2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 素朴な疑問 | トップページ | 盗作?酷似した楽曲 »

2018年11月22日 (木)

往年の名曲をあなたに(洋楽編④)

 シリーズ記事としてお送りしています「往年の名曲をあなたに洋楽編」も今回で4回目を迎えた。今日も2曲、私が独断と偏見で選んだとっておきの洋楽を紹介したい。
 2曲ともに1984年に大ヒットしたナンバー。それは私が北海道で学生時代を過ごしていた時期で、毎週土曜日にFM TOKYOで放送していた「洋楽ベストテン」がルーティーンだった私。これを聴くことが一服の清涼剤となっていた。

 7 I Like Chopin - Gazebo

 lyrics:

Remember that piano
So delightful unusual
That classic sensation
Sentimental confusion
Used to say I like Chopin
Love me now and again

Rainy days never say goodbye
To desire when we are together
Rainy days growing in your eyes
Tell me where's my way

Imagine your face
In a sunshine reflection
A vision of blue skies
Forever distractions

Used to say I like Chopin
Love me now and again
Rainy days never say goodbye
To desire when we are together

Rainy days growing in your eyes
Tell me where's my way

 この曲は、日本では女優だった小林麻美がカヴァーしてヒットした。しかし原曲は「ガゼボ」のこの曲だ。リズムが良く、歌詞もシンプルだったため、当時、英語の勉強をしていた私にとっては格好のレッスン歌となった。

  8 Africa-TOTO

 Lyrics:

I hear the drums echoing tonight
But she hears only whispers of some quiet conversation
She's coming in twelve-thirty flight
Her moonlit wings reflect the stars that guide me towards salvation
I stopped an old man along the way
Hoping to find some old forgotten words or ancient melodies
He turned to me as if to say: Hurry boy, it's waiting there for you

It's gonna take a lot to drag me away from you
There's nothing that a hundred men or more could ever do
I bless the rains down in Africa
Gonna take some time to do the things we never had"

 この曲も’80年代を代表する楽曲だ。赤にTOTOと書かれたシンプルなLPジャケットが印象的で、私も、レンタルレコード店で借りて、カセットテープに録音したものだ。私の中ではエスニック系で、シャカタクの「ナイトバーズ」と同類でグルーピングしている。

  これらの名曲に触れると、私たちの世代はただただ懐かしく青春時代の想い出が蘇るが、現代の若者が聴くと新鮮そのものだと思う。かつてこんな曲たちが、世界中を席巻していたと感動を覚えるかもしれない。
 しかし、洋楽は何年経っても不思議なことに色褪せたり古めかしさを感じることが少ない。英語の歌詞は、なかなか理解しがたいが、ポップスであっても、日本の邦楽とは一線を画し、その独特な曲調やコンセプトが明確だからだと思う。それはメッセージ性があったり、心に訴えかけて来る重みがあるからにほかならない。

« 素朴な疑問 | トップページ | 盗作?酷似した楽曲 »

音楽」カテゴリの記事