2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 美しき70年代の若手女優たち | トップページ | 今は亡き三大歌姫 »

2019年3月 2日 (土)

私が好きになった歴代シンガー

 人は誰しもお気に入りの歌や人生の応援歌のような曲があると思う。私の半生の中で、歌は生活と直結し、切り離せないものになっている。自宅だけでなく、車内などでも時間があればBGMとして聴いている。それは私に限らず、多くの方がそうであるに違いない。
 今日の記事は、手前勝手ながら、自分自身の備忘録も兼ねて、私がこれまでの人生を振り返った時に、こよなく愛していたシンガーを取り上げたい。

  <中学時代~>

 1 アリス(谷村新司・堀内孝雄・矢沢透) 冬の稲妻・ジョニーの子守唄・チャンピオン
 2 風 (伊勢正三・山田パンダ) 22才の別れ なごり雪  ささやかなこの人生
 3 さだまさし 案山子・主人公・天までとどけ・関白宣言・親父のいちばん長い日
 4 松山千春 季節の中で 恋 長い夜
 5 ゴダイゴ  ガンダーラ モンキーマジック 銀河鉄道999
 6 オフコース 愛をとめないで Yes No 
 7 サザンオールスターズ  真夏の果実 涙のキッス TSUNAMI  蛍 希望の轍
 8 中島みゆき 時代 ひとり上手 悪女 地上の星 ヘッドライト・テールライト 糸
 9 ツイスト  宿無し 銃爪 燃えろいい女
10 八神純子 みずいろの雨 思い出のスクリーン パープルタウン
11 Y.M.O(細野晴臣・坂本龍一・高橋) テクノポリス・ライディーン・君に胸キュン
12 コスミックインベンション(中学生バンド) YAKIMOKI  コンピューターおばあちゃん



 <高校時代> 

13 C-C-B   ロマンチックがとまらない Lucky Chanceをもう一度
14 久保田早紀 異邦人
15 杉山清貴&オメガトライブ ガラスのPalm Tree 

 <大学時代~>

16 浜田省吾 19のままさ America  もうひとつの土曜日 家路

 <社会人 主に20代>


17 山下達郎  Ride on time  クリスマスイブ 
18 HOUND DOG  ff   Only Love  ラストシーン  涙のBirthday
19 松任谷由実  心ほどいて Destiny  Blizzard サーフ天国、スキー天国
20 チャゲ&飛鳥 恋人はワイン色 YHA YHA YHA 
21 稲垣潤一 ドラマチックレイン いちばん近い他人 クリスマスキャロルの頃に
22 大瀧詠一   恋するカレン 君は天然色 幸せな結末 
23 佐野元春 SOME DAY  Young Bloods   約束の橋
24 レベッカ フレンズ Lonely butterfly  Mabe Tomorrow Raspberry Dream
25 杏里 CATS EYE   Summer Candles
26 アン・ルイス  六本木心中 あゝ無情  WOMAN

 <社会人 主に30代>

27 村下孝蔵  初恋 踊り子 ゆう子  ロマンスカー
28 E.L.T 出逢った頃のように Time Goes By   Dear my friend
29 Dreams come true  何度でも 決戦は金曜日 未来予想図Ⅱ  
30 ZONE  Secret base  夢のカケラ・・・ H・A・N・A・B・I
30 WANDS 時の扉 世界が終わるまでは もっと強く抱きしめたなら
31 T-BOLAN 離したくはない サヨナラから始めよう Bye for Now すれ違いの純情
32 trf  EZ DO DANCE   寒い夜だから survival sAnce  BOY MEETS GIRL
33 竹内まりや 駅 告白 ドリーム・オブ・ユー 恋の嵐 September  シングルアゲイン 
34 B'z  Ultla Soul  裸足の女神 いつかのメリークリスマス
35 尾崎 豊  I Love You My Little girl 15の夜 卒業  シェリー
36 大黒摩季 あなただけ見つめてる 夏が来る ら・ら・ら   熱くなれ
37 小比類巻かほる Hold on me  Together   Tonight   Dreamer   City Hunter
38 高橋真梨子  はがゆい唇  for  you    ごめんね・・・  桃色吐息
39 ZARD  ゆれる想い 負けないで 心ひらいて 永遠
 

 <社会人 主に40代~>

40 河島英五 酒と泪と男と女 野風僧 元気ですか
41 椎名 恵 愛は眠らない LOVE IS ALL  今夜はエンジェル 
42 テレサ・テン つぐない 別れの予感 愛人  
43 槇原敬之   どんなときも。 冬がはじまるよ 遠く遠く Love Letter   素直
44 Mr.Children Hanabi  365日 Sign GIFT himawari
45 GReeeeN キセキ 遥か 扉 サクラColor  雪の音
46 Funky Monkey Babys  桜 告白 君がいない 涙 あとひとつ ありがとう
47 
コブクロ  サクラ 蕾  君という名の翼   赤い糸  Million films   YELL
48 ケツメイシ さくら 冬物語 東京 

 ほかにもTUBEも長渕剛、渡辺真知子、Princes princes、 My litte lover も好きなほうだった。

 このように年代と共に、聴く曲の趣向も変化して来た。少年時代、思春期、青春時代、独身時代、社会人時代、新婚時代、やがて親になり、そして子育てを終えて、退職が徐々に近づく年代になり、好きなシンガーも変化した。人生観を歌い上げ、共感できる歌詞やメロディーを好む傾向は否めない。
 まだ、人生を総括する時期ではないが、人生の峠を越え、備忘録としてここにしたためた次第だ。

 

« 美しき70年代の若手女優たち | トップページ | 今は亡き三大歌姫 »

音楽」カテゴリの記事