2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« THE販売中止~もう買えない懐かしいモノ~ | トップページ | 福島県民が痺れる懐かしいCM② »

2018年8月22日 (水)

福島県民が痺れる懐かしいCM①

 福島県に住んで足掛け46年。その間、想い出に残る物のひとつにテレビCMがある。いわゆるご当地でしか見られない福島県限定のローカルCMだ。アラフィフ以上の方々が見たら、懐かしくて涙を流すであろう、そんなCMを振り返りたい。
 3回シリーズのため、今日は5作品を取り上げます。

 1 アサカ屋の磐梯そば

 磐梯そばといっても須賀川の会社が製造・販売している。何度も商品名を言わせ、嫌でも記憶に刷り込ませる手法。

 2 うすい百貨店

 アヒルが行列を作ってエスカレーターに乗るバージョンは昭和40年代から20年以上に渡って放送されていた。

 3 キャラバンモータース

 国道288号線(通称:三春街道)の舞木にあった中古自動車屋。社員の不祥事によってあえなく閉店に追い込まれた。

 4 赤トリ井

 「♪シャボン玉飛ばそう~!」で始まるアニメーションCM。郡山は虎丸町のさくら通り沿いにあった。今の東邦銀行郡山店の隣りは、今でこそ芳山公園に整備されたが、昔はヨークベニマルさくら通り店だった。その向かいに「トキワスーパー」があって、その東隣りにあったのが赤トリ井郡山店。しかし、県民なら須賀川の国道4号線沿いにあった大型スーパーのほうが記憶に新しいかもしれない。平成10年に入った頃まで存在していた。大型の観覧車がラウンドマークだったが、乗客が転落事故を起こし、死亡した痛ましい出来事があった。
 また、船引町の石井舞ちゃんが行方不明になって数年後に、テレビの行方不明捜査の番組で、外国の超能力捜査官に捜査を依頼し、ここの裏手にある池に放置されたという恐ろしい鑑定結果を発表したのを覚えている。

 5 福島りょうぜん漬け(4分30秒から)

 笛の音色で紅葉美しい霊山の崖から始まる県民にはお馴染みのCM。4時台の地元ローカル情報ニュース番組でよく流されていた。

« THE販売中止~もう買えない懐かしいモノ~ | トップページ | 福島県民が痺れる懐かしいCM② »

テレビCM」カテゴリの記事