2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 途中で断念した記事一挙蔵出し② | トップページ | 往年の名曲をあなたに(洋楽編⑤) »

2018年11月27日 (火)

記憶に残る日本の万国博覧会

 2025年に大阪で万国博覧会が行われることが正式に決定した。大阪で行われるのは実に55年振りの開催となる。この決定に大阪市民はこぞって狂喜乱舞して喜んだ。
  私は当時、6歳の子どもで、実際に現地に足を運んだわけではないし、テレビで見た記憶があるくらいで、三波春夫の「世界の国からこんにちは」のテーマソングと、日本が生んだ大芸術家の岡本太郎作の巨大「太陽の塔」のインパクトがあまりにも大きく鮮明に残っていること以外、あまり記憶にはない。

 しかし、当時としては画期的な催しで、アポロの宇宙飛行士が持ち帰った「月の石」の展示や、水着姿のコンパニオンがカプセルの中に入って話題となった「人間洗濯機(自動入浴機)」、「ハンディワイヤレスフォン」、そして「テレビ電話」、会場内を上空で行き来する「空中ゴンドラ」、「モノレール」、「電気自動車」などの展示やそのデモンストレーションなどが行われ、半年に渡って繰り広げられた一大イベントに、国内外から約6,000万人が訪れたというから、もはや国家的巨大プロジェクトだったことは言うに及ばない。

 その半世紀以上も前に開発された品々が、現代において実用化さているものも少なくない。とても50年前に作られたとは思えないものがこの時代に日の目を浴びているから驚きだ。それくらい意味のあるビッグイベントが「国際万国博覧会」と言える。

 おそらくは、「2020東京五輪」を機に景気や雇用は頭打ちで、その反動から経済情勢は下り坂と思われていただけに、その5年後の関西地方での開催決定は、まこと起爆剤となり、さらなる高度経済成長を望めるかもしれないし、その経済波及効果は計り知れない。 
 ちょうど1964年のオリンピック景気で沸き立ち、その6年後に行われた大阪万博でさらに景気浮揚した時と同じように。そして歴史は再び繰り返されることとなった。

 次に、今回の大阪万博開催に伴い、財政難などという現実問題はこの際語らずに、これまで日本で開催された「国際万国博覧会」について、振り返ってみたい。

 そもそも万国博覧会の歴史は古く、第1回は今から167年前の1851年に英国の首都・ロンドンで開かれた。1933年のシカゴ万博まで15回行われたが、その間ロンドンで2回、アメリカの主要都市で7回、パリで5回、そしてウィーンで1回開催された。特に1889年の4回目のパリ開催では、それを記念してエッフェル塔が建てられた。
 以降、第一次・第二次世界大戦中は開催されなかったが、1970年の大阪万博で再開されてからは、不定期開催ながら、ほぼ1~2年に一度のペースで世界各国で開催されている。

 では本題の日本で開催された万博を回顧しよう。

 1970年  大阪万国博覧会

 1970年3月15日から9月13日までの183日間、大阪府吹田市の千里丘陵で開催された。アジア初かつ日本で最初の国際博覧会(General category:一般博、現・登録博)であり、当時史上最大の規模を誇った。入場者数は6,421万人を超えた。

 2時間以上の記録映画= https://www.youtube.com/watch?v=aPLH6OgdX0Y

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 1975~76年 沖縄海洋博覧会

 1975年(昭和50年)7月20日 - 1976年(昭和51年)1月18日をもって行われた国際博覧会(特別博)。入場者数は348万人を数えた。しかし正式には約200万人程度だった。

 記録映画= https://www.youtube.com/watch?v=jvI1YvTruxE

 8ミリ映像の記録映画= https://www.youtube.com/watch?v=_3KyFPK9K2g

 この博覧会のシンボル的存在だった海に浮かぶ「半潜水型浮遊式海洋構造物」(通称「アクアポリス」)だが、平成12年10月に老朽化のため、上海に曳航され、解体された。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 1985年 つくば万博EXPO'85(国際科学技術博覧会)

 1985年3月17日から同年9月16日までの184日間にかけて主に筑波研究学園都市の茨城県筑波郡谷田部町御幸が丘行われた国際博覧会である。 「人間・居住・環境と科学技術」を博覧会統一主題(いわゆる「テーマ」)とし、日本を含む48ヵ国と37の国際機関が参加した。総入場者数は、2033万4727人で、当時の特別博覧会史上最高入場者記録となった。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 1990年 大阪花と緑の博覧会

 大阪府大阪市鶴見区と守口市に跨る鶴見緑地で、183日間の会期(1990年4月1日 - 9月30日)で行われた博覧会。
 会場面積は約140haで、略称は「花の万博」「花博」「EXPO'90」。「花と緑と人間生活のかかわりをとらえ 21世紀へ向けて潤いのある豊かな社会の創造をめざす」をテーマとし、日本を含む83カ国と55の国際機関、212企業・団体が参加した。総来場者数は2312万6934名で、特別博覧会史上最高を記録した。
 この会期中、遊具「ウォータースライダー」で死亡事故が発生した。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2005年 愛知万博・愛・地球博(日本国際博覧会)

 2005年3月25日から同年9月25日まで、長久手会場および瀬戸会場の2会場で開催された博覧会である。
 21世紀最初の国際博覧会 (EXPO) であり、日本では1970年に開催された大阪万博以来の2回目の総合的なテーマを取り扱う大規模な国際博覧会(General category:旧一般博、現登録博)となった。
 略称は、博覧会協会が定めた正式な愛称として「愛・地球博」(あい・ちきゅうはく)がある他、開催地の名から「愛知万博」とも呼ばれる。
 入場者数:2,204万9,544人(目標:1,500万人)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 これまで日本では、5回の国際博覧会を開催してきた。アジアではNo.1の回数を誇る。日本では愛知万博以来、20年振りの開催となるわけで、世界各国からの技術を結集しての各パビリオン設営が見込まれるし、何より、数千万人規模で、開催期間中の人出が見込まれ、大阪のみならず、京都などでも観光収入における大幅増が見込まれる。

 あわよくば、2025年までに「リニアモーターカー」が完成できれば、東京~名古屋~大阪の移動が楽になるし、会場にほど近い関西国際空港の利用者も増えるであろう。2027年完成予定を前倒しして開業への弾みがつけばいいのだが・・・。

 なお、蛇足になるが、我が福島県内で開催されたフェスティバルや博覧会を提示したい。

 「岳温泉ウェスタンカーニバル」(1970年代)&ニコニコ共和国(1981年)

 村おこし(町おこし)の一環で行われたフェスティバル。山間部をヘリコプターで遊覧できて、私も父親と一緒に初めて乗ったのだった。深い安達太良山系の山々の尾根伝いに飛び、それは幼子心に怖かった思い出がある。また、「ウエスタンカーニバル」と銘打って、本場の西部劇のようなオープンセットを組み、そこで、馬車に引きずられたり、ガンマン同士の派手な撃ちあいなどのショーを見ることができた。

 また、1981年に独立国宣言を行い、「ニコニコ共和国」が建国した。こちらは議事堂がある観光案内所で、日本円を両替し、この国内で使える通貨(コスモ)を使用して、買い物などができた。当時はマスコミ取材が殺到し、連日、テレビニュースの話題をさらった。今は「兵どもが夢の跡」といった廃れて閑散とした変わりようだ。また、活気溢れる温泉街になるよう若者達が中心となって企画を考えて欲しい。

 https://www.youtube.com/watch?v=oQcm-L45uqg

 ニコニコ共和国 https://www.youtube.com/watch?v=tzO--2LauBM

 ニコニコ共和国のイメージソング https://www.youtube.com/watch?v=kUUi5K2_BmE

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 「ワンステップフェスティバル&郡山市こどもまつり」(1974年)

 これはかつて郡山に複数店舗あった「カフェ&レストラン」の「飛行船」のことではない。私が小学生時代、一週間くらいだったか、郡山の上空をジャンボ飛行船がゆっくりとしたスピードで旋回したイベントのことだ。
 私の記憶が正しければ、それは市制50周年を記念した郡山市最大級のイベントで、昭和49年7~8月にかけて「新しい未来への祭り・・・緑と広場、そして大きな夢」と題して行われた。開成山公園をメイン会場に、県内初のジェットコースターを建設し、五十鈴湖にはリモコン操縦の軍艦を浮かべて競争したり、あるいは郡山市役所周辺では、ヘリコプターの搭乗体験で、市内を空から眺めるアトラクションなども行われた。
 そして、同時期開催のロックのビッグイベント「ワンステップフェスティバル」が大々的に執り行われた。全国からロックファンが大挙して押し寄せ、会場となった開成山陸上競技場には、防音用の壁を張り巡らした。

Onestep

 そのイベントのPR宣伝だったかと思うが、昭和49年8月3日と4日にかけて、大型の飛行船「オリエント号」が郡山の上空を飛びまわったのだった。シルバー色の機体で、「ツェッペリン号」、あるいは「ヒンデンブルグ号」を彷彿させる大型飛行船に、なぜか大きな魚の目のような模様がデザインとして描かれていた。その巨体がゆったりとしたスピードで郡山の上空を悠々と飛び回っていたのだ。

Hikousen

Img_5274_r

  これは、「郡山市史」続編2に記載されてあったので、事実だ。

 そして郡山上空を周回するもので思い出したのは、20世紀の時代、どこからともなくセスナ機が、ある目的のために郡山の空に現れ、数十分間旋回して行ったものだ。それは二本松にある「北風木工所」の宣伝カーならぬ宣伝飛行機を飛ばし、上空から強力なスピーカーで家具類の大売出しのPRを大音量で宣伝するというものだった。それはさながら韓国が行っている「宣伝放送」のような様相を呈していた。最近は現れないが、新聞広告よりもアドバルーンよりも効果覿面の宣伝だった。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 「ワールドインポートバザールふくしま輸入博(産業博覧会)」1986年~1990年

 郡山市南東北総合卸センターを会場に5年連続でインポート雑貨などの販売会が行われた。私は無名作家が描いた、超ミニキャンバスの油絵の絵画を500円で購入した覚えがある。会場と言っても、駐車場に野外テントを張り巡らした販売所といった風情で、板張りで迷路のような作りだった。会場周辺は卸問屋の工場街で、駐車場も無く、路上駐車していた。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 「うつくしま未来博覧会」(2001年)

 佐藤栄佐久元知事の肝いりで開催が決定された。莫大な費用をかけて、福島空港の奥地の何もない山を開拓して会場を建設した。郡山からでも片道45分、えらく遠かった記憶がある。ここに国内メーカーのパビリオンを築き、夢のある空間を創造した。3D眼鏡を着用して見る映画や民芸茶屋などという未来と昔の融合もあった。現在は「ムシテックワールド」という施設と、階段状のステージ広場の形跡がかろうじてそこにあるだけで、住宅団地として売り出したが、あまり購入者がいない。区画整理で道路は立派だけ、更地や空き地も数多く、寂しい限りだ。
 入場者数確保のため、県内の小中高の学校の遠足で必ず行かされたし、私も二度、足を運んだ。

 当時の様子

 https://www.youtube.com/watch?v=GSgIT94RLe4

 月日の経つのは早いもので、この開催から17年も過ぎた。当時、30代だった私も今や50代になった。当時はスマホは無かったし、デジカメも出始めた頃なので、こうした動画撮影はビデオカメラしかなかった。よって、動画撮影されたこのような映像は珍しい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 さて、2020年の「東京オリンピック」に加えて、2025年「大阪万国博覧会」が実施されることが正式に決定した。これに伴い、多くの外国人が来日することのなる。多額のお金を日本各地に落として行くことになり、経済が活性化するのは長所だが、一方で犯罪が横行するのではないかという懸念が付きまとう。

  「中韓は要注意」

 中国人の公共マナーの欠如 

 所構わずゴミを捨てる。たんを吐く。タオルや浴衣、トイレットペーパー、サンダルなどホテルの備品を持ち帰る。公共の場所で大声での私語。注意すると逆上する。列に割り込む。

 韓国人

 寺社仏閣など歴史的建造物への落書き、仏像・墓石破壊、ヘイトスピーチなど

 この両国だけは70年以上も前の戦争に、未だ根に持ち、今でもカツあげのようにゆすり集りで日本に賠償金を求めて訴訟を起こす低俗な輩だ。日本に来て何をしでかすか油断ならない。

 他の民族

 略奪、暴行、性犯罪、窃盗、スリ、置き引き、大麻たべ持込み、自動販売機破壊などの犯罪行為が増える懸念がある。

 世界中の人々が日本を愛し、日本の伝統文化に触れたり、観光名所を巡り、美味しい日本食を食べ歩いてもらうのは大歓迎だが、こうした犯罪行為に至る危険性は拭いきれない。ぜひ、その対策も含め、外国人への観光マナーの啓蒙を促して欲しい。

 

« 途中で断念した記事一挙蔵出し② | トップページ | 往年の名曲をあなたに(洋楽編⑤) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事