2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ありがとう藺草英己アナ! | トップページ | 東京近辺の歴訪計画 »

2018年10月27日 (土)

スポーツアスリートと妻の血液型

 血液型別の性格診断や相性診断には賛否両論あるところだが、いろいろ調査することで、何か結論めいたことが判明するのではないかと考え、敢えて今回、このような話題に触れてみたい。
 結婚を機に運勢がガラリ変わることがある。いわゆる女性で上げまんとか下げまんとか言う類だ。それが勝負を生業とするスポーツアスリートの場合、それが顕著に垣間見えるように思える。今日はプロ野球選手を中心にアスリートたちの結婚に関わり、「血液型相性」を探りたい。

 A型ーA型妻の例

 田中将大と里田まい、瀬戸大也と馬淵優佳、 青木宣親と大竹佐知

 江草仁貴と竹下佳江、 緒方孝市と中條かな子、涌井秀章と押切もえ

 松井裕樹と石橋杏奈、内村航平と上谷千穂、細貝萌と中村明花

 横尾要(ゴルフ)とかとうれいこ、篠田歩(バレーボール)と伊藤さおり

 山本大介(ラグビー)と小椋久美子(離婚)、三浦知良と設楽りさ子

 金石昭人と陣内貴美子、河井陽介と広瀬麻知子

 A型とO型妻の例

 新庄剛志と大河内志保(離婚)、ダルビッシュ有と紗栄子(離婚)

 西岡剛と徳澤直子(離婚)、大津祐樹と久冨慶子、深堀圭一郎と進藤晶子

 清水宏保と高垣麗子(離婚)、堂林翔太と枡田絵理奈、四宮洋平と荒木絵里香

 不思議なことにA-O型は離婚率が高い。

 A型とB型妻の例

 ダルビッシュ有と山本聖子、杉内俊哉と上葉えりか、五十嵐圭と本田朋子

 千葉進也と番ことみ

 A型とAB型妻の例

 皆川賢太郎と上村愛子、坂田亘と小池栄子、辻上裕章と澤穂希、井上真弥と四元奈生美

 O型とA型妻の例

 和田毅と仲根かすみ、長谷部誠と佐藤ありさ、井上康生と東原亜希

 稲本潤一と田中美保、松井大輔と加藤ローサ、中山雅史と生田智子

 武豊と佐野量子、秋山成勲とSHIHO、海老沼匡と阿部香菜、斉藤祐也と岩崎恭子

 O型とO型妻の例

 松坂大輔と柴田倫世、魔裟斗と矢沢心、長友佑都と平愛梨

 太田雄貴と笹川友里、佐々木健介と北斗晶、中村俊輔と今井まなみ

 三浦皇成と星野あき、貴乃花と河野景子(離婚)、黒田哲史と新山千春(離婚)

 細川大輔と寺川綾

 O型とB型妻の例

 佐々木主浩と榎本加奈子、高橋由伸と小野寺麻衣、元木大介と犬神いずみ

 石井一久と木佐彩子、谷佳知と田村亮子、長野久義と下平さやか

 山本貴司と千葉すず

 O型とAB型妻の例

 谷原秀人(ゴルフ)と長手絢香

 B型とA型妻の例

 内川聖一と長野翼、松中信彦と林恵子、増嶋達也と潮田玲子

 宇佐美貴史と宇佐美蘭、小橋建とみずき舞

 超個性的なB型にA型女性が惹かれて結婚した者の、B型夫のマイペースぶりやマニアックな部分にA型妻が我慢している構図が見え隠れする。

 B型とO型妻の例

 イチローと福島弓子、古田敦也と中井美穂、清原和博と木村亜希(離婚)

 井端弘和と河野明子、福永祐一と松尾翠、荻晃太と長井梨紗

 柿谷曜一朗と丸高愛実、西村晃一(ビーチバレー)と菅山かおる

 朝原宣治と奥野史子、弦巻健人と大竹七未

 B型のアスリートはO型女性と結婚するケースが多い。おおらかで安心感を与えるからだ。O型女性から見ると、B型の天性の才能に惚れ込みやすい。

 B型とB型妻の例

 城石憲之と大橋未歩(離婚)、笘篠賢治と松本典子、山本尚貴と狩野恵里

 柴崎岳と真野恵里菜、江宏傑と福原愛

 B型とAB型妻の例 

 北島康介と千紗

 AB型とA型妻の例
 
 AB型とO型妻の例

 柏木陽介と佐藤渚、松岡修造と田口恵美子

 AB型とB型妻の例

 アントニオ猪木と倍賞美津子(離婚)

  AB型とAB型妻の例

 AB型は、日本人の約9%しかいない。したがってアスリートの数も希少で、こうしたモデルケースに登場する機会も少ない。

 世の中には「あげまん」「さげまん」なる言葉がある。結婚を契機に運勢が上がったり、下がったりする非科学的事象だ。私は人が生まれたら、或る過渡期に運勢がそこでガラリ変わると考えている。まず誕生時、親が付ける名前、そして就職先、そして結婚だ。特に結婚は生活を共にする伴侶との出逢いであり、そこで大きく運命が変わると考えている。特に女性の場合、多くが姓が変わる。
 結婚してすぐに大病を発症するというのは、その運勢の変化によるものだ。夫が出世するか否かも配偶者との相性が大きく物を言う。そして食事面の管理を含め、「内助の功」がもっとも成績を左右することとなる。

 それがプロのアスリートの場合、顕著に成績に表れる。血液型相性は、万全ではないが、それによって異なる性質を持つのは明らかなので、その組み合わせで成績が伸びる落ちるは十分証明がつくのだ。

 例えば、国際舞台で活躍するトップアスリートやレジェンドと呼ばれるカリスマ選手はB型が圧倒的に多いように。

 長嶋茂雄、青木 功、岡本綾子、山口 香、北島康介、野村忠宏、伊調馨、伊達公子、
 杉山 愛、イチロー、福原 愛、田村亮子、萩野公介、大橋悠衣、野茂英雄、大谷翔平、
 清原和博、金田正一、野村克也、伊藤みどり、浅田真央、羽生結弦、宇野昌磨、

 蛇足だが、アスリート以外にもカリスマと呼ばれるB型は以下の通り

 坂本龍一、矢沢永吉、YOSHIKI、尾崎 豊、明石家さんま

« ありがとう藺草英己アナ! | トップページ | 東京近辺の歴訪計画 »

野球」カテゴリの記事