2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 死を招くご当地ルール | トップページ | 日本一忙しい〇〇 »

2019年5月29日 (水)

絶対に免許返納すべきモデルケース

 平成から令和にかけて痛ましい事故が相次いだ。池袋の母子が87歳の上級国民が運転するプリウスでまさかの運転ミスで80キロを超える暴走運転によってひき殺された事故や、滋賀県で起きた交差点の安全な場所で信号待ちをしていた園児の列に、無理に右折しようとした女の車を避けようとして急ハンドルを切って突っ込み、幼い2人の命が奪われた事故、これまたプリウスが園児が遊ぶ公園の砂場急発進で突っ込み、子どもを守ろうとした保育士が身代わりとなり重傷を負った事故など。世の中には予想だにし得なかった突発事故で、ある日、突然に命を絶たれることが現実に起きてしまっている。被害者はまさか自分がその日、命を奪われるなんて思ってみない筈で、青天の霹靂だろうし、この世に未練を残してあの世に旅立つこととなった。
 近年、日本では高齢者の運転ミスによる事故が社会問題化している。自分は大丈夫だという過信と、「人を年寄り扱いするな」と虚勢を張っている者に限って、取り返しのつかない重大事故を引き起こし、後悔する羽目になっているのは周知のところだ。
 したがって、今日は自分のことと認識してほしいがために、このような運転をしたら免許を返納してほしいと考え、記事を書く。

 1 逆走

※所轄警察署へ通報済です。この度重なる交通違反をおさめた動画の捜査協力提供により、運転者は既に免許取り消しになっています。

※こういうおかしな車輌を見かけ、ナンバー等まで控えれたら、安全な場所から警察へ通報した方が良いです。通報したら必ずすぐに警察が動いてくれるという保証もないので、証拠映像を押さえるのも重要です。

※信号待ちで声をかけに言ったりする行為はおススメしません。
人によりできる事のスキルは違います。
変な運転するのは高齢者だけではありません。
どんな状態の輩(薬物中毒の場合もあります)が運転しているかもわからない状況下で、道路上で車から外に出る行為は更なる重大事故に巻き込まれる危険があります。ドラレコはますます必需な世の中になってきたと思います。

 2 信号に気づかなくなっている

 赤信号が見えないのか、あるいは自己中なのかは定かではないが、周囲を危険にさらして、自分はそれに気づいていない。一番たちが悪い例。周囲が衝突を避けていなければ、間違いなくぶつかっていた。

 こうした事故が相次いで発生したことにより、免許を返納する高齢者が多くなったことは良いことだが、生活の足を奪われる高齢者の「移動手段の確保」を行政主導で取り組まないことには、引きこもりのお年寄りが増えるばかりである。

 3 急激な割り込み&走行車線がわからない

 フラフラと信号お構いなく国道に進入し、道路の真ん中で停車・・・ウインカーを出すわけでもなく右折するかと思いきや、本線に割込み突っ走って行った!何がしたい?
これから高齢化が進むにつれて、この様な運転が増えるだろう・・・ 気を付けないとですね・・・

 たぶん本人は、自分の運転が他の車の迷惑になっているなどとは思っていない筈だ。我が物顔で悪びれることもなく、こういう運転を繰り返していたら、いつかは巻き込まれて事故を起こす。

 4 その他 (返納しないといつか事故に巻き込まれる)

 交差点で信号が読めない&交差点の真ん中で右折待ちで御用 https://www.youtube.com/watch?v=3UsU-2eurXI

 一時停止を完全無視してパトカーに身柄確保 https://www.youtube.com/watch?v=ixarU-EZodY

 スピード感覚が鈍くなっている https://www.youtube.com/watch?v=fI5zLcYLkVE

 赤信号を無視して高校生を跳ね飛ばす重大事故 https://www.youtube.com/watch?v=xiuJVEhgObM

 交差点の真ん中でグルグル後方回転するおばあさん https://www.youtube.com/watch?v=TQASbq60e24  

 高齢者によるむちゃくちゃ運転集

 どうしてこんなにひどい運転をするのか?周りに気を遣わせておいて、自分は平然と我が物顔で公道を闊歩している。自分は運転に自信があるという人ほど、重大な事故を引き起こす。自分の衰えを理解していないから、若い時分と同じ感覚で運転してしまうから、とっさの判断が出来ずに、事故るのだ。走行車線をはみ出しても気づかない、信号が赤なのに、そのまま直進してしまう。車間距離をとらないから、ブレーキが間に合わず追突してしまう。絶対に運転免許を返納して貰いたいのは、認知症と躁うつ病患者だ。正当な判断力が著しく低下しているのに、ハンドルを握ることは「走る凶器」と化した車を野放しにしているのも同然。重大な過失で死亡事故を起こしてから後悔しても遅すぎるのだ。

  また、5月19日には、盛岡IC料金所で、78歳男性が運転するが乗用車がETCレーンで前の車に追突。追突された車に乗っていた81歳の女性が頭を強打して死亡した。75歳以上は後期高齢者。自覚がないままハンドルを握ると、こうした重大事故を起こす危険性が高い。
 「老害」とまでは言わないが、自分の運転が社会の大迷惑になっていることに気づかない時点で事は重大だ。早めに返納をすることをお勧めしたい。

 

« 死を招くご当地ルール | トップページ | 日本一忙しい〇〇 »

車・バイク」カテゴリの記事