2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 郡山市PR動画 | トップページ | 夜訪れると危険な「郡山最恐スポット」 »

2018年12月 5日 (水)

福島県民にとって大切な想い出の歌

 「10年ひと昔」というが、ほんの8年前まではよもやあのような震災と原発事故が起こり、危機的状況に陥いようとは夢にも思わなかった。あれ以来、私達の生活はガラリと変わり、未だに放射線被害で故郷を離れ、避難生活を余儀なくされている同胞たち。

 しかし、悲しみを癒してくれた一服の清涼剤になった存在がある。それは福島県民であることを自覚し、再認識させてくれた曲であり、福島県民の心に深く刻み込まれた曲たちだ。
 今日はそれらを取り上げたい。

 1984年 「白虎隊」主題歌  「愛しき日々」 by 「堀内孝雄」

 「忠臣蔵」に続く、日本テレビ系列の年末大型時代劇「白虎隊」の主題歌として誕生した。なんと2日間で6時間の超大作だった。
 桜田門外の変に始まり会津戊辰戦争終結まで、幕末の動乱期にあって、運命に翻弄されながらも、忠義を貫き、最後まで幕臣として戦い抜いた会津藩士の真の姿を描いた秀作だった。オープニングとエンディングは当然だが、要所要所でこの歌が流れ、視聴者の感動を誘った。神保修理の切腹場面、中野竹子が凶弾に倒れ、母親に介錯を依頼する場面、井上丘隅の次女・雪子が自刃する場面、そして会津藩筆頭家老だった「西郷頼母」一族の集団自決など涙涙のシーンには欠かせなかった。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 1995年 ふくしま国体イメージソング  「Jump」 by 「THE ALFFE」

 平成7年に「第50回ふくしま国体」が開催された。キャッチフレーズが「友よ!ほんとうの空に飛べ!」だった。マスコットキャラクターとして「キビタン」が誕生し、その大会イメージソングは「THE ALFEE」が歌う「JUMP!」だった。

 「福島空港開港」や「トライアングルハイウェイ」、「小名浜港重要港湾化」、そして「首都機能移転構想」など、平成初期の頃の我が福島県には勢いがあった。その最大の功労者は元福島県知事の佐藤栄佐久氏だ。足かけ4期に渡り、県知事として福島県の発展に貢献した功績は顕著で、それは歴代の知事の中でも突出しており、十分県民栄誉賞に値する活躍だった。
 その後、「汚職」という汚名を着せられ、酷い仕打ちに遭ったが、私は今でも無実だと信じている。彼の復権を願うばかりだ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2001年 うつくしま未来博 イメージソング 「永遠の心」by「岩崎宏美」

 この美しい故郷の風景は永遠に続き、変わらずにそこにあると信じていた。しかし、平成23年3月11日、午後2時46分、その願いは無残にも打ち砕かれた。その翌日に東京電力福島第一原子力発電所1号機でメルトダウンが原因とみられる水蒸気爆発、その2日後には3号機でも爆発。放射性物質が拡散し、双葉町、富岡町、大熊町、浪江町など半径20キロ圏内の住民は着の身着のままで避難し、見知らぬ土地で長期の避難者生活を送ることになった。
 被災者だけでなく、この美しい画像を目の当たりにし、岩崎宏美さんの美声を聞けば、ふるさとを離れ、仕事を頑張っている方たちの目にも熱いものが込み上げて来るに違いない。

    「うつくしま未来博」で出展したパビリオンは以下の通り

  • 広域交流館
  • 産業未来館
  • 農林水産館
  • 21世紀建設館
  • くらしの知恵袋館
  • 水の惑星ジ・アース
  • エコファミリーパーク
  • 90市町村ふれあいパーク
  • 国際交流ゾーン・ワールドビレッジ ・ムシテックワールド
  • 森のネイチャーツアー&森の学校  ・からくり民話茶屋
  • 富士通館
  • 健康長寿館
  • 丸菱産業館
  • 万博の歴史館
  • 北陸マルタカ
  • パナソニック館
  • 日立グループ館
  • ふれあい造幣館
  • NTTグループ館
  • 東芝サザエさん館
  • IHIそらの未来館
  • 資源エネルギー庁館
  • テラニシ「はだしらんど」
  • 東北電力・東京電力共同館
  • トステムクイズギャラリー
  • NECフューチャーネットパビリオン
  • 須賀川テクニカルリサーチガーデン館

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2002年 福島県民の歌 「こめら」 NHK 秋元康プロデュース

 普通の暮らしが出来ていた頃(2002年頃)の福島県です。応援歌でもなければプロの方が歌っているのでもありません。
ふるさとを愛する皆が自分の言葉で気持ちを込めて未来の子供たちに残したい故郷を歌っています。
NHK「おーいニッポン!今日はとことん福島県」福島県のうた。「こめら(「こどもたち」の意)」本放送では流れていなかったと思います。
秋元康が、代表一人に絞るより、全員の合唱曲にしたほうがいいと、それが福島らしいと、例外的な扱いになりました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2011年 スパリゾート復興ソング 「息吹」 by 「エアリアル」

 震災でハワイアンダンサーである「フラガール」たちの活動拠点であった「スパリゾート・ハワイアンズ」の建物が倒壊した。レッスンも舞台に立つことも絶たれたフラガールたちは、故郷を追われ、避難生活を送っている人々を励まそうと「全国きずなキャラバン」に旅立った。悲しみに暮れる被災者の元を訪れ、元気付け、そして励まし続けた。
 そんな彼女達を応援する意味で、エアリアルという2人組のフォークデュオがこの曲を制作し、彼女達の活動を支援した。

 東京の下町を中心に活動するミュージシャンAERIALから、復興に向けてがんばるハワイアンズ、いわき、そして福島の人々を応援するために贈られた応援歌です。
 この歌がハワイアンズの復興の息吹となることを願って。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2011年 「I love you & I need you ふくしま」 by 「猪苗代湖ズ」

 我が郡山市立第二中学校の同級生だった箭内道彦の声掛けで、同郷のサンボマスター山口が同調し、誕生したのがこの曲。県内出身の西田敏行や豪華俳優陣、歌手がこぞって出演し、震災と原発被害で苦しむ県民を元気づけた。

 私も罹災証明書を持つ被災者として、心が折れそうになった時に、この曲にどんなに励まされたことかしれない。全国の人たちが「福島」を応援してくれている気がして嬉しかった。

 箭内はその後も「風とロック」と称したイベントを県内各地で展開。県民に生きる勇気を与えた。そしてその年のNHK紅白歌合戦に出場した。

 さて、福島県民が小さい頃から聴かされた曲に「福島県民の歌」がある。「シャクナゲ匂う山並みに~♪」で始まる県民なら知っているであろう歌だ。

 

« 郡山市PR動画 | トップページ | 夜訪れると危険な「郡山最恐スポット」 »

音楽」カテゴリの記事