2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 私が好きだったCM① | トップページ | 絶叫動画~足つぼ編~ »

2018年7月16日 (月)

私が好きだったCM②

 1990年代に流行ったCMの中に消費者金融があった。いわゆる「サラ金」業界のヤクザまがいの厳しい借金取り立てなど暗く悪そうな印象を払しょくするために、各社がイメージアップ作戦を展開した。節をつけ「初めてのアコム~」や「どうする?アイフル~」など庶民に覚えやすいフレーズを使い、また安田美沙子、小野真弓などの健康的なタレント起用や、チワワ「く~ちゃん」なども人気を博した。
 そんな中、私が最も好きだったのが「武富士ダンサーズ」だった。多人数で踊らせることで躍動感が漲り、明るい感じを世に知らしめた。今回は私の好きだったCMとして代表する4社の代表的なCMを紹介したい。

 1 武富士

 武富士と言えばやはり「武富士ダンサーズ」だ。Joe Rinoieの「Synchronaised Love L Rap Jam」の曲に乗せて一糸乱れぬダンスを披露する。このCMには様々なバリエーションがあって、ロッカールーム篇や記者会見でティッシュ配りの社員とのコラボなどがあった。

 2 アコム

 グラビアモデルだった小野真弓を起用し、メジャーな消費者金融という好印象を醸した。小野真弓もこのCMで人気が爆発した。O型らしく、屈託のない笑顔と明るい雰囲気が大好きだった。

 3 アイフル

 安田美沙子編

https://www.youtube.com/watch?v=LjN2_-ED5lU

https://www.youtube.com/watch?v=q2nAXsaKpD0

 安田美沙子もO型。裏表がない印象から起用された。高金利で自己破産や人を騙し、裏に極道が控えているという悪いイメージを払拭するのに躍起になっていた。

 チワワのくーちゃん編

 最近、お父さん役の清水章吾さんがあまりテレビに出ないので心配している。

 しかし、私がお気に入りだったのはうえむらちかさんの出演したこのCM

 4 アイク(現ディック)

 私はグラビアアイドルだった東原亜希さんのこの作品がほんわかして大好きだった。まさか柔道家のシドニー五輪金メダリストと結婚するとは思わなかった。

 ほかにも「ほのぼのレイク」などもあった。

 1980年代のアイドルブーム、90年代のバンドブームにあって、90年代後半から2000年代初頭はこうしたグラビアアイドルが人気を博した。その後、モー娘。やAKBグループなどの多人数アイドルなどへ受け継がれた。
 したがって、CMはこうした芸能界の流行を映す鏡のようなものだと私は考えている。

« 私が好きだったCM① | トップページ | 絶叫動画~足つぼ編~ »

テレビCM」カテゴリの記事