2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 旅番組花盛り | トップページ | 2018年スポーツ名シーン集 »

2018年12月24日 (月)

素人制作の美しきBGV

 映像クリエイトの世界も4K&8Kの高画質高音質時代を迎えた。ハイビジョンという言葉がもはや遠い過去の遺物のように聞こえるほど、科学技術は日進月歩の一途を辿っている。
 そんな中、素人の方が制作したミュージックビデオ(BGV)が秀逸した出来栄えとなっているものが、多数動画サイトにアップされている。
 私のような昭和世代は、カラオケのBGVで流れる綺麗な映像に憧れたし、オシャレな映像に心癒され、自分もああいう美の世界で生活をしたいと恋い焦がれたものだ。そして映画の主人公になったかのように、同じシーンを演じたかった。
 そこで今日は、私が見て唸ったBGVの世界にあなたをいざないたい。とりわけ同世代の方は共感して貰えると思います。だって曲はすべてユーミンですから・・・。」

 1. シンデレラ・エクスプレス by Yumming

  この動画に寄せられたコメント

 毎週手紙を書いた 長距離電話は料金が恐ろしく高くて月に2回だけと決めてた 貧乏だったから逢えるのは年に数回だけ 羽田で見送った後はいつもこの曲を聴きながら泣いて帰った 2年半がんばったけど結局距離に負けた もう30年も経つのか・・・いやぁ乙女だったなww

 遠い所に住む彼氏に夢中だった、あの頃の自分がよみがえる・・・ 携帯もネットもメールも無かった時代、会う事が全てだった。 疲れや面倒くささなんて、微塵も感じなかった若かった頃。 大好きな人に会いたい一心の、あふれてたエネルギーが懐かしい。 ユーミンの歌声は、もう30年も昔の恋愛を一瞬で蘇らせてくれる魔法。 あの時の人は、今どこで何をしているんだろう・・・ 猛烈に、輝いていたあの時に戻ってみたい気持ちが押し寄せる・・・

 2. 星屑がこぼれそうな夜 by Yumming

 この動画に寄せられたコメント

 素晴らしい映像 歌より映像を見入ってしまいました

 タイトルどおりの素敵な映像に誘惑されました。 この曲は私の過去とみらいを繋ぐパンドラの箱なんです。 想い出がありすぎて一生忘れられないでしょう…。 「うそでいい好きだと云って」 「私のほほ包んでくちびるをふさいで」 の歌詞が大好きです。 私の葬儀ではこの曲をBGMにするように息子達に話しておきます🎵 この曲が流れだすと、私の遺影は満面の笑顔になり、そしてみらいへと甦る…。 なんちゃって(笑) 

 3. DESTINY (Yuming Original)   

 この動画に寄せられたコメント

 「季節外れの海岸物語」思い出します。 曲も大好きだけど、ドラマも大好きだった。やはり季節外れの海岸物語のラストのエンディングロールが真っ先に脳裏に浮かびますね。

 40年前なんですか。 この曲のみならず、1980年前後の曲は、洋楽、邦楽共に活気があったと思います。ユーミンの女性の感覚、感情、感性を、 特に儚い切ない運命的な出来事に共感できる歌詞を、 どうしてこんなにポップなメロディに乗せて歌えるのでしょうか。

 4.Sweet Dreams (Yuming Original)

   

 この動画に寄せられたコメント

 彼には、叶えたい夢が出来た。たぶん、恋愛を続けていけなかった。夢を叶えた後のことなんて、何も考えていないと想うよ。何に負けたか。それは彼の夢と彼を待っていられない自分に負けたんだと想う。捨てぜりふ投げて嫌われてから消えたいの。区切りをつけたいのは、あなたのほうだった。本当に彼のことが好きなら、待つという選択肢があったはず。人の気持ちも、人生もあなたが考えているよりずっと奥が深いものだと想います。

 これ、まじで胸が痛む・・・・泣けるわ・・・ユーミンの詩は世の中の女性の心を代弁してる・・・共感しかない・・・

 それ以外の珠玉のBGV

 埠頭を渡る風 https://www.youtube.com/watch?v=---s7VsqzhM

 グッドラック・アンド・グッド・バイ https://www.youtube.com/watch?v=Vyp5pjD3i88

 Surf and Snow   https://www.youtube.com/watch?v=XEXFMbG6qf0

 

 コメント欄を読むと、人は歌に自分の体験や人生そのものを重ね合わせているように感じる。共感できる詩で想い出を振り返り、時として美化して懐かしく回顧する。そんな人々の若い時分の体験や気持ちが、曲に託されている気がする。
 そうした美しい宝物の詩を紡ぎ、そこに映像を搦める。昔の想い出が倍加して記憶に甦る。ユーミンはそうした人々の心に直接訴えかける。
 ユーミンの曲は30年前の20代の頃によく聴いていた。スキーも始めたし、当時付き合っていた彼女とのドライブのお伴だった。

 こんな記事を書いていたら、今冬は4年振りにまたゲレンデに立ちたくなった。

« 旅番組花盛り | トップページ | 2018年スポーツ名シーン集 »

音楽」カテゴリの記事