2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 賢い裏技 | トップページ | 心にしみる楽曲 »

2018年11月 1日 (木)

往年の名曲をあなたに(洋楽編①)

 タイトルは知らなくても、CMに使われていたり、何かのテレビ番組でBGMに使われている曲を聴いて、感動したり耳に残る名曲は誰にでもあると思う。
 私も聞き覚えはあったが、そんな名曲は五万とあった。特に、私は学生の頃から洋楽が大好きで、特に1980年代に洋楽ブームが沸き起こったときにジャンルは問わず本気で聴き漁ったものだ。1970年代は、ABBAやBeeGees、オリビアニュートンジョン、ビートルズ、サイモン&ガーファンクル、イーグルス、カーペンターズなどのスタンダードから始まり、1980年代は、エアサプライ、ビリージョエル、マイケルジャクソン、TOTO、カルチャークラブ、ポリス、ワム、エルトンジョン、シカゴ、スティービーワンダー、ケニーロギンス、女性シンガーはマドンナ、シンディローパー、ダイアナロス、ホイットニーヒューストンなどありとあらゆる曲を聴き、それで英語の勉強をした。

 そんな中、私が思い出に残る大好きだった曲というのがある。今日から不定期で、それらを2曲ずつ紹介したい。おそらく、口ずさんだことがあるであろう名曲を取り上げて生きたい。先輩諸氏は懐かしく、また若い世代の方は逆に新鮮に思うかもしれない。

 1 Eagles 「Desperado」

 これは傷ついて打ちひしがれている友を励ます曲だ。バラード調の曲調が耳にほどいい。「イーグルス」と言えば「ホテルカリフォルニア」が真っ先に浮かぶが、このようなしっとり系の曲も1973年にこの世に残していた。とても45年も前の古い曲だとは思えないほど、今聞いてもメッセージ性が強く、耳に心地よい。日本語のタイトルは「ならず者」とついているが、歌詞を聴くと全然イメージが異なる。

Desperado, why don't you come to your senses?
You been out ridin' fences for so long now
Oh, you're a hard one
I know that you got your reasons
These things that are pleasin' you
Can hurt you somehow

Don't you draw the queen of diamonds, boy
She'll beat you if she's able
You know the queen of hearts is always your best bet

Now it seems to me, some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can't get

Desperado, oh, you ain't gettin' no younger
Your pain and your hunger, they're drivin' you home
And freedom, oh freedom well, that's just some people talkin'
Your prison is walking through this world all alone

Don't your feet get cold in the winter time?
The sky won't snow and the sun won't shine
It's hard to tell the night time from the day
You're losin' all your highs and lows
Ain't it funny how the feeling goes away?

Desperado, why don't you come to your senses?
Come down from your fences, open the gate
It may be rainin', but there's a rainbow above you
You better let somebody love you (let somebody love you)
You better let somebody love you before it's too late

 私自身、中学時代にこれほどの名曲に出会ったときの衝撃は大きかったが、その後、めったに聞きなおす機会を逸してしまっていたが、つい最近、「消えた天才」の山縣亮太のエピソードVTRの中で偶然流れて、懐かしく思い出された。

 2.Bee Gees  「How Deep Is Your Love」 (1977)   

 「Bee Gees」(ビージーズ)は英国王室属領マン島生まれのイギリス人のギブ三兄弟を中心に構成された、男性ボーカルグループ。1963年にオーストラリアよりレコードデビューし、1973年からは米国を中心に活動。1960年代前半から息の長い活動を続け、「トゥ・ラブ・サムバディ」「Massachusetts」「メロディ・フェア」「若葉のころ」「イン・ザ・モーニング」「ホリディ」「アイ・スターティド・ア・ジョーク」「傷心の日々」「ラン・トゥ・ミー」「ブロードウェイの夜」「獄中の手紙」など、数多くの名曲を発表した。ポップなメロディ・メイカーとしては、レノン=マッカートニーやビヨルン&ベニー(ABBA)らと並ぶ、名ソング・ライター・チームとして知られている。

 和名「愛はきらめきの中に」How Deep Is Your Love)は1977年にリリースされたビー・ジーズのシングル曲。ジョン・バダム監督の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』に、「ステイン・アライブ (Stayin' Alive)」、「恋のナイト・フィーバー」(Night Fever)」(ともにビー・ジーズ)、「アイ・キャント・ハブ・ユー(If I Can't Have You)」(イヴォンヌ・エリマン」(Yvonne Elliman))とともに起用された。

 UKチャートでは3位が最高、アメリカのビルボードチャートでは同年のクリスマスイブに1位をマークし、トップ10にも17週間とどまった。ビルボード誌1978年年間ランキングは第6位。

I know your eyes in the morning sun
I feel you touch me in the pouring rain
And the moment that you wander far from me
I want to feel you in my arms again
And you come to me on a summer breeze
Keep me warm in your love, then you softly leave
And it's me you need to show

How deep is your love, how deep is your love
How deep is your love?
I really mean to learn
'Cause we're living in a world of fools
Breaking us down when they all should let us be
We belong to you and me

I believe in you
You know the door to my very soul
You're the light in my deepest, darkest hour
You're my savior when I fall
And you may not think I care for you
When you know down inside that I really do
And it's me you need to show

How deep is your love, how deep is your love
How deep is your love? I really mean to learn
'Cause we're living in a world of fools
Breaking us down when they all should let us be
We belong to you and me

And you come to me on a summer breeze
Keep me warm in your love, then you softly leave
And it's me you need to show

How deep is your love, how deep is your love
How deep is your love?
I really mean to learn
'Cause we're living in a world of fools
Breaking us down when they all should let us be
We belong to you and me

How deep is your love, how deep is your love
I really mean to learn
'Cause we're living in a world of fools
Breaking us down when they all should let us be
We belong to you and me

How deep is your love, how deep is your love
I really mean to learn
'Cause we're living in a world of fools
Breaking us down when they all should let us be
We belong to you and me

 ジョン・トラボルタが主演して大ヒットした映画「サタデーナイトフィーバー」の中の挿入歌。私が中学1年の時に日本でも封切りされた。当時、日本では土曜日は登校日で、午前中4校時の半ドン授業だった。だから欧米の制度が羨ましかった。アメリカの学生は土曜日の夜にはおめかしして「ダンスパーティー」やディスコで「フィーバー」しているものだと思っていた。

 1960年代が「ビートルズ」なら、「Bee Gees」はこの時代の最高峰だと個人的には思っている。他にも「Stayin' Alive」「Melody Fair」「Holiday」「Massachusetts」「Night Fever」「Too Much Heaven」などのビッグヒットをこの世に残した。

 さて、シリーズ記事の1回目が本日だったが、いかがでしたか?懐かしんでもらえたでしょうか?あるいは20代の若い世代には初めて聴いたという方もいるかもしれませんが、何年経っても色褪せないのが洋楽の醍醐味だと思う。それは歌詞が不明で雰囲気で聴いてしまっている点も否めないが、日本人ウケするようなメロディーだったり、詩の力であったり、こだわりあるコンセプトや強いメッセージ性が感じ取れるからにほかならない。
 ところで続編となる次回作だが、不定期でお送りするため、忘れた頃に第2回を執筆したいと思うのであしからず。

 

« 賢い裏技 | トップページ | 心にしみる楽曲 »

音楽」カテゴリの記事