2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 記憶に残る日本の万国博覧会 | トップページ | 私が考えたテレビ改革 »

2018年11月28日 (水)

往年の名曲をあなたに(洋楽編⑤)

 今回でこのシリーズ記事も5回目を迎えた。往年のと言っても、私が洋楽を本気で聴き始めたのは、80年代のポップス系の曲だった。家の近くにあったレンタルレコード屋から借りたLP盤で「エアサプライ」をずっと聴いていた。そこから始まり、80年代の洋楽ブームも相まって、幅を広げていった。そんな80年代を中心に、この類の記事を掲載している。

 そして今日も2曲とっておきを紹介したい。おそらくCMやBGM、はたまたカヴァーなどで一度は聴いたことがあるに違いない。

 REO Speedwagon - 「Can't Fight This Feeling 」

 この曲、日本語のタイトルは「涙のフィーリング」という。アメリカ合衆国出身のロック・バンド。デビュー以来、商業的成功とは無縁のライブ・バンドに甘んじていたが、1980年代にアルバム『禁じられた夜』が1千万枚を超えるセールスを記録して開花。同国を代表するアメリカン・ロックグループとして認知された。キャリアは50年にも達する。
1985年、先にリリースしたアルバムからシングルカットされた「涙のフィーリング」が同年3月9日付~3月23日付のビルボード・シングルチャートで3週連続第1位を獲得。

I can’t fight this feeling any longer
And yet I’m still afraid to let it flow
What started out as friendship, has grown stronger
I only wish I had the strength to let it show
I tell myself that I can’t hold out forever
I said there is no reason for my fear

Cause I feel so secure when we’re together
You give my life direction
You make everything so clear
And even as I wander

I’m keeping you in sight
You’re a candle in the window
On a cold, dark winter’s night
And I’m getting closer than I ever thought I might
And I can’t fight this feeling anymore
I’ve forgotten what I started fighting for
It’s time to bring this ship into the shore
And throw away the oars, forever

Cause I can’t fight this feeling anymore
I’ve forgotten what I started fighting for
And if I have to crawl upon the floor

この歌詞を読むと、なぜ日本語のタイトルがそうなったのか不思議でならない。相当意訳している印象が濃い。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

 The Police - 「Every Breath You Take」

   

Every move you make
Every bond you break
Every step you take
I'll be watching you.

Every single day
Every word you say
Every game you play
Every night you stay
I'll be watching you.

Oh can't you see
You belong to me?
How my poor heart aches with every step you take.

Every move you make
Every vow you break
Every smile you fake
Every claim you stake
I'll be watching you.

Since you've gone I've been lost without a trace.
I dream at night, I can only see your face.
I look around but it's you I can't replace.
I feel so cold, and I long for your embrace.
I keep crying baby, baby, please...

Oh can't you see
You belong to me?
How my poor heart aches with every step you take.

 ポリスのこの曲は、日本語タイトルが「見つめていたい」という。なぜか歌詞がもっとも意訳されていて、誤解されているという。
 イギリスのロックバンド、「ポリス」の楽曲で、1983年のアルバム『シンクロニシティー』からの第1弾シングルとしてリリースされて、イギリスにおいて4週連続、アメリカのビルボードにおいては8週連続1位にになった。スティングは、1984年のグラミー賞において「見つめていたい」で最優秀楽曲賞と最優秀ポップ・デュオ/グループ(ヴォーカル入り)を獲得した。
 PVは珍しいオーケストラで使われる大型のベースの弾き語りで、スティングがヴォーカルを務めている。
 

« 記憶に残る日本の万国博覧会 | トップページ | 私が考えたテレビ改革 »

音楽」カテゴリの記事