2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« お知らせ | トップページ | 平成10大ニュース »

2019年4月29日 (月)

平成元年の大ヒット曲 ~淋しい熱帯魚~

 平成もあと2日で終わろうとしている今、今から30年前、つまり、平成元年にヒットした曲を取り上げたい。今でも私がよく聴き、カラオケでも歌われ、そして決して色褪せない名曲だ。それはアイドルとしてピンクレディー以来のレコード大賞を受賞した「Wink」が歌い、大ヒットした「淋しい熱帯魚」だ。あのメロディー、リズム、可愛らしい小刻みステップの振り付け、どれをとっても想い出が染みついた珠玉の一曲だと思う。

 <淋しい熱帯魚>

これが正式なミュージックビデオクリップだ。今から30年も前の映像とは思えない。軽快なイントロ、そして歌詞や曲調も古さは全くない。

 なぜか私の嫌いな韓国語の歌詞がくっついている。これは韓国人が制作したパクリ映像だ。純然たる日本語の映像はすべて「リクエスト無効処理」が施されている。

正式版→ https://www.youtube.com/watch?v=XisaCx5W3CQ

ステージで熱唱するWink→ https://www.youtube.com/watch?v=0eLvWWXeBvg

 その他の歌唱映像→ https://www.youtube.com/watch?v=X4jlKvEbVrs

 「ザ・ベストテン」に出演した際の中継映像はコチラ

 ちなみに、1996年3月31日の活動停止から23年が経過しているが、この「Wink」は解散などしていない。あくまで活動休止状態。機が熟せばまた2人の黄金のデュオが復活するかもしれない。それを思わせる番組企画で実現した一日限りの復活映像をどうぞ!

 本当に復活してくれたらファンのひとりとしては嬉しい。だからタイトルも「嬉しい熱帯魚」。

 最後に、この曲の解説をどうぞ!

 1989年4月中旬より放送されたパナソニックヘッドフォンステレオのCMにWinkが出演してワンフレーズ歌い、そののち、「アマリリス」以来10ヶ月ぶりとなるWinkのオリジナル曲として7月5日に発売。MVは、マスターテープの音源が録られた5日後である、5月26日に撮影された
 発売から間もなく、7月17日付でオリコン初登場1位を獲得し、11月27日付のものまで100位以内に20週連続ランクイン。また1989年のオリコン年間ランキングでは7位にランクインし、Winkのシングルとしてはカヴァー「愛が止まらない」の62.95万枚に次ぐ54.873万枚の売り上げを記録、それまで殆ど洋楽をカヴァーしてきた彼女たちにとって、オリジナル曲としては最大のヒットソングとなった。

 この年、Winkは同曲によって、12月14日に『第22回全日本有線放送大賞』で年間グランプリ、31日に『第31回日本レコード大賞』で日本レコード大賞を受賞。また、この楽曲で『第40回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たしている

「大魔神ポーズ」と呼ばれる印象的な振付を持つこの曲は、無表情で歌われることによって「笑わない、しゃべらない、というWinkのイメージ」を決定づけるものになったとされる

« お知らせ | トップページ | 平成10大ニュース »

芸能・アイドル」カテゴリの記事