2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« この世から失くしたほうがいいもの | トップページ | 過去のドラフトから »

2018年10月21日 (日)

もったいないユニット

 「美人薄命」という言葉があるが、人間は太く短く生きるか、細く長く生きるかのどちらかだと思っている。それと同じ現象が芸能界でもあるように思えてならない。息が長い歌手やユニットもあれば、メジャーデビューしてすぐに消えて行った方々もいる。
 今日は、ヒット曲があるのに短命で終わったもったいない、あるいは残念なユニットを紹介したい。

 1 ZONE

 4人組のガールズバンド。2001年にメジャー・デビューし、2005年に解散したが、2011年に再結成された。その後、メンバーの引退やトラブルにより2013年4月に活動終了。
 2005年、人気絶頂の時に解散となった。理由は方向性の違い。そしてメンバーが10代とまだ若かったこともあり、やりたいことが違い過ぎた。マスコミはメンバー同士の不仲説を面白おかしく掻き立てたが、真相は本人にしかわからない。その後、旧メンバー2人で再結成し、活動したが、それも長くは続かなかった。当時、「Secret Base~君がくれたもの~」は若者の青春バイブルとなった。

 2 アイドル夢工場

 夕やけニャンニャンから誕生した「おニャン子クラブ」が全盛だった1987年頃、フジテレビ・お台場開催の夏のイベントを盛り上げるために、秋元康の思いつきで結成し、気まぐれで解散に追い込まれた。おニャン子クラブの妹分で、メルヘンチックな衣裳で、可愛い10代の女の子を集めて誕生させた。デビュー曲「アドベンチャードリーム」で夜ヒットなどにも出演したが、人気が出始めた頃に、特に解散宣言があったわけではないが、2曲目の発売が無かったため自然消滅した。したがって突然消えた印象が強い。
 私は、京都府出身で皆藤愛子さんに似ていた「桜川佳世」さんがお気に入りだった。おっとりした京美人で、ほんわかした感じが良かった。今では47歳になられている筈だ。

 3 Whiteberry

  北海道北見市出身の女子によって1994年に結成された。1999年にメジャーデビュー。2000年9月に発売された「夏祭り」(JITTERIN'JINNのカバー曲)はTBS系「ふしぎな話」の主題歌に起用され、オリコンチャート最高位3位を記録する大ヒットとなり、この楽曲で第51回NHK紅白歌合戦に出場した。
2004年3月31日にメンバーが大学へ進学したことにより、活動が出来なくなったとして、きたみ東急百貨店、北見オニオンスタジオでのラストライヴをもって解散した。活動期間はメジャーデビューから数えて4年7ヶ月27日だった。

 こちらも人気絶頂の時に突如解散になったという印象が強い。

 ほかにはBabe(ベイブ)やMi-ke(宇徳敬子)、ザ・ヴィーナス、アラジン、TOM CAT、C-C-Bなどもそうだ。今でもカラオケで懐かしく歌い継がれている楽曲があるのに、肝心の歌っている人やグループ名が思い出せないなんてことも少なくない。歌は世につれ人に連れというが、それではあまりにも悲しい。したがって、今日はそうした歌っている側にスポットを当ててみた。懐かしく彼らの面影を思い出してくれていたらありがたいと思う。

« この世から失くしたほうがいいもの | トップページ | 過去のドラフトから »

映画・テレビ」カテゴリの記事