2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2020年12月 5日 (土)

ビッグスクーター購入の続報④(納車後11/29~)

 前回、「納車編」をお送りしましたが、春先の本格始動までまだまだ時間が有り余っているので、シーズンオフの今、バイクのメンテや購入物、バイクいじりに関する出来事を、備忘録として綴っておきたいと思います。

 11月29日(日)

 この日は「赤口」だったため、昼の12時近くに「開成山大神宮」に出向き、「交通安全の御守り」を購入した。七五三のお参り家族が5~6組いて込み合っていた。500円。その後、島のベニマルの2階のダイソーへ。とにかく広く、品揃えが半端ない。しかし、ここも人込み。

 午前中に八山田のダイソーに行き、品切れだった「2.5mのゴムロープ」と「マジックテープ」を購入した。220円。

 帰宅後、バイクカバーを外してバイクいじりに没頭。まず、イモビアラームの解除方法をマスターし、作業中、アラームが鳴らないようにした。

 まず、車体のキズの補修。車のタッチペイントでバイクのカウルの白部分のキズを塗ったが、イマイチ色が合わず。逆に目立ってしまう。

 また、黒い部分は黒の油性マジックでなぞった。昨日、接着剤で補修した部分は頑丈にくっ着いていたが、バイクの振動に耐えられずに落ちてしまうとマズイのでガムテープで補強。本当は黒いシールを貼りたかったが、どこの100均に行っても黒一色のシールは売っていなかった。また、リアボックスに付いた赤い擦り傷は、100均の「激オチくん」で擦ったら綺麗に落ちた。

Img_8204_rImg_8205_r

 傷は車体の右側に集中していた。たぶん、立ちゴケか何かで倒してキズを入れたように思える。走行中の転倒だと、もっとダメージは大きい筈だ。

 続いて開成山大神宮で購入した御守りを左のグローブボックスの内側に両面テープで真っすぐな角度で装着した。これで事故を回避してくれることを祈りたい。

Img_8208_r

 次に、インジケーターパネルの時刻合わせを実施。すると突然に市外に住んでいる娘が軽自動車で登場。私が買ったバイクを見に来たらしい。いつも神出鬼没だ。娘もまた半年前にバイクを購入。しかも私が中古で我慢しているのに、「ヤマハ」の「MT25」を新車で購入し、乗り回していたのだが、11月に車庫入れし、冬ごもり。バイクを説明するのに作業中断。

 
 ここでまたしても心配の種。運転席の左奥のダッシュボード上に4つの穴が開いていたのだが、たぶん前のオーナーが何かの機器を装着し、それを取り去った跡っぽい。もしかして、ここにETCの受光部(アンテナ)がビス留めしてあったのでは?しかもカードを入れた時に赤色から緑色に光って正常受付を示すインジケーターもどこにも見当たらない。グローブケースの中に、カードを入れるETCの本体はあったので、日本無線製のJRM-11の車載器具管理番号をメモしたついでに、試しにETCカードの向きに苦慮しながらも入れて蓋を閉めてみたが、なんの音沙汰もない。カードを受け付けたのかどうかも不明。外観からは受光アンテナやインジケーターが見えない。前オーナーが外してしまったのでは?となるとETC本体はただの箱?もし不具合があると、ゲートが開かず料金所で立ち往生、後ろは大渋滞という懸念も・・・。

 春になったらバイク屋に持ち込んで、ETCの再セットアップしてもらう際に、どこにあるか確認して貰うと同時に、ちゃんと作動するか見てもらうことにする。もしバイクから外されて撤去されてあれば、再セットアップしても役目を果たさない。再購入&再設置となってしまう。ETCが付いていたから購入したのに、それも無駄になる。
 整備手帳に前の持ち主の方の名前と住所が記載されてあったので、直接問い合わせてもいいが、やはりトラブルの元になりそうなのでそれは自重したい。

 その他では、メットはFAZEのシート下は狭くて、フルフェイスだと横向きじゃないと入らないと散々酷評されてレビューなどに掲載されていたが、私のLサイズのジェットヘル(シールド付き)はそのままメットインでき、シートにぶつかることもなく、ジャストサイズだった。一応プチプチシートを緩衝材代わりに丸めてセット。

Img_8203_r

 続いて、グリップヒーターのスイッチを試しに入れてみたら、ほんのり温かい。これは有り難い。何せ35年前、北海道に住んでいた時に、ツーリングして各地を周った際には指先が悴むなど「バイクは寒い」という印象しかなかったからだ。

 また、「ユピテル」のナビは、取り締まり無線を感知はするが、レーダー探知機との連動は別売りで揃えないと使えない機能らしい。ナビの地図も首都圏しか市街地図を表示出来ず、その他の都道府県は広域表示のみ。しかも画面が4インチで小さくて、走行中は見れない。ルート検索で迷子にならない程度の確認しかできないようだ。

 さて、納車翌日から、届いたら届いたで、あれこれ不安材料が押し寄せている印象。まぁ前オーナーがいろいろとカスタムしているため、徐々に慣れるしかない。

 12月1日(火)

 この日は午後休暇。13時台にカバーを外してバイクいじり。

 ①ETCのインジケーター探し。するとナビの右下にあった。試しにガードを挟み込んだら、赤ランプが緑ランプに変わった。動作を受け付けたようだ。しかし、肝心のアンテナ受光部が外観からは見当たらないまま。

 再セットアップのために車載器の番号を写メした。

 ②ナビの自宅を登録。バイク屋の横浜市のままだった。苦戦したが、マニュアルで解決。何度もエンジンをかけたり切ったりしてせわしい。

 ③ナビにカバーを着ける。退勤時、エスパルのセリアに立ち寄り、合いそうな代用品(A5クリアケースとペットボトルカバー)と灰色の2mのゴムロープを買っておいた。作業終了後、旅先のホテルから持ち帰ったナイトキャップを思い出し、探し出してそれを雨よけに被せ、その上からペットボトルカバーを二重に被せた。

 ④バイクカバーを被せた後、買ってきたロープで縛り、カバーが風で飛ばないように結わえた。

 その他、右側のインナーボックスの上の黒色の塗装が剥げて白くなっていた。油性黒マジックでペイントが必要。

 12月2日(水)

 この日も13時45分から休暇を取る 年末で切れる有給休暇があと7日程度残っている。もったいないので、午前中は勤務し、午後に退勤。
 
 14:25~15:35にまたバイクいじり。本日の作業は以下の通り。 

 ① トリップAとBをゼロに
 ② 本日、セリアで購入した黒のアクリルの窓ありカバーをナビにかぶせようとしたらチャック一発で壊れる
 ③ 本日、セリアで購入した黒色のテープでフロントフォークのカウル割れ修繕
 ④ 油性マジックでインナーボックス右上の外側の禿た部分をなぞる
 ⑤ ナイトキャップ、昨日のペットボトルカバー、今日買ったストライプの巾着で三重に覆い、ナビを保護
  
 バイクのカウルの中などを散々探すが、ETC受光部アンテナ見つからず。そして今日、セリアで買った商品6つのうち4つは使えず。使ったのは黒テープとストライプ巾着だけ。無駄遣いが続く。「安物買いの銭失い」状態だ。

 バイク購入後の悪戦苦闘はまだまだ続きそうです。

 12月3日(木)

 この日は、リアボックスの合鍵を作れる店を探す。朝、7時に出勤し、特殊カギでも複製してくれる店を探したところ、近所の八山田にある「さんかけや」という鍵屋さんが見つかる。合鍵を写メし、メールで送って、合鍵作製できるか問い合わせ。返信なし。
 仕事終わりの16時10分頃、直接お店へ。すると私が送ったメールの写メをA4サイズに拡大してプリントアウトし、合いそうな丸裸のカギを3本用意して待っていた。お店のおばさんが良い人で話が弾んだ。話をしながらでもものの5分で完成。税込み1,100円で合鍵を作れた。カインズで、作れないと断られたが、やはり専門業者(プロ)は一味違う。いとも簡単に作ってしまった。メーカーに問い合わせる必要もなかった。
 帰宅後、合わせてみたら一発で開閉できた。すぐにお店にTELし、褒めたたえた。

 さて、明日の記事ですが、特殊な事情により18時以降の更新とさせていただきたいと思います。

 

2020年12月 4日 (金)

北海道の想い出話

 北の大地「北海道」。私が第二の故郷と思ってやまない場所だ。1984年4月から1986年3月までの2年間、住民票こそ移さなかったが、間違いなくそこに住んでいた。梅雨のないカラッとした夏も、そしてマイナス20℃を下回るような極寒の冬の厳しさも、積雪2m以上の豪雪も身をもって体験した。

 しかし、1年目の秋、2年目の春~夏に、暇さえあれば250ccのバイクを乗り回していた私だが、天気には見放されていた。それが証拠にツーリング中に撮影したスナップ写真を見ると、空はどんより曇っているか、カッパを着ているものばかりだ。そして寒いという印象しかない。
 6月に訪れたオホーツク海沿岸の町、雄武町では、立ち寄ったGSでストーブを焚いていたし、道東はほとんどが濃い霧に覆われていた。

 よほど運が悪いと思ったのは、私が外に出かけようとしてバイクにまたがると、それまで快晴青空だった天気が、急に曇り出し、雨が降り出す始末。そんな出来事が2度3度どころか毎回、そんな感じだった。ここまで来ると嫌がらせや呪われている印象を受けた。

 また、28歳の時、失恋の痛手を癒そうと原点に立ち還るつもりで1,992年にCBRで訪れた北海道一周ツーリングでは、真夏だったために薄着で走行中していたら、風邪をひき、高熱と下痢に見舞われ、滝川市内の病院に駆け込み、薬を飲みながらツーリングを続けた苦い経験がある。  

 不思議な縁で、現在、仕事の関係で札幌市に息子が3年間住んでいる。私の息子も移住後、奇妙なことが続いている。北海道に住んですぐに、北海道を大きな地震(胆振東部地震)が襲った。厚真町鹿沼では、大規模な山崩れが発生し、多くの被害が出た。息子の居住地の札幌では、隣接する清田区で、道路がうねり、住宅が傾くほどの被害を受けた。また、ほどなくして息子のアパートと直線で500mも離れていない不動産屋でスプレー缶の爆発事故が起きた。そして今は、札幌がGOTOトラベルの一時停止になるほどのコロナ感染が猛威を震っている。

 しかも札幌駅近くの勤務地まで朝夕、勤務で地下鉄南北線を使い、途中、「すすきの駅」も停車する危険に見舞われている。やはり親と同じ境遇にあるのかもしれない。

 しかし、バイク以外で仕事や慰安旅行、新婚当時、家内と車で出かけた時は、一切天気に裏切られたことはなく、7年前と昨年、ひとり旅で飛行機で往復し、現地はレンタカーであちこち周遊した際には天気も大丈夫であった。なぜかバイクだとレインコートのお世話になるという変なジンクスに見舞われていた。

 では、私が北海道をバイクや車で周遊した旅を順追って紹介したいと思います、なお、これは備忘録のために掲載するもので、多少なりとも何かの参考にしていただけたら幸いです。発着地は私が当時住んでいた札幌のベッドタウンの「岩見沢」です。

 1「伝説の地積丹半島と函館散策」1984.9.14~9.16

  ①岩見沢―札幌―小樽―余市―積丹半島(島武意海岸・神威岬)積丹ユース泊 
  ②積丹(念仏トンネル・水無立岩)―余市―岩内―弁慶岬―厚沢辺―函館(夜景)―湯の川温泉・ユース北星荘
  ③函館(街散策)―大沼公園―長万部―洞爺湖―室蘭(地球岬)―苫小牧―札幌―岩見沢

Touring6

 2「札幌ジャンプ台と登別クマ牧場周遊記」1984.10.7

  岩見沢―札幌(大倉山・宮の森シャンツェ)―定山渓―中山峠―大滝村―オロフレ峠―登別温泉(クマ牧場)ー苫小牧ー支笏湖―札幌(藻岩山夜景)―岩見沢

 3「道東~まだ見果てぬ夢」1984.10.12~16

  ①岩見沢―旭川―北見峠―サロマ湖―常呂・ペンション船長の家泊
  ②常呂―網走―美幌峠―摩周湖―屈斜路湖(硫黄山・砂湯)―宇登呂泊
  ③知床五湖―知床横断道路―尾岱沼(トドワラ)―厚床―根室・玉屋ユースホステル泊
   ④納沙布岬―中標津(開陽台)―阿寒湖―足寄(松山千春生家)―池田(ワイン城)・まきばの家泊
   ⑤帯広―愛国・幸福駅―狩勝峠―布部駅―麓郷の森―富良野―上砂川(悲別)―岩見沢

 4「運河に映える街小樽と夕日に染まる石狩浜」1984.11.4

  岩見沢―札幌―小樽(日銀・運河・手宮洞窟・江差追分歌碑展望台・小樽駅・旭展望台・小樽公園)―銭函駅―石狩新港―石狩浜―当別―岩見沢

 5「初滑り」1985.1.20

  岩見沢―バス―萩の山市民スキー場―岩見沢
 
 6「TVドラマ 昨日、悲別で、上砂川駅とロマン座散策」1985.2.5
    
   岩見沢―バス―砂川―上砂川駅―バス(悲別ロマン座)―歌志内駅―汽車―砂川―バス―岩見沢 

Romanza

 7「FIFAワールドカップジャンプ札幌大会90m級と第36回雪まつり 1985.2.10
 
  岩見沢―札幌(大倉山シャンツェ・秋元正博優勝・真駒内公園雪まつり会場・すすきの氷まつり・大通り公園会場・TV塔・時計台・旧道庁)―岩見沢
 
 8「昭和60年冬 道東回遊旅行」1985.2.15~2.18 

  ①岩見沢―札幌―電車車中泊 
  ②釧路駅―バス―丹頂の里(丹頂鶴観測センター)―阿寒湖(湖畔・ボッケ)―阿寒ビューホテル泊
  ③阿寒湖氷祭り―美幌駅―網走・流氷バス(刑務所・トーフツ湖・能取岬・流氷見物)―電車―岩見沢

Ryuhyo

 9「ダート地獄と迷い道の60年初ツーリング」1985.4.14

  岩見沢―石狩月形―新十津川―浜益村―厚田村―当別―新篠津村―岩見沢
 
10「北海道の歴史 森林公園とハイジ牧場漫遊」1985.4.21

  岩見沢―江別―野幌森林公園(開拓記念塔)―広島町―長沼町(富士戸堰堤・ハイジ牧場休園)―由仁町―岩見沢

11「支笏湖遊覧 VTvs AR」1985.4.29

  岩見沢―由仁町―千歳(駅・サントリー工場)―支笏湖(湖畔・展望台・ポロピナイ・福島県民連絡所)―オコタンペ湖―札幌(羊ヶ丘)―岩見沢
 
12「札幌観光ツーリング(恋の町札幌)」1985.5.4

  岩見沢―江別―札幌(サッポロビール園・紀伊国屋・大通公園・時計台・旧道庁・北大ポプラ並木・大倉山&宮の森シャンツエ・中島公園・すすきの・ラーメン横丁・狸小路)―江別―岩見沢

13「洞爺湖一周 RZvsVT 暴走日記」1985.5.12

  岩見沢―札幌―中山峠―洞爺湖畔(武四郎坂・桟橋・烏帽子岩・キムンドの滝)―昭和新山・有珠山―洞爺湖畔(湖園地・浮見堂・観湖台)―定山渓―札幌―岩見沢

14「炭坑事故に沈む夕張探索ルポ」1985.5.28

  岩見沢―上志文(萩の山市民スキー場)―万字―丁未風致公園―夕張(メロン城・石炭の歴史村・駅)―清水沢―南大夕張炭鉱―シュウパロ湖―滝の上(千鳥滝・竜仙峡)―由仁町―岩見沢
 
15「滝群と奇岩高層壁が入り乱れる大自然の驚異 層雲峡」1985.6.1
   
  岩見沢―旭川―層雲峡(万景壁・白蛇ノ滝・温泉街・流星の滝・銀河の滝・双瀑台・雲井ノ滝・小函・羽衣岩・姫岩・神削壁・錦糸の滝・岩間の滝・小函トンネル・ライマンの滝・大函隧道・大函)―大雪湖ダム―旭川―岩見沢 

16「日高・十勝地方巡回記」1985.6.15~16

  ①岩見沢―鵡川―門別―新冠(日本一長いすべり台・泥火山・牧場銀座・明和牧場ハイセイコー)―浦河―様似―日高耶馬渓―襟裳岬・悲恋沼・百人浜)―黄金道路―フンベの滝―広尾町(駅・大丸山ツツジ公園)―広尾シーサイドでキャンプ泊
  ②広尾町―幸福駅―帯広―十勝ヶ丘(世界一の花時計)―糠平湖―然別湖―清水町―日勝峠―日高町―平取村(UFOピラミッド)―穂別町―清水沢―由仁町―岩見沢

Touring3

17「今、忘れえぬ夢を探し求めて~道北二泊三日のひとり旅」1985.6.26~6.27

  ①岩見沢―砂川―留萌(千望台・黄金岬)―羽幌―天塩―サロベツ原生花園―兜沼―稚内・ホテル北海泊
  ②稚内(駅・ドーム式堤防・稚内公園・展望台・氷雪の門・9人の乙女の碑・百年記念塔)―ノシャップ岬―抜海(港・抜海岩・駅・原生花園・砂丘)―南稚内―宗谷岬(日本最北端の地碑)―浜鬼志別(風雪の塔・インデギルカ号慰霊碑)―クッチャロ湖―斜内山道―ウタタイベ千畳岩―雄武町―紋別(泊)
  ③紋別(駅・流氷展望台)―滝ノ上(滝上警告)―岩尾内湖・ダム―朝日町(三望台シャンツェ)―士別―朱鞠内湖―幌加内―旭川(スタルヒン球場・旭橋・買物公園・外国種見本林・優佳良民織工芸館)―神居古潭(吊り橋・駅跡・SL・岩)―赤平―ロマン座―上砂川―岩見沢

Touring2

18「富良野ラベンダーと天人峡温泉漫遊」1985.7.16

  岩見沢―砂川―芦別―富良野(ジャンプ台・北海道中心標・駅)―中富良野(森林公園)―上富良野(日の出ラベンダー園)―十勝岳―望岳台―白金温泉―天人峡(涙壁・羽衣の滝・敷島の滝)―旭川―滝川―岩見沢

19「1985年熱い夏 Part1~道東ひとり旅全記録~」1985.7.20~24

  ①岩見沢―旭川―比布駅―層雲峡(大雪湖・石北峠)―留辺蘂―サロマ湖(ピラオロ台・サンゴ草群生地・キムアネップ崎)―常呂(夕日ヶ浜)―能取湖(卯原内駅)―網走湖―網走(刑務所・天都山オホーツク流氷館・網走監獄博物館)ビジネスホテルあばしり泊 
  ②網走(永専寺・駅)―美幌町―美幌峠・屈斜路湖(池の湯・砂湯)―硫黄山―小清水原生花園―斜里―オシンコシンの滝―宇登呂(三角岩・港・酋長の家)―知床五湖―ワムイワッカの滝(野天風呂)―知床峠―羅臼(ビジネスホテル泊)
  ③羅臼(望郷台・ひかり苔洞窟―標津(北方領土館)―野付半島(ナナワラ・トドワラ)―中標津(開陽台)―別海町―厚床―落石岬(無線局跡)―花咲港(車石)―根室 ビジネスホテル泊
  ④根室(駅・金毘羅神社)―納沙布岬(四島のかけ橋・北方館・望郷の家)―根室駅―浜中町―霧多布(森林公園展望台・岬・琵琶瀬展望台・あやめが原)―厚岸町(国泰寺・アイカップ崎・大橋)―釧路(幣舞橋・米町展望台・市立博物館・春採湖)―釧路湿原―塘路湖(ザルボ展望台)―標茶―弟子屈 泊
  ⑤弟子屈―摩周湖(第一・第三展望台)―双岳台―双湖台―阿寒湖(ボッケ)―オンネトー―足寄(駅・千春の家)―上士幌―鹿追―新得―狩勝峠―富良野―砂川―岩見沢

Touring4Touring5
  

20「1985年熱い夏 Part2~帰路」1985.8.5~7

  ①岩見沢―苫小牧―室蘭―長万部―八雲―熊石―江差(鴎島・えぼし岩)―上の国―松前テント泊
  ②松前城―白神岬―木古内―トラピスト修道院―函館(教会群・立待岬・函館山山頂)~東日本フェリー~青森フェリーターミナル ねぶた祭り見物 フェリーターミナル泊(雑魚寝)
  ③青森フェリーターミナル―黒石ねぷた―十和田湖―奥入瀬渓流―十和田町~4号線~盛岡―水沢IC~東北自動車道~国見IC―福島―本宮―郡山

 

 北海道在住の2年間で私が実際に走ったルートは下の地図の通り

Hokkaido

使用したバイク VT250F(初期型)

Vt_20201202185401

 旅の記録をしたためた「ツーリングノート」北海道編だけで5冊、慶應義塾大学在学中に東京を拠点として巡り、書き溜めたノートは8冊に及んだ。

Touring-note


21「本当の自分探し HEART BREAK TRAVELER」1992.8.1~9

  ①郡山―高速道路―青森~東日本フェリー~函館 ビジネスホテル泊
  ②函館(朝市・倉庫群・旧函館公会堂・立待岬・教会群・函館山中腹)―弁慶岬―岩内―小樽フェリーターミナル公園 テント泊
  ③小樽(運河・北一ガラス)―札幌(大通り公園・TV塔・大倉山シャンツェ・旧道庁・時計台・ラーメン横丁)―岩見沢(アパート・大学訪問・駅)―滝川 三浦華園泊(高熱)
  ④滝川(通院)―留萌―日本海ライン―稚内(ノシャップ岬・駅・公園・防波堤ドームにてテント泊
  ⑤稚内―宗谷岬―クッチャロ湖―サロマ湖―網走(刑務所・能取湖)ビジネスホテル泊
  ⑥網走―知床(オシンコシンの滝・知床林道・カムイワッカの滝)―知床峠―羅臼(国後島)―開陽台―摩周湖(裏摩周展望台)―美幌峠(屈斜路湖展望)―屈斜路湖畔―美留和駅にて野宿
  ⑦屈斜路湖―阿寒湖―足寄―士幌―鹿追―新得―狩勝峠―トマム―日高―苫小牧ビジネスH泊
  ⑧苫小牧―洞爺湖―長万部―函館~東日本フェリー~青森 ビジネスホテル泊
  ⑨青森―高速道路―郡山

Touring1

 使用したバイク CBR250RH(ハリケーン)

Cbr250rh

 一番の想い出は、当時運航していた「青函連絡船」に6回も乗船できたこと。郡山を夜の7時台に出発する夜行急行の「八甲田」や「津軽」で真夜中に青森駅に到着。そこで青函連絡船に乗り換える。津軽海峡は夜中に渡ることが多かった。「羊蹄丸」「八甲田丸」「大雪丸」「摩周丸」「十和田丸」などに乗船を果たした。現在「八甲田丸」は青森港に、「摩周丸」は函館港にメモリアルシップとして展示。
 私が一番多く乗船した「羊蹄丸」は一時期、船の科学館に展示されていたが、その後、香川県に曳航され、宮地サルベージ岸壁にて解体された。

Tsugaru

Seikanship

 ではここでかつて私がHPの中で掲載した「青森行き夜行列車」と「青函連絡船」への思いを綴った詩を二編どうぞ

  ① 夜行列車の汽笛を聞きながら

  ② 津軽海峡の空に燃ゆ~哀愁の青函連絡船~

 これ以外にも電車(1993秋)、車(1994夏・家内)、電車(2003真冬)、車(2013)、車(2019)と5回、北海道を訪れ、北海道内の旅行と言えるものは26回経験した。
 でも奥尻、焼尻&天売島、礼文&利尻島などの離島は一度も訪ねる機会がなかった。もしかして最も多く行ったのは「昨日、悲別で」のロケ地となった上砂川で、たぶん5~6回は訪れていると思う。
  
 最近は、歳を重ねて以降、好きになった高倉健さんの映画のロケ地を回ることが多くなった。網走、夕張、小樽、そして幾寅(幌舞)駅だ。

  私が 北海道に在住していた頃には、北の国からのレギュラー放送が終わったばかりの頃で、1984年夏では、タイムリーにロケ地を回ることができた。1985年にラベンダー畑を訪れた際には、ちょうど「北の国から」の撮影が行われていた。

 次に訪れる際には、35年近くご無沙汰の納沙布岬や霧多布周辺をぜひ訪れたい。そしてほとんどがトンネル化してしまった黄金道路の旧道を探索して来たい。加えて、当時、まだ生存していたハイセイコーとの対面を果たしたように、サラブレッドたちの故郷である日高の牧場をゆったりと周りたい。
 そして、往年の名馬のお墓参りを実現したいと思っている。例えば、トウカイテイオー(安平町の社台スタリオンステーション・グリーンテラス)、オグリキャップ・ナリタブライアン(優駿メモリアルパーク)、そして去年亡くなったディープインパクト(社台スタリオンステーション)などが挙げられる。
 私自身は大学1年生の時に活躍していた皇帝シンボリルドルフが大好きだったが、彼の墓は千葉県成田市のシンボリ牧場にある。

 さて、バイクを購入し、20年以上の長い時を経て、北海道ツーリングへの思いは募るばかりだが、北海道に行く時には必ず立ち寄りたい場所が昨年できた。それは富良野駅前にある喫茶「我夢舎楽(がむしゃら)」のマスターに会いに行くというものだ、北海道旅行で2時間も長居したのは初めての経験で、そこのマスターが煎れるコーヒーは絶品で、カントリーサンドも一度口にしたら忘れられない味だ。それよりマスターのほのぼのとした性格が旅人の心を癒してくれる。ひとあたりがよく、話好き。決して自分の考えや意見を押し付けない寛容さ。彼を慕い、毎年、本州から訪れるお客さんも多いし、壁一面に貼られ、毎年貼り返るほど届けられる年賀状の数に、その人柄が表れている。今年は「コロナ禍」で、夏に胆石による胆嚢摘出手術・入院という突発事故もあり、自制して遠出はしなかった。たぶん県外に出たことも一度もなかった。

 

 定年を迎える前の収入があるうちに、周囲に迷惑をかけない範囲でやれるべきことはやっておこうと考える今日この頃だ。

2020年12月 3日 (木)

福島県のよもやま話

 2020年の「全国住みたい都道府県ランキング」で我が福島県は屈辱の最下位となった。これは言わずもがな、東京電力福島第一原子力発電所の事故によるところが大きい。未だに収束できておらず、汚染地帯として全世界にその名が知れ渡ってしまった。しかも、あろうことか、汚染水を貯めるタンクが満杯となり、処分に困った末に出た結論は、海洋放水という最終手段だった。苦肉の策だろうが、これで福島県沿岸の水産業は壊滅状態に陥ることは必至。
 福島県の沖合は、暖流と寒流がぶつかる最大の漁場であり、カジキマグロを始め、メヒカリ、ヒラメなどの海の幸の宝庫でもあった。

 1 面積が都道府県3位が故の不思議

 福島県の面積は14,700㎢にも及ぶ。北東の新地から南西の只見までは直線距離でも200キロ以上もある。西から会津地方、中央に中通り、東側は海に面した浜通りと3地方に分かれており、それぞれ、山脈や山地が貫くように分断し、起伏に富んだ地形を成している。つまり、各市町村によって標高差が激しいのだが、そのことを如実に物語る格好の材料が「桜前線の移動」である。
 桜前線は、通常は南から北へ移動するのが通常だが、福島県のそれは事情が異にしている。それはまるで英語の筆記体の「M」を逆からなぞったように移動していくのだ。それは緯度ではなく、海抜(標高)が低いほうから高いほうへと順に移動していく。各主要市町村の海抜を低い順から表記したい。なお、海抜は役場の位置をもとにしている。

 1 いわき市   海抜 7.8m
 2 相馬市    海抜    8m
 3 福島市    海抜    65m
 4 喜多方市   海抜   211m
 5 会津若松市  海抜   218m
 6 郡山市    海抜 245m
 7 只見町    海抜   337m
 8 白河市    海抜   360m
 9 猪苗代町   海抜 521m
10 南会津町   海抜 550m

 通常は南から北へ、つまり緯度が低い場所から高い場所に桜前線が移動して然るべきなのに、福島県の場合は、標高が低い地点から高い地点へと移動する。
 上の海抜で、会津地方は豪雪地帯なので、標高が他より比較的低くても、桜の樹が雪の中に埋もれてしまうので、それだけ開花が遅くなる。
特に、只見町は3m以上も積もることで有名な豪雪地帯だ。よって、上の市町村の桜の咲く順番は以下のようになる。

 1いわき市→2相馬市→3福島市→6郡山市→8白河市→4喜多方市→5会津若松市→9猪苗代町→10南会津町→7只見町

 確かにアルファベットの「M」を逆から書いた順に桜が開花していく。意外だったのは、我が郡山市はことのほか、他の市から比べても標高が高い点。言われてみれば郡山から北に行こうが東に行こうが、さらには西に移動するにも道は下っている。北は伏拝交差点を過ぎれば、福島市街地へ下り坂が続くし、西も長澤峠を過ぎれば、一気に下って行く。更には会津若松市や喜多方市に行く際も、強清水を過ぎれば、ずっと下りが続いている。いかに郡山が盆地でありながら標高が高いかが窺い知れる。

 もうひとつそれを証明できる材料は、郡山市と福島市の日常の気温差だ。福島より郡山のほうが180mも高い場所にある。ということは毎日の天気予報を見て気づかされることだが、郡山市より標高の低い福島市は2℃程度高いのだ。夏は厳しい暑さの福島市だが、冬は郡山よりも積雪は少ない。
 ちなみに仙台市などは平野で海に比較的近い場所に位置しているため、海抜35mで福島市の半分程度の為、福島市より北にありながら、ほとんど雪は積もらない。

Fukushima_20201202210401

 2 人口が激減した理由

 20世紀までは福島県の人口は200万人を超えていたと思う。それが現在は180万人と激減した。これは全国的にみられる少子高齢化が主たる原因だが、2011年に起きた「東京電力福島第一原子力発電所」の爆発事故によるところが大きい。放射性物質が拡散し、農業や漁業に多大な影響を及ぼし、浜通りを中心とした市町村の住民が避難を余儀なくされた。人口が県外への流出してしまった。双葉町、浪江町、富岡町、飯館村などは未だに避難生活を送ってる方もいる。埼玉県の避難所に移り、そのまま現地に住み着いた方も少なくはない。
 この20年間で20万人もの人口が激減した。これは或る意味、危機的状況で、高齢化が一気に進み、人口減によって地方地自体は税収も大幅に減らすこととなった。

 そして、平成の大合併もあって、福島県広しを象徴するように平成16年までは90市町村もあったが、現在は59市町村に減った。福島県民でも驚くだろうが、市町村として合併して無くなったのが以下の通り。(ただし、地名としては残っている。)

 村…北会津村・都路村・岩瀬村・新鶴村・表郷村・大信村・東村・熱塩加納村・高郷村・伊南村・南郷村・白沢村(12)
 町…滝根町・大越町・常葉町・船引町・長沼町・会津高田町・会津本郷町・河東町・安達町・岩代町・東和町・鹿島町・小高町・伊達町
   梁川町・保原町・霊山町・月舘町・塩川町・山都町・田島町・本宮町・飯野町(23)
 市…原町市(1)

 毎年11月の第3週目の日曜日に行われる「ふくしま駅伝」は、かつては90市町村対抗で、それは大規模なレースだったが、現在は59市町村(連合チームもあるため、現在はもっと少ない)で細々と行われている印象。
 この各県独自の「市町村対抗駅伝」は全国すべての都道府県で実施されている訳ではない。令和元年時点で、全国で21地区で行われている。もっとも古いのは京都で、過去42回行われている。ふくしま駅伝は今年、規模を縮小して行われたが、32回実施された。静岡県は21回、駅伝王国の長野でも30回。愛知県でも14回、福岡県でも6回、宮崎が10回と歴史が浅い。
 福島県では、今井正人、柏原竜二、相澤晃などの箱根ランナーを数多く輩出したし、遠藤日向、日本記録保持者だった藤田敦史やオリンピック日本代表の佐藤敦之選手など数多くの選手を輩出し、陸上王国の名を高めた。

Fukushimaekiden

 2019年の全国都道府県対抗男子駅伝大会でも悲願の初優勝を飾ったのは記憶に新しい。  

 競技力向上には市町村対抗の駅伝は欠かせない。「ふくしま駅伝」は10年ほど前はどこの市町村にも「田村高校在学中」の高校生の名前があったが、現在は「学法石川高校」の生徒の出場が全県下にその名を刻んでいる。

 3 全国の方の福島県内有名観光地の認知度

 福島県民と、県外から旅行で訪れる方の観光地の意識や人気に乖離が見られた。

<県外からの旅行者の人気観光地>

 1 大内宿(かやぶき屋根の民宿と高遠そば)・湯野上温泉駅(かやぶき屋根)
 2 スパリゾートハワイアンズ
 3 裏磐梯五色沼(夏・紅葉)
 4 猪苗代湖と磐梯山(湖水浴やレイクスポーツ、キャンプ・登山などを含む)
 5 磐梯吾妻スカイライン(吾妻山・安達太良山登山) 
 6 会津若松市観光(鶴ヶ城・飯盛山・白虎隊・さざえ堂)
 7 三春滝桜 
 8 芦ノ牧温泉駅(猫駅長) 
 9 二本松菊人形展
10 塔のへつり

 有名な「白河の関」や「勿来の関」は全国的には認知度が低い。県内には「岳温泉」「東山温泉」「土湯温泉」「常磐湯本温泉」など多くの温泉地があるが、あまり上位には入らない。そして昭和の頃は、都会からわんさか若者が詰めかけたスキー場も、暖冬傾向もあって閑散としている。
 安達太良高原スキー場の「夏のイルミネーションカーペット」も県外へのPR不足は否めない。「智恵子の故郷」の認知度がイマイチ。提灯祭りも県内の方には知られているが、県外からわざわざこれを見に来る方は少ない。それは須賀川市の釈迦堂川の錦鯉や松明明かしも同じ。
 かつての町おこしで行った「ニコニコ共和国」や「ワンステップフェスティバル」、「ふくしま未来博」などのような大々的に人が呼べるイベントが無くなった。福島県を盛り上げる企画力が求められる。
 食は「浪江やきそば」「てんぷらまんじゅう」「喜多方ラーメン」「白河ラーメン」「円盤餃子」「柳津粟まんじゅう」など全国に知れ渡るほどの名物があるので、観光地がもっとPRを行うべきだ。

 特に、アニメ映画や「エール」のような人気ドラマのロケ地を誘致し、「聖地巡礼」できるようなPRを促進してほしい。郡山だけを見ても、「きのこ岩」「開成山の桜」「合同庁舎」「安積歴史資料館」などもロケ地として十分使える。実際に「時をかける少女」「MISHIMA」「坊ちゃん」「坂の上の雲」で使われたのだが、あまりそれを知る人は少ない。

 今後は、震災の記憶や記録を後世に伝える「双葉町震災伝承館」への来館をPRすることが必要だ。
 
 

2020年12月 2日 (水)

あなたの運転は大丈夫?

 小学生の頃、私は「将来、警察官になりたい」と考えた時期があった。それは中学時代に「刑事くん」「太陽にほえろ」、「大空港」、「特捜最前線」、「白バイ野郎ジョン&パンチ」など数多くの刑事ドラマを見てその思いを強くした。

 正義感に溢れ、悪を挫くかっこいい姿に憧れを抱いたのだ。そして大学生の頃は、自分もバイクに乗っていた経験があって、今度は白バイ隊員に憧れた。青い制服に白いマフラーをなびかせ、さながら「月光仮面」の如く、今はまっ自在に大型バイクを操り、違反車を追跡し、停止させ、切符を切る。実際は、憎まれることも多い職業だと思うが、とにかくカッコよさだけが際立っていた。現に私の母方の祖父は警察官で、戦時中は台湾に駐屯し、その治安を守っていたほどだったし、実姉の夫は高卒ながら警察署長まで勤め上げ、今春退職するなど警察に縁のある家系でもあった。
 しかし、私自身はというと、視力が悪かったことや体力的に問題があって、その夢を追いかけることもなく、現在はまったく違う職業に就いた。

 ところで、私が大学生の頃に流行った暴露本があった。確か「交通違反で捕まらない方法」とかいう感じのタイトルだった。しかもその著者が現役の白バイ隊員で「豆タンク」を名乗っていた。警察内部の秘密を暴露する内ゲバ的な内容の書物だっただけに、当時の警視庁が総力を挙げて著者を探したが、結局見つからなかったようだ。その本は大ヒットし、続編まで発売された。
 特に、東京在住の頃は、私はそれを読んで、所轄や交通機動隊の白バイが潜んでいそうな場所(例えばオーバー&アンダーパスの合流地点)や取り締まり基準なるものを知った。おそらく法定速度+10キロ程度オーバーでは取り締まらないなどがそれだ。現在はレーザーパトや移動型オービスなど取り締まる側も最先端を駆使し、取り締まられる側とのいたちごっこが続いている。
 それはさておき、車や二輪免許を取得している方で、実際に運転している方が、知らないうちに違反をしているケースがある。今日はそれをテーマにしたい。

 ①交差点で右折する際、合流する側の黄色い線を跨いで走行
  
 路面に描かれた黄色い実線を踏んだり、跨いで車両を走らせると違反に問われる。ただし、駐車車両があって、黄色い実線を跨がないと通行できない場合はその限りではないようだ。「通行帯違反」は1点6千円の反則金 「通行区分違反」は2点で9千円

 ②ライトは上向きが原則

 ロービームは対向車がいる時、そして市街地の外灯が明るくてハイビームを必要としない照度がある時で、それ以外はハイビームで走行しなければならないのだ。
 しかし、対向車が来ているのに減光しなかった場合も違反になる。「減光等義務違反」で普通車の場合、違反1点、反則金6千円。

 ③追い越し時以外では高速道路の追い越し車線を継続的に走行してはならない

 これもよくある違反。つい先日、白河中央スマートICから入線し、東北道を走っていた時、後方を10km以上、追い越し車線だけを走っていたワゴン車がいた。もちろん追い越しをしていたわけではない。これは明らかな通行帯違反(道交法27条)だ。点数1点 普通車は6千円の反則金を徴収される。

 ④茨城ダッシュ

 信号が変わったとたんに、対向車側の右折車が、直進車を差し置いて真っ先に右折して行く車を見かけるが、これもれっきとした違反だ。
これは交差点における「直進車が優先」という規則に反しており、「交差点優先車妨害」という違反になる(道路交通法第37条)。
 違反点数1点で反則金6千円。少し待って右折しても数秒と変わらないのに、それで6千円はでかすぎ。それで特上ステーキが食べられる。

 ⑤信号が黄色に変わったる時に、交差点の入り口から15m以内に入っていないのに、そのまま走行して信号を通行したら違反

 赤信号で交差点に進入するのは論外だが、黄色も厳密には青よりも赤に近い意味を成す。よって、黄色はよく注意と解釈されるが、警視庁の取り締まり基準では、違反ととられても文句は言えない。しかし、実際には赤信号に変わった後に交差点に入った車両だけが取り締まりの対象となっているようだ。 

 ⑥ウインカーを出さずに進路変更や交差点を右左折すると

 いわゆる「松本走り」と言われる運転。これも危険な運転で違反となる。
 道路交通法第37条では、「交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない」と定められていますので、松本走りは明確な違反行為となるため注意が必要です。
 もちろん、ウインカーを出さずに進路変更を行うのは、道路交通法第53条に違反する行為です。場合によっては、周囲のクルマを巻き込んだ事故に繋がるため大変危険です。
 ちなみに「合図不履行違反」となり、違反点数1点 反則金は6千円となる。

 ⑦ 山梨ルール

 山梨ルールは、「対向車線の直進車のスキをついて強引に右折する」「右折待ちのクルマを優先的に右折させる」などの行為だとされている。山梨ルールには、信号機が設置されていない横断歩道で、右折や直進時に歩行者を無視するというものもあるようだ。

 前者は④の茨城ダッシュと同じ違反として摘発される。

 ちょっとここでブレイク

 動画サイトに「事故を誘発する何も考えないで運転している人の特徴」がアップされていたので、それをご覧ください。あなたも身に覚えがあるのでは?(埋め込み処理ができないため、下のURLをクリックすれば、「Youtube」でご覧になれます)

 https://www.youtube.com/watch?v=5H1exXDuF48&t=64s

 ⑧ 横断歩道で歩行者が横断しようとしているのに停車しなかった場合

  横断歩道は、道路交通法第38条で歩行者優先と定められている。同法では、「停止することができるような速度で進行しなければならない」と定められている。したがって、交通弱者優先の原則から、横断歩道に人や自転車が待っている場合、あくまで歩行者優先で、止まるのが義務であって、善意で止まるのではない。当たり前のことを当たり前にできなければハンドルを握る資格はない。

 ほかにも名古屋走り、や伊予ルールなどがあって、そうしたご当地ルールなるものがある都道府県はことごとく交通事故の発生件数が多い。

 ⑦の後者と⑧は「横断歩行者等妨害違反」となり、点数2点、9千円の反則金となる。 

 ⑨ ゼブラゾーン通行は違反にはならない。しかし・・・

 交差点手前でよく見かける「ゼブラゾーン」。かつてはここは「通行帯違反」で通行が禁じられていると思われていた。しかし、近年は停車や駐車はダメだが、ここを通過して右折レーンに入っても違反として摘発されることは無くなった。現に緊急走行中ではないパトカーがこの上を通って右折レーンに入っていく場面を何回か見たことがある。しかし、咎められないからといって、積極的にその上を通行するのは考え物。まして対向車線にはみ出しての通行は危険。ゼブラゾーンを通行して事故を起こせば、過失割合が高くなる。

 ⑩ 昼間のバイク無灯火は違反?

 昔なら、私のCBRもそうだったが、日中にライトを点灯して走行していたら、対向車が、消し忘れていると思ってパッシングで教えてくれた
ものだ。それが平成9年から、バイク製造メーカーにエンジン始動時には連動してヘッドライトが点灯するように改良が義務付けされた。よって
昼間にバイクを無灯火で走行すれば、全部が違反になるのかと言うと、一概にそうとは言えない。
 それは平成9年以前に製造されたバイクでは、この基準を免れるので、無灯火で走行しても、白バイなどに停止を求められることはあっても
切符を切られることはない。もちろん、規定適用年以降のバイクを不法に無灯火になるよう改造した場合は摘発される。

 バイクは他車の死角に隠れることが多く、巻き込み事故が発生しやすかったり、対向車がバイクは速度が遅いと見くびって交差点を無理に右折してり衝突したりすることがある。自分の存在を他車に知らしめる意味では、旧車であっても昼間の点灯が望ましい。

  
 ⑪ ねずみ捕りをパッシングなどで知らせると違反?

 

 まず、公務執行妨害罪(刑法95条1項)に該当するのでは?と一瞬考えたが、「暴行又は脅迫」という構成要件に該当しないため、公務執行
妨害罪にはなり得ないとの結論に至りました。
 
 そもそも自動車やバイクにパッシング機能がなぜついているのか?パッシングとは車が走行中にヘッドライトを素早く点滅させてさまざまな
合図を対向車や先行車に送ること。 周りの車との大切なコミュニケーション方法で、パッシングによってドライバー同士が自主的に事故などの
トラブルを回避しているといえる。

 もしそれで罪に問われるのであれば、オービスの数百メートル手前やネズミ捕りの手前に、わざわざ親切に「取り締まり実施中」の予告の看板を置いている警察はどうなる?事前に知らせたのに、それを無視して速度を落とさなかったから摘発したという大義名分が成り立つのだ。しかも地方紙によっては「今日の取り締まり」と題した記事をご丁寧に掲載しているのもあるし、警察庁のホームページに「本日の公開取り締まり」と題した予告を掲載している例もある。

 よって、パッシングで知らせたからと言って、公務執行妨害や道路交通法の違反に問われることはないという見解が成り立つ。もし警察がビデオなどで取り締まり近辺でパッシングをしている場面を撮影したり、目視できたとしても、それが何の目的でパッシングしたかを本人が口を割らない限り、知りようがないからだ。前の車がブレーキランプがつかずに、それを知らせるためだったとか、車間距離をとらないため、あえて後ろに下がって注意喚起したという場合もある。対向車が昼間にライトをつけっ放しであることを知らせたという場合だってあり得る。

 ただ不必要にパッシングを繰り返すのは違反に問われる可能性がある。例えば、危険回避でも何でもない状況でホーンを何度も鳴らすのは正当な運転には当たらないのと同じ理屈だ。ホーンを必要以上に鳴らした場合は「警音器吹鳴義務違反」で1点、6千円の反則金。

 
 ⑫ 追い越しをさせまいと速度を上げる行為 
 
 一般道や高速道路でよくみかけるが、追い越しをかけられて、癪に触って抜かさせまいと速度を上げてこれを妨害した場合も違反に問われる。「追い越しを駆けられている時は、素直に抜かれなさい」ということだ。もちろん、追い越しをするからには、相手の車両もそれ相応の速度違反をしているのは明白。しかし、それに対抗して自分も速度を上げて妨害すれば、事故を起こす確率はいっそう高くなるのだ。
 これは「追いつかれた車両の義務違反」となり、点数1点で反則金6千円となる。

 ⑬免許取得1年未満の「若葉マーク」を忘れた場合

 いわゆる「初心者マーク」を装着するのを忘れると「初心運転者標識表示義務違反」となる。これは軽自動車を含む普通車に適用される違反で二輪車や大型には当てはまらない。免許取り消し後、再取得した場合も同じ扱い。
 逆に高齢運転者を示す「もみじマーク」については非装着であっても違反には問われない。この「高齢者標識」については、1997年の改正道路交通法で高齢者ドライバーを対象に新たに設けられた標識である。当初は75歳以上に努力 義務としていたが、2001年の改正で70歳以上となる。その後、2008年に罰則有りの義務化されるも、反発が大きく翌2009年に努力義務に戻った。
 デザインも当初の物が反響があって、現在のクローバー型のものに変更された。やはり高齢者の反発にはごり押しできなかったと見える。

 ⑭ 徐行違反

 これは大多数の人が違反している交通規則。だいたい、免許取得者の何割が「徐行」の定義を理解しているか?そもそもこの標識があるのは、細心の注意を払って通行しなければならない区域と言える。たとえば幼稚園や小学校の通学路だったり、学校や病院の敷地内だったり、つまり、歩行者が数多くいる場所と言える。そして「徐行」とはどれくらいの速度で通行すべきものなのか?即座に答えられる方は少ないに違いない。
 徐行とは時速10キロ以下が目安。しかし、10キロというとかなり遅い。実際これで走行すると、後ろは長蛇の列を成すだろうし、気が短いドライバーはクラクションを鳴らすかもしれない。この「徐行場所違反」は、軽微な違反の中でも重いほうで、違反点数は2点で普通車の反則金は7千円となる。間違って解釈しているケースは、速度を落とせばそれで徐行と思っている方が多いが、絶対にそうではない。最低でも20キロ未満に落とさなければ、徐行したとは認められない。

 ⑮ 発車しようとしているバスを追い越したら

 バス停で停車中のバスが右ウィンカーを出して発車しようとしているのに、その右側を追い越して元のレーンに戻るのも実は違反だ。これは
「乗合自動車発進妨害違反」と言い、違反点数1点 反則金は6千円

 ⑯ トンネル内で無灯火

 これも国道や高速道路などを問わず、トンネル内でどこででも見かける。操作が面倒くさいのか、バッテリーの消耗を防ぎたいのか、あるいは点灯しなくても見えるとの勝手な理由なのか。トンネル内を走行時に無灯火、あるいはスモールライトで走るのはとても危険な行為だ。
 自分は前の車のテールランプを見ながら走行しているから、見えるから大丈夫と思っていても、他車や対向車は、その存在に気づかないケースがある。これは薄暮の時間帯でも同じ。下手すると正面耀突という最悪の事故のケースもあり得る。
 トンネル内や夜間の無灯火走行は「無灯火違反」で、1点+反則金6千円だ。

 ⑰ 泥はね違反

 雨や雪の日、歩行者がいるのに、速度を落とさずに、雨や雪を撥ねて歩行者にかかった場合、運転者はクリーニング代を弁償しなければならなくなる。もし、そこに警察官がいたとすれば、「泥はね運転違反」で摘発されることがある。これは点数は減点にならず、反則金6千円の違反だ。

 ⑱ 大きな勘違い

 これは私自身の笑える暴露話。私は18歳で車の免許を取得し、その後で中型二輪(現在の普通二輪)の免許を取得した。恥ずかしながら、当時は免許証は別々になっていて、普通車の違反と二輪車の違反は別々に点数があると思い込んでいた。それが初めて違反をしたのがバイクで、点数1点で反則金ゼロの軽微な違反だったが、車での違反はなく、免許証は無傷だと思っていたのだ。それが大きな間違いで、車とバイクだけに限らず、すべての免許証が違反ひとつで共通の点数が引かれていたのだ。
 そんな勘違いは私だけだろうが、今年、20年ぶりにバイクに乗ることになって、このような記事を書いたのは、自身への戒めの意味合いが大きい。
 「注意一秒けが一生」を地で行くのが交通事故であり、一生体の不自由な目に遭う可能性が高い。ハンドルを握り以上は、自覚と責任を持った運転を励行していきたい。

 さて、我々が普段、何気なくやってしまっている違反について列挙してみた。道交法は皆が安全運転で違反や事故を起こさぬことを基本として設けられており、違反が重なるとそれだけ事故の確率は高くなるし、また3つ重なると死亡事故を起こす危険が高まる。例えば、速度超過、信号無視、酒気帯び運転が重なると、歩行者をはねて死に至らしめる確率はグンと高まる。
 私は、高齢者の逆走や運転操作を間違えての暴走事故は厳罰に処し、免許取り消し措置を講じなければ死の危険は増すばかりだと危惧している。いくら運転に自信があるとか年寄り扱いするなと威張ってみても、ひとたび事故を起こせば相応の責任と賠償が振りかかる、死亡事故の場合、重い十字架を背負い、償いを強いられる。後悔しても後の祭りだ。
 特に、高齢者が買いあさっている「プリウス」の誤操作による事故が後を絶たない。俗に「プリウスミサイル」と呼ばれるほど、運転がおぼつかない。
 私も出張で遠出をした際には、プリウスの我が物顔運転を何度も目の当たりにした。速度超過や危険運転が目に余る。登録台数が多いこともあるが、平均して、あるいは他と比較して乱暴な運転や暴走行為が多いと認識している。まさしく「安定のプリウス」といった場面が幾度もあった。 

 以前、私の通勤ルートで、あまりにも交通違反が酷いスポットを挙げた。それは旧国道(現在は逢瀬川にかかる橋から磐越西線のガード下を
潜り、国道288号線を交差し、内環状線に至るまでの場所。ここは違反の巣窟で、ここで取り締まりを行えば、一網打尽と言える。
 特に、「安積橋」付近は違反が後を絶たない。朝のラッシュ時は、駅方面に向かう長い車列が出来るが、後続が黄色いはみ出し禁止(もちろん追い越し禁止)の道路を逆走し、右折レーンに入っていく輩が数多く存在する。一台、ルール無視のドライバーがいれば、同じことをしないとその後ろが迷惑するような気持ちにさせられる。私は直進なので、違反は起こさないが、逆走して対向車と鉢合わせになって、正面衝突でもらい事故となる危険は否めない。また、斜め右折で、黄色の線を踏んで右折してくる車もやたら多い。これも立派な違反だ。

 「人の振り見て我が振り直せ」という格言もあるが、「明日は我が身」を自覚してお互い事故の無い安全運転を心掛けたいものだ。

2020年12月 1日 (火)

退職後のささやかな夢(今が買い?中古別荘)

 私もあと数年で定年退職を迎える年齢となった。俄かに信じがたい。これまでは定職に就いていたので、なんとか最低限の生活は保障されていたものの、退職後はどうなるかわからない。コロナ禍による業績悪化で、果たして満額の退職金が出ることは考えにくい。

 以前、麻生財務大臣が老後に必要なお金は2,000万円以上という試算を発表し、国民を驚かせた。我が家の家計を見ると、火の車だった。次男坊という境遇から、住まいもすべて自分で拵えなければならなかった。30年の住宅ローンを組み、退職まで返済を強いられ、子供二人も大学に行かせて、仕送りもあって、とても貯蓄には回らなかったというのが実情で、決して無駄遣いや浪費をした訳ではない。車も10年以上乗って、乗りつぶしたし、贅沢な生活は一切せず、ブランド品は好まず、ギャンブルに手を出すことも皆無だったし、それは慎ましい生活を送った。

 子どもが巣立ち、やっと自分のために少しは金を遣えるようになって、ようやく車検不要で維持費が比較的安い250ccのスクーターを購入したのはそういう理由もあってのことだ。

 そこで、退職まで37年も働きづくめになる訳だが、私が今、思い描く夢を語りたい。たぶん退職を控えている方は、参考になるかもしれない。

 1 別荘で田舎暮らしを満喫したい。

 10年ほど前、鉄腕DASHで「DASH村」なる企画があった。古民家を自分たちで修繕し、農村を開拓。農業などで自給自足の生活をTOKIOらが担った。また、「有吉ゼミ」などでは「芸能人がセカンドハウス」を購入する、物件巡りを放送した。これまでに的場浩司、東MAX、勝俣州和、丸山桂里奈などが別荘探しをした番組だ。

 私は郡山が大好きで、ここを引っ越すつもりはないが、週末や夏の期間だけでも、そこに住み、畑づくりや趣味に没頭する別荘があってもいいように思う。もちろん高額物件は維持費もかかり、手が出ないが、自分でDIYしながら生活できるような、格安な掘り出し物があれば、ぜひ購入したい。

 場所は伊豆高原か那須高原。伊豆ははっきり言って中古物件や別荘は高い。まして南海トラフ大地震が発生すれば、避難を余儀なくされる。しかし、海まで近くだし、のんびり釣り糸を垂れた生活が期待できるし、自分で釣った魚で食卓を彩りたい。

 そして那須高原は、今がお買い得。別荘は決して高嶺の花ではなくなった。近年の猛暑に対する避暑地になるし、実はコロナ禍で100万円単位での値下げが相次いでいる。2LDKで温泉付き物件が350万円程度で売りに出されていたり、終いの住み家や都会から定住するために物件を購入し、移住してスローライフを満喫して晩年を過ごす方が多い。

 しかし、いくら安くても殺人事件や事故死、心理的瑕疵などの幽霊物件は絶対に避けたいが、サイトを探せばいくらでも存在するのだ。それに500万円前後であれば高級車を買うのとさほど変わらない。あとは税金と維持費の問題だ。

 買う買わないは別として、興味が湧いた物件をいくつか紹介したい。驚きの価格に衝撃を受けることだろう。念のため断っておくが、私は不動産屋とは全く無関係で決して回し者などではない。あしからず。

 那須高原物件1

Seiryu1Seiryu2 
Seiryu3Seiryu4

 この物件は「清流台」という地名にあり、文字通り、家の横を小川が流れている。それを檜風呂から眺める温泉旅館のような家だ。しかもデッキにはバーベキュー炉があり、温泉旅館にありがちな絶景檜風呂。平屋造りのため、高齢者にも優しい。

 土地は100坪だが、周辺は木立に囲まれており、自然だらけ。建坪は14.5坪と狭小だが、夫婦2人とか、本宅があって、週末だけ来て手入れしたり、畑仕事をしたり、山菜を採ったり、リフレッシュ目的なら十分事足りる。

 価格は500万円だったが、50万円値下げして450万円で売り出されている。

 那須高原物件2

Gohouen1Gohouen2 
Gohouen3Gohouen4 
    Gohouen5

 この物件は「五峰苑」という場所にあり、県道沿いの定住向け。2LDK+Sで価格を聞いてびっくり。9月までは850万円で売り出されていたが、買い手がつかず、HPを見たら250万円も値下げして600万円という低価格。ここはおしゃれな佇まいで建坪は80坪弱だが、建坪は30坪ある。なんとリビングが約20畳もある広々スペースを確保。内装も綺麗。
 この物件の強みは山の奥深くではなく、スーパーやホームセンター、コンビニ、ドラッグストアなどはすべて4km圏内。

 自宅で温泉は夢のまた夢だが、権利が高いし、引き込み工事費や使用料が半端ない。共同浴場の温泉に、1回500円程度で入れればそれで満足だ。

 那須高原物件3

Takaodai1Takaodai2 
Takaodai3Takaodai4
     Takaodai5
 この物件は森の中に佇む隠れ家風。高雄台という別荘地にある。土地が128坪もあり、いろいろな用途に使える。建坪も25坪ある二階建てで、ロフトもある。平成8年建築。不動産の売り文句としては、レジャーや買物にも利便性が良く定住者にも人気の高いエリア。都会での疲れを癒す石造りの浴室と、新緑を見下ろす2階のリビングが特徴的な別荘。屋根裏には隠し部屋があり野鳥のさえずり、木々の葉擦れの音に囲まれながら読書などが楽しめます。趣味嗜好を満喫できる環境と心地よい空間で、プライベートを充実させる贅沢な時間がここにはあります。
 温泉の引き込みは可能だが、温泉権利金が10年で190万円と高い。ここの売りはやはり岩風呂。ここの価格は680万円

 那須高原物件4

Vacation1Vacation2 
Vacation3Vacation4 
    Vacation5

 この物件は、バケーションランドという大別荘地の一角にある。山深い印象だが、ちゃんと管理人がいる。林の中の一軒家という佇まいで、初夏は新緑、秋には紅葉が楽しめそう。この物件は比較的新しく、平成15年に建てられた。土地が約100坪、建物面積は約25坪だ。二階建てだが、生活スペースは一階で事足り、高齢者に適している。内装も綺麗で、何よりここは浴室から見渡す限りの木立の自然美を心行くまで楽しめそう。階段も吹き抜けで天井が高い。残念ポイントは畳の部屋が無い。のんびりゆったりとスローライフを満喫できる物件だと思う。

 ここの価格は当初は880万円で売り出されていたが、130万円下がって、750万円になった。すぐに買い手がついてもおかしくない。

 4軒挙げたが、これはあくまで一例。不動産屋のサイトにはこうした程度の良い物件がたくさん掲載されている。場合によっては300万円程度でも別荘が持てる。車一台買う感覚で家が持てるのは大きい。

 都会の雑踏の中で忙しい日々を過ごしていたサラリーマンにとって、老後は自然に囲まれた人間らしい生活をゆったりのんびり過ごしたいに違いない。コロナ禍で、物件の値が下っている今こそ、憧れの別荘ライフを手に入れるチャンスだと思う。

 そして自分の趣味の部屋を作りたい。ブログのためのPC部屋(書斎)や水彩画を描くためのアトリエ、Nゲージでジオラマを作って遊べる部屋。釣り竿のコレクションを並べて楽しめる部屋など。ガレージがあればなお良い。それに那須高原は夏以外は寒いので、薪ストーブは設置したい。カラオケをやっても隣り近所から苦情を来ることも無い。時々友人を呼んで料理を持ち寄ってホームパーティーを開くのも一興だ。夢は膨らむ。

 2 バイクで日本中を旅したい。

 別荘を持ちたいと考えるようになったのも、老後は自分のやりたいことをやって一生を終えたいと思うからだ。それは学生の頃から20代まで乗っていたバイクを駆って、あちこちツーリングして旅したいとの思いが強い。学生時代に、北海道に住んだことがあるが、その際はバイクでほぼほぼ一周したのだが、それを再現したい。若い頃に瞳に映った景色がどう変わっているのか確かめたい。

 また、那須高原であれば、ガレージ付きの物件で、自分で建物やバイクをいじりながら過ごせる。畑仕事で野菜を作り、自給自足の生活を送りたい。まるで「北の国から」の黒板五郎のような生活を思い描いているが、栃木県からは、バイクがあれば、地元郡山への行き来は70キロ程度なので、高速でも1時間で帰れるし、那須を拠点として東京や関東にも遊びに行ける。

 毎日サンデーで時間が十分あるので、やりたい放題だ。そういう老後の生活を最後のご褒美としてただただ満喫したい。それが夢だ。

 なお、気になった物件があれば「SEIYU Resort」や「東急リゾート」のHPをご覧いただき、問い合わせてみてください。

追記

12/5のニュースで、豊島区の35歳の女性が行方不明になり、事件に関与したと見られる男が、那須町の別荘地に埋めたと供述。よりによって私が狙っていた場所に何ということをしてくれたんだ。

 

2020年11月30日 (月)

最近の風潮を鑑みて

 「取り越し苦労」という言葉がある。私の半生はその連続だった。もっと楽天的に世の中を展望すればよいのに、先々の不安をかき集めてあれこれ思い悩む性格は親譲りかもしれない。
 そんな心配性を絵に描いたような私が、行く末を案じあれこれ最近の世のなかの事象を詮索し、掘り下げてみたいと思う。

 1 これで芸能界は本当に良いのだろうか?

 ジャニーズ関係
  退所(中居正広・手越祐也・山下智久・錦織一清・植草克秀・今井翼・錦戸亮)、独立・退所予定(TOKIO)
  謹慎(山下智久・亀梨和也・近藤真彦)

 報道規制?人気俳優の自殺が相次ぐ(もはや韓国並み) 三浦春馬・芦名星・竹内結子・窪寺昭

 大御所や人気女優が亡くなる過渡期(志村けん・岡江久美子・渡哲也)

 逮捕事案 麻薬汚染(伊勢谷友介・槇原敬之)・交通トラブル(山口達也・伊藤健太郎)

 事務所トラブルや独立という名目で退社や移籍
  オスカー(米倉涼子・剛力彩芽・岡田結実・堀田茜・森泉・など大量退社 原因は報酬が少ないとの契約問題
  生島企画室(小林麻耶)本人曰くスタッフからのパワハラ?真実は不明。
  スパイスパワー(マネージャーの退社が相次ぎ、高杉真宙も移籍予定)

 私は今年だけでもこれだけの不祥事やらトラブルを露呈した芸能界は、昔からそうだが、甘すぎる体質だと思う。薬物に手を染めても容易に復帰を許してしまう。社会に与える影響は大きいのに、犯罪を繰り返しても何事もなかったかのようにまた元の鞘に収まる。
 これでは再犯を繰り返すのも当然だ。酒癖の悪さから未成年とトラブルとなった小出恵介も俳優復帰できたし、山下も謹慎が明けぬまままるで海外逃亡のように途中退所を認める決断。責任を果たさずに捲土重来を果たす芸能界。 
    
 2 斎藤佑樹はなぜ戦力外にならないのか?

 甲子園優勝投手にして早稲田大卒で入団し、即戦力を期待されながら、長年くすぶり続けている日ハムの斎藤佑樹投手。ライバルだった田中将大は高卒で入団し、輝かしい実績を残しているのに対し、表現は悪いが、箸にも棒にもかからない印象は否めない。
 
 実際、2人のプロ入り後の成績を2020年までで見比べてみよう。

      所属 登板数 勝 敗  勝率  奪三振数 防御率 
 斎藤佑樹 日ハム 88   15 26 .366     209      4.34

 田中将大 楽天  175   99  35   .739   1,238      2.30
      ヤンキース 174    78  46  .629     991      3.74

   
 その成績は対照的。勝ち星だけ見ても斎藤の12倍近く田中は勝っている。甲子園当時は立場がはっきりと逆転している。斎藤は、通常ならば
この程度の成績ならファンも離れるし、球団も三行半を突き付けて当然だ。しかし、そういうことにはならないから不思議だ。
 1年平均だと2勝もできない計算。一方の甲子園決勝では投げ負けたものの、田中投手は同じ32歳で、あと23勝で200勝到達となる。35歳前には間違いなく到達できるだろう。近年、投手の分業化で200勝をあげるのが難しくなっている状況下で、この数字は立派だ。 

 日ハムの斉藤への特別扱いは目に余るし、彼への温情は涙ぐましいものだある。日ハムは、掟破りも多いが、ドラフトでその年のスーパースターたちを指名し、抽選に打ち勝ってこぞって入団にこぎつけて来た。これまでもダルビッシュ、中田、大谷など、入団後主力として
 活躍した選手たちを始め、清宮、吉田輝星、そして今年は五十幡を獲得できた。つまり金の卵たちをこぞって入団させたことは北海道民は皆、狂喜乱舞であったと容易に推察できるし、戦力アップには欠かせない逸材たちであった。
 そんな中、誰の目にも異例に映るのが、やはり10年前のドラフト1位、斎藤佑樹の存在だ。どうして鳴かず飛ばずの成績が続いているのに、普通の選手ならとくの昔にお払い箱 いつか爆発するだろういつかエースに成長するだろうと思っていて、いつの間にか10年が経過している。
 本人はいたってクールで、プロ野球がダメならそのルックスを生かして俳優として身を立てるとまで決意した時期もあったようだ。

 実はこの発想がそもそもの間違いであろう。プロ野球選手を夢見て幼少の頃から努力を積み重ねている野球少年たち。おそらく彼もその類であったことは間違いないが、野球がダメならすぐにほかの道でというのは甘すぎるのではないか?芸能界も甘く見られたものだ。一生懸命稽古してやっと世間に認められた役者がいかに多く存在しているのに、ルックスだけで転身とは都合がよすぎるし、失礼な話だ。

   再起を願う北海道の斎藤ファンには申し訳ないが、彼の平凡な成績ではプロでは通用しないし、すでに32歳なので引退して然るべきだ。甲子園ではアイドル的存在で、「ハンカチ王子」として世のおばさまたちの人気をさらったが、甲子園優勝投手という過去の栄光にいつまでも溺れさせておくのは、やはり本人のためにはならない。一番つらいのは本人かもしれないが、やはりプロである以上、他の選手との釣り合いを考えれば、引退やむなしだと思う。

 そして高卒3年目と2年目が終わった清宮幸太郎と吉田輝星だが、ふたりとも高校時代は華々しい成績を残したが、プロの高いレベルではホームラン量産とまではいかなし、登板数も少ない。清宮は怪我が多いし、吉田は一軍登板しても打ち込まれるケースが多い。高卒は長い目で見る必要はあるが、私は日ハムの育成方法にも問題があるような気がしている。2人とも球界の宝となり得る逸材だけに、絶対に斎藤と同じ轍を踏まないようにだけはしてもらいたい。

   清宮幸太郎3年間の通算成績 230試合 636打数126安打 21本塁打 73打点 194三振 打率.198 

  吉田輝星の2年間の通算成績     9試合 1勝5敗 勝率.167  奪三振24 37失点 防御率9.77

 3 撮影中の事故が頻発

 1 元フジテレビ 菊間千乃 めざましテレビの生放送中、マンション5階の避難ロープの実演中に落下し骨盤骨折の重傷
 2 元日本テレビ 関谷亜矢子

  同番組の取材で石鹸工場にロケに行った際、スタッフと共に爆発事故に巻き込まれるアクシデントも経験した(幸い軽傷で済み、翌日の放送は予定通り出演したが、焦がした髪をカットしたためヘアスタイルが大きく変わってしまっていた)。 

 最近でも芸人の斉藤さんが、番組の実験中に大怪我を負い、また歌手のMISIAが乗馬のロケ中に落馬して背骨骨折の重症を負った。

 テレビ制作者側の意図として、もちろん一義的には視聴率を稼ぐことにあるが、だからと言って出演者を危険に晒したりとか、差別やいじめを誘発するような番組は下劣だしお粗末すぎる。テレビは視聴者に多大な影響を与えることを再認識し、安全第一の原点に立ち返ってもらいたいものだ。

 最後の3番目の話題はとってつけたかのような内容になってしまった。まぁ来し方行く末、社会問題となるような事象はいくらでもあった。しかし、初心を忘れると事故は必ず起きる。責任や賠償問題に発展することも少なくない。業界関係者は肝に銘じてこれらの事故を教訓にして、より良い番組作りに努めて貰いたいものだ。

  

 

2020年11月29日 (日)

妄想ツーリング

 今思い返せば学生の頃が一番楽しかった。縁あって北海道に2年間も住むことが出来たし、中型バイク(VT)を駆って離島を除く北海道じゅうを隈なくツーリングしてまわった。その後もバイク(CBR)で1回、電車で2回、車(ビスタハードトップ)で1回、飛行機で2回訪れたほど、私にとっては第二の故郷のような存在だ。寒いのが苦手な私は、あの冬の寒さが無ければ老後はそこに住みたいくらい大好きな土地だ。

 昨年は飛行機とレンタカーで大好きだった高倉健さん主演の映画のロケ地をひとりで旅し、今年はついに念願だったビッグスクーターを購入出来た。それは、退職後の生活をより豊かに快適に過ごすためでもあった。あの大地を再び風を切って走ってみたくなった。車とはひと味もふた味も違う。何年後になるかはわからないが、コロナ禍が終息したら、一週間程度まとめて休暇を貰い、北海道に足跡を残したい。バイクでしか行けない場所や観られない風景というのもある。

 ところで、北海道が大変なことになっている。昨年の7月1日~3日まで福島から飛行機でひとっ飛びし、道内はレンタカーで観光地を目指して走り呆けていた。それが1年も経たないうちに状況が激変。コロナと言う名のウィルスが猛威を奮い、人々の生活を脅かしてしまった。かくいう私の息子もまた札幌に住み、毎日地下鉄で通勤し、会社勤めをしている。もちろん、昨年、息子と焼き肉屋で酒を酌み交わした、現在、感染の巣窟とされる「すすきの」の駅も経由する。いつどこでもらうかわからない。もちろん北海道民にその原因があるわけではない。
 今回は、昨年の今頃は想像も出来なかったバイク購入にあたり、今後、新型コロナウィルス終息を願って、来夏、あるいは退職後にバイクを駆って巡りたいコースを備忘録を兼ねてモデリングしてみたい。これはあくまで個人的な趣向によるのであしからず。そこで今日は、気が早いが、それを実現すべく、事前にプランを練ってみたい。いずれも一週間程度のプランを考えてみた。

 1 仙台~苫小牧フェリー移動案

 1 郡山ー仙台港
 2 苫小牧港―浦河ー新冠スタリオンセンターー静内牧場銀座
 3 静内ー日高耶馬渓ー様似ー襟裳岬―黄金道路―広尾(海岸線)-幸福駅ー花畑牧場―帯広―上士幌ー糠平湖(タウシュベツ橋梁)-阿寒湖
 4 阿寒湖―摩周湖ー屈斜路湖(砂湯・比留和駅)-美幌峠ー美幌ー斜里(天に続く道)ーオシンコシンの滝ー宇登呂(遊覧船夕日)
 5 宇登呂ー知床五湖ー知床林道・カムイワッカ湯の滝ー知床横断道路・羅臼岳ー羅臼ーセセキ温泉ー野付半島トドワラー風連湖ー根室
 6 根室ー納沙布岬ー根室ー車石ー花咲港(無線局跡)-落石岬ー霧多布ー釧路湿原ー釧路
 7 釧路ー足寄ー浦幌IC-追分町IC-苫小牧港
 8 仙台港ー郡山

費用概算
  フェリー9,900円×2=19,800円
  高速代・ガソリン代=3,830円 6回給油で10,000円
  ホテル代(朝食のみ5泊)=40,000円
  食事代 18,000円
  その他 10,000円   
   合計 101,630円

 一週間ならこれが限界か。本当はもっとゆったりのんびりしたいところだ。やはり北海道は「でっかいどう」だ。東北6県に県では日本で4番目に広い新潟県を加えたよりも広い。北海道を4分割すればゆっくり周れると思う。若い頃は節約のためにシェラフ一個で野宿もありだったが、さすがにこの歳で野宿は辛い。1~2人用のテントは買おうとは思っているが。

 2 新潟~小樽フェリー移動案

 1 郡山ー磐梯猪苗代高原IC-新潟東港ICー新潟港12:00
 2 4:30小樽ー留萌ー苫前(三毛別)-朱鞠内湖ーサロベツ原野ー日本海ラインー抜海駅ーノシャップ岬ー稚内
 3 稚内ー宗谷岬ークッチャロ湖ー枝幸ー雄武ー紋別展望台ーサロマ湖(竜宮台・夕日の桟橋)-カーリング場ー能取岬ー網走(刑務所・監獄)-北見  
 4 北見ー層雲峡(レンタサイクル・流星の滝・銀河の滝・双曝台・奇岩群・大函・小函ほか)ー天人峡(羽衣の滝)ー美瑛(青池・樹木)
   ージェットコースターの路ー富良野(麓郷の森・北時計・我夢舎楽など)
 5 富良野ー悲別ロマン座ー上砂川駅ー砂川ー岩見沢ー札幌
 6 札幌観光ー小樽17:00
 7 9:15新潟ー郡山

 費用概算
  フェリー往復 7,200円+7,400円=14,600円×2=29,200円
  高速代2,860円×2=5,720円・ガソリン代 6回給油で10,000円
  ホテル代(朝食のみ4泊)=32,000円
  食事代 18,000円
  その他 10,000円
   合計   99,200円

  これは道北と道央中心のプラン。

 3 道南・道央 陸路(高速・フェリー利用)

 1 郡山ー本宮IC-青森中央IC-(津軽海峡フェリー)ー函館(夜景)
 2 函館観光ー中山峠ー江差ー瀬棚ー太田山神社ー弁慶岬刀掛岩ー寿都ーニセコ・倶知安ー小樽
 3 小樽ー札幌ー支笏湖ー昭和新山・有珠山・洞爺湖
 4 洞爺湖ーオロフレ峠ー俱多楽湖ー登別ー室蘭(地球岬・大橋)ー苫小牧(太平洋フェリー)
 5 仙台ー郡山

 このプランは短期で道南中心の旅程。 
 
     費用は7万円程度と見ている。
     高速代 5,530円+2,970円
   フェリー代2,460円+2,710円+9,900円
   ガソリン代(給油5回)8,000円
  ホテル代3泊朝食有 24,000円
  食事代 6,000円
  その他 10,000円
   合計  70,670円

 11/22に「YouTube」で黄金道路を11月に走ったツ―リングライダーの動画を見たら、なんと平成の30年間に完成したトンネルが大部分で、海岸線の波かぶり隧道は旧道となってしまった。よって1985年に私が走った昔の海岸線のルートを正規に通るのは気をつけていないと見逃してしまう。今度走る時は、味気ない長いトンネルではなく、波をかぶってでも昔VTで走った旧道を通りたい。

 その動画はコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=oqP_VAw-k-c

 正直言えば、私は旧国鉄の青函連絡船(6回乗船)や東日本フェリー(青森~函館を4回乗船)を除いて、過去3回カーフェリーで海を渡った(いずれも仙台~苫小牧)ことがあるが、そのいずれも酔ってしまって気持ち悪くなった。北海道までバイクや車で高速をひた走って青森まで行った経験はあるが、6時間かかり、とにかく疲れる。腰痛持ちと高血圧の私にはそこまでやる気力も体力も無い。
 よって、船酔い覚悟で長距離フェリーでの上陸を決意した。時間を節約できる飛行機を使って、現地でレンタルバイクを借りる手もあったのだが、結構高額だし、人の物だと気を遣ってライディングも狭められてしまう。やはり自前のバイクで走ってこそ、愛着も一入だという結論に達した。250ccとは言え、タイヤの小さなスクーターなので、ダート路は避けたいし、無茶な走りで取り締まりに遭ってもしょうがない。そこは細心の注意を払いたい。
 総じていえば、退職まで37年間もがむしゃらに働くのだから、多少の自分へのご褒美を用意してもそんなに罰は当たらないだろう。区切りというか人生の節目にあって、想い出に残るイベントを計画してみたくなったという訳だ。
 バイクでは、1992年にCBRでツーリングして以来、実に30年振りということになる。あの時感じた風や目の当たりにした風景はどう変わっているだろう。最後に、死ぬまでに訪れたい、あるいは再訪したいスポットを列挙して結びとしたい。

 1 知床カムイワッカ湯の滝(1985年に訪問)
 2 利尻島と礼文島
 3 1985年にテントを張った広尾の海岸線
 4 苫前三毛別殉難の地
 5 宇登呂から知床遊覧船
 6 セセキ温泉の野天風呂
 7 美瑛の青池
 8 天人峡の羽衣の滝(1985年に訪問)
 9 層雲峡の双曝台(1985年に訪問)
10 糠平湖タウシュベツ橋梁
11 野付半島トドワラ(1984年に訪問)
12 サロマ湖の先端竜宮台と夕日の桟橋(1984年に訪問)
13 富良野「我夢舎楽」と「北時計」「麓郷の森」(1984・1985・1992・2013・2019年に訪問)
14 朱鞠内湖(1985年に訪問)
15 留萌黄金岬(1985年に訪問)
16 中富良野ラベンダー畑(1985年・2013年に訪問)
17 能取岬(1984年・85年2回・92年に訪問)
18 落石岬と車石(1985年に訪問)
19 花咲港と無線局跡(1985年に訪問) 
20 黄金道路(1985年に訪問)
21 日高サラブレッドロード(浦河・新冠・静内)(1985年に訪問)
22 オロフレ峠(1984年に訪問)
23 美幌峠から見下ろす屈斜路湖(1984年・85年・92年に訪問)
24 摩周湖と比留和駅(1984年・85年・92年に訪問)
25 室蘭大橋と地球岬(1984年・85年に訪問)
26 中山峠と羊蹄山(1984年・85年に訪問)
27 地平線道路(美瑛・開陽台・斜里町峰浜)(1984年・85年・92年に訪問)
28 美瑛の丘の木立ち(ケンメリーの木・セブンスターの木・マイルドセブンの丘など)(2013年に訪問)
29 知床五湖と知床林道(1984年85年・92年に訪問)
30 狩勝峠と幾寅駅(幌舞駅)(1984年・85年・92年・2019年に訪問) 

 

 

2020年11月28日 (土)

ビッグスクーター購入の続報③(納車編)

 11月28日(土)

 昨日までは装着備品や用品購入をメインにお送りしましたが、いよいよ大安吉日のこの日、納車となった。埼玉の「I-Line」というバイク輸送専門業者が横浜にあるバイク屋まで「FAZE」を引き取り、一路東北道をひた走り、首を長くして待ちわびたビッグスクーターがこの日の朝8時に到着したのだ。

 先週は11月としては夏日になるほどの暖かい日々だったが、この日は一転。寒気に包まれた。こんな初冬にバイク納車など、1か月前までは考えもしなかった。

 愚痴っぽくなってしまったが、それでは今後、自分の命を預けるのはもちろん、運命共同体となる「FAZE typeS」の実車を画像で紹介します。

Img_8180_r1_20201128160601
2_20201128160601Img_8187_r
Img_8190_r3_20201128160601
5_20201128160601Img_1265_r
Img_1264_rImg_1267_r
Img_1269_rImg_1270_r
4_20201128160701Img_8193_r
Img_1271_rImg_8196_r

 置き場所に苦慮していたが、灯油タンクにぶつからずになんとか通路を通れ、庭側に保管場所を確保できた。

 <車両の状態>

 走行メーター 9,929km

 フロントタイヤ ブリヂストンバトラックス新品
 リアタイヤ ブリヂストンバトラックス8分山

 車体(外観まわり傷など)小さいキズ10箇所(マフラー・カウル・リアボックス・左のグローブボックスの上に穴4つ・シート穴など)

 オイルシール漏れ 無し
 エンジンオイル(ゲージで量と色を確認)交換済
 バッテリー たぶん新品

 計器類(ウィンカー・ロービーム&ハイビーム・キルスイッチ・ホーン・パーキングライト・パネル表示など) 異常なし
 フロントのウィンカーランプがノーマル車だと両サイドカウルから飛び出しているのに、無くなっていて焦る。転倒して破損したまま放置?納車されたフェイズは、ウィンカースイッチをスライドすると、ヘッドライトと一体型の両脇のオレンジランプが点滅していたので、前のオーナーがそのようにカスタムして、飛び出た両サイドのウィンカーランプを取っ払った模様。焦った・・・。整備不良になるかと思った。

 レバー類(スロットル・左右ブレーキ)異常なし

 メーター関係(タコ・燃料計・速度計・トリップメーター) 異常なし

 ミッション切り替え(Dモード・Aモード・Sマチック) この日はテストできず
 エンジンの吹き上がりチェック 問題なさそう

 メインキーONにしてサイドスタンド上げ、リアタイヤのブレーキレバーを握ってセルを押したのにエンジンかからず焦る。ブレーキレバーをかなり強く握らないとかからない。

 センタースタンド・サイドスタンド 異常なし

 <オプション装着品>

 ロングスクリーン 綺麗 キズなし
 グリップヒーター作動状態 この日は確認できず

 ETC作動状態 この日は確認できず
 最初、ETCの機器がどこにも見当たらず、焦ってバイク屋に電話、グローブボックスの左端にマジックテープで貼り付けてあった。

 でもどこからカードを入れるか不明 スロットル形式で挿入ではなく、一度本体を開いてカードを挟み込む模様。

 ユピテルナビの作動状態 良好 取説にレーダー探知機の記載あり もしかしてレーダーナビ? 取り締まり無線を感知出来る機能。タッチパネルでリモコンは無し

 イモビアラーム作動状態 少しの振動でもうるさいくらい鳴る

 GIVIリアボックス 50L デカすぎ キズあり

 ナンバープレートと自賠責シール あり ナンバーが笑える番号 ゾロ目
 鍵(3種類) あり 

 鍵はメインキーとグローブボックス、燃料コック、シート開閉が同じキーでOK リアボックスのみ異なる

 10時前にホームセンター(カインズ)で合鍵2つ作る 税込み1,100円(1本660円だがまとめて2本で安い)
 リアBOXの鍵は特注につき作れず メーカーに直接問い合わせして欲しいとのこと

 車載工具 あり(ドライバー・スパナ2本・プラグ外す器具)

 <書類関係> 

 自賠責保険(36カ月)あり 異常なし
 軽二輪届済証 あり 異常なし
 軽自動車税納付書 なし 来年4月に納付書来る(年間3,600円)

 マニュアル(説明書) あり
 整備手帳あり 前オーナーは横須賀市の男性だった。
 ユピテルナビ操作マニュアル あり
 ETC登録番号 書類はないが、本体に記載あり (コードが短いため取り出しにくい)

 午前中にカインズとダイソーをハシゴして、合鍵2つ、駐車用耐熱タイル4枚(992円)、ロープ、結束バンド、瞬間接着剤2つ、白マーカー、黒いラインテープ、オイル交換用ロート、50枚入り使い捨て手袋など880円分購入。こまごまと金がかかる。

 帰宅後、まず、鍬で地面を掘り起こし、タイル2枚を敷いてバイク置き場を作る。
 次に、カウルのヒビ割れ補修。接着剤でも効かずくっ付かない。
 ジンクス通り雨が降り出す。バイクを少し動かすたびにアラーム鳴り響く。近所迷惑。これだけ大きい音だと持っていかれない。
 合鍵2本とも使用可。リアBOX外して物置へ。

 バイクカバー、薄すぎ。安価のため仕方ない。安いのはやはりそれなり。風で飛ばないように100均で購入したロープバンド2.5mで縛る。

 たぶん、3月くらいまではバッテリー上がりに気を配りながら、物置に大事にしまっておくことになるが、春先以降、八山田界隈でこのバイクを見かけたら、おそらく私の可能性が高いので、どこかで見かけたら「SUZUさんですか?」と声を掛けたり、手を振ってくださると有り難いと思います。まぁ郡山市内で「FAZE」に乗っている人は少ないので、バレバレだと思いますが・・・。

 さて、納車された後、次に購入するのは、シーズンインまでに、ETCの再セットアップ実施、それに「開成山大神宮」の「交通安全の御守り」と、自分で取り付けできるかどうかわからないが、通販で「ドライブレコーダー」を購入する予定。

 ツーリングに行く前には、「バイク用レーダー探知機」の購入と設置、そして「インカムヘッドフォン」を取り付ける予定。ヘルメットは学生時代に使っていたHRCのフルフェイスと、庇付きのOGKのジェット型ヘルを2個所有しているのだが、ネットを眺めているうち、システムヘルメットが欲しくなってしまった。ん~やっぱり車やバイクを持つと湯水のごとく金が出て行く。

2020年11月27日 (金)

ビッグスクーター購入の続報②(用品購入編)

 本日の記事の始めに、あらかじめお断りしておきます。

 現実問題として、世間が新型コロナウイルスの第3波で、行動自粛や生活が苦しくなっている時期に、このような私的なことを話題にするのは、正直、手前勝手で心が痛みますが、私にとってバイクは大きな買い物のため、記憶だけではなく、備忘録として残しておきたくてここに記す次第です。どうかご理解願います。

 では、恐縮ですが、前回に続いて11月18日(水)以降のバイク購入に関する続報をお送りします。

 11/18(水)

 仕事の帰り、旧国道を北進し、日和田にある「ジョイフル山新」と「カインズホーム富田店」をハシゴ。バイク用品(ワイヤーロックとバイクカバー)を見に行った。

 まず、「山新」ではカバーは陳列してあったものの、リアボックス対応の物は皆無。ワイヤーロックも22口径の1,000mmしかない。しかし、光明はホンダのG1オイルが980円、E1は998円(いずれも税込み)だったこと。でもホンダ推奨のS9は写メ撮ったのに、値札が切れて写らず。

 だが、ここで購入したのは、またしても衝動買い。パイロットジャンパー(中綿のMA-1ブルゾン)。「US-AirForce」や「Army」などのワッペンが胸にあしらわれていて一見すると高級そう。

 試着したら内側に保温シート材が張り巡らされていて、結構温かく、ライダーには打ってつけ。カラーは「グレー」を選択。グレーと言っても濃い深緑色。自分では3Lを買った気でいたが、家に帰って確認したらLLだった。サイズはMとLLのみだったようだ。「カーキー」(緑)はM・L・LLの3種類あった。どのカラーでも最初から3Lサイズは無かったようだ。
 会計で気づいたが「山新」のポイントカードが財布に無く、家に置いてきたようだ。一か月以内であれば、レシート持参でポイント加算。

 続いて車で移動し、「カインズ」へ。ここもバイクカバーやワイヤーロックを下見したが、めぼしい物は無かった。この店も税込みの総額表示なのだが、オイルは「山新」のほうが安かった。そして、ここでも衝動買い。

 それはバイク乗りの必需品である「レインコート」。「山新」でも下見したが、「カインズ」で目に留まったのは、生地が安っぽいビニール素地ではなく、ゴアテック風の感触のポリエステル。耐水圧10,000mm。バイクではドライバーの視界に入りにくいため、雨天の夜間でも目立つよう派手な色のほうが事故の確率が減る。それに雨の日の夜ともなれば、ダーク系の色だと他者に気づいて貰えない。だから迷わず、上着はオレンジ(ズボンは黒)をセレクト。サイズはジャンパーなど厚着の上に着込むことを想定して「3L」をチョイスした。残念ながら、蛍光反射材などは縫製されていなかった。さ税込み3,980円。

 やはり給料日前の衝動買い。ふと財布を覗くと1,000円札1枚しか無くなっていた。ヤバい・・・。下の画像が戦利品。

Img_8156r

 11/20(金)

 16時32分、埼玉県にあるバイク配送業「I-Line」という会社から電話。購入したバイク屋から依頼を受け、11月28日(土)か29日(日)には届ける予定とのこと。住民票を早めに送ったので、速やかに登録が済んだようだ。タイヤとバッテリー交換も終了?どうやら雪が降る前に納車になりそう。バイクカバーとワイヤーロックの注文を急ぐ。

 この日までは夏日を記録する地域もあるなど、はポカポカ陽気で暖かかったのに、翌週からは冬型が強まり、気温がグッと下がり、バイクが届く時には初雪の予報も。うまくいかないものだ。

 19:44 「Amazon」でリアボックス対応のバイクカバーCタイプ(3,162円)とオレンジ色のワイヤーロック22口径×1200mm(2,380円)をネットショッピングで購入。合計5,542円。安物買いの銭失い状態だ。

Bike-cover_20201120195301Wire-lock_20201120195301

 あとはETCの再セットアップとインカムヘッドフォンが必須項目だ。

 11/21(土)

 この日は用品購入ではなかったが、対人だけを賄う36ヶ月の自賠責保険だけでは不安になり、1年間の任意保険に加入するといくらかかるか試しにネットで見積りをとった。「パイク保険もチューリッヒ」で有名な格安保険会社だ。すると対人・対物無制限、搭乗者傷害200万円、自損事故傷害1500万円、盗難時の臨時費用特約、無保険車傷害保険特約、車対車限定だが300,000円の車両保険に入っても、年間17,570円(ひと月1,500円程度)ほどだった。19歳で初めてバイクの任意保険に加入した時は、10万円を超えていたのに。時代は変わったものだ。ネット保険は「チューリッヒ」が格段に安い。

 任意保険は今すぐ加入ではなく、暖かくなってバイクに乗る機会が増えそうな時期になったら、再検討したい。手続きは自宅にいながらにしてネットでいつでもできるので、焦る必要は無い。最近、リターンライダーのバイク事故のニュースを多く目にするので「備えあれば憂い無し」だ。

 それにしても前回も書いたが、北海道や東北などの北国では、単車に乗れる時期が限られているのに、なぜ4月〜9月までの半年間の期間限定、地域限定の保険が無いのだろう。上記の補償内容で9,000円ぐらいだったら加入率は高くなるだろうに。もっとも冬は寒いから乗らないと決めている根性無しは私ぐらいかもしれないが…。

 11/22(日)  

 一日中自宅待機していたのに宅配便来ない。暇ダレ。 16時32分、amazonのサイトで配達状況を確認したら、届いていないのに15時52分に配達済みとなっている。宅配業者はドアホンを鳴らしていない。午後に置き配不用で送信して、ずっと自宅待機して待っていたのに、外玄関脇に黙って置き去りにしていった。 失礼極まりない業者だ。バイクカバーとワイヤーロックの商品自体は良い感じで問題なし。

 11/24(火)

 週末の降雪予報を見越して、11月24日(火)の午後に時間休暇を取り、1時間かけて自分でスタッドレスタイヤに交換する作業を行った。以前は前後ともにフロアジャッキでできたのに、車を替えてから、リアだけが上手く車体に噛み合わず、車載のジャッキで片方ずつ交換するので時間がかかってしょうがない。腰痛持ちなので、ぎっくり腰もヤバかった。GSでやれば2,000円くらいで出来るのに、ケチって腰を痛めたらどうしようもない。

 しかしながら、物置からスタッド4本取り出して車に積み込んだり、交換後、夏タイヤを物置に仕舞い込んだりする手間を考えればどっちもどっちだ。14年前に足を骨折した時はさすがにGSに持ち込んだが、それ以外は毎回タイヤ交換は自分で行っている。

 すると、夏タイヤがスリップマークが出るほど山が少ないことに気づき、来春にはラジアルタイヤも4本買わなければならないし、スタッドも4年目なので来年の10月頃には新品に買い替える必要がある。しかも1月には任意保険の更新と車検も待っている。やはり車を持つと金喰い虫で出て行く一方だ。

 11/26 (木)

 昼休み、エスパル2階の「セリア」とAtti 7階の「キャンドゥ」をハシゴ。ドライバーやレンチ、ペンチなどの工具類を下見に行った。「キャンドゥ」では大型リアボックスに貼る「ドライブレコーダー後方確認中」のステッカー(シール)を110円で購入した。これはバイクと見るや、50ccの原付と勘違いして、無理やり追い越して前に出ようとする車への啓発のためだ。スクーターだと余計にそう判断する輩への対策だ。私はこれを車の後方にも「ドライブレコーダー搭載車 全方位録画中」のマグネットステッカーを貼っているが、これを付けてから、煽りが減り、後続が車間距離を開けるようになった。本当は「悪質な煽り運転は動画サイトにアップし、警察へ提出します。」の文言を入れたいくらいだ。

Drive-recorder-sticker

 そして夜には冬期間、バイクのエンジンをかけないとバッテリー上がりとなるため、それを防ぐのに、バッテリー自体を外しはするが、充電が必要になるため、バッテリー充電器をAmazonで探す。すると、送料費込みで2,699円で良さげな「バイク用バッテリー充電器」を見つけた。たぶんこれも注文することになりそうだ。また、楽天市場ではより簡単操作の充電器があった。こちらも送料込みで2,980円だった。

BatteryBattery2

 11月27日(金)

 14時前、ショートメールで埼玉のバイク専門の配送業者「アイライン」から連絡。明日の午前中に配送予定だと言う。埼玉から運ぶ割に、結構早い時間の到着で驚き。おそらく午前5時頃に出発して高速をひた走って来る模様。
 明日は寒いし、朝方まで雨が降る予報なのでできれば日曜日にして欲しかった・・・。向こうの都合なのでやむを得ない。


 さて、いよいよ明日には待ちに待ったスクーターの納車日となる。その模様をブログで取り上げたいと思いますが、おそらく到着後、画像編集等に時間を要すると思われるので、明日のブログ記事の更新は午後以降になる見込みです。あしからず。

 それにしても、納車日の前後は好天なのに、週末だけは傘や雪マーク。北海道に住んでいた時から、バイクに関する日は悪天続きだ。歳を重ねてもご多分に漏れずに、天気には縁がないジンクスは続きそうだ。

 

2020年11月26日 (木)

巨人の斜陽と来季の展望

 「巨人は昨季に続き、4連敗で日本シリーズ終戦」

 私が予想した通り、昨年に続き日本シリーズはソフトバンクの4連勝で幕を閉じた。段違いの強さで、まるで赤子の手を捻るかのような印象を受けた。これで昨季から巨人は対ソフトバンク8連敗を喫した。
 この結果は、巨人のペナントレース終盤から引きずっていた。3割打者不在で、打てないのに加え、亀井、中川の戦線離脱も痛かった。

 菅野がリードして降板した後に、中継ぎや抑えが逆転を許し、勝利投手の権利をフイにした。菅野は14勝にとどまったが、中継ぎが踏ん張れば16勝2敗でシーズンを終えていた。15勝以上していれば、大野に沢村賞を奪われることもなかった。しかも昔から菅野が登板すると、打線が沈黙する悪循環が続き、気の毒だった。

 また、シリーズではとにかく打てなかった。毎試合4~5本の貧打で、4試合でわずか4点しかとれず、完璧に抑えられた。昨季同様、クリーンアップが機能しない。丸が日本シリーズには人が変わったように打てなくなる。岡本も打率0.670でホームラン1本も打てなかった。若さ故の未熟さを露呈した。巨人のダメな面ばかりが目立った。一方のソフトバンクは勝ち方を知っている。試合巧者で、伏兵の栗原が爆発。こうした短期シリーズでは不可欠な「ラッキーボーイ」の出現も巨人にはなかった。

 ファンなのに言い過ぎかもしれないが、巨人は不甲斐なく、負けるべくして負けた。まったく歯が立たなかったというのが実情。昨年の大負けの反省が生かされず、二の舞を喫した。工藤監督の選手操縦術は長けており、もはや名監督と形容してもよさそうなくらい選手を育てるのも使うのも抜群だし、戦術や采配も見事だった。走れるし、守れるし、どこからでもチャンスを作れるし、あの内川を戦力外にしても余裕で勝利を収めるほど戦力が充実していたということだ。

 一方の巨人は、ここまで原監督の用兵力と名采配でペナントレースを制したが、100試合を越えてからバテバテだった。先発は菅野だけで、期待のサンチェスも日本野球を舐めていたのか、昨季韓国であげた17勝から8勝(4敗)に勝ち星が激減。防御率も良くはなかった。若手の戸郷も後半はスタミナ切れ。

 2戦目に実績の乏しい今村がスクランブル先発したが、ソフトバンクの足を絡めた打線に火の車。しかも松原が3試合ノーヒット。吉川と松原は出塁するのが役目なのに、まったく責任を果たせなかった。凡打の山を築いた。小技で相手投手が嫌がることを実行する立場なのに、足も絡められず、封印された。役者が違ったという印象。ひとり気を吐いたのはパ・リーグから移籍した「ウィーラー」くらいなものだ。ほかは手も足も出なかった。チーム打率も1割程度では勝ち目がない。

 それに外国人助っ人の差も顕著だった。巨人は昔からスカウトの目がないので、助っ人運がなかった。今季もサンチェスはムーアに投げ負けたし、デスパイネに対し、パーラは日本シリーズを前に帰国する役立たずぶりだった。この辺りも来季に向けての修正材料になる。

 私は来季は、巨人の優勝は難しいと見ている。その理由として、大エースで投手陣の柱の菅野がメジャー挑戦で抜けた穴を埋められない。
 加えてシーズン後半戦、その弱点を露呈したが、まったく打てない、安定感の無い中継ぎ・抑え陣の崩壊。高梨ひとりが踏ん張った印象。それを来季も引きずる印象は否めない。ではなぜ来季は優勝が難しいのか理由を挙げたい。

 1 前年の山口に続き、絶対的エース菅野の抜けた穴が大きすぎる。戸郷は2年目(実際は3年目)のジンクスで勝てなくなりそう。サンチェスは日本の野球に順応できない。

 田口も一時の勢いがない。ビエイラ、デラロサもコントロールが安定しない。新加入の平内は未知数。

 昔から巨人は右腕ばかりで、左投手のエース級が育たない。せめて全盛期の内海くらいの成績をあげる投手が必要。広島を退団するジョンソンを獲りに行く?

 ヤクルトからFAするライアン小川の獲得に動くのでは・・・。投手力の底上げが必要

 2 投手陣は若手中心だが、打線も吉川・松原・岡本・若林・大城は若くて経験不足。

 3 ドラ1が育たない現実。桜井、鍬原は大卒即戦力を期待されながら鳴かず飛ばず。2年目の高橋も故障がち。堀田などは1年で育成に。

 4 打力重視で大城を起用し、岸田、炭谷との併用で小林が浮いている。あの強肩は使い道がある。仮にも日本代表に選出された選手なのでもったいなさすぎ。

 5 阪神が投打ともに充実 優勝候補の筆頭

 打線の強化を図っている。近大の長距離打者の佐藤を獲得し、さらに近本や高山という好打者に加え、主砲に大山など破壊力は十分。
 今季期待したボーア・サンズなどのメジャーからの外人がイマイチだったが、もしここに韓国リーグで二冠のロハスを獲得すれば、得点力は倍増で、投手力が整えば、ぶっちぎりの優勝もあり得る。
 巨人は西勇輝を全く打てない。岩貞、高橋遥人と先発陣が安定。あと2枚あればローテーションも組める。中継ぎの馬場、エドワーズが安定している。押さえはスアレスが立ちはだかる。私は藤浪の復活とトレードやFAでパ・リーグの実績のある投手を獲得すれば、阪神の優勝はまず鉄板だろう。
  

 原監督の契約最終年は毎回2位に甘んじている。阿部慎之助への政権移譲のためには優勝して良い形で引き継ぎたいところだが、巨人は亀井、中島、陽、大竹、野上などのベテランの使い方が問題。ヤクルト山田の獲得を逸し、打線の強化は水泡に帰した。

 

 せめて吉川尚と松原が自分たちの役割を認識し、出塁率を上げてもらいたい。奇を衒う戦法で意表を突くドラッグバントや、ファールで粘って四球を選ぶなど、とにかく小技を駆使して塁に出ることを自覚してほしい。そして坂本・岡本・丸で還して得点力を上げる。特に先取点をとって、優位に試合を運んでもらいたい。

 加えて、私は打撃コーチ(野手総合コーチ)を変えるくらいのショック療法が必要で、3割打者を複数出さないと得点力は上げられない。
 
 総じて、阪神や中日に戦力が向上している来季は、今年のような独走はありえない。おそらく首位がめまぐるしく変わるように思う。ヤクルトもまた今年のように最下位にくすぶるわけには行かない。阪神を軸に中日、巨人がどこまで優勝争いに絡めるか?そんなペナントレースになるだろう。

 11月末時点で優勝争いを占うとこうなる。

 <セ・リーグ>

 1位 阪神  阪神の優勝は藤波の復活、佐藤が額面通りに活躍、ロハス獲得が条件  
 2位 中日  小笠原、根尾、石川の高卒トリオが成長し、一軍定着すればの話。福谷・福など投手力は抜群 
 3位 巨人  ラミレスやローズのような確実性と破壊力のある外国人助っ人を取れればV3もあり得る 
 4位 広島  ここも外国人次第。得点力をあげたい 

 5位 ヤクルト 2年目の高津監督の進退がかかる。山田の復活次第 尾花・伊藤智コーチの就任は大きいし、内川を獲得すれば、打線にしぶとさが加わる。

 6位 DeNA 今永が復活し、投手力が安定すればAクラス入りもあるが、井納や梶谷がFAで流出すれば厳しい。 

 <パ・リーグ>

 1位 ソフトバンク 投打ともに安定。巨人のV9、森監督時代の西武の黄金期を思わせる強さ

 2位 ロッテ 佐々木が一軍ローテ入りなるか 安田、藤原、平沢などの若手の成長もカギ

 3位 西武 高齢化からの若返りが求められる

 4位 楽天 早川が10勝すれば優勝争いに絡める。岸、涌井、則本、塩見、松井と駒は揃っており投手陣は引けを取らない。パワーヒッターの助っ人がいれば。

 5位 日ハム 有原と西川がメジャー移籍となれば厳しい戦いを強いられそうだ。清宮のブレイク待ち

 6位 オリックス 山本、山岡に続く投手が出ないと上位には加われない。

 パ・リーグは今季と同じ順位を予想するが、日ハムの主力の2人がメジャー移籍で抜ければ、最下位に甘んじる予想も成り立つ。

 さて、巨人ファンでありながら、厳しい意見を並べたが、昨年、今年と8連敗を喫したことで、巨人を始め、セ・リーグの各球団は、もっと強くなれると確信した。パ・リーグとの実力差は顕著で、2年前の広島でさえ1勝しかできずにソフトバンクに完敗した。おそらくたとえロッテがCSを勝ち抜いて日本シリーズに進出していたとしても、今の巨人では勝てなかっただろう。巨人が手も足も出なかったあのソフトバンクに、ペナントレースで唯一ロッテは勝ち越しているのだから。セ・リーグとパ・リーグの実力差が大きすぎる。パワー野球を目指さないと太刀打ち出来ない。投打の立て直しを含めたチーム革命を期待したい。

最後に、来季、FAやトレードで巨人のオーダーを予想してみた。

FA獲得・・・小川、梶谷、増田
移籍・・・ソト

1 吉川 セカンド
2 坂本 ショート
3 丸  センター
4 岡本 サード
5 ソト レフト
6 梶谷/亀井 ライト
7 中島/ウィーラー ファースト
8 大城 キャッチー
9 ピッチャー

サブ 増田、松原、若林、炭谷、岸田

先発 小川、戸郷、畠、今村、サンチェス、平内、高橋
中継ぎ 田口、高梨、中川、鍵谷、大江、野上
抑え デラロサ、増田

 どう見ても先発の駒不足。ルーキー平内が広島の森下のような活躍ができれば良いのだが。
 私が予想するに、FA獲得の見返りの人的補償で、重信、小林、陽、立岡、香月、桜井はプロテクトから外され、他球団に移籍すると見ている。

«鉄オタには堪らない動画集