2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 私が好きなクリスマスCM | トップページ | 虎丸長者で消えたものたち »

2018年12月17日 (月)

The Grouping of Singers

 半世紀以上生きてきて、音楽は生活の一部となり、決して欠かせないものとなった。10代の頃は歌謡曲やニューミュージック、フォークが多かったし、高校生、大学生の頃は’80年代の洋楽や「浜田省吾」に狂い、その後も実力派シンガー達の楽曲を中心に聴いて来た。
 いろいろな音楽を聴くうちに、路線が似ている歌手やバンドユニットが多いことに気づかされた。ファンの人はご立腹かもしれないが、個人的な基準というか観点でイメージが重なるシンガーをグルーピングしてみた。

 <男性シンガー>

 1 山下達郎、佐野元春、大瀧詠一、浜田省吾

 2 オフコース、チューリップ、

 3 かぐや姫、ガロ、アリス、海援隊、THE ALFEE

 4 甲斐バンド、ツイスト、ゴダイゴ

 5 サザンオースルターズ、THE TUBE、Mr. Children、ハウンドドッグ

 6 クリスタルキング、アラジン、米米クラブ

 7 さだまさし、松山千春、永井龍雲

 8 伊藤敏博、五十嵐宏晃、堀江淳

 9 WANDS、TMネットワーク、B'z

10 河島英五、村下孝蔵、大塚博堂

11 井上陽水、吉田拓郎、因幡晃

12 バービーボーイズ、ヴィーナス、ブルーハーツ

13 寺尾聰、中村雅俊、舘ひろし

14 B.B.クィーンズ、たま、爆風スランプ

15 J-WALK、柳ジョージ&レイニーウッド、T-BOLAN

16 Yellow monkies、Boowy、X-Japan

17 キャロル、クールス、ダウンタウンブギウギバンド、横浜銀蝿

18 class、Field of view、スピッツ

19 KAN、槙原敬之、

20 久保田利伸、中西圭三、稲垣潤一

21 安全地帯、

22 L'Arc〜en〜Ciel、La'cryma Christi、PENICILLIN、黒夢

 <女性シンガー>

 1 八神純子、渡辺真知子、大橋純子

 2 ピンクレディー、キャンディーズ、WINK

 3 レベッカ、リンドバーグ、TOM-CAT

 4 Every Little Thing、My littlle Lover、Dreams Come True

 5 プリンセスプリンセス、ピンクサファイヤ、SYO-YA

 6 石井明美、森川由加里、大黒麻季、浜田麻里

 7 中島みゆき、尾崎亜美、松任谷由実、平松愛理

  8 MAX、Trf、Zoo、globe

 9 田村直美、渡辺美里、小比類巻かほる、久松史奈

10 川嶋あい、広瀬香美、川本真琴、永井真理子

11 五輪真弓、高橋真梨子、竹内まりや

12 トワ・エ・モア、ダ・カーポ、チェリッシュ、紙ふうせん

13 欧陽菲菲、テレサ・テン、一青窈

14 矢井田瞳、Hitomi、中島美嘉、小柳ゆき、椎名林檎

15 宇多田ヒカル、倉木麻衣、安室奈美恵

16 おかわりシスターズ、おニャン子クラブ、モーニング娘。、AKB48

17 赤い鳥、ペドロ&カプリシャス、青い三角定規

18 西野カナ、aiko、大塚愛

19 ZONE、White berry、Jitterin'Jinn

20 アンルイス、山下久美子、中村あゆみ

 ざっとまぁ、こんな感じだが、個人的視点で考えればこんな印象だ。もちろんそれぞれのアーティストは独自のコンセプトで曲作りをしていると思うが、どんなアーティストでも、その人に憧れてずっと聴いていた楽曲があるだろうし、ジャンルによっては似通った曲調になることもある。
 第三者の目線で判断すれば、同類に分類されることも結構ある。年齢とともに趣向も変わるが、それぞれの世代で好まれるシンガーやミュージシャン、そして曲と言うものがある。
 そうした着眼点でみれば今回の記事は意味深いものがあると思う。

 

« 私が好きなクリスマスCM | トップページ | 虎丸長者で消えたものたち »

音楽」カテゴリの記事