかは不明だが、自分本位で相手を思いやる思考が希薄のように映る。普段おとなしい人ほどハンドルを持つと人が変わったように態度が急変し、無駄に飛ばしたり、前車を煽ったり、乱暴極まりない運転に終始するようだ。

 4 その他

  香川ルール

 一説によると、香川県が日本一運転マナーが悪いという噂がある。信号無視はしょっちゅうで、ウィンカーを出さないで右左折、一時停止は無視するなど、無謀運転の輩がごまんといる。人口10万人の事故率はワースト6位だ。2016年はワースト1位だった。
 特に女性は、歩行者が横断中に車で突っ込む割合が多い。確かに、滋賀県で起きた痛ましい事故も当事者2人とも女性運転者だった。

 煽り運転がワーストの大分県

 大分県は車間距離をとらずに、先行車を煽る運転をするドライバーが日本一とされている。「早く行け」と言わんばかりに接近し、中には蛇行運転や、わざとセンター寄りを走ってパッシングし、先行車に「譲れ」とプレッシャーをかける。いわゆる「オラオラ系」で、それがゆえに追突による事故率が高い。しかも、危険運転や煽り運転を行う車には営業車が多い。ハイエースやアルファード、プリウスは無謀運転の代表格だが、軽トラや配送トラックが目立つ。

 重大な過失で人を死に至らしめた場合、免許取り消しの行政処分だけでなく、刑事罰で交通刑務所(千葉県市原市)に入ることになる。一生償いを行う重い十字架を背負ことになる。人を殺めたという事実は死ぬまで消せないのだ。それを理解しない奴はハンドルを握る資格などない。

« なぜかプリウス・・・ | トップページ | 絶対に免許返納すべきモデルケース »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事