2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 郡山ゴーストタウン?! | トップページ | 名コンビ »

2018年5月31日 (木)

人間のクズどもは追放!

 Youtube動画を見ていると、日本にもどうしようもない奴らがわんさかいることに愕然とする。紅葉マークを付けたお年寄りの乱暴運転や若者の後先考えない集団によるバカ行動など。一体日本はどうなってしまうんだと不安さえ覚えてしまう。これも「ゆとり教育」「個性重視教育」が生んだ弊害だ。公共心もなく、自己中で目立ちたがり屋ばかりを生み出したアホな教育制度のせいで、日本も欧米並みに成り下がった人種で溢れかえっている。

 最近のこうした現状を鑑みて、日本人としてどうなんだろうという馬鹿げた行動を平気でしでかす愚か者たちの動画をセレクトしてみた。

 1 基地外運転

 交通ルール完全無視。右側通行。しかも完全信号無視。ここは欧米か。しかもよくみると「身体障害者」マークを付けている。左折者や右折待ちの車がこの車線に入ってきたら衝突必至だ。こういう奴は免許を没収したほうが社会のためだ。

 2 高齢者の「老害」たるゆえんの危険運転

 孫を助手席に乗せた状態でこの危険運転はない。追い越し禁止の黄色線を平然とはみ出し、前が詰まっている一車線道路で追い越しをかけるキチガイ運転。孫を道連れに地獄に堕ちろ気か。  
 おばさんと爺さんは待つことができない人種なのか。我先にと気が焦り、譲るという概念を持ち合わせていない。性格的にゆとりや余裕もないことをこれらの映像は如実に物語っている。

 3 煽り運転で停車させた違反老人が逮捕も反省なし

https://www.youtube.com/watch?v=W3EF_oslXGc

 制限速度を守って走行していた車を後方から煽り、ハミ禁違反をして急停車させ、暴言を吐いた老人が逮捕された。自己中極まりない暴挙だが、逮捕後も反省の色は全くなく、PC護送中も不適にも笑みを浮かべた。公道を我が物顔で走り、模範ドライバーを罵倒するクソ老人。こういう輩がいるから「老害」と言われるのだ。
釈放しても懲りずに同じことを繰り返し、事故を誘発するだけだから、こういう輩は交通刑務所から出さないで貰いたい。

4 自分がよそ見して追突したクセにバックしたと因縁をつける老害

 じじぃは思い上がりが甚だしい。歳喰ってる分、偉ぶって自分が正しいと思い込んでいる。明らかに自分に非があるのに、他人を責め立てる。始末が悪い。高齢者の事故(自動車運転・歩行中の事故)が無くなれば、事故全体の6割以上が減ると言われている。自覚していない輩が事故を起こして若者を死に追いやるのだ。

 4 ノリで迷惑行為をしでかすバカ者集

 連日、報道される『バカッター』なるモラル無き人達の愚かな行為。周りの人様に多大なる迷惑と損害を与え、悪ふざけの域だと勘違い。注目され隊、目立ちたい一心でこうしたハメを外しまくった自撮り撮影。
 インスタ狙いなのか、常識はずれのおふざけ画像や動画を撮影するバカ者が後を絶たない。ウケればそれで満足とばかりに、後先考えず、悪ノリで迷惑行為を行う。世も末だと日本の行く末を危惧せざるを得ない。
 こういう輩は性懲りもなく、何度も同じ過ちを繰り返す。ろくな大人にならないし、自分の子供に躾などできやしない。子どもを金髪にし、ピアスをさせる、そんな親になるだけだ。それを個性と勘違いするのはバカ親の証拠だ。社会規範など無視する自己中の大人を育てるだけだ。

 5月29日にこの事件が急展開を見せた。それは、2004年に起きた岡山県津山市の小学生の女児が自宅で刺殺された事件で、服役中の男が犯行を自供し、再逮捕されたが、これも女子生徒を狙って、暴行をはたらいていた男の仕業だった。余罪が数多くあるのに、それを放置していた警察や周囲にも問題がある。しかもこの親は、息子の躾もできておらず、マスコミの取材に対し、「急にそんなことを言われてドキドキしてしまって」とうろたえるばかりで、息子がしでかした重大犯罪に対し、被害者への謝罪の言葉も無く、逆に自分のほうが被害者であるかのような発言に終始していた。「この子にしてこの親」だ。幼少期から子どもをきちんと躾ないと、このような駄目な大人に成長するという典型例だ。

« 郡山ゴーストタウン?! | トップページ | 名コンビ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事