2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年7月 3日 (金)

福島県の祭りごと

 日本全国どこの都道府県でもその御国自慢の風物詩としてお祭りなどのイベントがある。日本三大祭りとされる「京都祇園祭」や「大阪天神祭」、そして「東京神田祭」。しかし、私などは北海道の「雪まつり」、青森の「ねぶた祭り」徳島の「阿波踊り」などは欠かせないし、激しいものは「長野県諏訪の御柱祭」、「岸和田のだんじり祭り」、「浅草三社祭」も書き漏らせない。
 各県で特色あるお祭りが開催される夏から秋にかけての季節を迎えるが、今年は「密」を避けるために、自粛が相次いでいるのが残念で寂しい限りだ。
 そこで紙上ではあるが、我が福島県で開催される祭事や花火大会を自分なりの順位付けでお送りすることで、気分だけでも味わいたい。


 福島県の祭事トップ10

 1 相馬野馬追祭り
     
 これは相馬市ではなく現在の南相馬市(旧原町市)で行われる。最大の見せ場は市内の雲雀ヶ原で行われる御神旗争奪戦。花火で打ち上げられた御神旗が空中を舞い、それが地上に降りてくる間に、人馬一体となってそれを奪い合う。迫力と大歓声が原っぱじゅうにこだまする。テレビ中継も行われる一大イベント。
 もちろん流鏑馬も行われる、原町挙げてのお祭りだ。真夏の暑い中で開催されるため、毎回救急車が待機している。

 2 須賀川市松明あかし

 空気が澄んだ11月の夜空を鮮やかに焦がす勇壮かつ優美な祭り。市内の翠が丘公園の五老山に立てられた高さ10m以上ある巨大な松明が30本くらい立ち並ぶ。地元の企業や小中校で制作された松明に一斉に火がともされると、祭りはクライマックス。
 郡山出身の私ではあるが、縁あって昭和の最後の年にそれに加わった。間近でそれを体験した時は寒さを忘れ、感動で全身が震えた。
    
 3 二本松提灯まつり

 こちらは10月の第一週目に開催される日本三大提灯祭りのひとつ。各町内・組ごとの山車に括りつけされた提灯が坂の町二本松を駆け回る。亀谷のロータリーでの山車の回転は見事。これが終わると、菊人形祭りの訪れを告げる。

 4 福島市わらじ祭り
 
 福島市の夏祭り。日本一の大きいわらじを担ぎ市街地を練り歩く特徴から、福島県を代表する祭りに数えられる。 江戸時代から300年以上の歴史がある信夫三山暁まいりを参考に、1970年(昭和45年)に福島市及び福島商工会議所が市民の健脚を願って始めた夏祭りである。旧正月14日に片方の大わらじを奉納(信夫三山暁まいり)し、8月にもう片方の大わらじを奉納する。8月の祭りが福島わらじまつりである。
 わらじの大きさでは日本一の大きさを誇る。東北6大祭りに数えられている。 

 5 二本松菊人形
 
 昭和30年から続く伝統ある菊の祭典。職人が丹精込めて作り上げた菊人形や世界に誇る千輪咲きなど色鮮やかな菊花が会場を彩る。福島県菊花品評大会や二本松菊花品評大会、物産展も同時開催している。かつてはNHKの大河ドラマがテーマになることが多かったが、最近で独自のストーリーで開催されている。震災で十三段返しの芝居小屋が損壊し、会場が縮小された。
 私は母親の実家が市内にあったため、祖父母に会いに行ったついでに菊人形を欠かさず見ていた。その後、20年ほど足が遠のいたが、最近4年前から再び毎年訪れるようになった。県内のテレビ局でも必ず中継するし、ラジオ福島では特設ステージを設け、生中継で番組を放送している。

 6 白河だるま市(毎年2月)
   
 時の白河藩主・松平定信が城下の繁栄を願い、お抱え絵師の谷文晁にだるまを描かせそれを花市で売り出したのが始まりと言われています。約300年の歴史を誇るこのお祭りでは本町から天神町に至る市内の目抜き通りを中心におよそ700軒もの「 白河だるま」などを売る露店が立ち並びます。白いだるまは「開運祈願」赤いだるまは「 厄除け」と「家内安全」の御利益があるとされて、小さなだるまから買い始めて年々大きなものにしていく末広がりの縁起をかつぐ慣わしが今も残っています。当日は市内外から多くの買物客が訪れます。

 7 会津若松市彼岸獅子
 
 長い冬に終わりを告げ、春の彼岸入りとともに、三体の獅子が笛と太鼓の音色に合わせ、古式ゆかしい舞を披露しながら市内を練り歩きます。豊作と家内安全を祈り、春の訪れを喜び合う会津の伝統行事です。
 900年以上続く伝統行事。家臣の魂を鼓舞するために、舞ったのが始まりと言われる。

 8 木幡の幡祭り
 
 こちらは元々は二本松の隣町であった東和町の木幡地区の伝統的なお祭りであった。平成の大合併で二本松市に統合され、現在は二本松市のお祭りとなった。
 この祭りは、天喜3年(1055年)前九年の役に由来するものと言い伝えられています。戦いに敗れた源氏の軍勢がわずか数騎で木幡山に立て籠もったところ、一夜にして降り積もった雪で全山が白くなった様を追走してきた安倍の軍勢が、源氏の白旗に見間違え戦わずして敗走した故事により現在「幡祭り」として伝承されています。
 現代では、白幡を先達に色とりどりの幡が行列し「日本三大旗祭り」の一つとも言われています。また、古より伝わる儀礼を色濃く残していることから、平成16年には国の重要無形民俗文化財に指定されています。

 9 いわきじゃんがら念仏踊り

 じゃんがら念仏踊りは、福島県いわき市を中心に分布・伝承する郷土芸能で、地区ごとに鉦、太鼓を打ち鳴らしながら新盆を迎えた家などを供養して回る踊念仏の一種である。どちらかと言えば賑やかに死者を弔う。結構、若い衆が参加している。
   
10 郡山市うねめ祭り 

 昭和40年に安積郡9カ町村が郡山と合併し、市民が一体となれるまつりをおこしたいという気運が高まり、郷土の伝説である釆女物語を主題とした『うねめまつり』がつくられました。
 一方、奈良市でも釆女物語が残されており、毎年仲秋の名月の晩には『釆女祭』が猿沢の池で行われています。これが縁で郡山市と奈良市は昭和46年、姉妹都市を締結し、毎年8月には奈良市から親善使節団が郡山市を訪れ、また仲秋の名月には郡山市から親善使節団が奈良市を訪問、両市の交流を深めています。
 私は郡山市民だが、歴史は私が生まれた後に作られたことから、歴史は浅い。何か宿場町だった郡山市に、みんなで盛り上がれる夏祭りを作りたくて、いろんな知恵を持ち寄って誕生させたもので、こじつけ感が強いし、浴衣姿の地元企業や高校生などが踊り流す地味なお祭りだった。それを変えようとミスうねめのパレードや御神火リレーやら、うねめサンバやちびっこうねめなど多彩な催しを加えるようになった。
 あさか開成高校の「よさこい」などは圧巻だ。

 ほかにも、毎年1月に開催される「坂下町」の「大俵引き」も迫力があって人気がある。長さ4m、高さ2.5m、重さ5トンもある大俵を二手に分かれて綱を引き合い、東方の上町が勝てば米の値段が上がり、西方の下町が勝つと五穀豊穣で豊作となるという。
 同じような大俵引きの奇祭は、旧会津高田町でも行われている。 400余年の伝統を誇る行事で、毎年1月第2土曜日に開催されます。 長さ5メートル、重さ3トンの大俵を紅白に分かれ、紅が勝つと商売繁盛になり、白が勝つと五穀豊穣になると伝えられている、下帯一本の裸祭りです。
 また、柳津虚空蔵尊で行われる「七日堂裸参り」も勇壮。下帯姿の若い衆が寺の綱を大挙してよじ登る様は圧巻。
 

 花火大会

 1 小名浜花火大会
 2 釈迦堂川の大花火大会
 3 伊達のふる里夏まつり大花火大会 
 4 二市一カ村日橋川 川の祭典 花火大会
 5 久之浜大久地区 浜の夏まつり
 6 いなわしろ花火大会
 7 あさか野夏まつり花火大会
 8 広野町サマーフェスティバル
 9 ふくしま花火大会
10 富久山町花火大会

 ビール片手に夕涼みがてら夜空を焦がす大輪の花火を眺めるのが夏の風物詩のひとつだ。いったいいつになればまたこうした光景がみられるようになるのだろうか?

 さて、県外の方々にすれば、今日の記事は「なんのこっちゃ」と雲をつかむような話だったと思うが、我が福島県には主だった祭りを挙げてもこれだけある。私は祖父母が会津出身、母親が二本松市出身ということもあり、また私自身は会津にもいわきにも住んだ経験があり、桧枝岐や昭和村などの奥会津を除いてはある程度足を踏み入れたことがある。それでも祭事となると、その時機を逃すと1年間待たなければならない。また、今年のような流行り病が蔓延すると、そのせっかくの機会すら失われてしまう。
 「新型コロナウイルス」が一日でも早く終息することを祈りつつ、再び県内各地でお祭りが再開されること願いながら結びとしたい。

2020年7月 2日 (木)

2020年、あの芸能人が存命なら何歳?

 2020年の今年、思いもよらぬ疫病蔓延で「東京オリンピック&パラリンピック」が延期となり、代わってまさかの志村けんさんや岡江久美子さんが命を落とすこととなった。実に嘆かわしい。病気なら諦めもつくが、不慮の事故や21世紀でまさか流行病でこの世を去るとはさぞかし無念だったろう。
 さて、本日は名優や名歌手などの芸能人で、今は亡き往年のスターで、もし今年も存命だったら何歳になられていたかを明記したい。つまり生誕何年かがひと目でわかる寸法だ。なお、掲載は還暦(60歳)以上の方限定でお送りします。

     氏 名     誕生年   没年

107歳   森繁久彌      1913年    2009年
106歳   有島一郎  1914年  1987年
      松村達雄  1914年  2005年
      宇野重吉  1941年  1988年   
105歳   下條正巳      1915年  2004年  
103歳   芦田伸介  1917年  1999年
      千秋 実  1917年  1999年
      山田五十鈴   1917年  2012年  
102歳   高峰三枝子 1918年  1990年
100歳   三船敏郎  1920年    1997年
      岡田英次  1920年  1995年 
      内田朝雄  1920年  1996年 
      原 節子  1920年  2015年 
      森 光子  1920年  2012年    

 99歳  由利 徹  1921年  1999年

 98歳   丹波哲郎  1922年   2006年 

 97歳   小林桂樹      1923年     2010年
     西村  晃       1923年   1997年
     三國連太郎  1923年   2013年   
     三波春夫   1923年   2001年 
     木村  功    1923年   1981年 
     船越英二       1923年   2007年 
     金子信雄   1923年   1995年  

 96歳   鶴田浩二  1924年   1987年 
     春日八郎  1924年   1991年
     乙羽信子  1924年   1994年
     赤木春恵      1924年   2018年 

 95歳   大滝秀治    1925年     2012年

 94歳  佐田啓二    1926年      1964年  
    中条静夫  1926年  1994年
    植木 等  1926年  2007年
           山岡久乃  1926年  1999年

 93歳  谷村昌彦  1927年  2000年
    平田昭彦  1927年  1984年
    織本順吉  1927年  2019年
    北村和夫  1927年  2007年

 92歳  荒井 注  1928年  2000年
    佐藤 慶  1928年  2010年
    牟田悌三  1928年  2009年 
    下川辰平  1928年  2004年
    田村高廣  1928年  2006年
    渥美 清  1928年  1996年
    塩沢とき  1928年  2007年

 91歳  大川橋蔵     1929年  1984年
    若山富三郎  1929年  1992年
           村田英雄  1929年  2002年
    フランキー堺1929年   1996年
    高松英郎  1929年  2007年
    草薙幸二郎 1929年  2007年 
    前田武彦  1929年  2011年

 90歳  名古屋章     1930年  2003年
    二谷英明   1930年  2012年
    ハナ 肇   1930年      1993年
    小林昭二   1930年  1996年
    藤岡琢也   1930年  2006年
    左右田一平  1930年  2012年 
           高島忠夫  1930年  2019年
    三橋美智也 1930年   1996年 
    中谷一郎  1930年   2004年
    高橋昌也  1930年   2014年
    三波伸介  1930年   1982年  
    新珠三千代 1930年   2001年
    京塚昌子  1930年   1994年
    岸田今日子 1930年   2006年

 89歳  宇津井健     1931年    2014年
    勝新太郎   1931年      1997年
    高倉 健   1931年  2014年 
    天知 茂   1931年  1985年 
    杉浦直樹   1931年  2011年
    水野晴郎   1931年      2008年
    城 達也   1931年  1995年
           いかりや長介1931年  2004年
    小池朝雄   1931年  1985年
    友竹正則   1931年      1993年
    八千草薫   1931年      2019年 

 88歳  山田康雄     1932年  1995年 
    長門 勇   1932年      2013年
    萬屋錦之助  1932年    1997年

 87歳  菅原文太     1933年  2014年
    宍戸 錠   1933年  2020年
    児玉 清   1933年  2011年
    藤田まこと  1933年      2010年
    平幹二朗   1933年      2016年
    南田洋子   1933年      2009年

 86歳 坂上二郎  1934年  2011年
     石原裕次郎 1934年  1987年 
           愛川欣也  1934年  2015年
     長門裕之  1934年  2011年
     米倉斉加年   1934年  2014年

 85歳 田宮二郎  1935年  1978年
     高橋悦史  1935年  1996年 
          小坂一也  1935年  1997年
     筑紫哲也  1935年  2008年 
     成田三樹夫 1935年  1990年

 84歳 川口 浩  1936年  1987年
     東 八郎  1936年  1988年 
     野際陽子  1936年  2017年 
     三ツ矢歌子 1936年  2004年 
     市原悦子  1936年  2019年 

 83歳 阿久 悠  1937年      2007年
     緒形 拳  1937年  2008年
     平尾正晃  1937年  2017年  
    美空ひばり 1937年  1989年
     小林千登勢 1937年  2003年 
     江利チエミ 1937年  1982年

 82歳 梅宮辰夫  1938年  2019年
     加藤 剛  1938年  2018年
     山城新伍  1938年  2009年 
     島倉千代子 1938年  2013年 

 81歳 夏八木勲  1939年  2013年
     赤木圭一郎 1939年  1961年
     岸田 森  1939年  1982年
     河原崎長一郎1939年  2003年
     内田裕也  1939年  2019年 

 80歳   津川雅彦      1940年  2018年 
     原田芳雄  1940年  2011年
           たこ八郎  1940年  1985年
           細川俊之  1940年  2011年 
    小野ヤスシ   1940年  2012年  

 79歳 川谷拓三  1941年  1995年
     坂本 九  1941年  1985年 

 78歳 松方弘樹  1942年  2017年
     東野英心  1942年  2000年
     石立鉄男    1942年  2007年 
     地井武男  1942年  2012年 
     松山英太郎 1942年  1991年
     江波杏子  1942年  2018年 

 77歳   林 隆三  1943年  2014年
     峰岸 徹  1943年  2008年
     樹木希林      1943年  2018年
     大地喜和子 1943年  1992年 

 76歳 竹脇無我  1944年  2011年
     蟹江敬三  1944年  2014年
     渡瀬恒彦  1944年  2017年

 75歳 逸見政孝  1945年  1993年

 74歳 鈴木ヒロミツ1946年  2007年
     荻島真一  1946年  2004年
     阿藤 快  1946年  2015年  
     大原麗子  1946年  2009年

 73歳 根津甚八  1947年  2016年 
     安岡力也  1947年  2012年 
     生田悦子  1947年  2018年
    

 72歳 大瀧詠一  1948年  2013年
     中  康次      1948年  2015年
           范文雀   1948年  2002年

 71歳 荒木しげる   1949年  2012年
     松田優作    1949年      1989年   

 70歳 夏 夕介    1950年  2010年
     志村けん  1950年  2020年 
     萩原健一  1950年  2019年      

 69歳 大杉漣   1951年      2018年
     忌野清志郎 1951年  2009年  

 68歳   沖 雅也    1952年  1983年
     河島英五  1952年  2001年
     ジョニー大倉1952年  2014年
 
 67歳   村下孝蔵  1953年  1999年
     萩原流行  1953年  2015年 

 66歳   三浦洋一  1954年  2000年

 65歳 西城秀樹  1955年  2018年
     坂口良子      1955年  2013年
 
 64歳 田中好子  1956年  2011年

 63歳 古尾谷雅人 1957年   2003年
     夏目雅子  1957年   1985年  

 62歳 早乙女愛  1958年  2010年

 長谷川一夫、伴淳三郎、東野英治郎、笠智衆、加藤嘉、藤山一郎、山村聰、田中絹代などはもっと年齢が上のため掲載しません。
  女優より男優のほうが圧倒的に多いのは、女優は若い時分から娘役から始まるため、長く活動しているから、男性に比べると亡くなる率が低いからだ。

2020年7月 1日 (水)

7月生まれの有名人一覧(自分の誕生日と同じ有名人を探せ!) 

 1  江頭2:50・カールルイス・明石家さんま・大木凡人・山本圭・浅井慎平・五代高之・横内正・関口知宏 
 2  藤井リナ・三宅健・南沙織・小柳ルミ子・西川きよし・浅丘ルリ子・ヘルマンヘッセ
 3  板野友美・賀来賢人・原幹恵・野口みづき・橋本真也・岡村隆史・トムクルーズ・稀勢の里・池乃めだか・和宮・カフカ
 4  池江璃花子・高杉真宙・あびる優・カズレーザー・GACKT・ケンドーコバヤシ・おりも政夫・松井絵里奈
 5  大谷翔平・山田優・小椋久美子・杉山愛・小杉竜一・ワッキー・仲本工事
 6  とよた真帆・太田光代・瀬川瑛子・ジョージブッシュ・シルヴィスタースタローン・長塚京三・ダライラマ14世
 7  原田夏希・滝沢沙織・MISIA・堤真一・研ナオコ・リンゴスター・円谷英二・結城美栄子・上田正樹・陸奥宗光・シャガール
 8  谷原章介・三谷幸喜・三枝成彰・中村有志・ロックフェラー
 9  鈴木奈々・やしろ優・吉村崇・草彅剛・松下由樹・浅野ゆう子・久本雅美・トムハンクス・稲垣潤一・細野晴臣
10  前田敦子・田中圭・小泉孝太郎・沢村一樹・布施博
11  坂口健太郎・加藤シゲアキ・葉月里緒奈・藤井フミヤ・木の実ナナ・アルマーニ・水戸光圀・小牧ユカ・近藤サト 
12  百田夏菜子・石橋杏奈・亀田和毅・小林麻耶・渡辺美里・片平なぎさ・森永卓郎・中村珠緒・京唄子
13  のん・道重さゆみ・鈴木紗理奈・北斗晶・石川秀美・中森明菜・遠藤章造・関口宏・ハリソンフォード・渋谷飛鳥
14  山本彩・桜庭和志・佐藤弘道・椎名桔平・岡田克也・水谷豊・久米宏・森喜朗・斉藤慶子・緒形洪庵
15  森本慎太郎・柏木由紀・すみれ・狩野舞子・藤井美菜・柴田英嗣・永瀬正敏・小池百合子・ミルマスカラス・国木田独歩
16  山田哲人・ダレノガレ明美・宇野美彩子・袴田吉彦・児嶋一哉・福田康夫・桂文枝・古手川祐子
17  浅田舞・トシ・小坂大魔王・田中律子・丹波哲郎・北村一樹・大竹しのぶ・CWニコル徳川家茂・木原実
18  山本美月・広末涼子・板尾創路・ネルソンマンデラ・千葉真子・松原のぶえ
19  藤井聡太・藤木直人・宮藤官九郎・杉本彩・近藤真彦・ブライアンメイ・安岡力也・菊池麻衣子・木村和司
20  横澤夏子・はなわ・中川勝彦・石橋凌・松坂慶子・間寛平・緒形拳・小川範子・児嶋玲子・鈴木聖美
21  オコエ瑠偉・小林麻央・岩崎恭子・はるな愛・勝村政信・羽賀研二・船越英一郎・山田かまちヘミングウエイ・杉本哲太
22  セレーナゴメス・吉高由里子・上野由岐子・内村光良・森公美子・原辰徳・江本孟紀・長谷川京子・薬師寺保栄・孝明天皇・メンデル
23  ダニエルラドクリフ・三上博史・阿部知代・松方弘樹・ミッキーカチス・朝丘雪路山岡鉄舟・幸田露伴
24  水川あさみ・中村紀洋・坂本昌行・ジェニファーロペス・河合奈保子・久保田利伸・谷崎潤一郎・須藤理沙
25  西尾由佳理・高島礼子・ジャガー横田・・田中義一加藤清正たてかべ和也
26  さくらまや・加藤夏希・小島奈津子・ノッチ・ケヴィンスペイシー・萩原健一・ミックジャガー・森山周一郎
27  武田玲奈・ROLAND・松井玲奈・佐藤栞里・吉木りさ・星野真里・A・ロッド・麻倉未稀・高島忠夫・勝野洋・渡嘉敷勝男・高橋是清
28  逢沢りな・亀井義行・徳重聡・矢井田瞳・畑山隆則・スガシカオ・大瀧詠一・セルジオ越後・渡瀬恒彦片山哲
29  岡副麻希・高木美保・秋吉久美子・せんだみつお・橋本龍太郎
30  古閑美保・アーノルドシュワルツネッガー・ヘンリーフォード
31  栗原恵・糸井嘉男・愛内里菜・中山秀征・石立鉄男本田美奈子栁田国男クラーク博士・和泉雅子

2020年6月30日 (火)

2020年の上半期の動向

 月日の経つのは早いもので、オリンピックイヤーだったはずの2020年も半分が過ぎ去った。この6か月を振り返り、さまざま起きた出来事で、私が印象に残った出来事を勝手に順位付けしてみた。

 <2020年の上半期の動向>

 1位 新型コロナウイルスが世界的大流行 6/17時点で約800万人が感染し、43万人以上が死亡
 2位 東京オリンピック・パラリンピックが延期に
 3位 志村けんさん、岡江久美子さんが感染して亡くなる
 4位 黒人差別問題でデモや暴動が発生。トランプが窮地に  
 5位 コロナによる営業自粛で閉店、倒産、失業者が増加
 6位 マスク・消毒液不足が深刻に
 7位 横田滋さんが87歳で老衰により亡くなる。拉致被害者家族会会長
 8位 東出昌弘に続き、渡部建も不倫で芸能活動自粛 非難集中で復帰は絶望的
 9位 中国とインドが越境付近で武力衝突 インド軍で70人が死亡
 10位 北朝鮮が南北共同連絡所を爆破 朝鮮情勢が緊迫
 11位  コロナ給付金で一律10万円支給 さらにはアベノマスクも全世帯配布
 12位 米軍がイランを空爆し、イラン軍No.2を殺害 イランが報復でウクライナ機を誤爆 カナダ人乗客ら170人死亡
 13位 イギリスがEU離脱 そのジョンソン首相もコロナ感染
 14位 いわき市の水石山駐車場で一家4人が無理心中で死亡 母親の交際相手が殺害し、自分は死にきれず
 15位 宝塚市で大学生がボーガンで家族など4人を撃ち、3人が死亡
 16位 渡辺麻友が芸能界引退を発表
 17位 桃田賢斗がマレーシアで事故により負傷
 18位 女子プロレスラーがSNSの誹謗中傷で自殺 書いた連中は速攻でアカウント削除
 19位 ナイキの厚底シューズで新記録連発
 20位 槇原敬之が覚せい剤所持・使用で逮捕

 その他、高齢者の運転ミスによる暴走で死者が続出


  新型コロナ関連で、今年登場した用語

 武漢
 パンデミック 
 自粛・外出制限
 新生活様式
 感染拡大・感染爆発・感染経路
 飛沫観戦
 東京アラート
 休校要請・休業要請・外出自粛・不要不急の外出制限・臨時休校
 緊急事態宣言
 WHO
 オーバーシュート
 クラスター
 医療崩壊
 濃厚接触(者) 
 アビガン・レムデシビル
 アベノマスク マスク不足
 インフォデミック
 営業自粛
 PCR検査 抗体検査
 基礎疾患
 コロナ禍
 陽性反応
 「3密」
 ソーシャルディスタンス
 空港閉鎖・ロックダウン

 この半年は激動だった。まさかこれほどの急変事態に襲われるとは思わなかった。誰も予想できなかったに違いない。まだ新型コロナウイルスの脅威は続いている。大都市圏では夜の街を中心に感染者が拡大しており、遅かれ早かれ地方へ第2波が押し寄せることは確実で、どうそれを防ぐかが急務だ。
 

2020年6月29日 (月)

生きる意味

 いきなり「竹内まりや」の曲のような高尚なタイトルを付けてしまったが、今回は雑感めいた類の記事で、大言壮語するようなものではない。
 さて、歳を重ねるたびに人生とは魔訶不思議なものだと思ようになった。神が授けてくれた等しい重みの尊い命でありながら、生まれつき病に侵され、短命で終わってしまう命があれば、100歳を越えてようやく天に召される命も存在する。
 また、「憎まれっ子世に憚る」を地で行くように生き恥を晒しながらお迎えが来るのをただ待つ身の方もいる。「天命」とは言え、なんと神はいたずらに命というものを不平等に扱うのか・・・。

 私の信条として、不慮の事故等を除けば、「人生は太く短く生きる」か「細く長く生きる」かのどちらかだと考えている。たとえば、「和製ジェームズディーン」と呼ばれた「赤木圭一郎」や「石原裕次郎」、「美空ひばり」、「大場政夫」などは前者だろうと思う。細く長く生きた人は、実名を挙げると支障が出るため、控えるが、人知れず、目立たたずに細々と生きながらえている方などが該当するように思う。どちらが良いかは正直どちらとも言えない。

 ところで、「親孝行したい時に親は無し」という言葉がある。しかし、それは私は正しい表現ではないと思っている。
 赤ちゃんが誕生した瞬間に、親というのは我が子を通して最高の幸せを得ている。この世に生まれてくれたこと、そして私たち夫婦の子どもとして誕生してくれたことにこの上ない喜びと深遠なる感謝の念を感じる。

 母親は筆舌に尽くしがたいほどの文字通り「産みの苦しみ」をもって我が子をこの世に産み落とす。その苦痛は絶対に男にはわかり得ないし、「母は強し」の語源はこういう所にも表されている。母親は死ぬほどの苦しみを味わって我が子を産むのだ。だから、昔のドラマなどで反抗期の娘が、「勝手に産んだくせに」という捨て台詞を吐いた時に、母親が思わず娘の頬を平手打ちする場面があったが、それは歳を重ね、同じ境遇にならないとわかりえないと思う。場合によっては相当な難産で、母親が自分の命と引き換えに子どもをこの世に残すことだってある。

 ゆえに、母なる存在は偉大で、父親には絶対に負けないほどのありったけの愛情を我が子に注ぐ。子どももどちらかと言えば父親よりも母親になつくのはそのためかもしれない。それは学習というより本能的にそうなるのだろう。

 ところで、今回、「生きる意味」というタイトルにしたのは、毎年、様々な理由によって自ら命を絶つ方が後を絶たないことにある。「死ぬ気になれば何だってできる」と思うのは浅はかで、悩みはその立場に直面しないと到底理解できない。 他人から見れば些細で、大層なことに思えないことが、悩んでいる本人には死ぬほど苦しいことだってあるのだ。

  しかし、自身の半生を振り返ると、決して順風満帆な道のりではなかった。どちらかと言えば嫌なことが7割、嬉しかったことや幸せを感じた瞬間などは3割程度にすぎなかったと思う。様々な場面で、重荷やプレッシャーを背負って人間というのは生きている。途中挫けることもあったし、失恋や人間関係で悩み、仕事上のトラブルなどで逃げ出したいと思うことも多々あった。

 しかし、私は大学時代に或るミュージシャンの珠玉の一曲と出会って考え方を変えた。

 それは浜田省吾の「家路」という曲で、今でも私の人生のバイブルとなっている名曲だ。

 「Youtube」のコメント欄を見ると、自殺を考えていた人が、この曲を聴いて思いとどまったとか、あるいは身内を失い、どん底にいた自分を奮い立たせてくれたのがこの曲だったとか。とにかく生きる勇気を貰った人がいるのだ。

 私は20代の頭にこの曲と出会い、取り越し苦労と小さなことでくよくよしがちだった私に勇気を与えてくれた。

  悩みの大半は、人間は一人で生きているわけではなく、人とのしがらみの中で生きているため、窮屈なルールがあったり、人間関係のいざこざだったり、経済面や健康面などさまざまな制約を受けて、あるいは障害が立ちはだかった中で存在しているから起こり得るのだ。

 時として人は、他人と競争したり、優劣をつけたがる節がある。均等にバランスがとれた人など存在しない。誠実な人でも裏の顔は違ったり、恋愛中に気づかないことが、結婚し同居して初めて知る顔がある。金欲、出世欲、食欲、物欲、性欲など、人間は様々な欲求を持っている。それが満たされないと不満を感じたり、他にきつく当たったりする原因となる場合がある。何かにつけ人を「いじりたがる」人は、幼少期に何かしら満たされなかった感情が表に出た結果だと言えるだろう。仏教ではこれを「煩悩」と呼び、人は1年間に108もの煩悩を持つと言われている。すなわち、人は生きていく中でこの煩悩との闘いを強いられるのだ。

 よって悩みの無い人間など存在しない。傍目にはどんなに幸せそうに見える人でも何かしらの悩みを抱えて生きている。中には人には言えない大きな悩みもあるし、いっそのこと死んだほうがましだと深くもがき苦しむものもある。だから年間3万人程度もの人が自ら死を選んでしまう。
 だが、よくよく考えると、「輪廻転生」など存在しないように思える。自分の前世が何だったかなどは知る由もないからだ。したがって、せっかく知性や教養が高い「人間(ヒト)」として生まれて来た以上、「限られた80年ほどの一生をみすみす自ら断ち切っていいのだろうか?」と考えを改めさせられる。死んだ後、また同じ人間に生まれ変われる保証などどこにもないのだ。

 だとしたら、人間はこの世界に生まれてから、ずっと死に向かって歩み続けている。そう考えると、人間、一度死んだと思って、また人生をやり直すだけの方向転換があってもよさげだと思う。しょせん「対岸の火事」だと言われそうだが、一度失われた命は二度と戻らないと考えれば、自ら死を選ぶのは、実にもったいない話ではないのか。

 それに生きたくても生きられなかった命がある。戦時中は愛する人を守るために、この国を守るために若くして戦場に散った命がある。また、何も悪いことをしていないのに、先天的な病や障害を持って生まれ、間もなく失われた命もある。痛い思いを繰り返しながら、懸命に治療と向き合い、それでも白血病や脳腫瘍などに侵されて、周囲に惜しまれながら天国へ旅立った命もある。人としてこの世に生を受けながらも、人生経験も許されずに、この世を去った命。神はなんと無慈悲なのか。
 我が福島県にも先天的な染色体異常で障害をもって生まれ、たくさんの支援で臓器移植をしたものの、僅か数年で亡くなった赤ちゃんがいた。一方では、アイドルになることを夢見て、何度も手術を繰り返しながらも、自らの努力で夢をかなえ、ファンに笑顔を届けてくれた郡山市出身のアイドルもいた。しかし、思いは届かずに天に召された。彼女たちが私たちに命を以て遺してくれたものを私たちは受け継いでいかなければならないと思うし、決して忘れてはいけないと思う。


 「死んだ気になって」とか、「死ぬ気になってやれば何でもできる」という言葉もあるが、そんな死を選ぶからには相当の苦悩があるに違いないのはわかるが、生まれ変われない以上は、世界に、いやこの宇宙でひとつしかない尊い命を粗末にしてはいけないとう思いに突き当たる。神に選ばれ、母親の努力や苦痛の果てに生まれた命なのだから。

 私は特段、宗教に凝っている訳ではないし、それに傾倒もしていない。大言壮語をしてしまったが、これが人生の下り坂に入った私の実感であり、雑感でもある。

 ここで竹内まりやの「人生の扉」と「命のうた」の2曲をリンクしたい。

 誰もが老いは怖いが、歳をとることはそんなに悪いことじゃないと語りかけている。その年齢でしか出せない味があるし、年齢と共に命を愛おしく感じるようになる。余命いくばくもないなら、その命を大事にしようと実感する。要は、歳を重ねても余命を悟っても、まだまだこれからひと花もふた花も咲かせたいという思いのような気がする。 

 この2曲は、そんな私の心情や人生観を代弁してくれるようで大好きな歌だ。

 悩みも振り返れば、きっといい想い出になる。生きてさえいれば・・・。やはり天から与えられた命、自分から命を絶つのではなく、最期も天命に任せるのが、一番自然な死の迎え方だと思う。遅かれ早かれ、死というのは誰にでも等しく訪れる。それまでは人生を精一杯生きることが産んでくれた母親への最大の感謝だと思うのだ。

 不況や今回の新型コロナウイルスなどで失業者が増加すると、生活が行き詰まり、それに比例するかのように将来を悲観して自ら命を絶つ人が多くなる。また、学生においては、夏休み明けの9月1日に自死するケースが多いという。おそらく友人関係やいじめを受けたことで、学校に行きたくないことを誰にも打ち明けられず、発作的に電車に飛び込んだり、高いビルから飛び降りる事故が相次いで起きる。東京や大阪などでは、ほぼ毎週にようにどこかで人身事故が発生し、その度に利用者に支障が出ている。それは驚くべき数だ。

 そういう方は、本日記載した記事を読み、そして紹介した曲をぜひ聴いていただきたい。生きていればいつかは「あの時死ななくて頑張って生きて良かった」と思う時が来る。「命」と向き合い、命の重みを感じてほしい。今すぐではなくても、きっと良き理解者が現れると信じて・・・。 
 

2020年6月28日 (日)

今は亡き美少年俳優

 若い時分、美少年として鳴らした人気俳優の中で、夭折した方や今は亡き方をその懐かしい出演作品を振り返りながら、在りし日の活躍を偲びたい。

 1. 高橋良明

 1980年代後半に活動していた日本の俳優・アイドル歌手である。東京都出身。神奈川県横浜市で育ち、1984年(昭和59年)に児童劇団東京宝映に入所し、子役として芸能界デビュー。1985年(昭和60年)に出演したテレビドラマ『うちの子にかぎって2』(TBS系列)で人気を博し、1987年(昭和62年)には『オヨビでない奴!』(同)でドラマ初主演。また、同年11月21日には「天使の反乱」でアイドル歌手としてもデビュー。同楽曲はオリコンランキングの9位にランクインした。歌手デビューから1年間で発表したレコードの総売上は81万枚に達した
 1989年(昭和64年)1月5日夜、横浜市青葉区から川崎市麻生区にかけてオートバイで走行中、車道を横断してきた歩行者(中学生)に接触。バランスを崩して路上駐車していた自動車に激突、負傷した。事故後高橋は東京都稲城市内の脳神経外科病院に救急搬送された。4日後の1月9日(平成元年)には意識が回復したが、同月22日に容態が急変、意識不明となり、翌23日午前2時46分に死亡した。
 彼の死は当時の若い女の子たちに相当なショックを与えた。事故現場で花を手向けながら号泣する少女でいっぱいになった。私は伊藤健太郎とイメージがダブる。血液型はO型

Takahashiyosiaki

 2.  中川 勝彦

 日本のマルチタレント(ミュージシャン・歌手、俳優、声優)。東京都文京区出身。主に1980年代に活動した。娘は、同じくマルチタレントの中川翔子。血液型はA
 会社社長の長男として誕生し、裕福な少年時代を過ごす。文京区立第六中学校(生徒会会長を務めた)卒業後、1978年慶應義塾高等学校に入学し、そこでバンド活動を始める。また高校時代はフェンシング部に所属。1980年の高校3年の時に、NHK「ヤングミュージックフェスティバル」に出場し、デビューのきっかけとなる。映画『ねらわれた学園』や『転校生』などに出演し、人気を博す。
 1980年代前半の日本の歌謡界では珍しいヴィジュアル系アーティスト、日本版グラムロックアーティストとして、本田恭章と人気を二分した。美しいルックスとは裏腹に、気さくで腰が低く茶目っ気のある人柄で関係者に親しまれた。歌手や俳優活動以外にもラジオ(ヤンタン・キンド館)のパーソナリティーとしても活躍。
 1992年9月に急性骨髄性白血病を発症した。以後9か月の闘病生活を経て復帰するも1994年8月に白血病が再発し、32歳で死去。生きていれば58歳で、まだまだ活躍できた年齢だった。

 私は1986年に放送された日本テレビの年末大型時代劇「白虎隊」の沖田総司役の彼が最も印象に残っている。

Nakagawa

 3.  熊谷俊哉

 彼は1961年東京都生まれの子役時代から活動していた俳優。身長174cm、体重74kg。血液型はA型。
 12歳から子役として活動。のちに時代劇の所作指導を受けた常磐津三味線演奏家の常磐津文字兵衛に入門。俳優業の傍らで常磐津文紫郎として歌舞伎公演を始めとする数々の舞台に参加した。2015年1月2日に肝臓がんのため死去。53歳没。

 彼の出演作は何といっても1977年のNHK少年ドラマシリーズ。「未来からの挑戦」で美少年・飛鳥清明役を演じてから人気に火がついた。聡明でいて、それでいてミステリアスな雰囲気を醸し、若い女性を虜にした。私も中学1年の時、家庭用ビデオが無かった時代に、「未来からの挑戦」を見て、画面越しに写真(フィルム)を撮った覚えがある。それほど熱中したドラマだった。

Kumagai

 4. 佐藤祐介

 1959年生まれで東京都新宿区出身。東京都立代々木高等学校卒業
 1972年に新宿紀伊国屋に買い物に出掛けた際にCMディレクターの杉山登志に見出され、同年、資生堂のTVCMでデビュー。当時は郷ひろみのデビュー当時のような正統派の美少年として注目をされていた。
 俳優デビューはサンミュージックに所属した1974年から。当初は、青春を描いた映画やテレビドラマに多数出演し秋吉久美子や原田美枝子、桜田淳子などの相手役を務めた。その後は、『大岡越前』にレギュラー出演するなど、時代劇の映画や舞台で活動していた。
 1990年代後半に芸能活動を休止。
 私は俳優の千葉雄大を見るたびに、佐藤祐介を思い出す。死因は不明だが、今から10年前の2010年に亡くなられた。生きていれば今年、70歳だった。
Satoyusuke1

 5. 伊藤元太

 子役として活躍し、NHK「Eてれ」で放送中の「天才てれびくんMAX」などに出演し、「天てれ戦士」のひとりとして人気があった伊藤元太。彼の訃報はあまりにも突然だった。2016年8月31日、大学生になったばかりでこれからの活躍がより期待されていた矢先、友人と訪れた青梅市の多摩川で予期せぬ水難事故によって帰らぬ人となった。まだ享年18歳という若さだった。
 彼は2008年から2010年の黄金期に同番組に出演した。天てれ卒業後は、学業に専念するという理由で芸能活動を控えていた。見事、早稲田大学に合格し、亡くなった時は大学1年生だった。血液型はAB型

Itogenta

 当時、ファンだった方には彼らの訃報は衝撃的だったに違いない。あまりにも突然に天国に旅立たれた方がなんと多いことか。大のテレビ好きの私でも、根津甚八さんが亡くなっているとは今でも信じられないし、歌手の西城秀樹さん、コメディアンの志村けんさんの死も信じることができない。今でも生きている気がしている。芸能人の方とは生前も直接お会いできるような立場にはないが、ブラウン管を通して楽しましてもらった思い出は絶対に色褪せないし、尽きることはない。

 

2020年6月27日 (土)

エッセイの時間「遠い日の記憶」

 このエッセイは、2007年に私が作成し、旧ブログで掲載したものです。ぜひ、ひとりでも多くの方にお読みいただきたく、再掲載させて頂きます。

 「遠い日の記憶」

小学校の通学路にあった古ぼけた木造の駄菓子屋
決まり事のように店番をするのは割烹着姿のおばあちゃん
そこは子どもたちの溜まり場 いつも夕刻は自転車の列
小銭で一個から買える選り取り見取りのお菓子の山
そして籤で当たる多彩なおもちゃ そこは子どもの宝の在り処
そんな夢を育む場所で 僕には忘れようにも忘れられない過去があった

Dagashiya2

あれは小6の秋 いつものように学校帰り友達と駄菓子屋で待ち合わせ
おばあちゃんは いつも子どもたちの相手で忙しそう
それでいてどこか嬉しそう そんな日常の中で僕に魔の手が忍び寄る
その日どうしてもほしいカードを見かけた でもお金が足りなかった
僕はとっさに嘘をついてしまった 「この前の買い物の時お釣りが足りなかったよ」
そう言ってまんまと100円をせしめてしまった

家に帰って親の顔を見た途端 全身を襲う罪悪感そして虚脱感
僕はおばあちゃんを裏切った あんなに優しいおばあちゃんを

あの日から僕は後ろめたさから その駄菓子屋に行かなくなった 
帰り道もわざと遠回りして 次第に友達からも離れていった
その後 そのまま小学校を卒業し その店と反対方向の中学へ入った
だけど心の奥のどこかにそのことが引っ掛かっていた いつも・・・

高校入学後は 僕の心の傷も癒えて 部活に熱中する日々を過ごした
やがて東京の大学へ進学し親元を離れての生活 そしてそのまま東京に就職した
あの日の出来事は日常の忙しさの中で すっかり遠のいていた

Highschoolbaseball

仕事に就いてようやく お金を稼ぐことの大変さを身を持って知った
営業の帰りに信号で止まった車の中で ふと古びた駄菓子屋を見つけた
その時 遠くセピア色に色褪せた記憶が僕の脳裏に鮮やかに甦ってきた

「あのおばあちゃんはどうしているかな そうだあの日の過ちをお詫びにいこう」

Driver-cockpit

正月久しぶりに実家に帰省した 
その折 十五年ぶりに立ち寄ったあの日の場所
しかしそこに駄菓子屋はもうなかった 
建物は既に取り壊され 空き地と化していた

Akichi

近所の人に聞けば 駄菓子屋のおばあちゃんは今から十年前に亡くなり
元々ご主人とは戦争で死に別れ 身寄りがなく独りでお店を切り盛りしていたため
その店はその後町に引き取られ 今から五年前に取り壊されたという
知らなかった 何も知らずにいた そんな自分がやるせない

幼い日の記憶を手繰り寄せ あの日の出来事を追憶
空き地の前で呆然と立ち尽くし 涙がとめどなく溢れた 
遠い日の過ちを心から悔いた できることなら生きてるうちに一言謝りたかった

その空き地に分け入り おばあちゃんが立っていた場所を探し当て
折れた木の枝で穴を掘り あの日の100円をそこに埋め手を合わせた

100yen

「おばあちゃんご免なさい 随分遅くなったけどあの日のお金を返すよ」
「どうか安らかにお眠りください・・・」

ようやく今 十五年の時を経て 長年の胸の痞えがとれた
帰り道 涙が止まらなかった でも人として大切な何かを取り戻した気がした 

すると僕の心の中で おばあちゃんの笑顔が浮かんでは消えた・・・

Rearmirror

 さて、このストーリーは半分実話で、良心の呵責から、近所にあった駄菓子屋のおばあちゃんを想いながらしたためたものです。中には「お金を埋めることは犯罪です」などと考え、そんな挙げ足コメントを投稿したい方もいるでしょうが、昔話として穏やかな気持ちで読んでいただければ幸いです。 

2020年6月26日 (金)

過去の動物脱走劇

 最近、何者かが檻の金網を切り、中にいた猿70頭が脱走したというニュースがあった。猿ならまだしも、過去には人間に危害を加える可能性がある危険動物の脱走例があった。

 クロヒョウ

 1936 年(昭和11年)7月25日早朝、恩賜上野動物園で飼育されていたクロヒョウのメス1頭が脱走した事件である。脱走したクロヒョウは約12時間半後に捕獲され、特段の被害もなかった。

Leopard

 ベンガルトラ

  かつて「こち亀」に中で出て来た「寺で修行僧の脱走防止用に飼っていた虎二頭が放たれ暴走する」話があったが、それを地で行く出来事が昭和の頃、千葉県の山寺で実際に起きた。あまりにも物騒な出来事で、連日マスコミが中継し、付近の住民や小学校は厳戒態勢に包まれた。
 それは1979年8月2日に、千葉県君津市にある鹿野山神野寺から、当時飼育されていたオスとメスのベンガルトラ二頭が脱走した事件。虎は1ヶ月弱も脱走を続け、日本で発生した脱走事件の規模としては、過去類を見ないものであった。
 事件発生を受けて、警察は現地対策本部を設置し、警察官はもちろんのこと、機動隊や猟友会員、消防隊員なども含め、合計500人を動員させ、虎の行方を追わせた。寺がある君津市を中心に、虎の脱走を告げる有線放送が流され、一般市民には即座に外出禁止令が発令されたほか、交通規制も行われた
 事件当時、寺の周辺にはおよそ400人が集まっており、民家は80世帯ほど存在した。そのため、一般市民が虎に襲われたら一溜まりもないことは確かであった。市民達も戸締りをしっかりと行い、身を守った。
 結果的に8月4日にメスが射殺され、一か月後の8月28日にオスが射殺され事件は落着した。この脱走劇で飼い犬一匹が虎に食いちぎられて犠牲になった。

Tiger

 猿(チンパンジー)

 2016年6月14日午後1時20分ごろ、仙台市太白区の八木山動物公園で、チンパンジー1頭がおりから逃げたことに飼育員が気付いた。チンパンジーは、住宅街の電線を伝って逃げたが、午後3時10分ごろ、捕獲された。

Chimpanzee

 カンガルー

 2010年9月28日、滋賀県の移動動物園からカンガルー1頭が逃げ出しました。約5時間後、田んぼの中で見つかり捕獲されました。

 ライオン

 沖縄こどもの国では、これまでも動物が脱走事例があった。 1985年4月24日には、 ライオンの雌「トモコ」がライオン舎から逃げた。約2時間後、「人手で取り押さえることは難しい」との園の判断で、園内で県警機動隊に射殺された。

Lion

 ヒグマ

 2012年4月20 日に、秋田県鹿角市にある八幡平クマ牧場から、当時飼育されていたヒグマ6頭が脱走し、2名の飼育員が死亡した事件である。牧場の経営者らによるクマの飼育や管理などが不十分であったとして、刑事責任が問われた事件でもある。 事件発生時、ヒグマ用の運動場は、地下に掘られる形で高さ4.5 mの巨大な壁に囲まれていたにも関わらず、そこからクマが6頭も脱走した。現場に駆け付けた消防隊員らは、数頭のクマが次々に壁を飛び越して逃げ出す様子を目撃したという。これについては、運動場内において、壁に沿うように大きな雪山ができていたため、それを登って脱走に及んだとみられている。 6頭中2頭は餌場内に隠れるなどしたため、射殺は難航したが、午後4時に脱走したクマ6頭は全て射殺された。

Bear_20200614201701

 ツキノワグマ

 2015年10月5日、11月7日 沖縄こども動物園のツキノワグマの雌「美月」が展示場から2度逃げ出し、後に捕獲された。報道機関への公表が3日後になったため、周辺自治会などから批判の声が上がった
 

 サラブレッド馬

 今年5月25日午前11時ごろ、東京都品川区の大井競馬場から馬1頭が逃げ出し、約15分後に約1.3キロ離れた同区東大井1丁目の交差点付近でワゴン車と衝突する事故があった。警視庁大井署や競馬場によると、馬は出血した状態で保護され、競馬場で治療を受けている。 逃げたのはレースなどで競走馬を先導する誘導馬「セイントメモリー号」。現役時代は先行逃げ切りの脚質で活躍した。

 過去にもスーパーオトメ、ノボリハウツーが脱走したことがある。

 ニシキヘビ

 2017年1月に名古屋市の東山動物園から逃げ出したカーペットニシキヘビが、7か月ぶりに戻ってきた。
7月26日、昼過ぎになって自然動物館内の飼育スペースに戻っているのを動植物園の飼育員が見つけた。ニシキヘビの飼育箱があったところの隣の部屋では、水を入れたプラスチックケースで展示用の水生植物を栽培しているが、ヘビはその中にいたというのだ。   逃げ出したときは子供で、50センチほどだったが、倍以上の113センチに成長していた。

 ヒアリ

 厳密に言えば、これは脱走ではなく、東南アジアからの荷物に混入していた。ヒアリは殺人アリで、外国からの輸入コンテナに紛れて発見されることが多い。横浜港で確認されたというニュースがよく流れる。水際での排除が至上命令だ。

 脱走劇ではないが、過去、日本の動物園やサファリパークで飼育員が動物に襲われて亡くなる痛ましい事故が起きている。

 那須サファリパーク
  1997年に那須サファリパークにて飼育員の男性がライオンに襲われるという事件が発生した。映像は客が撮影したもの。 男性職員と女性職員の二人が獣舎の掃除をしていたところ3年間世話をしていたライオンに襲われた。 女性職員はなんとか逃げ出せたものの男性職員は背後から襲われ捕まってしまった。すすり泣く女性職員と男性職員の「あ~あ~あ~、痛いよ~」という悲痛の叫びが残っている。男性職員は重症を負ったものの命に別状はなかった。


 群馬サファリパーク
  1990年8月24日 - 朝の開園前に象舎からゾウを出す作業をしていた飼育係の男性(21歳)がオスのアフリカゾウ(推定25歳、体重約
6500kg)の鼻に巻かれて死亡。頭や胸の骨を折り即死であった。オープン以来初の死亡事故

  1997年8月2日 - 園内を走行中に乳児が泣いてむずがったため、60代の祖母が別の車に乗っていた母親に孫を渡そうと車を降りたところをベンガルトラに襲われ、助けようとした祖父も別のトラに襲われる事故があった。祖父母は共に死亡したが、孫は従業員が救助して無事だった。

  2016年8月16日 - 軽自動車で巡回していた女性従業員(46歳)がオスのツキノワグマ(5歳、体長約170cm、体重約110kg)に襲われ死亡。自動車の窓は開いており鉄製のパイプ格子1本が壊れていた。   

  九州自然動物園・・・2003年4月23日 男性職員が放し飼いのライオンに噛まれ死亡
  富山市ファミリーパーク・・・2005年3月26日 飼育係の男性がクマに噛まれて死亡
  富士サファリパーク 
   2005年10月25日 男性従業員がクマに襲われて1人死亡、1人けが
   2012年10月16日 母親のゾウが子ゾウを攻撃したため、飼育員5人が母子を引き離そうと柵の中に入ったところ、母親のゾウに襲われて
  ラオス人の飼育員が死亡。
  富士サファリパークはこれだけ立て続けに事故が起きている。管理体制が杜撰としか言いようがない。

  京都市動物園・・・2008年6月7日 檻を清掃中の飼育員がトラに襲われ死亡

  千葉県成田市の「湘南動物プロダクション」・・・2017年1月23日 檻の中に飼育員が入りライオンを洗体中に噛まれ2人が重症

  多摩動物公園・・・2019年8月25日 多摩動物公園でサイの獣舎で飼育員が倒れているのを同僚が発見 サイに襲われて死亡した模様

  鹿児島市平川動物園・・・2018年10月8日 ホワイトタイガーに襲われたとみられる飼育員が死亡した事故 事故当日の8日は一週間に一度のトラの絶食日だったという。

 さて、爬虫類や猛禽類、あるいは獰猛な肉食獣などは個人では飼うことはできないが、ワシントン条約に違反し、違法に輸入したはいいが、テレ東系の番組「緊急SOS 池の水全部抜きます」を見ていると、外来種があまりにも多いことに気づく。そして大きくなって飼いきれなくなり、無責任にも森や池、川などに捨てた結果、異常繁殖して在来種に危害を加え、結果的に絶滅危惧種になるケースが多い。カミツキガメ、ワニガメ、アリゲーターガーなどは日本中の河川で見つかっている。結果、生態系を変えてしまう。

 私はヘビやワニなどの爬虫類やサソリや毒グモ、あるいはフクロウなどの猛禽類などを可愛いと飼っている人が信じられない。ワニ革やヒョウ柄の服が大好きな人は前世がその動物だったに違いないと思っている。

 サファリパークでの事故はすべて不注意が原因で、避けられた事故だ。管理体制が杜撰だったり、甘かった結果、取り返しがつかない死亡事故を招く。脱走もまた然り。厳重に管理していれば、そうはやすやすと逃げることはない。同じ事件で人命が失われることだけは是が非でも避けて貰いたい。

 

 

2020年6月25日 (木)

福島県で見られる外国風景

 以前、旧ブログで「郡山にある世界遺産」なる記事を書き、それが「サタふく」にも取り上げられたことがある。今回は、我が福島県に於いて、多少なりとも外国の有名な景勝地や観光地の風景と似ているスポットをピックアップしてみた。

 1 ハリウッドの荒野と磐梯吾妻スカイライン(浄土平より高湯側500m地点の直線道路)

Hollywood
Skyline

 今年、SNSでアメリカのロサンゼルスにあるハリウッドの山岳風景が、福島県の「磐梯吾妻スカイライン」と似ていると話題になっている。浄土平の吾妻小富士から福島市側に下って700mほど行くとこの風景に出くわす。アメリカの荒野っぽいと評判で、バイクでツーリングや車でドライブしたいというコメントが殺到している。確かに真夏に、風に吹かれてバイクで吹っ飛ばしたい気分にさせてくれる一本道だ。

 2 セントヘレナ山と裏磐梯

SaintherenaUrabandai

 両者ともに共通点は大規模な噴火によって山の形態が大きく変わる「山体崩壊」を起こした点。両者共に活火山なので、またいつ噴火、あるいは爆発するかわからない。裏磐梯も常に噴煙をたたえている。スケールの大きさを思い知るし、自然の雄大さはもとより、得体の知れない力をひしひしと感じ取れる風景だ。

 3 カナダのワードハントレイクと浄土平の魔女の涙

Wordhuntlake
Majyonohitomi

 ここは福島市の吾妻小富士のある浄土平から西側の一切経山を登った先にある湖。その名も「魔女の瞳」と言われる。エメラルドブルーの湖面は酸性湖のため、生物は生息していない。紅葉シーズンは最高のロケーションとなる。蔵王のお釜にも似ている。どこかスイスにもありそうな風景だ。

 4 カッパドキアと郡山市「浄土松公園」きのこ岩

Kappadokia  
Kinokoiwa

 世界遺産のトルコ「カッパドキア」と郡山市の西部にある浄土松公園内にある自然の造形美の「きのこ岩」。どちらも天然の景勝地で、郡山のそれは「陸の松島」と称されるほどの威容お誇る。なぜこのような形状になったのかは不明だが、形はにょきにょきと地面からキノコが生えているかのようで、ちゃんと笠の部分もある。不思議だ。残念ながら風化が進んでいるのと、東日本大震災で一部が崩落し、今はきのこ岩に登ることはできない。私が幼少の頃は探検気分で岩のてっぺんによじ登れたし、かくれんぼをするのにも十分だった。 

 我が福島県には何を隠そう「国宝」はたった一つしかない。なのに、国立公園などは多く、雄大な自然には事欠かない。世界遺産にも決して引けをとらない大自然がそこにはある。名峰、磐梯山や安達太良山、そして吾妻山。日本で4番目の面積を誇る透明度抜群の猪苗代湖、そして温泉地も数多く点在している。観光にはもってこいのロケーションだ。ぜひ、我が福島県に観光で訪れていただきたい。

2020年6月24日 (水)

FTV「サタふく」はB型&O型で作る番組?

 毎週、欠かさず録画してまで見ている番組がある。それは毎週末の土曜日のお昼からFTVで2時間放送している「サタふく」。実は昭和59年から36年間も続く長寿番組だ。前身は「サタデーふくしま」で、地元密着の話題や役立つ情報をリアルタイムで伝え、視聴者からの話題も取り上げてくれるので、県内では数少ないローカルの人気番組だ。

Satafuku3

 その「サタふく」だが、面白いことに、歴代の出演者の血液型を検証すると、B型が6割でO型3割、日本人で最も多いA型はたったの1割という結果が得られた。私は、個人的に沖縄県出身の我如古莉乃アナウンサーは、てっきりO型だと思っていたら、6月18日(木)のFTVテレポートプラスの中で、自らB型だとカミングアウトした。

 では主だった歴代出演者の血液型を列挙したい。

 現在の出演者

 野村浩二・・・O型(江戸むらさきメンバー)
 我如古莉乃・・B型(沖縄県出身 元NHK)
 伊藤亮太・・・B型(山形県出身)
 浜中順子・・・B型(浜ちゃんぽ)
 白鳥久美子・・B型(月イチゲスト) 
 植木安里紗・・B型(月イチフェスタ中継)
 アイドル鳥越・O型(MCの野村と同じ事務所で過去2回出演)

 現在の出演者はB型5人、O型2人だ。他にも「福てれチョイス」の出演者(笠原咲紀さん・小林愛さん・遠藤栞さんなど)はいるが、VTR出演のためにこの記事では割愛させて頂きたい。アナウンス部長の浜中アナがB型だからなのか、なぜかB型主流の番組にはA型は入り込めないようだ。FTVでA型は、天然っぽいが、実は慶應義塾大学法学部卒で、足も速い八重樫葵アナがいるが、この番組には縁遠い。

Ftv_20200622170901

 次にここ5~6年の「サタふく」番組MC陣を検証したい。

 名和田知加・・・B型(現在フリー)
 藺草 英己・・・B型(現在は社内のコンプライアンス担当)
 延増 惇   ・・・B型(現在はテレビ朝日記者)
 岸野 文絵・・・B型(退社)
 神谷美寿々・・・O型(退社 茨城県在住)
   福盛田 遥・・・O型(現在ミヤギテレビアナウンサー)

 と、やはりB型とO型で占められており、A型もいることはいるが、鈴木康一郎(現在・中京テレビ)と長澤彩子(現在フリー)の2人しかいない。松永安奈アナ(A型)と小田島愛アナ(O型)は代役で1回MCを務めただけなのでカウントしない。

 なぜ、FTVはB型とO型が主流なのか?それはネットしている系列のキー局がフジテレビという特性がある。昔からこの放送局はアットホームでバラエティや月9などのドラマに力を注いできた。A型は真面目だが、オーソドックスで型にはまりやすく、どちらかと言えばニュース報道向き。アドリブが者を言う「バラエティ」には向かない。O型はオールマイティなのでニュースにもバラエティにも多用できる。
 FTVで血液型が判明している他のアナウンサーは、報道局の部長に昇格した坂井有生アナがO型、出戻りで広島から帰って来た豊嶋啓亮アナはB型、いつも元気印でスポーツ大好きの姉御肌・長谷川朋加アナはO型、日野佑希人アナはO型、気象予報士の斎藤泰紀氏はO型。中央大学法学部卒のエリート、菅家ひかるアナ、元ミス福島大学で郡山から「Catch!」で情報を伝える幡谷明里アナ、現在産休育休中の寺本緒麻里アナ、浜っ子でイケメンの矢崎佑太郎アナは不明。やっぱりA型は少ない。

 そして、なぜ土曜お昼の「サタふく」が毎回、B型とO型がこぞって起用されるのかは、ひとつはFTV自体がB型主流の人事を行っていることも一理あるが、B型はもともと、台本通りの決まったスタイルを嫌い、アドリブ先行で、自由奔放、バラエティ向き。だからニュースではなく、情報バラエティの「サタふく」MCに起用されたのだと思う。
 冒頭で記した通り、この番組は中継での思いがけないハプニング有り、「藺草英己の自転車でGO!」などは行き当たりばったりの珍道中が視聴者の笑いを誘った名物コーナーだった。明るく元気いっぱいだった名和田アナとの掛け合いは最高だった。
 また、「自転車でGO!」に毎回同行していた影の声のディレクター(現在はプロデューサー)も、時々タイガーマスクのマスクをかぶり登場したが、彼の方針も真面目一方を嫌うB型寄りの印象がある。

 ネアカで楽天的、前向き、そして自分自身が一番好きで裏表や屈託のない性格が「サタふく」には必須なのだと思う。B型は好奇心旺盛で、凝り性なのでいろいろなことに飛びつく。アンテナや情報量も豊富で、何より発想や言葉選びが卓越している。つまり話が面白いし、リアクションもユニーク。明石家さんまのように、話し上手で話題に事欠かず、どんなコメントもウケる。そういう面が「サタふく」MCとしては最適なのだと判断できる。

 ここで蛇足だが、私はB型同士は運命共同体なので、もしかすると伊藤亮太アナは我如古莉乃アナと、あるいは中継を一緒にやっている縁で植木安里紗さんと結婚まで行くのではないかと勝手に予想している。伊藤アナとおふたりの息はぴったりで、まだ恋愛感情はないかもしれないが、何かのきっかけでタイミングよくゴールインすることもあるかもしれないと踏んでいる。

  私は旧ブログで、テレビ番組、特にバラエティ番組の出演者は、同じ血液型同士で群れるという趣旨の記事を書いたが、まさにその通りではないか。「めざましテレビ」のようにO型がMC(三宅アナ)を務める番組はO型で固める傾向があるし、「ミヤネ屋」やこの「サタふく」もB型で固めている印象がある。浜中アナウンス部長を頂点にダブルMCに伊藤・我如古のB型ペアを組み、芸人の野村さんを緩衝材として据えることで話術が冴え、活性化する構図が見て取れる。それにB型は個性や我が強く、人をイジる傾向があるので、同じ血液型で揃えた方がそのほうが進行もやりやすいのかもしれない。

 最後に、ひとつ気になっているが、もしかして番組制作者は私のブログを参考にしているのではないかと思える節がある。私がブログで取り上げた場所を、間を置かずにそこが取り上げられて、被って放送されることが何度かあった。それならそれで有り難い。

«福島県内で動物とふれあえるスポット