2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 夢心地な霞ヶ城 | トップページ | いちゃいちゃ感がすごいCM »

2018年10月 7日 (日)

「消えた天才」がレギュラー化決定!

 テレビを見ていて感動することが多くなった。歳のせいではなく、若い世代が見ても間違いなく泣ける内容の番組だと思う。
 それは、以前もこのブログで取り上げた「消えた天才」という番組だ。私はスポーツは筋書きのないドラマで、真剣勝負だからこそ、表舞台に登場するまでの苦労やその裏にある努力があっての嘘偽りのない感動ストーリーが生まれると思っている。そんな人知れず頑張っていた人であっても、成功する一歩手前で姿を消してしまった天才的才能の持ち主が数多く存在していたことをこの番組を通じて思い知らされた。
 もちろん、ライバルと切磋琢磨する過程で、「こいつには敵わない」とユニホームを脱いだ選手もいるし、家庭の事情やケガや故障などで、泣く泣く競技から引退した大物選手も多数いるだろう。

そんな人たちにもう一度スポットライトを当て、どうして表舞台から消えてしまったのか、その真の理由を探りながら解き明かしていく。過去の栄光や栄華を回顧するという内容に、惹き付けられるし、興味がわく。
 今回私が、イチ押ししたいのが、遠藤拓哉というサッカー選手の生き様だ。遠藤三兄弟の長男で、2人弟は元日本代表として活躍した名選手だ。ではまず、感動VTRを見て欲しい。

 「消えた天才」 遠藤拓哉   
 

 彼はガンバ大阪などで活躍し、A代表として何度も国際試合やW杯に出場したPK職人の遠藤保仁選手の兄にあたる。現役時代は3兄弟の中で一番上手だったが、怪我もしていないのに、プロには行かず、人知れずサッカー界から身を引いたのだった。

 もうひとつ、私が感動したのは「リオオリンピック400mリレー」の銀メダリストである「山縣亮太」と、そのライバルとの感動秘話をぜひ取り上げたい。

 一番感動する実話はこれ「小児ガンを克服した小林咲里さん」↓

  動画をご覧になって感動しませんでしたか?号泣間違いなしのこうした真実のドラマが実際に行われてきたのだ。
 こうした過去を振り返るVTRを見ると、成長期に凄いライバルがいて、そいつに何が何でも勝ちたい一心で血の滲むような練習や努力を重ねたことで、自分も記録が伸び、今の地位を築いていることが見て取れる。それほどライバルの存在は大きいのだ。

 さて、この「消えた天才」という番組が、感動を誘う秀逸していることは理解してもらえると思う。
 ところでこの「消えた天才」だが、なんと10月以降、これまでの単発の2時間番組ではなく、ゴールデンタイムのレギュラー化が決定した。この号泣確実の感動番組が、毎週見られると思うと嬉しい限りだ。ぜひ、偽りのない真実の人間ドキュメントをご覧いただきたいと思います。

« 夢心地な霞ヶ城 | トップページ | いちゃいちゃ感がすごいCM »

映画・テレビ」カテゴリの記事