2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 往年の名曲をあなたに(洋楽編⑩) | トップページ | 知らないでいると痛い目に遭う »

2019年2月 8日 (金)

今は亡き犬神家の一族の出演俳優

 かつて「江戸川乱歩の美女シリーズ」と「白虎隊」に出演した俳優・女優で、今ではお亡くなりになった方々を偲ぶ記事を書いたことがある。
 今日は、1976年に公開され、大ヒットした横溝正史作の映画「犬神家の一族」に出演したキャストで、今は天国に旅立った方々を振り返りたい。

 1 高峰三枝子・・・犬神松子役  すべての殺人事件の真犯人 タバコに仕込んだ毒で
                     自殺する

 2 三条美紀・・・犬神竹子役  松竹梅に関する怨念 息子を惨殺されて発狂する

 3 女中ハル・・・坂口良子  超個性的、人懐こくあまったるい印象のお手伝いさん

 4 犬神佐武・・・地井武男 犬神佐武は竹子の息子役で遺産を巡って松子に殺される

 5 犬神幸吉・・・小林昭二(あきじ) 佐智の父

 6 お園・・・原 泉  松子の母の役で、松子からお小遣いをせびって暮らしている  

 7 野々宮晴世・・・仁科鳩美 大弐の妻。珠世の祖母。

 8 大山神官・・・大滝秀治  犬神家の家族構成について証言した

 9 橘警察署長・・・加藤武 76年06年のいずれも派出所長役で出演した

10 犬神寅之助・・・金田龍之介 竹子の夫役 息子を惨殺された

11 柏屋の亭主・・・三木のり平 素っ頓狂な役柄がぴったりハマっていた。

12 宮川香琴・・・岸田今日子   盲目の琴の師匠 松子の琴の音色の変化を証言
 
13 古舘恭三・・・小沢栄太郎   金田一に調査を頼んだ依頼主

14 犬神佐兵衛・・・三國連太郎 莫大な財産を遺して死去 遺影が動く怪奇

 考えて見れば、この映画の封切りからすでに43年が経過した。主演の石坂浩二さんは、あまり変わっていない。

 この犬神家の一族は、映画化が3回(1954年・1976年・2006年)、テレビドラマでも探偵・金田一耕介役を変えながら、5回も制作された。なぜかジャニーズタレントが2回務めるという、不釣り合いな印象の作品もあった。
 しかし、私は石坂浩二と古谷一行の金田一役がハマリ役だと思っている。2006年の作品は、1976年の完全復元リニューアル版で、キャスティングも亡くなった方の分も極めて似ている俳優を使った。珠緒役の「松嶋菜々子」さんは美しかった。「百年の物語」と同じくらい美貌が光った。

« 往年の名曲をあなたに(洋楽編⑩) | トップページ | 知らないでいると痛い目に遭う »

映画・テレビ」カテゴリの記事