2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月22日 (日)

衝撃的だった芸能人の訃報②

 本日は昨日の続編で、私が衝撃を受けた芸能人の訃報を取り上げたい。

 坂井泉水(転落死)

 彼女の死を伝えるニュース映像 https://www.youtube.com/watch?v=gqBj2x-eTwo

 1990年代、トップシンガーとしての地位を確立したZARDのヴォーカル・坂井泉水さん。私も大ファンで、CDはすべて持っていたし、今でも仕事への行き帰りやドライブでは聴いている。そして何を隠そう、極秘とされている彼女のお墓にも5年前訪れて手を合わせてきたほどの筋金入りのファンだ。

 ファンとしてはあまり彼女の死の真相についてほじくり返したくないので、別サイトをご覧いただくことでご容赦願いたいと思います。

https://newsmatomedia.com/sakai-izumi

 村下孝蔵(病死)

 彼の死去の報もまた突然だった。「初恋」「踊り子」「ゆうこ」などをカラオケの十八番にしている50代以上の方はどれくらいいるだろうか?今でも信じられないが、彼は今、茨城県内にある墓地に眠っている。私が生きているうちに、必ずお墓参りに訪れたいと思っている。

 X-JapanのHide(自殺)

https://www.youtube.com/watch?v=yyjNhFbJorw

  1998年5月2日の朝7時30分頃、自宅マンションの寝室にてドアノブに掛けたタオルで首を吊って呼吸停止した状態になっているのが同居していた婚約者によって発見され、病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認された。33歳没。後にファンが後追い自殺をするなどの事態が発生したという。5月5日に関係者のみ300人を集め密葬が執り行われ、5月6日に通夜、5月7日に告別式が催され、両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せた。
彼はB型だったが、沖雅也、古尾谷雅人などもそうだが、衝撃的かつ壮絶な死を遂げる方が多いのはなぜだろう。

 岡田有希子(投身自殺)

 当時のワイドショーの映像(あまりにも衝撃が大きいので埋め込み処理は行いません)

https://www.youtube.com/watch?v=B7cPgL70fHo

https://www.youtube.com/watch?v=qlVtoOOFvak

 人気絶頂のアイドルが18歳で突然この世を去った衝撃は大きかった。しかも自分の所属する芸能事務所のビル屋上からの飛び降り自殺に、ファンは騒然となった。後追い自殺する若者まで出たと言われている
 1986年。全国コンサートがスタートして3日後の4月8日、自宅マンションでリストカットを行いガス自殺未遂。2階上のマンション住民がガス臭に気づき、管理人が110番と東京ガスに通報した。レスキュー隊が駆けつけたとき、岡田は押入れの下段でうずくまり、泣いていたという。現場から程近い北青山病院にて治療した後、芸能事務所に戻った直後の12時15分、事務所が入居しているビル(東京都新宿区四谷)の屋上から飛び降り、全身強打で即死した。享年20(満18歳没)。遺書とみられる、鉛筆書きの便箋が残されていた。

 沖雅也(投身自殺)

https://www.youtube.com/watch?v=n4ST7p4JMCc

 クールでニヒルな二枚目として名を馳せた俳優・沖雅也さん。「太陽にほえろ!」のスコッチ刑事役や「俺たちは天使だ!」のCAP(麻生探偵)役などで人気を博した彼だが、突如、新宿の高層ホテルから身を投げ、壮絶な死を遂げた。「親父、涅槃で待つ」という言葉を残して。不遇の少年時代を過ごし、養父だった日影忠男氏と二人三脚で芸能活動を行っていたが、最期は31歳という若さで呆気ない別れとなった。
 私は、彼の出演作で最も思い出深いのは「姿三四郎」で、勝野洋演じる姿のライバル「檜垣」だった。

 1983年(昭和58年)6月28日、沖は「おやじ 涅槃で 待つ」という遺書を残し、トレーニングジャージを着た沖は新宿京王プラザホテルの最上階(47階)より、警備員の制止を振り切って飛び降り自殺を遂げた。31歳没。

 彼らの急死の知らせは未だによく覚えている。

 国内では、高倉健さんや逸見政孝さん、沖田浩之さん、上原美優さん、小林麻央さんの死去を伝えるニュース速報には愕然としたし、そのニュースに釘付けとなった。

 他にも海外では「マリリンモンロー」や「JFK」、「ブルース・リー」、「マイケルジャクソン」の急死のニュースには驚愕したし、多くのファンに衝撃を与えた。

2018年7月20日 (金)

衝撃的だった芸能人の訃報①

 今年は闘将星野仙一さんに始まり、歌手の西城秀樹さんの訃報に接し、大きな衝撃を受けた。有名人や芸能人の急死の知らせは、あまりにも衝撃的で、多方面に影響を与える。私が半世紀生きてきた中で、衝撃を受けた訃報について10例を取り上げたい。

 石原裕次郎

 昭和の大スター「裕ちゃん」こと石原裕次郎の死は昭和の終焉を告げているようだった。日活スターとして芸能界のトップに君臨し、裕次郎カットや太陽族なる流行を生み出し、多くの映画やドラマに出演した。太陽にほえろのボス役や石原プロモーションの代表として「大都会シリーズ」、「西部警察」シリーズなど、多くの名作を世に遺した。
 晩年は、スキーでの大怪我や大動脈瘤破裂など大病との闘いだった。
 私の大学の大先輩でもあり、今でも尊敬している。「ブランデーグラス」や「恋の町札幌」は私の十八番でもある。

 美空ひばり

 昭和の歌姫として長年にわたり日本の芸能界に君臨した女王だった。子役時代から銀幕のスターとして戦後の昭和歌謡界を支え続けた。晩年は度重なる病との闘いの日々だった。その都度、不死鳥の如く甦り、東京ドームの復活コンサートは伝説となった。

 松田優作(病死)

 ハードボイルドな外見とは裏腹に、内面は繊細な性格をしていた。
 1988年、時代映画『華の乱』の撮影をしている頃から、松田は尿が出なくなり腹がパンパンに張っていたという。その後アメリカ映画『ブラック・レイン』に出演し、念願のハリウッドデビューを飾る。同映画の撮影時点で自身が癌に侵されている事を知るが、延命治療を拒み、出演していた(妻の松田美由紀によると、癌の診断を信用せず次々に医師を変え、治療に進まなかったため知己の医師に「今は癌ではないが放置すると癌になる」と説得してくれるよう頼んでいたという)。
 なお、病気の事実を知る者は、撮影関係者では安岡力也のみであり、周囲にも堅く口止めがされていた。

 1989年11月6日午後6時45分、入院中の東京都武蔵野市にある西窪病院 (現在の武蔵野陽和会病院)で膀胱癌の腰部転移により死去した。40歳没。

 個人的に10代の頃、大好きだった俳優さんで、「太陽にほえろ!」のジーパン刑事、「探偵物語」、「蘇える金狼」のイメージが強くある。

 尾崎豊(不審死)

 謎の死の全貌 https://www.youtube.com/watch?v=P429o5JOnPg

 反逆のカリスマとして、若者たちのハートを鷲掴みにしていた彼だが、怪死というべき謎の死を遂げた。一節には、発見時に体中にあざや傷があったことから、リンチの末に亡くなったとか、覚醒剤使用の副作用も原因ではないかと囁かれた。
検視の結果、覚醒剤で錯乱状態に陥った彼が、自ら転倒したり暴れて転げ回っていたという証言を警官が確認しており、このような異常行動は覚醒剤中毒者にありがちな行為だということで事件性は無いと判断された。
 彼はB型だったが、彼の仲間内はB型ばかりだった。岡村靖幸、吉川晃司、川上麻衣子、白井貴子、南野陽子、坂本龍一、本田泰章などで、B型は同じB型しか認めないし、つるまないということの証明になる。

 テレサ・テン(不審死)

 台湾出身の歌手。1970年代から1990年代にかけて、中華文化圏全域ないし日本、タイ、マレーシアなども含めたアジアにおいて広く人気を博したその業績から、生前から没後も「アジアの歌姫」と呼ばれている。今でも人気は高く、「つぐない」「愛人」「別れの予感」などをカラオケのレパートリーにしている方々が多い。
 1995年5月8日、静養のためたびたび訪れていたタイ・チェンマイのメイピンホテルで気管支喘息による発作のため死去。42歳の若さだった。富と名声を得ながらも、晩年は孤独な独身生活を送っていた。

 本日はスペースの関係でここまでとしたい。続きは次回お送りしたいと思う。あと5名、私が衝撃を受けた芸能人の死去の報道。一体誰が登場するか、想像しながらお待ちください。

2018年7月18日 (水)

絶叫動画~足つぼ編~

 暇さえあれば「Youtube」ばかり見ている私だが、最近、ハマっているのが芸能人の足つぼマッサージを受けている時に発する絶叫悶絶動画だ。別に私はSでもMでもないが、そのリアクションがお化け屋敷のものと似ていて、痛がる素振りやこわばった表情も素が出て、結構見ていて楽しめる。

 百田夏菜子

 佐々木希

 永作博美

 吉岡里帆

 新垣結衣

 A型らしく我慢強いガッキーだが、腰と冷え性のつぼに泣くほど痛がるガッキーが可愛い。

 松井玲奈&松井珠理奈

 深田恭子

 こうした動画は多数あるため、容量削減のため、以下の方々はURLをクリックしてご覧ください。

橋本マナミ

https://www.youtube.com/watch?v=evxSV4xHVb4

持田香織&浜崎あゆみ

https://www.youtube.com/watch?v=FjezcaFDZws

高橋みなみ

https://www.youtube.com/watch?v=cpAxU6zZ48M

大和田南那

https://www.youtube.com/watch?v=KYr5qHYoNMA&t=119s

篠田麻里子

https://www.youtube.com/watch?v=bJSOLMP72Og

古谷有美(TBSアナ)

https://www.youtube.com/watch?v=rwiUfmRAl2Q

三田友梨佳(フジアナ)

https://www.youtube.com/watch?v=66ktdKnVWJg

高島彩

https://www.youtube.com/watch?v=d5XZ7Mywi0c

岩本蓮加

https://www.youtube.com/watch?v=m7OBvzGsLts

橋本奈々未

https://www.youtube.com/watch?v=0b-czesBDIQ&t=65s

 尋常じゃない痛がり方を見ると、なぜかこっちの気持ちがスッキリするのはなぜ?こういうテレビ局の企画はアイディア勝負だが、これは見ていて面白い。

2018年7月16日 (月)

私が好きだったCM②

 1990年代に流行ったCMの中に消費者金融があった。いわゆる「サラ金」業界のヤクザまがいの厳しい借金取り立てなど暗く悪そうな印象を払しょくするために、各社がイメージアップ作戦を展開した。節をつけ「初めてのアコム~」や「どうする?アイフル~」など庶民に覚えやすいフレーズを使い、また安田美沙子、小野真弓などの健康的なタレント起用や、チワワ「く~ちゃん」なども人気を博した。
 そんな中、私が最も好きだったのが「武富士ダンサーズ」だった。多人数で踊らせることで躍動感が漲り、明るい感じを世に知らしめた。今回は私の好きだったCMとして代表する4社の代表的なCMを紹介したい。

 1 武富士

 武富士と言えばやはり「武富士ダンサーズ」だ。Joe Rinoieの「Synchronaised Love L Rap Jam」の曲に乗せて一糸乱れぬダンスを披露する。このCMには様々なバリエーションがあって、ロッカールーム篇や記者会見でティッシュ配りの社員とのコラボなどがあった。

 2 アコム

 グラビアモデルだった小野真弓を起用し、メジャーな消費者金融という好印象を醸した。小野真弓もこのCMで人気が爆発した。O型らしく、屈託のない笑顔と明るい雰囲気が大好きだった。

 3 アイフル

 安田美沙子編

https://www.youtube.com/watch?v=LjN2_-ED5lU

https://www.youtube.com/watch?v=q2nAXsaKpD0

 安田美沙子もO型。裏表がない印象から起用された。高金利で自己破産や人を騙し、裏に極道が控えているという悪いイメージを払拭するのに躍起になっていた。

 チワワのくーちゃん編

 最近、お父さん役の清水章吾さんがあまりテレビに出ないので心配している。

 しかし、私がお気に入りだったのはうえむらちかさんの出演したこのCM

 4 アイク(現ディック)

 私はグラビアアイドルだった東原亜希さんのこの作品がほんわかして大好きだった。まさか柔道家のシドニー五輪金メダリストと結婚するとは思わなかった。

 ほかにも「ほのぼのレイク」などもあった。

 1980年代のアイドルブーム、90年代のバンドブームにあって、90年代後半から2000年代初頭はこうしたグラビアアイドルが人気を博した。その後、モー娘。やAKBグループなどの多人数アイドルなどへ受け継がれた。
 したがって、CMはこうした芸能界の流行を映す鏡のようなものだと私は考えている。

2018年7月14日 (土)

私が好きだったCM①

 1980~90年代はバブルで景気が良かったせいもあるが、私が20代~30代を過ごした人生において大事な時期でもあり、あの頃のことは鮮明に覚えているし、今もとりわけ懐かしく感じる。そんな中で、大のテレビっ子だった私は、番組自体だけでなく、CMもまた好きだった。当時、流行したCMで私が好きだった作品を取り上げたい。

 坂井真紀のTBC「ぜったいキレイになってやる」

 楽曲:「家に帰ろう~マイ・スイート・ホーム~」作詞/作曲/唄:竹内まりや/4代三井のリハウスガール(1990年)でもある。

-坂井真紀(1970年5月17日 - )
女優。東京都台東区出身。十文字高等学校、十文字学園女子大学短期大学部卒。血液型はB型。所属事務所はスターダストプロモーション。1992年デビュー、その後数々のテレビドラマに出演、歌手としても活躍。1996年からは、映画にも出演している。4代目リハウスガール。このCMの「ぜったいトリコにしてみせる」「ぜったいキレイになってやる」が大いに話題になった。

 この時代はほかにも宮沢りえの三井のリハウスのCMや広末涼子らがCMクィーンとして名を馳せた。

2018年7月 4日 (水)

THEミーハー的俗物根性

 前回の記事の続編と言うわけではないが、特段、自らの恥を晒すようで情けないが、今日は、私が幼少期から今日まで、私が好きになった芸能人をカミングアウトしたい。これは備忘録の意味合いがあり、私の半生で、生活に感化されたり、影響を与えてくれた方々だ。

 小学生時代

 1 フィンガー5 私が最初に好きになったアイドル 沖縄県出身の5人組 4人がO型
 2 天地真理 「恋する日曜日」 O型
 3 岡田奈々 AKBではない。「青春の坂道」 O型
 4 林  寛子 「素敵なラブリーBOY」 がんばれレッドビッキーズの監督役 B型
 5 桜田淳子 「天使も夢見る」「私の青い鳥」 白いエンジェルハット 秋田美人 O型
 6 手塚さとみ 八頭身体型のモデルでデビュー AB型

 中学生時代

 7 石野真子 初めてファンクラブに入ったアイドル 八重歯 「私の首領」 A型
 8 榊原郁恵 「夏のお嬢さん」「微笑日記」 初めてサインをもらったアイドル B型
 9 ピンクレディー(ミー)「渚のシンドバッド」「サウスポー」ミニスカートがやばかった A型
10 蝦名由紀子 「ガラスのうさぎ」でデビュー B型
11 早瀬優香子 「俺はあばれはっちゃく」の宮村瞳ちゃん役 A型 
12 木之内みどり 「横浜いれぶん」「無鉄砲」 野球狂の詩の水原勇紀役 O型
13 大場久美子 「ディスコヅリーム」「スプリングサンバ」 ハウスのCM コメットさん A型
14 紺野美沙子 「未来からの挑戦」の西崎みどり役でデビュー A型
15 竹野美智子 声に惚れた 元ラジオ福島アナウンサー かぐや姫 ?型
16 夏樹陽子 妖艶な大人の女性の魅力に溢れていた A型
17 坂口良子 色白で可愛くて大好きな女優だった O型

 高校生徒時代

18 竹下景子 姿三四郎の乙美さん役 パパの結婚 お嫁さんにしたい女優No.1 A型
19 伊藤つかさ 3年B組金八先生 アイコ16歳 少女人形 ベビーフェイスアイドルO型
20 松田聖子 「青い珊瑚礁」 「夏の扉」 「渚のバルコニー」 「赤いスイートピー」 A型
21 小泉今日子 「半分少女」 「真っ赤な女の子」 「学園天国」 O型
22 宮崎美子 ミノルタX-7のCMで大人気の 「クイズダービー」解答者 A型
23 市毛良枝 「複顔」 お嫁さんにしたい女優No.1に O型
24 伊藤さやか 「陽あたり良好」のかすみ役 B型 
25 山本博美 きゃんきゃんのメンバー 「ミントタイム」 京本政樹夫人 A型
26 叶 和貴子 和服美人 90年代に多くのドラマに出演した B型

 大学生時代

27 菊池桃子 「雪に書いたLOVE LETTER」「卒業」「SUMMER EYES」 B型
28 南野陽子 「ハイカラさんが通る」「スケバン刑事少女鉄仮面伝説」「熱っぽいの」B型
29 田中美佐子 「ダイヤモンドは傷つかない」「丑三の刻」 O型
30 おかわりシスターズ(山崎貴代AB型・松尾羽純B型・深川智子O型)
31 おニャン子クラブ(河合その子B型・富川春美O型・永田ルリ子O型・新田恵利O型・高
   井麻巳子O型)
32 島田奈美 「内気なキュピッド」「パステルブルーのため息」 O型
33 相田翔子 WINKのメンバー 「淋しい熱帯魚」 90年代スーパーアイドル B型
34 西村知美 「見えてますか、愛」 O型
35 山瀬まみ 「笑っていいとも」のアシスタント 独特なしゃべり方で人気 O型 
36 青木久美子 FTVの元女子アナ FTVテレポートなどニュースを担当していた ?型

 社会人時代

37 森高千里 ミススカートの女王 「私がオバさんになっても」「私の夏」「渡良瀬橋」O型
38 吉田真里子 アンニュイな印象のアイドル ベビーフェイス B型 
39 鶴田真由 私が大好きだった女優 「ポテチ」のCMは一世を風靡した O型
40 羽藤淳子 元KFBのアナウンサー 「あいうえお天気目玉焼き」や「ふくしまJチャンネル」に出演 A型
41 石田ゆり子 「君のためにできること」 現在は癒し系独身として脚光 A型
42 広末涼子 「鉄道員」の娘役の熱演で好きになった O型
43 安田美沙子 山本梓や吉岡美穂、磯山さやかと共に癒し系のグラビアモデル O型
44 吉岡美穂 IZAMの奥さんグラビアアイドルとして2000年代に活躍 坂井泉水似A型
45 坂井泉水 ZARDのヴォーカルとして1990年代から2000年代にかけて活躍 A型
46 小倉優子 夢見るファンシーガール こりん星から来たがキャッチフレーズ B型
47 吉高由里子 蛇にピアスや東京DOGSで衝撃ヌード  O型
48 井川 遥 ハイボールのCMで誰もが魅了された 綺麗な顔立ちと髪 B型
49 長野美郷 めざましお天気キャスターで人気を得、番組MCに フリーアナ O型
50 皆藤愛子 セントフォースのフリーアナ めざましテレビで大人気 B型
51 瀧本美織 朝ドラ「てっぱん」で人気を博す 子役からダンスユニットまで多彩 O型
52 有村架純 朝ドラ「あまちゃん」で人気 今やCM[女王 B型
53 山岸舞衣 セントフォースのフリーアナ サンサタやNEWS ZEROのキャスター O型
54 藤井美菜 ヤクルト・氷結CM 韓国のドラマにも出演した美貌の持ち主 A型
55 松尾絵里奈 タレント 多くの番組でアシスタントやリポーターを務めた O型
56 本仮屋ユイカ スィングガールズ A型 
57 岡村真美子 NHKニュース7内のお天気キャスターを務めた A型 
58 小野紗由利 FCTアナウンサー 「ゴジてれSUN×SUN」のMC A型
59 梅田澪理 TUFの元アナウンサー 「げっきんチェック」MC 結婚退職 A型 
60 名切万里菜 元FTVアナウンサー「みんなのニュース」MC 現在日テレBSNEWS A型
61 新井恵利那 セントフォースのフリーアナ 天気予報からバラエティまでこなす O型
62 尾崎ナナ 元グラビアアイドル O型
63 中村静香 グラビアアイドル 旅番組のリポーターなどが多い O型
64 土屋太凰 映画やドラマで活躍する今もっとも旬な若手女優 O型
65 柳ゆり菜 グラビアモデル 健康的な印象 O型
66 清野菜名 女優 ソフトバンクCM B型
67 伊藤友里 セントフォースのフリーアナ TOYOTAアスリートビート サンデーモーニング O型
68 宮司愛海 フジテレビアナウンサー めざましテレビ さま~ずの神ギ問 O型
69 久慈暁子 フジテレビアナウンサー めざましテレビ 岩手県出身 O型
70 平川沙英 NHK福島放送局アナウンサー はまなかあいづtodayのMC ?型 
  

 これだけ多くの芸能人を好きになると、ちょっと自分でも気が多いと思う。でもなんとなく女性の理想像のようなものが見えてくる。グループを括ってひとつとしてカウントしたが、総勢では75名もの芸能人を好きになった。大多数が今でも活躍されている。でも一番好きで、ずっと変わらずに好きな女優さんは、吉永小百合(O型)さんだ。

 O型の私が好きになる芸能人は圧倒的にO型が多い。安心してみていられるというか、安定感があり、存在感とバイタリティーに溢れている。

 O型 39人 A型 21人 B型 15人 AB型 2人

 この記事は個人の趣向に特化しており、読者にとってはどうでもいいことで、私の備忘録ということでご容赦願いたいと思う。

2018年7月 2日 (月)

昔のアイドルが可愛かった件

  1980年代から90年の初頭にかけてはアイドル全盛時代だった。いわゆるB級アイドルも含め数多くの歌手が登場した。もちろん彼女たちが活躍する歌番組も今とは比較にならないくらい充実していた。ザ・ベストテン、トップテン、夜ヒットを始め、アイドルパンチ、ヤンヤン歌うスタジオ、レッツゴーヤング、たのきん全力投球、8時だよ全員集合など数えたらキリがない。そんな中で、今見ても可愛いアイドルを今日は取り上げたい。

 水谷麻里

 

 FTV天気予報のBGMに使われた「乙女日和」はコチラ

 https://www.youtube.com/watch?v=MHArnMoOzIU

 https://www.youtube.com/watch?v=xZ34W8qfVR4 (FTV天気予報)

 島田奈美

 デビューイベント時の映像はコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=GbAlNsaVn6s

 内気なキューピッド

https://www.youtube.com/watch?v=jms41mxP8-M

 河合その子

 おニャン子クラブ会員番号12番 当時は一番年上で、最初にソロデビューした。フランス人形を彷彿させる愛くるしい顔立ちですぐに人気がでた。プレイボーイとして名を馳せた作曲家「後藤次莉」と結婚した。

「恋のチャプターA to Z」はコチラ

https://www.youtube.com/watch?v=yPuCeLWoGRc

 広末涼子「MajiでKoiする5秒前」

 ほかにも私が好きだったのは吹田明日香、浜田朱里、伊藤美紀、吉田真里子などだ。やはりアイドルは菊池桃子や南野陽子もそうだがB型とO型に限る。

 今は多人数ユニットが主流で、可愛いさから言えば、乃木坂46がダントツで、個人的には登美丘高校ダンス部の主将だった「伊原六花」がお気に入りだ。あんなに色濃い化粧と激しいダンスで一世を風靡し、あの多人数を束ねたキャプテンがあんなに愛くるしい美少女だったとは・・・。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »