2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2018-2019冬のCM集 | トップページ | 異文化交流で失われる日本人らしさ »

2019年1月 7日 (月)

独身を貫く芸能人

 芸能界は浮いた話はごまんとあるのに、アラフォーを過ぎても独身貴族を満喫している方が大勢いる。とりわけ結婚したから幸福とは限らないが、イケメンだったり、人気女優であってもそうした縁に巡り合えない場合もある。それは仕事が忙しくて、恋するいとまもなかったり、ひとりでも十分生活できるだけの財力があるなど多種多様な理由がある。
 では、適齢期をとうに過ぎた40歳以上で、未だに独身を貫いている方々を取り上げたい。なお、バツイチの方は、結婚歴があるため除外したい。

<女性芸能人>

吉田 羊 ?歳 O型    高橋由美子 44歳 A型   島崎和歌子 45歳 O型

中山 忍 45歳 B型    さとう珠緒 45歳 A型    大久保佳代子 47歳 O型

石田ゆり子 48歳 A型  井森美幸 49歳 A型  鈴木早智子(元WINK) 49歳  A型

森口博子 50歳 A型   松下由樹 50歳 O型     夏川結衣 50歳 A型

鈴木京香 50歳 A型   天海祐希 50歳 O型     坂本冬美 51歳 O型

有森也実 51歳 O型   柏原芳恵 52歳 A型     中森明菜 53歳 A型

沢口靖子 53歳 A型   筒井真理子 55歳 AB型   岸本加世子 57歳 B型

浅野ゆう子 58歳 AB型  片平なぎさ 59歳 O型    岡田奈々 59歳 O型

久本雅美 60歳 A型   名取裕子 60歳 AB型     かたせ梨乃 61歳 B型

阿川佐和子 64歳 O型  中島みゆき 66歳 O型    楠田枝里子 66歳 A型

由美かおる 67歳 A型  木の実ナナ 72歳 A型    栗原小巻 73歳 ?

黒柳徹子 84歳 A型

 血液型は関係ないかもしれないが、主な独身女性芸能人には、A型が16人と圧倒的に多い。次いでO型が11人。異常に少ないのがB型で3人。AB型は2人。
 もとから日本人はA型が38%、O型が33%とこの2つの型で7割を占めるため、多くなって当然だが、それにしてもA型が突出している。これは、A型はプライドが高く、決断力が弱い。背中を押してくれる人がいればいいのだが、自らが重要な決断をするのは苦手という特徴が表れている。

<男性芸能人>

ジャニーズ(40代以上)

中居正広 45歳 A型  城嶋 茂 47歳  O型   坂本昌行 47歳 O型

竹野内豊 47歳 O型   平井 堅 46歳 A型   岡村隆史 48歳 B型

槇原敬之 49歳 B型   佐々木蔵之介 50歳 A型  今田耕司 52歳 A型

武田真治 55歳 AB型  栗山英樹 57歳 A型   春風亭昇太 58歳 O型

仮屋崎省吾 59歳 A型 高見沢俊彦 64歳 A型  坂崎幸之助 64歳 O型

志村けん 68歳 A型   

 男性もA型の独身が8人と多い。次いでO型の5人、B型が2人、AB型は1人。
 男性のA型に独身が多い理由としては、女性とは異なる。A型男性は真面目で責任感が強い好青年タイプが多いが、逆にそれがストレスとなり、その解消のために浮気性の人が多い。酒を飲むと態度が大きくなったり、密閉された車内でひとりになると、つまりハンドルを握ると人格が変わったようにスピードを出したりする。よってA型は表の顔(外の顔)と裏の顔(内の顔)がある人が多い。芸能界では美人揃いのため、目移りしてしまい、結婚と言う重大な決断をするのに勇気が求められる。A型は責任感が強いため、嫁を貰ってその人を一生守り抜くという責任やプレッシャーに押しつぶされそうになり、そうした境遇に耐えられず、また趣味に逃げて結婚の決断ができないというケースが考えられる。


 

 さて、必ずしも「結婚=幸福」という世の中ではないが、美人やイケメンだらけの芸能界において、誘惑も多い時分にあって、よくぞ独身を貫いているものだ。ジャニーズアイドルは、生涯アイドルという宿命を背負わされていて、少し気の毒だが、見てみると、独身俳優などは凄い人気があったのに、結婚した途端に人気がガタ落ちしている気がする。例を挙げると

 西島秀俊(一般女性)    岡田准一 (宮崎あおい)
 小栗 旬 (山田優)     向井 理  (国仲涼子)
 福山雅治  (吹石一恵)     オダギリジョー(香椎由宇) 

 超人気俳優で独身(若手俳優)

 妻夫木聡      佐藤 健              福士蒼汰    山﨑賢人          岡田将生
 斎藤 工      三浦春馬      千葉雄大     新田真剣佑
 竹内涼真      松坂桃李      中川大志         生田斗真
 

 さて、この記事を読んでどう思うかは勝手だが、芸能界は不思議な世界で、結婚&離婚の割合が一般人よりも多いそうだ。言われてみれば確かにそういう節は見られる。しかし離婚の理由が、「性格の不一致」とか「仕事が忙しくてすれ違いが多くなった」という堪え性がないように思える。それを乗り越えるための努力をした結果なのだろうか・・・。

 しかし、芸能界(俳優・女優)は、それでもすぐに仕事に復帰できるし、すぐにまた再婚する機会に恵まれているようだ。私は子供を不幸にしなければいいと思うが、子供の心情を考えれば、大人の事情で振り回される子は気の毒でならない。
 一般的に離婚後、子供の親権は母親が持つケースが多いが、物心ついた時に、どうしてウチにはお父さんがいないの?と聞かれて、理由をちゃんと話せるだろうか?
 統計的に、親が離婚していて、家庭状況が複雑だと、その子供の離婚率が高くなるという。
 そういう意味では、様々な理由があるにせよ、子供の行く末を考えて決断をして貰いたい。乗り切る方策はなかったのか、話し合いは十分重ねたのか、子供の将来をどう考えたのか?そこまで想いをめぐらして結論を出して欲しい。

« 2018-2019冬のCM集 | トップページ | 異文化交流で失われる日本人らしさ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事